フロンティアゲート プレイ日記29

2012年11月27日

netabare.jpg
 2周目という感じなので、色々と他の人物を見ながらイベントシーンを見られるのがいいですね。
 あのキャラはこうやって動いていたのかとかとか。
 どのキャラのお話もやっぱり良くて、じっくり味わっています。1周目で回収出来なかった台詞なども見ているのですが、ルーティルが本当面白くて癒しだなぁと。
 パートナーメンバー2大面白キャラってルーティルとエミリオかな?とか思ってます。
 ツンデレ代表はダンデス、ディジー、シグリッドですかね?いや、ダンデスちゃんは乙女代表かもしれないです…(笑)

 それから、コマンド式のRPGですがダンジョンで格下の相手ばかりか~なんて思っていたら、いきなり強敵が出てきて瞬殺されたりというのもまた面白いです。油断ならない、それがフロゲ!!


 以下ネタバレなので追記に。クリア前提の内容なので、未クリアの方はご注意を。





メインシナリオ

 踏破せよ!をクリアすると、地区が増えていきますがゼフィラス第2地区を開放するとまたお話が聞けます。
 ゼフィラス族は昔、強大な力を持っていたもののそれが原因となり争いが起き、そうさせないために力を手放し禁止にしたそうです。その力はコフォルの門に眠っている最悪と一緒だとか。
 どの地方に行っても、必ず”コフォルの門”というのと”オルタスは危険”というのが伝わっているのがキモですよね。

 フロンティアゲートの好きな所の1つに、依頼先によっては開拓者やその地方の現地民の方がいる場所があります。そこで色々なお話を聞けるのですが、ボリアス地方が割りとノリノリだなぁとか。
 この時点では、男女の開拓者ペアがこんな会話を(笑)
 男「うー、やっぱりアムシュは寒いなぁ。…誰も見ていないことだし、二人で温め合わないかい?」
 女「へえ、そんなに寒いんだ。顔面に『イグディ』をお見舞い…で、いいかしら?」
 この会話を見た瞬間、この開拓者男ってフォルカーじゃないか?とか思いましたよ(笑)この手のネタはフォルカーの十八番というか。
 この他にも、オーロラを見に来ているカップルではない開拓者がいて、男性ははしゃいでいますが女性が妙に冷静だったりと、面白いです。
 もっと先ですが、ソンツァルナ宮でフロンティアじゃんけん熱中している開拓者もいますしね!

 手記5を入手します。
 拠点は英雄だけなく、共にやってきた仲間たちも尽力したそうです。拠点に残ったものもいれば、本国にもどって調停役になった人もいるとか。そういう風になっていたんですねぇ。
 そして、バルトゲートの論説のこともあります。
 彼を正しいとすれば、アストラムは元々自然界に宿る魔力を精製したもの。それが自然の中に戻ることによって、未開拓地の自然が蘇ったとなるそうです。だからこそ、フロンティアには各地に点在しているのですね。そして自然が豊かです。

 各所にて分かることですが、ノトス族はオルタスへ行きたがる人が少ないようですね。何されるか分からないからとのことです。やはり争いが生み出した犠牲は根強く残っているようです。
 ゼフィラス族は多少打ち解けてきた様子ですかね?
 オルタスの女は可愛いと言いますが、ニケが最も可愛いと!
 更に、フロンティアダイエットなるものが一部開拓者の中ではあるそうですね。まさかダイエットのために開拓者になる女性陣がいるとは…凄いです。



クロトキのシナリオ

 何回か一緒に依頼をこなすと、ウツギ殿が礼をしたいとクロトキから言われました。
 前回プレイしたときは分かりませんでしたが、去り際にウツギが「あの方ならばきっと──」と言うのは、クロトキのためのことだったのですね。主人公の内面に持っているものをいち早く見抜き、クロトキにとって良い方向へと導いてくれるだろうと思っての台詞だったのか、と思うと改めてウツギの凄さが伝わります。
 宿を出ると、クロトキが嬉しそうにウツギの人望のおかげで開国派はまとまっていられると話してくれます。ウツギ殿、ウツギ殿なクロトキですし、本当に惹かれているんだろうなと思います。このクロトキの葛藤も想像するだけで凄そうです…。
 ウツギもクロトキのことを本当に理解しており、「あれは頑固だが、情に厚い男」と評します。
 この発言がのちのシナリオに繋がるんですよね。「裏切れない」というあのクロトキの言葉は心を掴んで離しませんでした。また見られるのが本当に楽しみでしょうがないです。



ダンデスのシナリオ

 シン討伐は好きなパートナーを行けます。が、結構キツイのですよね…。
 シンを誘い出すために花雨香の強烈な香りを放つ主人公は、道中出会うエウロス族の人にも「鼻がひん曲がりそうだ」と言われるほど!!可哀想です!(笑)
 討伐したあとは、主人公の実力を見抜いていたダンデスがギルドに。初代開拓者の世代の人物です。このぎるますさんとダンデスのやり取りがいいんですよねぇ!何度聞いても和むといいますか。貫禄ある男性陣の気のしれた仲間とのやりとりっていいですね。

