ゲーム大賞授賞式2017に参加しました

2017年09月21日

gamet201706.jpg

 「仁王」年間作品部門 優秀賞受賞おめでとうございます!!!!
 投票したというのもあり、とても嬉しいです。というか今年は絶対に仁王で拝めるはず! という自信満々で鼻息荒く幕張メッセへと向かったのでした。本当に本当におめでとうございます!!



 というわけで、今年もありがたいことに招待状を頂けまして参加してきました。毎年、今年はどのゲームがなのだろうというところからクリエイターさん方のお話のわくわく感、桜井さんはどんな面白いゲームを紹介して下さるのだろうという期待、伊集院さんのお話も楽しく、その上雲の上のような存在のクリエイターさん方を間近拝めるという最高のイベントです。
 毎年思いますが、あの御方が目の前に! あの御方が真横を通って…! という感覚は凄いですね。気持ちだけは一気に若返るというか、目を輝かせてわくわくするというまさに童心に返るかと。そのお姿を一目見るだけでも大いに影響があるというのは、さすがトップクリエイターさん方だなと思います。

 そして毎回席の位置が色々なのですが、今年は本当に最前近い席まで開放されていてあの舞台を更に間近で! と、興奮された方も多かったのではないでしょうか。かくいう自分もそうです。とてもいい位置に座ることができ、ますます感激でした。


 毎年始まる前は展覧会の絵が流れるのですが、今年も同じでして、「お、始まるな」という風になりますね。しかしながらその前に、過去の大賞作品の振り返りコーナーがありました。これもまた面白かったですね。今年は、それぞれの受賞作品のときのムービーがなかったのが寂しかったのですが、その分が振り返りになったのかもしれませんね。
 さて、色々な方のご挨拶を経たあとは「経済産業大臣賞」の発表からになり、誰もが納得という「Pokemon GO」が受賞されておりました。聞き間違いでなければ5億DL突破という、凄まじい桁数が。誰もが手軽に始められるという部分と、あのポケモンを実際に自分の手でという夢が現実になったという部分での数字でしょうか。凄いですよね。ナイアンティックの方が、これから10年、20年と続くコンテンツに…という意気込みも語っておられましたし、これからも楽しみなコンテンツですね。

 ポケモンは今年のゲーム大賞では何度も受賞されるという形で、さすがポケモン…! と、思いました。ベストセールスでもそうですし、年間作品部門の優秀賞でもそうでしたね。大賞もポケモンかな? と、思っていたのですがあの作品でしたね!
 今年は大森さんのお姿を何度も拝めるというこちらの授賞式でしたが、中でも印象だったのがトロフィー授与のときに投票したユーザーの女の子からの質問でした。「ゲームを作ってますが、家でも遊びますか?(ポケモンを)」というもので、「クリアしています」というお返事をしっかり頂けておりましたが、なるほどそういう質問か! という意味でも微笑ましい一コマでしたね。開発者でもあり、トレーナーでもありという部分が垣間見れました。

 そして毎度お馴染み、桜井さんがプレゼンターをされる、ゲームデザイナーズ大賞の発表は「INSIDE」でした。
 毎年恒例、桜井さんがプレイをしながら紹介をして下さるのですが、これまた意味深かつ衝撃的かつ台詞がないのでプレイヤーの数だけお話の受け取り方があるというようなものですね。最後のあれはどういう意味なのかという桜井さんのお言葉がどういうことなのか気になって仕方がないです! が、怖がりなので自分はプレイが難しそうです。しかしどういうところで終わるのかというのが大変気になります。
 こちら実際に製作者の方が来日されておりまして、メッセージも拝聴できて嬉しかったです。緊張されていたようで、追加の質問等は難しかったようですが、色々とどういう意味を込めてという開発者側のネタバレを知りたくなるゲームでした。


