Catherine: Full Body Symphonic Concertの一部動画が公開されました

2020年07月25日

 キャサリン・フルボディ Symphonic Concert感想
 http://jory1999.blog55.fc2.com/blog-entry-2585.html

 2019年11月24日にすみだトリフォニーホールで行われたJAGMOさんによるキャサリン・フルボディ Symphonic Concertの演奏動画の1部が少し前に公開されました。
 終わったあと、もう1度最初から気が済むまで聴き倒したいと思ったこのコンサートの1部が動画で半永久的に聴き倒せるという神がかったことをJAGMOさんがしてくださったのです! この感謝の気持ちをどうすればいいのか!!! と、言わんばかりに狂ったように聴いています。
 コンサートって1度きりですし、そのほとんどがCDだったりBDだったりと映像や音だけで残ることはないと思うのです。だからこそ忘れないようにしたい! と、しっかり記憶に焼き付けようと思うものの感動や放心状態になって真っ白ということになったり、頑張って記憶していてもどうしても薄れてしまうと思うのです。それがとてつもなく寂しく悲しいのですが、自分のメモリの限界でもあり…。しかしこうして動画でということが最近ではあるというのが分かって本当に嬉しいばかりです。JAGMOさんの太っ腹加減にただただ脱帽ですし頭下げるほかありません。本当にありがとうございます! どうしてもあともう1度、でもできることならエンドレスで聴きたいと思っていた『The wolf’s we’re born to be!』が動画にあがったことで生きているのに天国のような気分というのを感じております。
 キャサリンはSwitchでも出ましたし、また更に盛り上がるといいですね!! キャサリンはゲームも印象的ですがこうして音楽も良いものばかりなんですよ!!!! 本当に物凄くよかったコンサートだったのでまた拝聴したいです。自分はこのコンサートでフルオケにサックスとギター、ダブルピアノという大編成に目覚めました。最高です!!!


沈黙の羊たち~It's a Golden Show~YO

 羊たちの沈黙、ではなく沈黙の羊たちというのが印象的な曲名です。そしてこの曲からIt's a Golden Showに移る時がリンのあの曲というのもいいですよね!
 It's a Golden Showは特に3:27辺りのエレキの動きが大好きなのです!! 大好物のリズムなのでした。その後にピアノのソロが少し入りますがそのときの和音がこれまた大好き過ぎなのでした。
 その後のYOですが、サックスソロが最高すぎですよね!!!? こちらのコンサート、サックスが全編に渡って最高なのですが、それがこの開幕からだったのでノックアウトでした。サックスって楽器の形状も演奏する姿も音も何もかも最高すぎません!? しっとりからジャジーなものまでオールマイティとか凄い楽器だなぁと思います。めちゃくちゃサックス贔屓な人間の感想でした(笑)


♂と♀のラムゲーム

 開幕が物凄くレトロな感じで、昭和の喫茶店というような雰囲気が醸し出ているのですがすぐにあのポップな感じのストレイシープの姿が浮かぶメロディになり、その後は一気に聴き馴染んたATLASさんの音楽という変化を辿るのが楽しいですね。原曲は割とそのままレトロな感じの音色と雰囲気で進んでいくのでその違いがまた楽しかったです。
 後半(2:52~)でのダブルピアノでこのJAGMOさんの大編成アレンジならではの音楽も堪能できて、そこからはもう耳の幸せしかありません。本当にこれらを生で聴けてただなんて…と、またあの日に帰りたいです。
 

JukeBox Medley:Wake Up, Get Up, Get Out There(ペルソナ5)~Large Map - Real Universe(真・女神転生III-NOCTURNE)~Memories of the City(ペルソナ3)~Burn My Dread(ペルソナ3)~

 P5から大人気曲のWake Up, Get Up, Get Out Thereのアレンジもありました。どういったアレンジになるのか気になりましたが、ジョーカーたち高校生というよりもP5Sのゼンキチや鏑木さんたち大人向けアレンジというもので新鮮でした。P5Dのアレンジともまた異なっておりましたし、PSS2019アレンジとも異なっているので、同じ曲でも無限に楽しめるのだなというのも感じました。この曲もやはり途中のサックスソロですよ! しかも全員の方で繋いでいくというご様子にそれぞれ奏者の方が物凄く笑顔というのも見ていて凄くよかったですし。それぞれのソロを楽しまれながら繋いでいかれるというのがプロの技というのを感じます。素敵です!

