2017年を振り返る ~全体編~

2017年12月30日

20tntoukideni1.jpeg

 あっという間に1年経っているという事実に気付き驚愕しております。
 自分は趣味しかないので趣味以外のことの話題がないのですが、突然自分語りしますと今年は年齢を非常に実感する歳でした…。今年ほど体力のなさを実感する時はなかったです。とにかくすぐに疲れてしまい、疲労が取れず、これが歳か…! と(笑)いやはやどんなに楽しくても体力が追いつかないとはこのことなのだなと痛感しました。絶対に徹夜なんぞできないですし、必ずしっかりとした休みを取らないと翌日以降もズタボロであると…。特に夏バテは人生史上最強でして、とにかく起きている時は四六時中眠く、趣味を含めて何のやる気も起きない状態が続いて辛かったです。来年は対策をせねば。
 今年の更新頻度がかなり落ち、コンシューマーゲームよりもスマホゲーというようになったのもこれらがかなり影響しました。とにかく何もできないと…! ゲームは楽しいのですが起動する気力もなくついポチポチで遊べてしまうスマホにとなっていました。
 というわけで来年からは、全力で遊びつつも決して無理せず腹8分目程度に収めるという矛盾している誓いをたてました!



 そして今年はまさかの討鬼伝のパチスロ化という出来事に驚き、更にはPVが新作ムービーありじゃないですか!!! このドアップ速鳥さんをコンシューマーゲームでも拝みたかったのですが!!!! という。
 討鬼伝は大好きなゲームですのでずっとずっと応援したいですし、していくつもりです。残念ながらパチスロはできないのでパチスロ討鬼伝の具体的な応援はできずで申し訳ないのですが…。
 

 また今年は今まで書いてきたイベント等の感想についてとても考え直す出来事がありました。下記のリンクはtwitter等でも感想やレポを書かれる方もご一読をおすすめ致します。

 デーモン閣下公式ファンクラブ縁魔堂 様:デーモン閣下出演コンサート・イヴェント類に参加される皆さまへ
 http://fc-enmado.emtg.jp/sp/free/feature/?id=91&hash=c7417

 豊永利行オフィシャルブログ 猫視眈々 様:さて、何から書いたら良いものか。※追記
 https://ameblo.jp/tossy-t/entry-12325294265.html

 死ぬほど猛省したのですが、自分は今年本当に失礼なことをしました。その時に改めてレポや感想について考え直しました。そんな時にTLでこの御二方の意見を見かけ、熟読したのです。
 今まで自分は同じファンのことしか考えていませんでした。だからこそネタバレについてもそこについて話したいという自分や同じ気持ちの方の場としても、注意書きをしつつ書いてきました。後から知ったというファンにも少しでもその時の感じなどが伝わるようにと自分なりに書いてきたつもりです。
 しかしここで忘れていたのが「公式」へのことです。
 自分は今まで色々なメディアさんが公開しているイベント等の記事が全体的にそれほどボリューミーではないことに物足りなさを覚えたことが多々ありました。しかしながらどうしてそこまでで留めておいているのかということにまで頭が回っていなかったのです。すべては他のものへの影響や配慮だったと。発言等はその出演者の方がそのステージを見てくれた人にだけという思いだったかもしれません、そしてその後映像化するのであれば更に色々なところへ影響が出ます。だからこそ書ける範囲があそこまでなのだと言うことに全く気付かなかったのです。イベント中の発言などを含め、大勢の前でのことだから書いても大丈夫なのだろうと安易に考えておりました。メディア化しないから、ここに来てくれた人だけへのサービス、そんなことにも頭が回らないとはと自分の足りなさが情けないです。

 自分の考えですが、ファンが公式に迷惑をかけるということは絶対にしてはならないことだと思っています。迷惑をかけた時点でファンではなくなると思っています。
 ただ、すべてのレポや感想が悪いものとは思っておりません。なぜならばファンの方のそれらを拝読して、「自分も行ってみたい!」「分かります、その気持ち!」と、イベント等へ行くきっかけや、もう一度そのイベントを見て感じたことを味わえたりと自分にとってはいい影響ばかりだったのです。だからこそこの面白さを他の方へ伝えたい、足を運んで欲しい、是非とも生で見聞きして欲しい。そういう思いでキーボードを叩き始めました。ただ、そういうのは苦手だと仰っている出演者の方がいればもちろん書くのは控えます。オフレコ部分についても同じです。もし知らずに書いていたらコメント等で教えて頂きたいです。即対応致します。
 感想やレポートについては自分でできる範囲で迷惑をかけずに、かつ楽しんだ気持ちや感想の共有ができるようなものが書けるようになりたいと思っています。とても難しいことですが、試行錯誤しながらやっていきたいです。



 以下、振り返りです。
[ 続きを読む ]
スポンサーサイト

仁王 Complete Edition プレイ日記3

2017年12月27日

netabare.jpg
nioh32.jpg

 あんなところに木霊がいる…でも海を突っ切っていかねばならない…ということは溺死しないで済むのだろうか……と、溺死での落命以来水辺を見ると非常におっかなびっくりになっているプレイヤーでした(笑)
 スティックスを微々たる感じで動かし「溺れなかった!!」と、喜びましたよ。そしてかわいい木霊です。守護霊も可愛いですが、木霊もかわいく、半蔵もかわいく、非常に癒される部分が多いです!!

