仁王・仁王2 公式アートワークス感想

2020年07月05日

 ※上記画像はAmazonアソシエイトを利用しております

 6月27日(土)に、仁王・仁王2 公式アートワークスが発売されました。待望の仁王シリーズの設定画集ですね! 仁王シリーズでこういったものが出るということが嬉しいので、お布施も込めて購入しました。真っ先に開いたのは仁王の1番の推しである井伊直政のページでして、開いた瞬間血刀塚を築いたのでありました! 大好きです!!!!!!!!!!!!!!
 今までシリーズに出てきたキャラクタはもちろん、ステージのイメージグラフィックや細かな設定がある部分はそういったところも。装備の絵は小さめではありますがすべて掲載されておりますし、武器や素材等の説明文もすべて網羅されているので紙面でじっくり読みたいという人にもぴったりです。
 何よりも設定画集を読むのが好きという方、絵やコスプレ等の活動をされていて装備の詳細を知りたい方、仁王の世界をゲーム以外でも浸りたい方向けではないでしょうか。身長や体重等は記載されておりませんが、一部のキャラクタは年齢設定が記載されていたりも。それから、設定画集部分は3Dのみや設定画のみの妖怪もおりますし、人物では普段の和服姿は収録されていないという部分もありますので、そういったところは運ですかね。直政と鳥居殿の和服姿を紙面でも拝みたかった自分はいつかどこかで…と、思わずにはいられません。個人的に蛇目蝶ファンは特におすすめのアートワークスです。

 個人的にはボリューム等含めて大満足ですが、今後2のDLCが出た際にまたキャラクタなど増えると思うのでその分がいつか収録されたら嬉しいなとも思うのでした。なかなか難しいとは思いますが。DLCで直政を超える推しにもしも出会ったらこれは大変なことですよ(笑)


 以下、ネタバレなので追記に。一部のみ触れている感想です。
[ 続きを読む ]
スポンサーサイト



討鬼伝 極 プレイ日記90 ~鬼討ちフェス編~

2020年07月01日

tkdk1150.jpg

tkdk1151.jpg

 2020年6月26日~28日まで行われていた鬼討ちフェスに参加された皆さまお疲れ様でした!
 何よりも大盛況イベントを開いてくださったフェスの実行チームの秋実さん、こりさん、野良さん、ひじきさんの4人の方々にはなんとお礼を申し上げればよいのか!!! 準備、運営だけでも想像つかないほど大変だったと思いますし、更には3日間という体力やその都度の様子見だったり細かなことも思うとただただ感謝しかございません。4人の方々、楽しすぎる時間をどうもありがとうございました!
 そして偶然ご一緒になったというモノノフの皆さま(白南風さん、お平さん、カサネさん、みおこさん、小春さん、氷舞さん、鴫さん、ナホさん、桜さん、春さん、みるくさん、朱夏さん、ヤマブキさん、孟起さん、ひーちゃんさん(転生含む)、黒鷺さん、奏さん、鵜飼さん、真琴さん、桜沼さん、沙織さん、ひじきさん、ぶし子さん、乃瑠さん、瑞乃さん、幸成さん、愛永凪さん)にもこの場ですがありがとうございましたとお伝えしたく…! 後日タグつけても呟きますが、フェスという記念なイベントにご一緒できて本当に嬉しかったです!!!! という思いが少しでも伝わっていたら幸せですね。

 自分は7周年当日と28日に参加したのですが、たくさんの方とご一緒できて凄く楽しかったのです!!! 伝達ネタのノリも楽しく、開始10秒で全滅して爆笑したり、再戦でガチ編成で集ったり、とにかく終始楽しくて仕方がなかった時間でした。やっぱり討鬼伝の共闘は面白いですね!! 7年経ってもこんなに盛り上がれるゲームですよ凄い…。やっぱり遊ぶと楽しくて仕方がないんですよね!!!
 今回は1戦ごとに解散という仕組みだったのも個人的には相性抜群でした。手軽に気楽に参加できますし、もっと遊びたい! と、自分で部屋を建てたり、建っている部屋にお邪魔したりとサクサク感覚だったのも楽しかったです。一期一会だったり、何度かご一緒したりというのも面白かったです。そして特殊や無限ではじっくりだったり、メリハリ感もあって朝から夜までウタカタに入り浸りでした。

