聖地巡礼~御手洗シリーズin馬車道

2012年11月29日

ishioka1.jpg
 
 TVでも特集されたりしていますが、漫画やアニメの舞台になったところに実際に行く、というのが結構あると思います。自分の今ハマっているものでいうと、軌跡シリーズは完全2次元なのでまぁ立川で本社を拝むくらいかと。タイバニに至ってはマンハッタンまで行かねばならぬと…。

 そんな自分ですが、若かりし頃の10代のときに一度だけ聖地巡礼をしました。
 どこの聖地かと言いますと、島田荘司さんの御手洗シリーズの馬車道です!

 ブログではほとんど語っておりませんが、ゲームにハマる前まではミステリ(所謂新本格というやつです)に少々ハマっておりました。
 と言っても、有栖川有栖さん、今野敏さん(STシリーズ)、五條瑛さん(鉱物シリーズ)、篠田真由美さん(建築探偵シリーズ)をメインに、森博嗣さん(小説以外)、日明恩さん、貫井徳郎さん(症候群シリーズ)等などくらいで本当に全然知識には明るくないです。しかもここ数年新刊を読んでおらず…。今でも好きには変わりないので再読はよくしております。
 島田荘司さんの御手洗シリーズは、占星術殺人事件、斜め屋敷の犯罪、御手洗潔の挨拶、異邦の騎士、御手洗潔のダンス、御手洗潔のメロディ、Pの密室くらいしか読んでおらず読んだ内には入らないレベルと。
 そんな知識レベル1くらいのやつですが、友人が石岡和己攻略本を入手したと聞き、その本にお店などが載っていたので行ってみよう!という話になったのです。
 ちなみに石岡くんとは、自分にとっては御手洗シリーズにはなくてはならない存在です。御手洗と言えば石岡くん。石岡くんと言えば御手洗という。

 そんなわけで、当時の写真と共に簡単に綴っていけたらと思います。
 載せている写真はすべて、一緒に巡礼をしたネコメヤさんが撮影したものです。



 横浜にある馬車道は、田舎に住んでいる自分には遠く、何回も乗り換えをして辿り着きました。あまり乗ることのない、みなとみらい線の駅構内に入ると「都会だなぁ」としみじみ。
 しかしながら、その遠さも喋っているとあっという間ですし、何しろ聖地へ向かっているので気分は盛り上がる一方です。

ishioka2.jpg

 馬車道は、御手洗潔が日本にいるときに構えた事務所のある場所です。
 占星術師から、探偵業がメインになってきた頃でしょうか?

デイリーヤマザキさん
ishioka3.jpg

 石岡くんの気に入っているコンビニだったと思います。


メガネの角田さん
ishioka4.jpg
 

生香園さん
ishioka5.jpg

 お昼ごはんは中華街の翠香園で食べました。
 御手洗潔の好物であるうずら肉の炒めレタス包みを食べようと思ったのですが、貧乏人はお値段に驚き(現在2415円)、体調不良だったので肉団子を食べた思い出が…。体調不良なのに肉を選択したというのも不思議ですが(笑)


馬車道十番館さん
ishioka6.jpg

 石岡君がよく利用されてるんでしたよね!
 調べたところ、里美さんとの待ち合わせに使われていると。
 外観からしてとても素敵な建物なのですが、友人が撮影している間室内に目をやると、どう見てもジェントルマンなおじさまが優雅にティーカップに口をつけているのを見て、完全に心を奪われたのを思い出しました。
 糊の効いたパリッとした上着に、白髪が目立つもののそれがすごく上品さを感じる髪型と。本当に素敵な紳士がいた!というのばかり覚えています。


レストラン喫茶 ポニーさん
ishioka7.jpg

 お腹に余力がなかったので断念したのですが、石岡くんがよく食べるというエビフライ定食は一度でいいので食べてみたいものですね!!と思っていたのですが、なんと閉店と…。
 某食べ物レビューサイトではたくさんの料理の写真が見られるのですが、とにかくどれもが美味しそうです!食いだおれてみたかったと…。
 石岡くんはハンバーグ定食も食べておられるようですが、これもまた写真で見ると垂涎モノですね。大きな目玉焼きがとても食欲を煽ります。


