鬼退治4周年記念共闘会を開きました

2017年06月26日

oni4thoff1b2.jpg

 ※製造:パセラリゾーツ秋葉原電気街店様 ※撮影・掲載可

 祝・討鬼伝シリーズ4周年!!
 本当に本当におめでとうございます!!! ありったけの愛と感謝の気持ちを込めておめでとうございますとここで叫ぼうと思います。4年経っても飽きずに遊べるゲームと出会えてとても嬉しいですし、新規IPとして発足して下さった公式様には本当に感謝しかありません。
 
 しかし早いもので討鬼伝ももう4年目に突入したのですね。
 ファミ通さんで和風ハンティングアクションゲームが出るという情報を読み、これは面白そうだと続報を待ちながら過ごしていたあの日々。今は森中P氏と関口D氏が顔のような存在ですが、当時のクローズド体験会では鯉沼ZP氏と小笠原P氏が表立ってのものでしたね。
 その会場で初めて討鬼伝に触れたときは、走るだけで気力がなくなるハンティングアクションは難しすぎる…と、正直思ったものですが、その後にアクション体験版が配信されてからのユーザーからの怒涛の要望と開発さんの追い込みとで別物のゲームになったあの姿は驚きました。世間が黄金週間で休みを謳歌している時に、地獄のど修羅場だったのだろうなと想像できるほどに…!!
 そして共闘ゲームが大々的に取り扱われていたのもあり、ゴッドイーターやフリーダムウォーズやソウルサクリファイスなどと共闘ゲーとして色々イベント行われておりましたね。どれも楽しい思い出でいっぱいです。
 自分は何より討鬼伝(無印)がPSアワードでユーザーズチョイス賞を受賞されたのが本当に本当に嬉しくて、あの壇上で討鬼伝の名前が呼ばれること、インタビューを受けられる姿、今でも鮮明に思い出せるほど記憶に残っております。票を入れたユーザーとしても本当に嬉しかったですし、楽しくてしょうがないゲームが多くのファンから愛されたというのもやっぱり嬉しかったです。

 そして極が発売され、アクションゲームなのにバスタオルがないとプレイできないほど号泣するという初の体験をし、ますますのめり込み、速鳥さんと天狐さんしか見えないという状況が今も続いております。

 忘れてはならぬのは討鬼伝シリーズの音楽の存在もですね! 坂本英城さんの楽曲との出会いとなり、CDを買いあさり、エンドレスで聴き倒し、コンサートに足を運び、運が良ければ少しでもお話ができたりと、本当に実在していて本当にあの曲たちを作っておられるのだ…! という、当たり前だけども信じられないような感覚も何度も体験できました。
 これからも素敵な楽曲との出会いが楽しみですし、討鬼伝シリーズは坂本さんの音楽あってこそ! とも思っているので、新曲が聴ける機会をこれからも待ち続けたいと思います。

 そしてクイズバトルなどを楽しみながら、オープンワールドへ! という2の発表に湧き上がりました。領域を隅々まで探索するのも楽しかったですし、アクションはどんどん面白くなっていき、とにかく鬼を討つのが楽しいゲームでした。
 いつでも新しいことへ挑戦されていく討鬼伝チームの方々のその姿勢はとても好きで、今度はどういう新しいことを見せてくれるのだろうとワクワクしています。

 また、もう1つ忘れられない思い出と言えば既に何度も語っておりますが昨年の秋葉原での体験会です。本当に夢のような時間でした。
 ゲームも好きなのですが、討鬼伝チームの方々も大好きな理由の1つに、皆さんが凄く楽しんで作っているというのが伝わる部分があるのです。生放送だったら天狐さんと時継の小劇場だけかと思いきや、スタッフさんが手を緑に塗りたくってオンジュボウだったり(笑)
 みんな大好き関口D氏は煽りの達人ですが、その煽りも本当に楽しそうに、また生放送でも面白そうにプレイされるその姿や笑顔にファンはとても嬉しさを感じますし、討鬼伝はいいよ! と、他の人に心からおすすめしたくなるという部分もあります。
 体験会ではそれらを生で実感でき、幸せな空間でした。ファンがTAでいいタイムを出せばそれを遥か上回る本気タイムを出すチームKOSIの皆さん、他のスタッフさんも缶バッジを配られていた時に、「あ、天狐さんだ可愛い!」と思わず口に出たら「天狐ちゃんかわいいですよねー!」と満面の笑みで返して下さったり。時継を撮りたいと言えばすかさず持ってきてくださり撮影会になったり。
 他にもとにかく嬉しい・楽しいことだらけで、今でも一生忘れられない日です。お話して下さった方々にありったけの感謝をお伝えしたいと思った日でした。

 これからも楽しみながら・新しいことへ挑戦しながらという討鬼伝シリーズやチームの展開があることを心から願っています。天狐さんをモフモフしながら新たな展開を待っていたいですね!