 たくさんの方と札交換もできたのですが、やはり1000時間超えで遊ばれている方が目立ちますね。あとは個人的に速鳥さんの同行回数が2000回以上の方々と偶然ですが交換できたのも嬉しかったです!!!! 同好の士!!!!!

tkdk1152.jpg

tkdk1153.jpg

 自分の札もフェスを終えた後に見てみたら割とキリがいい数字に! これからも酷使するんでよろしくお願いしますよ速鳥さん…という感じです。酷使しているからか禊をランダムにするとほとんど出てきてくださらないという(笑)しかしまだまだひよっこですよ…確か同行回数5000くらい超えてる方を見た記憶があるので。
 あと意外と天狐さんをお留守番させているようですね自分。途中から拾ってきて頂ける素材が増えすぎておやすみさせていたからですかね。そして譲れないのがミタマですよね!!!! これはもう配信されてから変わらないです。天吉は速鳥さんにたまに微笑んでくれるようですが実はミタマ同士で深い絆がーーーということにしています(笑)

 そんな自分の話はさておき、鬼討ちフェスの感想です!
 以下続きに。2日間分です。
[ 続きを読む ]

聖剣伝説3 TRIALS of MANA プレイ日記6

2020年06月29日

111tom.jpg

111tomno2.jpg

netabare.jpg

 久々の聖剣記事です。この十数日は討鬼伝の方のお祭り期間だったのでそちらに集中しておりました。まだまだ聖剣も終わっていないのでこちらも綴りつつ。
 やっとクラスチェンジ3を終えることができました! ???の種ってどこで入手できたっけ? と、なりながら進めていたのですが敵からドロップしたり宝箱から入手もあるので意外と入手しやすいですね。あとは目当ての物が出るかどうかなのでそこさえクリアすればでしょうか。自分はなかなかホークアイ用のものが出ず、シャルロットちゃんかデュランばかりで、ホークアイのはどうした!? となっていたら最後の最後でやっと出てくれた経緯でした。
 リメイクでは更に4まであるようなので辿り着けられるよう頑張りたいです。


 スクエニカフェさんでのコラボは大盛況のようですね! 7月31日までには1度は伺いたいところです。店内がまさに夢のような空間ではないですか!! シャルロットちゃん見ながらシャルロットちゃん啜れるという奇跡ができるのもここのみですのでやはり行かねば。しかし自引きできない人間なのでシャルロットちゃんのコースターが得られるかどうかはかなり低そうです(笑)

 せっかく3のリメイクが好調ですしやはりこのままLOMもって思ってしまいます。サボテン君を見つける度に恋しくなりますし、LOMの雰囲気凄く好きなので現行ハード若しくはPS5でやってみたいです。LOMもお話がかなり朧気な記憶になっているので叶うといいなぁと思う夢の1つです。
 そんなわけで3ですが終盤に入ってまいりました。そろそろEDも近いですかね。どうなるのかさっぱり覚えていないので楽しみながら進めたいと思います。


 以下、ネタバレなので追記に。
 ビーストキングダム突入開始~ペダンで話を聞いたところまで
[ 続きを読む ]

(非公式)討鬼伝7周年カウントダウン企画(6/22~27分)

2020年06月27日

tkdk7thcd002b.png

 ※画像クリックで大きなサイズが出てきます

 予想外に語りが長くなっているので2つに分けることにしました。
 後半はこの記事で綴ります。前半は下記にリンクを繋げています。

 カウントダウン企画は毎日更新されておりますので、Twitterを見られる環境の方は以下のタグを検索かリンクを繋いでおりますのでクリックして頂くかですぐ飛べます。
 【 #鬼討ち7周年カウントダウン
 是非是非ご覧くださいませ。熱い作品に呟きでいっぱいでとても幸せになれること間違いなしですよ!!! 自分は毎日何度も見ては爆発しております。
 
