コミカライズ タイバニ1巻 感想

2012年03月02日

TIGER & BUNNY (1) (角川コミックス・エース 361-1) 榊原瑞紀氏による、タイバニのコミカライズの単行本1巻が2月に発売しました。
 表紙を見ても分かると思いますが、アニメと同じ様にヒーローたち皆がかっこよく、そして可愛いです!シュテルンビルトという凝っている舞台も綺麗で丁寧に描かれていてとても読みやすい漫画でした。線が細く、つるっとしたトーンの使い方がとても好みです。

 1巻には4話収録されており、アニメで言えば2話分です。
 気が早い話ですが、1巻が虎徹なので2巻はバーナビーが表紙でしょうか?今からキース表紙が楽しみです(笑)


 お話と言えばアニメをほぼなぞりつつ(カットされたシーンも勿論アリ)、オリジナル要素や描かれなかったシーン(アニメで虎徹目線だったところが、漫画ではバーナビー目線等…)が描かれています。テンポはサクサク目ですかね?
 読んだ感想としては、虎徹とバーナビーの二人をかなりメインに。アニメとはまた少し違った形での対比などが楽しめました。特にバーナビーは最初からかなり柔らかいです。なので今後二人の絆がどうやって描かれていくのか、というところが非常に楽しみな部分になりました。
 ヒーロー全員も最初はライバル!という感じではなく、協力的です。なのでコミカライズでしか見られないヒーローたちの協力シーンもやっぱり楽しみなところです。

 記事とは直接関係ないですが、第6回声優アワード主演男優賞に平田さんが!受賞おめでとうございます!!これは凄く嬉しいですね~!!

 以下、各話の感想です。ネタバレなので追記に。アニメのネタバレも含みます。



#1
 アニメにほぼ忠実なので、1話のスタートと同じくシュテルンメダイユ地区での強盗事件からスタート。
 HERO'S BARではHERO TVの始まりに一気に歓声が。中でも人気のブルーローズへの声援は凄いですね。が、男は黙ってスカイハイという台詞に燃えました!スカイハイカッコイイです!!
 警察が犯人たちを追う中、真っ先に駆けつけたのはブルジョワ直火焼き、ファイヤーエンブレム。アニメでも放ったファイヤーボールで攻撃します。そしてその中、強盗犯たちの車を止めるのはロックバイソン。
 ここでロックバイソンが出てくるシーンではファイヤーエンブレムが「あらやだ」とか「んもう」と、美味しいとこ取りされたのを感じさせてくれる台詞があって良かったです。
 その後はお馴染み、角が抜けなくて犯人を逃し、犯人たちが逃走しているところをキッドが逮捕。そして見切れる折紙!!ちなみにロゴがないので、社名が入っております。その後アニメでは後ろを向いてロゴアピールでしたが、漫画では正面になっていましたね。

 その後モノレールがハイジャックされ、タイガーが登場。が、市民からはやはりボロクソ言われてしまっております…。
 ハンドレッドパワーでかなりやらかしますが、飛行船辺りのところでなんとバーナビーがその様子を見ております!!オリジナルシーンですね。斎藤さんがオペレーターも兼任しており、合図を出すとか。斎藤さん大活躍じゃないですか!しかも最初からマイクなので声はでかいです(笑)
 さて、ここからはスカイハイがいよいよ登場に!!市民と同じく自分も待ってました!と。アニメでも好きな「あのヤロ、おいしい所で出てきやがって」というタイガーの台詞があったのは嬉しかったです!
 が、「無駄な抵抗はやめろ」という犯人の言葉そのまま真似がカットされていて残念でした…。漫画では表現し辛い部分かもしれませんね。
 その後人命救助し、残りの犯人をタイガーが捕まえようとしますが看板激突(笑)榊原氏のタイガーはどんなときでもセクシーなのですよね!!凄く線が色気があると言いますか。タイガーファンにはたまらないんじゃないかな、と思います。

 ブルーローズの華麗な救出もあり、そしてローアングルからの美尻がとてもたまらないコマがありの美味しいシーンもきちんと料理されております!そしてキューティエスケープはよりあざとく(笑)そのアングル大胆な!という感じでした。
 こうしている間もバーナビーはしっかり追っています。斎藤さんからの合図が出るのですが、タイガーのことをロートル呼びですよ(笑)さすが1話のバーナビーと思ってしまいました。
 合図のあとは見開きでお姫様抱っこを!!このシーンはかなり魅せてくれましたね~。そしてタイガー可愛いです。P40で投げ捨てられるのですが、そこが特に可愛かったです。

