タイバニ 9巻 オーディオドラマ#9感想

2012年01月27日



 いよいよ最終巻である9巻が発売されました。
 桂氏のかきおろし収納BOXもとてもカッコイイです
 し、BDジャケットの最終巻を飾るのは、なんとルナ
 先生
ですし!
 早速収納BOXに全部入れました。が、2つ程DVDなの
 で隙間があるという…。

 そしてそして信じられないのが、これで最終巻ということ
 ですよ。毎月の楽しみが1つ減ってしまいましたが、4月
 にはHERO AWARDS 2011のBDも発売しますしね。
 こちらの特典のスリーブケースのイラストのタイガーと
 バーナビーもとってもかっこよく、全ヒーローverが見た
 くなりました。


 さて9巻ですが、タイバニのオーディオドラマというと毎回大爆笑だったのですがシリアス目です。
 というより何より、遊佐さんドSの意味がめちゃくちゃ分かりました(笑)
 遊佐さん無双すぎます!!

 以下、MONTHLY HEROとオーディオドラマ#9「楓の自由研究『わたしたちのヒーロー』」の感想です。
 ネタバレなので追記に。



MONTHLY HERO

 最後のMONTHLY HEROで一番感動したところは、裏表紙でした。
 HERO TVのロゴの下にOP最後のように全員のヒーローたちがいる立ち絵なのですが、光の効果といい何よりとても素敵でした。やっぱりヒーローたちが大好きだな、と再確認ですよ!

 内容はと言えば、マーベリックの悪事が市民にどのように伝わっているか、という感じでした。
 タイガーの素顔は鮮明ではなかったものの、HERO TVでやはり映されたようですね。そして、指名手配犯の鏑木・T・虎徹に似ているとの声も一部で出ているとかなどなど。

 そして一番驚いたのがルナ先生の身長ですよ!!ひょろ長いのかな~、キースと虎徹の間くらいかな~なんて思ったら牛角さんの次にデカイじゃないですか!!188cmとか…。
 アントニオ(191cm)>ユーリ(188cm)>ネイサン(186cm)>バーナビー(185cm)>虎徹(180cm)>キース(175cm)>イワン(170cm)>カリーナ(161cm)>パオリン(157cm)
 これだけ高身長ですと、お風呂上りのルナ先生とバッタリ会ったらほとんどの人がビックリするんじゃないですかね。



オーディオドラマ#9「楓の自由研究『わたしたちのヒーロー』」

 今回のオーディオドラマは楓が主人公となって動くお話でした。
 時期としては、タイガーとバーナビーが引退し、虎徹が家にいる頃の夏のお話です。その半年後くらいに最終話のあのシーンということですかね?
 夏休みの自由研究としてヒーローのことを調べることにした楓は、まずワイルドタイガーにインタビューします。
 しょっぱなからデレッデレの虎徹が聞けますね!まずはテーマを褒めております。そして、インタビューを開始。
 ヒーローをやっていて大変だったことは?の問いには、年齢のことをあげます。そして所詮はサラリーマンであり、スポンサー様には逆らえぬと。夢のない話を続ける虎徹に、ヒーロー目指してる子も学校にいるんだからと反論すれば、誰だってヒーローになれると。
 「心の中で思い続けている限り、ヒーローに誰でもなれる」
 そう虎徹らしいことを述べますが…。

 駄菓子屋のおばさんからコピーしたワープ能力でシュテルンビルトのトレーニングセンターにやってくる楓。
 そこで各ヒーローたちに取材をしようとしたみたいです!
 まずはスカイハイにインタビューです。しかしいきなり質問の内容が、恋人はいますか?というプライベートな内容!!
 以前監督か西田さんかのインタビューで、オーディオドラマでロックバイソンとスカイハイが報われる云々お話していたというのが記憶にあります。前回、シナリオ上でアニエスさんと両思いになれたロックバイソン。スカイハイは?と言えば…。
 「好きな人ならいるよ」と!!会えなくなってしまったが、TVで活躍を見てくれていると信じていると述べていました!おお!こういうことだったのですね!
 一緒にいた折紙には、折紙探しが学校で流行っているとのことに喜んでいました。折紙探しは面白いですよねぇ。タイバニ関係のものを見ると、どこで見切れているか探してしまうファンが多いかと!
 
