那由多の軌跡 プレイ日記6

2012年08月03日

 アクションゲーは手汗が凄くなります。更にこの暑さで、タオル必須な気がします(笑)
 那由多は一つ一つのダンジョンの長さがまた絶妙ですね!
 何度もやっても平気というか。それでも落下するんですけどね!!
 フェルガナの時計塔もジャンプで苦戦したなぁというのを思い出しました…


 以下ネタバレなので追記に。第5章です。





【第五章 《神話》の真実】

 村長にすべてを打ち明けたナユタ。そして、必ず全員連れて返すと約束しました。
 島を回ると、あのドラッドが守れなかった自分に悔いていて、いい人なんだなぁと思いました。
 ちなみにみっしぃはオルバスがいる浜におりました。水に浸かって平気なんでしょうか?

 《テラ》に行くと、こっちも変でした。
 星の力が《ヘリオグラード》に集まっているようです。しかし全長50000アージュってとんでもないですね。
 まず先に《賢者》ネメアスを救いにいきました。

 《ラ・ヴォルグ》の《太古の岩礁・春》で救出し、ギアドライブを習得。
 ここで実績「鋼鉄の探究心」(ステージ50回)も得ました。

 救出後は、依頼が。
 「精霊たちの行方」
 《風切り渓谷・秋》、《神和ぎ水洞・冬》、《豊穣の仙道・夏》にそれぞれ精霊がいました。
 フィールド上にちょこんといるのがこれまた可愛くてしょうがなかったです!!精霊可愛いです!!
 精霊たちはネメアスを助けようと各地の管理者に会いに行こうとしていたようですね。愛されているなぁと和む依頼でした。
 この依頼で、ゴスペルフラワーをノイが習得しました。

 鍛錬帳も貯まり見せに行くと、妖鬼の面という装備が貰えました。

 《脈動する断層・春》では青銅の天体計を入手しました。
 ココら辺で、寄贈のマークが出ていたので行ってみるとウィザードハットをくれました。ノイが魔女っ子になりますね。
 スキルも両手剣の心得1を得ました。両手剣をずっと使っているのでありがたいです。



 《ヘリオグラード下層》へ行きました。内部の発達は凄いですね!!進化しまくりというか、ミトスの民って凄いな以外に言葉が出てきません。
 しかし中層・上層と上がっていくのですがギアドライブも下手くそでして、何度か落下するはめに…。
 《上層》にたどり着くとセラムがきました。
 そしてナユタは彼を『シグナ』と呼びます。やっぱりセラムはシグナと関係があったんですね。最初にセラムの声を聞いた時に「あれ?鈴村さんだよね??どういうことだ?」と思っていたのですが、当たっていたようです。
 シグナと呼ばれ仮面を取ると、銀髪のシグナが。
 しかし最初は2人いたわけですが、どうやら数年前まで眠りについていたのですがシグナだけ事故があったようでそこで2つに分かれてしまったらしいです。そして一騎打ちの際、二人共致命傷を負い、その際に一つになったと。白のセラムと、黒のシグナというのがまた面白い分かれ方ですね。
 既にミトスの民として生きるシグナ。
 この先に進むなら、命を賭けてシグナとクレハと戦う覚悟を持てと忠告を。
 しかし、だからこそ引けないと那由多は決意し更に上に向かいました。
 ここでリヴァトリガーと戦うのですが、回復が使えないのですよねぇ。2回くらい失敗しましたがクリアできました。

 その後はゼクストの元へ。
 目的は、ミトスの民がナユタの世界にいたという真の歴史からまず話してくれました。アクウェラの言っていた神話は本当のものだったのですね。
 ミトスの民は神の一族と呼ばれていたようですが、人が誤って災厄を起こしてしまい、そこから《テラ》の計画が出たそうです。
 シグナとクレハは洸翼を出してきました。やっぱり2人揃って羽が完成するようになってるのですね。
 使命である《再創世》のために、ナユタたちの世界は消えてなくなるとあっさりと言われます。
 《テラ》がナユタたちの世界の上に存在していたということ。月の1つがそれだったことなど色々なことが判明しました。
 その後、ナユタに攻撃を食らわしますが、最後の最後でクレハが守ってくれたようです。なんとか残され島に辿り着いたナユタでしたが……

 目が覚めると、世界は終わりのような真っ赤なものに。そして転位門は動きを止めていました。
 まさか世界のピンチと戦うはめになるとは…!!
関連記事
スポンサーサイト


コメント

  1. ハク | URL | -

    ヘリオグラード内部はなんとなくオルキスタワーを彷彿とさせましたね
    ミトスの民ってみんな当たり前のように空間移動しているのにこんなめんどくさい階段(?)を作るのかと思ったり……

    15歳の少年に救われる世界か……
    どっかのマリーさんは薄い本を金の力で救っていたそうだがこちらは金じゃどうにもなりませんな

  2. マリー | URL | 1JkepbtE

    ハクさん

    ああああ!!!本当ですね!!
    確かにあんな感じな中身でしたな。
    階段があると見栄えがいい、とかそういう理由か、楽ばっかりしてはいけないという教訓だったのか…(笑)

    しかもお小遣いレベルですからね、自分…
    それとナユタ君の運命はもう並べてる場合じゃねぇレベルでございますな!
    そしてそんなナユタ君はきっと薄い本に出ると…因果なものです(え!?

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)