空の軌跡 4巻感想

2012年08月11日

英雄伝説 空の軌跡(4) (エモーションコミックス) 夕焼けの綺麗さとティータの愛らしい表情が可愛い表紙の、4巻がついに発売になりました!
 啄木鳥しんき氏が描かれるこのコミカライズは、空の軌跡ファンなら感涙モノかと思います。原作の良い所を漫画ならではの表現で更に深く描かれ、更にオリジナル展開ではそれぞれのキャラクタがもっともっと好きになれるエピソードが読めるのです。
 それまで普通程度に思っていたキャラクタ達も、どんどん好きになっていく。自分にとってはそういう漫画になりました。好きなキャラクタやエピソードはもっともっと大好きになれます!
 表現の仕様がないほどにとても素晴らしいコミカライズだと!


 4巻は今日届くかな~と呟いていたら、袖に注目とのお言葉を頂きました。
 5巻はきっとマックスとアントワーヌがカラーで登場すると信じきっております!!!
 第4巻は26話~32話までの収録です。

 ちなみに、現在の自分のデスクトップはこちら
max08d.png
 
 マックスが初登場する33話は現在ゲッキンさんにて公開されております。
 マックスファンの方は勿論、そうでない方も是非一読を!!!


 以下、ネタバレなので追記に。




 注目の袖は表紙側はマオ婆さん・マードック工房長・ラッセル博士のツァイスを代表する方々!!
 そして裏表紙側はなななななんと満面の笑みのアルバ教授!!教授ファンは悶絶モノではないでしょうか?
 これは貴重な絵ですね。5巻ではきっとここにマックスとアントワーヌがと思ってドキドキしていたいです(笑)



 本編のお話です。
 各話の詳細は毎月の感想で書いているので省きますが、第4巻はエステルのヨシュアへの気持ちの変化と、アガットとティータの関係が主ではないでしょうか?
 軍部スキーとしては、イケメンなモブ親衛隊やカノーネさんのモロモロが気になる所ではありますが。
 というか第4巻は32話までが収録なのですよ。つまり第5巻は33話から。マックス初登場から、恐らくマックスは割かし出てくると予想されます。つまり第5巻はマックス祭!!?と思うと、今からドキがムネムネと言いますかもう楽しみすぎて何も手に付かないと言いますか…。兎にも角にも5巻が今から待ち遠しいです。

 さて、第4巻のお話を。
 キャリバーへの想いなどを説明してくださるマードック工房長。
 ラッセル博士が元工房長だった経緯を考えると、その後釜であるマードック工房長のプレッシャーなどは本当に大変だったであろうと思っております。
 リベールを導力大国にのし上げ、女王陛下とも交流があるのがラッセル博士です。
 誰しも、という訳ではございませんが、ツァイスの人々はどうしてもマードック工房長にも同じようなことを求めてしまう人も多かったでしょう。それでもツァイス地方をしっかりまとめ上げているというのは、ラッセル博士がどうしてマードック工房長に託したか、というのも分かる気がします。
 マードック工房長とラッセル博士は普段は軽口の叩き合いをしており、和むような会話をしております。
 しかし、誘拐されてしまったとき、表情を一切見せぬその動き。
 そして、とても年下であるヨシュアにすがるように手を掴み、助けて欲しいとお願いする姿。
 ただそれだけで、どれほど信頼関係にあるかというのが伝わったと思います。
 ただ1、2ページの表現でそれほどまで伝わる想い。啄木鳥しんき氏の物語の読み込みと、それを表現する方法の素晴らしさをよく表現していると思います。



