TIGER&BUNNY THE LIVE感想

2012年09月01日

netabare.jpg
 本記事は、24日にあげましたがコメントにてご指摘がございまして一旦下げました。今回若干加筆修正を加えての再掲載となります。
 読めなかったという方々も含めご迷惑をおかけしたこと、心からお詫び申し上げます。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

tbl2.jpg 1.5万席に対しなんと30万の応募があったタイバニの舞台であるTHE LIVE。
 奇跡的に本会場のチケットが取れたので行って来ました!
 自分が行ったのは、初演である8月24日(金)の13:00~の回です。
 
 とても楽しみにしていたこの公演ですが、23日のリハーサル中にスカイハイ/キース役の永徳さんがアクシデントによる負傷で、スカイハイのスーツアクターさんは代役になるとの告知がされておりました。兎にも角にも永徳さんがご無事で何よりです。スカイハイのヒーロースーツでのアクションは困難だそうですが、キースにはそのまま出演されるとのことです。※29日以降、ドクターストップがかかり降板とのことです。

 ちなみに物販ではショッピングバックと、パンフレットとサイリウムのブルーローズ版とスカイハイのブロマイドを買いました。


 個人的に、アニメ作品の舞台化というのはあまり興味がなく、最初にTHE LIVEがやるということを知ったときも正直あまり関心を持ちませんでした。
 しかしながらスタッフさん側の熱意がとても伝わってきて、タイバニだし絶対に面白いものになるだろうと確信しチケット戦争に参戦しました。
 主役の2人が平田さんや森田さんであることも、個人的にはとても惹かれるものでした。
 そして生を観に行った訳ですが、一言で言うと「もう一度観たい!!」というものでした。
 ヒーローたちが目の前で動き、目の前で敵を能力で倒していくのですよ!!これを見て燃えないファンが居ないわけがない。
 本当にあのアニメの中のシュテルンビルトにいるのではないか?という錯覚を持つほど。
 やっぱりタイバニは凄いです。
 どのような媒体になろうとも、面白さが約束されている作品。そう思いました。


 以下ネタバレなので追記に。記憶頼りの感想なので、時系列や台詞等に間違いがございます。ご了承頂ければ幸いです。





tbl1.jpg
※一部敬称略です。

《キャスト》
鏑木・T・虎徹:平田広明、バーナビー・ブルックスJr:森田成一、ブルーローズ/カリーナ・ライル:岡本玲
キース・グッドマン:永徳(29日まで出演)、ファイヤーエンブレム/ネイサン・シーモア:林野健志、ドラゴンキッド/ホァン・パオリン:佃井皆美、イワン・カレリン:高崎翔太、アントニオ・ロペス:横山一敏
ヒーローアカデミー教官:大葉健二
アニエス・ジュベール:彩夏涼、鏑木楓:荻野可鈴
ブライアン・ヴァイ:長塚全、バベル:藤原習作
ワイルドタイガー:富永研司、バーナビー・ブルックスJr:新田健太、スカイハイ:?
他…

《スタッフ》
エグゼクティブプロデューサー:金田治、尾崎雅之
総合演出:森崎泰助、アクティングクリエイター:金田治、脚本:毛利亘宏、音楽:池頼広
他…



 会場入りをするなり、ステージにはブルーローズのライブ会場が設置されておりました。
 尾崎Pがサイリウムを使って楽しんでほしいとのツイートがあったので物販で購入しました!ライブで使うのですかね?

 ほぼ時間通りに、開演。
 最初に2部リーグのMs.バイオレットとスモウサンダーが登場!!
 この時点で観客は歓声を!!まさに目の前に本物のバイオレットとスモウサンダーがいるのですよ!!自分も既に大興奮でした。
 この二人に、開演前に先立ち注意事項の説明、その後は拍手の練習がありました。
 拍手の練習のあとは、ブルーローズのGO NEXT!!の掛け声である「NEXT!!」の練習がありました。まずは右手を挙げて「NEXT!!」と言ったら「NEXT!!」と言うというものです。
 そしてその後はライブ中はサイリウムを使って盛り上げましょう!的なことがありました。
 舞台でライブをやるという試みは初めての体験だったので凄く楽しみでした。

