ご当地カレー:大山チキンカリー(鳥取県)、放牧牛のカレー(島根県)

2016年07月02日

daiokic1.jpg

 またまた中国地方です。なんと中国地方はあと山口県さえ食べればクリアするという埋まり具合です。山口県と言えば毛利家ファンの自分には非常に足を運ぶべき土地なので、そこでというのが理想ですかね。
 
 今回は鳥取と島根ですが、こちらの方はお雑煮が小豆と耳にしたことがあります。それってぜんざいじゃ…とも思ったのですが、雑煮なようですね。雑煮も全国で本当に違いますよね。
 そもそもお餅自体が丸餅か角餅の違いもあって面白いですよね。自分はずっと角餅なので、丸餅がどうやって売られているのか気になっています。丸いままで袋に入って販売されているのでしょうか? 大きな餅のままもらって自ら切り分ける場合は切ったあとにまた丸めるのだろうか? などなど疑問が。


大山チキンカリー

daiokic2.jpg

 鳥取県の大山のカレーです。漢字で書くときに、「鳥を取るだっけ? 取る鳥だったっけ…?」と、幼いころのテストで迷った思い出が蘇りました。

 チキンカレーもレトルトの定番ですが、こちらのチキンはしっかりしておりますね! 脂身が多めですが柔らかく、チキンの良さが残っているカレーです。如何にも缶詰肉です、というレトルトもののも多いですが、一工夫されているというのが凄く伝わります。
 何よりも封を切ったときの香ばしさと言ったら…! 凄くいい匂いでした。
 辛さは中辛ですが、若干辛めですかね? ターメリックライスで中和されるのでちょうどよかったです。
 とても美味しいカレーですし、肉もしっかりなのでお土産で買うと喜ばれる一品の一つだと思いました。


放牧牛のカレー(隠岐の島)
daiokic3.jpg

 隠岐の島でのんびり育った牛のカレーだそうです。こちらの地域と言えばなあごだしが入っていると!
 あごだしの影響なのか分かりませんが、それほど辛くありませんでした。甘いというわけでもありません。
 お肉は缶詰風ですかね。缶詰の大和煮系統と言えば伝わりやすいかと! それほど特徴がないのが食べやすいカレーになっているのかな、とも。
 いえ、ルーが黄色いのは特徴でしょうか。特徴的なのはその辺りなので、万人が食しやすいカレーになっていると思います。あとは、ザ・レトルトという感じがまたたまらない部分かもしれません。


 次回の予定は現在の大河ドラマのカレー、その次は北陸ですかね。食べるのが楽しみです!
 そういえば東京をまだ食べたことがないというか、東京のカレーとは果たしてどれに当たるのだろうかという疑問が…。
スポンサーサイト

ご当地カレー:さつまビーフカレー(鹿児島)、うどん屋さんのビーフカレー(長崎)

2016年04月23日

qshuc1.jpg

 今年はなるべく九州のものを食べたいと思っているので、九州のカレーです! 食後のデザートにいきなり団子というのもいいかもしれませんね!

 さて、カレー話の前に一つ小話を。
 突然ですが、「を」のことを皆様なんとおっしゃるでしょうか?
 「お」と「を」で区別するときになんと表現するかという話題が出たのですが、鹿児島在住の友人は「を」のことを「ウォ」と言って区別するというのです。
 なんじゃそりゃ!? と、思いまして、「え!? 重たいをでしょ!? なんでウォ!?」と言ったところ、「重たいをって何?」と返されて、思わぬ所でカルチャーショックです。ちなみに熊本在住の友人も「重たいをとは言わないよ」と。
 重たいをが全国共通だと思っていましたよ今まで…。自分もなにゆえ「重たい」のか理由は存じませんが、小学校の時に「を」を習った際、「重たいを」で習ったのですよね。
 ググってみますと、色々言い方があるのですね。今の今まで「を」のことを真剣に考えていなかったようですが、話の種になりそうです。あとは教えてくださる先生の出身によっても変わりそうだなとも思いました。


さつまビーフカレー(鹿児島県)
qshuc2.jpg

 黒毛和牛使用ということで、パッケージにも大きなお肉がどーんと掲載に。ということはお肉がしっかりメインのビーフカレーなのだろうとパウチを開封しますと…本当に大きなお肉がごろごろと!!
 スプーンに乗せているものだけではなく、まだまだ沢山のお肉が入っているではありませんか! 正真正銘のビーフカレーですね。
 しかもルーにもしっかりお肉の味がしみ込んでおり、ルーだけ食べても肉々しさを感じます。食べやすい味ですし、お手軽に、でもしっかりしたビーフカレーが食べたいという場合には特におすすめだと思います。
 そうでなくとも、凄く自分好みの味でもありまして、あっという間に完食でした。
 いやはやとても美味しかったです。こだわりどころがしっかり伝わるカレーでもありますね!