 年間作品部門の優秀賞の発表では、仁王に次いで嬉しかったのが「ペルソナ5」です。こちらも受賞するであろうと思い込んでいたので大変うれしかったですし、なんと副島さんのお言葉まであったのですよ!!!
 私事になりますが、たまに絵も描く自分は実は副島さんの絵が大大大好きで憧れておりまして、しかしながらああいった絵は自分では描けぬということで、とにかく素敵だなぁと拝み倒すという形なのです。というのもあり、まさかこの目でしかも間近で!! というのが本当に嬉しくてしょうがなかったです。今年も参加できて本当に光栄です。

gamet201704.jpg

 続いてインパクト大であったのはこちらの、「ニーア」の方々でしょうか。ヨコオさんノリノリですね!! おじぎをされる度にマイクに衝突というのもまた可愛いのですが、お話されている方の裏でトロフィーを頭から飛び出すように掲げるというネタまで! 会場中で笑いが起きましたね。本当に楽しかったです!
 出荷本数200万本突破というのもおめでたいですし、これからもニーアというタイトルが更なる展開をというのを望んでおられる方も多いのではないでしょうか。また、音楽の岡部さんのお名前も出ておりガッツポーズでした。ニーアの曲素敵ですよね!!
 しかし被り物は美味しいですね。伊集院さんも、ゲームらしい感じでいいですねと盛り上がっておりましたね。

 他にもさまざまなタイトルが受賞されており、年間作品部門の大賞を射止めたのは「ゼルダの伝説 ブレスオブザワイルド」でした。
 優秀賞で発表された時点で自分の周囲では歓喜の声が上がっておりましたが、大賞の時の更なる喜び加減は凄かったですね! 偶然ゼルダファンの方々の中に紛れ込んだようですね、自分が。こういった生の反応も授賞式の楽しさなので好きです。分かるんですよ、自分の好きなゲームが名前を呼ばれる瞬間の嬉しさは! 自分も「仁王」が呼ばれたときは思わずその瞬間に拍手しておりました。やっぱり嬉しいですよね!!
 それからゼルダのトロフィー授与役のユーザの方のコメントも熱かったですね!! 分かります、そのお気持ち!! と、聞きながらうんうん頷いておりました。伊集院さんが、「あとで楽屋で1時間くらい語りますか? 同じユーザー同士」とお声がけされていたのもそのお気持ち分かりますというものでした。同じ好きなものを語れる仲間を発見できる場でもあるのがTGSですね。

gamet201705.jpg

 授賞式のあとはいつも通りフォトセッションなので、狙いはここしかないという感じでとにかく鯉沼氏と早矢仕P氏を撮りまくっておりました。
 「仁王」での受賞のコメントがリアルだったのも印象的でした。世界で受け入れられ、販売本数もよく、しかしながら日本では同じような販売本数までは…だったようですが、遊んだ人たちの感想が熱い、そして楽しいと言ってくれるという風に鯉沼氏も早矢仕P氏もお話されておりましたね。実際にその”楽しい”というユーザーのたくさんの気持ちが実を結んでの受賞ですし、本当におめでたいです!!! お二人が笑顔で並ばれているお姿を拝見できてファンとしては感無量です!!!


 今年も大変楽しく熱いゲーム大賞でした! やはり生の空気と熱気はたまらないですね。来年も頂ければ参加したいです。

 そして一気に話が変わりますが、どうやら真・三國無双8から郭嘉の声優さんが神原大地さんに決定されたとのことで!! これまた一般参加の日にも書くと思いますが、神原さんならそらもうあの三宅さんとは別のベクトルの色気ボイスもりもりではないですか!!! と、荒ぶっております。その上ωさんも20周年記念ライブを開かれるそうですが、まさかの真・三國無双8を買った人の中から更に抽選という、キャパどのくらいなんですか!!? という感じになっております。というかロックで討鬼伝とかこれはもうTEKARUさんフラグというか呼ばれてはいかがです!? と、心底思うのでした。続報が待ち遠しいですね。

