P3D&P5Dパセラコラボに行ってきました

2018年06月30日

p5dcafe1.jpeg

 公式サイト:パセラリゾーツ 渋谷店 様
 https://www.pasela.co.jp/shop/shibuya/?pstop_left
 期間:2018年6月9日~7月16日
 店舗:パセラリゾーツ渋谷店さん・フーズフーズ渋谷店さん


 P5のコラボがまた来て欲しいですね~なんて話をしていたらの! P3D&P5Dコラボが!!! コロンビアポーズで喜びながらいつ行こうかとわくわくしながら過ごしておりました。そうしていたら今回ご一緒してくださった桂花さんが「もし都合が合えば」と仰って下さったので無事に念願成就できたのでした。というわけで今回ご一緒してくださったのは桂花さんです。ありがとうございました! お互い1人で特攻タイプですが2人いれば一度に食べられる量が倍かつトレードもできますしね!
 桂花さんとは「モナちゃん連れて行きます?」「行きましょう!」という話になり、今回はダブルモナちゃんで集合になりました。モナちゃんを連れていると心はジョーカー気分になれますね! ショータイム!

 桂花さんとはモノノフ仲間でもあるので、5周年記念むちゃくちゃ盛り上がってましたね~!! というお話でもはしゃぎながら、P5はもちろんP4やP3のお話もしました。意外とタイトル毎に好きなキャラクタが結構分かれる気がして、ペルソナシリーズは「このタイトルでは誰ですか?」という話もかなり弾む気がします。


 以下、感想です。メニュー全制覇しました!
 スマホの方はmore部分を押して頂くともしかしたら隠れてしまった部分が出てくるかもしれません。
[ 続きを読む ]
スポンサーサイト

絵:討鬼伝5周年おめでとうございます! ※追記あり

2018年06月27日

tkd5thmari1blog.png

 祝・討鬼伝5周年!!!!!
 5年前の本日、討鬼伝シリーズの原点である「討鬼伝」が発売されました。引き継ぎ体験版で速鳥さんが出てこなかったため、「速鳥さんはいつ!!!??」となりながら製品版をヤチギリタックルのような勢いで開封してはプレイしたのも懐かしい思い出です。
 というか5周年というキリのいい数字だからかは分かりませんが、数日前からやたら緊張していてずっとドキドキしているんですよ(笑)何があるでもなしに凄く緊張していて前日とかはもう口から心臓出そうでした。やっぱり大好きなタイトルが5周年を迎えたというこの事実がすごくすごく嬉しいんだなと思います。今はもう感極まって泣きそうです。いや泣きました。ただの危ないファン状態なんですが、今日は許してください! 大好きで大好きなタイトルなので。


 ここからは恐らく何百回か話したかもしれないという勢いで話した可能性が高い思い出話を。
 改めて思いますが、ゲームで泣くことは数あれど、これほど号泣したタイトルって討鬼伝くらいではないでしょうか。いつ見返してもムービーで泣きますし、プレイ中は本当にバスタオル必須でした。アクションなのに涙で全然画面が見えなくて、でも仲間たちがその中でも熱い台詞を繰り広げていて更に涙で見えなくなるという。こんなにも揺さぶられたゲームはなかなかないです。とにかく感情移入していて泣いて笑って安心して。EDまで迎えればどのキャラクタもみんな大好きになっていて。
 シナリオの持つ凄さと坂本さんの音楽が合わさってこれでもかというほどになっているのが討鬼伝だと思っています。坂本さんが以前、ムービーやシナリオの盛り上がりなどに合うように音楽も作っていると仰っておりましたがまさにそれですよね。そこという部分でど真ん中の音楽になっていてだからこそプレイヤーは更に更に深みにハマると言いますか。どこかが欠けたら感動も欠けてしまっていたのだろうなと思うとただただ凄いとしか言いようがありません。
 お話と言えばクイズバトルのお話も好きなのでシナリオブックやっぱり欲しすぎますし、いつか来ると信じている3でもお話と楽曲には期待大です。もちろん左さんのキャラデザも!

 討鬼伝なので鬼の話も。なんと言っても無印時代のアプデ前のダイマエンの凶悪さですよ! サントラ出て、ダイマエンの曲が流れた瞬間、「うっ…」となった方多いのでは!? 自分もそうです。未だにダイマエンの曲は聴くとトラウマ蘇りますね。ありゃ~里くらい滅ぼしますわと本気で思った鬼でした。あそこで初めてあと1回倒れたら任務失敗になる…となった記憶がありますし、時間も結構ぎりぎりだった気が。富嶽兄貴の熱さと過去でも泣きましたが、何よりもダイマエンの凶悪さに泣いたのでした(笑)
 その後にアプデがあり、ダイマエンも少々おとなしくなったところで極初期のインカルラですよ。やっぱりダイマエン先生とインカルラ先生は容赦なかった…と骨まで染み渡りましたね。今はヤチギリが1番凶悪だと思っておりますが初期はインカルラがぶっちぎりでした自分の中で。速鳥さんも名前に鳥がついて双刀なので飛びますが、同じ飛ぶ鳥でも印象が180度違うなと思いますね!