五島牛 うどん屋さんのビーフカレー(長崎県)
qshuc3.jpg

 こちらもビーフカレーです! どこの地域でもビーフカレーは定番品ですね。それゆえに、色々な所でこだわりが舌で楽しめるのがよいですね。
 こちらはビーフカレーですが、お肉よりもルーにこだわっている気がしました。うどん屋さんということで、さらさらカレーだろうなと思いきやドンピシャで。
 お肉はどちらかと言えば缶詰系なのですが、何よりもルーが美味しく!! 一緒に食べますと更に美味しいです。
 実物はかなり赤めでして、トマトを使用というのがとても分かりやすいです。洋風と表現すればいいのでしょうか。トマト風味に、全体的に甘めの味なのだけども香辛料は効いているので後から辛さがやってくるという感じです。上品なカレーでございました!


ジャズ羊羹
hbho1502b.jpg

 某生誕祭用の写真で申し訳ございませんが、九州で美味しいものと言えばこちらも挙げたく…!

 由布院 CREEKS.さん:ジャズ羊羹
 http://www.jazz-youkan.com/

 見た目も美しいですが、味も抜群に美味しいですよ! いちじくが苦手な方でも、和菓子の甘さが苦手という方でも美味しく食べられると思います。
 公式サイトでも珈琲やワインと一緒に、と書かれておりまして珈琲と食べましたが、最高でした…。食べるのがもったいないくらいですが、食べないともったいないと(笑)今年も買わねばと思っている一品です。

ご当地カレー:真夜中のカレー、馬鹿ヤローカレー(京都府)

2015年12月04日

kyoutocmb1.jpg

 次はまともな京都のカレーですと書いた前回でしたが、嘘でした。
 というか自分の偏った関西感では、この手のタイトルのカレーは大阪などで多いと思っておりました。京都はまたもう少し違ったものなのかなと思っていたのですが細かく分けずに関西! という感じで受け取ればいいのでしょうかね。

 自分は京都は確か一度しか行ったことがない気が。中学校の修学旅行ですかね。同じ班の男子カップルのイチャつきをひたすら見ながら新幹線に乗り、現地に着いてもそれらを見ながらなところに腸炎になり途中でリタイアしてタクシーに乗り宿泊場に戻り、回復してからは校長と二人で回ったという中々アレな体験をしたことしか記憶に無く、観光地の思い出がさっぱりという有様です。しかしその時のタクシーの運転手さんは代金は要らないよ、早く治るといいねと送ってくださり、子供心に凄くありがたい気持ちでいっぱいになりました。今お礼をしたいくらいです。
 twitterを初めてからは京都にお住まいの方がかなり多くいらっしゃるお陰で、雅やかなお写真などを見てはこれが京都か…! と、再確認しています。


うなぎの肝入カレー「真夜中のカレー」
kyoutocmb2.jpg

 なぜにこんな加工色かと言いますと、食べるまで内臓系が駄目なことをすっかり忘れており、一撃必殺を受け…という影響です。

 というわけで、一撃必殺を受けるほどに肝が入っていると! ですので、肝が大好きです!! という方はたまらないかと思います。
 また、かなり独特のカレーなので好みも分かれるかと思います。このカレーが辛目の味付けになっているのは、苦味を消すためだろうなぁとも。それでも苦味を感じる部分もあるので、カレーにも勝つなんて凄いというのが感想でした。更にはパッケージでも夜食など夜押し押しなので、苦手ではない方はきっといいのではないでしょうかね!?


「馬鹿ヤローカレー」
kyoutocmb3.jpg

 思わず叫びたくなるほどウマい! とのコピーが書いてありますが、こちら写真では伝わらないほど肉が沢山入っているカレーでした! 美味しかったです!
 馬鹿ということで、馬肉と鹿肉だったらしいですが、どれがどの肉かは自分の舌では判別がつかず…。が、確かに二種類在る気がするというお肉がごろごろでした。スプーンですくえば必ず肉が、というくらいには入っておりましたよ。

 こちらのカレーもルーが若干独特でしょうか。レトルト系は独特めなルーも結構ありますね。やはり白いご飯よりもターメリックライスが合うと思います。バター加減でマイルドになったりなどなど。今回はターメリックの量が少なかったので、次はもっとじゃんじゃんかけようと思いました。


 京都府のカレーも楽しく美味しかったです。
 次は鹿児島のカレーが一つあるのでそちらを!

