2018年を振り返る  ~全体編~

2018年12月29日


 2018年もたくさんのことがありましたが、最も印象的だった出来事といえばこちらです。
 2018年は討鬼伝シリーズの5周年でして、Twitterでたくさんのファンの方がタグを使ってお祝いの絵やコメントや小説などを投稿されていて物凄く盛り上がった日でした。自分は前日から何故か泣いていて、当日公式のこちらのツイートを拝見した瞬間号泣でした。討鬼伝をプレイしていても感動で画面が見えなくなるくらい大泣きしておりますが、同じくらいバスタオル必須の日になりました。
 コエテクさんの公式はお正月などに記念絵を公開されておりますが、討鬼伝シリーズはそれらが節分の日にというのが恒例でした。残念ながら今年は節分が土日というのもあり公式でお祝いがなかったため、せっかくの5周年の日に少しでも呟きがあったら嬉しいな~なんて思いながら過ごしていたらのこちらですよ! しかもおがP様じきじき…。ぶっ倒れるかと思いましたし、上にも書きましたが拝見した瞬間泣きまくるほど嬉しかったです。今はチームは別のものに取り掛かっているという風にインタビューでありましたが、そういうわけで動きがない中、公式で少しでも動きがというのはファンにとっては本当に本当に何事にも変えられぬほどに嬉しい出来事だというのを身をもって体感しました。ωさんライブのときにもおがP様じきじきに討鬼伝3へ向けて…というお話があがり叫びまくったものですが、こうしてツイートでも再度言及頂けてファンとしてはただただ嬉しい限りです。5年でも10年でも新たな展開を心からお待ちしております!
 やっぱり討鬼伝シリーズが大好きで大好きで大好きです。なんというか並々ならぬ思いでという表現が近いのですが、そんなタイトルに出会えたことがまず嬉しいですし、だからこそこの先の展開も心からタマハミしながら応援していきたいです。
 来年の6周年も何かやりたいな~というのがあるので同じモノノフの方々とお祝いできたらいいなと思っています。とりあえず2019年はスマホの壁紙をおがPさまにするところから始めねば…(!?


 以下、続きです。
 スマホの方はmoreの部分を押して頂くと、隠れてしまった部分が出てくる可能性があります。
[ 続きを読む ]
スポンサーサイト

高級ボトリングティー「息吹」を飲みました

2018年12月25日

ibukitea1.jpg

 息吹パワーってすごい……と、心から感じるお茶、それが高級ボトリングティー「息吹」
 こちらのボトリングティーが発表になった頃、討鬼伝ファンの間で「息吹のお茶がある!」と話題になったものの、お値段2万円という部分を見て爆散した感じでした。
 そもそも自分の舌でそんな高価なお茶の味が分かるのだろうかという不安もあり、いつか何か余力があったら…というところで息吹ファンの白湯次郎さんから頂いてしまったのです…!!!! なんという神…!!!!! 白湯次郎さんのお住まいの方に向けてもともと足なんぞ向けられませんがこれからは五体投地で眠る勢いですね!!!!

 箱を開ければ美しい忍んだ色の風呂敷に包まれ、その時点でもう高級すぎる…自分には開封する資格がないのでは!? というところですが気を確かに持って開封の儀に移りました。

ibukitea2.png

 桐箱にも息吹と書いてあるので永久保存版ですし、中身も何もかもいたる所に息吹なので圧倒的息吹力です。おそるおそるボトルを持ち上げればその滑らかと上品なラベルの全体像にまた恐れおののき、写真を撮るのも心臓の動きがせわしなくて落ち着きませんでした。それくらいの威力なんですよ!

ibukitea3.jpg

 せっかくの息吹なので、以前秋実さんに頂いた「新米 こしいぶき」「いぶき蓬涼風麺」も一緒に食べようと思いましてそれらもせっせと用意しました。
 どちらも初めてだったのですが、こしいぶきの炊けるときのいい香りもいぶき蓬涼風麺のいい香りもとても印象的です。なによりも麺は息吹カラーですよ!!!!