 あと神木様の6000ハクという懐に大打撃どころか一撃必殺レベルで毎度要求してきた思い出とかですかね!? 今ではハクがあり余っているので60000ハクくらいでもいいのですが、無印時代ですよ! なるほどこれは確かにウタカタでは贅沢ができぬなという部分を身をもって体験できたというか…!
 それから朧探しですよ。朧だけでも大変なのに更に朧だけのミタマという常に大大吉を背負って生きたいと思うこともございましたし、無印ならではの思い出もたくさんですね。1番最初のアクション体験版含めて。


 さて、昨年は絵ではなく共闘会でのオリジナルハニトーだったので今年は絵に戻りました。シリーズのお祝いなので好きなキャラクタを描こうとウタカタから速鳥さんと息吹と天吉、クイズバトル討鬼伝からアカツキ様と天狐さん(雄・マッサージと頭突きが上手)、マホロバからは八雲とかぐや様と天狐さんです。シノノメがいないのですが息吹が兼任ということで…!
 実際彼らが一緒にということは現時点ではないですが、時継がスターズで言っていたようにいつかマホロバとウタカタで共闘という日がきたら嬉しいです。それこそ霊山に全員で殴り込みでもいいんですよ!? シラヌイ含めて!(笑)

 いやはやそれにしてももう5年とは…お陰様で自分もめっきり歳をとって徹夜でゲームできなくなったりすぐ疲れるようになったりと身体の衰えを感じますが、でも討鬼伝やっているときは元気なんですよね!
 PS4デビューしてからは極も2もPS4で遊んでいるのですが、やっぱり楽しいですし、プレイする度にやっぱりみんな大好きだなぁと思います。あとはやはりシステムもお気に入りなんですよね。アイテムを持ち込まずに済むという。それらを全部ミタマで補うという部分が大好きなので、色々なゲームをやってもやっぱり相性抜群だなと感じるのも討鬼伝です。
 やっぱり何をやっても討鬼伝なんですよ! 他のタイトルでキャラクタにハマることも多いですが、まず最初に「この人、速鳥さんに似ている…」から入ること多いですしね! もちろんそこからそのキャラクタだからこそでハマっていきますがきっかけというか何というか。
 色々なタイトルをやって討鬼伝をプレイすると「ただいま!」という感じになる方も多いのではないでしょうか。何年経っても色々な遊び方ができて、そして一緒に楽しんでくれるモノノフさんも大勢いて。

 討鬼伝が楽しいということだけでなく、モノノフさんがとても優しくて熱くて楽しくてということも大きいです。5年前からずっと同じく叫びまくっているモノノフさんも多いですし、極から2から仲良くさせて頂いている方も多いですし、皆さん揃ってお優しくかつ楽しくて熱い方々ばかりなんですよね!
 公式で何かあれば財布用意!!!! という感じで「貢ぎ先をくだされ公式様…!」という方々はもちろん、コンサートがあれば全力で駆けつけ、討鬼伝メニューがあると分かればコエテクカフェさんに韋駄天のタマフリをし、グッズが出たとなれば「貴重だーー!!」とコガネムジナ(極)を発見したばりの勢いで乱獲し…本当にお好きな方々とたくさん出会えることになってとても嬉しいです!
 更に討鬼伝にちなんだお店や食べ物の発掘も凄く楽しいですし、それらのやりとりも楽しいですし、共闘もそうですし、妄想も創作も楽しくて、まさにさまさまです。特にお店やお菓子などは見つけたら「食べに行きましょう!」とモノノフさんたちとご一緒できるのも凄く楽しいです。ゲーム以外にもたくさんの楽しみ方ができるのも討鬼伝の良さだなと思っています。

 そんなアットホームさ、家族団欒的な和やかさって討鬼伝チームさんからも凄く感じると勝手に思っています。今まで数々の生放送やイベントがありましたが、どの時も家のような穏やかさを感じるのです。一ファンから見たら雲の上のような方々なのですが、それでも拝見するたびにゆったりリラックスとなれるような雰囲気が凄く好きです。お祝いですということで挙げられた画像がミズチメ先生のセクシーショットだったり、生放送でスタッフさんがオンジュボウ化していたり、人形劇があったり、でも影武者軍団さんの神業的なタイムアタックがあったり、他社の格ゲーイベにディレクターさんと一緒に参戦したり…そんな雰囲気が自然と伝わるというか。楽しんで作られていて、修羅場も乗り越えというのをすごく直に感じるというかそんな部分もきっと影響しているのだろうなぁなんて思うことも多々あります。そういうところも大好きな部分なので、これからもそんなチームさんを応援したいです。
 ハッ…そういえばみんなだいすき関口D氏はお肉食べられているのでしょうか…!!!!! 気になりすぎて!!!!!!


