フロンティアゲート ブーストプラス プレイ日記5

2013年03月20日

netabare.jpg
 インタビューで触れられていた、メインストーリーでのボコボコにされる壁の意味が分かりました。
 本当にボッコボコにやられましたよ…。敵側のコンボは痛いですね…。前作部分でも随所随所に壁がありましたが、今回はここが壁なのですね…。素直に出直してきたいと思います。Lv上げと、ブーストスキルでどうにか超えたいものです。
 レインヴァルトさんと行っているのですが、彼は盾役としてそちら方面を伸ばしたのでクリティカル吸収を付けたいです。主人公を槍で戦意補正のスキルをつけて頑張りたいです!

 さてキャラクタごとのシナリオですが、パートナー15人みんな大好きなので、進める順番をあみだくじで決めよう!と思いまして、早速やってみました。 レインヴァルトダンデスはもう既に終えているので、彼らを除いた順番です。
 ニケ、アーシャ、ラニ・ラト、エミリオ、クロトキ、オルガ、フォルカー、メルフィ、マリアシャルテ、シグリッド、アレッティオ、ルーティル、ディジーとなりました。
 

 以下ネタバレなので追記に。ニケのシナリオです。





 どうやらFL11にするとキャラクタのシナリオが始まるようですが、キャラクタのLv差がまちまちです…。
 が、装備を強化して恋する捕獲物語をやると危険が少なくLv上げが出来ると思います。弓を装備していけば捕獲補正がつきますし、更に捕獲大をつければサクサクに!何回か回せばFL昇級クエも出ますし、大変お世話になっているクエストです。
 しかしグリム・リーバーが好みの彼女とは一体…(笑)
 可愛いと思うものが少しズレているニケも可愛いと思うのでしょうか!?

ニケのシナリオ

 FL11にしてニケと話すとイベント開始です。
 ニケはゼフィラス族の人と話していましたが、「そういうのは止めにしたい」「古臭い」などと少しばかり攻撃的に。更に、オルタスにいるときは、部族の言葉だと恥ずかしいから共通語でとお願いしておりました。
 今の人は?と尋ねると、今度やる儀式(星読みをして先を占うという、『おかると』的なことだそうです)についての話だとか。やはりゼフィラス族は儀式の類が多いですねぇ。
 ニケは協定国ではやらないのに皆真剣で恥ずかしい、一部の人が昔のやり方にこだわることに不満があるようです。
 残酷であるような巫女としての儀式に、無邪気で健気に立ち向かい、部族をいい風に変えていこう!そんな彼女でしたが、どうやらブーストプラスでは協定国にかぶれて自分たちを恥ずかしく思うようになってしまったようです。
 魔法学院にいるゼフィラス族の子も、最近のニケはかぶれ過ぎている。まだ子供だからあなたが導いて欲しいなどと。 子供だからこそ、受けた影響をすぐにものに出来るのはいい所だと思いますが、それがいき過ぎてしまったようですね。

 そんなニケのことをやはりお姉さんは気付いていたようですね。
 ぎるますさんも気付いており、ニケのお姉さんからの依頼に行ってこいと言われました。ツォ遺跡に行って、長からの預かり物をニケに渡すのが依頼内容です。

ストーリークエスト:ニケをツォ遺跡に連れて行く ☆10(Lv88~)
BOSS:ウォー(Lv93)

 何故にまた巫女の儀式の場へ連れてきたのかと問われますが、俯きがちな主人公。
 ニケは以前は足が動かないくらいに恐怖を抱いておりましたが、今は元気で、この遺跡も巫女の権限で観光地化しちゃおうかなとも!というか、ニケはまだ巫女の身分なようですね。説得している最中だそうですが、今後ゼフィラス族は守り神に対しての信仰や、巫女の立場をどうされるのでしょうか?この行方も気になります。
 守り神の正体は古代文明が遺した機械人形だったというウリにすれば、本国受けしそうなネタにとまで。
 パートナー陣の中で純粋な現地民はゼフィラス族のニケと、ノトス族のラニ・ラトのみです。二人共、部族の中で地位が高いですがそれぞれ方向性が違うのが覗けますね。協定国をもっと真似して、田舎っぽいのは止めにして売り込もうとするニケ。対してラニ・ラトはかつて対立した協定国との溝をどうやって埋めるかを悩んでおりますが、売りだそうという気はないようです。