 関連記事:(非公式)討鬼伝7周年カウントダウン企画(6/17~21分)
 http://jory1999.blog55.fc2.com/blog-entry-2664.html

 2020年6月27日、討鬼伝シリーズ7周年おめでとうございます!!!!!!!
 もう7年なの!? というくらいあっという間ですが自分でも驚いているのが7年経っても熱がまったく冷めないことです。さらに同じように討鬼伝を愛するファンの方々とたくさんのお祝いが毎年できるのがとても嬉しいのです!! 今年はこのような世の中なので家で誰でも楽しめるようにという思いで初めてカウントダウン企画としてたててみたのですが、たくさんの方々が11日間という長い間作品だったり呟きだったりで盛り上げて頂けたことが本当に本当に嬉しかったです。ご参加頂けたみなさま本当にありがとうございました!!! 討鬼伝大好きな人がいっぱいいますよーーーー愛されまくってるんですよおおおおおお!!!! ということがきっと伝わったと思いたいですね。自分はこの11日間大体ゴウエンマリ化してましたし特に速鳥さんの日は暴走・極という感じでしたが、本日も同じく暴走2・極という感じです(笑)

 常々言っているのですが討鬼伝シリーズが大好きです。シンプルに遊んでも楽しいけれどもミタマスキルなど突き詰めると奥深いアクションが楽しめる部分、泣いて笑って焦って熱くなってととにかく惹き込まれる物語、あの人もこの人も気付いたら大好きになってしまう魅力的なキャラクタたち、一度聴いたら虜になる美しい音楽の数々、世界観や設定含めとにかく全部が大好きでまだ遊んだことないよという方には是非とも!! と、思わずにはいられないです。
 極までのウタカタ編もPS4版がございますし、2から入って極というパターンでも良いですし! アクション的には極から2の方がいいですかね? お話的にも知っていればもっと楽しめる要素もあるので極から2が特におすすめですがどちらでもですよ! 何でも気になるところがあればそこから是非ーーー!!!! と、なるのでした。
 更に今年は討鬼伝チームの方々が携わったP5Sも発売されたので、P5Sで気になった方にも是非プレイしていただきたいタイトルです。

 とにかく大好きなタイトルですが音沙汰がなく…ωさんの記念ライブのときにおがPさまが3を! と、おっしゃったのを最後に…な現状ではありますが、絶対また遊べると信じてます。それでもってまた無印のような盛り上がりに、それ以上の盛り上がりの次への展開をと夢見ています。夢見るのも希望を言うのもタダですからね!!! 言いまくりますよ!!! 今はお金の貢ぐ先も限られている現状なので応援に全力注ぐしかな状態ですが、だからこそできる範囲で応援を続けたいです。
 このタイトルに出会ったからこそチームごと追うようになりました。P5S話になりますが、討鬼伝チームが! と、分かった瞬間のさらなる熱もそうですしコメントが展示されるよと分かれば全力で駆けつけ、イベント等も死ぬ気で応募する感じでしたし、今もそのコメント展示がスマホの壁紙です。どのタイトルでも応援しますよ!!!!

 何度も書いていますが、本当に討鬼伝というタイトルがムスヒの君なのです。たくさんのモノノフさんと知り合いになれて楽しい毎日が送れているのも、そして皆さん優しい方々ばかりなのでコエテクさんファンとして新参の自分に色々なタイトルを教えて頂けてもっともっとゲーム生活が楽しくなったのも、全部討鬼伝に出会えたからなのです。いつでも帰る場所であり、いつでも出発する場所であり。そんなタイトルの7周年をお祝いできて何よりも嬉しいです。これからも8年、9年、10年そしてその先も変わらず応援しています。討鬼伝シリーズ大好きです!!!!!!!


