タイバニ 最終回イベントダイジェスト感想

2012年05月05日

 HERO AWARDS2011の感想はこちらです。

TIGER & BUNNY HERO AWARDS 2011 [Blu-ray] 2011年9月17日に行われた、最終回上映イベントのダイジェスト版がAWARDSの特典として収録されておりました。
 夜に物凄く弱い&近くに上映場所がなかったため行かなかったので、こうしてダイジェストでの収録は本当に嬉しいものでした!

 声優さんのお話は勿論楽しかったですし、井上さんの自然っぷりはやはり発揮されておりましたし、何よりスタッフの方のお話がたくさん聞けたのがとても面白かったです。
 インタビューも楽しいですが、生の声というのはやはりいいですね!さとう監督の熱い言葉は、見ているこちらもうるっときました。



 ダイジェスト系の記事は普段は書いていないのですが、森田さんの映像出演を見た瞬間、これは書かないといけないだろう!!という思いに駆られました(笑)
 森田さんはとても真面目な方だと思っているのですが、とても面白すぎる方でもあるなぁと!!
 それから没になったヒーローや、○○○○○&バーナビーだったというお話もたくさん聞けて大満足の特典でした!

 以下、ネタバレなので追記に。



tb9d1.jpg
※一部敬称略。

出演キャスト
 平田広明(ワイルドタイガー/鏑木・T・虎徹)、遊佐浩二(ルナティック/ユーリ・ペトロフ)、森田成一(バーナビー・ブルックスJr)、井上剛(スカイハイ/キース・グッドマン)

出演スタッフ
 尾崎雅之EP、さとうけいいち監督、西田征史(シリーズ構成)、桂正和(キャラクター原案、ヒーローデザイン)、田村一彦P、松井千夏P

tb9d2.jpg

 イベント開始前のアナウンスは、虎徹とユーリでした!!
 「十二時を過ぎると眠くなる方、虎徹です!」な始まりでしたねぇ。このイベントは深夜近くから始まり、朝までタイバニというイベントだったので挨拶もこうなるというわけですね。
 ユーリはと言えば、茶番に付き合わされて…な感じなようですが、あなたへの協力は惜しみませんとあの台詞を!
 注意事項を守らないと、タナトスの声が聞こえるというところで笑ってしまいました。
 守らないとその人は青い火の海に包まれてしまいますね…!

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 尾崎EPが司会となって、平田さんと遊佐さんがご登場に!
 なんというか遊佐さんのジーンズというのがとても新鮮です。というのもAWARDSの衣装ばかり浮かんでしまうのが原因です(笑)平田さんはPDAとバニかず君を持っての参戦でした。

 ここでの挨拶は「睫毛が短い方、虎徹です!」と。24話の印象的な台詞の1つですね。
 そして遊佐さんの挨拶は「後半の方が出番が少なかった方」と!!出番は減ったかもしれませんが、主役の回がありましたからねぇ。といっても子供時代は皆川純子さんが演じておりましたが!子供も大人も声がいいのがユーリでしょうか!!

 ここからはお話に移るのですが、印象的だったエピソードとして5話を挙げる平田さん遊佐さんはどのお話もとのことですが、やはり16話が印象的だそうですね。まさかまさかのレジェンドがユーリの父親だった上に、あのようなことをしていたとは視聴者も衝撃的だった回だったと思います。
 14話で「どうしたー!?」となり、15話でグラビアで「どうしたー!?」となりお話に号泣し、16話でガーンとくるとにかくめまぐるしい2クール目だったなぁと今となっては思います。
 さて、そのレジェンドのことですが遊佐さんは最初から父親だったとこを知っていたようですね。が、他のキャストさんには黙ってないといけなかったようで、16話でやっと解禁出来たのがホッとしたとか。
 8人のヒーローの方は先のお話を知らなかったようですが、マーベリックさん役の方も知っていたんですよね?そう考えると面白いですねぇ。あ、でも井上さんだけは何故か話や情報を知っているんでしたよね(笑)さすが井上さんです!