 その後の表彰式では、アニメでは見切れていた折紙先輩のポイントが公開に!!480ポイントだったんですか先輩!3桁なのは見切れで分かっておりましたが、MVPであるスカイハイの12730ポイントと凄い差です。それでもカードが3番人気というのが折紙先輩の凄いところではないでしょうか。コアなファンがたくさんいそうです。カード大人買いしてくれるファンとかとか…。
 打ち上げではロックバイソンの電話シーンもあったのですが、ここで「こ…タイガー」になってましたね。いつも虎徹呼びですしね、ロックバイソンは。それからファイヤーエンブレムのセクハラシーンもちゃんとありました!!あれは外せないですよね(笑)触られた瞬間のロックバイソンが可愛かったです。
 キッドの食事シーンも、スカイハイの「感謝します。そして感謝します」もありましたが、ヘリペリデスファイナンスCEOが敬語ではなくなっていましたね~。折紙先輩はいつも通りでござる。
 と、アニメならこのまま~ですがコミカライズではバーナビーのシーンが追加に。既に色々な方からお声をかけてもらっていたり、写真に映ったりと出だしは絶好調ですね!ここでのバーナビーと虎徹の明暗というか対比のシーンが凄く印象的でした。期待の新人であり優秀なバーナビーと、落ち目を迎えつつある冴えないヒーローである虎徹。それがまさに見て分かるコマでした。

 このあともオリジナルの展開でロイズさんがバーナビーにコンビを組んでもらうというシーンに。アニメでは虎徹でしたが、漫画ではバーナビーです。
 相方はいらないと断りますが、既に所属ヒーローです。それにしても社長の肝いりであり、他と違う売り出しなどなどバーナビーには最初からかなり力が働いているなぁ、と改めて思いました。コンビであり、顔出しであり、本名であり…注目は凄いでしょうねぇ。スカイハイ独走が続いたHERO TVに間違いなく新風を入れることになったと。
 1話はここで終わりということで虎徹のリストラやベンさんとの話し合いはカット。ベンさんはまだ1度も出ておりません。それから風船が飛ばされて困った子供のシーンもカットに。ベンさんは重要になるだけに、いつ出るのか楽しみです!

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
#2
 白衣の天使斎藤さんに出会うのは虎徹ではなくバーナビーに。あの聞こえないシーンもバーナビーになっています。
 そしてなんとバーナビーが斎藤さんにも笑顔を!営業スマイルを社内でもついに…!(笑)

 2話ということで、アニメと同じくスティールハンマー像が動き出します。ここの歩くシーンがすんごいド迫力です!!
 というわけでヒーロー出動要請が。各ヒーローたちの私服シーンが少し見られます。ここで、あ!いいな!と思ったのはネイサンのPDAの嵌め方です。所作を美しく見せるため、腕時計を内側にする女性は多いですがそれをPDAで実践するネイサン!!さすがです。このコマは凄く印象的でした。
 ちなみに折紙のみコマ外です(笑)

 1話でリストラシーンがカットされたので、出動しながら虎徹が軽く説明するという風になっていました。
 しかしここでバーナビーは、愚痴が多く、過去の自慢をし、経験が全てだと思い込んでいるダメな大人の典型だとタイガーを腹の中で思っています。が、ここで素直に前回のことを謝るタイガーに少しは見直そうかと思ったのですかね?でもそこはタイガーです。バーナビーのことを、バーナビー・ブロックスJr.とか……あーあ…ですね(笑)

 HERO TVスタートと同時にブルーローズの登場と折紙の見切れが!!「かたじけない」のシーンもあって美味しかったです。
 バーナビーとタイガーはやはり主役なので、決め顔シーンからワイヤーで絡まるシーンもしっかりがっちり描かれています。しかし変顔はなかったです(笑)
 危うくハンマーに倒されそうになるも、動きがとまったお陰で命拾いしますがここでそろそろバーナビーの怒りも爆発してきたようです。きっぱり、ダメな大人の見本を先輩でもあるタイガーに言い切ります。挙句、「邪魔なんで」とまで言って一人で行動するバーナビー。これで怒らず、見捨てないタイガーの心の広さがすごいですよねぇ。
 というわけで犯人探しへと一人赴くバーナビー。そこでポスターを破る子供に遭遇。ヒーローを見て逃げ出すところを見て、ピンと来たようです。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

#2-2
 動かない石像を流し続けているのかと思えば、ブルーローズの新曲ステージなども流していたんですねぇ。さすが敏腕プロデューサーのアニエス女史です。
 会社に戻った虎徹は楓との電話をしているのですが、ここで斎藤さんがネタに(笑)
 そしてここでまたまた出動要請が。バーナビーはロイズさんとスーツ内での通信で会話していますが、コンビで出動が相当嫌そうですね。ロイズさんは虎徹に”補佐”と言い聞かせたそうですが…。アニメでは引き立て役、としっかり言ってましたしね(笑)
 会社前できちんと相棒を待つバーナビーですが、名言「僕の人生の3分をあなたが無駄にしたこと。一生忘れません」はきちんとありました(笑)ヒーローアカデミー時代、彼はどうやって過ごしていたのか。ずっと仕事用スマイルで過ごしてきたのでしょうか!?