 続いてのメガテンの曲は自分がメガテンをプレイしていないので分からないのですが、プレイヤーの方がとても喜ばれていた感想を書かれていたのでとても良いアレンジなのだな! と、思っておりました。原曲を知らないので違いが分からないのですが、この壮大な音楽の中、死にゲーなハラハラ感を味わうというのが想像つかないぞ! というのが自分の中の第一の感想でも。

 そしてP3からはMemories of the Cityだったので、いや聴いたら泣くかもしれない…と、思ってもいたのですが、なんとも優しくなれるアレンジで嬉しかったです。はじまりの部分のアレンジなど凄く素敵なオケアレンジでしたよね! こんな風にもできるのか! と、編曲者の方の凄さに感謝しかないのでした。それくらい最初はこの曲だと思わず、ピアノの部分でやっと気付いたくらいです。原曲と調が異なっているのもあり、この調になるとより救いのような感じにもなるのだなと新たな発見でした。そして後半のピアノソロですよ! 序盤と同じ旋律のところを大幅アレンジを加えてというのがこれまたミソなのですが、そこからのオケが加わっての旋律を聴くと、P3単独のオケアレンジコンサートも是非!!!!! と、思ってしまうのでした。
 さらにこの続きもP3なのでますますそう思いますよね! 純粋にオケアレンジも聴いてみたいですが今回のようなエレキ&サックス込みの大編成でまた聴きたいです! しかしBurn My Dreadは聴くと脳内で川村ゆみさんの歌が勝手に流れてきますね。なんて呑気に聴いていたらの12:09~ですよ!!!!!! まさかの超ジャズアレンジ!!!!!!!!! 死にました。ジャズピアノ大好きなのですが更にエレキもドラムも入って完全に自分得アレンジで死んで生き返った状態です。ここでそういう展開挟んできますか反則です(特大褒め言葉)!!!!!! このアレンジ大好き過ぎます!!!! 今度からP3で好きな曲と尋ねられたら、Burn My Dread(JAGMOさんアレンジ版)も入れなくては!


本能のままに~The wolf’s we’re born to be!

 最高で最高に最高です!!!!!!!!!!! としか言いようがないです。ずっと聞き返せるこの幸運に感謝!!!!!!!!
 まずは本能のままにからですがこちらもまたかっこよすぎるアレンジなのですよ特にサックスソロが。聴いてみてくださいなとしか言いようがないのですが!
 そしてそして大大大本命のThe wolf’s we’re born to be!ですよああああああああああああああ!!!!!!!! ボーカルの部分を最初はギター陣が担当なのですがそこから死にました。というかこの曲はこの曲自体が最高すぎじゃないですか? これが大編成にアレンジって最高×∞すぎてこの世の語彙力が説明できないくらいだと思うんですよ!!!!!! もし聴いたことがなくてこちらを読んでいるという方がいらしたら、今すぐに聴いてみてください!!!!!!!!!! と、腹の底から声を出して言いたいくらいです!!!! 曲の好みがあると思うのでなんともですが大人気曲なので大体の方の好みに刺さると思っております!!!!!
 とにかくすべてが好みすぎるので感想が書けないのですが、動画なので動画ならではの好きな部分でまず最初からドラムの方が物凄くいい笑顔でこちらも思わずニヤニヤしてしまうというのが推しの1つです。そして淡々とでも超絶技巧こなしながらギターソロをこなされる黒で統一されている方と、ハンチングの方と男性のピアノ方の笑顔でのやりとりが見どころでもあるなとも思いました。ノリがいい曲を奏者の方もノリノリで演奏されているのを拝見するのは良いですね!!!