 そして大事な楽曲のことも。今度のOROCHI3ではトレボを買えば3月のωさんライブのCDも入手でき、討鬼伝の楽曲ももちろん収録されております。ライブCD付きますと分かった瞬間トレボ購入が確定しましたし、予約開始後すぐに予約しました。万々歳です! 届いた瞬間まずは聴きたいです!!!!


 これまた何度も書いておりますが、討鬼伝は坂本さんが作曲されているので色々なコンサートで色々な形で聴ける機会が多いです。これがまたどの演奏会も最高なんですよね! それ以外に言葉がないです。5月の和楽器での演奏会も凄く感動しましたし、またコエテクさん公式の演奏会も拝聴してみたい思いでいっぱいです。
 またCDも色々と出ているのでお好きな方は是非! バンドアレンジがお好きな方は上記のトレボやTEKARUさんのCD、クラシックでのアレンジがお好きな方はHideki Sakamoto TrioさんのCDをおすすめします! 何度でもおすすめしますよ!!!


 まだまだまだまだ語りたいことは天狐もりですが、やはりここは出るかもしれない3についてでしょうか。
 まずはまだ情報の出ない新しいタイトルについてを心から応援しておりますが、それらが落ち着いた暁にはライブで発言のあった3が出てほしいです。何よりゲーム自体が楽しいですし、まだ速鳥さんのバク転拝めてないですからね!!!? これ重要ですよ。速鳥さんの天狐語と「…モフモフしているな」のフルボイスとバク転と成長したお姿を拝見するまでは死ねません!!!! 見ても死ねないですけど!!! もっと見たいんで!(笑)全員好きなので全員なんでもみたいですしコミカライズやノベライズなどの媒体でも拝みたいですしとにかく速鳥さんを…速鳥さんをですね…!!!!
 というわけで6周年に向けて速鳥さんと天狐さんを愛でつつおいなりさんを食べまくって、デジタルリトグラフやタペストリーを眺めながら鬼を討って過ごしたいと思います。討鬼伝5周年、本当におめでとうございます!!!! 大好きです。

 あと3が出たら…いえ出るまでもですけどおがP様のサインをいつか狙うという野望は捨てずに生きたいと思います!!!!


 以下、追記部分です。
[ 続きを読む ]

サントラ(P5・夢100・Mマス)などの話

2018年06月23日

 ゲームはしているもののプレイ日記が書けないP5をはじめ、討鬼伝もP5Dも仁王も書くに至るまでではないという状況でなかなか更新が滞っております。無念…! しかしなにもない限り絶対に少しはPS4を起動しているのでやっぱりゲームがないとだめだなというのを実感しますね。まさに生命の源!

 というわけでプレイ内容ではなく最近買ったサントラや上半期で印象に残っている楽曲などについてちょいと書こうかなと思いました。最近買ったのはペルソナ5と夢100です。後者なんてお前2ヶ月くらいしか遊んでないだろ!? という感じなのですがサキアは今も好きですし、楽曲も大好きです。アプリゲーは最終的にスマホの容量との戦いになってくるのが辛いですね…。しかし最近はアプリゲーもサントラが発売してくれるのが嬉しいです。アプリは配信終了すると残るものがスクショくらいなので手元に残るサントラというのは貴重ですよね。未だにぐんたまのメインテーマは販売してほしいと思っているのですよ! コエテクさんで浜渦さんは珍しい気がするのですがまた拝聴できる日がきたら嬉しいです。
 アプリと言えば予定通りだった場合もうすぐニャぷりが配信になりますね! 事前登録をいくつかしているのでとても楽しみです! また毛利家で頑張って出撃させたいです。頭領業も頑張らねば。いつかコラボでニャブラハム市長も出て欲しいなぁなんて密かに思ってます。
 さてさて話を音楽に戻しまして…




