P5S世界最速プレミアム体験会に行ってきました

2019年12月07日

p5spt1.jpg

 ペルソナ5 スクランブル ザ ファントム ストライカーズ
 https://p5s.jp/

 2月20日に発売する、P5Sことペルソナ5 スクランブル ザ ファントム ストライカーズの世界最速プレミアム体験会が行われました。
 なんと奇跡的に当選の連絡を頂きまして、初めてアトラスさんの関係する体験会に参加できることに。PSS2019で目黒大明神に拝みまくった効果がここで…!?(笑)というのはさておきまして、感想をどんどこ公開してくださいね! ということでもりもり書きたいと思います。

 さて、早速体験した感想を言えばめちゃくちゃ楽しい!!!! の一言です。いつもそれじゃんというツッコミが入りそうですが、楽しいものは楽しいのです。
 冒頭2時間を遊べるということで、お話も堪能できたというかお話がメインのような感じだったのですが、笑いを何度必死で堪えたか! すんごいニヤニヤしながらプレイしていたと思います。
 そして肝心のアクションは、ファントムムーブからかっこいいアクションで敵に斬り込み、総攻撃で大量の敵を巻き込んでゲージが溜まっていたら大技ショウタイムという一連の流れが決まるとむちゃくちゃ爽快なんですよ!!!! これ決まって最っっ高に気持ちよく、家だったらオロバスポーズしてました(笑)
 詳細は以下で書きますが、エフェクトの派手さなども大事なのですが何と言ってもアクションの動きのカッコよさ!、ショウタイムの映像のカッコよさ! どれかが欠けてもこの爽快さは成り立たないと思います。どれもがあるからこそこの楽しさなんですよ!
 また1番大事であろうP5らしさは全く欠けておらず、ペルソナらしい部分がしっかりと昇華されていてお話だったりアクションだったりそれぞれが凄く面白くなっていると思います。特にアクション部分はプレイしてみますと感覚が全然違ってくると思いますので、少しでも文章でも伝わったら嬉しいです。
 

 そんな楽しみまくった体験会の前日には喜多川くんの紹介動画が公開されました。伊勢海老!!! アクションの最中もしっかり喜多川くんのポーズが再現されていたり、刀だからこその美しい太刀筋や鞘に収めるところだったりの、魅せて欲しいポイントがしっかり分かるのも嬉しいですよね!!! 絶景かな。



 P5Sはコエテクさんのしかもω-Forceさんとタッグを組まれるというのがPSS2019で発表されたときにあまりの喜びで狂いながらこれまで応援していてこれからも応援するのですが、そんな発狂具合になったのも理由がございます。あれは2018年の3月のω-Forceさんの記念ライブで、討鬼伝チームは今別のタイトルに取り掛かっていると発表されたのです。一体何のタイトルを…? と、思っていたらのこの発表! そして先日の生放送でチームの方がディレクターさんになってという朗報!!! 討鬼伝というタイトルはゲームもファンですが、開発チームさん含めてとてもファンで、そんな方々がしかも大好きなP5とタッグとかこれは夢の世界…? というような現実が展開されており、こんなの2000%面白いに決まっている!!!! と、早速予約ももりもりしていて、そんな中で今回の超狭き門の抽選に当たってオロバスポーズですよ。ただただ嬉しいです。なので全力で楽しいところは広めたいですし、読んで頂けたり、気になるな~と思って頂けたら感無量なのです!!! お時間があれば是非読んで頂きたいです。

 そしてそんなモノノフ仲間な秋実さんもご当選されていて、しかも同じ時間帯ですよ! なんだこの奇跡は…! ということでご一緒できたのです。
 実は恐らく応募されているだろう、そして秋実さんなら当選もされているだろうと勝手に思っていて、その連絡を頂いたときにやっぱり!!! と、1人嬉しくガッツポーズしていたのでした。体験会後に感想をお互いもりもり話せて凄く楽しかったです。フォロワーさんと当選するというのが初めてだったのでとても思い出になりました。そして秋実さんもご感想を書かれておりますので繋ぎます。是非是非御覧になってくださいませ!