 動いている石像に子供がいるということに気付くタイガー。バーナビーはやはり、と言いますがその時に何故保護しなかったのかと口論に。中継が入っていないのに、という理由で保護しなかったバーナビー。危険になる前に保護したいと思っていたタイガー。風船のシーンがなかったので、ここで初めて各々の考えの対比が出たという感じでしょうか。
 「信じていません」「コンビなんて組みたくなかった」そうはっきりとも伝えます。どんなときでも虎徹は優しさを忘れないと、さとう監督が仰っているのを改めて感じるシーンだなと思いました。ここで怒ったり、コンビ解消だ!になったらそもそもタイバニにならないのですが…。ここのシーンはタイガーの魅力を改めて感じることが出来るなと思います。

 レジェンドとの回想シーンがカットされ、バニーちゃんと初めて呼ぶシーンに。お耳を動かすタイガーやっぱり可愛いです!
 そうこうしている内に、ライオン像が動き出してしまいました。アニメではここからはいなかったヒーローたちも活躍します!
 が、そのまえにロバートさんですよ!!!!!まさかロバートさんがここで拝めるとは!!イケメンです。カリーナちゃん健在です!4話への伏線でしょうか?ブルーローズはかなりやる気がないです。しかしアレってなんでしょう?

 バーナビーと言えば、補佐のはずのタイガーが補佐するはずのバーナビーを全く無視して先に行ってしまったところが。アニメでもシュールでしたが、漫画でもシュールです。
 さて暴れているライオン像を止めるべく動いているのはドラゴンキッドとファイヤーエンブレムです。この時点で既にヒーローたちが協力的ですねぇ。
 このライオン像は文化遺産なので傷つけてはいけないとの指示が。ファイヤーエンブレムの炎では割れてしまいますし、キッドの雷でも壊れてしまいます。そこにまったく話を聞いていないロックバイソンが猪突猛進でドリルを…!となる前に、「アンタおやんなさい」とファイヤーエンブレムがキッドに命令を!!(笑)
 キッドの電撃をいきなり食らったロックバイソンは大丈夫だったのでしょうか?(笑)そして見切れる折紙先輩…
 ちなみにロバートさんが言っていたアレとはキューティエスケープのことだったのですね!
 そしてそして待ってました!!スカイハイです!!しかし爆笑でした。石像に向かって、「止まりなさい!そして!止まりなさい!」とか!!(笑)本当に可愛いキングオブヒーローです。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

#2-3
 トニーは学校ででしょうか?いじめられたいたようですね。ヒーローにもなれないネクストは気持ち悪いと…。
 バーナビーを置いて駆けつけたタイガーは、トニーに話しかけます。そして今までその石像が通ってきた道を振り返ってみなさいとも。道路は壊れ、車はぺしゃんこになっている様を見て動揺するトニー。しかし、ヒーローに自分の気持ちなど分かんないと言って更に進んでしまうことに。
 このときバーナビーも動き出していたようです。斎藤さんのオペレーターぶりも板につき、今までの情報とポスターのスケートを照らし合わせて犯人の目的地へと動き出します。ここからはバーナビー目線なので、楓を助けたところになりました。アニメではタイガー目線だったので、合わせて読むと面白いですね。

 トニーとアイザックの言い合いですが、アイザックはヒーローは別だよカッコイイしとネクスト差別の一部を撤回します。
 しかしそこにタイガーが「同じだ」と言います。レジェンドとの出会い、そして己の信じる言葉になっているものを伝え、君の力は凄い。その力をどう使うかだと諭します。アニメでもとてもいいシーンでしたが、トニーのタイガーを見つめる目や表情はやっぱりいいですね。トニーにとって間違いなくタイガーは最高のヒーローだと。