 初めて聴いた瞬間、買わねばならぬと思ったのが「Wake Up, Get Up, Get Out There」「Life Will Change」でした。この2曲はAmazonさんでもiTunes Storeさんでも大人気ですね。上記の試聴動画の最初の2曲なのですが、いや~もうこれはやばいですよね。あああああ買わないと!!! という感じで即行でiTunes Storeさん開いたのも記憶に新しいです。今はDL販売が充実しているのがありがたいですよね。待たずに済むのが!
 でですよ、「Life Will~」の冒頭部分のベースが入ったところのベースがあまりにもかっこよすぎてやっぱりベース最高だよベース!! となるのでした。いや、ギターももちろん素敵ですしドラムもキーボードも何だってかっこいいんですけどね! いやあのベースのかっこよさはやばいですよメギドラオンでございますですよ。最初で撃ち抜かれてP5Dでベースが喜多川くんでそれでもう二重に撃ち抜かれでしたね。恐ろしや。とにかく予告状出してからのパレスがこの曲になるとそれだけでテンションがダダ上がりですし、やっぱり音楽の力はすごいだなぁと思うのでした。
 もちろんOPのWake Upの方もです。最初の3秒もあれば十分かと。そこでもう財布の紐ががばーですよね。好みなのでなんともですがどツボの自分にとってはそこからしてもうP5は最高に楽しいだろうなと思うのでした。だってもうこのリズム最高ではないですか! 音のキレ、動くところは動く、休符を存分に活かしたこのリズムに痺れないわけがないのです。しかも弦楽器が似合いすぎるのなんの! とにかくもうどこもかしこも最高ですよね。あああああまたライブお願いします!!!!

 原曲はもちろん最高ですが、P5Dでのアレンジもすっごく素敵なんですよね! P5Dでは「Tokyo Daylight」の小塚氏のアレンジが大大大好きで、しかしながら通常版を購入したためにサントラがなく泣く泣くという日々を送っていたのですが、中古で発見したので即行で注文しました。音楽にも財布がゆるゆるなんですよ仕方がありません。届く日が待ち遠しいです。


 以下、夢100やMマスの♡Cupids!など。
[ 続きを読む ]

KOEI TECMO CAFE & DININGに行ってきました13+チュロスター

2018年06月17日

ktcafe133.jpeg

 KOEI TECMO CAFE & DINING 様
 https://koei-tecmo-cafe.com/
 ※店内の風景・原画・飲食物などの撮影、投稿は可能です

 リュウさまお誕生日おめでとうございました!!!
 いやはやブログ自体の更新に間が空きましたが元気ですし生きてます。寿司も食べました。毎年恒例ネギトロ巻きですけど。
 そんなこんなでコエテクカフェさんができてからリュウさまメニューがあると判明したときに「絶対に誕生日にカツ丼食べる!」と決めていたので叶って嬉しかったです。
 当日からリュウさまファンの方々の最高なファンアートがたくさん拝めてとても幸せでした!! DOA6の衣装も素敵ですよね!!! ハヤテ兄さんと早速斬り掛かってましたがどうなるのでしょうか。来年の発売が本当に待ち遠しいです! またハロウィンコスの募集もあったりすると嬉しいです。

 というわけで実は当日は伺えなかったので後夜祭(でも海外時間では当日)として行ってきました。今回ご一緒してくださったのは秋実さん桂花さんです。お二方ともありがとうございました! 桂花さんが初めてのコエテクカフェさんということで、少々遠回りをして桂花というお名前のラーメン屋さんのところを通って伺いましたよ! あのお店の前を通るたびに皆さんで「桂花さんだ」「桂花さんパワーを頂かねば」とお話していたので、まさに念願成就! でした。

 そして話がいきなり変わりまして合流前の話です。コエテクカフェさんの近くに美味しいチュロスのお店があるというのを目にして調べてみたところ本当に近くだったので立ち寄りました。角にあったセガのたいやきさんは大行列でしたね! 何のメニューがあるのか気になるので今度食べてみたいです。
 その先を少しいったところにチュロスターさんがあります。

ktcafe132.jpeg

 CHURRO*STAR 様
 http://www.churrostar.jp/

 注文を受けてからその場で揚げるというタイプのお店なのでできたてホヤホヤが食べられます。せっかくなのでチュロクレマのベリーシナモンが食べたいなぁと思っていたのですが、コラボをやっているからかは分かりませんがチュロスメニューしか見当たらなかったので定番のシナモンシュガーにしました。
 少し待ってから揚げたてを手渡されるとそれだけでテンションが上がりますね! 横にそれて立ち食いしていたのですがいやはや美味いのなんの! ボリューミーですし、温かいですしシナモンの香りを砂糖の甘さと、チュロス大好き人間には最高のおやつでした。これからは池袋行く度に食べねば! というレベルのストライクさです。
 それをかじりながら桂花さんとの集合場所へ向かったのですが、夢100の戦闘曲の「ユメクイとの戦い」が普通に池袋の街に流れていて驚きました! この曲大好きなので思わず聴き惚れながらでした。というかサントラ出ていたのですね! 買います!!