 というわけで何十回見返しても全然飽きませんし最高なのでやっぱり今日も繰り返し見るわけでした。
 今はコンサート等が難しいですがこうして家で楽しめるのはありがたいですね! しかし生音が恋しいので、またいつものように楽しめるときが待ち遠しいです。
スポンサーサイト



キャサリン・フルボディ Symphonic Concert感想

2019年11月28日



 キャサリン・フルボディ Symphonic Concert
 http://jagmo.jp/lp/fullbody/

 2019年11月24日(日)すみだトリフォニーホール 大ホールにて「キャサリン・フルボディ」の熟成のオーケストラコンサートが開催されました。
 毎度お馴染みのような気がしますが、最高によかったです!! むしろ想像以上に良くて、これ1公演だけなんてもったいなさすぎる!!! と、本気で思いました。上記動画で少しだけ聴けますが、最高すぎません!!? 最高でした!!!! 書いている今も鼻息荒すぎて息切れ起こしそうなくらいですよ。
 個人的にサックスとエレキ系が入るオケ編成やジャズアレンジが大好きだというのもあり、奏者の方が揃ったところで、「は? え? まじ? 死ぬ」という心境でした。フルオケにビッグバンドに2台ピアノですよ!? この文字だけでも極楽浄土でしかないと。キャサリンは未プレイで…という方にもおすすめしたかったです。本当に本当に本当に良くて、終わったあとすぐには動けず。余韻を楽しみながら夜景の綺麗な錦糸町の街を歩くのもよい思い出になりました。

 そんなわけでキャサリンもとてもいい曲ばかりで、いつか生で聴けたらなぁなんてぼんやり思っていたらの開催で、発表当時はヴィンセントが起きたときに隣に浮気キャサリンがいて驚いたところまでは行きませんがそれくらいに驚いたあと喜びまくったのも懐かしい思い出です。
 そして今回の演奏はJAGMOさんです。今まで意外とJAGMOさんと縁がなく、今回が初めてでした。今回指揮を振られる松元さんはゲームタクトさんで拝見しているので、今年の松元さん率は高めに。松元さんはMCも楽しいですし、もっと拍手! というアクションが楽しくて手が痛くなるくらいに毎度拍手してしまいます。実際に演奏も素晴らしいので当然なくらいですが。
 さて、キャサリンのBGMはゲーム同様、とにかくグラスを傾けながら聴きたくなる曲ばかりなんです。若いときに聴いても、いい曲だなというのは変わらないと思いますが、歳を重ねるごとに深みが増すような気がしています。
 しかし1つだけ難点がありまして、ダッタン人の踊りやバーバ・ヤーガを聴くとキャサリンのパズルシーンを思い出して「うっ…」ってなるんですよね(笑)そこだけが…!

キャサリン・フルボディ Symphonic Concert

Opening
『沈黙の羊たち』『It's a Golden Show』『YO』

Symphonic Catherine: Full Body
Symphonic Catherine: Full Body (Mov. 1)
『ゴールデン遊戯劇場』『ルウ』
『ホルスト 「組曲 惑星<火星>、<木星>」』

Symphonic Catherine: Full Body (Mov. 2)
『情事ワシントン』『ブルックスはかく語りき』
『迷える子羊』『羊ヶ峰』『R30の憂うつ』

Symphonic Catherine: Full Body (Mov. 3)
『Have a good day』『回想』
『Tomorrow』『恐怖』『蟻』『修羅場』

Nightmare
『ベートーヴェン 「交響曲 第5番 ハ短調 <運命> 第3楽章」』
『ドヴォルザーク 「交響曲 第9番 ホ短調 <新世界より> 第1楽章、第3楽章」』
『ムソルグスキー 「組曲 展覧会の絵 鶏の足の上に建つ小屋
バーバ・ヤーガ(バーバ・ヤーガの小屋)」』
『ボロディン 「ダッタン人の踊り」』

