イース セルセタの樹海 プレイ日記5

2012年10月03日

netabare.jpg
 とある地名の名前を間違って覚えて書いていたのに気付きました!!!
 慌てて直しましたが、お恥ずかしい限りです。こういうのしょっちゅうあるので、「この名前違うぞ!」というのがあったら是非教えていただきたいです。

 話を戻しましてセルセタです。
 自分がプレイしたことのあるイースシリーズの中で今のところ1番好きな作品です。
 システムと、あとはキャラクタがとてもいい事でしょうか。この辺は人それぞれになると思いますが、自分の好みと合うのです。やりこみ要素の部分でも、好きなキャラクタばかりだとモチベーションが違うので素直に嬉しいです!

 それからコメント欄でも語ったのですが、やっぱり街の人たちなどもモブも凄く面白いですよね!
 今回は動物がいっぱいいるので、動物好きな自分にはそれもまた嬉しいです。特に猫とか猫とか猫とか。


 以下ネタバレなので追記に。地下遺跡~カンリリカ加入までです。




 遺跡へと向かうのですが、カーナは何か気になることがあるようですね。
 そしてここでパズルがあるのですが、こういうのが非常に苦手な自分は詰まりかけました(笑)とにかく押しまくってなんとかクリア出来ましたが…。
 ここでデュレンのトロフィーも貰えました。次はオズマやカーナを積極的に使って行きたいです。

 《古の地下遺跡》に入ると、《キャスナン》でも見かけた像があります。800年前の王国のものなのでしょうか?
 ここでは精霊の衣が入手でき、ダンジョンでも立ち止まればHP回復出来ます。ゴリ押し戦法の自分には非常に助かります。

 ボス、エルヴァーロンにも出会いました。しかしこのスクショはヒドイですね(笑)

ysc39.jpg

 足を狙ってダウンさせると、真ん中の口ですかね?から赤いのが見えるのでそこを攻撃というのを繰り返しました。

 意外と呆気無く遺跡を通りぬけると、目の前にあるのは墓地でした…。カーナはやっぱりお化けが恐いタイプではないんですね(笑)
 しかしここで目にするのはアドルのお墓と…。
 デモかOPでもあったシーンですよね?どういうことなのでしょうか。
 そしてここでカーナが、あの遺跡は最近人が入った形跡がないと気付いていたことを話してくれました。空を仰げば、毒のときに見たヒコーキらしきものも見えます。分からないことだらけですが、アドルの脳裏にエルディールの声が!!
 やはり田中秀幸さんの声は本当に癒し系ですね。そしてどことなく色気を含む声で、たまりません。



 《高原の小道》を進むと、街や塔が見えてきました!
 今までのパターンですとアドルが問題起こしている可能性が大、ということでカーナやオズマに笑われております。が、ここではオバケ扱いでした(笑)
 そしてカンリリカ(CV:小倉唯さん)が登場に!!

ysc41.jpg

 しかしカンリリカは見ただけでアドルが記憶喪失なのを見抜きました。凄いですね!どういうことなのでしょう。しかもダメ出しまでされましたよ!

 《叡智の街 ハイランド》です。

ysc42.jpg

 今までの街や集落の中でもこう落ち着いた感じなのですね。
 アドルたちはカンリリカの祖父でもあり町長のアーロンから話を聞きます。どうやらアドルは滝に荷物を残して姿を消したのだとか。それで探しまわっても見つからなかったことから、亡くなったとされたと。
 とにかく一旦休むことになったのですが…

ysc43.jpg

 カーナの寝言シーン可愛いです!!!
 デュレンの口からはフリーダの名前が出ていますね。デュレンの謎もそろそろ分かるのでしょうか?しかしデュレンの寝相は凄かったですね。豪胆というか。
 さてアドルはと言えば寝付けず街をうろうろします。
 礼拝堂に立ち寄れば、そこでまた記憶が蘇ったようです。リーザといるみたいですが…
 エルディール(CV:田中秀幸さん)が!!!

ysc45.jpg

 あのヒコーキを飛ばしていたのはエルディールだったのですね。
 人はいつか自らが創りだした翼で空を、と言うのですが…。それから更に仰天な事実も判明しました。ここ、エルディールの住まうところにはすべて将来発明されるものがあるのだとか!
 エルディールはここの《知恵》を人に与えることで歴史の調和を計っているらしいのです。現在よく耳にするアルタゴの最速の船もエルディールが《知恵》をもたらしたようですね。