 以下はこれまでの部分がそのまま載っています。
[ 続きを読む ]

(非公式)討鬼伝7周年カウントダウン企画(6/17~21分)

2020年06月17日

tkdk7thcd6bno2.png

 カウントダウン企画がスタートしました。家で老若男女、どこにお住まいの人でも楽しめる企画としてたてたのですが、始まるまでもすでに楽しみすぎてカウントダウン企画のためのカウントダウンを心のなかでしているくらいでした(笑)
 今は比較的活動やつぶやきは落ち着いていますが、自分の中では変わらず大大大大大好きなタイトルですし、最も全力で応援しているタイトルです。そんな大好きな討鬼伝に記念日まで塗れよう!!! と、TLはもちろんここも毎日更新される予定です。
 Twitterを見られる環境の方は、【 #鬼討ち7周年カウントダウン 】こちらのタグを是非ご覧になって頂ければ!! 皆様の力作、熱い呟き等でとてもたのしいひとときが過ごせること間違いなしです。


 2020/6/21
 7周年まであと6日!
 本日のお題は【速鳥、焔、神無】です。
 自分のことをご存知の方は今日はこいつは1人百鬼夜行状態だなという感じでお察し頂けるかもなのですが、今回なるべく1人に肩入れしないようにというのを努めた絵にしています。なぜかというと今回の自分はみんなだいすきというのをテーマに描こうとしたからです。
 さて、速鳥さんなのに天狐さんが一緒ではない!!!! というのが味噌かもしれないメンバーです。最初は速鳥、神無、天狐、アカツキさまという天狐さん関係で揃えようと思ったときもあったんです。ですが、お題にあげたキャラクタでいろいろな組み合わせを考えるもののなかなか難しいぞと。逆に年齢が近い男性陣で揃えてみるのもありだなと。速鳥と焔の隠ペアはやってみたいなという思いがあったので神無も入れて、神無と焔での喧嘩するほど仲がいいペア、天狐関係の速鳥神無というのも面白そうかなと思ってやってみました。それにしてもこの3人、神無(24)>焔(23)>速鳥(22)という1歳違いになるのも面白いですね。


 まずはからです。
 焔はなんと言ってもプレイすればするほど美味しい! というスルメキャラクタだと思っています。プレイ前は自分は真面目路線にハマることが多いから多分神無にハマるのでは? と、思いきや八雲に着地したのですが、分霊するキャラクタの中では焔が1番好きです。
 富嶽と同じく中身が出来すぎてますよね!! そこがいいんですよ!!! 戦う仲間の中では同い年のグウェンと共に初穂、椿に次ぐ3番目の若さですが、達観しているところ、考えができあがっている部分、神無と殴り合いするところのシーンでは酔った息吹と富嶽のやりとりのシーンを思い出しました。
 世の中に大変なヤツ、苦しいヤツなんてごまんをいるということを分かっていてだからこそ自身の境遇に対して悲劇の…という様子には絶対ならないですし、自身の生い立ちについてわざわざ話すこともしませんし、そういうところが良すぎると。凄くかっこいいです。ろくでもない人間もたくさんいることを分かっていて、でも懸命に生きている人もたくさんいることを知っていて。決して口にはしないけれども伝わる優しさというものがいっぱいあるところが大好きです。自分からは強制しないけれども、求められればしっかり尊重してという考えもそれまでで培ったものだと思うと、焔の人生の頁を垣間見れる気がします。
 そんな焔なので印象的なシーンはたくさんあるのですが、まずあの初めての禊で爆笑しました。異性の時間だろうが関係なく突っ込んでいく姿、「へブゥ」の宮下さんの演技がツボすぎました! そしてサムライと近衛の戦いが始まってしまったときのあの誘拐劇! あのムービー大好きです。かぐや様をさらう焔がぴったりすぎて!!
 そしてマホロバもいつかは去る場所…というようなスタンスだった焔がトキワノオロチの戦いでマホロバで生きてえんだよと言ったあの台詞!!!! すんごく感動でした。焔にとってマホロバがそういう場所になったというのが本当に嬉しかったです。
 あと禊の時の姿が…! 純粋に髪だけになるという姿にどわーーーーっと持っていかれました。そういえば焔は禊中でも角を手放さないのはシステム上なのか意味があってなのかというのも地味に気になっている部分です。