- - - - - - - - - - - - 休憩 - - - - - - - - - - - -

♂と♀のラムゲーム
『♂と♀のラムゲーム』

ジュークボックスメドレー
『Wake Up, Get Up, Get Out There』『Large Map - Real Universe』
『Memories of the City』『Burn My Dread』

管弦楽とジャズバンドのための組曲
《女は海》
『Good Morning, New Day』『迷える子羊』
『めざめ』『可能性への扉』

《時をかける花嫁》
『ブルックスはかく語りき (Smooth Jazz ver)』
『ウフフ♡』『迷える子羊』『喪失』『回想』
『Good Morning, New Day』

《世界は二人のために》
『ブルックスはかく語りき (Smooth Jazz ver)』『賛美歌 (申請中)』
『ベートーヴェン 「ピアノ・ソナタ 第14番 月光 Op.27-2 嬰ハ短調 第3楽章」』
『ヘンデル 「<メサイア>ハレルヤ・コーラス」』
『その正体は?!』『めざめ』『Tomorrow』『歓喜のオルゴール』

 今も昔もパズルゲームが大の苦手なので、キャサリンも最初はジャンルでプレイすることがなく。その上めちゃくちゃ難しいと聞いたら余計にだったのですが、フルボディになって救済コースがあると聞き、体験版が配信されてプレイしたところお話が気になりすぎる上にキャラクタがみんな良くて即予約したのでした。それくらいの変化だったのです。やはり食わず嫌いはいかんですね。ちなみに自分は恋人キャサリン、浮気キャサリン、リンの中ではリン派です。それぞれのキャラクタの中で特に好きなEDもあるのですが、リンですかね~。ジョニー的にも…!

 ちなみにこの今も昔も~からの部分は演奏前に打っていたものなのですが、この演奏会ネタバレオンパレードというかこれいいんですか!? という感じでEDまで拝めました。リンルートがずばり上に書いている自分が好きなルートです。
 しかしながらEDはキャラクタにつき複数あるので、そのルートできたか! というのも含めて楽しかったです。途中端折られている部分もありますし、気になった方にはゲームも是非!! 個人的にはグロテスクな部分がカットされていてホッとしました。血が見れないので(笑)あんなのどでかいスクリーンで見たら卒倒でしたよセーフ。
 しかしパズル画面見ながらの演奏は気が気でなくてというかああああああゲームオーバー!!! という悪夢も蘇ってくるので一部記憶が完全に飛んでいます(笑)まさか演奏を聴いているはずなのに修羅場を味わうとは…! いえ、修羅場なキャサリン・フルボディですしちょうどぴったりな演出ですね!


 以下、続きに。ざっくりとした感想です。※2020/06/03 公式動画を添付しました
 スマホの方はmoreの部分を押して頂くと、隠れてしまった部分が出てくる可能性がございます。
[ 続きを読む ]

キャサリン・フルボディ プレイ日記3

2019年07月03日

netabare.jpg
 ※上記画像はAmazonアソシエイトリンクを利用しております


 ジョニーファンとしてはやはり好むお酒を飲みたいではないですか! ということで思い切って投稿したのですが拾って頂きありがとうございました、羊人間1号様!
 というわけで拝見したのですが、画面に写るあのまんまだったのですね、お好きなお酒!!!


 このお返事以来、日本酒は八海山を選ぶことが増えました。タバコは一切嗜まないのでジョニーの完全な真似はできませんが、少しでも…!
 そしてバーのお酒の小ネタ探したのですが、「四茶」めちゃくちゃ分かりやすいですね。モナちゃん、コロマル、クマの飾りがあるのは損じておりましたがお酒まで! しかし某ベルベットルームを意識したお酒が分からず。棚に置いてある某ベルベットルームカラーなラベルのお酒のことでしょうか…?


