P5S世界最速プレミアム体験会に行ってきました

2019年12月07日

p5spt1.jpg

 ペルソナ5 スクランブル ザ ファントム ストライカーズ
 https://p5s.jp/

 2月20日に発売する、P5Sことペルソナ5 スクランブル ザ ファントム ストライカーズの世界最速プレミアム体験会が行われました。
 なんと奇跡的に当選の連絡を頂きまして、初めてアトラスさんの関係する体験会に参加できることに。PSS2019で目黒大明神に拝みまくった効果がここで…!?(笑)というのはさておきまして、感想をどんどこ公開してくださいね! ということでもりもり書きたいと思います。

 さて、早速体験した感想を言えばめちゃくちゃ楽しい!!!! の一言です。いつもそれじゃんというツッコミが入りそうですが、楽しいものは楽しいのです。
 冒頭2時間を遊べるということで、お話も堪能できたというかお話がメインのような感じだったのですが、笑いを何度必死で堪えたか! すんごいニヤニヤしながらプレイしていたと思います。
 そして肝心のアクションは、ファントムムーブからかっこいいアクションで敵に斬り込み、総攻撃で大量の敵を巻き込んでゲージが溜まっていたら大技ショウタイムという一連の流れが決まるとむちゃくちゃ爽快なんですよ!!!! これ決まって最っっ高に気持ちよく、家だったらオロバスポーズしてました(笑)
 詳細は以下で書きますが、エフェクトの派手さなども大事なのですが何と言ってもアクションの動きのカッコよさ!、ショウタイムの映像のカッコよさ! どれかが欠けてもこの爽快さは成り立たないと思います。どれもがあるからこそこの楽しさなんですよ!
 また1番大事であろうP5らしさは全く欠けておらず、ペルソナらしい部分がしっかりと昇華されていてお話だったりアクションだったりそれぞれが凄く面白くなっていると思います。特にアクション部分はプレイしてみますと感覚が全然違ってくると思いますので、少しでも文章でも伝わったら嬉しいです。
 

 そんな楽しみまくった体験会の前日には喜多川くんの紹介動画が公開されました。伊勢海老!!! アクションの最中もしっかり喜多川くんのポーズが再現されていたり、刀だからこその美しい太刀筋や鞘に収めるところだったりの、魅せて欲しいポイントがしっかり分かるのも嬉しいですよね!!! 絶景かな。



 P5Sはコエテクさんのしかもω-Forceさんとタッグを組まれるというのがPSS2019で発表されたときにあまりの喜びで狂いながらこれまで応援していてこれからも応援するのですが、そんな発狂具合になったのも理由がございます。あれは2018年の3月のω-Forceさんの記念ライブで、討鬼伝チームは今別のタイトルに取り掛かっていると発表されたのです。一体何のタイトルを…? と、思っていたらのこの発表! そして先日の生放送でチームの方がディレクターさんになってという朗報!!! 討鬼伝というタイトルはゲームもファンですが、開発チームさん含めてとてもファンで、そんな方々がしかも大好きなP5とタッグとかこれは夢の世界…? というような現実が展開されており、こんなの2000%面白いに決まっている!!!! と、早速予約ももりもりしていて、そんな中で今回の超狭き門の抽選に当たってオロバスポーズですよ。ただただ嬉しいです。なので全力で楽しいところは広めたいですし、読んで頂けたり、気になるな~と思って頂けたら感無量なのです!!! お時間があれば是非読んで頂きたいです。

 そしてそんなモノノフ仲間な秋実さんもご当選されていて、しかも同じ時間帯ですよ! なんだこの奇跡は…! ということでご一緒できたのです。
 実は恐らく応募されているだろう、そして秋実さんなら当選もされているだろうと勝手に思っていて、その連絡を頂いたときにやっぱり!!! と、1人嬉しくガッツポーズしていたのでした。体験会後に感想をお互いもりもり話せて凄く楽しかったです。フォロワーさんと当選するというのが初めてだったのでとても思い出になりました。そして秋実さんもご感想を書かれておりますので繋ぎます。是非是非御覧になってくださいませ!