 お次は辛かったことを質問しておりました。
 スカイハイはやっぱりスランプが大変だったみたいですね。なんでも完璧人間かと思えば人間味溢れるというのが分かった意味でも、15話は印象的ですね。365日ベストコンディションを保つのは大変だと言っていました。毎日カレーとフランスパンと目玉焼きなのでしょうか?
 折紙はブログの炎上を挙げていました。あのときの折紙先輩はネガティブ全開でしたしね!!そのときは楓ちゃんのお父さんに救われたとも告白。それを受けてスカイハイも、彼は素晴らしいヒーローだったと絶賛を。久々にワイルド君が聞けて嬉しかったです!

 そして楓は二人に賞状を。
 スカイハイにはいつもパトロールご苦労様です。やっぱりキングオブヒーローです!とか!!バーナビーのKOHも嬉しいですが、キャッチコピーでもあったスカイハイのKOHが聞けたのも凄く嬉しいです。
 このあと、いつも通り感謝の言葉を述べようとしますが、「ありがとう、そして──」でさえぎられました(笑)
 折紙には、最初はよく分からなかったけど、色々凄い人だと!!それにしても敬語でない折紙が新鮮ですね。その後楓は次のところへ行ってしまうのですが、感謝の言葉を最後まで言えなかったスカイハイはちょっと落ち込んでました…(笑)

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 次に向かったところはなんとフンドシクラブ!!!小学生がいいんですか!?(笑)
 しかも「おしり凝ってるわねぇ」とか!!子供の前だぞ、と言われてますがお構いなく…さすがネイサンです。

 一番思い出に残ってることはなんですか?という問いに答えるのはファイヤーエンブレムです。というかここのBGMかなりカッコイイのですけど!!
 さて、思い出と言って高校生活の最後と言い始め、まさか…!と思っていたらまたマッケンローですよ!!7巻で大爆笑しましたが、この巻でも聞けるとは。あの後マッケンローとは結ばれたようですね。しかしスポーツ留学する彼に、待っているからと言うネイサン。しかしネイサンにはまたいい人がいると言い、アディオス!で別れる事に…。
 初恋が彼となってますが、初恋は西田さん設定だと家庭教師の先生ですよね?この辺はまぁご自由にということでしょうか?
 さて牛角さん!となりますが、時間が足りないとか!!!どんだけですかロックバイソンの扱い(笑)

 そして賞状のシーンへ。
 ファイヤーエンブレムにはカッコよくて強くてでも可愛いと!!思わずうるむファイヤーエンブレムに男が泣くなと言うロックバイソン。
 そんなロックバイソンですが、賞状が行方不明に!!しかもこういうポジションとか自分で言ってしまってるんですけど!(笑)これは報われなさすぎですよ!と思っていたら見つかりました。
 しかも、ピンチのときにいつも守っているヒーローという言葉に号泣!さっき男が泣くなと言っていたのはどこの誰ですか!ファイヤーエンブレムからもツッコミ入ってました(笑)

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 最後はドラゴンキッドとブルーローズです。
 ヒーローをやってて一番嬉しかったことに、キッドは仲間に出会えたことを挙げました。
 ヒーローになるため英才教育を受けていた彼女は友達があまりいなかったようです。そういう過去があったのですねぇ。でも、彼女の天真爛漫さは誰でもすぐに仲良くされると思います!老若男女関わらず。