ibukitea4.png

 そしてボトリングティー息吹…。こちらやけ食いしようと元々用意してあったキルフェボンさんのタルトケーキ2つとも一緒に食べました。
 肝心の息吹の味なのですが、まずは開封したときの香りですよ! 自分はお茶もド素人なので詳しくは分かりませんが、まずはその鼻腔くすぐるお茶らしい香りに時が止まります。使用されている品種の「金谷いぶき」「金谷ほまれ」は20年以上の歳月をかけて開発されたもののようで、だからこそこの安らぐ香りがあるのかなと思いました。

 そして味なのですが、高級茶の味が分かるのかという不安がぶっ飛びますね。これは誰が飲んでも分かるかと。
 口に含んだ瞬間と、喉に流れていくまでの間の味の違いに本当に驚きました。普段いわゆるペットボトルのお茶しか飲まない人間なので、こうも味の移ろいがあるお茶があるのかという事実にまず驚き、その味から味への大変化の味にも驚くのです。
 最初は本当に爽やかでさらっとした飲み口なのですが、喉元まで届く辺りでぐっと深みが増して別のお茶になるのです。後半の味は初めて飲むタイプのもので、どのお茶に似ているという表現ができずにもどかしいです。
 それから、最初の一口は何も食べずにまずお茶をとして堪能しましたが、ケーキやそばやおにぎりなど他のものと食べても全く味が負けないという部分もとても印象的です。何かと合わせてでも美味しいですが、このお茶はこれだけで贅沢なひとときをとして楽しめますね。
 とにかくすごいお茶でした。まだ少し残っているので年が開けたら新年の一杯にしたいと思います。

 それにしても味の移ろいといいなんといいまんま息吹すぎるので、息吹ファンの方には心の底から飲んでいただきたい一品です。装っている姿と、奥底にある姿が味で感じられるだなんてこんな贅沢あっていいのでしょうか…。白湯次郎さん、本当に本当にありがとうございました!

2018年を振り返る  ~音楽編~

2018年12月21日

2018musiccd1.jpg

 2018年もたくさんのことがありましたが、今年はなんと言ってもコンサートやライブ等の運が最高に恵まれておりまして、1回1回がとにかく濃く、基本的に詳しい記憶は残っていないという非常に惜しすぎる結果が悔しいものの、これでもかというほど濃密で美しく、そして熱狂的にという時間が過ごせたものばかりでした。
 特に1月から3月にかけては毎月こんなに幸せなことがあっていいのだろうか…と、毎月天にも昇る心地で過ごさせて頂いたコンサートばかりでした。そして5月に8月のコンサートでまた夢のような時間を過ごし、他の月にはCDで聴き返してはその度に涙するという本当に音楽に恵まれすぎて幸せ過ぎた2018年という印象です。来年も同じくらいだと最高なんですけどね!(笑)

 今年もいつも通り坂本英城さんを追い、Mマスを追い、ω-Forceさん、P5やクラシカロイドで彩られた年でした。基本的に音楽とイベントも連動しているので実生活もそんな感じなのですが、兎にも角にもこの贅沢すぎた2018年の音楽をずらずらと綴っていきたいと思います。サビなんで何億回でも書きたいです!!!!!


 以下、感想です。
 スマホの方はmoreの部分を押して頂くと、隠れてしまった部分が出てくる可能性があります。
 下記に出てくる画像はAmazonアソシエイトリンクを利用しています。
[ 続きを読む ]

DOAFES2018 イラコンのオーナメントとわさビーフが届きました

2018年12月17日

doafes201813.jpeg

 ブログ内関連記事:DEAD OR ALIVE FESTIVAL 2018に行ってきました
 http://jory1999.blog55.fc2.com/blog-entry-2462.html

 FESの感想記事でも触れましたがありがたくも入賞しておりまして、その賞品であるオーナメントとわさビーフが届きました。先にオーナメントが届いたのですが、わさビーフが届くまで撮影を我慢しておりました。

 というわけで、「I'm an Illustrator」のオーナメントがこちらです。なんといいますか、ただただ感慨深いです。上の感想で散々書いたので省略しますが、これからも絵も頑張りたいですね!
 DOAは来年6が発売しますし、来年はまたハロコス応募があったらいいなぁと思っております。衣装を考えるのも楽しいですし、色々な方の衣装を拝見するのも楽しいですし、今の内に少しセンスを磨かねばと真剣に思いました(笑)
 もし来年、ハロコスがあるのであれば今までどおりリュウさまとミラちゃんで応募しますよ!!!!!