 意識が戻ったアドルの前に現れたのは、リーザ(CV:白鳥由里さん)でした。

ysc46.jpg

 これは可愛すぎると思い激写しました!!!
 しかしここで選択肢が出るのですが「リリアかリーザ」なのですよ。リーザにしてしまったので2周目はリリアにしたいと思います。
 リーザからはエルディールがアドルを選んでこの地へ招待したんだそうです。が、《知恵》を授ける前に消えてしまったとか…。そしてここから出ると外部の人間はその間のことを忘れるようになっているらしいのです。
 しかし名前やそれまでの記憶までは消えないとのことで、謎は深まるばかりです。



 翌日は皆で行動します。
 ここで面白かったのがデュレンとカンリリカでした!デュレンがカンリリカに尋ねるも、「それが物を聞く態度ですか!」と一喝。しかし「オマエ年下、オレ年上」とか!!この二人大好きです!!
 さて、《知恵》のことも少し聞けました。
 この地にいることを忘れてしまうなら、《知恵》も忘れてしまうのでは?というオズマの鋭い指摘には、その《知恵》は自分で考えたかのように思い出される仕組みになっているんだそうです!凄いですねぇ。あくまで神のような存在は伏せておくのですね。
 そして、あの塔ですが周囲の雷雨は《雷雨の聖域》と呼ばれ、無断で入ると黒焦げらしいです…。

 いよいよ街の散策が出来るようになりました。
 ここではあのアドルのお墓に、荷物が入っていることが聞けましたよ。
 そしてショップの人の名前が「ウーナ」で思わず反応しました。フォルちゃん!!
 ここの猫はアルノーというのですね!!可愛いです。
 街の人からは、大河でバミーとガディスらしい男女を見かけたという情報も得ました。やはり繋がっているんですねぇ。
 あとはピッカードもいるのですが、話しかけられずどうやるのだろう?と思い外に出ると裏口から入れるようになってました。が、そのとき…!!

ysc47.jpg

 みしし!!!ここにいたんですか!!初めて見つけましたよ!!
 トロフィーは遠そうです。

 樹海の各地で見つけた羽根の生えた像はエルディールだったことも判明しました。
 さらに直接エルディールに仕える人を《使徒》と呼ぶのだとか。
 口ぶりではまだ他に連れてくる人間がいるような感じでしたが、誰なのでしょう?



 ここいらで4人で情報を整理&話し合いです。
 やはりアドルの荷物を墓から出すしか手がかりはないだろう!ということでいざ墓地へ。
 墓地まで行くと、デュレンが「野郎ども!」と声をかけるのですが、「誰が野郎よ」という感じでカーナが突っかかるのですよ!こういう小さなやり取りが好きです。
 しかしいざ掘り返すも、棺の中は空。
 しかも千切れた手帳の一部分まであり、そこには「…から仮面を預かった」という文章が。どう考えても誰かが持ち去ったのでしょう。しかし誰がいつ何の目的で持ち去ったのか皆目分かりません。

 やはりエルディールに会おうということになるのですが、リーザは今彼は体調が悪いということを言います。病気にならないはずの彼が何故なのでしょう?
 しかしどうにも不自然な態度です。これはデュレンも見抜いていたようで、今から塔に行こうと!立ち止まってはいられない!待ってはいられない!ということで、アドルたちは塔へと動き出しました。

 街も少し歩けるのですが、ピレモンのところでガゾックと対面しました!!!
 しかもここ出身という脅威の事実まで!!ピレモンの弟ということにも驚きましたよ。

 《聖域の参道》では記憶もありました。リーザやカンリリカとの出会い編でした。
 ここの参道にはLv30の魔物もいますが、Lv22で倒せますね!良かったです。
 道中でテントを張り、エルディールと話した記憶を思い出します。あの球体はまだ秘密なんだそうですね。アドルがいる世界の地球儀っぽいですがどうなのでしょう?
 そしてリーザとアドルを見て「お似合い」だと茶化すエルディール。
 ここからがまたまた爆笑でした!!
 アドルのことを興味の対象があまりに広いとか!!(笑)

ysc48.jpg

 今までもこれからも現地妻いっぱいってことですね!!

 《雷雨の聖域》に立ち入るも、妙な機械には誰も固有のアクションができません。
 うろうろしていたら雷に打たれてしまい、強制的にテントへ。
 そこにいたのはカンリリカですよ!

ysc49.jpg

 オズマはやはり真面目ですねぇ。プレイしている内に、オズマの贔屓度も若干上がって来ました(笑)
 話を聞けば、カンリリカもリーザの不自然さに気付いていたようです。
 ここで人のいいアドルはカンリリカに命令をします。自分が命令をしたということにすればカンリリカは叱られないという魂胆です。優しいですね!
 相変わらずデュレンとカンリリカは面白い掛け合いをしておりますが。
関連記事
スポンサーサイト





コメント

  1. SHOES | URL | 5WBiuDTc

    色々訂正です

    もう全部蹴りでいいんじゃないかな→なんであんなこと言ったのだろうか……(あるアイテムをデュレンに装備した後で頭を抱える)→(開き直って)足技が増えるよ! やったねデュレンちゃん!!