 というわけで半蔵かわいいぞと喚いていたところ仁王の先輩プレイヤーの方に、「人物名鑑で半蔵を360度拝めますよ!」と、教えて頂きました。人物名鑑とはなんぞや、一体どこで半蔵様を拝められることができるのです!? と、なっていたところメニューの「アムリタの記憶」の所で詳細が見られるようになっておりました。全然気付かなかったので、教えて頂き本当に感謝しております!!

nioh33.jpg

nioh34.jpg

 早速開いてみたのですが、うおおおおおおお本当に半蔵が色々な角度から拝められる!!!!! と、大変な荒ぶりようになったのでありました。恐ろしやニンジャパワー…。チーニンさんはリュウさまに半蔵に心臓を確実に刺してくるニンジャを生み出し過ぎなのですありがとうございます!!!
 は~この渋さにかわいい笑みにあの時計にってもう萌えが盛りだくさん過ぎて罪づくりな御方ですよ! そらもうTLが「半蔵大天使」で埋まるに決まってますって…。お話などを進めていくともっともっと分かってくるようなので楽しみにしたいと思います!

 さて、メインミッションをクリアした後にはサブミッションなどもありました。まずはサブミッションを進めてみよう、いきなり次のメインミッションは無謀過ぎる…というわけでのサブミッションです。
 仁王は少しずつ分かってくると戦略の幅も広がって更に楽しいですね!! 詳しくは以下に。


 以下、ネタバレなので追記に。流血表現にご注意ください。
 九州編:残党退治、忍の道・初伝(修行ミッション)
[ 続きを読む ]

仁王 Complete Edition プレイ日記2

2017年12月24日

netabare.jpg
nioh12.jpg

 すっかり見飽きるほど見ているこの画面ですが、だめなときはホント駄目なんですよね。とにかく一方的にやられるのみとなり、調子のいいときはそれこそノーダメでほいほい進んで進んだ先で2人がかりになり避けきれずに落命という結局は落命の運命なのですが(笑)

 というわけでウィリアムはロンドン塔から九州に上陸しました。ここで1番笑った落命は溺死です。
 敵の攻撃を避けたら勢い良く海に落ちたのですが、まぁ足がつくだろうと思ったら即座に落命の文字が!!! えええええ!? まさかの溺死!!? と、笑いました。綺麗に橋から落ちたのですが、まさか落命になるとは!! 避けるのも油断ならぬのが仁王ですね。
 そういえば他の方がプレイされている時にも溺死なんてあるのか~と呟きを拝見して思っていたのですが、いざなってみると本当なんだ!! と、実感しました。
 と、そのようなことを呟いたところあるあるという感じで仁王先輩プレイヤーの方々が色々とお話して頂けて楽しかったです。

 そしてここで待ち受ける最初のボスに心が折れかけましたが、その後に待ち受ける最大のご褒美のために頑張りました!!! 頑張った自分!!! と、褒めたいです…なんせドヘタクソなので。


 以下、ネタバレなので追記に。流血表現にご注意ください。
 九州編:鬼の棲む島
[ 続きを読む ]

Xmasプリカップケーキ・プリケーキ榊夏来を食べました

2017年12月21日

sidemprc1.jpeg

 公式サイト:プリロール様
 http://priroll.jp/

 いよいよ来週はクリスマスですね! クリスマスと言ってもさして普段と変わらないのですが、世の中コラボケーキがよく出る行事であり、となるとついつい買うという形でなんとはなしにクリスマス気分を味わっております。
 
 今回はプリロールさんでXmasコラボ版のMマス商品が複数出ており、夏来くんがいるとあらば買わねばならん!! と、注文しました。ちょうどケーキが早割な時期に予約し、既にどちらもそれぞれ一気に食い尽くすという一足先にXmasを味わったのでした。
 プリロールさんでは通常版のHigh×Jokerのロールケーキを昨年食べたのですが、今年はケーキやカップケーキも出ているとのことでそちらを優先しました。現時点ではカップケーキは完売しております。

sidemprcc2.jpeg

 こちらはXmasプリケーキ2017(榊夏来)版です。
 チョコ派なのでチョコレートクリームの方にしました。やたら画像ががびがびしてしまい夏来くんごめんよ…という気持ちですが、大変美味しく頂きました。
 チョコレートは甘すぎず、中のいちご味や桃なども大変楽しめました。何より1番気に入った部分は絵が描いてある部分の食べやすさです。分厚い痛チョコというわけではなくかなり食べやすくなっています。その下に塗られているいちごソースですかね? そちらも合わせて食べやすいものになっておりました。
 4号を注文しましたが、1個ぺろりといけました。食べやすいのもありますが、食べ途中の姿を見てしまうとやはり食べねば! ともなるのもあるかもしれません…!