doafes201814.jpeg

 そしてわさビーフですよ!!!!!!
 1ヶ月分ってどのくらいなんだろう。1週間で1袋で4袋か、もしくは10袋くらいあるんだろうか…なんて、思っていたらのダンボール3箱分!!!!!!!!!!! 1日1袋+α分でした。すごすぎます。配達されたとき思わず、「でかっ!」って言ってしまいましたよ。すかさず猫が登ってキャットタワーのような感じで堪能しておりましたね。

 普段ポテトチップスをあまり食べないので久々に食べたのですが、美味しいですね!!! わさびの味がしっかり効いていてとても美味しく、一瞬で胃袋に吸い込まれていきました。


 斎藤AD氏がこのようなツイートをされていたので、こちらの食べ方でも堪能したいです。というかふりかけでも美味しいなら、食べるラー油でのTKGにかけても絶対美味しいだろうなと色々な食べ方が浮かぶのでした。

 ちなみにわさビーフの箱を開けたら来年のカレンダーも入っておりました! これも嬉しかったです。机のカレンダーは来年はわさビーフにしたいと思います。
 というわけで今年から来年にかけてわさビーフラッシュで過ごそうと思います。DOAチームの皆さま、山芳製菓さま、ありがとうございました! オーナメントを拝み、わさビーフをもりもり食べて2018年を駆け抜けたいと思います。

アサシンクリードオデッセイ プレイ日記5

2018年12月15日

aco76.jpg

aco77.jpg

netabare.jpg

 今回は2枚特にお気に入りのができたので冒頭は2枚にしました。色合いがとても気に入っていて、絵を描く時もこういう色使いができたらいいなぁとは思うものの、何色を使ってどういう感性を持っていればこんな感じになるのかさっぱりです(笑)

 とにかく広い世界なので、メインで違う場所へ行く前に近場の踏み入れていない地域には一歩でも入ってみようという感じで進んでいます。まだまだLv的に早すぎるところへはイカロスで調べると鬼のようなマークになるので即行で退散しています。
 とにかく世界が広すぎるくらいに広いので、新しい場所へ行く度にフォトモードも楽しみですね!

aco78.jpg

 塩がいっぱいのところへ行ったときにはカエルもいっぱいいたので撮影が捗りました。カエル好きなので。虫やカエルなどもたくさんいるのがより没入感ありますよね。

aco79.jpg

 夜に走っているときに焚き火を見つけたのでしゃがんだところ、温まるカサンドラが! こういったアクションまであるのか!! と、大変驚きました。にしてもカサンドラもイケメンですねぇ。


 以下、ネタバレなので追記に。
 スマートフォンの方は▼moreの部分を押して頂くと、隠れてしまった部分が出てくる可能性があります。
[ 続きを読む ]

アサシンクリードオデッセイ プレイ日記4

2018年12月10日

aco55.jpg

netabare.jpg

 今年の師走は尋常ではないくらいのことでして、今すぐに31日になってほしいと毎日願うくらいなのですが、アサクリをやるとすぐに世界へ飛ばされるというか自分もシンクロしているような感覚でどっぷりになって疲労とかを完全に忘れられますね! ゲームのすごいところってそういうところだなと思うのですが、時間泥棒でもあって体力が回復しないまま…というのもあるのが難しいですね(笑)

 面白いと言う割りには落ち着いている文章だなと自分でも思うのですが、面白いんですよ!!! 今回プレイしたところは本気で殺されると思って心臓どきどき汗だくになりましたし、おじいさんキャラがすごくいい味を出していて和みまくったり、いきなりロマンスが始まって「!?」となったりとにかく面白いんです。
 やっぱりお話が面白いですね! いやいやいや全然選べないでしょそんなの。というか全部選びたいというような選択肢ばかりで悩みまくってますし、世界の謎のようなものを知りそこを暴いていく過程が面白すぎたり、bgmが怖くてビビったりなどなど。
 そういえば、一般市民から依頼があって受けた瞬間襲撃されて誤って依頼人を倒してしまって即依頼終了になったのもあって、マジかい! となったり奥深いゲームですね。

aco56.jpg

aco57.jpg

 さて今回の愛馬フォボスはこちらです。たまたま他の馬がいたので一緒に撮ってみました。馬いっぱいなのもかわいいですよね!
 あとはイカロスの写真を撮っていないと思い、撮ってみました。イカロスとフォボスさまさまなのでありがたいです。