 平田さんは、虎徹の昭和な持って行き方についてお話して下さいました。コーヒーの部分やピンバッジなど、バカな役だなぁと仰ったところで美味しい役と尾崎EPの見事な話が。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

tb9d3.jpg

 尺を食うコーナーってなんだろう?と思っておりましたら、森田さんの映像メッセージが!!!
 これがとんでもない衝撃でした…!

 画面が映りだされると後ろ姿の森田さんが。しかもうさ耳がついて、更にバーナビーのキャラソンである「POWER OF JUSTICE」を歌っているとか!!!
 大爆笑しました!!森田さん頑張り過ぎだろうと(笑)そんな真面目で面白い森田さんは、やはりバーナビーに適任だと思います。

 くるりと前を向くとバーナビーのTシャツを着ておりまして、「ハァイ、今日は高知にいる方バーナビーです」との挨拶を。
 もうとにかくウサ耳までつけてしまうそのお姿に感動というか、いい意味で笑いが止まらないです!!
 ちなみにウサ耳は自前だそうです。サイズがキツめで痛いそうです(笑)
 ここからは怒涛のメッセージが。25話は良い意味で裏切りますよ~と寄せつつ、平田さんや遊佐さんへのメッセージもありました。高知にいますが、お土産はないッスとか、砂とかならとか(笑)
 二大巨頭の現場を生で観たかったなどなど、とにかく止まりません。この長さにはしかし意味があるようでトイレ休憩分なんだそうです(笑)
 その後アニエスさんからの通信が入ったというお芝居を。しかも坂本竜馬像が動き出すとか!!!ウインク付きで、去っていくのですが、「こっちだったー」「向こうだったー」などのオマケつきな上に、更にキャラソン付きですよ!!
 なんというか森田さんにしか出来ない映像メッセージだと思いました(笑)

 この後場面が会場に戻るのですが、開口一番「なげぇよ!」と平田さん(笑)
 尾崎EPによると、映像前の3人の話が約6分。こちらの森田さんの映像は6分強とか!!!尺を悠々と使ったメッセージでした。これはやはり文字では表現できないですね、あのリアルバーナビーさんは!

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 ここで、サプライズとして井上さんの登場に!!!
 「後半にいくほどやらかしちゃった方、スカイハイです」と!!そんな井上さんに平田さんは、「また美味しいとこ」とすかさずツッコミを。
 どうやら、僕も見に行きたいな~という話をしたら出演という形になったようです。チェックの服がとても涼しげというか、井上さんだなぁと言いますか!

 印象的だったエピソードとして、15話を挙げる井上さん。いいお話でしたよねぇ…ストライプのハンカチなしには観られないお話です。そのあとは平田さんも挙げた5話も。どちらもスカイハイが美味しいから、というのも理由にあるようです!!
 そんな5話をきっかけに遊び過ぎたと仰っておりました。あれがあったからこそスカイハイの人気も凄いのではないだろうか、と考えてしまいます。というか井上さん、眉毛の形がとてもいいですよね!?すんごい見てしまいました。

 ここからは出身地を交えたエピソードに。
 遊佐さんは京都ご出身だそうで、京都ではLVに1400人もだとか。井上さんは佐賀県ご出身で、佐賀は1スクリーンという話が出たとき、催促したみたいで(笑)とも仰っておりました。が、そんなLV告知のために佐賀新聞に井上さんが掲載されたとか!!
 ここで平田さんと井上さんの会話がめちゃくちゃツボでした!!
 平田さん「はにわに歌ってもらえるかもね」
 井上さん「…?はなわ、では?」

 と!!お二人とも可愛過ぎです!!!なんという癒しの空間ですか!と。この、のほほんとしたノリが最高でした。
 そんな平田さんは東京ご出身で、今回イベントが行われている新宿バルトさんではまさにタイバニジャック状態だそうです!

