島根のお菓子(八雲とたたら)と備前屋の花いちもんめ

2019年06月06日

simaneyakumo1.jpg

 再びブログ名に相応しい食べ物記事に戻ってきました。
 今回は和洋菓子です。毎度お馴染みの備前屋さんと、毎年恒例の島根土産です。
 自分の母親が島根出身でして、年に1度は帰っているのですがその時のお土産をなるべく討鬼伝にちなんだものをチョイスして買ってきてもらっております。2になってマホロバがほど近いこと、出雲大社が出てきていることから、より熱心に探すようになりました。
 令和初の島根土産は、「彩りの八雲」「奥たたら 焙煎玄米クッキー(チョコレートのせ)」「奥たたら 焙煎玄米ひとくちクッキー(あま醤油)」です。
 一言で言うならばどちらも大当たりすぎてこれはもうモノノフの方々にお会いするときには配りまくるしかない!!!! となっています。

 ブログ内関連記事::坂根屋さんの宿禰餅と出雲阿国を食べました
 http://jory1999.blog55.fc2.com/blog-entry-2266.html

 ブログには書いていないのですが、以前にハーンの羊羹も食べています。八雲→小泉八雲(ラフカディオ・ハーン)という連想ゲーム的な意味でですが。
 これ何度かぼやいているのですが、八雲のミタマはかぐや姫だと思っていてでもかぐや姫は普通に出てきておりますししかもスタイルが攻ではなかろう…こうなったらもう小泉八雲氏しかない! と、思っているのですが果たして…(笑)

simaneyakumo2.jpg

 というわけで八雲とたたらの感想です。
 討鬼伝は公式のコーエーテクモカフェ&ダイニングさんでしかメニューがありません。しかも1種…! 現在までコラボ等はなく、ひたすらモノノフの皆様がちなんだものを探しては布教したり食べたり飲んだりで、それも楽しいですがコラボも待ってます!!
 というわけでその楽しい飲食物探しをしまくった結果、今回こちらの2つに出会えました。ウタカタでお馴染みのたたらさん。そして2で1番好きな八雲の2人にちなんだものと思うと一層美味しいですね!


 以下、感想です。
 スマホの方はmoreの部分を押して頂くと、隠れてしまった部分が出てくる可能性がございます。
[ 続きを読む ]
スポンサーサイト

シドぴあを買いました

2019年02月15日

 ※上記画像はAmazonアソシエイトリンクを使用しています

 突然討鬼伝公式Twitterが動き、なんとこちらの「シドぴあ」に討鬼伝 極・討鬼伝2のサウンドディレクターである梅村祐玄氏が対談で討鬼伝のお話もしているというお知らせが!!!!!


 ええええええええそんなの買いますわ!!!!! というわけで寝起きで即行ネットショッピングだったのですが、こちらのムック本はシドさんの15周年記念というのもあり既にいたるところで完売の嵐どころか一部では倍の値段になっていたりと挫けそうだったもののHMVさんでは奇跡的に在庫があったので音速で注文しました。句読点がない文章ですが、まさにそんな感じで呼吸もせず探してたどり着いたという感じなのです。

 討鬼伝の音楽は坂本英城さんが携わっているため色々なコンサートで楽曲が拝聴できたり、坂本さん直々のトークがあったり2では坂本さんとKenKenさんの対談があったりと音楽面に関してもかなり豊富なのですが、コーエーテクモゲームスさん側でサウンドに携わっている方のお話が詳しく聞けるのは実に無印ぶりでは? と、思うのです。
 無印のときの中條謙自さんのインタビューが数ページに渡って特集されたときがあったのですが、その時もとても読み応えたっぷりで、「鬼の声ってそういう収録方法だったんだ…!」などなど面白かったのです。またああいうのが読みたいなぁ…と、思っていたらの! いや、他にも特集あったぞという方は教えてください…! 

 というわけで届いた瞬間まず真っ先にそのページを開いて拝読したのですが、一言で言えば買って大満足です!!!! オーディオコメンタリーだけでは物足りない! もっと読みたいんだ! という方におすすめ致します。公式Twitterでも記載されておりますが、2のサウンドやSEの話しなどが主です。バンドとしての目線やサウンドデザイナーからの目線の違いなどのお話もとても楽しかったです。
 オーディオコメンタリーもですがこういったインタビューなどのものがもっと増えたらいいなぁと益々思うような対談でした。SE音や今回は触れられておりませんが決定音(○ボタンや×ボタンなどの)のお話って普段なかなか聞けないですよね。あまりに聞き慣れすぎているその音すら作り込みがあってという部分は本当に興味深いので、やっぱりサウンドチームの方々のインタビューはもっともっともっともっと聞きたいです。文字や言葉でも知りたいのですよ…!!!


 以下、ぼかしてはおりますが内容に触れているので、自分で見るまでは一切何も知りたくないという方はご注意ください。
[ 続きを読む ]

凜音さんで鍋会に参加しました

2019年02月03日

rinne20191.jpeg

 和食居酒屋 恵比寿 凛音 様
 https://ebisu-rinne.owst.jp/

 じきさん幹事の新年会&節分会な『凛音さんで鍋会』に参加しました! メンバーはじきさん、秋実さん、クロサキさん、こりさん、瀬田さん、はりさん、ユリーヌさんです(あいうえお順)
 昨年じきさんに「また凛音さんで飲み食いしたいですね~」とお話していて、ちょうど節分の日が土日ということで企画してくださったのです!!! ありがとうございます!!!! 実に2年ぶりになる凛音さんですが、美味さは変わらず居心地の良さも変わらずで大変よいお店ですよね。

rinne20192.jpg

 実は凛音さんに行く道中にミタマの名前がお店の名前というところも多く、通りを歩くだけでタマハミしていくという恵比寿の街中…! そしてその中に佇む凛音さま…! まばゆいですね。さすがです!!!!
 今ふと思うのですが、凛音さんって恵比寿にもぴったりですね。昼はデキる上司として闊歩する姿、夜は横丁や他のお店でいっぱいひっかけて…という姿。完璧すぎますね。そんな凛音さんが大好きです。