 以下、感想です。
[ 続きを読む ]

XDマウント モニター募集キャンペーンに当選しました

2018年06月11日

xdm1.jpeg

 ソニーストア様:XD mount(EPA34-001XM)
 https://pur.store.sony.jp/acc3/products/acc3_sp-acc_other/EPA34-001XM_product/

 リモートプレイをXperiaで! ということで「XD mount DUALSHOCK4 to Xperia」(XDマウント)が発売されました。PS4のコントローラーに直接Xperiaを装着するためのアイテムです。お値段はソニーストアさんで2,380円(税抜き)です。
 リモートプレイならVitaでも可能ですが、PS4のゲームはボタン数が足らず他のガジェットを購入してという方も多いと思います。今まさにVitaのリモプ用のガジェットを買おうか…と、悩んでいたところにすべてを解決する商品が! と、大喜びでした。コントローラーはそのままで! ですので遊び慣れた操作感のままというのが最高です。

 ※XDマウントに対応していないXperiaもございますのでご注意を
 ※コントローラーは付きません


 さて、Xperia勢でありリモートプレイもよくする自分はいそいそと応募し、運良く当選しまして念願の「XDマウント」が手元に届きました。こちらはモニター募集キャンペーンですのでしっかりと感想を書くまでがお約束です。自分なりに書き記したいと思います。
 届いてから約1週間遊んでみたのですが、何よりも寝っ転がってPS4のゲームが遊べるというのがやはりたまりません。興奮のあまりごろごろ転がりたいときもそのまま一緒に転がれるというスグレモノ!
 ちなみに使用したものはDUALSHOCK4と、Xperia SO-03jです。

xdm2.jpeg

 XDマウントはこういったシンプルなものです。シンプルかつ丈夫でして、想像以上によいものでした。コントローラーに取り付ける部分も簡単にできるのでそちらは楽なのですが、スマホを装着する部分が少々難しいです。バネ式なので少々力が要るので、コントローラー側のように気軽に取り外しというわけにはいきません。また、スマホ自体の電源ボタンと音量ボタンがちょうどストッパー部分と被るので予め調整してからでないと若干手間が。

 真ん中部分の「Xperia」を書いてある部分の両サイドは角度を変えられる部分です。自由に変えられるので、自分の好みの角度にできます。これもありがたいですね! こちら少々固めなので慣れるまではおっかなびっくりでした。

xdm3.jpeg

 これはスマホ自体の設定をし忘れたまま装着したシーンです。そうだ、まだ画面回転すら設定変更していないと(笑)
 慌てて外してスマホで設定をしました。こちらリモートプレイ用のアプリである「PS4 Remote Play」をDLしないと当たり前ですが使えないのでご注意を。コントローラーとの設定はBluetoothで一瞬です。

▼XDマウントの使い方(個人メモ)

 1:PS4本体のリモートプレイ設定を済ませておく、スマートフォンに予めPS4 Remote PlayをDLしておく
 2:アプリ内の操作に従い、コントローラーとBluetoothで繋げる
 3:コントローラーにXDマウントを装着する
 4:スマートフォンの画面回転設定や音量設定はなるべくここで終わらせておく
 5:スマホを取り付けて遊ぶ

 基本的には通信さえ良好であれば全部一瞬で終わるのであっという間です。上にも書きましたが、スマホのつけ外しが若干大変なので、予め音量などの設定はしておいた方が絶対にいいです。

 さて、実際に使ってみての感想ですが、「お、ちょっと重いな」と思いました。スマホ自体の重さがそのままくるので座ってプレイするよりもやはり寝転がってというのが長時間には向きますね。あとは地味に筋トレになるかもしれないですね!?
 しかしながらシンプルな作りなもののかなりしっかりしているので外れたりしないだろうか…という心配は無縁です。スマホ部分もコントローラー部分もしっかりと固定されています。白熱していても全く問題ありません。その上でデザインにさほど干渉しないというのは嬉しすぎますね。
 
 画質はPS4そのままなのでとても綺麗ですが、縮小になるので元々字が小さいゲームはなかなか難しいですね。遊び込んだゲームの2周目やら文字があまり出てこないアクションや音ゲーや格ゲーのトレモなどにとても向いていると思いました。
 ちょうど討鬼伝やP5DやDOA5LRが遊びやすくてよかったです。真・三國無双8もですね。が、リモートプレイは通信次第なので遅延があると致命的になるのもまたこのジャンルのゲームですね。RPGは基本的にとても向いていると思います。仁王も途中で「うがあああああ」となってもそのまま布団に顔を突っ込めるのがとてもいいですね!