 フォトモードで思い出しましたが、オリハルコンの欠片がある場所をあげてくださっている方もおりますね。見ていてそういったフォトを拝見しては撮りに行ったりと、こういう使い方もあるのか! と、学びました。


 以下、ネタバレなので追記に。
 スマートフォンの方は▼moreの部分を押して頂くと、隠れてしまった部分が出てくる可能性があります。
[ 続きを読む ]

アサシンクリードオデッセイ プレイ日記3

2018年12月05日

aco35.jpg

netabare.jpg

 アプデをしたところ、フォトモードで左スティックと十字キーが動かなくなって非常に困っていたのですが、フォトモード起動中に右スティック長押しのリセットを使ってから急に直りました。お陰でそれ以降はフォトモードを起動してもスティックも十字キーも動きます。一体何だったのか…。
 検索してみたら同じような症状の方がやはりおりますね。フォトモードもかなり肝だと思うので、不具合直るといいですね。
 というわけで今回はフォトモードでのスクショがほとんどありません。リセットで直るまで全然思うようなフォトになっていないので…!

aco36.jpg

 しかし愛馬であるフォボスは撮っていたのでした。
 かわいいですよね!!!!!! フォボス用のスキンも色々あるようですね。ペガサスになれるやつを見た時は、フォボスも飛んで見張りを見破ったりできるのでは!? なんていう妄想をしましたが、目立ちすぎてむりですね(笑)


 というわけで絶賛楽しんでいるオデッセイなのですが、サブクエストも充実していますし、世界巡るのも楽しすぎるわフォトモードも楽しいで全然メインが進まないんですよ! これクリアするのはあと何十時間後なんだろうという感じですが、のんびり楽しみたいと思います。幸い次の新作はDOA6まであくので。


 以下、ネタバレなので追記に。
 スマートフォンの方は▼moreの部分を押して頂くと、隠れてしまった部分が出てくる可能性があります。
[ 続きを読む ]

文豪とアルケミスト オーケストラ演奏會 感想

2018年12月02日

 ※上記画像はAmazonアソシエイトを使用しております


 2018年8月19日にサントリーホールで行われた、Music 4Gamer #3「文豪とアルケミスト」オーケストラコンサートが満を持してCD化しました。
 コンサート内でCD化が発表されたときの大歓声と自分の中の荒ぶりも今も思い出せるほどなのですが、本当に素晴らしい演奏会だったゆえにこうしていつでも聴き返せるという機会を作ってくださった関係者の皆さまのご尽力にただただ感謝するばかりです。本当に素晴らしいコンサートでして、他に言いようがないくらいなんです。語彙力に乏しく伝えられないのがもどかしすぎるのですが、とにかく極上の時間であり空間でした。その言葉でも足りないくらいです。

 ブログ内関連記事:Music 4Gamer #3「文豪とアルケミスト」オーケストラコンサート感想
 http://jory1999.blog55.fc2.com/blog-entry-2427.html

 コンサートのあとに感想を書きましたが、ただただ感動していて細部までの記憶がなく、CDで落ち着いて何度も聴けるようになり、「あ、こういうアレンジしてましたね!」という感じで思い出せるのもとても嬉しいです。
 また、こちらのCDは作曲者である坂本英城さんがサントリーホールのあの響きの再現をとてもこだわったという発言をされており、聴けばすぐにそれらがありありと分かるというCDです。音の始まり、そしてあのサントリーホールの空間に消えゆくその瞬間まで美しい、それらがとても分かるのも嬉しいです。


 発売日を迎えるまでひたすらリピートしていた視聴動画もございますので、文アルは分からない…という方でも是非お聴き頂けたら坂本さんファンとしてもとても嬉しいです!
 また、ブックレットにはコンサート会場で購入できたパンフレットの楽曲解説から一部加筆修正が加えられたものになっております。こちらもまた必見ですね!


 以下、感想です。
 ★が付いているのは特にお気に入りの曲です。
[ 続きを読む ]