 そんなときにスケートリンク場自体が落下してきそうに!!ここで真っ先に駆けつけるのはカタパルト発車されるロックバイソン!!しかし高いところが苦手なはずが楽勝そうですね!!
 しかも市民に「いいぞーロックバイソン!!」とか!!!これはロックバイソン初めて報われたというか大活躍じゃないでしょうか?!嬉しいです!
 コミカライズではブルーローズが氷で支えますが、重さで支えきれないというシーンになっていました。ちなみに「とーう」と飛んでいったスカイハイは丸々カットでした(涙)
 タイガーが次いで駆けつけ、トニーに協力を仰ぐところは同じですが、迷うトニーに対し手を差し伸べるのはなんとバーナビー!!これは意外な展開でした。既にここでもう結構優しいというか柔らかくなっているんですねぇ。だからあの風船シーンをカットにしたのですかね。あれがあったら数時間で心境の変化が出たことになりますし。
 しかも「あんな甘い男」とマーベリックさんに言うシーンもカットになり、自宅ではレジェンドと虎徹が解決した当時の新聞記事を読んでなんと微笑んでいます!!
 が、家族の写真を見て眉間に皺がより「ウロボロス…」と忌々しげにつぶやくバーナビー。
 というところで1巻は終わりでした。



 現在どこまでお話が進んでいるのかわかりませんが、是非2巻にも期待したいです。
 コミカライズのタイバニがどういうお話や世界を作っていくのか、それがとても楽しみです!特にバーナビーが既に軟化しているので、大好きな5話とかが一体どうなるのかなどなど。
 アニメで虎徹目線だった部分をバーナビーの目線でコミカライズでは見れるという側面もあり、2巻発売もとても楽しみです。
 あとスカイハイさん出れば嬉しいです(笑)
関連記事
スポンサーサイト





コメント

  1. ギブ | URL | -

    ちょっと、こういうのは書かないでくださらない!?

    日本に帰ったときに読まないといけない漫画が増えるじゃないの!


  2. マリー | URL | 1JkepbtE

    ギブたん

    ふはははは!!
    是非読むがいい!そして読むんだーーー!!
    特に虎徹さんがカッコイイですよ~!

  3. ハク | URL | -

    あ、そういえば出てましたね、この漫画
    先月みかけたのですが財布と相談して諦めたのでした
    さっき本や行った時に買っておけば……
    今月は買う漫画が少なそうなので近いうちに購入しようと思います
    楽しそうですし

    >斎藤さんがオペレーターも兼任しており、合図を出す
    斉藤さん出世しましたね
    ベンさんが不在の分一人でがんばるってことでしょうか?

  4. ハル | URL | Gel/0dxs

    お邪魔していますー^^
    マリーさん、感想書くの上手すぎですよ!!これ気になっちゃったじゃないですか!
    追記部分は読んでいませんが、紹介の部分だけで・・・気になります。
    妹は買っていなかったと思うので・・・・とうとう私が搾取されるのでしょうかっ!(ガクブル
    一度紐を緩めたら止まらなそうで怖いです。
    最後に平田さん、おめでとうございます!!

  5. マリー | URL | 1JkepbtE

    ハクさん

    そうなのですよ、出てたのですよ~!!
    >さっき本や行った時に買っておけば……
    是非、次回本屋さんへ行ったときには…!
    1話はアニメの時点でたくさんのことが凝縮されているので、漫画となるとカットされるシーンも多くそこは残念でもありましたが、P数決まってるでしょうし、コミカライズってやはり凄いな!と。
    カッコイイ&可愛いキャラクタたちも堪能してくださいませ~。レビュー楽しみにしております!

    >斉藤さん出世しましたね
    ビックリしました!!こういうことをしていたのか!と。
    ベンさんはいつ登場になってどういう展開になるのか気になる、実に気になる。

  6. マリー | URL | 1JkepbtE

    ハルさん

    ハルさん、こんにちは~!!
    いえいえ、赴くままに書いたらこうだったと…!!しかしそのように仰って頂けて有難いです…!
    追記部分は丸々ネタバレなのでスルー全然構わないですよ~!

    漫画はバディやバーナビー好きの方は1巻は特に楽しめるのではないかな~なんて読んでて思いました。
    >妹は買っていなかったと思うので・・・・とうとう私が搾取されるのでしょうかっ!(ガクブル
    ってなんですと!!これはハルさんがついに動き出す出番でしょうか…!?満を持して…!!
    そうなのですよね、一度緩まった紐は中々…(遠い目)

    >最後に平田さん、おめでとうございます!!
    今年は平田さん毎月のように賞をもらっておりますよねぇ!おめでたいです!
    ばんざーい!!さすが皆のヒーロー、タイガーです!

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)