 ブルーローズへの質問は、ヒーローと学生の両立は大変かどうかでした。
 両立はやはり大変なようですね。しかしだからこそいつでも支えてくれる家族は大切であると。
 そんな家族の話題に、キッドはタイガーに久しぶりに会いたいと!そこに楓がどうして好きなのか?を尋ね慌てるブルーローズ!!そういう意図ではないのですが、勘違いしますよね。
 楓は変なぬいぐるみを買ってきたり、と言いキッドもうちもそうだよ~と盛り上がりますが、本編より悩める恋の乙女という感じなブルーローズが、それだけ相手のことを想って時間をかけて選んでくれたということを!かなり色々なことを悟った感じですね!何よりこのしゃべり方が凄くいい感じです。

 賞状のシーンでは、まずキッドから。強くて可愛くて1番尊敬してると挙げ、ブルーローズには皆の憧れ、そしてこんな人がお姉さんだったいいのにと私も思うという本人からしたらドキッとする言葉が!!
 これはブルーローズは嬉しいでしょうねぇ。叶う事はないに近いかもしれませんが、何故か応援したくなり微笑ましくなる彼女の恋ですね。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 そんな中、PDAが鳴ります!どうやらセントラルパークにルナティックが出現したようです!
 ルナティックにも取材をしたいという楓が早速ワープを。
 どうしてこんなヒドイことばかりするのかなどなど、虎徹と同じ様なことを言う姿に、鏑木の血がそうさせているのかなどなど。ちなみにヒドイことという問いには、罪人に明日はないと淡々と述べていました。
 興がそがれたということで去っていったあとにヒーローたちが駆けつけてきました。
 やっぱり楓もヒーローに向いていますよね!トニーも資格がまだあるのであれば、是非この若い世代のヒーローシーンというのも見てみたい気がします。ちびっこヒーローとかとか。でも危険を考えると難しそうです。

 全員に取材が出来たものの、唯一できなかったのがバーナビー。
 そんなときに彼の声が聞こえてきますが、それは引退の言葉を述べる彼の再放送でした。
 14話のときのようにとても穏やかに喋るバーナビーが、なんと「心の中で思い続けている限りヒーローになれる」と虎徹と同じことを!!
 それでハッとした楓は、他のヒーローたちが皆タイガーのことをよく言っていたことを思い出し、かっこ悪いと言ってしまった事を謝ろうと。
 しかし謝ろうとすれば、取材だなんて他のヒーローに迷惑をかけるな!などなど叱責する虎徹。
 それを聞いて完全にプチッときてしまった楓はまたまた暴言を吐き閉じこもってしまいます。そのときに賞状が落ちたのでしょう。
 ”世界で一番強くて、優しくて、大好きです。もっとヒーロー姿を見ていたかった”
 そう書かれてあり、虎徹としては完全に自分の夢だと語っていたことが達成された形になりましたよね。このもっと見ていたいというのも復活に実は一役かったのかな?とも思ってしまいました。

 バーナビーの賞状もあり、一番特別なヒーローだよ。また会いたいと本音が綴られておりました。
 が、そこに間の悪い虎徹が謝りにきてバーナビーの賞状は…
 鏑木家はいつも明るい声が絶えず聞こえてきそうですね。近所に住んでみたい家庭かもしれません!
 それにしても、前半けちょんけちょんなタイガーでしたが今では皆が心から認めるヒーローですよね。ヒーロー全員がワイルドタイガーを讃える姿が見られて嬉しかったです。
 視聴者にもヒーローにも元気や勇気をくれた、皆のヒーローだと思います。



キャストコメンタリー

 正体は内緒の遊佐さんが司会を務める最終巻ですよ!!
 公式サイトで遊佐さんドS発言があり、なんだろう?と思っていましたが分かりましたよ(笑)本当にドSですね(笑)
 というわけでキャストの皆さんが自己紹介をするのですが、井上さんはやっぱりやってくれました!!
 「井上剛役のスカイハイです!」
 爆笑でした!!本当井上さんスカイハイ役がドンピシャだと思います。しかしせっかくボケたのに何もなく普通に続けて自己紹介をする岡本さん!!終わった後に遊佐さんにツッコミもらってました(笑)

