HERO RADIO #30感想

2012年10月22日

netabare.jpg
 公開録音は終わったのですが、あの夢の様な時間の余韻にまだ浸っております…。
 感想はオンエア時に書く予定なので、とりあえず一言言うなら「森田さんのプロ魂を見た」でしょうか。
 彩夏涼さんや長塚全さんも勿論素晴らしかったですよ~!!お二人ともすっごく素敵でした。
 ナンジャタウンのスタッフさんも本当に素晴らしくて、心から盛り上がった公開録音になったと思います。
 それにしても昨日で40歳になられたのですよね、森田さん。本当にお若く見えると思います!!

 さてさて今回のRADIOのゲストは、待ちに待った池頼広さんと、田村プロデューサーです。
 田村プロデューサーさんは最終回イベントでお話を聞けたのですが、池さんはこういうのは初めてですかね?
 とにかく音楽に魅せられたので、すっごく楽しみでした!!


 以下ネタバレなので追記に。



 最初に一言。
 今回ゲストさんはRADIOは出ないってことですか!!?ガーン…。これは星空サンライズさんの配信待ちするしかないですね…!金曜日まで全力で待機したいと思います。
 来週もそうなのでしょうか?

 さて、気を取り直して感想です!
 最初のRADIO説明部分が録音だというのが公開録音でやっと分かりました(笑)
 毎回バーナビーさんが言っているのかと勘違いしてました!
 ハァイ!TIGER&BUNNYの連邦派かジオン軍派かと言われれば連邦派な方バーナビーです、で第30回が始まりましたよ。
 「親にも殴られたことがないのに」という名セリフをバーナビーさんが再現してくださいましたね。
 これってガンダムネタですよね…?ガンダムはまったく分からないので、間違っていたらすみません。

Memories of The Beginning!

 今回のこのコーナーは2通紹介がありました。
 最初の方はヒーローの変身シーン。いえ、ヘンスィンスィーンのことについてですね(笑)
 バニングリッシュで正しく言うには「変身スィーン」とのことですが、もう「ヘンスィンスィーン」でいいと思います!!
 劇場版ではバーナビーのスーツについている羽っぽい部分がちゃんと機能されていたと!確かにTV版ではビヨンビヨン動いていたくらいですかね?機能すればちゃんと救助の幅が広がると!!
 更にクソスーツのこともあったのですが、ここはやはりクソスーツと言ってしまって言い直すバーナビーさんが注目かと!!きちんと「ワイルドタイガーさん」と言っている姿に驚きました。
 ちなみにバーナビー自身は、水道で鏡を作って化粧をするカリーナが印象的だったそうですが、緊急なので早く現場にとか思ったとか!!
 しょうがないですよ。この頃のカリーナはヒーローなんてやりたくてやってるわけじゃないし、な頃ですしね。
 何より、これ言ったらブルーローズvsバーナビーになってしまいますよね!BD2巻のオーディオドラマを彷彿させるような所で面白かったです。
 
 次の方は、1番うるうるっときたのはバーナビーが遊園地にてとある父親を救出する姿からのシーンだったと。
 あのシーンも本当にいいシーンでしたね!
 劇場版はとにかくツンツンどころか嫌な人にも見えるような姿が目立ちますが、その中でもバーナビーの根底にある”家族”への思いが覗いたシーンでしたね。
 バーナビーさんは、家族の大事さを身に沁みて分かるようになった。他のヒーロー、敵に会って他者の大切さを思い知ったとお話してくれました。
 本当に森田さんがバーナビーを理解しているからこそ、こういうお話が聞けるのですよねぇ。作品に対しての思いが伝わるコーナーだと改めて思いました。



 この新しいコーナーのバニングリッシュが聞き取れなくて(&自分が物凄く外国語が出来ない)未だにコーナー名を書けないのです(笑)レコメン…?
 ご存知の方是非教えて頂きたいです!

 今回のこのコーナーは、以前イベントであったRihwaさんと米たに監督のお話の様子を一部聴けるというものでした。こちらは参加していないので、非常にありがたいです!!
 突然お話が始まるのですが、これは劇場版のお話でいいのですよね?
 その場で相談して決めたアドリブというのがここで公開になったりしておりました。
 ロックバイソンの台詞のほとんどがアドリブとあったのですが、これはTV版から発展したのでそういう風に仰っったのか、はたまた劇場版でも「ぎゅ~」とか「うっし」は楠さんのアドリブだったのですかね?
 