 続いて神無です。神無は外見と中身のギャップがポイントなキャラクタだな~という印象です。真面目系二枚目路線かと思いきや意外と子どもっぽさや(いい意味で)弟らしさというのが見えてくるキャラクタで面白いです。飯と稽古。それに尽きるキャラクタですね! そして天狐が苦手だけど天狐には好かれるという、天狐大好きだけど全然好かれない誰かさんと変わってあげてほしいキャラクタです(笑)
 一見ぶっきらぼうにも見えるのですがその実物凄く姉思いですし姉の笑顔のために頑張ってますし、最強を目指す意味も外様という出身のために凄まじいまでの過去を思うと納得ですし、それでも仲間を認めてくれる心などザ・サムライというのを感じます。
 やっぱり1番好きなのは真鶴に対してのシーンですかね。撃たれたときの初めての「姉上」という言葉、見せたい世界があると真摯に伝える言葉。真鶴にもう地獄は見せたくないという思いも凄く感じました。クールに見えて熱いというのも美味しいですし、実は歳は焔より上だけども弟っぷりがいいというそういう部分がかわいいです。
 そんな神無ですが、コミカライズと画集の影響で野菜と神無というイメージも物凄く強いのですよ自分! あの山盛りの千切りキャベツで大爆笑しましたし、画集のむちゃくちゃ二枚目すぎる完璧な決めポーズと表情なのに切ってるの大根とかそういうのが神無らしさもあると言うか。桜花さんがじゃがいもがめちゃくちゃ細長くなっているとかそういうのを思うと是非神無と桜花さんも出会ってほしいですね。太刀族で。
 それから本名も気になります。真鶴含めて。最初の内は慣れずに本名をというのもあったのでしょうかね?

 あと神無ではないのですが声優さんである興津和幸さんの「次回、ゴウエンマ死す」で大爆笑しました!!!!! あれほんと所謂神回ですよね(笑)未だに笑えますし未だに話題にあがりますし大好きです。


 最後は速鳥さん。
 好きです!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!
 という一言にすべて詰めて終えようとしたのですがやっぱり速鳥さんは人生のサビなので語りたいと思います!!
 すでに何度か書いておりますが、出会いは速鳥さんの初出時です。討鬼伝の男性キャラクタでは富嶽が1番最初に発表されて息吹と速鳥は遅くにだったのですよね。クローズドの直前くらいでしたか? 体験会のときにおがPさまが「渋い」とおっしゃっていたのも忘れられません。左さんのイメージと共に発表されたと思うのですが、3Dビジュアルはもちろんあの美しい腋で一気に引き込まれそこから人生がいい意味で狂うのでした(笑)少し前に、無印発売前の自分メモが出てきて読んだのですがその時速鳥さんの一人称を「俺」だと思っていたんですよね。今思うとこそばゆい感じなのですが、潜入任務等でわざとそういった一人称をというときもあったかもしれないという妄想が止まらないのでした。
