劇場版 TIGER & BUNNY -The Rising- 感想

2014年03月05日

netabare.jpg

 ※上記動画ですが、映画会社があげているものなので多分大丈夫だとは思うのですが何か不都合等ございましたら教えて頂けると助かります。すぐに削除します。

 TVアニメ後のお話が描かれる、劇場版 TIGER & BUNNY -The Rising-をかなり遅れながらになりましたが観に行きました。
 一言で言えば、さすがタイバニ面白すぎる、に尽きるでしょうか。泣いて笑って、そして変わらぬあのタイバニが魅せる世界をたっぷりと余すこと無く楽しめる劇場版。まさに最高の映画だと思います。

 TVアニメ後のお話ですが、劇場版の本編前に5分で今までのお話が分かるように新規のお客さんに向けてきっちりとフォローが入っているのが嬉しいですね。Risingから入ってTVアニメシリーズを遡って楽しむというお客さんも沢山いらっしゃるのではないでしょうか。
 また元々楽しんでいた視聴者は、劇中に出てくるモブや風景に何度も「お!」と思う所があるかと。あのモブも元気なんだなぁとなったり、ここはあの時のあの場所かと思うことも何度もあったりと。シュテルンビルトを実際に行っているかのような感覚で楽しめました。

 タイバニのラジオである、TIGER&BUNNY STATION!では、現在男の子に見てもらおうキャンペーンというのをやっておりますが、嘘のような本当の話でなんとまぁ自分が観に行った時は逆ハーレム状態でした。あれ!?女って自分一人!?な勢いで男性ばかりというRising。見終えた後、自分もタオルで涙を拭いながらでしたが、若い男の子も男泣きしていた姿を見て、性別や年齢関係なく楽しめる作品なんだというのを、改めて実感しました。

 追記前なのであまりネタバレになるようなことは書きませんが、個人的には最も見たかったとあるヒーローの事が描かれたことに本当に感激し、また一番号泣したのもそのヒーローのシーンでした。
 そして何と言っても池頼広さんが手掛ける、最高の楽曲たち。これだけでも一聴の価値あり、というか劇場版を観に行って本当に良かったと心から思ったのが池さんの楽曲でもあります。TVアニメシリーズ後ということもあってか、かなり大人な雰囲気になり、全体的に更に錆びついたようなジャジーさになっていて最高でした。サントラの発売未定延期が悔やまれます。

 そしてお話は、やっぱりタイバニと思えるものになっておりますね。タイバニの良さが目一杯詰まった最高の作品だと思います。
 そして作画量がCGも含めれば動画枚数10万枚(TVシリーズの1話が大体の作品で3000枚)というだけあり、とにかく動く動く!と。アトラクションを体験しているかのようなあのアクションたるや思わず拳を握ってつきあげたい衝動に駆られる熱さでした。


 以下、ネタバレ含むので追記に。
 11000字超えなので、お時間ある時に、がオススメです。
 一回の鑑賞の記憶頼りの感想ですので、色々と違っている部分もありますがご了承ください。
[ 続きを読む ]
スポンサーサイト

劇場版 TIGER&BUNNY -The Beginning- オーディオドラマ感想

2013年02月22日

netabare.jpg
劇場版 TIGER & BUNNY -The Beginning- (初回限定版) [DVD]
 劇場版 TIGER&BUNNY -The Beginning-のBD/DVDがいよいよ本日発売になりました。劇場版の初日の1回しか見ていないので、数カ月ぶりにロビンたちに再会ということで、とても嬉しく思います。
 当時の感想はこちら:劇場版 TIGER&BUNNY -The Beginning-感想

 初回限定版を購入したので、特典が盛り沢山です。ディスク特典もありますし、生フィルムや、特製ブックレットなどなど1日かかって楽しめるものだと思います。何より桂正和氏の描きおろしのBOX絵がとにかくカッコイイですね。バディもそうですが、ロビンもとてもカッコよく描かれておりついつい何度も見てしまいます。


 で、生フィルムですが、もしキャラクタが映っているならバディかバディのどちらかだろうと踏んでおりました。
 そしたらやっぱりそうでしたよ!!ガワで顔を出しているタイガーのアップでした!後日写真にとってあげられたらなぁと思っています。
 タイバニにハマってからスカイハイさん運はまったくなく、代わりにバディ運はいいのですよねぇ。なんというか何でもバディが当たるという感じで。みんな大好きなので嬉しいのですが、スカイハイさんも当ててみたいな~という思いが(笑)