 解凍時間が冷蔵庫で4~6時間とありましたが、食べられた方の感想を色々と拝見していると、意外と12時間くらいでもおすすめできるというお話が多く、自分もそのくらい冷蔵庫で解凍しましたが、ちょうどよかったです。解凍しすぎてしまうと絵の部分が…ということになるようですので、その辺りは各々の判断でしょうか。とりあえず12時間でも綺麗に拝めましたよ!

 ちなみに見切れている缶バッジはXmasケーキとカップケーキのノベルティでした。ユニットロゴ缶バッジのXmas版です。それぞれに付くので2個でした。


 以下、カップケーキの話です。
[ 続きを読む ]

VR センス稼働及び今後の戦略 発表会に行ってきました

2017年12月19日

vrsensep13.jpeg

 公式サイト:VR SENSE
 http://www.gamecity.ne.jp/vrsense/

 ブログ内関連記事:VR センス先行体験会に行ってきました
 http://jory1999.blog55.fc2.com/blog-entry-2336.html

 ※撮影・投稿可


 2017年12月19日に某所で行われた、「VRセンス」の稼働及び今後の戦略発表会に行ってきました。Youtube等でも生中継されていたのでご覧になった方も多いのではないでしょうか。大変ありがたいことに現地参戦できたので、その感想を綴りたいと思います。

 VRセンスについては上記のブログ内関連記事にて綴っております。とにかくこういうのを遊んでみたかった! というものが詰まったとても楽しく、またこの先の展開がたまらなく楽しみになる筐体です。是非1度は体験を、としか言えないです。とにかくご自身で体験してみて頂ければこのVRセンスの魅力に虜になるのではないでしょうか。無限の可能性が眠る筐体でもありますね!
 そんなVRセンスの稼働及び今後の戦略発表会ということで、本日の出演者の方はコーエーテクモウェーブ ゼネラルプロデューサーの襟川恵子さん、コーエーテクモウェーブ 代表取締役社長の坂口一芳さん、コーエーテクモゲームス ゼネラルプロデューサーのシブサワ・コウさんの御三方です。
 ここはファンのブログですのでファンの目線で思い切り語りますが、目の前で間近で襟川ご夫妻を同時に拝める日が来るとは…!! 更に坂口氏まで拝めるだなんて!!! と、なりますよね!? あまりに楽しみすぎて前日から鼻息荒すぎてというものでした。とにかく大興奮でしたね!! 正真正銘御本人様方が喋っておられるというこの事実だけでも感無量な時間でございました。


 さてさて本題に入ります。以下続きに。
[ 続きを読む ]

VR センス先行体験会に行ってきました (最終更新日12/23)

2017年12月16日

vrsense1no2.jpeg

 公式サイト:VR SENSE
 http://www.gamecity.ne.jp/vrsense/

 ※撮影・投稿は許可されている部分です。
 ※ブログ内で使用しているゲーム画面の画像は、コーエーテクモウェーブ様が参加者用に用意して下さったものです。無断転載・無断転用はご遠慮ください。
 ※VRの特性上、画面写真は一部歪んで表示されます。

 
 2017年12月21日から導入が開始される「VR SENSE」、その先行体験会が都内某所で開催されました。こちら大変ありがたいことに当選の連絡をを頂きまして、うきうきしながら参戦してきました。レポートするまでがこちらの体験会ですので、はりきって書こうと思います。

 その前に、コーエーテクモウェーブさんが開発されている「VR SENSE」を皆さまはご存知でしょうか?
 VR SENSEは視覚だけでなく、アクションを体感させる多機能3Dシート、香り機能、頭部タッチ機能、足部タッチ機能、熱さや冷たさの暖機能・冷機能、雨や湿気などのミスト機能、そよ風から強風までの風機能というまさに全身で、五感すべてでゲームを楽しむという夢の様な筐体です。
 現時点で発表されているタイトルは、スパークリングシルバーに「超 真・三國無双」「GI JOCKEY SENSE」「DEAD OR ALIVE EXTREME SENSE」
 スパークリングブルーに「3Majesty×X.I.P DREAM★LIVE(ときめきレストラン)」「ホラー SENSE~だるまさんがころんだ~」「超戦国コースター」です。
 21日から全国のゲームセンター(詳しい店舗情報は公式サイトでご確認ください)などで導入が開始され、筐体によって遊べるタイトルが異なります。料金は1プレイ800円です。

 そしてVR SENSEと言えば自分はこちらのインタビュー記事が絶対に外せないと思っております。愉快痛快爽快、電車で読むにはおすすめしない面白すぎるものです。お茶を飲みながらも勧めません、むせるか画面をお茶で汚すかの二択でしょう。とにかくご覧あれとしか言えないものです。

 電ファミニコゲーマー様:夫(社長)の反対を押し切りVR筐体を開発!? 異例の社内ベンチャー設立経緯から世界平和の野望まで、“名物夫人(会長)”のゲームへの深い愛【コーエーテクモ:襟川恵子インタビュー】
 http://news.denfaminicogamer.jp/interview/171013