 そこから派生した話で、出身地とヒーローにまつわるお話に。
 遊佐さんは京都なので、牛若丸を挙げられ、折紙がそれっぽいと尾崎さんが仰ると、入れたくないときっぱり(笑)でも良い奴ですよね折紙はとフォローしておりました。
 ここで井上さんの天然じゃなくて自然が爆発し、どうです?と振られた際に「…?」な様子が!!
 その後、佐賀ということで大隈重信氏を挙げられるのですが、「それから?」という問いには「大隈重信」とエンドレスに(笑)
 さすが井上さんです!!リアルスカイハイはここにいた、という感じですね。

 最後に一言をなりまして、平田さんと森田さんがどれだけ虎徹やバーナビーを大切にしているかが現場で伝わったと井上さんがお話を。最後には勿論、フィギュアーツを1番欲しがっているのは僕と(笑)無事GET出来て本当によかったですよね!!
 ここでまたまた井上さんが炸裂です。
 遊佐さんの番になるのですが、立って言うのを忘れたと遊佐さんに言い、「一緒に立とうよ」との返事を貰って一緒に立っておりました!!!
 そして平田さんの番になっても立っている井上さん!遊佐さん座っているのに…!すかさず、「どうぞお座り下さい」と平田さんに言われ、座っておりました。もうなんていうのか、見ているだけで癒されまくりますね本当に!!
 一言としては、まさかここまでの人気になるとは思っていなかったと、しかもさとう監督もそう仰っていたそうですね。最初はUST1500人だったんですよね。今では再々放送でも1万人近くと、凄いことです。



tb9d4.jpg

 LV用映像に入る前に、プロローグとして英語のタイトルと日本語タイトルを言うところがあったのですが、英語の部分遊佐さんでしたよね!?凄く流暢でかっこよかったです!!

 そんなわけでLV用スペシャルサービスコーナーに。平田さんと遊佐さんのお二人が、LVの方のためへと特別になコーナーです。こういうサービスまでしてくれるのがタイバニの良さであり凄い部分だと思います。どこで見ていようと、みんな一緒という絆を感じさせてくださる部分ですね。
 このコーナーは24話放送後から25話の間の部分だそうです。
 21話ぶりの出番だったユーリでしたが、自分のピンチにちょっとビビったそうです!肩にブラックタイガーの攻撃食らいましたしね。
 ここで25話は色々まだ含みがあるユーリを丸々掘り下げる話ではないとのお話を(笑)それできるんだったら前にやってるよね、と冷静に突っ込む遊佐さんが素敵でした(笑)
 25話で解明されるかどうかの謎の1つに、楓に磁石能力を与えたのは誰かというのを話す平田さん。
 開始2分で結婚話になるとか遊佐さんのノリが面白すぎでした!!24話のあの終わり方でどうやって楓ちゃんの結婚話に持っていくのかそれもまた見てみたいですけど!
 この映像はとにかく平田さんの笑顔が本当に可愛過ぎて癒されました。勿論遊佐さんの笑顔もとてもまろやかで大好きです!!映像ってこの表情が伝わるのが何よりも嬉しいですよねぇ。キャストの方の笑顔はファンにとっては更に更に嬉しくしてくれるものだと思います。



tb9d5.jpg

 2部はスタッフの方のお話でした。ここでもこぼれ話が続々出てきて楽しかったです!
 しかし何度見ても西田さんと桂さんがカッコイイです。

 ノリノリの監督マンの挨拶からお話へと移るのですが、最初はCMの企画だったのですね!それが無くなってアニメの企画になったとか。
 西田さんはヒーローもののネタがあったそうですね。それで本を書こうと思っていたのが、5人くらいの戦隊モノでかつ日常モノと。親の介護だったり、ヒーロー内に元彼や元彼女がいたりだとかそういうのを考えていたと。そういう感じでタイバニで使ってみようということになったようですね。
 さとう監督はといえば、絆や家族愛を。シングルで娘一人のオジサン主人公、ということで大変だったそうですが、誰かが作らないといけないんじゃないかなーと思って作られたとか。が、子持ちのオジサンに女性は…となったそうですが、唯一の女性である松井Pが、やもめはいいんじゃないかと!そこで会場で拍手が!!
 西田さんの「この設定にしてよかった」という台詞が染みました。
 が、桂さんはこの話をまったく知らないようで、「だから指輪も描いてない」とか!!裏話もとっても楽しいタイバニです。