 ダンデスは酒場で飲んでいる、または引退したというイメージが付きまとっていますが、エウロス族に初めて接した人であり、キルケニアの誇りです。
 エウロス族は、ダンデスだったからこそ協定国の人と仲良くしようと思ったと言ってくれますよ!つまりダンデスでなければ…と思うと凄いですよね。

 そんなダンデスに、なぜ開拓者になったか?と問われ、「お年寄りは大切にな」との台詞が!!
 しかしながら、過酷な開拓者の状況も教えてくれます。英雄に憧れてフロンティアへ来るものの、ケガで半分以上が故国に戻っている状況だそうです。それだけ過酷なものなのですね。
 その後、またシンが出たとの噂が。雨霧香を作っていざ出発へ!
 シンには痛い目に遭わされたようで、だからこそ詳しいのだとか。しかしそれがあったからこそエウロス族とも知り合えたようですね。シンが繋いだ絆、という訳でしょうか。
 ダンデスは、主人公に英雄二人の面影に被るそうで、どうにも居心地悪そうです。ぎるますさんはズバリ、あの頃の忘れ物がくすぶっているんじゃないのか?と言いますが…。やはりダンデスとぎるますさんのやり取りはいいですね。
 というかぎるますさんて、ダンデスより背大きいですよね?物凄く長身な気がします。



ニケのシナリオ

 何度か依頼をこなし、ニケが自分も頑張ったら協定国へ行けるの?とぎるますさんに。もう少し頑張れば行けるという返事をもらい、大喜びです。
 ぎるますさんとニケのやりとりも微笑ましくて好きなのですよね。
 しかしニケはあくまで「行けたかも」という過去形を使います。巫女の運命を知っているため、過去形になってしまうと…。
 気のいい開拓者がそれだと過去形だぞ?と言いますが、事情を知っているぎるますさんに咎められてましたね。しかも最近評価が下がっているとまで…気のいい開拓者さんってあの道具屋の前の人でしょうか?



ディジーのシナリオ

 協定国の使者から、協定国上層部直々にレインヴァルト指名で依頼がきたようです。
 そういえば、レインヴァルトはあれだけ強いですが騎士にはならず開拓者を選びましたよね。まだ可愛げがあった頃は、理想郷を目指して開拓者になろう!と思っていたのでしょうか?
 ディジーとしては、上層部直々の依頼を二世がやれば認めざるをえないだろう!と思って、自分が受けたいと申し出ますが…。
 ここへ移り住んだパパとママのためにも、二世はレインヴァルトだって倒せるんだ!と、そういう風に見てもらいたいようで打倒・レインヴァルトになりました。
 常に注目を浴びている彼ですが、こういう風に色々な所でライバル視されている可能性はありそうですね。



オルガのシナリオ

 あの嫌味な奴らは子供たちをついに人質に。本当に人の不幸を見るのが大好きなんでしょうねぇ…。滅入る奴らです。
 無事に依頼を遂行し、子どもたちは無事だったのですが、オルガが違法な身分で違法な仕事をしてる挙句、善良な開拓者をも騙して金を稼いだとまで。
 本当にムカムカする奴らなのですが、ここで黙っていた主人公が思い切り蹴り飛ばすんですよね!!!ここは何度見てもカッコイイですね。やれやれ、というポーズからの蹴りですよ!これは男性主人公で拝むともっとカッコイイかもですね。
 子どもたちはずっとオルガの本当の優しさに触れていましたから、本当のことを聞いてもそれでもオルガが大事で大好きだと。
 ここはもう号泣ですよ、こっちも…画面がうまく見られないシーンです。

 その後密輸業者をギルドに出し、自身も自首…となりますが、ぎるますさんもオルガの性格を見抜いているんでしょうねぇ。結果として、表へ戻るために見習いとなることに!これには裏酒場主人も、お似合いだぜと言っておりましたしね。本当にオルガはいい人だと思います。



トゥルルトゥ山を踏破せよ!:ディジー
 「キレイな景色よね。この眺めなんてサイコーじゃない!やっぱりここの自然はいいな…。どう?フロンティアは素敵な場所でしょ?」
 「この島にはね、本国にはない素晴らしさがあるの。本国育ちのアンタにわかるかしら?…ま、そんなことはどうだっていいんだけど。さ、先を急ぐわよ。行きましょ!」

 このセリフはディジーのシナリオを終わらせてから見た方がもっと良かったかもしれない、と思ってしまいました。

イクの魔窟を踏破せよ!:ニケ
 「あれ、ここ…村の近くにある洞窟に似てる感じがする…。わー、なつかしいなぁ。子供のころの一番の探検場所だったんだよ」
 「もしかして、この洞窟、どこかで村とつながってるのかな? ──あの頃は、みんなとよく遊んだなぁ…。ねぇ、ちょっとかくれんぼとかしてみようか?冗談だよ。さ、行こう!」

 ニケの村の近くはこういう洞窟だったのですねぇ。というか、あの頃はということは、比較的早い段階で巫女となるべくしての生活になったのでしょうか?
 お姉さんが出ていってからすぐ、ということですかね?