 なにはともあれ様:『P5S』世界最速プレミアム体験会
 http://akizane3.blog.fc2.com/blog-entry-141.html


 以下、続きに。
 スマホの方はmoreの部分を押して頂くと、隠れてしまった部分が出てくる可能性がございます。
[ 続きを読む ]
スポンサーサイト



TOKYO GAME SHOW2019(4日目)に行ってきました

2019年09月16日

tgs20191.jpg

tgs20192.jpg

 今年もTGSに白湯次郎さんと一緒に行ってきました!! 毎年ありがとうございます!!! 今年もとても楽しかったです!!!
 今年は何と言っても仁王2の出展で心が踊るどころか発売まで毎日サンバ状態です。そんな仁王2日本ゲーム大賞 フューチャー賞を受賞ということで大変おめでたいです。おめでとうございます!! 実際に試遊して、楽しみすぎて待てないというところですが、ついにオープンβ体験版の全世界同時配信が決定になったという朗報が!!


 大変嬉しいことですが、同じくフューチャー賞を受賞されたペルソナ5ザ・ロイヤルが10月31日発売なんですよね!!! 嬉しい悲鳴と言いますか、分身したいという叫びでいっぱいであります。

 そして楽しみであるタイトルの1つに聖剣伝説3のリメイクもあるのですが、こちらは4月24日発売予定なんですよね。仁王2も2020年初頭ということで、コエテクさんのいつも通りであれば3月までに出すのではなかろうかとも思うのですが、そうだった場合聖剣3と殆ど被りますし、来月続報が公開されるペルソナ5 スクランブル ザ ファントム ストライカーズも出そうな気がしてならないんですよ…! お願いだから被らないでくれという思いはあるのですが、被る気がしてなりません(笑)
 とりあえずは来月から怒涛のゲームラッシュが続くので楽しみです!!


 さて、今年のTGSですが写真が9割ボツという大惨事になっています…。なんでいつも通りに撮ってるのに全部残像もしくはぶれる写真しか撮れないのだろう…と、謎でした。帰宅後に調べたところ、会場内が暗いための光量不足が原因でシャッタースピードが低速になってしまっているからだと! 単純に光だけを撮るのでしたら綺麗ですが肝心な物や人が全然まともに撮れず、撮るためにはモードを変えるかISO感度の設定を変えねばならぬと…!
 今年はコンパニオンさんや公式レイヤーさんから凄く目線頂けることが多くて絶好のチャンスだったのですが全部ぶれてます…。凄くショックですがこの失敗を次に活かしたいと思います。
 載せている画像も基本ぶれぶれです。載せているのもほぼボツなのですがそうするとあまりにも寂しいことになるので載せましたが、過去最高にずたぼろですのでお見苦しいと思いますと先に記載します。

 
 以下、続きに。
 スマホの方はmoreの部分を押して頂くと、隠れてしまった部分が出てくる可能性がございます。
[ 続きを読む ]

ねんどろいど 喜多川祐介 怪盗服Ver.を買いました

2019年09月09日

nendorofox10.jpg

 8月下旬に発売した「ねんどろいど 喜多川祐介 怪盗服Ver.」をやっと開封しました。
 フィギュアの中ではねんどろいどが好きなのですが、自分の好きなジャンルでは出ることがないという現実しかなかったのですが、遂に! 遂に叶ったのです! ペルソナ5はねんどろいどだけでなく色々なフィギュアでさまざまなキャラクタで展開されているので、それぞれのキャラクタのファンが一様に楽しめるというのがありがたすぎます!
 そしてフィギュアは第一報から予約開始までも期間もあり、そこから発売までも期間があるので今か今かという気持ちが何度爆発したか(笑)その分、手元に届くと嬉しさもひとしおですね。

 というわけで開封の儀を行い、想像以上にあったパーツとにらめっこしながらポーズを作ってみたのですが、「絶対に違う気がする…」という思いでいっぱいです(笑)
 一体どれとどれを組み合わせたらこれになるんじゃ…と、なりながら一応やってみたのですが果たして…。ちなみに今回撮っていないですが銃も用意されているのでそのポーズも可能です。

nendorofox2.jpg

 しかし何よりも思ったのが、撮るの難しすぎるだろうということです。かっこよかったり、可愛かったり、撮り手の方のそのキャラクタとフィギュアへの想いが溢れているなぁという写真ばかりあがっている世の中なので、自分も少しでも自分なりに納得できるフィギュアの写真が撮れるといいなと思っています。きっとカメラの勉強もすればもっともっとなんだろうな~とひたすら思いますね。
 というわけでわずかですが撮った写真を載せています。

 
 以下、続きに。
 スマホの方はmoreの部分を押して頂くと、隠れてしまった部分が出てくる可能性がございます。
[ 続きを読む ]