 インタビューだけでもこれほど面白いのに現物が面白くないわけがないというものですよね!! この日を物凄く楽しみに伺ってきました。
 そして実際に遊んでみた感想は、「現実に帰りたくない」でした。そしてそして、「討鬼伝ファンは絶対に1度はやるべき」と物凄く思いました。


 以下、続きます。 ※12/23 最下部にチャーム画像を追加しました
[ 続きを読む ]

仁王 Complete Edition プレイ日記1

2017年12月14日

netabare.jpg
nioh0.jpeg

 日本ゲーム大賞2017優秀賞PlayStation Award2017ユーザーズチョイス賞・GOLD Price賞と今年3つの賞に恵まれた「仁王」のComplete Editionのディスク版が発売されました。
 PS4を買ったら絶対に仁王は買うと決めていたゲームでして、ちょうどこちらが発売することが決まり予約をして待っていました。というわけでやっとこさプレイし始めたのですが、既にこれまでに数十回「落命」の文字を見ております! やったー進めたぞと思った矢先に隠れていた敵にグサリ。おびき寄せに成功したぞ、一人一人潰してやろうと思っていたらのまさかの2人共ついてきてグサリ。装備確認するか~とメニュー画面を開いたところでいつの間にか近くにいた敵にグサリ。果たして自分のウィリアムはどこまで進めることができるのか…! ニンジャガもそうでしたが自分が動かすと超忍すら下忍、ウィリアムもそこらの海賊程度になってしまうのが…。

 ですが楽しいのですよね! 一体何十回この道通ったんだい? という感じになってくるのですが、一歩一歩でも進めて装備がドロップしたりアムリタを集めて少しずつ強化していき、社に戻ろうとしている途中に討たれて刀塚にいこうとしたところでまた討たれて全てが無に消える…なんてことを繰り返してでも楽しいのです。
 少しずつ亀の歩みでも進めている実感と、少しでも慣れれば苦戦した雑魚でも華麗に倒せたり、あいつは遠くから弓で攻撃してからだなと作戦を立てたり。そういうのが楽しいです! そして集中力が落ちると一歩進んで三歩下がるレベルにまで落ちていき、というのもとてもリアルに感じられます。とにかく本当に何度も何度も見飽きるぐらいに「落命」の文字を見るのですが、でも楽しい、それが仁王だと思います。


 以下、ネタバレなので追記に。 ※12/15 1枚スクショを貼り忘れていたので追加しています
 ロンドン塔~チュートリアルミッションまで。
[ 続きを読む ]

DEAD OR ALIVE 5 Last Round プレイ日記2

2017年12月12日

doa5lrb15.jpg

 今月の配信コスチュームは「テクモ50周年記念コスチューム」でした!! テクモさん、改めましておめでとうございます!!
 予告にかすみちゃんとほのかちゃんの可愛らしいコスチュームがあり、その後まさかのリュウさまも発表になったのですがTLが「そのTシャツどこで売ってるんですか!!?」で埋まった感じが面白かったです。



 それにしてもまさかの忍者龍剣伝Tシャツとは! しかもGパンですよ!! 物凄くラフな超忍が来ましたね。これを着てニンジャガも出れば街中歩いても違和感ない可能性が…!?
 今回は記念タイトルのものがふんだんに散りばめられたコスチュームでしたね! 忍者龍剣伝もニンジャガもモンスターファームはもちろん、TECMO BOWL、ボンジャック、つっぱり大相撲、アルゴスの戦士などなど。ハヤテ兄さんは何を着ているのだろうと思いきやアルゴスの戦士でしかもTシャツGパン組だったので後ほどきちんと購入して揃えたいです。
 女性陣のはミラちゃんについつい目が行くのですがほんとにかわいいです。とにかくかわいいと。そしてみんなかわいいな~と眺めていたらのバイマン、バース、レオン組ですよ(笑)大相撲組!!! まさかここで大相撲組もあるとはと!!! これはこの流れでいくとアインが大相撲組では? とも思ったのですがTECMO BOWL組でした。大相撲組このバイマン、バース、レオンという人選もさすがすぎますね! 個人的にゲン・フーさんに行司をして頂きたいなとも妄想が。
 そしてそしてジャン・リー、ブラッドさん、リグ、アイン、雷道で試合したらどうなるのだろう…と、TECMO BOWL組にも興味津々です。


 以下、撮った画像数枚です。
[ 続きを読む ]

モンスターハンター:ワールド ベータテスト版 プレイ日記1

2017年12月11日

mhwb1.jpg

 β版が12月10日の2時から開始になり、早速朝から遊んでみました。
 モンハン自体がP3rdぶりというのもあり、何もかも忘れている状態で始めたのですが、本当に何もかも忘れていて笑いました。もはや癖で□ボタンで攻撃と思ってしまうのですが、□ボタンはアイテム使用なのですよね…!! 何度無駄に回復薬Gを飲んだか!(笑)