 そういえば暫く遊んだのちにモニタの方で遊ぶかと思ったときに、噂のコントローラーが白点滅状態になったのですよ…! 認識してくれないという。他の機器にペアリングをすると起こりやすい現象なようですが、ついに体験することに。
 結果的にスマホ側からリモートプレイでPS4の電源を切って、PS4本体の電源ボタンを7秒押し続けて「ピッ」という音がなってからセーフモードの案内に従い、コントローラーを有線にして本体と繋いで無事に回復になりました。関係ないので書くことではないと思いますが、もしリモートプレイをしていて白点滅になってもこれで解決できましたよという意味で書きました。

xdm4.jpeg

xdm5.jpeg

 こちらは寝っ転がりながらスクショを見返していたときです。肝心の画面がピンぼけしていてあれなのですが、実際はそのまま綺麗ですので! そしてそして何度も書いていますが、PS4のゲームを操作がそのままに寝転がって遊べるだなんて! と、やはりとても感激でした。
 というわけでシンプルで丈夫で尚且持ち運びやすく、リモートプレイをするという方にはとてもおすすめな品だと思いました! スマホのバッテリー次第ですがかなり長く遊べるのもいいですね。Xperiaで対応機種の方にはぜひともおすすめしたい一品です。外でもリモートプレイができる方は今年のTGSや他のイベントでもXDマウントを使って待ち時間などで遊べますね!
 せっかく頂いた品なので、Xperiaでも遊び倒したいと思います!

ペルソナ5 ダンシング・スターナイト プレイ日記4

2018年06月09日


 無事にトロコンできました!! 音ゲーが苦手な自分でもトロコンできるとはなんというありがたさ!!
 1番大変そうだなぁと思っていたのは「KING CRAZY」を取るという部分です。なんせ下手くそなので「ここでしょう!」という押し方をしても「GOOD」だったりするので、リズム感も音感もない自分にはもはや不可能な域なのでは…? という境地でしたがこちら難易度関係なくなのですよね。なのでEASYで無事に取れました!
 サポート方面も充実しているので(その代わりスコアはだだ下がりしますが)それらを駆使して高難易度もクリアというのも可能になっているのもありがたいですよね! 1曲だけALL NIGHTでクリアしないとその曲でサブに選べないキャラクタがいたような気がするのでそのときにはサポートをすべてONにしてクリアしました。
 下手な自分でも楽曲が存分に楽しめて、FEVERに入ったときのそれぞれの掛け合いのダンスも拝められるのは本当に嬉しい仕様でした。

 やっぱりこのゲームは曲が好きで延々と聴けるという方やキャラクタ同士の日常的な会話がちょっと見てみたい方や、色々な衣装で色々な曲を踊っている姿が見たいという方は楽しいと思います! 欲を言えば好きな、曲でダンスするメインメンバーが限られているので、全員全曲メインでというのも見てみたくてしょうがないのですよね! その分ダンサーの方はそれぞれ分のダンスを考案せねばですし大変だとは思うのですが、あれもこれも喜多川くんやモナや春ちゃんやというか全員で拝みたかった!! となったので。
 そのダンスで思い出したのですが、キャラクタごとに完全にダンスの方向性が別れていて本当にすごいなと思いました。どのキャラクタもかっこいい&かわいいダンスというのは同じなのですが、春ちゃんがダンスしたらバレエを取り入れたダンスで、竜司くんは竜司くんらしいノリの他の誰とも被らない方向性で、喜多川くんやジョーカーはシュッとしたダンスが似ているようで全然似ていなかったり、モナはモナであの体型で映えるかわいいダンスになっていて、ダンサーさん本当にすごい…!! と、ただただ感動しきりでした。いやはやすごいですね。一口にダンスと言っても色々なジャンルがあるように、それらがキャラクタとマッチされた動きでというのに凄く感動でした。

 今週配信されたテオドアも早速購入して遊んだのですが、さすがテオドア完全なる弟系…! ということでそれぞれ姉2人の椅子になっているのに笑いつつでもスタイリッシュ!! と、感動でした。そして久々にマーガレットにも出会えたのが本当に嬉しかったです! ベルベットルーム組やっぱり大好きです。
 テオドアの曲はハム子を思い出しますね。なんだかんんだP3Pは6周くらいしたんだなぁとふと思い出しながらテオドアの今後も楽しみです。



 教会でのあのポーズがダンスに!!! で、爆笑したりやっぱり執事服最高なんだなぁと思ったり、春ちゃんとモナの師弟ペア可愛すぎだなぁと癒やされたり、モナの曲でモナを撮りまくっては可愛いな~~~~ととにかく顔が緩んでおりました。
 そして今更気付いたのですが、ノートを消すにすればノートに邪魔をされない撮影が可能なのですよね! すぐにゲームオーバーになるのでどのボタンでも可能なサポートと途中で終了にならないサポートもONにして撮影タイムを楽しんでいたりもしました。