 ここからはヒーローのお話も。
 没になったヒーローに、ゼンビーストというのがいたそうですね。が、折紙と被っていると!和の心なヒーローだたそうです。このゼンビーストは西田さんが参加された際には推しだったときだとか。しかも、このとき桂さんがキャラデザを描いていたらいたかもしれなかったというお話が飛び出て驚きでした!
 そんな桂さんはサンライズさんの方で缶詰というかドアに鍵かけられたとか色々なお話を(笑)
 そして西田さんと桂さんで打ち合わせにご飯的な食べ物が出てこないとか!!お茶菓子はいっぱいあったそうですよ。そういう事情もこういうときだからこそ明かせるのかもですね。

 そして斎藤さんのお話も!
 物凄く声の小さい人を出したいというアイデアがあったそうで、アニメなら文字テロップを出せるんじゃないかと。それを監督が面白いと思って、今では大人気キャラにまで!!あの文字テロップは斬新というか衝撃的でしたねぇ。しかもちゃんと喋っているというのもまた凄いなぁと。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 Q&Aコーナーのあとにもまだまだ続きます。
 西田さんの印象に残った話として、7話を挙げられたのですが桂さんの物凄い食いつきが!お好きなルナティックの活躍回ですしね。
 ここのアクションはとてもすごく、なんと10ヶ月かかったとか!!!ビックリしてしまいました。これは7話を見るときは気合を入れて見ないとですね。

tb9d6.jpg

 桂さんに、一番描きやすいまたは楽しいヒーローは誰か?という質問が。
 楽という意味でイワンを挙げられておりました。意外だなぁと思っていたら、人の影に隠れてるからとか(笑)読みきり作品では見事見切れと根暗を発揮してましたよね!!鬼太郎っぽい先輩が可愛かったです。

 さとう監督に、アドリブで印象的だった人や台詞というので真っ先に「剛ちゃん」と!!!
 その後、ファイヤーとか牛も隙あらば入れようとしてたとか(笑)ブースのこちら側では、どう言えば(そこのアドリブは遠慮願いたいな意味で)いいのか考えていたようです。損ねないように。
 が、アドリブ入れようとするときは台本を置いてるからすぐに分かるんだそうです!!(笑)こういう空気っていいですね。なんというかタイバニらしいなぁとか思ってしまいました。

 田村Pへは、キャラ名の由来などを。
 虎徹という名前には刀みたいな名前を入れようと思い、色んな種類がある刀からそれの性能などを照らし合わせて決めたそうです。ここまで深く練られていたとは…。ということは村正もそういう意味合いなのですかね?
 その後、バスティー&バーナビーというものだったという話になったのですが、バスティーには巨乳という意味があるということで没になったと!!ワールドワイドな作品なので、これはダメだと。確かに、ヒゲのオジサンで子持ちで巨乳って怪しいですよね(笑)
 カリーナは北欧のイメージでついた名前だというのが聞けて驚きました!!イワンはロシアなのですかね?

 脚本のことでは、牛角さんの台詞が…になったり、イワンのエピソードは最初はなかったけど超イケメンのキャラが出来上がったのを見て入れることになったとか…ということは先輩は最初の案だった場合、一番不遇なキャラになっていたかもだったのですね…!