 そんなこんなですが操作を練習できるところもあるので、そこで各種武器の確認もできます。
 まずはやってみようとシングルプレイで遊びました。今回はキャラクリはできず、用意されている男女それぞれ6キャラの内から選びます。アイルーも6匹の中から1匹です。

mhwb2.jpg

 アイルーはこの子にしました! 目つきがかわいいです!! 製品版ではアイルーもキャラクリできるので気になりますね。この目つきの悪い子をまた作りたいです。

mhwb3.jpg

mhwb4.jpg

 というわけでこの組み合わせで出撃しました。モンハンは女性キャラクタの装備がかわいいイメージがあったので女性キャラクタにしました。褐色肌が眩しいです。
 そしていきなり食事です。キャンプ地をうろうろしていたら食事ができるというアイコンが出てきたのでこれはやってみねばと。とりあえず脳筋なので攻撃力アップの肉料理にしました。まさに肉肉しいメニューですね! そしてモンハンの1人でこんなに食べるのか! という量を数年ぶりに拝めることができて楽しかったです。


 以下、続きに。
[ 続きを読む ]

KOEI TECMO CAFE & DININGに行ってきました7

2017年12月10日

ktcafe65.jpeg

 KOEI TECMO CAFE & DINING 様
 https://koei-tecmo-cafe.com/

 ※店内の風景・原画・飲食物などの撮影、投稿は可能です


 恐らく年内最後のコエテクカフェさんであろう7回目です。今回は野良さんあずまの地でハイタッチ会ということで、主催の秋実さん、野良さん、じきさん、はりさんの5人で伺いました。短い時間ではありましたが、楽しい時間をどうもありがとうございました! 笑ってトンガリな熱い90分でした!!
 この日初めて野良さんとお会いでき、まさに念願成就! だったわけですが、一言挨拶をさせて頂いた瞬間、「あ、野良さん!」と凄く分かるこの雰囲気!! という感じでとても感激しました。twitterやブログの文章や口調、創作をされている方であればその作風などが、お会いすると凄く納得するという方が多いですね。そして毎度初対面の方でも全然初めての気がしないのは面白いです。今回は野良さん以外の方も2~3ヶ月ぶりくらいな気がするのですが、昨日ぶりという感じにしか思えないと。SNSだからこそかもしれませんが、楽しいです。
 そしてお店の前で集合している時に中の人話になっていたのですが、秋水さんの輝く鎧武者姿が脳裏に焼き付いて離れません!(笑)コエテクさんの作品内で共通の中の方も多いのでこの手の話は盛り上がりますね。演技の幅が広い方ばかりなので、アニメを見ていて「え!? 出てたんですか!?」というのをEDで知って…という経験談やらやら。

 お話をしている内に全員が揃ったので4階に向かいました。
 そういえばどうやら先週辺りから注文方法が変更になったようです。以前は紙に書いて注文でしたが、席にセットされている番号とテーブルに置いてある同じ番号のカード(以前は首から下げていたものです)を用意し口頭で注文です。会計が別の場合は必ず注文前に自分の番号を伝えてからに変更になっておりますのでご注意を。変更点があることは伝えて下さるので安心ですね!
 ただしグッズの購入は変わらず紙での注文ですので、各テーブルに備え付けのグッズ用紙に記入して渡すという同様の流れです。

 今回は野良さんが初ということで討鬼伝を製作されたω-Forceさんのブランド部屋です。5人で貸し切り状態のωさん部屋でしたが、賑やかでしたね! 他にもお客さんがおりましたし、賑わって流行って下さるのが本当に本当に本当に1番ですしね!!! 来年も美味しく楽しいカフェが続いて欲しいですし、来年だけでなくこの先ずっとと信じております! 今回も皆さんで、ずっと続いて欲しいですしなるべく通うように&来たらお金使うようにすればいいんですかね、という話を…! 来年は真・三國無双8が出ますしコラボがあるでしょうし、お客さんももっともっと増えるはずと確信しておりますよ…!

 ※12/18 野良さんのブログの該当記事のリンクを追記しました

 秋実さんのブログ:横浜鬼討ち聖地巡りの旅~一日目~
 http://akizane3.blog.fc2.com/blog-entry-78.html

 野良さんのブログ:そうだ、あずまに行こう!〜鬼討ちの旅1日め
 http://noranogame.blog.fc2.com/blog-entry-4.html

 お二人それぞれの視点が楽しく写真もたくさん、読み応えたっぷりの記事です。夜の象の鼻ということでまさに防衛戦という写真や、ルートの新たな発見などもりだくさんです! お二人とも一部創作主人公の話も含まれております。


 以下、続きます。
[ 続きを読む ]

