フロンティアゲート プレイ日記15

2012年01月25日

 やっとこさ手記が集まりました!
 今回はラニ・ラトのお話の途中までです。あとクロトキのお話もクリアしました!
 ラニ・ラトいいキャラクタですよねぇ。こういうキャラにグッときます!

 2月15日に攻略本である、フロンティアゲート 公式コンプリートガイドが発売するみたいですね。
 買うかどうかは悩み中です。サントラはかなり欲しいです!Storeで単曲買いも出来るので、吟味して選ぶのもアリですね!

 以下ネタバレなので追記に。



 次はラニ・ラトと組みました。
 裏通りへ久々に行くと、ウツギたちは出発したみたいですね…。しかし裏通りの方々にウツギは親しまれてますねぇ。本当に人がいいというのが伝わってきます。
 ラニ・ラト指定の長の証3★★(Lv30~)をやると、少し用があると言われました。この前助けたウサギっぽいモンスターは元気になったみたいですね。爺が、若が礼を申したいと~と主人公に言った瞬間、「言ってない」とか!!またまた笑ってしまいました。
 しかもその後はしゃぐモンスターに、「こら、マウル!駄目だろ?」と一気に別人のようにデレるラニ・ラト。めちゃくちゃ主人公が目の前にいますが…というわけで固まってしまいます。その後すぐどっか行ってしまうという、非常に萌えるイベントでした。ご馳走様です!
 しかしマウルも怪我が治れば野に放つ。それを理解した上で可愛がっていると話してくれました。そんな自分たちを野蛮かトワレ、そうは思わないと答えました。人間ですらそういうことがありますしね。一旦関係が変われば、それは野蛮でも何でもないと思いますし。

 その後、長の証4★★(Lv32~35)をやりました。出発するといきなりイベントが。ノトス族の中年の方が来て、協定国の人間と組んで集めていいと思っているのか?と。しかしそれが指示だと答えるラニ・ラト。それでも引かない男性は、次期長ならこんな奴斬っちまえ!拠点に首でも放り込んでやればいいとまで言ってきました。そこまで敵対意識をもたれているとは…。動かぬラニ・ラトに、なんなら俺がやってやると、大ピンチになりましたが、退けと厳しく言う姿に、男性も納得はしていないようですが帰ってくれました。
 「…すまない」と詫びてくれましたが、ラニ・ラトの兄も戦いでやられているみたいですね…。
 証を手に入れると。さっきの話の続きをしてくれました。
 ノトス族は10年前まで協定国と争っていた。しかし負けてしまい奥地まで引っ込む事に。そんな中、転機が訪れたのはこの間。今の長が交易を持とうと言い始めたのだそうです。他の部族を見て考えを改めたようですが、しかし皆にとって協定国は憎い敵。多くの仲間が殺され、簡単には考えを変えられないと…。
 「そうして何人かと組み、やはりダメかと諦め…。そしてお前と組んで──。……。余計な話をした。戻ろう」
 こう話してくれました。少なからずラニ・ラトも協定国の人間全てが憎いわけではない、と思ってくれたでしょうか?この間の演出がとても引きこまれました。

 戻ると爺に早速謝られました。しかしやはり戦いを思い出せば憎い。それでも進まなくてはならないときがある。ラニ・ラトも以前は荒れていたようですが、自分の想いには蓋をして部族の未来のために歩もうとしていると。それだけでもう長の証が立派にありますよね。
 そんな話をしているときに、マウルを知らないか?とラニ・ラトが。広場に出てしまえばモンスターですから、大変危険です。間に合ってくれ、との思いもむなしく…
 こういうイベントは自分にはショック過ぎます…動物ネタは本当にくるんですよねぇ…悲しい結果になってしまいました…



 ラニ・ラトがパートナーから外れたのでエミリオと組みました。今はクロトキもニケもアーシャもラニ・ラトもおりませんし拠点は寂しいです。ラニ・ラトはいるんですけどね…。
 ラスボスのためにもエミリオと素材集めもしていますが中々拾えず悲しいです…。手記11は入手できたので、手記は全て集まりました。

 戻ってくるとイベントが。客人と面白い贈り物?なんだろう?と思っているとクロトキですよ!!!!生きてたんですね!!!本当に嬉しいです!!
 駆け寄る主人公に、「本当にお前は犬だな…」とクロトキが。嬉しいです。犬でもなんでもいいですよ。あのイベント思い出せば!
 どうやら村の住人のお陰で生き永らえたそうです。そしてマスターがウツギからの伝言を読み上げます。クロトキという男は死んだ。後は好きにしろ。そして倭文国に帰りたくば、自力で何とかしろというものでした。ウツギはお金も全て持っていったようですね。
 「チッ!──まあいい。今はあの人に譲ってやるさ。だが、もし倭文国の進路が奇妙な方向へと傾いたならば──。俺はまた、あの人を討ちに行く」と。そして「だからお前、もう少し付き合え。お前は俺の駒だろう?」と素直じゃないですねぇ!でも嬉しいです。そして猫かぶりは止めたんですね(笑)
 人物紹介を見て爆笑しました!目を開けたまま気を失えるとか!!(笑)
 会いに行くと、「まあ…お前にも心配をかけたようだしな。倭文国人は、礼儀にはうるさいんだ。だから…黙って受け取れ。いいな?」とツンツン状態でレシピをくれました。素直じゃないですねぇ!!可愛いです。
関連記事
スポンサーサイト


コメント

  1. 澪 | URL | -

    クロトキ生きてたんですね!
    よかったです(^^♪
    ラニ・ラトが早くパートナーになればいいなと‥。
    究極のツンデレですねe-420
    モンスターと触れ合うなんてかわいすぎです‥。

  2. マリー | URL | 1JkepbtE

    澪さん

    生きてましたよ~!!
    というかこのクロトキとの別れのイベントは凄くかっこよかったので、もう一度見たいです!
    この熱さは半端無かったですねぇ。

    ラニ・ラトがパートナーに早くなりますように、と願っておきます。
    すんごくツンデレですが、とても素敵な人です。
    モンスターと触れ合うときの台詞は可愛かったです。本当別人でした(笑)
    小西さん凄いな、とも!

    それにしてもクロトキもラニ・ラトもツンデレですね!!

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)