    今日ついに、一周目クリアしましたよ! ただ、トロフィーは攻略本に一切頼らず、半分すら(47%、おしい)埋まりませんでした。おのれみっしぃ、どこにいるんだ……! 今度は攻略本を当てにセルセタを踏破したいです。

    >え!?オリジンってフェルガナレベルなんですか!!?
    いえいえ、イース・オリジンの「ナイトメア」が「フェルガナのナイトメア」より難しいと言おうと思ったのですが、少々文が足りなかったようです。猛省です。
    イース・オリジン自体は、三人分のアクションを覚えるのが大変・三周分のシナリオが面倒ですが、難易度はハード以下ならフェルガナよりも随分と楽な謎解きや雑魚・ボス戦闘なのですよ。すでにステージや仕組みは三周して学習しているわけですから(もっとも、『三人目』でちょっと変化があるので、油断は禁物ですが)。
    フェルガナノーマルをクリアできるなら、オリジンのハードもいけるかと思われます。
    三人分ノーマル初見でも、合計30時間以内で収まりました。まぁ、フェルガナなどで臥薪嘗胆の思いで訓練した結果なのですけれどね……。
    それでも、「インフェルノ」が存在しない分が「ナイトメア」にかかってきているようで、しばらく放置しているわけです。

    セルセタの後で、自分はクロスベルマラソンが待っているわけですから。

  2. マリー | URL | 1JkepbtE

    SHOESさん

    まさかのたえちゃんネタがデュレンで拝めるとは!!
    そして、クリアおめでとうございます!!自分も1周目は自力で頑張っておりますが、トロフィーどこまで埋まるやらやら…
    みっしぃは今のところ1匹しか見つかっておりません。全然見つからないですねぇ…。
    2周目は自分も攻略に頼ろうと思います。

    ナイトメアがフェルガナのナイトメアより、でしたか!
    こちらこそ理解力が足らず申し訳ないです。ご丁寧な解説ありがとうございました!!
    オリジンは、そういう風になっているのですね。そうですよね、既に3人目の場合は3周目と同じ事ですしねぇ。油断はせず、やっていけばイケると!
    フェルガナはノーマルで始めましたが、難易度下げるでリトライしまくっていたので実際1つのボス以外はベリーイージー級だったと思います(笑)
    30時間でですか!!それはもうSHOESさんの努力の賜物ですね!
    インフェルノとか想像しただけで気が遠くなる次第であります(笑)

    そうでした!!クロスベルマラソンが待っているのでしたよね!!
    ぜひぜひ楽しんで下さいませ~♪自分はまだ購入は不明です…セルセタではプラチナ取ってみたいですけど、アクションなので難しいだろうな~なんて思う日々でもあります。頑張るしかないわめ!!

  3. 3倍 | URL | -

    少々追いついてきました!
    掛け合い楽しいですね!これはイース7よりも楽しさがアップしてますね。
    所々オルタゴとか周辺諸国のお話も出てきてシリーズを通してやっている人にとってはうれしい部分かもしれませんね。

    アドルのセリフの選択肢とかいちいち吹くんですがw
    こんな言い方しないだろう!って勝手に脳内で創り上げたアドルを想像しているので一人突っ込みいれてます。

    ところでぼくは気持ち的にどうしても「リリア」を選ぶ事が出来ませんでしたww

  4. マリー | URL | 1JkepbtE

    3倍さん

    もう皆さんクリアしまくっている感じですかね?
    自分も後少しかなーなんて思っていたら全然でした(笑)
    掛け合い楽しいですよねぇ!!同じく7よりも楽しさが増していて、更に面白くなっているな~と。
    そうなのですよね!!おお!7の!!とか思いながらプレイしています。
    でもこの時アドル18歳ですし、あと数年後の話なのですよね。まだアイシャは小さいか~とか考えると萌えます。

    選択肢爆笑です!!
    なんだかどんどこ自由になっていく感じがして面白いです。
    こっちにしたらどうなのだろう、という楽しみもありますよね!
    3倍さんのアドルはどんな感じなのかちょっと気になります。

    リリアを2周目で選んでみたいですが、イベント的には心抉る展開になりますよね…!!
    一体どうなってしまうのか!?

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)