 聖地巡礼の楽しみは、実際に見たり触れることが出来ることはもちろんですが、そこにその人物がいたかもしれないよねという想像をするのも醍醐味の1つだと思います。
 実際、道中は友人と「ここできっと石岡くんが~」なんて話しながら歩くのが凄く楽しかったものです。
 そしてやはり同志社大学の食堂でカレーを食べなくては!あの地でたらこスパをずるずるしなくては!と改めて思うのでした。
関連記事
スポンサーサイト





コメント

  1. アロイ | URL | -

    聖地巡礼ですか…。
    私もハマるものは二次ばかりなので、そういうことはできないのですが。
    今回の記事は普通に観光するにも素敵なものばかりだなと思いました^^
    横浜と言う時点で個人的に憧れの街なので、ただただ歩き回ってみたいです!!
    『馬車道』と言う名前からしてオシャレで素敵さ醸し出してますし、ジェントルマンにも出くわせるとあれば是非とも一度行ってみたいです!!

  2. 瞳子 | URL | -

    聖地巡礼、大学生の頃私も二回だけしたことありますよ~。
    一度目は私が好きな東京が舞台のゲームで、友人を引っ張って都心部をあちこち駆け回りました(笑)
    二度目は友人が好きな小説で、日光東照宮なんかを回ったりとか。
    あれには独特の楽しさがありますよね…。

    マリーさんもミステリにはまっておられた頃があったのですね!
    私も同じくゲームにはまる前に少々嗜んでおりましたよ~!
    量的には全然大したことはないのですが、
    マリーさんが名前を挙げられた中では、森博嗣さん(私が読んだのは小説の方で、S&Mシリーズを少しだけ)、貫井徳郎さんの慟哭、
    それからもちろん御手洗シリーズ…私もレベル1になったかどうかぐらいの冊数ですけども。
    御手洗シリーズは最初に読んだ占星術殺人事件に衝撃を受けて、しばらくシリーズを読み続けてました。

    ミステリを読んでいたのは10代の頃で、田舎の高校生だった自分には聖地巡礼の発想は無かったわけですが、御手洗シリーズの聖地巡礼とはなんともうらやましい限りです!
    今度横浜の方へ行く機会があったら、馬車道くらいは行きたいですねえ…。

    思いがけず御手洗潔と石岡くんの名前を見かけ、なんとも懐かしく嬉しい気持ちになりました。
    長文コメント失礼しました!

  3. よし | URL | jlTJ30Ik

    こんばんはー!マリーさんお久しぶりです!
    唐突に再開しましたけど、これからまた宜しくして頂けると嬉しいです。
    まぁ、マリーさんは私の記事のまとまりのなさは既に知ってるでしょうから、再開したからといって先行きは見えてるでしょうけどね(笑

    で、ミステリですかぁ・・・。
    私も「島田荘司」と「彩辻行人」は好きで読んでましたね。
    「御手洗」シリーズの「異邦の騎士」と「館」シリーズの「十角館の殺人」は今でも鮮烈に記憶に残ってますよ。
    手元に文庫はあるんでまた読もうかな。
    それと、マリーさんは「御手洗」初心者って感じで書いてますが、それだけ読んでれば十分ライトじゃないですよ!
    私なんてその半分くらいしか読んでないですからねぇ。

    と言う事で、マリーさんがコメしてくれなかったら小心者の私から出来なかったので一先ず御礼まで。
    あぁ、それと「3rd」の記事は期待しないで下さいませ・・・。