ω-Force 20th Anniversary アートコレクション第I期「モノノフ集合」が届きました

2017年12月09日

20tntoukideni1.jpeg

 ω-Forceさんの20周年記念ということで、真・三國無双シリーズ、戦国無双シリーズ、討鬼伝シリーズからCGイラストがデジタル・リトグラフ化しました。
 デジタルリトグラフ自体が自分は初だったのですが、こちら30~50年は退色しないという凄い技術の賜物のようですね。左さんの美しい絵をしかもこの完全に天狐さんしか見えていない速鳥さんが2万円出すだけで数十年そのままで保てるだなんてそれだけでありがたすぎるものです。(極のも完全に天狐さんしか見えていないだろうというツッコミ大歓迎です)
 そして討鬼伝は何年経っても遊んでいて楽しく、自分にとっては色褪せぬゲームです。まさにそれと同じなのですよね! そういう意味でも嬉しいです。

 こちら期間限定の受注生産品で第I期はすでに終了しています。これから第II期と第III期があるわけですが、第I期は討鬼伝からは無印のキャラクターFileに描きおろしイラストポスターとして収録された絵でした。こちらのイラストはジャンフェスでの試遊特典にもなり、下敷き化もしましたね。それが更に美しく保存しておけるものとなっては! と、タマハミしました。
 その上、討鬼伝においてはグッズ化というのはもはや貴重な存在なので即行で予約するしかないと! TGSの物販コーナーで告知が出ていたのですが、見落としていたところをフォロワーさんに教えて頂き予約開始日を今か今かと待っていたのも懐かしい思い出になりました。

20tntoukideni2.jpeg

 12月上旬に配送が予定されていたので、いつだろうと毎日わくわくしていたところに発送メールがきました。ついに手元に! と、思いますとやはり嬉しさは段違いですね。
 開封の儀をする際には手をひたすら何度も洗って深呼吸をして…と、本当にそのような感じで開けました。とても丁寧な梱包にそれだけでどきどきだったのですが、いざ拝見となればあまりの美しさに言葉にならず、ただ息を呑むことしかできなかったです。
 本当に美しいのですね、デジタルリトグラフは! 左さんの繊細な色使いや塗り方も美麗に再現されており、本当に桜花さんたち6人と1匹が笑顔で楽しそうに過ごしていて今にも動き出すのでは? と、思ってしまうほどでした。とにかく実物は本当に美しいのです。写真では伝わらぬ美しさです。印刷はもちろん、額縁内のバランスや使われている白い部分が更に絵を惹き立てるものになっていますし、記念ロゴ部分はぷっくりしていてより特別感も出ています。好きな作家さん、好きな絵、好きなキャラクタがデジタルリトグラフで出たらまさに買いしかないとなりますね。

 そして、上記画像に下敷き版と一緒に載せているものがありますが、これは届いたらやりかったものなのです。
 キャラクターFileのポスターはどうしても折り目がついてしまっていますし、トレボ特典画集は見開きの都合上小さめの掲載になっています。今まで綺麗に1枚絵で拝めるのは下敷きのみだったのですが、下敷き版は色が濃い目になっているのだなというのも分かりました。リトグラフの方が左さんが塗った色合いに近いと思っておりますが、どちらも素敵なことには変わりないですね!


20tntoukideni3.jpeg

 問題はどこに飾ろうかという部分です。
 いつもは討鬼伝無印の販促ポスターを額縁に入れてイーゼルに載せて飾っています。このリトグラフもあと2つは討鬼伝で出るはずと思っているので、となれば統一感を出して飾りたいと。壁にかけて並べようか…でも落下の可能性が…などなど。それまでに考えようということで結局イーゼルの上に飾りました。販促ポスターは壁に立て掛けています。こうなると速鳥さんのタペストリーもこちらに移動させていっそ討鬼伝スペースにしようかとも悩んでいるところです。

 とにかく討鬼伝の枠もしっかりあったことにまずは大喜びし、その上販売されてとても嬉しいです!! これが続きますように、そしてまた討鬼伝の新たな世界に出会えますようにと願い続けたいと思います。まずは何度か書いていますが記念ライブで貢げるチャンスはあるはずと信じつつ、リトグラフ第II期用にオンジュボウステップを踏みながら待機したいと思うのでした。

アニONカフェ「アイドルマスター SideM 315! STATION AKIHABARA」に行ってきました2 12/8追記

2017年12月08日

anion315st13.jpeg

 アニON STATION 様
 http://www.namco.co.jp/cafe_and_bar/anionstation/

 期間:2017年9月15日(金)~2018年1月28日(日)
 場所:アニON STATION AKIHABARA本店
 ※全日予約制(90分入れ替え制)
 ※撮影・投稿は禁止部分以外は可能

 ブログ内関連記事:アニONカフェ「アイドルマスター SideM 315! STATION AKIHABARA」に行ってきました
 http://jory1999.blog55.fc2.com/blog-entry-2306.html

 ※初回更新日11/30

 待望のハイジョのフードメニューが11月21日から始まり、12月26日まで提供になります。11月中に行っておかねばということで早めに予約をしましたが、しておいてよかったです。途中で満席になっており、「セーフ!」と、心の中でなりました。