PERSONA SUPER LIVE P-SOUND STREET 2019 ~Q番シアターへようこそ~(Day1)感想

2019年04月25日

pss201901.jpg

 2019年4月24日に行われたPSS2019こと「PERSONA SUPER LIVE P-SOUND STREET 2019 ~Q番シアターへようこそ~」のDay1に参戦してきました!
 自分はこれがペルライでは初参戦だったのですが、絶対次からも参戦しなくてはならないしVIP席狙いもやぶさかではないという感じでどっぷりでした。とにかく楽しすぎました。両国国技館を埋め尽くす数々のペルソナファン達が思い思いに楽しむその空間…最高の一言です。
 今回は360度ステージということでPSS2017同様目が1つでは足りないと公式で出ておりましたが、本当に足りないどころか4人に分身しないと駄目だ、忍者の里はどこですか? ってなりましたね。1つ言えるのはどこの席でも美味しい演出にしてくださった部分ですかね。自分は2階席だったのですが、かなり見やすく本当にどこの席でも見やすいのが国技館なのだなと思いました。しかし本当に身体1つでは足りなかったのでBDが今すぐ発売してほしいです!
 そんなペルライ2019は劇場街やショーをテーマにされた演出で、バンドメンバーの衣装はもちろん、シンガーの方々やダンサーの方々のたくさんの衣装にも大注目でした。最初はそれぞれのシンガーの方のナンバリングの色が入った衣装でタイトルを感じさせてくれますが、後半の真っ白な衣装も本当に素敵でしたね! それぞれの方らしさがどの衣装にもふんだんに出ていて、今回の衣装はどういうものなのだろうというワクワクも楽しいのがペルライだなぁと思いました。
 というわけでショータイム! な感じなのですが、ビッグバンド仕立てがまた強烈にハートを盗んでいく感じで胸いっぱいです。元々ビッグバンドが好きというのもありますが、ジャジーなアレンジだけでなく色々な要素を含んだアレンジがあってこのライブだからこそのというのを目でも耳でもとにかく全身で感じられました。気が早いですが次はどういうテーマになるだろうと期待してしまいますよね!

 そして、今回ご一緒してくださったのは長年のペルソナファンである野良さんです。当日は何から何までありがとうございました!! 短い時間過ぎてまだまだ話足りないので今度聖地巡礼しつつどっぷり語れたら嬉しいです。

 野良日記(野良さんのブログ):PERSONA SUPER LIVE 2019〜P-SOUND STREETへようこそ〜(day1)参戦記
 http://noranogame.blog.fc2.com/blog-entry-50.html

 そんな野良さんの感想もアップされたので繋いでおります! ライブだけでなくその日1日の思い出がたっぷり語られており、1日を疑似体験できるそんな熱い記事です。ライブ部分も野良さん視点だからこその曲のピックアップや感想など読み応えたっぷりですので是非御覧ください!

 さてライブですが、今回自分が聴きたかった曲が全部聴けたので大満足であります! ニャッハー!!!
 特に「Tokyo Daylight」「Danse!」「行くぜ!不死鳥戦隊フェザーマン」の3曲が猛烈に感激してとにかくフィーバーですよね。心の中でオロバスポーズというか! 今も腕が痛くて打つのがあれなのですがそれらをふっ飛ばすくらいの感激ですよ!!! 細かな感想は続きに書きたいと思います。
 
「PERSONA SUPER LIVE P-SOUND STREET 2019 ~Q番シアターへようこそ~」

▼セットリスト(Day1)

1:Life Will Change(P5)
2:He is Justice,Justice is him(PQ2)~Rivers In the Desert -instrumental version-(P5)~I'll Face Myself -Battle-(P4)~Burn My Dread -Last Battle-(P3)
3:Road Less Taken(PQ2)
4:Wait and See(PQ2)
5:Remember, We Got Your Back(PQ2)
6:Burn My Dread(P3)
7:Shadow World(P4)
8:Wake up, Get up, Get out there(P5)
9:More Than One Heart(P3MOVIE)
10:Tokyo Daylight(P5)
11:One Nightbreak(P5D)
12:Cinematic Tale(PQ2)
13:BAR にゅぅカマー(P5)~The Whims of Fate(P5)
14:Heartful Cry(P3F)
15:深層心理(P3)
16:Blooming Villain(P5)
17:Rivers in the Desert(P5)
18:Mass Destruction(P3)
19:Dance!(P4D)
20:GROOVY(P5D)
21:Last Surprise(P5)
22:Our Moment(P3D)
23:死線(異聞録)~ボス戦闘(罪)~時価ネットたなか(P3)~Reach Out To The Truth(P4)~Keeper of Lust(P5)
24:Beauty of Destiny(P4A)
25:キミの記憶(P3)
26:BREAK IN TO BREAK OUT(P5A)
27:The Whims of Fate(P5)
28:Brand New Days(P3F)
29:Maze Of Life(PQ)
30:Nothing is Promised(PQ2)
31:Invitation to Freedom(PQ2)