ご当地カレー?:レトルト彼氏 チキンカレー

2015年09月03日

「辛い時は俺を頼れよ」
rkc1.jpg

 ……果たしてご当地カレーに入るのか大いに謎ですが、一応京都土産と。勝手なイメージですが、こういったものは大阪なのかな? と思っておりました。あと、ネーミングは「レトルトカレー氏」でもよかったのではないかな、と地味に思いつつ…。というわけで今回は、一応京都府のご当地カレーなはずです!(笑)

 「どうした? ・・・なんだよ、俺の前でまで強がらなくていいだろ」
 という格好いい台詞を言っておりますが、チキンカレーと書かれていると、「え? チキンなの?」とも一瞬読めてしまうのが!!

rkc2.jpg

 ちなみにこのレトルト彼氏 チキンカレーくんには設定があります。運動が趣味で178cmという高身長でイケメンで手先が器用で細かい作業が得意という、スーパーマンでございます。
 一瞬BLゲーの主人公だろうかなんて思ったのは忘れようと思います。

 公式サイト:MK萌部
 http://moe.mkent.co.jp/

 レトルト彼氏シリーズにはスウェーデン出身らしい野菜ホワイトカレーくん、本屋巡りと散歩が好きなポークカレーくん、ドS男子らしいビーフカレーくん、オーストラリア生まれのタイ育ちのグリーンカレーくんがいるようです。
 好みのカレー氏くんはおりましたでしょうか? 自分のツボとは少々外れているのですが、王道ではないでしょうかね。

 というか商品一覧を見ていると、壁丼彼氏とか爽メン(そうめん)とか面白すぎなのですが!!! これはお土産にも面白いのでよいのではないでしょうか。


rkc3.jpg

 というわけで中身なのですが、辛さが5段階中3ではあるものの想像よりも辛いです。中辛ってこんなに辛さがあったっけ? と。
 もしやパッケージの「辛い時は俺を頼れよ」というのは「つらい」ではなくて「からい」と読むのですか!? と思いました。
 面白商品なので、そちらに特化しているのかなと思えば非常に食べやすい味の万人受けするカレーでした。レトルトカレーは結構独特の物も多いのですが、大分一般向けではないでしょうかね。パッケージとのギャップもまたよいと思います。辛いものが苦手な方は、辛さが1の野菜ホワイトカレーか、2のポークカレーをおすすめします。

 いやはやレトルトカレーにもこの手のものがあるのかと驚きつつ、しかしながら美味しかったので色々な意味で思い出深いカレーになりました。そういえばカレーと言えば、タイバニのスカイハイが毎日食べているのでスカイハイのカレーというレトルトカレーが出ていたら…! と、つい思いました。いやむしろレシピを出して下されば食べる、そして食べるという勢いです。
 というわけで、次回のご当地カレーも京都です。ネタではない京都のカレーです。

ご当地カレー兵庫県:イノシシカレー、但馬のどてカレー

2015年07月12日

hyougoc1.jpg

 今度のご当地カレーは兵庫県です!
 今回は肉々しいバリエーションでございますね。しかしイノシシもどても早々カレーにはしないので、どうなるのか楽しみです。

 今回は、カレーを撮影する時にルーを手前にするというのと、食べ物をもっと綺麗に撮影するためのポイントを頭に入れて撮ってみました。


イノシシカレー
hyougoc2.jpg

 よく考えますと、ぼたん鍋も食べたことがなく、なにげに初めてイノシシの肉を食べた気がします。
 大体レトルトものは肉がしっかり入っているのとそうでないのに分かれますが、こちらは大きいのが2つ、ゴロッと美味しそうに入っておりました。食べた感じではイノシシは固い、のでしょうかね? 食べやすい固さですので、そう気にはなりませんが、食感が印象に残りました。
 それからこちらのカレーは辛口で、しっかりと辛さが効いているので辛めがお好きな方向きだと思われます。内容量も220gと多めです。あとルーが不思議な印象の味でした。決してまずいというわけではなく、万人受けする路線だと思うのですが、何か不思議な味でした。
 しかしボリューミーで美味しく、夏に汗をかきながらが美味しいカレーだと思います。


但馬のどてカレー
hyougoc3.jpg

 こちらのカレーが個人的にかなりストライクでして!
 ルー自体も万人受けする味だと思いますし、具だくさんですし、誰にでもおすすめできるという意味でもとてもいいカレーだなと思いました。但馬牛100%の和風カレーということで、和風部分が万人受けする味になっているのかな、とも。すじ肉もきちんと入っておりますよ!
 中辛というのもまた食べやすいですね。大盛りで食べたくなるカレーで、とても美味しかったです!


 それにしてもやはりライスはターメリックライスで食べた方が断然美味しいですね!! 今までそうしなかったのを非常に悔やみます…。
 ちなみにどてカレーは個人的に美味しかったご当地カレーの第4位です! 第1位は京都の京大総長カレー、第2位は北海道の流氷カレー、第3位は島根県のいちじくカレーです。ただし思い出補正も入り始めている頃だと思いますので何とも…。

 次回はまたネタものを1つ。その次に京都編に移りたいと思います。