 その後、ステージに本物のブルーローズが!!!
 これだけで大感激ですよ!!生ですよ!二次元だったブルーローズが、三次元になっていると。これだけで観客も大盛り上がりだったと思います。
 最初から「GO NEXT!!」を岡本玲さんが熱唱!本当に岡本さんが歌っているのですが、寿さんかと思うような歌いっぷりで、しかもダンス付きということでサイリウムを振る手も自然と動いてしまいます。観客と一緒に作っていく舞台、というのを体験しました。
 何より演出も凄く、映像と音と大迫力の花火まであるのですよ。さすがタイバニだと思いました。
 そしてお次は「My Song」でしっとりと歌いあげてくれるブルーローズ。
 シュテルンビルトへ行って、ブルーローズのライブに行ったらこんな感じなんだろうな、というのをまさに体感出来るのがこのTHE LIVEです。

 その後はアニエスさんたちが出てくるのですが、とにかく役者さんが原作のキャラクタを本当に大切にしているんだな、というのが伝わって来ました。
 格好はキャラクタですがやはり声が違うというのは非常に大きいと思います。
 が、このTHE LIVEはそういうのが自分はまったく無かったのです。
 アニエスさんで言えば、彩夏涼さんが甲斐田裕子さんの演技を踏まえつつご自分流の演技にしているという感じで、本当に違和感が無かったです。
 どのキャラクタもそういう感じで、舞台化というのを敬遠していた自分に恥ずかしくなりました。

 さて、アニエスさんたちが今シュテルンビルトで起きている事件についてを語ってくださいます。
 原作で言うと、この時期は14~15話の間の設定だそうです。バディは最高潮な時期ですね。
 この時期シュテルンビルトでは、人気アーティストが誘拐されるという事件が起きているそうです。そして犯人は影を使うNEXTであると説明してくれます。
 このTVが既に実写なのですが、モブ子らしき人もちゃんといるのですよ!!細かいなと思いました。
 アニエスさんが事件はきっちりヒーローが捕まえると宣言。
 次に狙われるのはヒットチャートの順番で行けばMr.Mというアーティスト。
 予め折紙が擬態しておいて、という作戦が出されます。
 この辺りで本当に折紙先輩というかイワンが袖で見切れているのですよ!!これだけでもう黄色い声が。岡本信彦さんもAWARDS2011で見切れておりましたが、折紙先輩というのはやはり美味しいキャラですね。
 この辺りでバディの2人も登場したと思うのですが、とにかくアニメと同じキャストですので歓声もすごかったです。
 このときに説明がちょっとされるのですが、ここで虎徹に電話が。
 電話の相手は愛娘楓。しかも楓ちゃんはこのライブ会場にいると!!!
 あのアニメでのデレデレ演技が生で拝めることに既に失神しそうになるも、気合いで魂を体に戻して聞きます(笑)
 虎徹は楓に、すぐに帰りなさいとか言いますが…そんなこと出来るわけないですよねぇ。
 なんやかんやあるのですが、本当に楓ちゃんが会場にいるのですよ!!
 会場とは、本当に会場で、実は自分は後ろの方の席で残念とか思っていたら本当に間近に楓ちゃんが!!そしてMr.Mが!!
 そして何より虎徹さんというか平田さんが本当に本当に間近に!!!!
 この間近周辺の座席の人はもうこの辺の虎徹と楓ちゃんの会話は覚えてないと思います(笑)
 自分も本気で間近に平田さんの演技を長々と見ることが出来て、会話がまったく耳に入らず…頭が真っ白になるってこういうことかっていう感じですよ…!!

 その前にですね、TVクルーの方々が会場の声を、ということで本当にやらせでもサクラでもなく会場に来てインタビューするのですよ!
 お席が端の方、もしかしたらインタビューされるかもしれませんよ!?
 こうして観客を巻き込むこともまさに一体になって楽しむタイバニらしい試みだなぁと感動でした。

 そしてそのTVクルーは虎徹&楓ちゃんのところへ。
 間近でこれが拝めたので感動モノでした。
 突然インタビューされる虎徹ですが、タイガーのファンだと答える姿が。
 この辺本当に頭が真っ白で覚えておりません…
 が、BTBのライブも控えているので楽屋へと直行します。
 会場から出る際に「楽屋どこ~」な虎徹が本当に可愛かったです。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 TVクルーもBTBの楽屋に直撃なのですが、扉を開ければそこにはバーナビーとブルーローズの険悪な雰囲気が。
 バーナビー、「あなたとは音楽の方向性が違います」とか言い始め、観客は大爆笑です!!
 ブルーローズも同意し、本当に二人共大げんかが…
 そこに虎徹とTVクルーが来てしまい、しかもカメラに映るのはマズイと慌ててアイパッチを付ける虎徹。
 これから発声練習するから、とか言いながらTVを追い出すのが面白かったです。実際に発声練習しながら追い出すのが!