アンコール
1:行くぜ!不死鳥戦隊フェザーマン(P3)
2:Light the Fire Up in the Night “MAYONAKA”(PQ)
3:Place of My Heart
4:Colorful World(PQ2)
5:星とぼくらと(P5)
6:ペルソナ5 ザ・ロイヤル




 公式サイト:ペルソナ5 ザ・ロイヤル
 https://p5r.jp/



 ティザーサイト:ペルソナ5スクランブル ザ・ファントムストライカーズ
 https://p5s.jp/

 ペルソナ5 ザ・ロイヤルが2019年10月31日にPS4で発売、ということで会場は割れんばかりの大歓声で自分も声が枯れたのですが、発売日見て「え!? もうじゃないですか!!!!」ってなものですよ!!
 PV流れた瞬間、「喜多川くんが水族館1!!!! 初詣!!!!!!!」で無事に総攻撃受けた感でしたし、公式サイト見て「え!? モナちゃんが人間に…!?」という感じですし一体何がどうなってどうなるのかーーーという感じでとにかく楽しみすぎです。P5をプレイして思ったのは是非とも真・ED欲しいだったのであれやそれや気になること含めてED楽しみです。これは11月はP5Rで大忙しですね! どこで予約しようかは悩み中です。

 からのP5Sがコーエーテクモゲームスさんとタッグですよ!!!! あああああああああああああああああああああああああしかもω-Forceさんとですよ!!!!!!!!
 もはや口からゴエモンが滝のように出ていますし、発表されてから数分手が震えてタイピングできないですし鼻水に涙にと大忙しでした(号泣)Twitterでも呟いたのですが、大好きなωさんと大好きなP5でタッグですよ!!!? こんな幸せあっていいんですかと!!!! 本当に嬉しすぎて様子が変どころかおかしいんですけど元気です!!!!!!!!! 続報待ち遠しすぎます!!!!!!
 ロイヤルが先なのかスクランブルが先なのか不明ですが、どちらにせよ2019年はロイヤルが発売されますしスクランブルの続報もたっぷり聞けるでしょうしテンションフルスロットルな2019年ではないですか! それにしてもコエテクさんは発表から発売までの間隔が比較的短めな気がするので先かな~とも思うのですがどうなんでしょうかね。PVを見まくって待機したいと思います。


 以下、ごく一部ですが感想です。
 スマホの方はmoreの部分を押して頂くと、隠れてしまった部分が出てくる可能性がございます。
[ 続きを読む ]

セガフェス 2019に行ってきました

2019年03月31日

segafes20191.jpg

 特設サイト:SEGA FES 2019
 http://segafes.sega.jp/

 日時:2019年3月30日(10:00~19:00)、31日(10:00~18:00)
 場所:ベルサール秋葉原


 シロコッペ出張所があると発表になってから気になっていたセガフェス2019に行ってきました!
 労働後に完売情報を検索していると、シロコッペはまだ買えると分かっていそいそと1人秋葉原へ。電気街口を抜け、UDXを横に見ながら交差点に出れば大きなSEGAさんのロゴが! しかもこのフェスはなんと入場無料なんですよ。いいんですか無料で!? という感じなのでお金を落とせるところで落としてきました。しかしながら物販は長蛇の列だったため断念しましたが…! どこかでまた買わせて頂きます!

 今回自分が見て回ったのは、大アトラス展シロコッペ出張所ガチャガチャコーナーのみです。
 時間も遅めだったので入場規制などはありませんでしたが、それでもファンの方が大勢いる会場であり、大アトラス展もファンの方でいっぱいでした。人気の絵馬やSEGAロゴたい焼きは完売していたので、お目当ての方はお早めにがいいかと思います。

 また、基本撮影禁止なので大丈夫なところのみ写真に載せています。サクラ大戦博覧会は禁止部分以外は撮影OKと公式Twitterにて案内が出ておりました。
 大アトラス展は入口に撮影禁止と書かれていたのですが、撮影とネットにあげている方が多いので謎ですね…。スタッフさんは制服の撮影大丈夫ですよと仰っていたので制服は確実にOKだと思います。


 以下、続きに。
 スマホの方はmoreの部分を押して頂くと、隠れてしまった部分が出てくる可能性がございます。
[ 続きを読む ]