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

日高里菜さん
 初参加はやっぱり楽しかったようですね!というか地声も楓の声に近いんですねぇ。仲直りシーンなどにはうるうるでした!と。そこに平田さんも混じり、オリエンタルタウンのNEXT率高いな、という話が(笑)
 虎徹がハンドレッドパワーですし、どこかに磁石の人もいますし駄菓子屋のおばちゃんがワープと!!発生の地ですか!?(笑)

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

井上剛さん
 今回全部「なんつって」に持っていかれましたね!!(笑)
 「とりあえず最後のスカイハイかな~なんつって」
 なんつってブーム来てますね。そしてなんつって!!なんつってばっかりで爆笑でした。でも「そんなに面白くない」とバッサリ遊佐さんに斬られますが(笑)
 本編感想ではUSTでみんなで盛り上がってるなんつって!!です。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

岡本信彦さん
 遊佐さんに、まず貰えるところ(作中での賞状を)からギリギリの線とか!!(笑)ドSぶり発揮しまくってますね!
 そしてスカイハイとよく一緒にいるということに触れており、一番好きなヒーローでスカイハイを挙げていました!好きな所は、よく分かんない所だと(笑)
 井上さんはどのキャラが好きか?と振られて、「嘘でもいっておくべきだよ」というツッコミにより「折紙サイクロンという方…」とか!このぐだぐだっぷりも最高です。
 岡本さんは折紙の上位互換という楓の能力がライバルとあげましたが、「外見だけだもんね」という遊佐さんの鋭いツッコミがまた(笑)

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

楠大典さん
 ロックバイソンのあとのマッケンローが大変だったと言ったら、「自然でしたよ~」とまた遊佐さん!!
 本編でも思い残したことは無い、そして縁の下の力持ちとかいつも角に刺さっている感じとか!!
 この辺りで遊佐さんのことを怖いと言うキャストさんたち!しかし遊佐さんは今でも緊張でガクガクですとかどこからどう見ても嘘なことを淡々と(笑)

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

津田健次郎さん
 アドリブ採用されない日は家で泣くとか遊佐さんがまたまた話をねじ込んできます!
 ついには「自由に言ってみたまえ」とまで(笑)遊佐さん無双じゃないですか!!
 そしてマッケンローのことに。遊佐さんがあまりマッケンローのことを知らないと言い(オーディオドラマのみのキャラなので)津田さんは「世界的に有名な方です」とか!!全編通してもマッケンローが一番好きですとかなんとか(笑)

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

寿美菜子さん
 久々にみんなで集まれてよかったと!そしてキッドと距離近くてよかったとも。あとは虎徹との距離感のことで、遊佐さんがまた「そういうときに回りにいる優しい男にね」とか!!それはブルーローズじゃないかと(笑)寿さんはピュアなブルーローズ推しですね!
 全編で印象に残るお話は5話だと!!あれは本当に最高なお話だと思います。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

伊瀬茉莉也さん
 こう見えてファザコンと告白した伊瀬さんは、この手の話はキュンキュンだと!!なので、賞状ネタを使おうと仰っておりました。が、すかさず「何が欲しいの?」と遊佐さん!!そんな取引的なことはという感じでしたが、最後は高級バッグをとほぼ無理矢理感満載な感じで仰り、「正直な人が大好きです」との遊佐さんの〆が入りました。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

遊佐浩二さん
 温かい人たちに囲まれてと言いつつ、初めて参加したとき誰も世界観を教えてくれず収録に臨む恐怖感、マイクの位置を森田君に聞いたらアバウトな位置で「本番は変えますから」とそんな収録だったと!!!(笑)
 それに加え、「ロックバイソンの前で言うのもあれだけど、もっと出たかった」とか!!(笑)
 司会をやっているときにルナティックなキャラを全く出していないとご本人が仰りましたが、皆さん一斉に「ドSな所は一緒」と!!本当ですよ。とんだドSですよ(笑)