  4. Deka-E | URL | -

    聖地巡礼といえば小学生のときにあぶ刑事で横浜を巡った覚えがあります。今では生活圏の一部ですが、子供の時は冒険でした。

    馬車道って南関東では横浜、北関東ではファミレスを思い浮かべるそうですねww

  5. マリー | URL | 1JkepbtE

    アロイさん

    日本の本当に実在している地域を舞台のゲームや漫画、アニメなどは別ですけど大抵お互いハマるものは世界からして違いますしね!
    最近では街興しで成功している地域もありますし、侮れないなぁと。

    馬車道も御手洗シリーズファンはもちろんのこと、普通の方でも観光出来ますし、近くに中華街も山手もありますしねぇ!本当に観光にピッタリだと思いますよ。
    そしてお洒落でございますよ~!!
    そしてそしてジェントルマン!!!!あの御方は忘れないです!!本当に2次元から飛び出してきたかのようなジェントルマンでした。紳士最高ですね。
    おっとこれは執事喫茶フラグ…?(笑)

  6. マリー | URL | 1JkepbtE

    瞳子さん

    瞳子さんもされたことがありますか!!しかも2回!!羨ましいです!
    東京が舞台のゲームって何気に結構ありますよね。地名が変わっていたりしますが。どの作品だったのか気になりました。
    そしてご友人さんの日光東照宮ってもしかして炎ミラですかね?小説、日光東照宮で真っ先に思いついたのがその作品でした。違ってたらすみません…。自分も友人が好きで、OVAやサントラやドラマCDを聴いたことがありますよ~。
    本当に独特の楽しさがありますよね!

    なんと!!瞳子さんもミステリにハマったときが!!
    森さんは小説は一度もないのですよねぇ。いつかどれか読んでみようとは思うのですが、やはりブログ名をもじったS&MのFか…。Eはエッセイだったので読みましたよ~。
    貫井さんの慟哭は有名ですよね!こちらもいつか読んでみねば…。症候群シリーズは面白かったですよ~。読後感がずーんと来ますが。
    占星術殺人事件は同じく衝撃受けました!あれで一気にのめり込みましたよ自分も!あれは凄かったですね。謎解き部分の衝撃と言ったら…

    ぜひぜひ今度横浜へ行くときがありましたら、馬車道へ!自分も今度こそ御手洗くんのお気に入りメニューを食べたいです(笑)
    瞳子さんとミステリのお話が出来てとても嬉しいです!!
    ゲーム以外の話題を出して良かったーと本気で思いました。

  7. マリー | URL | 1JkepbtE

    よしさん

    改めましておかえりなさいませ!!
    再開本当に嬉しいです!いやはや自分もこんな感じですので、こんな感じでよろしければ本当にこれからもよろしくお願い致します。

    綾辻さんですか!!そういえば、綾辻さんを読んでことがまだないのですよね。
    佐々木倫子さんとタッグ組まれた漫画は読んだことがあるのですが…。ご本人様が飛行機嫌いだというのを知っているくらいで…。
    御手洗シリーズはいっぱい出ていますよね!いつの間にか北欧に行っている!とカルチャーショック受けました(笑)
    異邦の騎士も面白かったですねぇ。彼がああなるとは…。お話も面白いですが、謎解きがとにかくワクワクするのが御手洗シリーズと思っていました。自分も読み返してみようかなと。

    コメント本当にありがとうございます!!また記事楽しみにしております。
    3rdはもうその文字さえあれば自分はハッスルです(笑)

  8. マリー | URL | 1JkepbtE

    Deka-Eさん

    さすがあぶ刑事のDeka-Eさんですね!!小学生の頃から!!
    小学生の頃、あぶ刑事の舞台の地域すら知らなかった気がします自分…。
    そうですよねぇ、あの年頃なら”冒険”に相応しい気がします。
    想像するだけでドキドキワクワクするというか。ドキドキワクワクというのが陳腐に思えるくらいに素晴らしい体験だったのではないか、と。

    馬車道という名のファミレスありますね!一度も入ったことがないのですが。そうですか、北関東ではファミレス、南関東だと横浜ですか。
    ちょっとこれはどっちを思い浮かべるかと話の種になりますね。

  9. 瞳子 | URL | -

    さらにコメントすみません!