 という討鬼伝への思い出と愛シリーズを語っていたら長くなりましたが、ここからは共闘会の思い出です。
 本当に楽しい1日でして、これまた光速で1日が終わってしまった感覚です。解散前に、「時空超えましたかね?」「戻れないけれども戻らないと…!」というやりとりも。毎回思いますが、楽しすぎる時間は本当にあっという間ですね…!

 秋実さん:討鬼伝発売4周年記念共闘会に参加しました♪
 http://akizane3.blog.fc2.com/blog-entry-62.html

 こりさん:討鬼伝4周年記念共闘会♪
 http://korii0403.blog.fc2.com/blog-entry-8.html


 以下、追記に。
[ 続きを読む ]
スポンサーサイト

九葉さん会 ~Petit Zou・焼肉 九葉の旅~

2017年06月12日

kuyou1.jpg

 6月某日、モノノフの方々と以前から行きたいですねとお話していた「焼肉 九葉」さんに行ってきました。
 ご一緒した方々は幹事のじきさん秋実さん征次さんユリーヌさん、自分(あいうえお順)です。行きたいですねとお話していた皆さんで伺えることになり、大変喜ばしいことに!

 なんせ神奈川に存在し、しかも九葉さんというど真ん中の店名ですしね。ちなみに読みは「くっぱ」なので「くよう」ではないのですが…!
 実際九葉さんが焼肉屋さんに行ったらそもそも自分で焼くお店ではない、もしくは部下か大和が焼いたのを頂くという感じになりそうですね。はたまた焼きにもこだわる九葉さんということで、完璧な焼き方をご自身でされるのか…。そういう妄想も尽きず。
 
 とにかく楽しすぎて記憶がないという感じなのでホロウ状態ですが、どうにか記憶の糸を手繰り寄せて書きたいと思います。
 皆さん討鬼伝大好きな方々なので、とにかく話が弾みますし九葉さんのヒロイン力についても話が大盛り上がりの日でした。さすが九葉さん…! 高笑いしながら将棋を楽しそうに打つあのお姿を感じるかのような1日でした。


 ※6/14 じきさんのプライベッター記事のリンクを繋ぎました。

 秋実さん:九葉さんちで焼肉食ってきた
 http://akizane3.blog.fc2.com/blog-entry-58.html

 じきさん:焼き肉九葉さん行ってきた!
 http://privatter.net/p/2497893l


 以下、感想です。撮影・掲載許可は取っております。
[ 続きを読む ]

グランブルーファンタジー展(東京会場)に行ってきました

2017年05月09日

gften1b.jpg

 グランブルーファンタジー展
 http://granbluefantasy-ten.com/

 期間:2017年5月2日~5月7日(東京会場)
     2017年7月8日~7月9日(大阪会場)
 ※撮影等は禁止エリア以外は可、動画撮影は一切禁止


 白湯次郎さんとづづさんとグラブル展に行ってきました。何と言ってもソイヤカフェがあると聞いてはこれは行かねばなるまいと…! いつもお二人ともありがとうございます!!
 ソシャゲは基本Mマスにお金が吸われているので、最近はグラブルに全く課金はしておらず…。現実のイベントに課金をということで許してください…! というわけで、事前情報から前売り券を購入し、長蛇の列を並ぶ覚悟もしていましたが運良く谷間の時間だったようで並ぶことはなく、展示も混雑していない中で見られました。どうやら初日と2日目辺りが凄まじかったようですね。

 グラブル展は、展示会場、物販会場、カフェ会場が全て別になっており、それぞれで入口が別になっています。謎解きラリーも受付は別です。
 今回感じたのは展示にとても力を入れられたのだな、ということです。グラブルはゲーム性もですが、あの美しい絵も大きな魅力だと思いますし、その美麗な絵が大きく目の前で拝めることができるというのは非常に嬉しく、ありがたかったです。
 逆に物販とカフェはグラブルにしては珍しいな、と思えるほどあまり力を入れていない感じでした。物販も今まで色々あった中でも最小規模くらいではないでしょうか。種類も展示会の公式サイトに出ているのものに若干足したくらいのものだったので、意外でした。東京駅に出ていたコラボグッズもこちらでも購入できるようになっていれば…! とも。あのグッズとてもかわいいですよね! しかしまぁ色々難しいのでしょうかね。大阪会場では何らか増えたりがあるといいですね!