 ニケと二人で、今まで守り神がいた場所まで赴きますが、全く怖くないと!
 このときの「まったく」の部分の熱演が良かったですね。そしてここからが白石涼子さんの熱演ラッシュに!!
 「馬鹿みたいな古い習慣なんて……全部滅べばいいんだ!」から始まり、「もう迷うもんか!」と敵に向かっていく姿はカッコイイのなんの。前作の部分のシナリオイベントでもこのシーンはカッコ良かったですが、今回もカッコイイですね。
 二人で倒したあとは、古いしきたりを一掃して協定国みたくならなくちゃねと元気に言うニケ。そしてあまり元気が無い主人公と。守り神に対し盲目的とニケは言っておりましたが、今のニケはまさしく協定国に盲目的という気にもなります。
 さて、依頼の目的である文書をニケに手渡すのですが、それらはなんと過去の巫女たちの遺書でした…。
 ゼフィラス族の長に次ぐ地位である巫女は、守り神である古代文明の遺物に対し、アストラム中毒になるのと引き換えに力を渡していました。巫女は、儀式を終えるとただ呼吸をしているだけの人になってしまいます。だからこそ、儀式=死と同義語でしょう。
 それでも『我が命が部族の光とならん事を』『部族の歴史と伝統を守るために』と力強い覚悟を持って臨む歴代の巫女。勿論ニケ自身も、遺書には『みんなを守れる巫女になれて嬉しかった。私はゼフィラス族に生まれた事を誇りに思う』としっかり記述しています。
 巫女という立場でありながら、守り神を前にして逃げ出した姉に対し、憎悪を持ち「なりそこない」とまで呼び、だからこそ自分は巫女という立場を責任をしっかり全うする。それが今までのニケでした。
 でも今のニケは、それら全てを古臭い、田舎くさい、恥ずかしいと思ってしまっています。守り神と出会った時に、「今までの巫女の覚悟を馬鹿にするな!」と怒ったのは紛れもなくニケであり、その言葉には巫女として、部族としての皆の幸せを願っていたからこそ出た言葉だと思っています。
 だからこそ変えて行きたい、説得したいと励んでいたのですが…。
 しかしながらそれらの遺書を読んで、そしてかつての自分の考えも思い出したようです。根本的なところを蔑ろにして得るものは結局ニセモノであり、やらねばならぬ事は、誇りを持ちながら協定国と共存していけるようにする事と、自らの力で辿り着いたのでした。
 これはまさにニケの力ですよね。
 自分で自分を見直せる力、そして素直に謝れる力というのは得るのは難しいものだと思いますが、彼女は既にそれらを持っていると!

 この、誇りを持ちながら協定国との共存というのはラニ・ラトも目指している部分だと思いますし、ウツギも考えているのではないかな?と自分は考えました。是非ともクロトキにこのニケの話を聞かせてあげたいですね。彼はニケと話すイベントが前作の部分でありましたし。
 「親切さんは親切だね」、「これからもパートナーでいてください」と、素直で可愛いニケのこの台詞たちも大好きです!!
 というわけでシナリオクリアになり、レイディエントアローのレシピを貰いました。

 ニケのシナリオは通して真面目でしたね。フロンティアに根付く一部の文化から見た、協定国との共存関係や、その文化の掘り下げというのを担っているなぁと。
 ラニ・ラトは敵対している部族ですし、ニケはゼフィラス族自体が他の部族と関わりが少ない閉鎖的な部族ですし。他にもエウロス、ボリアスとありますがこの後者2つの部族は割とゆるやかですよね。
 ニケがいい意味で守り神の信仰を壊してくれたと思うので、ここからまた新たなゼフィラス族が始まりそうだなぁと期待です。ラニ・ラトもそういう意味でノトス族の新たな一歩を踏み出すでしょうし、またメルフィやディジー、オルガたちの二世も現地民と協定国の架け橋になるとおもいますし、これからのフロンティアの発展がとても気になります。協定国からの権力はマリアシャルテに期待したいですし!
 アレッティオもそういえばお坊ちゃんですし、そういう権力的なものを期待出来る…のでしょうか?
 スタッフさん方からもウザいと愛されている彼ならきっと…!(笑)
関連記事
スポンサーサイト


コメント

  1. まふゆ | URL | -

    いやぁ、がっつりこんとやってますねぇ(笑)
    さすが、楽しみにされてただけはありますね!