 この辺りですかね?
 オリジナルキャラである、バベルが登場します。
 富も名声もある音楽プロデューサーであるバベル。
 彼はヒットチャートを全部自分のファミリーにするのが夢であり、売れっ子であるブルーローズもファミリーにしたいようです。
 しかしタイタンインダストリーに断られているのが現実…
 彼の夢は叶うのでしょうか?

 さて、いよいよBTBのコンサートです!!! 
 本当にコンサートで、歌も「夏の恋はお疲れサマー」ですよ!!
 しかも登場があのダダダダンなんです!!生のダダダダンですよ!?感動しまくりました。
 歌も本当にあの歌が流れて3人で踊っているんですよ(笑)
 背景映像に愛の手である「砂浜砂浜」とかが「SUNAHAMA」とかになって出てくるので、それもやっぱり観客爆笑です。
 更にはあの5話のうさちゃん(byネイサン)も映像で登場し、非常に可愛いBTBコンサートでした。
 その後、BTBの新曲である「秋の恋はフォーリンラブ」(うろ覚え)を歌おうとするも、バーナビーとブルーローズが二人して「BTB辞めます!」と宣言。
 「え?え?」となっているタイガーは1人で踊り続けると!!!いやはやオジサン、ちゃんと振り付け覚えてるんですから凄いです。
 そこでだんだんと会場の雲行きが怪しくなって来ました。
 多分ですが、ココら辺でオリジナルキャラのブライアンが登場と…。
 この登場も客席からなのですよ!!
 ブライアンはギターを鳴り響かせ、特に爆発が起こるという感じでステージまで辿り着きます。このブライアンもギター弾いてますよね?音が二重に聴こえたので…
 音楽はPower for the Futureでしょうか?
 彼は少し前までは有名なアーティストであり、タイガーもファンだったようです。
 ブライアンは1人で踊ったタイガーに「あんたロックだぜ?」と言いますが、「俺はロックバイソンじゃなくてタイガーだ」とか言うので爆笑でした。
 その後、ここだかどこだかちょっと忘れてしまったのですが影の人間っぽいのが出てくるのですよ!!
 これがワイヤーアクションで本当に壁からはい出てきたので気持ち悪さがすごかったです!これが生の舞台の凄さだと思いました。
 ここからは予定通り、Mr.Mの誘拐が始まるのですが、本来の作戦通りならこのMr.Mにイワンが擬態しているというもの。既に失敗していたのですが、タイガーはそれを知らず。
 そんな時に、多分ここだったと思うのですがバーナビーが間一髪のところでMを助けに入ります。
 解散して帰ったと思い込んでいたタイガーですが、そもそも解散ということも作戦の内だったと説明するバーナビー。敵を騙すにはまず味方からを地で行く作戦でしたね。
 ですがMを楓が庇ったことによって、楓がさらわれてしまうことになりました…。

 ちょっとこの辺りの時系列はかなり曖昧です…すみません…。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 既に誘拐されているアーティストを助けるチームの場面ももちろんあります!!
 スカイハイ、ファイヤーエンブレム、ドラゴンキッドです!
 なんと言っても、ファイヤーエンブレムの津田さんそっくり加減というか、地毛でネイサン役に挑んだ林野健志さんの本気と役への作りこみがそれはもう凄かったです。
 とにかく歓声もどこでも1番凄かったんじゃないか、というくらい本当にファイヤーエンブレムなんですよ!声も演技も津田さんじゃないの?と思ってしまうほどに凄かったです。
 そしてドラゴンキッド役の佃井皆美さんも本気で凄かったです。
 何しろドラゴンキッドと言えばアクションですが、佃井皆美さんのアクションっぷりと、キッドちゃんの声である「サァッ!」などの掛け声もこれまた伊瀬さんみたいで、素晴らしかったです!!こればかりは見て下さいとしか言いようがないですよ。
 いやはや役者さんのその役への作りこみがとにかく凄いのがこのTHE LIVEですね。とにかくどのシーンでも感動でした。
 キッドちゃんは、稲妻カンフーマスターでもありますからね。3、4メートル近いところからのジャンプや側転での攻撃など見所満載です。
 そして我らがスカイハイも代役となっておりますが、ワイヤーアクションがとにかく凄かったです。
 パンフレットで森田さんがワイヤーアクションは難しいと仰っているのですが、それをこなしてのスカーイハーイは、スカイハイファンにとっては激しく感動でした。
 ちなみにこのアクションですが、「ファーイヤ~ん」では本当の火とCGの火が。電撃はCGで再現。「スカーイハーイ」では本当の風が巻き起こり、スカイハイのヒーロースーツがたなびくのですよ!!!これにも感動でした。
 敵を倒していくのですが、とにかく湧き出る影の敵。
 しかしスカイハイが攻撃を外して天井を攻撃した際、敵は消えてしまいました。
 「不可解だ、そしてミステリー」みたいな名言を残してくれましたよ。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 場面はトレーニングルームへ。
 の前に、暗転中スカイハイが技に失敗し箱に落下したところがありました。
 箱に落下し動けなくなるというものでした。永徳さんが、23日のリハーサルのアクシデントで負傷してしまったことによる配慮だと思われます。
 それでもこうして永徳さんのキースが拝めたのはキースやスカイハイファンにとっては本当に嬉しいです!!ご無事で何よりでした。