 というわけでP5Dも楽しみました!! 曲がやっぱり最高なので定期的に補充しつつP5の2周目もちょくちょく進めたいたいなと思っております。

ペルソナ5 ダンシング・スターナイト プレイ日記3

2018年06月07日


 今度はP3D&P5Dのパセラさんでのコラボが発表されました。またまた渋谷店様ということで早速予約をしようと見ていたのですが、1人はまず無理ということでしょうか。フーズフーズさんの空きを狙うしかなさそうですね。期間内に行けたらラッキーくらいの勢いで頑張りたいと思います! 皇帝ペアとベルベット組のドリンクと恋愛ペアのフードは食べたいですね~。その他も色々なのですが!

 というわけでP5Dですが、毎日遊んでいます。
 というのもモナの踊りがかわいすぎて、これだけで買った価値ありというものですよ。このゲームは好きな曲1つをエンドレスで聴けるという人にはもってこいのタイトルではないでしょうか。自分がそのタイプでひたすらずーっと「Tokyo Daylight」をエンドレスで遊び続けているので(笑)
 楽曲の好みはもちろんですが、モナのダンスが本当に本当に本当にかわいいんですよ!!!! まさに悶絶です。しかも喜多川くんと春ちゃんをパートナーにしても遊べるので更に最高なのでした。
 しかし他のモナも全力でかわいいんですよ!!!!!!


 バンドMVのやつは首をぶんぶん振っているのがかわいすぎてやはりそこだけ見ては悶え苦しんでおります(笑)モナのキーボード可愛すぎですよね! ばしばしキーボードを押していてなおかつたまにくるっとターンをしたり。肉球での華麗な演奏に涙です。


 それからやっとやっと獲得できた執事服です! P5本編でも常に着せているくらいお気に入りなのですが、なんとこの衣装が必ずついてくるんですよね…!!! メガネ萌えの方には最高かと思いますが、そもそもアクセサリでメガネいっぱいあるのに必須ってどういうこと!!? となったのでした。メガネなしのアプデ欲しいです…!
 燕尾服大好きですしデザインも最高ですし執事服とメイド服はやはり最高ですね!!!! モナもいつもメイド服です。かわいいです。


 そういえばジョーカーを撮っていないなとベルベット併せをしてみました。やはりかっこいいですね、雨宮くん。そして喜多川くんとのダンスであのポーズが再現されるダンスもあって爆笑しました。そこやっぱりあるんだ!!? と(笑)背景は教会ではないのですが。
 う~ん、やっぱりかっこいいですよね。本編でも足癖に目が行ったのでダンスでもついつい脚を見てしまうのですが、そのスラリと長い脚の動きに色気を感じるのです…! やっぱりかっこいいですよね、ジョーカー。
 あとはOPでしたか? ジョーカーがモナをさっと救うシーンがあるのですがそこがまた痺れますね。自分の中でジョーカーはみんなを救った人という立ち位置で認識されているので、モナを”救う”というムービーはこれまたど真ん中のど真ん中でぐっときました。


 春ちゃんのポニーテールも解禁され、猫耳とセットで遊んでいます。春ちゃんは元々の色もですしこの金髪もですが淡い色が似合いますよね。穏やかな春のようなという感じで。でも武器があれなのですけど、そこがいいんですよね!
 春ちゃんもどの組み合わせでもかわいいですが、個人的にはやっぱりモナちゃんとですかね。春ちゃんの「モナちゃん」呼び大好きなんですよ! モルガナは師匠面という感じでそれもまたかわいいですし。2人のメイドはかわいすぎて爆発しています。

ペルソナ5 ダンシング・スターナイト プレイ日記2

2018年06月04日


 喜多川くんが参加してくれるときのこの視線の攻撃力が高すぎて毎度総攻撃食らっているという感じです。というかTwitterの動画のみ埋め込み機能がいつの間にかなくなったのですね!? シンプルでよかったのですが残念です。
 さて、ガイドラインに著作権表示の指定があるのですが、PS4でコピーライトの記号が出せないのですよね…。ですので(c)で代用しているのですが大丈夫なのでしょうかね。できればアプデで、スクショを撮ると自動的に記載されるというのがあればありがたいのですが、アプデ自体なさそうでしょうか。
 というわけでTwitterにあげたものを載せていきたいと思います。