    東京が舞台のゲームとは、東京魔人学園 剣風帖です。
    以前に自分のブログでは触れたのですが、ものすごくはまりまして…。
    このゲームは地名そのまま、背景に実写が使われているので、現地に行くと興奮できること間違いなしなのですよ。

    友人のはまった小説は、お察しのとおり炎ミラですよー!
    ご存じとは嬉しいです~。
    ある日友人から段ボールいっぱいの小説を送られまして、旅行前にかなりの冊数を一気読みさせられました(笑)
    これを書いていて思い出しましたのでが、そういえばその後三度目の巡礼として江ノ島にも行ったんでした…!
    炎ミラは全国に巡礼地があるのでなかなか大変なようです(笑)

  10. マリー | URL | 1JkepbtE

    瞳子さん

    いえいえ!!むしろコメントありがたいです!!
    東京魔人学園剣風帖でしたか!自分はプレイしたことがないのですが、他のブロガーさんがハマってプレイされている様子を見ていましたよ~!!瞳子さんもだったのですね!
    地名に背景もですか!?それはもう興奮以外の何物でもないですね!!こっちまで興奮してきましたよ~♪

    炎ミラでございました!!やはり!!
    しかも一気読みでございますか!凄いです!!その友人さんの愛情が素晴らしいですねぇ。
    江ノ島にもですか!?それはもう完璧に巡礼マスターの域ではないですか。さすが瞳子さんです!!
    炎ミラはまさに全国に巡礼地ありますよねぇ。やはり全国行脚されている方が多そうです。特に米沢の上杉まつりでしたっけ?あれ有名ですよねぇ。
    やはり制覇されている方などいらっしゃるのでしょうか!?というかご友人さんが既に制覇されていそうな勢いですよね!?
    自分は、契ワインとケーキを友人から誕生日に頂いておりました。凄く美味しく、今でもワイングラスは現役です!
    炎ミラは凄いですな~!

  11. ねこめや | URL | jI5XCJ0.

    懐かしい> <
    …という思いがまずは大きく押し寄せました。
    いいところだよね、横浜・馬車道。
    いまだに私は時々、馬車道で御手洗さんの帰りを待つ石岡くんの姿を想像するよ。
    喫茶店ボニーの閉店は本当に残念…;;
    時代は移り変わってゆくものですねエ…。
    また、ゆっくりと歩きたい街です。

    そして!
    コメントでミラージュの話題が出ていてガタガタってしました^ ^
    ミラージュファンです♡
    ミラージュの聖地は数多くて、殆ど回れていないけど、少しずつ出かけられたらいいなア…♪

    またマリーちゃんのお出かけレポート楽しみにしていますね!

  12. マリー | URL | 1JkepbtE

    ねこめやさん

    本当に懐かしいよねぇ!!でも、写真を見ると色々と思い出してきて、中華街の写真とかでも「こんな話したなぁ」とか「色々見たなぁ」とか思い出しました。
    記憶って凄い!!
    馬車道はいいところでしたなぁ。都会だけど、人が溢れているわけではないのでとても居心地がいいというか。
    今は石岡くんのみ住んでるとか…!もう御手洗さんは60超えてるだっけ?あれ?Pで止まっている自分には本当早く感じます。

    閉店は本当に残念すぎるけど、57年も営業されていたというのを見て、それだけ愛されてたんだなぁと思うと…。
    本当にゆっくりと楽しみたい街でしたな!

    自分の中で日光東照宮=炎ミラになったのは間違いなくねこめやさんのお陰でございます。
    自分の中の関さんと速水さんはあのお二人が印象強いであります!!
    本当に聖地多いよねぇ。そしてあのチョコケーキを思い出し、あのワイングラスで何か飲もうと思います。

    またお出かけレポート書けたらいいなぁ!

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)