 他のヒーローたちは各々で座っているのですが、正座している折紙先輩は自分が失敗したからと少々いじけ気味でした。
 そんなときでしょうか?変なマイクが画面に登場。
 ぼそぼそ喋りですよ(笑)
 耳を傾ければ大音量と!!
 斎藤さんはノイズというか音を遮断するものを開発したようです。
 この機会を使えばまったくの無音になり、ここからは声なし演技が拝めるのですよ!何より注目なのは永徳さんで、\(宣)/ポーズ可愛すぎです!!!
 ここら辺ですかね?バディがまた言い争うのですが、なんとバーナビーが虎徹をビンタ!!アニメでは逆ですが、まさかここで逆が拝めるとは…。

 そんなギスギスしている所に教官が登場!!!
 キースのことを箱入り息子と行った教官が登場(笑)
 オリジナルキャラであるヒーローアカデミーの教官役はあの有名な大葉健二さん。
 アカデミー卒業生であるイワンとバーナビーはすぐさま駆け寄り、特にイワンは教官は昔有名なヒーローで「ギャ」とか!!!!
 観客が爆笑するなか、イワンが「ギャ」と言えば教官がピストルで撃つ真似で「バーン」と!!本当に大爆笑でした。ギャバンネタが出るとは!
 そんなギャな教官は触れた相手のハートが分かるようです。
 ジェイクのように近くにいる人、ではダメだとイワンが説明してくれました。
 さて、教官はいきなり本当に突然なステップ指導を始めます。
 皆が真似してステップしている様を、永徳さんなキースは「楽しそうだ」と見つめていると…!永徳さんのステップも機会があれば拝みたいものです!
 その後、いきなり本番ということになってなんだ?と思っていると、「正義の声が聞こえるかい」が流れてくるではないですか!!
 正直、ここが最も個人的に心にくるものでした。というかもう一度見たくて見たくてしょうがないです!!やはりBD買うしかないですね!
 なんとまぁヒーロー全員の正義の声が聞こえるかいのカッコイイダンスが拝めるのですよ!!
 しかもキャラクタの色がたっぷり出ているんです。
 虎徹はやっぱりだらだら気味。パオリンはきっちりしっかり、最もキビキビと大きく動いています。
 そしてここで最も目がいったのはイワン役の高崎翔太さんです!!
 なんと言ってもダンスがカッコイイのですよ。高崎翔太さんはテニミュでも出演されているのでしたよね?だからでしょうか?とにかく一際カッコイイダンスで、惚れ惚れしてしまいました。

 更にアクションも大事だ!ということで、ここで大注目はやはりパオリンの佃井皆美さんですよ!!
 3メートルか4メートルくらいありそうな高さからジャンプしながらのキック!!!!
 これはもう拍手喝采ですよ!!
 ご本人のプロフィールに、要マットで6階から飛び降りれるとあるのですが、そんなアクションを生で見られるこの幸せをどう表現して良いのか…
 これは特撮とかアクションモノにハマる方の気持ちがとってもよく分かりますね。

 最後は全員の決めポーズとか!これまた全員カッコイイので、是非ともまた拝みたいのですが、永徳さんのキースがスルーに…そこを「それはやらせて!!」と永徳さん。
 ここはアドリブになるのですかね?
 箱入り息子ですが、それでもあのスカイハイの敬礼ポーズっていうのですかね?あれをビシッと決めておられてファンとしては感涙必至なものでした!!!
 とにかく1番かっこよかったです!!

