「HERO RADIO」バラエティCD「Stern Bild Station!」感想

2012年10月02日

netabare.jpg
Webラジオ「HERO RADIO」バラエティCD「Stern Bild Station!」
 バーナビー役の森田成一さんがパーソナリティを務める、タイバニのラジオである「HERO RADIO」がいよいよCD化になりました。
 そして予約していたのですが、やーーっと届きましたよ(涙)

 CD化と言っても、今まで放送されたものが収録されているわけではなく、新録になっております。
 更にこのRADIOでリスナーから募集した歌詞で作られる、折紙ロックハイと乙女☆クラブのキャラクターソングも収録されています。


 このRADIOの何が面白いかと言えば森田さんとバーナビーの一体化というか、森田さんが面白すぎると言いますか。毎週聴いていると、バニングリッシュにまったく違和感がなくなるという恐ろしさも併せ持つ内容です(笑)
 またこのCDには、折紙ロックハイと乙女☆クラブの新曲もそれぞれ収録されております。
 どちらもとてもいい歌です!!それぞれ、らしさを感じます。

 バディ好き、特に森田さんや平田さんが好き!という方にオススメなCDだと思います。
 RADIOも好きだし、折紙ロックハイや乙女☆クラブをフルで聴きたい!という方にもオススメかな、とも思います。


 以下、ネタバレなので追記に。
[ 続きを読む ]
スポンサーサイト

タイバニ KING OF WORKS感想

2012年06月30日

 設定集・台本・原画集・収納BOX・カレンダー・バディの描きおろしイラストペーパーという、本だけで816ページを超えるという超豪華なファンアイテムが、完全受注生産で発売されました。
 これでお値段6000円いかないのが凄いところです。
 自分は一体タイバニの公式ものでいくらお金を使ったんだろうと考えると恐ろしくなるので考えませんが、それだけつぎ込むほど面白い作品であると!
 魅力的なキャラクタたちに、何度見ても色々な考えや見方を考えさせてくれるお話、そしてそれを更に盛り上げる声と音楽。どれをとっても本当に素晴らしい作品だと思います。2011年は色々とある年でしたが、この作品に出会えて本当に良かったです。

 さて、肝心の中身ですが以下の画像に更にバディのペーパーがついておりました。
kowg1.jpg

 この中で最も印象的だったのが原画集のドラゴンキッドのページです。
 絵が持つ力というのでしょうか?あれを思い切り感じました。追記にも書きましたが、今にも紙から飛び出してきそうなその迫力ある絵に、とにかく惹きつけられました。
 個人的な感想ですが、この原画が見られただけで買って良かったと思えるほどに感動しました。

 また背景設定、美術ページはどれも設定集好きにはたまらないもので読んでいて心からワクワクさせてもらいました。
 好きな作品の細かいところまで堪能できるアイテムを、こうして買えることが出来て嬉しいです。


 以下感想です。ネタバレなので追記に。
[ 続きを読む ]

コミカライズ タイバニ2巻 感想

2012年06月09日

TIGER & BUNNY (2) (カドカワコミックス・エース)

 待望の漫画版第2巻がいよいよ発売に!
 第2巻の表紙はバーナビー・ブルックスJr.でした。ガワもカッコイイですし、中の人もカッコイイですね。榊原瑞紀氏の繊細かつ精巧な描き方がとてもタイバニという作品に合っていると思います。

 第1巻は、アニメ沿いではあるもののバーナビー視点が多く、こういう裏側があったのかとお話の裏側も堪能できました。そして個人的な感想ですが、ヒーローたちが仲がいいのと、バーナビーが最初から穏やかであるというのがコミカライズならではのところかな?と思っておりました。


 そして、第2巻ですが原作としては3話~5話。第4話と5話はほぼ同時期になり、こちらは5話メインでお話が展開されてゆきます。

 やはり第1巻で感じたように、コミカライズはバーナビーが主役としてお話が進んでいるように感じます。原作では見られなかったバーナビー目線と辿ったり、オリジナル展開もバーナビーがメインとなっている気がします。それが良い悪いというのではなく、バーナビーがどちらかというとメインなお話としてきっちり楽しめ、本編を思い出しながら読めば2倍の面白さ(本編で虎徹側。コミカライズでバーナビー側)になるかな、と。
 お話も基本的には原作沿いなので、お話の復習にもなると思います。


 以下、ネタバレなので追記に。一部、若干ネガティブな表現が出ているので、お気を悪くされた方がおりましたら申し訳ございません。
[ 続きを読む ]

コミカライズ タイバニ1巻 感想

2012年03月02日

TIGER & BUNNY (1) (角川コミックス・エース 361-1) 榊原瑞紀氏による、タイバニのコミカライズの単行本1巻が2月に発売しました。
 表紙を見ても分かると思いますが、アニメと同じ様にヒーローたち皆がかっこよく、そして可愛いです!シュテルンビルトという凝っている舞台も綺麗で丁寧に描かれていてとても読みやすい漫画でした。線が細く、つるっとしたトーンの使い方がとても好みです。

 1巻には4話収録されており、アニメで言えば2話分です。
 気が早い話ですが、1巻が虎徹なので2巻はバーナビーが表紙でしょうか?今からキース表紙が楽しみです(笑)


 お話と言えばアニメをほぼなぞりつつ(カットされたシーンも勿論アリ)、オリジナル要素や描かれなかったシーン(アニメで虎徹目線だったところが、漫画ではバーナビー目線等…)が描かれています。テンポはサクサク目ですかね?
 読んだ感想としては、虎徹とバーナビーの二人をかなりメインに。アニメとはまた少し違った形での対比などが楽しめました。特にバーナビーは最初からかなり柔らかいです。なので今後二人の絆がどうやって描かれていくのか、というところが非常に楽しみな部分になりました。
 ヒーロー全員も最初はライバル!という感じではなく、協力的です。なのでコミカライズでしか見られないヒーローたちの協力シーンもやっぱり楽しみなところです。

 記事とは直接関係ないですが、第6回声優アワード主演男優賞に平田さんが!受賞おめでとうございます!!これは凄く嬉しいですね~!!

 以下、各話の感想です。ネタバレなので追記に。アニメのネタバレも含みます。
[ 続きを読む ]

タイバニ 桂正和原画&ラフ画集成(初回特典版)感想

2012年02月15日

TIGER&BUNNY(タイガー&バニー) ~桂正和原画&ラフ画集成~ (初回特典版)やーーっと画集が到着しましたよ!!
というわけで、桂氏の原画&ラフ画の初回特典版です。今回は画集の感想です。この初回特典についてくるS.H.Fタイガーのことは後々また改めて記事にしたいと思います。

アニメーターさんの描くキャラクタも大好きですが、やはりキャラデザ・原案を担当された桂氏のイラストが1番好きです。
なんと言っても女性キャラは可愛いですし、男性キャラはカッコイイと!!

 そして、この限定版にはポスターがついてくるのですが、これがとんでもなくカッコイイのです!!
 どれくらいカッコイイかと言うと、見た瞬間体中の血液が鼻から全噴射する勢い、と言えばいいでしょうか?
 このポスターだけでウン千円の価値があるといいますか、ヒーロー全員かっこよすぎて、飾ろうにも見る度に心臓が爆発しそうな勢いなのです…!

 以下、画集の感想です。ネタバレなので追記に。
[ 続きを読む ]