 今年のゲームショウも熱いですね!! 一般参加の日が楽しみで楽しみでしょうがないです。
スポンサーサイト

コーエーテクモフェア in 町田マルイに行ってきました

2017年08月27日

oioimachida1.jpg

 恒例のマルイさんでのコーエーテクモさんのフェアが町田店さんで開催されました。2017年8月31日まで行われています。最初に拝見したときには、夏コミ先行グッズの販売に討鬼伝はないのですね、無念…と、思っていたらのいつの間にか追加されているではないですか!!! これはもう行かねば…速鳥さんが待っている…!!! ということで、初めて町田に行きました。某駅で小田急線快速に乗り換え、ごとごと揺られていざ出陣! した町田は大変混雑しておりました。さすが土日ですね。

 会場がある3階に向かい、歩いていけば見覚えのあるレイアウトのスペースが。細々したものも買うのでカゴを持って早速うろうろしました。
 とても空いていてゆったりと見られるフェアでしたし、なんとその場にモノノフさん方が! 棚を見ていたら、「天狐さん」「神無、ホロウ」という知っている単語が飛び出しているではないですか! 思わず声をかけてしまいました。同好の士がまさかここに! という思いが爆発しましたよ。 無双やネオロマはファン層が厚いので分かるのですが、まだまだ年数も浅い討鬼伝なので余計にファンがー!! と、タマハミした時間でした。ここを見ているとは思えないのですが、もしも偶然何かの機会で見ることがあった場合を想定して、あのときはどうもありがとうございましたと記しておきたいです。
 そのモノノフさん方もトレーディングストラップを買っておられたのですが、「どなた狙いですか?」「速鳥さんです!」「出るといいですね~!」という会話も。やはりこういう何気ない会話はとても嬉しすぎますね! そういう意味でも遠出した甲斐がございました。

 マルイさんでのフェアは基本的に店員さんが物凄く丁寧という印象が強く、今回もとてもそう感じました。
 会計をするときも、「新しい商品も出ております」と教えて頂けたり、パネルの有馬隊長の撮影や掲載を可能か尋ねたときも笑顔でお答えして下さるのでありがたいですね。というわけで飾られていた有馬隊長です。無双☆スターズではお世話になりました!(撮影・掲載許可は得ております)

oioimachida01.jpg

 残念ながらダリウスはいなかったのですが、こちらどうやら実物大に近いのかはたまた実物大らしいですね。有馬隊長のスラッと長身というのを感じました。


 というわけで短い時間でしたが、とても楽しい時間を過ごせました。ありがたいですね!
 さて、続きは購入したグッズたちです。トレーディングストラップの5連の結果も詳しく書いています。
[ 続きを読む ]

鬼退治4周年記念共闘会を開きました

2017年06月26日

oni4thoff1b2.jpg

 ※製造:パセラリゾーツ秋葉原電気街店様 ※撮影・掲載可

 祝・討鬼伝シリーズ4周年!!
 本当に本当におめでとうございます!!! ありったけの愛と感謝の気持ちを込めておめでとうございますとここで叫ぼうと思います。4年経っても飽きずに遊べるゲームと出会えてとても嬉しいですし、新規IPとして発足して下さった公式様には本当に感謝しかありません。
 
 しかし早いもので討鬼伝ももう4年目に突入したのですね。
 ファミ通さんで和風ハンティングアクションゲームが出るという情報を読み、これは面白そうだと続報を待ちながら過ごしていたあの日々。今は森中P氏と関口D氏が顔のような存在ですが、当時のクローズド体験会では鯉沼ZP氏と小笠原P氏が表立ってのものでしたね。
 その会場で初めて討鬼伝に触れたときは、走るだけで気力がなくなるハンティングアクションは難しすぎる…と、正直思ったものですが、その後にアクション体験版が配信されてからのユーザーからの怒涛の要望と開発さんの追い込みとで別物のゲームになったあの姿は驚きました。世間が黄金週間で休みを謳歌している時に、地獄のど修羅場だったのだろうなと想像できるほどに…!!
 そして共闘ゲームが大々的に取り扱われていたのもあり、ゴッドイーターやフリーダムウォーズやソウルサクリファイスなどと共闘ゲーとして色々イベント行われておりましたね。どれも楽しい思い出でいっぱいです。
 自分は何より討鬼伝(無印)がPSアワードでユーザーズチョイス賞を受賞されたのが本当に本当に嬉しくて、あの壇上で討鬼伝の名前が呼ばれること、インタビューを受けられる姿、今でも鮮明に思い出せるほど記憶に残っております。票を入れたユーザーとしても本当に嬉しかったですし、楽しくてしょうがないゲームが多くのファンから愛されたというのもやっぱり嬉しかったです。