 今回のオーディオドラマは8人のヒーローとロイズさんが出演するCDとなっております。
 ロビンを逮捕してから数日後のお話だそうです。劇場版では折紙サイクロン役の岡本信彦さんがお一人別録りでしたし、久々の全ヒーロー揃っての収録だったとか!
 このオーディオドラマで自分が最もいい!と思ったキャラクタはロックバイソンです。ヒーロー一の癒しキャラってロックバイソンなんだな、と本気で思いました。
 というわけで、以下感想です。


 ネタバレですのでご注意を。
[ 続きを読む ]

劇場版 TIGER&BUNNY -The Beginning-感想

2012年09月22日

netabare.jpg
 ※公式の指定がなかったので、同日開催WPの夜の部の終了に合わせて公開にしました。
 初日にあげるということに不快になられる方もいらっしゃると思いますが、予習してから行きますとのコメント等も既に受け取っております。ブログの方針として、読みたいという方を大事にしたいのでご理解頂ければ幸甚です。

tbb3.jpg いよいよタイバニの待望の劇場版が封切りになりました。
 本日はワールドプレミアというイベントも開催されておりますが、劇場版のみの感想となります。
 この劇場版はアニメ本編での第1話と第2話の時期のお話です。
 ですので、今まで見ていたファンは勿論、これからタイバニを見てみたい!という方も気楽に見に行けるものとなっております。
 ずっと見てきたファンも、このリニューアルされた第1話や第2話、そして新たなエピソードは絶対面白く感じると思います。
 自分はOPの時点で既に泣いてました…またヒーローたちがこうやって拝めるんですよ!8人全員がまた揃って拝めると。こんなに嬉しいことはないです。
 そして見た感想を一言で言うならば「やはりタイバニは面白い」これに尽きます。
 アニメ、舞台、ゲーム、そして劇場版。
 どんなものになっても常に面白く、そして挑戦を忘れない作品の姿は本当に素晴らしいですね。

 キャラクタに焦点をあてますと、何より虎徹と友恵の夫婦に泣かされました。
 感想でも書いてますが、余韻の残し方が本当に素晴らしいです。
 涙を誘うエピソードだけでなく、面白いシーンもあります。劇場版を通して思ったのは折紙先輩が面白すぎたと!!
 きっとBDが出ると思うので家で思う存分笑いながら見たいです。


 以下、ネタバレなので追記に。
 記憶頼りの感想なので、台詞や時系列などに違いがありますがご了承頂けると嬉しいです。
[ 続きを読む ]

タイバニ オーディオドラマ感想一覧

2012年02月24日

 全9巻中、2と5以外はBDなので感想を一覧にしてみました。その二つはDVDなのです…。
 今思うと、何故その二つもBDを買わなかった!!と悔やみますが、もう手遅れです…。
 あらすじ部分は、完全遊びモードで書きつつ、オーディオドラマのネタバレも含んでいるので注意を。
 敬称略です。

 基本的に9巻以外はギャグです。特に大爆笑したのは6巻で、初回は笑い過ぎてお腹が痛かったです。8巻と4巻もお気に入りです。スカイハイが色々な意味で美味しいです!

 タイバニのアニメ感想に興味あるという方は、以下リンク先からどうぞ。全25話分です。
 タイバニ アニメ感想一覧



#1「あの頃、俺たちは若かった」
 キャスト:鏑木・T・虎徹(平田広明)/アントニオ・ロペス(楠大典)/???(坂本真綾)/ネイサン・シーモア、舎弟(津田健次郎)/舎弟、バーテンダー(森田成一)/クラスメイト(寿美菜子)
 あらすじ:虎徹とアントニオの高校生時代のお話。ミスウイスキーに癒されながら語られる、過去話とは!?マッケンローとの馴れ初め前振りもあり。虎徹の突き抜けたネーミングセンスにご注目。


#3「アポロンメディア・ヒーロー事業部へようこそ!」
 キャスト:鏑木・T・虎徹(平田広明)/バーナビー・ブルックスJr.(森田成一)/アレキサンダー・ロイズ(横島亘)/斎藤さん(岩崎ひろし)/トクマル部長(津田健次郎)
 あらすじ:バイクではなくモノレール出動になりかけた虎徹。ロイズさんを納得できる資金繰りに出来るのか!?そして字幕の無いオーディオドラマで斎藤さんは一体どうなってしまうのか!?バーナビーのノリツッコミが聴けるのはここだけ!