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

森田成一さん
 みんな生なのに自分だけ再放送ということになりましたが、バーナビーの変化が出た台詞だったと仰っておりました。
 かっちり決まっていることしか言わなかった彼がそうでないことを言えるようになったと、その他もろもろかなり深くバーナビーを読み込んでおられる感想を。森田さん本当真面目な方ですよね。
 本編ではバーナビーはジェットコースターのようなもので、安心するときがなかったとか!確かにとにかく色々なことが舞い込んできてましたしね。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

平田広明さん
 やはり楽しかったと!そして全編通してあっという間だった、オーディオドラマだけでも続けたら?とか!!
 印象的だった話は、寿さんと同じく5話みたいですね。5話の面白さはやっぱり凄いかと思います。何度見ても飽きないと!!
 最後にはタイバニスピンオフの「折紙&なんつって」とかどう?とか!!!!折紙と井上君じゃないですかと遊佐さんツッコミもばっちり入りました。



 最終巻は、オーディオドラマもキャストコメンタリーも最長ですよ!!
 キャストコメンタリーは特に爆笑でした。オーディオドラマも短いながら、各ヒーローの味が出たお話でとても楽しめました。
 伊瀬さんも挙げておりましたが、日常回ももっと見てみたいです!でも1話のような逮捕劇も見たいです!
 次はAWARDSの発売が待ち遠しいです。そして劇場版はどうなるのか!?
 本編は終わってしまいましたが、これからも変わらずタイバニを応援し続けたいです。
関連記事
スポンサーサイト


コメント

  1. ハク | URL | -

    >駄菓子屋のおばさんからコピーしたワープ能力
    吹いたwww
    本当にご近所さん「NEXT」多いんですね

    >ブルーローズには皆の憧れ、そしてこんな人がお姉さんだったいいのにと私も思うという本人からしたらドキッとする言葉が!!
    しかし、彼女が狙うのはあくまで義母の座
    そう考えるとブルーローズの野望は成就しないフラグに見えなくもない

    総じて楽しそうなものですね
    いや、俺の記憶の中にあるのは全部そうなんだけど
    それにしてもあの間にこんなイベントがあったんですねぇ
    これは確かに身体に鞭打ってもヒーロー続けちゃいますなwww

  2. マリー | URL | 1JkepbtE

    ハクさん

    平田さんもすかさずツッコミ入れてましたよ!人口密度の割にNEXTいっぱいと!!
    しかしワープ能力とか便利すぎですよね!

    仮に母親の位置につけたとしても年齢的に、お姉さんという感じなのでそういう意味で考えるとありと言えばありですが、あれだけ指輪をはめていますし、楓にとっても母は友恵さんだけでしょうし、難しいところですよね!
    というか第一であり最大難関は、虎徹が気持ちに気付くかどうかか!?と思えてきました(笑)

    今回のお話も笑いあり、涙ありととてもいいお話でした!
    ヒーロー皆が仲良しで、これだけ想われてるのですし鞭打ってでも続けますよね!!
    むしろオーディオドラマのをOVA化したのも見てみたいです!

  3. マリー | URL | 1JkepbtE

    拍手レスです。

    はるさん

    最後のCD感想になりました!寂しいですが、本日1巻の感想もあげました~!
    これで本当に最後になってしまいました…。
    どんなお話か気になりましたらそちらもどうぞ~。高校生時代の虎徹とアントニオも面白かったです。あと奥様との出会いも!

    駄菓子屋のおばちゃん凄過ぎですよね!
    ワープを使えるのに駄菓子屋を続けるとは…!宅配屋さんを個人でやれば結構いい感じになりそうですが(笑)

    キャラソン楽しみですよね~!!
    Amazonで予約したのでいつ来るのかが分かりませんが、届いたら感想書きたいと思います!はるさんのおねだりだなんて、そんなの嬉し過ぎるではないですかー!
    バーナビーのがどこまで弾ける感じになるのか色々な意味で期待です(笑)

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)