 さて、アニONさんは毎回1人で行っておりますが今回も例に漏れず1人です。コラボカフェは一人でも楽しい、相席になった方とのお話も弾むのが醍醐味だなと思っております。
 今回もまさにその通りで、一緒になった四季くんPの方と大盛り上がりできてとても楽しかったです! 帰る時には、「3rdライブ応募しましたか? お互い当たるといいですよね! 現地で再会しましょう~!」なんていう会話も。もちろん名前もアカウントも何もかも知りませんが、それでもきっとどこかでまたという気持ちになれますね。

 さてさてアニONさんは若干他のコラボカフェさんなどと注文や過ごし方が異なります。
 アニONさんでみっちり90分間を悔いなく過ごすにはとにかく早め早めの行動が大事です。ファーストオーダーはフードとドリンクが1品ずつのみです。そしてファーストオーダーからセカンドオーダーまでの間に飲み食いを結構進めておかないと、物販やセカンドオーダー以降に響き始めます。オーダー後、ドリンクやフードが提供されたら真っ先にもくもくと食べたりした方がいいですね。自分は今回物販で勝負だったので、届いた瞬間からもりもりばくばく飲み食いしていました。
 今回は開催から日が経っていたということもあり、物販やセカンドオーダーもそれほど混雑はしておらずゆるりと買い物ができ、追いチャームを何度もできるという(笑)


 ※12/8 High×Joker新作グッズの1部の追記

anion315st20.jpeg

 11月30日からグッズに新たに加わったHigh×Jokerの新作グッズを購入しました! 初めて物販のみの利用をしたのですが、普通にお店に行き入ってすぐの物販コーナーで選んで総合受付に並べば完了です。今回はハイジョの新作グッズは受付で口頭で注文のみということで、某コラボの受付列に混ざって並びました。
 この新作グッズは何と言っても待望すぎるHigh×Joker全員でのAnniversary衣装なのですよね。CDで新曲が出て、自分はこの手の盛装大好き人間なのでゲームのアニバイベも物凄く楽しみにしていました。残念ながらハイジョは全員揃うことがないまま終わってしまい、本当に悲しかったのです。念願叶って全員揃った姿を、こうしてグッズで手にとることができてと本当に感激しました。みんなとても似合っていて格好いいですね。

 自分が購入したのはBIG缶バッジスタンドと、A4クリアファイルセットです。

anion315st21.jpeg

 シンプルなデザインでとても気に入っており、大きな缶バッジを飾るのも好きなのでとても嬉しいです。しっかりできていてお気に入りです。

anion315st24.jpeg

 クリアファイルセットも買いました。なんだかんだMマスのノベルティはファイルがあった方が便利なことも多く、小さいものと大きいもので分けて使おうと買いました。
 アニバ衣装の1枚と、アニオンさん仕様のSD絵のものが1枚です。どちらもとても可愛く、また、裏側はシンプルになっているので擬態もぎりぎりいけそうですね。

 以上、新作グッズでした。やっぱりHigh×Jokerが好きですし、夏来くんが好きだなぁと改めて思いますね。年内はもうアニONさんへは足を運べないと思っていたところで今月下旬のドリンクメニューに夏来くんと一希くんがあるという最大の出来事が起こっておりますが、エアドリンクを楽しみたいと思います!!(涙)


 というわけで以下は続きに。(以下は以前の更新のままです)
[ 続きを読む ]

文豪とアルケミスト 劇伴音樂集 感想

2017年12月06日

文豪とアルケミスト 劇伴音樂集
 ※上記画像リンクはAmakuriさんを利用したAmazonアソシエイト・プログラムです。

 ゲーム配信当時から楽曲人気の高さも物凄かった文アル待望のサントラが発売しておりました。アプリ配信後に実際に遊んでから購入したのですが、あまりの売れ行きに、再販の再販でやっとこさ入手できたという大大人気のCDです。作曲は個人的に大ファンの坂本英城さんということで、それだけで素敵な楽曲ばかりなのは間違いなし状態ですね。
 実際、ゲームを遊ぶ時に流れる最初のテーマ曲からがっしりと心を掴まれるどころか鷲掴みにされました。とにかくどの曲も聴いていて心地よく、何と言っても文アルというあの世界観に即座に惹き込まれます。聴いていると目の前の情景がまさにあの図書館や司書室になれるという極楽。最高の劇伴集ですね。これまでもずっと聴いておりましたが、聴いて雰囲気に酔いしれて…と、全然文字に起こせていなかったので、もうすぐピアノ独奏音樂集が発売してしまう! と、自分の尻を叩きつつキーボードも叩きました。



 あまりの人気っぷりに入手が困難になっていた時には、ノイジークロークさんが全曲試聴ムービーをこしらえてくださったというほど。CDが届くまで毎日のようにリピートしては、「早くフルで聴きたいなぁ…」と思いを馳せておりました。
 また、ゲームタクトさんでも演奏されており、来年は5月5日(土)の昼公演にて室内楽で綴る女性向けゲーム音楽というタイトル内で演奏が予定されております。昨年の室内楽での夢100がとろけるほどに素敵だったので、期待大ですね。