 なにはともあれ様:『P5S』世界最速プレミアム体験会
 http://akizane3.blog.fc2.com/blog-entry-141.html


 以下、続きに。
 スマホの方はmoreの部分を押して頂くと、隠れてしまった部分が出てくる可能性がございます。
[ 続きを読む ]
スポンサーサイト



PERSONA SUPER LIVE P-SOUND STREET 2019 ~Q番シアターへようこそ~(BD)感想

2019年12月01日

pss2019bd1.jpg

 ライブ総合演出小林鉄兵、サウンドプロデューサー目黒将司が語る「ペルソナ」音楽の魅力
 https://natalie.mu/music/pp/personasuperlive2019

 ブログ内関連記事:PERSONA SUPER LIVE P-SOUND STREET 2019 ~Q番シアターへようこそ~(Day1)感想
 http://jory1999.blog55.fc2.com/blog-entry-2514.html

 2019年4月24日と25日の2日間に渡って開催された、「PERSONA SUPER LIVE P-SOUND STREET 2019 ~Q番シアターへようこそ~」のBlu-rayが発売されました。ライブ終わったあとに、「明日円盤発売しないかな~」とひたすら言い続けて待っていたものがついに発売です。今回も最高の一言です! もはやブログに書いていることで最高ではないものの方が滅多にないですが、PSS2019の円盤もファン必携アイテムですね。2017を狂ったように観ておりますが、2019もそうなりそうです。
 今回も恒例のBlu-rayだけ、CDだけ、全部セットの3本立てで発売されています。PSB2017同様、全部入りを予約しておりました。本BDは25日のをメインに収録されておりますが、24日のみに公演された曲も収録されています。自分は24日に行ったので、生放送で観たとはいえMC等は改めて新鮮でした。そして当然ながら生放送と収録されているカメラワークが異なりますので、映像としては更に新鮮です。しかし1番好きだったシーンがカットだったのは大ショックでした…。無念…! どこが最終的に収録されるかは運なので、改めてペルライは現地、生放送、BDの3つを網羅せねばならんなと刻み込みました。

 音楽ナタリーさんの記事がとても楽しかったのでリンクを繋いであります。更に裏側だったり、意図だったり、目黒さんのお話は貴重ですね! 併せてより楽しい記事ですので未読の方は是非~!




「PERSONA SUPER LIVE P-SOUND STREET 2019 ~Q番シアターへようこそ~」

▼セットリスト

1:Life Will Change(P5)
2:He is Justice,Justice is him(PQ2)~Rivers In the Desert -instrumental version-(P5)~I'll Face Myself -Battle-(P4)~Burn My Dread -Last Battle-(P3)
3:Road Less Taken(PQ2)
4:Wait and See(PQ2)
5:Remember, We Got Your Back(PQ2)
6:Burn My Dread(P3)
7:Pursuing My True Self(P4)
8:Wake up, Get up, Get out there(P5)
9:When The Moon's Reaching Out There(P3)
10:Tokyo Daylight(ATLUS Kozuka Remix)(P5)
11:One Nightbreak(P5D)
12:Cinematic Tale(PQ2)
13:BAR にゅぅカマー(P5)
14:The Whims of Fate(flamenco ver.)(P5)
15:Heartful Cry(P3F)
16:深層心理(Lotus Juice Remix)(P3)
17:霧(ATLUS Konishi Remix)(P4)
18:Rivers in the Desert(P5)
19:Mass Destruction(Tetsuya Kobayashi Remix)(P3)
20:Dance!(P4D)
21:GROOVY(P5D)
22:Last Surprise(P5)
23:Our Moment(P3D)
24:PSS2019『Special Bigband Medley』
 死線(異聞録)~ボス戦闘(罪)~時価ネットたなか(P3)~Reach Out To The Truth(P4)~Keeper of Lust(P5)
25:Beauty of Destiny(P4A)
26:キミの記憶(P3)
27:BREAK IN TO BREAK OUT(P5A)
28:The Whims of Fate(P5)
29:sky's the limit
30:Maze Of Life(PQ)
31:Nothing is Promised(PQ2)
32:Invitation to Freedom(PQ2)

アンコール
1:行くぜ!不死鳥戦隊フェザーマン(P3)
2:Light the Fire Up in the Night “KAGEJIKAN”(PQ)
3:Place of My Heart
4:Colorful World(PQ2)
5:星とぼくらと(P5)
6:Colors Flying High(P5R)

 2017の感想は書いていないので今回初めて円盤の感想を書くわけですが、ペルライはシンガーの方々、ダンサーの方々、バンドメンバーの方々それぞれに絞った映像が欲しくなるんですよ!! あれもこれも観たい!!!! というものばかりで、しかも何十回観ても飽きないのが本当に凄いなと思います。
 そして見返すたびに次こそVIPシートを…と、闘志を燃やすのでした。



 こちらが2017年のBDの様子ですが、ダンサーの方々が完璧に2次元から飛び出してきたキャラクタ過ぎて感動しすぎて、この試聴動画を観たあとすぐに注文したのも懐かしい思い出です。キタローとジョーカーのあまりのかっこよさと、アン殿の美しさと春ちゃんの可愛さに特に転げ回っているのですが、どのキャラクタもシリーズファンでしたらとにかく愛おしくてたまらないと思います。全力でおすすめしたいBDたちですね! 2019も!!