 そして極が発売され、アクションゲームなのにバスタオルがないとプレイできないほど号泣するという初の体験をし、ますますのめり込み、速鳥さんと天狐さんしか見えないという状況が今も続いております。

 忘れてはならぬのは討鬼伝シリーズの音楽の存在もですね! 坂本英城さんの楽曲との出会いとなり、CDを買いあさり、エンドレスで聴き倒し、コンサートに足を運び、運が良ければ少しでもお話ができたりと、本当に実在していて本当にあの曲たちを作っておられるのだ…! という、当たり前だけども信じられないような感覚も何度も体験できました。
 これからも素敵な楽曲との出会いが楽しみですし、討鬼伝シリーズは坂本さんの音楽あってこそ! とも思っているので、新曲が聴ける機会をこれからも待ち続けたいと思います。

 そしてクイズバトルなどを楽しみながら、オープンワールドへ! という2の発表に湧き上がりました。領域を隅々まで探索するのも楽しかったですし、アクションはどんどん面白くなっていき、とにかく鬼を討つのが楽しいゲームでした。
 いつでも新しいことへ挑戦されていく討鬼伝チームの方々のその姿勢はとても好きで、今度はどういう新しいことを見せてくれるのだろうとワクワクしています。

 また、もう1つ忘れられない思い出と言えば既に何度も語っておりますが昨年の秋葉原での体験会です。本当に夢のような時間でした。
 ゲームも好きなのですが、討鬼伝チームの方々も大好きな理由の1つに、皆さんが凄く楽しんで作っているというのが伝わる部分があるのです。生放送だったら天狐さんと時継の小劇場だけかと思いきや、スタッフさんが手を緑に塗りたくってオンジュボウだったり(笑)
 みんな大好き関口D氏は煽りの達人ですが、その煽りも本当に楽しそうに、また生放送でも面白そうにプレイされるその姿や笑顔にファンはとても嬉しさを感じますし、討鬼伝はいいよ! と、他の人に心からおすすめしたくなるという部分もあります。
 体験会ではそれらを生で実感でき、幸せな空間でした。ファンがTAでいいタイムを出せばそれを遥か上回る本気タイムを出すチームKOSIの皆さん、他のスタッフさんも缶バッジを配られていた時に、「あ、天狐さんだ可愛い!」と思わず口に出たら「天狐ちゃんかわいいですよねー!」と満面の笑みで返して下さったり。時継を撮りたいと言えばすかさず持ってきてくださり撮影会になったり。
 他にもとにかく嬉しい・楽しいことだらけで、今でも一生忘れられない日です。お話して下さった方々にありったけの感謝をお伝えしたいと思った日でした。

 これからも楽しみながら・新しいことへ挑戦しながらという討鬼伝シリーズやチームの展開があることを心から願っています。天狐さんをモフモフしながら新たな展開を待っていたいですね!


 という討鬼伝への思い出と愛シリーズを語っていたら長くなりましたが、ここからは共闘会の思い出です。
 本当に楽しい1日でして、これまた光速で1日が終わってしまった感覚です。解散前に、「時空超えましたかね?」「戻れないけれども戻らないと…!」というやりとりも。毎回思いますが、楽しすぎる時間は本当にあっという間ですね…!