 これを終えた教官は去ってゆくのですが、最後に10月20日からの宇宙刑事ギャバンの宣伝をしてからの去りとか!!!
 これもアドリブですかね?観客は大爆笑でした。

 虎徹さんの熱を冷ますのが僕の役割です、と言うバディのいいシーンもありながらの前半でした。



 休憩を挟んでの後半です。
 後半はアクションがメインなのでサクッと。
 ブライアンが誘拐犯であるのが分かった前半ですが、黒幕がいるであろうことを見ぬいたバーナビー。影を操るNEXTは誰なのか!?
 あっさり、バベルだと判明するのですが、ブライアンは能力を消してくれると言う代償に協力していたそうです。
 そしてバベルは次のターゲットであるブルーローズを見事におびき出し攻撃しますが、そこにはヒーローが!!

 スーツなしでの作戦担当はアントニオとイワン。
 この作戦のときにアントニオはアニエス直々に話を貰ったので、誘いの言葉をかけるのですが見事スルー…。
 アントニオの恋に進展はあるのでしょうか!?
 とにかくアクションな後半なのですが、イワンがこれまた凄いですよ!!
 高崎翔太さん凄いですね!!バク転を決めてのアクションあり、敵を倒せば歌舞伎ポーズありで、更にはCGを使いながらの擬態もありと本当にめまぐるしく凄いものが拝めました。ワイヤーを使ってのアクションもありました!
 更にアントニオもものすごかったです!!これはアントニオに惚れるファン多いでしょう!!
 「スーツがなくても硬いんだぜ?」みたいな名言を残しつつ、横山一敏さんもビシっとアクションを!!
 1番驚いたのは、2階席辺りの高さから敵を抱えてのダイブですよ!!役者さんって本当に凄いですね!!

 スーツアクター組も凄いですよ!
 後半は各ヒーローそれぞれソロでの見せ場がありました。
 客席を使ってのアクションであり、どの客席でも楽しかったと思います。
 特にスカイハイは2階席にも登場だったので、2階席の方でも間近でヒーローを拝める舞台でした。
 ソロアクションでは、ネイサンはギャグありで面白かったですよ~。
 スローモーションあり、白鳥の湖の情景ですかね?あの曲に合わせてのアクションありなど、ファイヤーエンブレムならではのシーンでした。
 そういえばスカイハイは天然っぷりも炸裂でしたね!!何故か影たちに運ばれるシーンとか(笑)
 永徳さん天然、いえ井上さんにならって自然と言いましょう、あの自然っぷりの演技がこれまた最高すぎでした!!
 なんというか最も可愛かったのはぶっちぎりでスカイハイだったと思います。

 黒幕であるバベルをいざ!というときにブライアンがやってきました。
 騙したことに対し、攻撃しようとしますがタイガーが止めます。
 死ぬほど音楽が好きなのに、そんな簡単にやめるな!と。
 しかしその死ぬほど好きな音楽を奏でようとすれば能力が発動し、ミュージシャンとしての活動はできません。
 そこでタイガーはギター以外を試したのか?と尋ねます。
 ここでタイガーが「ヴァイオリンとかオーボエとか」って仰ったのですよ!!中々ダブルリードが出るのは珍しいのでは?
 ここで本当に言いたかったのはオリエンタルタウンでの楽器ということで「三味線です」とイワンが答えてくれました!さすがです先輩!
 ブライアンはそれを聞いて、それでも能力が出たら?とタイガーに言います。
 ここの返事がタイガーならではだと思いました。
 そうしたらハンドレッドパワーを使って聴いてやると。
 ブライアンにとっては何よりも嬉しく心に響く言葉だったと思います。
 タイガーのこの何気ない一言が色々な人に影響を与える。それもまたタイバニだな、と思いました。
 でもやっぱり「あんたロックだぜ?」には「俺はタイガーだ」なんですけど(笑)
 そこも含めていいキャラクタですよね!

 最後は大団円になるのですが、楓を救出した際に助けたのはバーナビーだってことにしてほしいと!
 イワンがおぶってきたのですが、絵面的にも非常に可愛かったです。
 しかしながら楓が起きた際に、バーナビーが助けたというも既にいないこと、サインをもらってないことに怒る楓(笑)17話への伏線ですかね?
 あのデレっぷりに「楓~!」が聞けて本当に良かったです。

 最後はYou are the HERO!を踊りながらカーテンコールのようなものを!!
 ブライアンが三味線持っていたのには微笑ましくなりました。
 更にはお馴染みのオリオンをなぞるも!!会場の皆さんも大合唱ですよ!ココデオワルハズガナイノニという歌詞はまさにタイバニに相応しいものだなぁといつも思います。

 公式でオリオンをなぞるの手話ダンスが動画でアップされておりました!