ガニ・マド洞穴を踏破せよ!:メルフィ
 「大丈夫ですか?疲れていませんか?砂に足を取られると、余計に体力を使っちゃいますね」
 「疲れたら無理せずちゃんと休憩しましょう。──私ですか?私はまだまだ平気ですよ。巡回医師は体力勝負ですから!では、行きましょうか」

 メルフィ先生はいつでもこちらを気を遣ってくれる台詞ですよね。根っからのお医者さんだなぁと思います。美人で優しくて…でも指一本で人体破壊出来ると(笑)

アムシュ雪原を踏破せよ!:ルーティル
 「──アストラムって、一体なんなのでしょうね?近付くと音も聞こえてきますし…。魔力の塊で珍しいものとは聞いていますが、フロンティアにはいろんなところにあるし…不思議ですよね」
 「謎です。不思議です。アストラム…。神様、アストラムって一体なんなのですか?…………。やはり神様はお答え頂けないのですね。自分で謎を解き明かせとおっしゃるのですね!いつかきっと、その試練も乗り越えて見せます!」

 アストラムの秘密に迫るようなものが!というか、ルーティルからこういう話題が出るのが意外でした。

美の追求は永遠に:ダンデス
 「おっ、なかなかいい景色じゃねーか。おい、もう依頼なんかどうでもいいから、ちょっと泳いでいきてーもんだな。たまにゃーバカンスってのもいいもんだ」
 「お前さっきから何ニヤけてんだ?ヘンなヤツだな、まったく。オラ、さっさと歩け!」
 「あ?ここで泳ぐって?バカ野郎!本気にしてんじゃねぇよ。おら、まだ仕事の途中だ。さっさと行くぞ!」

 ダンデスと是非バカンスしたいではないですか!!!

ヘビの舌をゆずってくれ:メルフィ
 「わぁ…。キレイなお花ですね。このサボテンは夜にだけ咲くのかしら?」
 「夜道は視界が狭く、迷いやすいですから、サボテンの花を目印にすると良いかもしれません。迷わないよう、気をつけましょうね」

地質調査にご協力を:ルーティル
 「──ちょ、ちょっと待って下さい!」あ、あ、ちょっと砂が…、目に…!イタタタタッ!ああっ!」
 「………。……………。と、取れました!取れましたよ!さっきの砂、取れました!ああ、神様!」
 「砂が取れたおかげで、視界がバッチリです!今の私の目なら、どんな違いも見逃しませんよー!…でも、ここの砂丘はおんなじ景色が多いですね。迷っちゃうので、地図を見ながら進みましょう」

 ルーティルの発言は面白い&癒されるのばかりで本当に楽しいです!!
 それでいてあれだけ可愛いですしね。まさに癒しのシスターかと!
関連記事
スポンサーサイト





コメント

  1. アロイ | URL | -

    うんうん。わかります。
    一周目だとシナリオを理解することが優先で、イベントをじっくり堪能するという感じじゃないですよね。
    二周目以降だとどうでもいいところまで見ていられるというか、「こんな面白シーンあったのか!」という発見があっていいですよね^^
    更にキャラに愛着わきますしww

    と言うか、ダンデスちゃんってツンデレなんですか…!?
    ビジュアルしか判断要素がないのですが、気のいいおっさんという感じで最初から気さくな感じなのかと思ってました。
    厳しいおっさんという感じなんですかね?
    ツンデレおやじなんて、最高ではないですか!!ますます仲良くなりたい度が上がるというか!
    乙女系オヤジでもあるわけであり、本当に魅力溢れるキャラですなぁww

  2. マリー | URL | 1JkepbtE

    アロイさん

    うおおおお!!やはりさすがアロイさんです!!
    1周目は知らないまま進めるので、どうしてもメインのことばかりに目が行くので、じっくりというか「そうなのか~」という感じですよね。2周目はそれを踏まえてなので、色々なところに注目出来るので本当に、更に愛着わきますよ!!
    特に脇役スキーなので、脇役が美味しい動きをしていると「!!?」という感じでガタガタッという感じというか(笑)
    あと、伏線とかも「ここでだったんだ」というのとか分かってより一層お話に溶け込めるというか。

    ダンデスちゃんはもうすべての要素を兼ね備えていると思っています(笑)
    全然気のいいおっさんではないです!!!ツンデレ乙女の代表かと!!
    しかも戦闘的にも頼りになるので(フロゲは相棒の武器も色々選べるので、好きな武器にできますぞ!)それはもう楽しめると!
    なんというか、2周して「なに、この可愛い乙女ちゃん!!」という感じですよ!ハッスルです!
    もしアロイさんがプレイされることがありましたら、どのパートナーにメロメロになるのか楽しみです。
    自分はプレイしてみて意外にもレインヴァルトにハマりましたぜ。正統派イケメン!!

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)