 以下、続きに。
[ 続きを読む ]

高級ボトリングティー「息吹」を飲みました

2018年12月25日

ibukitea1.jpg

 息吹パワーってすごい……と、心から感じるお茶、それが高級ボトリングティー「息吹」
 こちらのボトリングティーが発表になった頃、討鬼伝ファンの間で「息吹のお茶がある!」と話題になったものの、お値段2万円という部分を見て爆散した感じでした。
 そもそも自分の舌でそんな高価なお茶の味が分かるのだろうかという不安もあり、いつか何か余力があったら…というところで息吹ファンの白湯次郎さんから頂いてしまったのです…!!!! なんという神…!!!!! 白湯次郎さんのお住まいの方に向けてもともと足なんぞ向けられませんがこれからは五体投地で眠る勢いですね!!!!

 箱を開ければ美しい忍んだ色の風呂敷に包まれ、その時点でもう高級すぎる…自分には開封する資格がないのでは!? というところですが気を確かに持って開封の儀に移りました。

ibukitea2.png

 桐箱にも息吹と書いてあるので永久保存版ですし、中身も何もかもいたる所に息吹なので圧倒的息吹力です。おそるおそるボトルを持ち上げればその滑らかと上品なラベルの全体像にまた恐れおののき、写真を撮るのも心臓の動きがせわしなくて落ち着きませんでした。それくらいの威力なんですよ!

ibukitea3.jpg

 せっかくの息吹なので、以前秋実さんに頂いた「新米 こしいぶき」「いぶき蓬涼風麺」も一緒に食べようと思いましてそれらもせっせと用意しました。
 どちらも初めてだったのですが、こしいぶきの炊けるときのいい香りもいぶき蓬涼風麺のいい香りもとても印象的です。なによりも麺は息吹カラーですよ!!!!

ibukitea4.png

 そしてボトリングティー息吹…。こちらやけ食いしようと元々用意してあったキルフェボンさんのタルトケーキ2つとも一緒に食べました。
 肝心の息吹の味なのですが、まずは開封したときの香りですよ! 自分はお茶もド素人なので詳しくは分かりませんが、まずはその鼻腔くすぐるお茶らしい香りに時が止まります。使用されている品種の「金谷いぶき」「金谷ほまれ」は20年以上の歳月をかけて開発されたもののようで、だからこそこの安らぐ香りがあるのかなと思いました。

 そして味なのですが、高級茶の味が分かるのかという不安がぶっ飛びますね。これは誰が飲んでも分かるかと。
 口に含んだ瞬間と、喉に流れていくまでの間の味の違いに本当に驚きました。普段いわゆるペットボトルのお茶しか飲まない人間なので、こうも味の移ろいがあるお茶があるのかという事実にまず驚き、その味から味への大変化の味にも驚くのです。
 最初は本当に爽やかでさらっとした飲み口なのですが、喉元まで届く辺りでぐっと深みが増して別のお茶になるのです。後半の味は初めて飲むタイプのもので、どのお茶に似ているという表現ができずにもどかしいです。
 それから、最初の一口は何も食べずにまずお茶をとして堪能しましたが、ケーキやそばやおにぎりなど他のものと食べても全く味が負けないという部分もとても印象的です。何かと合わせてでも美味しいですが、このお茶はこれだけで贅沢なひとときをとして楽しめますね。
 とにかくすごいお茶でした。まだ少し残っているので年が開けたら新年の一杯にしたいと思います。

 それにしても味の移ろいといいなんといいまんま息吹すぎるので、息吹ファンの方には心の底から飲んでいただきたい一品です。装っている姿と、奥底にある姿が味で感じられるだなんてこんな贅沢あっていいのでしょうか…。白湯次郎さん、本当に本当にありがとうございました!

2018年を振り返る  ~音楽編~

2018年12月21日

2018musiccd1.jpg

 2018年もたくさんのことがありましたが、今年はなんと言ってもコンサートやライブ等の運が最高に恵まれておりまして、1回1回がとにかく濃く、基本的に詳しい記憶は残っていないという非常に惜しすぎる結果が悔しいものの、これでもかというほど濃密で美しく、そして熱狂的にという時間が過ごせたものばかりでした。
 特に1月から3月にかけては毎月こんなに幸せなことがあっていいのだろうか…と、毎月天にも昇る心地で過ごさせて頂いたコンサートばかりでした。そして5月に8月のコンサートでまた夢のような時間を過ごし、他の月にはCDで聴き返してはその度に涙するという本当に音楽に恵まれすぎて幸せ過ぎた2018年という印象です。来年も同じくらいだと最高なんですけどね!(笑)

 今年もいつも通り坂本英城さんを追い、Mマスを追い、ω-Forceさん、P5やクラシカロイドで彩られた年でした。基本的に音楽とイベントも連動しているので実生活もそんな感じなのですが、兎にも角にもこの贅沢すぎた2018年の音楽をずらずらと綴っていきたいと思います。サビなんで何億回でも書きたいです!!!!!


 以下、感想です。
 スマホの方はmoreの部分を押して頂くと、隠れてしまった部分が出てくる可能性があります。
 下記に出てくる画像はAmazonアソシエイトリンクを利用しています。
[ 続きを読む ]