 そんなわけで腋から入った速鳥さんですが、無印のアクション体験版から引き継ぎ体験版と体験版がいくつか出ていたものの、なんと速鳥さん初登場は製品版までお預けだったんですよね! ちょうどカゼキリまでだったので富嶽と那木さんまでだったという。そこから発売まで速鳥さん~~~~~早くお会いしとうございます!!!! と、駄々こねながら発売を心待ちにしていました。
 そして発売日、速鳥さんが満を持して初登場となるあのミフチのシーン! 先に仕留めており、その上さっさと1人で帰ってしまうというまだまだ孤高の忍びの姿でした。見た目通りクールっぽいキャラクタなのだなと思い、さらにこのお声の中尾さんボイスはレアでは!? と、大興奮なのでした。そんな中、「姉と妹」のムービーで速鳥さんが出てきます。まだまだ初期の頃なので、秋水に詰め寄る桜花、そして妹を叱る姉にそれに怒ったように返す妹というなかなか部外者にとっては気まずいところでも。速鳥さんは若干背中を向け気味にするも目で追っているという部分が凄くらしさが出ていて印象的でした。
 しかしこの辺りですかね? 速鳥さんが好きなのでひたすら同行させて連れ回すという速鳥さんにしてみれば休む間もないくらいで大変だったと思いますが、そのお陰か友好度がもりもりと上がってゆき、禊の台詞が面白すぎる!!! と、もしかしたらおもしろキャラクタなのでは!? となり始めます。実際そうだったんですけども!(笑)あと禊といえば初めて出会ったとき「誰!?」となったのが面白かったです。そんなわけで同性の禊台詞は天狐の毛か! が大好きすぎて専用セーブデータ作ったくらいでしたし、異性も誘い合わせは素顔を見られるのを完全に諦めかけているというのもおもしろすぎたので、極で一体どんなおもしろ台詞になるのかと思いきや突然ネオロマ路線に入って己の心臓が10000個くらい必要になったのも懐かしい思い出です。中尾さんボイス含めて突然の兵器でしたね。特に極は天狐愛が突き抜けていて全体的にやばい(褒め言葉)となっているところで突然のこの台詞ですよ。ギャップも半端ないです。しかもPS4になって濡れ感、透け感アップという…!
 そんなわけでクールに見せかけて面白いという部分もますますハマっていくのですが、無印の頃の依頼はまだ天狐さんへの愛がまだ大好きくらいで収まっていましたね(笑)夜中にとんとん扉を叩く天狐さんの姿も想像するだけでフフフとなれるのですが、どんちゃん騒ぎの宴の様子も見てみたかったですし、寝不足と戦いながら最終的に張り込みをし結局飛び込んだものの消えてしまって一生の不覚って面白すぎるんですがこの人!!!!! と、更に好きになるのでした。真面目で面白いキャラクタ大好きです!!! 極になると極まりすぎていて速鳥さん人気が逆に落ちるくらいになったのも印象に残っておりますが、突き抜けた感も面白くてよかった派の自分です。小さなもふ毛は宝物だと思いますし、天狐さん用の食事はマホロバまで進出していますし、泣きながらかわいいと書こうとしている元忍者(20)とか字面だけでおコロンビアポーズですしで最高なのです!