 グラブルではアルベールが好きなのですが、画像を見返してみれば1番綺麗に撮れていたのはパー様という…!! さすがですね、パー様…!!! というわけで1番最初にどどんと載せました。眼福です…! お美しゅうございます…!


 以下、続きます。写真がメインです。
[ 続きを読む ]

TOKYO GAMETAKT2017 夜公演 感想

2017年05月07日

tgaet1b.jpg

 TOKYO GAMETAKT2017
 http://gametakt.com/

 2017年5月6日(土)に大田区民ホール・アプリコさんにて、東京ゲームタクト2017が開催されました。
 この日は1日中ゲーム音楽や作曲者の方々の講演が大ホール、小ホール問わず色々なところで満喫できるというゲーム音楽ファン垂涎モノの企画です。自分はその中でも大ホールの夜公演を拝聴してきました。
 何と言っても「討鬼伝」シリーズから「トキワノオロチ – 時輪大蛇 –」が、坂本英城さんの指揮での演奏ですからね!! 光の速さでチケットを申し込んだのも懐かしい思い出です。

 今回もお馴染みの白湯次郎さんと一緒に行ってきました。いつもありがとうございます。来年のゲームタクトで討鬼伝、討鬼伝極からの曲が復活してあの大スクリーンに息吹や速鳥が映るといいですね!!!! 座席で卒倒しそうですが(笑)

▼TOKYO GAMETAKT2017 夜公演

 2017年5月6日(土)大田区民ホール・アプリコ 大ホール
 指揮:後藤正樹さん

▼プログラム
1:MAIN THEME – SPACE HARRIER – (『SPACE HARRIER』より)

2:銃声とダイヤモンド(『銃声とダイヤモンド』より)※指揮:いとうけいすけさん

3:モンスターストライクシンフォニー 第6楽章~爆絶~ ゲームタクトバージョン(『モンスターストライク』より)※指揮:桑原理一郎さん

4:遠くからあなたを(『アナタヲユルサナイ』より)※ヴォーカル:河野暁子さん

5:トキワノオロチ – 時輪大蛇 –(『討鬼伝2』より)※指揮:坂本英城さん

6:猛獣たちとお姫様メドレー(『猛獣たちとお姫様』より)※ヴォーカル:霜月はるかさん ※指揮:霜月はるかさん、岩垂徳行さん

7:法廷組曲 逆転裁判6(『逆転裁判6』より)※指揮:岩垂徳行さん

8:甘い時間 弦楽四重奏(『夢王国と眠れる100人の王子様』より)

9:街曲メドレー(『ワイルドアームズ』シリーズより)※指揮:なるけみちこさん

10:世界の終わりと最後の言葉(『消滅都市』より)※ヴォーカル:エミ・エヴァンスさん

11:Blue Skies(『エースコンバット04 シャッタードスカイ』より)※ヴォーカル:SAK.さん

12:約束のうるおい(『ファイナルファンタジー・クリスタルクロニクル』より)※指揮:谷岡久美さん

13:蒼き革命のヴァルキュリア(『蒼き革命のヴァルキュリア』より)※ヴォーカル:サラ・オレインさん


アンコール

1:閃光(『ファイナルファンタジーXIII』より

2:The Final Time Traveler(『TIME TRAVELERS』より)※ヴォーカル:サラ・オレインさん / 指揮:坂本英城さん

 ゲーム音楽好き、ゲーム好きという方々が集っているためそこかしこからそれらに対する愛情や熱を感じますし、何よりも作曲者の方々との距離感が非常に近いように感じます。トークショーなども惜しみなくということで、公演前から舞台上で色々な美味しいお話をされる姿を拝見、拝聴できますし、とにかく1分1秒も逃せないというてんこもり具合にとても笑顔になれるものでした。