 さて、なんだのかんだの大体のEDを回収しました。
 Cルート、Qルート、それぞれ遊んでみて思ったのはKルートと全然違う! という面白さですね。そしてそれぞれの結末によって未来も全然変わってくるので、このルートのこの未来が好きというのもあれば、いやあのルートでこの未来になるのがよいというのもあって1番好きなEDを決めるのも中々難しいです。それほど面白いんですよね、キャサリン・フルボディ。
 パズルゲームのお話しだからそれほどのめり込むことはないだろうなぁと思っていた過去の自分を羊にさせて突き落としたいですよ(笑)キャサリンのお話しについてのあれこれもたくさん話したくてしょうがないのですが、公式で途中以降は厳禁になっておりますしもどかしいですね!

 そして結局3人のヒロインの中で1番好きなのは誰かと言えば結果はQルートのキャサリンになりました。フルボディから参戦の第3の恋人ですね。大団円ルートのEDはジョニーファンとしてもやはり嬉しく。
 しかしながらKやCルートも好きです。自分は恋愛モノの漫画やアニメなどを全く嗜まないので、喩えが違うかもしれないのですが、一般的な恋愛系のお話しというのを1番感じるのがKルートでしょうか。人間臭さも感じますし、だめなルートもまたそれはそれでヴィンセントらしいと(笑)
 そしてCルートですよ! バッドエンディングではCルートが1番ぐっさりきたかもしれません。個人的に1番ヴィンセントだめだめルートなのでは…? とも(笑)逆に1番大団円になるのですかね? あのルートはキャサリンが凄く愛らしくて、小悪魔キャサリンもこうやってヴィンセントのことを愛するんだなぁと、じんわりきました。もう1つのグッドエンディングも好きですね! 1番ヴィンセントがイケているような…!?

 それぞれのルートについて、Kルートは男女の恋愛あれそれ、Cルートはちょっとぶっとび、Qルートは突き抜けた感を覚えましたが、それも1部の印象的なEDの影響が大きいかもしれません。
 そんなこんなでQルートについても少し。途中でCがQのピアノのについて悪い感情を持っておりますが、そういうことだったのか! と分かったのもよかったです。あとはQがピンクの髪の色と水色のお洋服というのはきっとそういう意味ですよね!?

 とにかくネタバレ厳禁以降のお話しがまた熱かったりぶっ飛んだり、ジョニーファンとしてはあああジョニー!! となってからのジョニー!!!(涙)という感じでした。ってネタバレにならないように書くと全然意味分かりませんね。
 とにかくキャサリンのEDはその厳禁部分について語りたいこといっぱいなんですよ!!! 語りたい人いたら語りません!? コメント欄で!! という感じです。



 いや~やっぱりキャサリン・フルボディ面白いんですよ! パズル部分はまったく出来ない人でもクリアできる難易度及びスキップがありますし、やり込みたい人はやり込めますし、とりあえずお話し面白くてキャラクタいいのでおすすめしたいんですけどネタバレになるのでこれ以上話せないのですよね…!
 あとすっごくお酒呑みたくなるゲームです。ピザと酒を用意してプレイすると更に楽しいと思うのです。あ~~とにかく酒呑みたくなりますね、スクショ見返しているだけでも!!!! 特にラムコークが。キャサリンの酒コラボ出てくれないかなぁと思うばかりなのでした。

 あとネロメガネですが、マスターが衝撃的だったというか一体どこでそれを仕入れました!? 自作ですか!? と尋ねたくなりますね。個人的にネロメガネ版はエリカさんが1番好きです。もともとエリカさんも大好きですけど!!!! あとジョニーですよジョニー!!!!! 大好きです履いているもの!!!!!
 ジョニーとエリカさんのグッズも今後また出てくれないかなと思うのでした。キャサリン・フルボディのプレイは一段落しましたが、今後も続報は追いたいです。