 話を戻しまして、速鳥ファンとしては気になりすぎるのが1部残っているボツ台詞ですよね!!! あのミズチメのときの!!! 体験会で掲示されていたボツ台詞集のところでもありましたが、速鳥さんのミズチメでのお話は一体どういうものになっていたのか気になりすぎて眠れないのでいつか何か明かされるときをお待ちしております公式様ーーーー!!!!!!
 そしてそのミズチメ戦ですが、「彼岸」のムービーの速鳥さんの立っている場所も好きなのです。1番遠く、初穂の足元の方で1人でですが、それでも布団との距離は離れていないのですよね。場所は遠いもののしっかり傍で見守っていて、そして主人公が帰ってくるときは1番先に気付くというその立ち位置が好きなのです。あのムービーは全員それぞれらしさが出ているのでそういうところも好きなのですが、やはり特に目に入るのは速鳥さんです。

 その後、速鳥さんの分霊へのお話になる異形の塔のムービーですがあれは速鳥ファントドメの一撃必殺ムービーだと思っています!!! あれVitaのホームと壁紙になっていますし、ムービーを拝見する度に射抜かれますね!!!! しかもあのムービー、速鳥さん無言かと思いきや実は少し掛け声的なものを発しているというのもまた良くてですね。
 結果的に1人で動いたことによって危機になってしまい、しかし過去があって仲間を頼らずにと決めている速鳥さん。そこを救うのが息吹というのがすんごく良くて大のお気に入りのイベントでもあり、大好きなムービーの内の1つが「群れ」です。こちら散々っぱら語っているので耳タコかもなのですがやはりサビなので語るとすればまずそこに至るまでからクライマックスなんですよ! ちょうどタケイクサ辺りでは息吹が過去のことから酒に逃げたりすることになりますが、そのとき里出身の息吹と実は仲間の中では1番長くいるのが速鳥ではあるものの速鳥は息吹の大切な人について知りませんでした。逆に息吹は速鳥のことをよく見ているんですよね、それでいつも1人で等言ったり勝手に行ったことについて本気で怒ったりしています。ここが両者の性格が物凄く出ていて大好きなのです。それまでどの程度両者に交流があったのか分かりませんが、お頭以外に心開いている様子もない速鳥とそれでも見ていた息吹だからこそ、この群れのムービーがらしさが出ていて好きなのです。初めて仲間を頼ってくれて狼煙があがったこと、すぐに駆けつけるも叱る準備はできていると言わんばかりの表情の息吹、それに対して素の表情かもしれませんが睨み合いに見える姿で向かう速鳥、喧嘩が始まってしまうのでは? と、止めようとする那木。向かわせた面子をこの2人にさせた大和もさすがですね。でも速鳥は息吹ガン無視というので思わず笑ってしまいます。そこから膝をついて謝罪と贖罪をと話し始めます。でも許すに決まっているではないですか。主人公に対して仲間を斬ったこと、だからこそ仲間を持つ資格がないこと、そしてそれをずっと悩んでいるということ。優しく真面目だからこその苦悩を告白してくれたではないですか。そしてあのお頭が「奴は必ず任務を果たす」と笑顔で言ってくれたんですよ。どれほどお頭が速鳥のことを信じているのか、そして息吹も那木も信じているからこそ心配しているからこそこうしてきてくれて息吹は本気で叱ろうとしているではないですか。みんな仲間だと思っているからこそこうしてきてくれてるんですよ、共に飛ぶことを許してもらえるだろうかなんて当たり前ではないですか! 主人公と同じく頷くようにして見ていれば、こんな自分に色よい返事をとは思っていなかったのか目を見開くシーンに言葉にできない感情が溢れていっぱいでした。仲間を信じて、そして仲間は自分を信じてくれているというこの数年ずっとなかった感覚が芽生えるのを感じるような表情にとにかくよかったねと涙しましたよ。
 いいところは持っていかれたと言わんばかりの表情の息吹がすぐに優しい笑顔で、1人で行こうとするなと肩を叩く姿。素直に「すまぬ」と謝る速鳥さんの姿もそれぞれ歳相応に見えて大好きなシーンです。息吹のお兄さんっぷりと速鳥のまだまだ年下というのが見られる貴重なシーンでもありますね。その後、貴殿に言われる筋合いはないなど息吹に対してめちゃくちゃ冷たく砕けるようになる速鳥さんの姿も大好きなんですけども! この辺りからこの2人の関係も凄くよくなりましたよね。
 このイベントは帰還後も大好きで、大和があっさりと、思い詰めていたようだが放っておいて正解だった、かえっていい仕事をしたと言う台詞に速鳥以外みんな汗マークが出るというのも含めて思い出深いのです。拾ってからずっと速鳥のことを見ていたお頭というのも分かりましたし、それに対して「感謝します」と答える速鳥さんのこの信頼関係。仲間とはまた違った絆が大好きです。拾ったときの様子から気になりますし、お頭は掘り下げというか見たいエピソードがありすぎるキャラクタでもあります。速鳥さんもお頭の現役時代については鬼神の如きとまで表現されておりますし、白い衣装のお頭と10代の速鳥さんという時代も見てみたすぎるのでした。
 そして分霊ですが、ここは速鳥ファンとしては「ついてこい」を全力でおすすめしたいですね!!!! これまた専用セーブデータ作ったくらいの場所です。なぜかといえば、作中唯一速鳥さんが笑うところだからですよ! 「……モフモフしているな」ですらフルボイスで聞けたことがない速鳥さんの「フフ」という微笑みがフルボイスで聞けるのはここのみですよ!!!! 何が何でも「ついてこい」を推したいです。速鳥そして中尾さんファンとして。
 分霊してから物凄く心許してくれるそんな速鳥さんがますます好きになりますね。「自分を気にかけずとも」「貴殿は優しいな」など、本当に優しいのだなというのがどんどん分かっていく展開。そういったところと改めて暗殺業もなく吹っ切れた成果が掲示板の1人Twitterというギャップも面白すぎなのですが(笑)