 そして、ツァイスの目玉でもある温泉のシーン。
 サービスシーンがたっぷりあるお話になっておりますが、それだけでもお話を追うだけでも楽しいものですが、エステルとヨシュアの思いもしっかり堪能できるものとなっております。
 リベールがエレボニアに勝つために作戦を編み出したカシウス。
 しかしその作戦は、己の最愛の妻であるレナを失う代償がありました。
 それを受けたカシウスは部下や上官から引き止められながらも、遊撃士へ転向。エステルは1人でいるときも増えてしまいました。ロレントの人々が皆でエステルを育てても、実の親から受ける愛情とはやはり違うでしょう。
 どこか寂しさがあったエステル。その寂しさを拭ったのは、ヨシュアでした。
 だから寂しくなかったとティータに打ち明け、エステルの中のヨシュアへの気持ちの変化も徐々に自覚してきます。
 しかし、混浴の露天風呂で2人にとってはスレ違いが発生することに。
 ヨシュアは、エステルの悲鳴に、自分が汚れた存在を思い出したのかな?と己の手を見たページで思いました。
 太陽みたいなエステルとは違う自分。
 過去にしてきてしまった決して消えない過ち。それはやはりヨシュアの心を蝕んだと思います。
 自分の本当の過去を知ったら、エステルは同じように悲鳴をあげて拒絶してしまうかもしれない。
 万に一つも嫌いになることはない、そう言うヨシュアにとってエステルの拒絶は一番あってはならないことかもしれないのだな、という思いが凄く伝わりました。
 この2人の気持ちの揺れ合いというのはやっぱり漫画という表現はとても合うのだなぁと改めて思いました。



 ツァイスと言えば、アガットがティータと出会うのも大事なものです。
 工房の散策中にアガットが聞いた「お兄ちゃん」という台詞(P79)は、もしかしたらミーシャを思い出したのかな?とも思いました。
 ティータにミーシャを重ねていると思うと、あれだけ厳しくなるのも頷けます。
 もう二度と失いたくない。失って傷つくのはごめんだ。そういうアガットの気持ちが、あの本気で怒鳴るシーンに繋がったのかな?と思いました。
 アガットにとってティータがまた特別になるのは、SCも経てのことだと自分は思っています。
 FCの頃はミーシャと重ねることも多かったのかな?とかとか。

 第4巻、特にこの3つの気持ち、そして揺れ動きなどが印象的でした。
 毎月お話を読む度に思いますが、本当にこのコミカライズに出会えたことは幸せ以外の何物でもないです。
関連記事
スポンサーサイト


コメント

  1. リードマン | URL | -

    おっと・・・・!?
    軌跡4巻、発売されてましたか。
    これはさっそく買いに行かなくては!

    表紙のティータだけでも買う価値はありますな(笑

  2. まふゆ | URL | -

    空の軌跡の人気はいまだ衰えず!って感じですねぇ~。
    イースもアニメ化されていましたし、ファルコムさんの作品は派生させやすくできてるんでしょうか。
    キャラが立ってるからかな?やはり、みんな活き活きしてるんでしょうね~!
    コミカライズ版はまだ見ていませんが、那由多が終われば空をFCからやってみようかなぁと考え中です!

  3. マリー | URL | 1JkepbtE

    リードマンさん

    発売されましたよ~!!
    今回も無事にGET出来てるよう祈りますぜ!!

    表紙のティータもですが、中身のティータとほにゃららシーンでリードマンさんがあらぶるであろうことを予想しております!!
    どうなるのか!?

  4. マリー | URL | 1JkepbtE

    まふゆさん

    空の人気は衰えませんな~!!
    イースも軌跡もキャラクタが個性豊かなので、派生させやすいのかもしれませんね。
    お話もどこを切り取っても面白い!というのもあるかもしれません。

    好き嫌いの分かれる作品かもしれませんが、自分は空贔屓なのでぜひFCからオススメしてしまいます!
    このコミカライズは本当に素晴らしいので、クリアされたあとに気になりましたら是非!!
    本当に凄く作りこまれている漫画ですよ~。絶賛以外自分にはできません(笑)

  5. マリー | URL | 1JkepbtE

    拍手レスです。

    汐見光さん

    こちらでははじめまして!!
    あとがきのことをすっかり触れ忘れましたが、あの飛行艇凄かったですね!!!
    色々な角度があることによって漫画も更にいきいきしますしね!

    本当に良い漫画なので、これからも楽しみですね~。
    メルカバもカッコよくプレストーリーで描かれておりましたし、人間だけではなく機械モノにも注目ですな。

  6. ハード | URL | qjsITxmk

    ティータちゃんが表紙とか買いに行くという選択肢しかないじゃないですか...
    ということでちょっとTSUTAYA行ってきますね。

  7. マリー | URL | 1JkepbtE

    ハードさん

    ティータちゃん表紙&中は温泉!!ということで、買わないわけがないレベルの4巻ですよ~!!
    ぜひぜひがっつり購入されてきてくださいな~!

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)