キャサリン・フルボディ プレイ日記2

2019年03月02日

netabare.jpg

 フルボディな感じで楽しんでいるキャサリンですが、KルートのEDを全回収できました。その前にストレイシープでの様子を動画で撮ってみました。キャサリンは悪夢シーンやそれぞれのキャサリンとのやりとりも味ですが、なんと言ってもやっぱりストレイシープでのやりとりが好きなんですよ! エリカを混じえた仲間たちとのこのやりとり。友情があるからこそなのですが、それぞれの個性も出ていて物凄くハマります。
 1人が席を外すとそのキャラクタのことを話したりということもあるのですが、それもまたすごく性格が出ていてそういう何気ないやりとりがとてもオアシスです。なんと言ってもメインは修羅場ですし(笑)

 それぞれの彼女も魅惑的ですがやっぱり友人たちに心傾いてしまっていますね。みんないいんですよ本当に…。掘り下げが見たすぎる! と、思うのですが今の余白があるのがまたいいのかもしれないと思ったりもします。
 それにしても本当にお酒飲みたくてしょうがなくなるゲームですね! キャサリンコラボバー的なのもあったらいいなぁと心底思いますよ! 花粉症期間が終わったらバーに駆け込みたいですね。


 以下、ネタバレなので追記に。※流血表現注意※
 スマホの方はmoreを押して頂くと、隠れてしまった部分が出てくる可能性がございます。
[ 続きを読む ]

キャサリン・フルボディ プレイ日記1

2019年02月23日

netabare.jpg

 パズルも大の苦手な自分でしたが、体験版でドハマリして即行で予約し無事に2月14日のバレンタインの日から修羅場を体験しておりました。
 やっぱり面白いですね、キャサリン・フルボディ! これまではあまりの難しさに手も足も出ないという形でしたが今作は誰でもクリアできる難易度セーフティの追加に、それでもクリアできない場合はオート機能やスキップまであるという救済処置!
 なんと言ってもお話が面白く、かつキャラクタもとてもいいのですよ! なのでお話を追うだけでも十二分に楽しいのでセーフティの追加は自分にとっては本当に嬉しいものでした。セーフティであれば自分でもクリアできたので本当に絶対に誰でもクリアできるという難易度だと胸張って言えます。音楽もオリジナルの楽曲はもちろん、クラシックのアレンジもめちゃくちゃにかっこいいので燃えながらパズルできますし!!!
 それにしてもP3Pをプレイしていたときに、ヴィンセントに似た男が1人で飲んでいて…というのを見ておりましたが、あれからまさか本当にプレイする日がくるとは! と、今改めて驚いております。あれから10年経っているということにもびっくりしていますが!!!
 兎にも角にも体験版が出ているので気になっている…という方は是非体験版を! と、思っております。自分はそれで即落ちだったので。


 さてさて、プレイ日記を綴る前にアトラスさんならではのガイドラインの確認です。


 P5D・P3D同様スクショはシェア機能のオンラインサービスのみということでUSBからPCに移してそのままスクショを使用するというのはNGということですね。ですので昔のように文字だけで綴りたいと思います。一部はシェア機能でTwitterにあげてそれを貼りたいと思います。
 また、配信禁止区間についてはネタバレも厳禁ということで一切触れません。


 初回は思うままに! ということで進めた結果、K・結婚EDになりました。初回クリアしたので少し検索したのですが、ルートが想像以上にあって驚いております! てっきりEDはそれぞれの恋人ルートで3種類くらいかなと思っていたのですが何倍もあるではありませんか! だからセーブデータの保管できる数もたくさんだったんですね。
 とりあえずお話が面白いですし全ルート気になるのでEDは全回収を目標に頑張りますよ! 


 以下、ネタバレなので追記に。K・結婚EDです。
 スマホの方はmoreの部分を押して頂くと、隠れてしまった部分が出てくる可能性があります。
[ 続きを読む ]