 その後の決戦でもみんなで「おー!」となっているところ拳をあげない桜花&速鳥組も大好きです。
 無印のお話をハッピーエンドで迎えて、さていざ極! のアクション体験版で寝言で爆笑したのも懐かしいです。最初はまともな数の天狐さんですが、最終的にやばいですよね(笑)夢の中では触れ合えているのかな? と、思うと微笑ましいですが。
 アクション体験版からしてぶっ飛んだ感じの速鳥さんでしたが、更に公式の発売前のカウントダウンのイラストでやばさ全開になっており、本編ではさらにエンジンフルスロットルで天狐さん愛を暴走させていて笑いが絶えない日々でした。寒い日の身体の温め方とか完全に危ない人ですし、これは天狐さんも逃げますわ(笑)しかもこれがあのカウントダウンの絵だったのかと分かってさらに笑いましたし!!! 初期の速鳥さんも恋しくはなりますが、面白い姿も大好きなので悩ましいですね。
 ホロウが天狐語を話せると分かった時のあの衝撃と動揺っぷりと突然天狐語で返事する吹っ切れ具合にも大笑いでしたし、会議中天吉しか見ていないので出禁になったり(専用の座りモーションまであったこだわりっぷりが大好きです)、「天狐が、いない…?」は名台詞に入ると思っていますしとにかく極の速鳥さんは天狐ではじまり天狐で終わるといっても過言ではないかと!
 でも主人公が暦ちゃんと共に…というときにはしっかり心配していたりとそういう部分もありましたね、いないときの天吉の面倒を見ていてくれたこと、寂しそうにしていたこと、でも懐いてくれないこと(笑)最終的に天狐さんになるのも安心しました。その上でイミハヤヒ戦がしっかり速鳥さんがいてという構成にぬわーーーとなりましたね。あれ九葉さん、速鳥さんの天狐さん好きも把握していてとしか思えないんですがどうでしょうか!?

 とまぁ終始天狐さん!!!!! という感じの速鳥さんの極ですが、ウタカタで暮らして無印を経て極を経たからこそあの「黎明の集い」での穏やかな笑顔で見てくれるということがあったのが嬉しすぎました。今までの速鳥さん、あんな表情でというのはなかったのでしかもムービーでですよ!!! トドメさされました。今は22歳ということで、どういう姿になっているのか。天狐語の習得具合はどのようになっているのか、天吉との距離は縮まったのか、もろもろ気になりすぎるのでした。
 2になって双刀使いは回避がバク転もありなので、速鳥さんがバク転する姿を見るまで死ねないですし見ても生きますしということなので、次の展開を夢見て、速鳥さんのバク転をどこでもいいので見ないことにはーーーーとなっているので、本家はもちろんスターズでもOROCHIでもなんでも楽しみにしております!!!!!

 あと大事なクイズバトルのことを書き忘れましたね。速鳥さん、出番は遅めでしたが富嶽とのやりとりで歳相応らしさが出ていて可愛かったのと、天狐さんのためにとなっているところもよかったですがあれですよあれ。ミズチメ先生本気の夢小説(笑)凄まじい破壊力を残していったあのホワイトデー。数年経ってもあれは凄いと未だに見る度にタマハミどころかそれを超えた狂い具合になるのでミズチメ先生凄すぎです! 戦わずして勝つというさすがニンジャ汚いを地で行く作戦をし、突然の凄まじい告白っぷりに「す…す…」まで言う辺りで文字化けでしか表現できませんね!!!! 目を覚ましてくれたクイズバトルの天狐さんの頭突きっぷりもよかったですし、個人的にはあの攻撃力高めの天狐さんと速鳥さんのやりとりももっと見てみたかったです。
とにかく今もこれからもずっとずっと大好きです。また絶対再会できると信じていますし、信じて応援し続けます!!!!!!!!!!

 あーあと! コミカライズのヲニウチでは貴重すぎる10代の幼さ残る速鳥さんも拝めるので気になった方は是非ーーー!!!!(コミカライズ自体は少々グロ描写あるので苦手な方はご注意を)
 速鳥ファン悶絶の「からかわないで頂きたい」という名台詞もこのコミカライズだけ!!!!!!


 以下、これまで投稿したものを載せています。
[ 続きを読む ]