 マシューさんも大活躍で、この方が会場の方や虎徹さんや楓ちゃんをインタビューされておりましたよ。
 見て楽しい!という舞台ですし、様々な方に楽しんでもらえるというものはとても素晴らしいことですね。
 手話は詳しくないのですが、言葉と動きのリンクというか、非常に分かり易いものになっているのですね。あっちこっちや、願うというのは見れば分かるという。
 これも、正義の声が聞こえるかいのダンスも覚えたくなりました。
 


 こんな感じの初演でした!!
 平田さんと森田さんのアクションもとにかくかっこよかったですし、凄かったです!!
 あの声で、あの御姿で敵をバッタバッタをなぎ倒していくのですよ~!!燃えました。本当に燃えました!
 何より、林野健志さんのファイヤーネイサンっぷりと佃井皆美さんのアクションはとにかく凄かったとしか言いようがないです。
 そして永徳さんのスカイハイの自然っぷりも最高でしたし、高崎翔太さんのダンスもやっぱり印象的でした。もちろん他の方もです!!
 とにかく最高で、とにかく面白い舞台でしたよ!!
 観客と一体になって。そしてどの席でも面白いのですよ!自分の近くで誰かがバトルしていて。でもまた違う場所でも誰かが。そして舞台上でもまた動くと、1回だけでは堪能しきれないと思うくらい盛り沢山なのです。

TIGER & BUNNY THE LIVE [Blu-ray] 映像で映し出されるとどうなるのか、また違うと思いますがとにかくファンなら見た方が良い!!と思える作品になっておりました。
 ヒーローたちのアクションを堪能出来る舞台で、本当に面白かったです!!

 既にBD・DVDで予約が始まっております。
 収録されるのは9月1日の公演だそうです。降板となってしまった永徳さんもメイキングには出演されるそうです。
 29日からはそれに伴い演出が一部変わっているとのことなので、どうなっているのかまたBDで観たいと思います。


 映像もフルに利用したとにかく大迫力の舞台。生で見られて個人的には最高の思い出になりました。
 まだワクワクが止まらないと言いますか…思い返して打っている最中もまた観たい!!という思いでいっぱいでした。
 やっぱりタイバニって面白くて最高ですね!
 キャストの皆さん、スタッフの皆さん、携わったすべての人に「ありがとう、そしてありがとう」の言葉を贈りたいです。
関連記事
スポンサーサイト


コメント

  1. アロイ | URL | -

    ついにこの日が…!!マリーさんの感想、楽しみにしておりましたよ~^^
    と言うかこんなにも細かいレポ、ありがとうございます&お疲れ様でしたー!

    正直、実写と言うことで(しかも舞台)アクションとかNEXT能力とかどういう風に再現されるのかなと心配だったのですが、とてもかっこよく作られていたようで一安心…どころか非常に気になりますね!!
    舞台であってもそこまでできるのですね~。どうしてもアニメとかだと現実的でないこともかっこよくできてしまいますから、そことのギャップが否めないと思うのですよ。でも、実写ならではのカッコよさが出ていたようで!
    やはり二次のキャラが目の前で生で動き回ると言うのはそれだけで大興奮なのでしょうね!!
    と言うか、虎徹さんが間近まで来られたとか!それこそ舞台を見に行った方だけの特典ではないですかー!!凄い!マリーさん、日ごろの行いよすぎっす!!
    観客まで巻き込んでの作品って本当にタイバニっぽいです。みんなで作っていくと言う感覚…やはり生で見るのが一番なのでしょうな!!羨ましいです!!

    ヒーローたちもアニメ版との違いがどうしても気になるところですが、その違和感も払拭するくらいにカッコいいみたいで!!
    と言うかそこまで本物に近い形で演技されているのですね。それは凄いなぁ…。
    それぞれがそれぞれのキャラを見事に演じきっているようで、楽しみです!!
    でも、一番は生のバディですけどね!!うはぁ!!見たいわぁ!!!

    舞台化と言うことで色々と不安な点が山盛り(笑)でしたが、今回のマリーさんの感想を読んでそれは杞憂だとわかりました。
    これは確実にBD買わないと!ですね!!

  2. 有華 | URL | PHnCRIic

    まだ千秋楽も残っているのに早速ネタバレって、どうなんですか?もう少し他の日に行かれる方に配慮して千秋楽まで感想は自重されるべきでは?