 監督から、音楽の話も出ました!
 「音楽よかったでしょう?」の問いには、会場で拍手が!!これには物凄く同意です!!さとう監督のこだわりの1つだったようですね。心情を音楽で表現したいと。池さんのサウンドはタイバニを盛り上げた要因の1つに間違いないと思います。
 本当にサントラは本当に感動的でした。

 能力のお話も。
 バーナビーは元々、瞬間移動の能力だったそうです。が、鉄板はこえられないとか(笑)

 海外展開のお話もありましたよ。
 基本的には字幕だそうですが、次回予告の虎徹のたどたどしい部分は字幕もないのだそうです。これがまたウケている部分でもあるそうですね。
 ちなみにバニーとバニーちゃん表記は、前者はそのままで後者はリトル バニーになっているのだとか!!英語に疎いので、こうなっているのかぁと凄く面白いお話でした。



tb9d7.jpg

 スタッフの皆さんがまた勢ぞろいに!が、田村Pはバーナビーのジャケット着ておりますし、8話のたすきをかけている監督などなど!
 ここでの監督のメッセージにこちらも涙でした。
 元気にしようとして作った作品で、最後まで持っていこうと作ったそうです。監督の涙もそうですが、見ているこっちは感謝し切れないくらいですよ!!元気ももらいましたし、何よりアツいものをもらえました。こんなに楽しい作品を生み出してくださってありがとう、そしてありがとうですよ!!
 西田さんは、初めてのアニメ脚本がタイバニでよかったと。そして、綺麗過ぎない感じで突き進んだ作品だとお話してくださいました。そこがウケた要因でもありますよねきっと。泥臭い部分がとても共感を覚えたり、頑張ろうという気にさせてくれたと思います。



tb9d3.jpg

 最後は平田さんと森田さんの映像ビューで〆でした!!
 平田さんもタイガーのTシャツを着ております。
 名残惜しい、もっともっと見たいと尾崎EPに伝えるお二人。その後AWARDSのことを!!次は会場が広いから3億人入るとかとんでもないことになっております(笑)
 この後、アニエスさんからのコールらしいのですが、ブルーローズがスーパーできゅうりがないと騒いでるとか、牛さんが焼肉屋でもやし食べ過ぎだとか、全然emergencyじゃないと(笑)



 ダイジェストということでしたが、かなり盛りだくさんで驚きでした!!これを特典に収めて下さったバンダイさん太っ腹だなぁと。
 キャストの皆さんのお話も勿論楽しいですが、スタッフさんのお話も聞けてとにかく満足でした。
 KOWが届くのが待ち遠しいですね♪
 台本読みながら見返したりしたいです!
関連記事
スポンサーサイト





コメント

  1. 柳 智己也 | URL | -

    ダイジェストも本当楽しめましたね~(#^.^#)
    何と言っても森田さんのキャラが面白過ぎて! サービス精神も
    凄かったですね うさ耳とかもうwww

    井上さんも可愛かった…!あの方は本当に居るだけで場が和むというか(^^)
    天使さんですな!


    本当にどこまでも楽しませてくれるタイバニは凄いですね♪
    これからもますます期待です


    素敵な感想ありがとうございました~!
    私ももう一回観たくなりました☆

  2. もあ☆モア | URL | 6facQlv.

    おひさしぶりです~^ ^

    マリーさん、かなりお久しぶりですっっ!中々更新できなかったにも関わらず、私のblogへご訪問いただき本当にありがとうございました~m(__)m

    >まさかまさかのレジェンドがユーリの父親だった上に、あのようなことをしていたとは視聴者も衝撃的だった回だったと思います。
    これは私もかなり驚きましたね…マーべリックは怪しいフラグ立ってたけど、レジェンドは本当に予想外だったというか。ユーリのお母さんに対しても、上手く言葉にできない気持ちでイッパイですね!!

    タイバニは本当に色々なエピソードがあって面白いです^ ^
    マリーさんのblogにていつも情報を仕入れさせていただいております。
    ありがとう、そしてありがとう~!!

  3. マリー | URL | 1JkepbtE

    柳 智己也さん

    ダイジェストも凄く面白かったですね~!!
    頑張ってでもチケット参戦すればよかったと今更ながらに思います…

    森田さんはもう本当凄いですね!!色々な意味で(笑)
    最終回イベントはもうかなり経ってるから書かなくていいかなーと思っておりましたが、あれを見た瞬間この森田さんの頑張りは是非書くしかないと!!
    自前のウサ耳大爆笑でした。

    井上さんはやっぱりそこにいらっしゃるだけで和みますよねぇ!!
    天使ここにありですよ!!佐賀県の井上さんちは天使が生まれる家だと!