 そして何と言っても、その曲を作った方自身が指揮を振られるというファンにとっては悶絶モノの部分が目玉ではないでしょうか。
 やはり指揮者によって曲の解釈や好みというものがございますし、こういう雰囲気もいいな、どちらかと言えば原曲の方が…というのもあると思います。それらが作った方が実際にということで、アレンジになっていてもストンと落ちるかのようなあの感覚、中々ない機会だと思いますし、憧れのあの作曲者の方があの大好きな曲を目の前で指揮をとられるというのはまさに夢のような時間ですね。

 その上、舞台上の大きなスクリーンでは実際のゲームシーンやムービーやPVが流れるという垂涎モノの作りになっており、目と耳が大忙しになるという。
 好きな作品では、このシーンを! という喜びがあり、未プレイの作品であれば「ここからどうなるのだろう…」「あのキャラクタ気になる」というのもあるという宣伝効果も抜群なものになっているのも、ゲーム音楽ならではのものですね。

 さて、今回の公演で最も印象的だったのは河野暁子さんサラ・オレインさんのヴォーカルです。とにかく凄いの一言でした。歌唱力、表現力はさることながら会場全体を釘付けにするような、一瞬で虜にされるような心揺さぶる歌でした。凄いとしか表現できないのがもどかしすぎるほどに、とにかく美しく素敵な歌で、音楽の持つ力、歌の持つ力の凄さを改めて体感できました。
 ヴォーカル曲を除いた中では夢100「甘い時間」の弦楽四重奏が夢のような時間でした。室内楽も本当に素敵だなぁ、某公式へ演奏会要望を出す時に今度からは室内楽も…と書こうと思いました。やはり弦楽器の奏でる音色とアンサンブルは心地よいですね。

 討鬼伝はもちろん格別です!!! 途中から鬼化していてもはや鬼のあの声で心と脳みその中で叫びすぎる感じでした。今は感想が書けるほどには人間語が喋れるように現実に戻ってきたようです…!


 以下、続きます。
 ※5/19 "The Final Time Traveler"の該当曲の部分に動画を追記しました
[ 続きを読む ]

アイドルマスター SideM×山梨コラボに行ってきました

2017年03月22日

yamanasi0.jpg

 ※展示物の撮影・掲載は可能です
 ※各飲食物はそれぞれのお店で撮影・掲載許可を頂いております


 公式サイト:THE iDOLM@STER SideM×山梨
 http://www.imas-yamanashi.com/

 ブログ内関連記事:アイドルマスター SideM×山梨「巾着入り寒天信玄餅」を購入しました
 http://jory1999.blog55.fc2.com/blog-entry-2204.html
 ブログ内関連記事:アピールほうとう 円城寺道流ver.(辛みそ入り)を食べました
 http://jory1999.blog55.fc2.com/blog-entry-2209.html
 アピールほうとう 冬美旬ver.(みそ入り)を食べました
 http://jory1999.blog55.fc2.com/blog-entry-2213.html

 いざ本家本元へ! ということで、山梨県へアイドルたちの視察に行ってきました。バスツアーも企画されておりましたが、そちらは利用せず単独視察です。
 旬くんのほうとうの記事で少し書きましたが、甲府はそれこそ大昔の学生時代に強化合宿でかなりお世話になっておりました。しかしながら名産品を食べられるわけがなく、観光なんぞはもちろんありませんので、初めて落ち着いて甲府に伺うことになりました。
 山梨へはほぼほぼ蜻蛉返りというような感じでしたので本当にごくごく一部しか見て回っておりません。それでも凄く楽しかったです! 実際にアイドルたちが街の中にいるというのを体験出来るというのは改めて考えますと、本当に凄いことですよね。

 一番上に貼った写真は、甲府駅の文化会館の柱に飾ってある巨大広告です。遠目からでもよくよく見えるというこの大型ポスター、いざ目にしますと感動と感激で胸いっぱいですね!
 車の交通量は多いですが歩道は人がいなかったため、バシバシ撮りました。しかし残念ながら完全な逆光で画面が全く見えず、勘で撮るという(笑)なので曲がっておりますが、なんとか切れずに撮れていたものを幾つか貼りたいと思います。

 今回の山梨コラボは山梨県出身の冬美旬くん、信玄公な信玄誠司さんを始め、Beit、彩、S.E.M、THE 虎牙道のアイドルたちです。
 大きな広告で見上げるアイドルたちを生で拝める日が来るとは…! と、来てよかったなと心から思えるものでした。

yamanasi1.jpg

 

 以下、追記に。
[ 続きを読む ]