 現時点では曲は全部開放できているのでしょうか? 最後に1曲くらいありそうなので、それ以外はでしょうかね。
 コミュはまっさきに喜多川くんが終わるという、予想通りの展開になっております(笑)喜多川くんのコミュはPERFECTを取った数が重要なので、必然的にPERFECT取れるようにボタン押すの頑張る!!!! ということになるのですよね。すごい喜多川くんパワー。さすが。
 そういえば喜多川くんのお部屋が想像通りだったり、女性のストライクゾーン話で笑ったり、竜司くんや主人公と男子高校生らしい日常感溢れる話を拝めるのは嬉しいですね。女性陣とも本編ではなかなか絡みのなかった春ちゃんともお話しているときがあったりとで嬉しいですし、やっぱり楽しいです。

 最近は難易度をHARDにあげて遊んでいることが多いですが、途中で訳がわからなくなってボタンをめちゃくちゃに押しているということも多いです(笑)
 反射神経がよくないと音ゲーができないということがよくよく分かりました。しかしこれをやっていると脳みその運動にもなりそうで脳筋族の自分にはよいかもしれません。
 そしてP5Dのアレンジで1番気に入っているのは「Tokyo Daylight」かもしれません! ジャジーな部分が最高ですし、やっぱりサックス入ると最高ですね!!! あ~サントラ…と思います。延々と遊んでいても飽きないのです。そのくらいとにかく大好きでひたすら遊んでいます。モナのダンスもむちゃくちゃにかわいいですし、「あらよっと」の声もかわいいですよね!!!!! とにかく見ていて遊んでいて最高に鼻息荒くなる曲です。

 以下は喜多川くんの撮影まとめです。
 載せてから気付いたのですが、EASYモードにすればノートの数が少ないですし撮影向きですよね! 次はそうせねば!!!





 喜多川くんが踊っているだけでもう買う価値大アリすぎて大変幸せです。そして春ちゃんのマーガレット衣装が拝めてメギドラオンでございます!!!!!!!!!

ペルソナ5 ダンシング・スターナイト プレイ日記1(6/3 修正しました)

2018年06月03日

ペルソナ5 ダンシング・スターナイト - PS4
※上記画像はAmakuri様を利用したAmazonアソシエイトプログラムです


 この勢いでプレイするしかない! と、これまたど下手くそな音ゲーに挑戦しました。案の定、ノーマルでもナイトメアかな? と、思うくらいに難しすぎてパンクしそうなのですが楽しんでおります。

 ダンシングシリーズは今作が初のプレイでして、P4Dも未プレイです。P3Dと迷いましたが喜多川くんおりますし、DLCのテオドアは両作で遊べるということでではP5Dにしようと決めました。今回はパッケージを買っています。
 さてこの作品ですが、基本的にはファンディスクという感じでしょうか。キャラクタ同士の掛け合いやダンス、ペルソナの音楽を踊っているキャラクタたちを眺めつつボタンを押しつつ楽しむという感じでとても手軽に遊べますね。お話も基本的にはないので、キャラクタが好きな方向けでしょうか。

6/3 追記ここから


 先程ガイドラインが発表されまして、スクショもシェア機能で利用できるオンラインサービスのみということで大慌てで削除しにきました。ネタバレに繋がらなければ大丈夫そうですし、Twitterにあげてその呟きをブログに貼るという形でならスクショも大丈夫そうですね。著作権表示も記入が条件なのでシェア機能であげるときに忘れないようにせねば…。動画も同じような形なので撮ったときにはシェア機能であげて使いたいと思います。

 というわけで以下の部分がすべて画像なしになっているので若干ちんぷんかんぷんな感じになっておりますがご了承ください。名残ということで(笑)

※追記ここまで


 音ゲーも本当にど下手くそなので、「分からん!!!!!」となりながらプレイしていたのですが、このゲームは画面で合わせるよりも音楽に合わせた方が自分には合っていると感じました。分かってくると、ライブでノリノリでキンブレを振るようにボタンを押したりしていくという感じでとても楽しいです! ただ、操作に必死で全くキャラクタのダンスが記憶にないという(笑)
 せっかくMV風にバンドだったり新しい衣装だったりな映像が流れたりもするのですが、見ている余裕は1秒もなく、プレイを終えたあとに解禁になるリプレイだったりパーフェクト映像で見ては燃え上がるという感じになっています。
 個人的にはこのノート部分などを排除した完全なMVな鑑賞モードほしかったですね。あとは曲ごとにメインのキャラクタが決まっているのでこちらも色々なキャラクタでメインを楽しみたかったりも。

 それにしてもダンスしているモルガナがとってもかわいいんですよ!!!! 単体で踊っているのもむちゃくちゃにかわいいのですが、一緒に踊ってくれるときもすごくかわいいですし、掛け声もすごくかわいいですし、喜多川くんと並んでお気に入りなので本当に幸せです。しかも喜多川くんとのダンスもあるのでそういうときの悶絶具合と言えば!!!! ごろごろとローリングしながらどこまでも行けるという感じです。


 以下、続く。
[ 続きを読む ]