 また、こちらのサントラはどこもかしこもとても文アル愛に溢れた作りになっているのです。まさに封を開けた瞬間から、特務司書の皆さまは感激で言葉が詰まるのではないでしょうか。自分もあまりの装丁の素晴らしさに、ただただ見入ってしまいました。
 そして開いた瞬間のCDを見てまた更に感動するのですよね! 本当に素晴らしいデザインのもので溢れているこちらのCDなので、写真を撮って…とも思いましたが、こちらは是非開けてみてからのお楽しみということで。思わず、「あっ!」と、声に出される方が多いのではないでしょうか。

 こちらのCDにはブックレットに、谷口晃平P氏とイシイジロウ氏と坂本英城氏の3名の対談も掲載されています。また、Piano Ver.の譜面も付いているだけでなく、ゲーム本編で使用できる特典家具「アップライトピアノ」のシリアルコードも封入されております。
 アップライトピアノは買ったその日からずっと司書室に設置しています。色々な文豪たちが遊んでいたら楽しいですね。

文豪とアルケミスト ピアノ独奏音樂集
 ※上記画像リンクはAmakuriさんを利用したAmazonアソシエイト・プログラムです。

 文豪とアルケミストピアノ独奏會
 http://www.noisycroakrecords.com/special/bungo_piano/

 日時:2018年1月27日(土)
    昼:開演 13:30 追加:開演 18:30
 会場:トッパンホール
 出演者:ベンヤミン・ヌスさん、谷岡久美さん、宮本貴奈さん


 12月20日に発売が迫ったピアノ版の音樂集ですが、コンサートも開かれることが決定しております。チケットの競争率が凄かったのですが運良く取れたのでこちらも今からとても待ち遠しいです。当時はまだ演奏者の方が発表になっておらず、どういう方が演奏されるのだろうととてもわくわくしておりました。そうしたらまさか谷岡久美さんがご出演されるとは!! ということで、凄く楽しみです。ベンヤミンさんも宮本さんの演奏もCDはもちろん生演奏もとてもとても楽しみで、まずはCDでたっぷりと楽しみたいと思っています。


 以下、感想です。全曲ではなく一部の曲のみとなっております。ご了承ください。
[ 続きを読む ]

ご当地レトルトカレー:桃カレー、葡萄カレー(山梨県編)

2017年12月03日

yamanashic1.jpeg

 アイドルマスターSideMとのコラボで伺ったときに買ってきたものです。山梨といえば武田信玄公! 信玄餅! くだもの! ほうとう! というイメージで埋められている自分の脳内なので、そういえば山梨はくだものカレーが出ていたはずだ…と、おみやげコーナーで探しました。
 実は今週も山梨にちなんだコラボ商品が発送される予定なので予想外に山梨週間になりそうです。

 というわけで山梨にとんぼ返り状態で行ってきたのですが、やまなしプラザさんのオープンカフェで飲んだももジュースが物凄く美味しかったのですよね!! ホットドックもとても美味しかったのですが、あのジュースの美味しさは染み渡りました…。今度は大人気商品である、まるごとやまなしパフェも食べてみたいですね!!

 
yamanashic2.jpeg

yamanashic3.jpeg

 まず先に食べたのが桃つながりで桃カレーです。
 実際に桃も入っていて、カレーだけども桃の味が勝つのだろうかどうなのだろう…と、どきどきでもありました。
 辛さは6分の2ということで辛さは控えめです。清里ミルクプラントの牛乳を使用したビーフカレーです。ルーはさらさらで、とてもフルーティで上品な味のカレーでした! こうもフルーティになるとカレーはカレーでもまた別世界だなぁともりもり食べ進め、いざ桃です。
 すくえるくらいにしっかりしている桃ですが、口にいれれば噛むまでもなくとろとろにとろけるレベルの桃で、桃の味はカレー味が勝っておりましたが、癖もなにもなくすんなりと食べ進められるものでした。カレーでもですがこのとろける桃を桃だけでも食べたい!! ともついつい思ってしまいますね。

yamanashic4.jpeg

yamanashic5.jpeg

 お次は葡萄カレーです。こちらはポークカレーでした。
 こちら更にフルーティさが勝っており、どういう味付けにしたらこういう形になるのだろうと興味津々です。こちらもさらさらですし、上品さは同じですね。辛さもそれほどです。というよりもあまり辛くしてしまうとこのフルーティさは保てないのかもしれないとも思ったのですが、どうなのでしょうかね。
 ぶどうも大きいのと小さい別の種類のものが入っておりました。こちら大きいものは葡萄の味はせずカレーに自然に溶け込む具という感じでしたが、小さい方がザ・ぶどう! という感じでぶどうの味でした。

 やはりたまにはこういうフルーティなカレーも食べねばですね!! カレーは本当に色々な種類があっておもしろいですね。それがレトルトでも楽しめるのでありがたいです。

 次回は新潟編です。またターメリックライスを炊かねば。そしてカレー用のお皿をもう1枚くらい欲しいなぁ…と、毎回同じお皿で写真を撮っているので思いました(笑)