#4 「あの時、ボクも若かった」
 キャスト:折紙サイクロン(岡本信彦)/スカイハイ(井上剛)/ファイヤーエンブレム(津田健次郎)/ボーイ(楠大典)
 あらすじ:ふんどしクラブを喫茶店と勘違いするスカイハイ。自分を変えたいと頑張る折紙と自信溢れるスカイハイは何故かホストの練習をする羽目に…!ネイサンを落とせることはできるのか!?ネイサンが好きなのは男なのか、男の尻なのか!?「どこ触ってるんですか!」と慌てふためく折紙はサイクロントルネードを習得できるのか!?


#6 「ユーリ・ペトロフの憂鬱なる日常」
 キャスト:ユーリ・ペトロフ(遊佐浩二)/ワイルドタイガー(平田広明)/バーナビー・ブルックス Jr.(森田成一)/ロックバイソン(楠大典)/リングアナ(井上剛)
 あらすじ:老害と誰かさんに言われてしまったタイガーとロックバイソンは、プリンのためにボクシングで決着をつけることに。ファイヤーエンブレムはミディアムレアなのか、折紙はコスプレ男なのか。自分の世界に浸り過ぎなユーリ・ペトロフの心の中を覗けるのはこの巻だけ!


#7 「ヒーロー編集長の皆さん、会議のお時間よ!」
 キャスト:ファイヤーエンブレム(津田健次郎)/スカイハイ、ダークスカイハイ(井上剛)/ブルーローズ(寿美菜子)/ドラゴンキッド(伊瀬茉莉也)/ロックバイソン、マッケンロー(楠大典)/折紙サイクロン(岡本信彦)
 あらすじ:雑誌の編集長になったヒーローたち。ガテン系の読モとはどこにいるのか。キッドちゃんにマッパなんて単語聞かせるなんて言語道断!そして花咲くネイサンとマッケンローの甘い恋。スカイハイは5話の雪辱を晴らすことができるのか!?ダークスカイハイが今、宇宙と田んぼを制覇する…!


#8 「S.B.P.D.第8分署」
 キャスト:ライダース(森田成一)/ボイルドタイガー(森田成一)/アニエス・ジュベール(甲斐田裕子)/ロックバイソン(楠大典)/予告ナレーション、悪党(井上剛)/ボス(津田健次郎)/予告ナレーション(寿美菜子)
 あらすじ:意味深な程に経歴不詳の新人刑事ブーツインじゃなくてライダース。予告どおり行方をくらますボイルドとのコンビはどうなるのか!?カウボーイ・アントニオの真実は如何に──。次回、「いい子だ、baby」 逮捕、逮捕☆


#9 「楓の自由研究『わたしたちのヒーロー』」
 キャスト:鏑木楓(日高里菜)/鏑木・T・虎徹(平田広明)/バーナビー・ブルックスJr.(森田成一)/ブルーローズ(寿美菜子)/ロックバイソン、マッケンロー(楠大典)/スカイハイ(井上剛)/ファイヤーエンブレム(津田健次郎)/ドラゴンキッド(伊瀬茉莉也)/折紙サイクロン(岡本信彦)/ルナティック(遊佐浩二)
 あらすじ:遊佐さんのドSの世界へようこそ(笑)

タイバニ 1巻 オーディオドラマ#1感想

2012年01月31日

TIGER&BUNNY(タイガー&バニー) 1 (初回限定版) [Blu-ray] 即完売になってしまったという幻のBD1巻初回限定版が、折紙先輩のスポンサーでもあるドットアニメさんでNEXT PROJECT SETという受注生産の形で復活しておりました。
 絶対入手できるという安心感はタイバニグッズでは本当に有難いことです!!

 というわけで無事に桂氏かきおろしの虎徹ジャケット&オーディオドラマ&MONTHLY HEROを入手できました。これで高校時代の話が聴けるわけですね!平田さんが辛かったと仰っていた高校時代の虎徹は一体どんな風なのか!?
 CDもとても面白かったですけど、MONTHLY HEROも物凄く面白かったです!そんなことがあったのか!などなど。

 というか1巻のオーディオドラマには7巻や9巻のオーディオドラマの伏線や、アニメの伏線もあったとは…!

 以下、ネタバレ(※アニメ本編の内容についてもアリ)なので追記に。
 MONTHLY HEROとオーディオドラマ#1「あの頃、俺たちは若かった」の感想です。
[ 続きを読む ]