 米たに監督のこだわりのシーンのお話もありました。
 遊園地のお客さん&従業員さんだとか!!これはまさかの!!あのシーンもほとんどヒーローやロビンを追っていたのでこれはまた見ないとですね。
 ちなみに、従業員さんはちゃんと何種類も制服やバッジなどの設定があり、役職によっても違うのだとか!
 これは本当に細かいなぁと思いました。

 Rihwaさんのお話もありましたよ!
 挿入歌ということで、プレッシャーというよりも作品に対して等のそういう気持ちに応えたいという思いが強かったそうです。
 TV版も視聴していたようで、完璧ではないヒーローたちが壁を乗り越えたりしていくという人間臭さが凄く良かったなどなど。まさにタイバニのキモというか、面白い部分ですよね!
 既に色々と把握済みだったようで、監督との打ち合わせの時点でシンクロしていたとか!!
 本当はもっとあのシーンは長かったようですが、あの長さになり、またそれが良かったんじゃないかという監督のお話も伺えました。
 ちなみにあのシーンは作った人も泣いたそうです。作業量の多さに(笑)
 でも思い返すとあのシュテルンビルトの街中を上から下までですもんねぇ…想像するだけで…
 しかしあのシーンは本当に号泣でした。ハンカチなしには見られないですよ…!!
 まず最初の歌詞の部分であの、虎徹さんと友恵さんの病室での別れのシーン思い出して号泣ですよ。
 書いてる今も泣きそうです…。
 他のヒーローが虎徹がこういう別れをしたというのを知らないというのもまたぐっときます。
 それでも何も言わずに、ずっとヒーローを続ける姿は外野がなんと言おうとも紛れもなく立派なヒーローですよね。

 というわけで、本日のオンエア曲はRihwaさんの「約束」のライブバージョンでした。



 画面が見えないですよ…!何度聴いてもあのシーンを思い出して泣けます。
 そして来週はRADIOにもゲストの方が来て欲しいなぁと全力で思います!!!!
関連記事
スポンサーサイト





コメント

  1. アロイ | URL | -

    私も最後のRihwaさんの曲で「うわぁぁぁぁ」ってなりました!!
    思い出して泣いちゃう!!私はやはり、あのシーンが一番ジワってきましたよ…。
    虎徹さん、本当にヒーローですよね。かっこいいです!!

    へんすぃんすぃーん(爆)もう、ずっとバニングリッシュだと、どこをどう読んだらいいかわからなくなりますよね。でも、クソスーツはバニングリッシュじゃなかったですよね。CDではバニングリッシュだったのに…(平田さんが)
    で、そのヒーローの変身シーン。バーナビーさんの言うことも最もだなぁと思いましたが、マリーさんの意見を聞いて「なるほど」ってなりました。
    そう言えばあの頃のブルーローズはヒーローやりたくなかったですもんね。
    犯人確保よりもアイドル的側面の方が強かった感じしますし、ああなるのもしょうがないのかなぁと思いました。

    そしてバーナビーの家族を思う感じを思い出して早くBD出てくれ!!ってなりました!
    そのあたりいろいろ考えながらじっくり見たいなぁと思います^^

  2. マリー | URL | 1JkepbtE

    アロイさん

    「約束」は涙腺崩壊ソングだと思います!!!
    本当に「うわあああ!!」ってなりますよね!!画面見えねーよー!ってなりましたもん!
    あのシーンは泣かせにきてますよね。本当カッコイイですよ虎徹さん!!
    最愛の人の大好きなヒーローという姿のままで最後までいられたと思うと(涙)

    ヘンスィンスィーンでもういいと思います!!!(笑)
    >でも、クソスーツはバニングリッシュじゃなかったですよね。
    ああああ!!!本当ですね!!クッソスゥーツじゃなかったですね!!やはり平田さんが仰ったからでしょうか?

    劇場版は3話目前ですし、あの頃はヒーローなんて!!なブルーローズですし、そう考えると化粧第一ですよねきっとと…!
    4話以降であれば、先に駆けつけてたかなぁとか思っているのですがどうなのでしょうね~!!
    というかアロイさんとのお話で思い出したのですが、バーナビーは仕事を放棄してたとき(7話くらいです)ブルーローズが代理に来てましたけど、そのことについてお礼を言ったりしたのかどうか凄く気になりました!!(笑)

    BD本当にはよっ!みたいな感じですよね!!
    あの遊園地のバーナビーさんと父子のシーンなども、そういうのを踏まえてまた見直したいですよねぇ。いつ発売になるのかも気になりますな!

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)