 秋実さん:討鬼伝発売4周年記念共闘会に参加しました♪
 http://akizane3.blog.fc2.com/blog-entry-62.html

 こりさん:討鬼伝4周年記念共闘会♪
 http://korii0403.blog.fc2.com/blog-entry-8.html


 以下、追記に。
[ 続きを読む ]

九葉さん会 ~Petit Zou・焼肉 九葉の旅~

2017年06月12日

kuyou1.jpg

 6月某日、モノノフの方々と以前から行きたいですねとお話していた「焼肉 九葉」さんに行ってきました。
 ご一緒した方々は幹事のじきさん秋実さん征次さんユリーヌさん、自分(あいうえお順)です。行きたいですねとお話していた皆さんで伺えることになり、大変喜ばしいことに!

 なんせ神奈川に存在し、しかも九葉さんというど真ん中の店名ですしね。ちなみに読みは「くっぱ」なので「くよう」ではないのですが…!
 実際九葉さんが焼肉屋さんに行ったらそもそも自分で焼くお店ではない、もしくは部下か大和が焼いたのを頂くという感じになりそうですね。はたまた焼きにもこだわる九葉さんということで、完璧な焼き方をご自身でされるのか…。そういう妄想も尽きず。
 
 とにかく楽しすぎて記憶がないという感じなのでホロウ状態ですが、どうにか記憶の糸を手繰り寄せて書きたいと思います。
 皆さん討鬼伝大好きな方々なので、とにかく話が弾みますし九葉さんのヒロイン力についても話が大盛り上がりの日でした。さすが九葉さん…! 高笑いしながら将棋を楽しそうに打つあのお姿を感じるかのような1日でした。


 ※6/14 じきさんのプライベッター記事のリンクを繋ぎました。

 秋実さん:九葉さんちで焼肉食ってきた
 http://akizane3.blog.fc2.com/blog-entry-58.html

 じきさん:焼き肉九葉さん行ってきた!
 http://privatter.net/p/2497893l


 以下、感想です。撮影・掲載許可は取っております。
[ 続きを読む ]

グランブルーファンタジー展(東京会場)に行ってきました

2017年05月09日

gften1b.jpg

 グランブルーファンタジー展
 http://granbluefantasy-ten.com/

 期間:2017年5月2日~5月7日(東京会場)
     2017年7月8日~7月9日(大阪会場)
 ※撮影等は禁止エリア以外は可、動画撮影は一切禁止


 白湯次郎さんとづづさんとグラブル展に行ってきました。何と言ってもソイヤカフェがあると聞いてはこれは行かねばなるまいと…! いつもお二人ともありがとうございます!!
 ソシャゲは基本Mマスにお金が吸われているので、最近はグラブルに全く課金はしておらず…。現実のイベントに課金をということで許してください…! というわけで、事前情報から前売り券を購入し、長蛇の列を並ぶ覚悟もしていましたが運良く谷間の時間だったようで並ぶことはなく、展示も混雑していない中で見られました。どうやら初日と2日目辺りが凄まじかったようですね。

 グラブル展は、展示会場、物販会場、カフェ会場が全て別になっており、それぞれで入口が別になっています。謎解きラリーも受付は別です。
 今回感じたのは展示にとても力を入れられたのだな、ということです。グラブルはゲーム性もですが、あの美しい絵も大きな魅力だと思いますし、その美麗な絵が大きく目の前で拝めることができるというのは非常に嬉しく、ありがたかったです。
 逆に物販とカフェはグラブルにしては珍しいな、と思えるほどあまり力を入れていない感じでした。物販も今まで色々あった中でも最小規模くらいではないでしょうか。種類も展示会の公式サイトに出ているのものに若干足したくらいのものだったので、意外でした。東京駅に出ていたコラボグッズもこちらでも購入できるようになっていれば…! とも。あのグッズとてもかわいいですよね! しかしまぁ色々難しいのでしょうかね。大阪会場では何らか増えたりがあるといいですね!

 グラブルではアルベールが好きなのですが、画像を見返してみれば1番綺麗に撮れていたのはパー様という…!! さすがですね、パー様…!!! というわけで1番最初にどどんと載せました。眼福です…! お美しゅうございます…!


 以下、続きます。写真がメインです。
[ 続きを読む ]