  3. マリー | URL | 1JkepbtE

    アロイさん

    見た後の興奮の勢いで書いてしまいました(笑)
    自分も、アロイさんと同じく、正直アクションや能力などの再現がどうなるのか等が非常に不安だったというか、あまり舞台化というものを観て来なかったので、どういうものになるのか…という感じでしたが、もう全然でしたよ!
    舞台の力をフルに利用した、と言いますかあれは演者さんは必殺技するの楽しいだろうな~というか自分もやってみたい!とか思ってしまいました。
    限りなくアニメに合わせてというか、まるでアニメの中に迷い込んだという感じの楽しさでした。

    虎徹さん本当に間近だったんですよ…!!!
    どのくらい間近って、手を伸ばせば普通に触れる距離なのです…!!(勿論手は伸ばしてませんよ?笑)
    あまりのことに真っ白でした。いやはやこれは生の特典でしたね。今までLVだったので、これは嬉しかったです。

    本当にやらせでもなく、観客を巻き込んでの作品というのは、やっぱりタイバニっぽいですよね。
    でもLVの人やネット配信の人でもあれを見れば一緒になって合唱などしたと思います!特にネット配信は自宅なので踊れますね(笑)

    声も違うし…と思ったのも最初で吹っ飛びました!
    こればかりは観て!としか言えないのですが、そっくりでした。元々の役者さんを最大限配慮されているその姿勢もまた素晴らしかったです。
    生のバディはもう素晴らしかったですよ~!!アクションも凄かったですし、森田さんキメキメでした。
    タイバニファンなら面白いと思います!!
    舞台のPVとかが作られればいいですね。そうすればもっと伝わる気が…!

  4. マリー | URL | 1JkepbtE

    有華さん

    はじめまして。
    ご指摘ありがとうございました。またお返事がこれに合わせてということで、遅くなってしまったこと、誠に申し訳ございません。
    今回はHERO AWARDS2011とは違い公式で解禁の指定がなかったということで、そのままあげてしまい大変申し訳ございませんでした。
    決して、この作品を軽んじて感想を初日にあげたわけではないということが少しでも伝われば幸いです。
     
    この件に関しまして、様々な方にご意見などを伺いました。
    有華さんが仰ることも最もでございますが、反対の考えを持つ方もまた多数いらっしゃいます。
    ご意見を伺う前にも、このブログには解析をつけておりますがこちらの舞台の感想を求めて来て下さった方が大勢おります。
    ネタバレ自体を配慮すべきという方もいれば、読んで予習をしたいという方、読んでLVやネット配信を観てみようと思う方もいらっしゃるのです。
     
    ではそのどちらの方にも対応できる方法があるのか、と言えばそれは現実では不可能に近いです。
    ネタバレに遭遇しないために鍵をかければ検索から弾かれる為に、読みたい方が読めなくなってしまいます。
    自分としては、読みたいという方を何よりも大切にしたい思いがございます。
    ですので、今後は公式で指定がなければ初日にあがることもございます。ネタバレがあるという警告を分かりやすくし、対応していきたいです。

    先にも書きましたが、公式で指定があればそれを第一に守ります。
    作品に打撃を与えるために書いたものではないことなども、ご理解頂ければ幸甚です。
    情報が溢れるネットですので、書き手や読み手その両方が思いやりをもって発信・受信することが出来ればよいですね。
    最後に改めまして、大変ご迷惑をおかけしたこと心からお詫び申し上げます。

  5. | |

    管理人のみ閲覧できます

    このコメントは管理人のみ閲覧できます

  6. 柳 智己也 | URL | -

    参戦お疲れ様でした!
    ああああ本当に素晴らしい舞台だった様で…っ
    DVDの到着が非常に楽しみです\(//∇//)\



    シナリオもそうですが、アクションもリアルに表現されていて
    キャラクターを大事にしてくれて とても完成度が凄いものに
    なってて、タイバニの世界観がそのまま出ていたなんて本当に素敵ですよね…!
    タイバニ凄い!愛に溢れてる!(*^^*)


    声優さんご自身が演じられるとの事で何という幸せ!と驚き叫んだバディ、
    そしてキャラクターを素晴らしく、リアルに、表現してくれたヒーロー達かっこいい!勿論アニエスさん達も!)
    本当に今すぐ観たい!笑 うずうずしています


    永徳さんの事はついったで状況見ていたんですが、
    非常に切ないです
    本当にゆっくり休んで頂いて、元気になってもらいたいですね
    そしていつかまた彼にキースさんとスカイハイを演じて頂きたい…!


    感想記事ありがとうございました!


