THE IDOLM@STER SideM 2nd STAGE ~ORIGIN@L STARS~ Shining Side LV感想

2017年02月12日

sidem2ndg4.jpg

 2月11日に行われたTHE IDOLM@STER SideM 2nd STAGE ~ORIGIN@L STARS~ Shining SideのLVに行ってきました。本会場へのチケットはもちろん落選でして、しかしながらLVで思う存分に楽しんできました! 今はLVがあって実際に楽しめるということが増えてきているので本当にありがたいことです。
 感想を一言で言うならそれはもう「315」しかないです。泣いて笑って叫んでペンライトとタオルで腕ぶんぶんで、翌日の今は喉と腕が痛いです。そして何より胸いっぱいですね! 何も手が付かないですし、はしゃぎすぎたのと感動で頭が真っ白で詳細な記憶はほぼないという…! それでも備忘録的に思い出を残したくこうしてキーボードを叩いています。

THE IDOLM@STER SideM 2nd STAGE ~ORIGIN@L STARS~ [Shining Side]  
 https://www.lantis.jp/sidem/2ndlive/

 日時:2017/2/11(土)開演:17:30~
 場所:幕張メッセ(本会場)、全国のLV実施館

▼出演者(Shining Side)
 DRAMATIC STARS、High×Joker、彩、FRAME、神速一魂、Altessimo、F-LAGS、Legenders

▼セットリスト
 M1 Beyond The Dream:DRAMATIC STARS、High×Joker、彩、FRAME、神速一魂、Altessimo、F-LAGS、Legenders
 M2 STARLIGHT CELEBRATE!:DRAMATIC STARS
 M3 勇敢なるキミへ:FRAME
 M4 夢色VOYAGER:F-LAGS
 M5 The 1st Movement~未来のための二重奏~:Altessimo
 M6 Legacy of Spirit:Legenders
 M7 オレたちの最強伝説 ~一世一代、破羅駄威棲!~:神速一魂
 M8 和風堂々!~WAnderful NIPPON!:彩
 M9 JOKER/オールマイティ:High×Joker
 M10 THE FIRST STAR:天道輝
 M11 ぴんとこな~蝶よ華よ~:華村翔真
 M12 Happy-Go-Unlucky!:木村龍
 M13 だいぶ・いんとぅ・にゅ~・わあるど!:猫柳キリオ
 M14 流るゝ風の如く~和敬清寂~:清澄九郎
 M15 Because:桜庭薫
 M16 サイコーCOUNT UP!:伊瀬谷四季
 M17 DRAMATIC NONFICTION:DRAMATIC STARS
 M18 Never end「Opus」:Altessimo
 M19 String of Fate:Legenders
 M20 With...STORY:F-LAGS
 M21 OUR SONG-それは世界でひとつだけ-:High×Joker
 M22 MISSION is ピースフル:FRAME
 M23 バーニン・クールで輝いて:神速一魂
 M24 MOON NIGHTのせいにして:DRAMATIC STARS
 M25 喝彩!~花鳥風月~:彩
 M26 HIGH JUMP NO LIMIT:High×Joker
 M27 夜空を煌めく星のように:DRAMATIC STARS & High×Joker
 M28 DRIVE ALIVE:DRAMATIC STARS、High×Joker、彩、FRAME、神速一魂、Altessimo、F-LAGS、Legenders
 M29 Beyond The Dream:DRAMATIC STARS、High×Joker、彩、FRAME、神速一魂、Altessimo、F-LAGS、Legenders

 ファスライよりもユニットの数も曲数も増えているので、最長4時間公演かなと踏んでいたのですが約3時間半の公演でした。もちろん休憩なしですが、あっと言う間過ぎて、終わった瞬間「もう一回最初からやろう」と思わず口に出たほどでした。楽しい時間はあっと言う間と言いますが、ずばりそれですね。本当に煌めく星のような時間でした。

 キャストさんの挨拶やコメントなどでもMマスという作品への愛を感じましたが、一番印象的だったのは、「キャストが、他のユニットが歌っている時に楽屋で皆歌っていたり、ダンスを完コピして踊っている人もいる」という部分でしょうか。
 プロデューサーはもちろんですが、キャストさん全体でも盛り上がっている楽しんでいる様子が伺えるのは、やっぱり嬉しいです。より応援していこうという気持ちも強くなりますね。

 それにしてもライブというのは年齢を忘れてはしゃいでしまいますね。セカライで最も望んでいた「夜空を煌めく星のように」の最初の一音目が鳴った瞬間反射的に「うわあああああああああ!!!」と、思いっきり叫びましたしそのまま泣きながら腕ぶんぶんでした。
 他のプロデューサーさん方もお好きな曲や担当アイドルたちが魅せて下さるシーンでは叫んで泣いてと、それを見聞きしては分かりますそのお気持ち…! と、なれるのもまたいいですね。とても気持ちのいい会場でした。


 以下は感想です。ほぼほぼ記憶がすっ飛んでいるので、間違っていることも多々あると思いますがご了承ください。
[ 続きを読む ]
スポンサーサイト

鬼討ち新年会 in凛音 を開きました!