 以下、続きに。全曲ではなく一部です。
 スマホの方はmoreの部分を押して頂くと、隠れてしまった部分が出てくる可能性がございます。
[ 続きを読む ]

キャサリン・フルボディ Symphonic Concert感想

2019年11月28日



 キャサリン・フルボディ Symphonic Concert
 http://jagmo.jp/lp/fullbody/

 2019年11月24日(日)すみだトリフォニーホール 大ホールにて「キャサリン・フルボディ」の熟成のオーケストラコンサートが開催されました。
 毎度お馴染みのような気がしますが、最高によかったです!! むしろ想像以上に良くて、これ1公演だけなんてもったいなさすぎる!!! と、本気で思いました。上記動画で少しだけ聴けますが、最高すぎません!!? 最高でした!!!! 書いている今も鼻息荒すぎて息切れ起こしそうなくらいですよ。
 個人的にサックスとエレキ系が入るオケ編成やジャズアレンジが大好きだというのもあり、奏者の方が揃ったところで、「は? え? まじ? 死ぬ」という心境でした。フルオケにビッグバンドに2台ピアノですよ!? この文字だけでも極楽浄土でしかないと。キャサリンは未プレイで…という方にもおすすめしたかったです。本当に本当に本当に良くて、終わったあとすぐには動けず。余韻を楽しみながら夜景の綺麗な錦糸町の街を歩くのもよい思い出になりました。

 そんなわけでキャサリンもとてもいい曲ばかりで、いつか生で聴けたらなぁなんてぼんやり思っていたらの開催で、発表当時はヴィンセントが起きたときに隣に浮気キャサリンがいて驚いたところまでは行きませんがそれくらいに驚いたあと喜びまくったのも懐かしい思い出です。
 そして今回の演奏はJAGMOさんです。今まで意外とJAGMOさんと縁がなく、今回が初めてでした。今回指揮を振られる松元さんはゲームタクトさんで拝見しているので、今年の松元さん率は高めに。松元さんはMCも楽しいですし、もっと拍手! というアクションが楽しくて手が痛くなるくらいに毎度拍手してしまいます。実際に演奏も素晴らしいので当然なくらいですが。
 さて、キャサリンのBGMはゲーム同様、とにかくグラスを傾けながら聴きたくなる曲ばかりなんです。若いときに聴いても、いい曲だなというのは変わらないと思いますが、歳を重ねるごとに深みが増すような気がしています。
 しかし1つだけ難点がありまして、ダッタン人の踊りやバーバ・ヤーガを聴くとキャサリンのパズルシーンを思い出して「うっ…」ってなるんですよね(笑)そこだけが…!

キャサリン・フルボディ Symphonic Concert

Opening
『沈黙の羊たち』『It's a Golden Show』『YO』

Symphonic Catherine: Full Body
Symphonic Catherine: Full Body (Mov. 1)
『ゴールデン遊戯劇場』『ルウ』
『ホルスト 「組曲 惑星<火星>、<木星>」』

Symphonic Catherine: Full Body (Mov. 2)
『情事ワシントン』『ブルックスはかく語りき』
『迷える子羊』『羊ヶ峰』『R30の憂うつ』

Symphonic Catherine: Full Body (Mov. 3)
『Have a good day』『回想』
『Tomorrow』『恐怖』『蟻』『修羅場』

Nightmare
『ベートーヴェン 「交響曲 第5番 ハ短調 <運命> 第3楽章」』
『ドヴォルザーク 「交響曲 第9番 ホ短調 <新世界より> 第1楽章、第3楽章」』
『ムソルグスキー 「組曲 展覧会の絵 鶏の足の上に建つ小屋
バーバ・ヤーガ(バーバ・ヤーガの小屋)」』
『ボロディン 「ダッタン人の踊り」』

- - - - - - - - - - - - 休憩 - - - - - - - - - - - -

♂と♀のラムゲーム
『♂と♀のラムゲーム』

ジュークボックスメドレー
『Wake Up, Get Up, Get Out There』『Large Map - Real Universe』
『Memories of the City』『Burn My Dread』