  7. マリー | URL | 1JkepbtE

    柳 智己也さん

    いやはや本当に素晴らしい、実に素晴らしいとしか言いようがなかったです!!
    どんな媒体になろうとも、本当に面白く出来るんだなと感動しました。
    スタッフさんの並ならぬ努力というか、役者さんたちも本当に素晴らしくって、タイバニって凄いっていうのに結局落ち着く感じです。
    本当に愛に溢れていました!!!
    とにかく役者さんたちの元のキャラへの配慮などが凄くてですね、その中で自分の役者さんとしての魅せ方もきっちりしていると言いますか。
    やはり見てください!としか言えないです(笑)

    柳さんでしたら平田さんと森田さんはもう失神かもですよー!!
    そのままですしね!!
    画面でどういう風に映りだされているかが分からないので、詳しくは分かりませんがきっとあのシーンとかあのシーンとか悶絶ものかと。ニヤリ!!

    永徳さんのことは本当に残念ではありましたが、ご本人さんが何より色々思いますよね。というより無事で何よりでした!!
    またメイキングやそれ以外でキースが拝めたら嬉しいです。凄く自然っぷりが出ていて、ますますキースファンになりました。

    11月発売と割りと早めの発売なので、楽しみですね♪

  8. マリー | URL | 1JkepbtE

    拍手レスです。

    はるさん

    お待たせしました!そして何より、以前の件に関しては本当に本当にありがとうございました。
    あまりにも興奮しすぎて、かなり時系列があやふや&平田さん間近のところは本気で何も覚えていないという有様ですが、覚えている限りをぶつけてみました!そう仰って頂けて嬉しいです!!

    本当にファイヤーエンブレムの林野健志さんとドラゴンキッドの佃井皆美さんはとにかく目に入るという感じというか、ついついそちらを見てしまう観客を惹きつけるお力がある役者さんなんだなって思いました。
    特に林野健志さんは、初演でも多分バディと同じくらいに出る度に歓声あがってましたよ!
    そして再現率凄いですよね!!
    衣装さんも、ヒーロースーツの方も一ミリたりとも気を抜かない、というような気迫を感じるような完成具合ですし、タイバニって本当に凄いなぁと思いました。
    平田さん、本当に虎徹さんにしか見えないですよね!森田さんもバーナビーにしか見えなかったです!!
    自分も初めは不安だったのですが、本当に杞憂でした。
    役者さんも凄いですし、スタッフさんも凄いですし。ありきたりな言葉ですが、今でもあの感動が蘇るという感じです!!

    少しでも楽しんでいただけたら冥利に尽きますよ~!!(涙)
    なんだかんだ劇場版ももうすぐですし、タイバニラッシュですね。

  9. 姫 | URL | -

    マリー様~、舞台レポどんどんパフパフです(>o<)//。私もDVD待ちですが、マリー様の興奮(鼻血ブー/古)が手にとるよう(笑)。
    ほんとに生で見たかった。二次元作品が三次元作品に華麗に変身出来ちゃう役者さんの実力やスタッフの技術力諸々。タイバニに限らずですが、凄いの一言ですよ。
    そして、劇場版までカウントダウンでしょうか。前売り券OK、事情により初日NG(オイオイ)。
    去年の今頃はバニーちゃんの記憶は戻って…ギャー虎徹さん!!ってな予告辺りでしたかね。早いなぁ。
    あらあら舞台の感想だったのに(苦笑)。
    ではまた(^_-)☆

  10. マリー | URL | 1JkepbtE

    姫さん

    いやはや本当に鼻血ブーですよ!!!
    すっごく感動しました!TVで観るのが待ち遠しいです!!
    そして読んで下さってありがとうございます。
    毎回タイバニはチケット戦争ですしね…自分も他のイベントも生で一度は見てみたいです!!
    二次元が三次元になるって本当に凄いなぁと思いましたよ。
    役者さんは勿論ですが、スタッフさんや携わった方々が如何に素晴らしいかが分かりました。どの作品でもこうなんだろうなと思うと胸が熱いです!
    本日放送されたHERO RADIOで森田さんが裏話を語って下さってますよ~♪もしご興味ありましたら再配信がお昼頃あるので是非聴いてみてくださいな。

    劇場版までカウントダウンですよね!!
    前売り券OKですよ!イベントがまだちょっと分からないのですが…
    お互い楽しんで見れるとよいですなー!!今、再々放送が丁度その記憶が戻って、虎徹さーん!チャーハーン!なところですよ。
    本当にあっという間ですよねぇ。しみじみ。
    また是非お話しに来て下さいませ♪

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)