2017年01月30日

rinne1.jpg

 恵比寿 凛音
 http://rinne.favy.jp/

 ※撮影、掲載許可を頂いております。
 ※お酒の持ち込みは、飲み放題付きのコースの予約時に予め伝えておき許可が出たためです。



 恵比寿にあるシラヌイの里…というわけで、噂の凛音さんにて鬼討ち新年会を開きました!
 既に何人ものモノノフさんが伺っておりまして、料理もとても美味しいというご感想を聞き、「任務、果たすのみ」という感じで行くしかないと。凛音さんは8名までは1つの席で囲って食べられるので、その辺りの人数で伺いました。新年会の募集をかけたその日に人数が埋まりまして、ご一緒して下さった皆さまには重ね重ね感謝申し上げます。

 凛音さんは人気店でして、伺った日も扉のところに予約で満席という案内が…! 早めに予約しておいて本当によかったです。ちなみに予約者名は酒といえば! な、相馬にしました。残念ながら当日までにツノは生えなかったのですが(笑)

 さて、凛音さんはコースが2種類ありまして、「あさぎり豚の生姜鍋」と「名古屋コーチン【鶏焼肉】」のどちらかが選べます。
 どちらも美味しそうなのですが、速”鳥”さんが好きなので鶏しかないと。酉年ですしね!! 勝手に速鳥さんイヤーを貫くしかないのです!!
 というわけで予約時の電話、該当日の前々日に再度確認の電話をし、わくわくしながら当日を迎えました!! 本当に楽しみで楽しみで。何と言っても皆さん同じ討鬼伝ファンですので、話が止まらないと!! その上、凛音様なお店に持ち込みのお酒などちなんだものが傍にあるだなんて、想像するだけで最高の空間ですよね…!!

 ※2/1 じきさんのまとめを繋ぎました

 じきさん:鬼討ち新年会行ってきたよ!
 http://privatter.net/p/2143068


 以下、持ち込んだお酒やコース料理やお話などです。本当にどれもこれも美味しくて美味しくて大満足でした!
[ 続きを読む ]

戦国時代展(前期)に行ってきました

2016年12月04日

sengokuzidaiten1.jpg

 戦国時代展
 http://sengoku-period.jp/

 東京会場(江戸東京博物館):~2017年1月29日(日)まで
 京都会場(京都文化博物館):2017年2月25日(土)~4月16日(日)
 山形会場(上杉博物館):2017年4月29日(土)~6月18日(日)


 江戸東京博物館で開催されている戦国時代展(前期)に行ってきました。
 秋頃twitterにて、フォロワーさんのよっちさんから「戦国時代展で《芸州厳島御一戦之図》(山口県文書館蔵)が展示されますよ!」と、教えて頂いてから楽しみに楽しみにしていたのです。
 前期では特に毛利、大内、尼子、三好等の西国武将がお好きな方は是が非でもとおすすめ致します。前期が西国、後期は東国の武将が中心になるため、前期のみという展示物も多いです。詳しくは下記のリストをご覧ください。

▼コラボレーション第二弾・音声ガイド

 550円で貸出しています。

 中田譲治さん(上杉謙信役)
 大友龍三郎さん(武田信玄役)
 石川英郎さん(毛利元就役)
 小杉十郎太さん(織田信長役)
 石塚運昇さん(作品解説)

 関ヶ原展でも戦国無双とコラボしておりましたが、今回もコラボしております。戦国時代展の音声ガイドもやはりおすすめです! 一部展示物のみですが、音声ガイドを聞いて、「そういうことだったのか!」という展示物が多かったです。詳しくは以下にて。



 目当てのものが拝めて楽しい戦国時代展でしたが、1つ気になるのは照明でしょうか。一部の展示物が暗すぎかつ照明の色と同色になってしまいほとんど見えないという、非常に勿体無い展示になっておりました。こちら図録では綺麗に拝めるようになっておりますので、現物があまり見えなかったな、という方は図録で確認されるといいと思います。自分もそうしました。それともあの照明にしなくては現物を痛めてしまうということがあるのでしょうか。それでしたら失礼しているのですが…。

 そして混雑具合ですが、土日などはやはり混雑しています。関ヶ原展ほどではないですが、人は多いです。特に刀剣部分は最前列で見ようとすると、30分ほど待機ということも。最前列ではない自由なスペースでも結構よく見えますので、最初にそちらで確認し、もう少し間近でじっくり拝みたいという方は並ばれた方がいいかもしれません。


 以下、感想です。
[ 続きを読む ]

討鬼伝 極・2 共闘オフ会を開きました!