管弦楽とジャズバンドのための組曲
《女は海》
『Good Morning, New Day』『迷える子羊』
『めざめ』『可能性への扉』

《時をかける花嫁》
『ブルックスはかく語りき (Smooth Jazz ver)』
『ウフフ♡』『迷える子羊』『喪失』『回想』
『Good Morning, New Day』

《世界は二人のために》
『ブルックスはかく語りき (Smooth Jazz ver)』『賛美歌 (申請中)』
『ベートーヴェン 「ピアノ・ソナタ 第14番 月光 Op.27-2 嬰ハ短調 第3楽章」』
『ヘンデル 「<メサイア>ハレルヤ・コーラス」』
『その正体は?!』『めざめ』『Tomorrow』『歓喜のオルゴール』

 今も昔もパズルゲームが大の苦手なので、キャサリンも最初はジャンルでプレイすることがなく。その上めちゃくちゃ難しいと聞いたら余計にだったのですが、フルボディになって救済コースがあると聞き、体験版が配信されてプレイしたところお話が気になりすぎる上にキャラクタがみんな良くて即予約したのでした。それくらいの変化だったのです。やはり食わず嫌いはいかんですね。ちなみに自分は恋人キャサリン、浮気キャサリン、リンの中ではリン派です。それぞれのキャラクタの中で特に好きなEDもあるのですが、リンですかね~。ジョニー的にも…!

 ちなみにこの今も昔も~からの部分は演奏前に打っていたものなのですが、この演奏会ネタバレオンパレードというかこれいいんですか!? という感じでEDまで拝めました。リンルートがずばり上に書いている自分が好きなルートです。
 しかしながらEDはキャラクタにつき複数あるので、そのルートできたか! というのも含めて楽しかったです。途中端折られている部分もありますし、気になった方にはゲームも是非!! 個人的にはグロテスクな部分がカットされていてホッとしました。血が見れないので(笑)あんなのどでかいスクリーンで見たら卒倒でしたよセーフ。
 しかしパズル画面見ながらの演奏は気が気でなくてというかああああああゲームオーバー!!! という悪夢も蘇ってくるので一部記憶が完全に飛んでいます(笑)まさか演奏を聴いているはずなのに修羅場を味わうとは…! いえ、修羅場なキャサリン・フルボディですしちょうどぴったりな演出ですね!


 以下、続きに。ざっくりとした感想です。
 スマホの方はmoreの部分を押して頂くと、隠れてしまった部分が出てくる可能性がございます。
[ 続きを読む ]

DEAD OR ALIVE FESTIVAL2019に行ってきました

2019年11月25日

doafes20191.jpg

doafes20192.jpg

 DEAD OR ALIVE FESTIVAL2019
 https://www.gamecity.ne.jp/doafes/2019/

 2019年11月23日(土)にニューピアホール竹芝さんにて、DEAD OR ALIVE FESTIVAL2019が開催されました。参加された皆様お疲れ様でしたー!!! 今年もめちゃくちゃ楽しいフェスでしたね。まさにフェス! という感じのお祭り騒ぎ。そして、今年もじきさんと一緒に参加したのです。毎年ありがとうございます!

 DOAフェスはメインの大会はもちろんですが、XVVシリーズのコーナーやデザイン・フォト・コスプレ等、色々な形でファンが楽しめたり参戦できる形になっていてとても楽しいのです。自分はメインの格ゲーがド下手くそどころか話にならないレベルなのでゲームは1人で楽しんでいますが、このフェスは上にも書きましたがデザインやフォトでも参加できるのでそちらで参加者になって楽しんでおります。今年はイラコンがない変わりにデザコンになっておりましたね! 毎年、期間中タグを追うのが楽しいですし、自分でも考えるのが楽しいので熱い期間です。欲を言えば全部欲しいと思ってしまうのが(笑)

 さて、今年のフェスは生憎のお天気に…。昨年はこの時期でもまだ暑かったくらいだったのを思うと、気温差凄いなぁとしみじみ思います。風も凄いですし、雨も凄いですし、しかも全然やむことなくて一体どうした!? と言わんばかりの天気ですが、中に入れば真夏のような熱い盛り上がりが。
 少し話がそれますが、今回のフェスではコーナーの間や入るまでの間に流れる曲で「FACE」が多かったのですよ。自分この曲大好きすぎてβテストのときも狂ったように聴いていて喚いていた&発売後はサントラでエンドレス状態なところで会場で大音量でたくさん聴けて実はこれがかなり嬉しかったことの1つだったのです。ほんとこの曲いい曲なんですよ。シリーズの中で1番好きです。
 