    スタッフさんのお話も本当に面白くて、裏話やインタビュー好きな自分にとってはこれだけ収録してくださったバンダイさんGJ以外になんと言えばよいのか分からないであります!
    削られた牛さん台詞など劇場版とかで見られるといいですねぇ。
    自分もまた見直したいです!
    どのイベントも本当に楽しいタイバニは本当に凄いですよね!!

  4. マリー | URL | 1JkepbtE

    もあ☆モアさん

    もあさん、おかえりなさいませ!!
    リンクしている方のブログはお知らせがあっても行ってしまうのです!もしかしたら更新あるかもしれない、と!!

    16話は衝撃が凄かったですよねぇ…
    マーベリックさんは同じく容姿から既に怪しさ満載でしたが、レジェンドは虎徹目線でしたしガーンとくる度合いも大きいですよねぇ…
    オリガさんの思いもやりきれないといいますか。見事全員の気持ちがすれ違うあのお話は見ていて心が痛いです。
    でも実際問題ああいう家庭はごまんとあるとでしょうし、正義として掲げたものが揺らいでしまった場合、ユーリはユーリでいられなくなるような気がして、そう思うと複雑以外ないなぁとあとか。
    もあさんと同じく上手く言葉には出来ないです…

    エピソードがありすぎて、全部の配信やインタビューにも目を通したくなりますがそれが難しいほどの量というのが嬉しい悲鳴です!!
    少しでもお役に立てるなら凄く嬉しいです。
    こちらこそ、ありがとうそしてありがとうです!

  5. アロイ | URL | -

    これを書いていたんですね!

    私もダイジェストは何日か経ってから見たのですが・・・面白かったですねww
    森田さんのところですべて持ってかれたなぁと思ったら、井上さんが来て・・・結局、全部井上さんに持っていかれたというww
    いや、でもウサ耳の森田さんは素敵でしたけど^^

    スタッフの方々のお話はファンとしては嬉しいですよね^^
    どんどん暴露してくれたらいい!!
    ボツになった案とかも、何らかの形で世に出してほしいです(無茶)
    公式で二次とかやればいい(え?)

    綺麗すぎない感じで突き進んだ作品。
    まさにですね。これがいいんですよね。綺麗すぎると共感は生まれないし、親近感もわきませんよね。
    よ~し!!私もいろいろ頑張る!!(主にゲーム 笑)

  6. | |

    管理人のみ閲覧できます

    このコメントは管理人のみ閲覧できます

  7. マリー | URL | 1JkepbtE

    アロイさん

    たまーに2、3日くらい更新されないときもあるでござるよ!!
    そのときはすまない、そしてすまいないです!!

    AWARDSが面白すぎてあれから毎日見ていて、特典まで中々いかないというのが罪作りなAWARDSですな!
    森田さんのあの衝撃はかなーり凄いですよね!?
    え!?ウサ耳!?みたいな感じでしたが、やはりハイハハーイな井上さんが全部持って行きましたな。
    ずっと立ってるところとかもうマジ天使でしたよね!!!

    スタッフさんのお話本当面白いですよね!
    ゼンビースト辺りは2部とかでもあっても面白そうですし、KOWでそこのところに触れたりはしないのかな?とか思ってしまいましたよ。
    そうすれば公式二次で(笑)
    自分が読んだことのあるインタビューや配信なのでもかなり裏話というかネタがいっぱい詰まっているので、いっそ全部網羅したものをどこかで!と願ってしまいます。

    >綺麗すぎると共感は生まれないし、親近感もわきませんよね。
    すっごく思いました!
    完璧であるようなヒーローがそういう側面を見せてくれるというのもまた面白かったなぁと。
    虎徹さんのあの生き方は凄くかっこいいですし、尊敬します!

    お互い頑張りましょう~!!それも楽しみながら頑張るのが1番だ、そして1番だー!!

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)