2016年11月07日

kyoutouoff1.jpg

 11月某日、討鬼伝シリーズファンの方々で共闘オフ会を開きました。
 討鬼伝はネットでも気軽に共闘できるのが魅力ですが、やはり同好の士の方々と集まってお話しながら討つというのはより面白いと! そして、公式のイベントでご挨拶はできたもののお話がし足りない…! という思いも多く、だったらオフ会を開こう! と、考えておりました。
 久々の主催だったので、こりさんに副主催としてお手伝いを頂きまして無事、開催に至ることができました。参加して下さった皆さま、こりさん、本当にありがとうございました! 新幹線を利用してご参加下さった方もおりまして本当に感謝でいっぱいです。

 ※11/21追記 秋実さんのレポのリンクを繋ぎました。

 ※ログイン限定公開 こりさん:討鬼伝 極・2の共闘会でした~!
 http://privatter.net/p/1943541
 ※ログイン限定公開 じきさん:討鬼伝オフ会に参加してきたよ!
 http://privatter.net/p/1948341
 秋実さん:討鬼伝極・2 共闘オフ会に参戦しました
 http://akizane3.blog.fc2.com/blog-entry-19.html


 せっかくの記念なので感想綴りますよ!
 そして一応念のために書きますが、もちろん非営利です。
[ 続きを読む ]

東京ゲームショウ2016(4日目)に行ってきました

2016年09月19日

荒ぶるまシャムね殿と周囲の方々
tgs2016nyaga6.jpg

 今年もがっつり参戦してきました!
 ご一緒してくださったのはお馴染み白湯次郎さんで、八雲会再び! という感じでしたが、お互いその日に主張していたのは息吹とリュウさまという、八雲主張要素は0でした(笑)

 一般公開日は今年も同じく人人人ですね! 人気の試遊はサポチケ組の中でも更に最初の方に並ばれた方で整理券が終了するという、大変な盛況っぷりです。
 今年もやはりVRの人気が凄いですね!! あっという間に整理券配布も終了、キャンセル待ちですら終了などなど。その他待つものでも240分待ちのところなどもあり、賑わいを見せておりました。

 さて、まずは感想の前に昨日ステージで発表された討鬼伝2の新情報のまとめです。

▼討鬼伝2 ステージ情報

9月29日(木)大型アップデート配信
 「遺跡」の追加:前作の無限討伐に似ているものであり、遺跡だけで得られる素材から新たな武器・装備の製作可能

9月27日(火)コミカライズ「討鬼伝2”鬼”討つモノ」発売
 特典としてミタマが5つ得られるDLC付き
 単行本の描きおろしにかぐやのお話

10月6日(木)無料「共闘版」配信(PS3以外)
 1日に3回までの出撃回数制限。それ以上の場合は「宝玉」を購入する課金制
 「宝玉」が貰える事前登録が9月27日(火)から開始

「BLAZBLUE CENTRALFICTION」からラグナのミタマ配信

 無限討伐大復活!! ということで、本当に大型アップデートでしたね。
 おなじみのヤトノヌシの姿が見えましたが、ということはクナトサエもでしょうか。新たな武器や装備も作れるということで、ミタマもどういった構成でいこうか悩みますね。共闘で進めるのも楽しそうですので、それまでにハクを貯めねば(笑)

 個人的に気にしていた誰かさんの人物の項目の2ページ目や誰かさんと誰かさんの友好度の救済は…? とも思ったのですが、どうなのでしょうかね!?

 そして驚きの基本プレイ無料の「共闘版」が配信になるそうで!! DOAがよく基本プレイ無料版の配信をしておりますし、ああいった感じで波に乗るといいですね。
 共闘版が楽しいと思った方は引き継ぎ体験版をプレイするのもいいかと思います。そのまま製品版へ引き継げますし。

 更にブレイブルーとのコラボで!!!
 あの「あーくなま」に関口D氏と影武者さんチームが乗り込んでいったという伝説の配信はしかと覚えておりますよ!
 アークシステムワークスさんの「接待プレイはいらない」「うちは格ゲー上手いやつが偉い」などの数々の名言を残された配信ですね。
 本当に接待プレイなんぞというものはなく、ガチ同士のやり合いかつ関口D氏もいつの間にか物凄くのりのりで応援しているという面白い配信でした。
 今回のイベント中には、「スタッフが休憩時間に集まって皆でブレイブルーをしている」と暴露話まであがっておりましたね。
 こういったご縁でコラボがというのは面白いですし、いいですね!! ちなみにミタマ「ラグナ」(CV:杉田智和さん)も描きおろしかつ、アークシステムワークスさんのイラストレーターさんが実装画面を見て更に手をいれるという愛情と手のかけ具合に感動するものでした。
 しっかりとアークシステムワークスさんのブースでも写真や新聞もらってきましたので後ほど書きたいと思います。


 以下、感想です。
[ 続きを読む ]