 
 以下、続きに。
 スマホの方はmoreの部分を押して頂くと、隠れてしまった部分が出てくる可能性がございます。
[ 続きを読む ]

真・三國無双プレミアムパーティー feat.魏 次代を拓く叡智の宴(夜)感想

2019年11月03日

giparty20191.jpg

 「真・三國無双」プレミアムパーティー feat.魏 次代を拓く叡智の宴
 https://www.gamecity.ne.jp/event/2019/party_gi/
 夜公演出演者:神原大地さん(郭嘉役)、大原崇さん(荀彧役)、浜田賢二さん(荀攸役)


 2019年11月2日に「真・三國無双」プレミアムパーティー feat.魏 次代を拓く叡智の宴がアジュール竹芝さんで開催されました。昼夜開催されており、自分は夜公演に参加しました。
 まず一言で言えば「最高すぎて現実ではなくて夢としか思えない」です。そして「ファンなら絶対に行くべき」と断言できます。今回のでこの良さと知ったファンと、それならば! と、思うファンで次から倍率上がるのではないでしょうか。未だ夢心地ですし、宴が終わったあとの会話が「やばい…」「やばいですね…」「やばいやばいやばい」という語彙力がゲームオーバーしている会話でも通じるくらいやばいんですよ。自分、郭嘉さんファンであり神原さんファンでもあるのですが359400000回死んで生き返って今書いてます。これ笑いじゃなくて真面目にそう思うくらいなんです。
 何が凄いってまず間近なんです。どのテーブルにも必ずキャストさんが5回以上は通りがかりますし、座席によっては更に多いですし、クイズコーナーやら謎解きやらで、普通に「どう? いけそう?」とか聞いてくださるんですよ。自分も普通に浜田さんに、「どう?」と笑顔で聞かれて無事大爆発しました。
 更に最後はしっかり3人のキャストさんがお土産や謎解きの答え合わせを1人1人してくださるんです。こんな間近でしかも自分に話しかけてくださってしかも手渡しとかええええええええええ何この楽園は。神の集いか。それしかねぇってなものです。
 宴が終わったあとのロビーで参加者全員満面の笑みと照れと語彙力がなくただ幸せのため息ととい言葉がない空間って凄くないですか? 色々なイベントに参加していますが、こういうのって滅多にないと思います。皆さん幸せそうなお顔でとても嬉しそうで、本当に幸せのひと時だと思います。
 一瞬お値段に怯むかもしれないのですが、絶対に損はないですし、自分は次もファンのキャラクタや声優さんがご出演になったらチケット受付開始日に即行で申し込むと誓いました。とにかく最高で最高の宴でした。


 さて、こちらが発表されたときに出演者に郭嘉役の神原大地さんのお名前を発見した瞬間、「ここで取らずしていつチケットを取る!?」という己の中での戦いになり、無事取れた暁にはチケットのお値段サンゴクシ(税抜)を支払いまして参加券を得たのです。
 今回は1人で参戦しましたが、駅からご一緒してくださったのは桂花さんです。ありがとうございます! 桂花さんはこのイベントの決め手になったようなものなのですよ。以前ディナーショーに参加された際に、本当によかったからまた参加しようかなと悩んでいるというツイートを拝見し、桂花さんが良かったと仰るなら35940%良いのは確定、かな? という感じだったのです。
 しかもそんな桂花さんと、まさかの連番になっていてテーブルが隣同士という奇跡! 二人で「!!?」となりながらも、偶然の出来事に大はしゃぎでした。

 また、少し前に繋がった以前よりお名前は存じ上げていたフォロワーさんのるささんともご挨拶でき、色々なお話もできて凄く幸せでした! るささんはこの後宴で凄いことが起きるのですが、それはまた後ほど。
 そしていつも絶対約束せずとも出会うジュンさんとは、まさかのテーブルに着くまで会うことがなく、「え? おかしい…そんなバナナ…」となりかけたところで、お見かけし、ひたすら見つめていたところ気付いてくださったという展開に。なんとジュンさんとは隣のテーブルということで、これまた偶然が重なった楽しい展開でした。


 
 以下、続きに。
 すでに記憶が朧げなのでだいぶ怪しいです。
 スマホの方はmoreの部分を押して頂くと、隠れてしまった部分が出てくる可能性がございます。
[ 続きを読む ]