    フロンティアゲート、やりたいんですよ。やりたいんですが、マリーさんのブログを読んでるととても怖いんですよ…どっぷりはまってしまいそうで(笑)

    なので、今はちょっと静観中です(笑)

  2. リチャード | URL | xfW4Dwj.

    こちらも壁に当たって砕けました。
    や、問答無用かYO!そっちがその気なら!と意気込んだものの大変カオスでした。
    こっちは主人公(両手剣)ルーティル(戦盾)で行ったので…
    今誰のターン?(汗)って状態であり、事態を把握しないままボロ雑巾にされました…

    ニケは基本素直で良い娘ですよね。
    それまで部族のしきたりを信じ込んでた反動で今回の様になったんでしょうね…
    だがやはり姉は偉大でしたか!
    ギルマスさんも解っておられましたか!
    部族の誤っており正すべき点、守っていくべき点をじっくり学んでいけばよい部族の導き手になる事だと思います。
    将来、協定国の人と部族の人の間に生まれた子が育っていけば、その子らも掛け橋になっていくんだろうなと…

    無印で部族に流行った病を治したメルフィ先生の存在は、大きいですよね。
    思うのですが、同じ特権階級でもマリアシャンテとアレッティオではかなり他人に対する対応が違いますよね。
    これはエイブローとインデーグのお国柄の差なのかな?でもエミリオシナリオではエイブローの貴族はあれでしたし…
    まあ本人の資質によるものが大きいのかもですが!
    もうニケには「うざいさん」ラニ・ラトには「……うざ」とか言われたらいいんです(笑)

    と言うわけでこっちもやっと、パートナークエが動き出してひゃっほーです。




  3. マリー | URL | 1JkepbtE

    まふゆさん

    がっつりとやりこんでいますよ!!
    というか、人生の中で最もハマっている作品の堂々一位になっている気がするので、がっつりやりこんでハマってます。
    フロゲは合う人には合うけど、合わない人には…という感じなので、まふゆさんがどちらのタイプに転ぶかは、神の味噌汁ということで(笑)
    体験版でハマった人は間違いなくハマると思います。

    戦闘が、お話を進めていくとだんだんとコンボがもっと重ねられるようになって爽快になっていくのですよねぇ!
    更にブーストプラスからの追加部分からはカスタマイズ性もあって、それらをやらないと倒すのが難しい敵もいるので、緊張感あるバトルが好きという人もハマるのではないかなぁと。
    すべてはプレイ次第でございますな・・・ふふふ…

  4. マリー | URL | 1JkepbtE

    リチャードさん

    おお…お互いボロ雑巾になりましたね(笑)
    いや~本当にフルボッコという言葉がぴったりなくらいに…でしたね。
    >今誰のターン?(汗)って状態であり
    分かります分かります!!
    まだ、攻撃あったよね?と思っていたらもう切れていたり、戦意下げるのはそっちじゃない!!となったり…今、鍛えたのでリベンジしてこようと思います!

    ニケは本当に素直でいい子ですよねぇ。
    だからこそ、今回は…ということになりましたが、それでもいつでも見守ってくれているお姉さんや、ぎるますさんも気にかけていて下さっていて、それらの愛情もあってしっかりと立て直せたのではないかな?とか思いました。
    仰るとおり、ゼフィラス族としての変えた方がいい点と、守っていく点をしっかりと見極めてとなればよりよい部族となって、また協定国との関係も良好なものに~となるといいですね!
    >将来、協定国の人と部族の人の間に生まれた子が育っていけば
    思います!!主人公、ニケちゃんが大人になったら…!!(!)
    ラニ・ラトのお嫁さんはメスのプンクックとかバニーラットとかだったら…(笑)

    >無印で部族に流行った病を治したメルフィ先生の存在は、大きいですよね。
    間違いなく、架け橋としての多大なる貢献をしましたよね!!
    ディジーも、もし現地民と協定国の人間で喧嘩してる人とかがいれば「ばかなことしてんじゃないわよ!」みたいな感じで、喧嘩両成敗してくれそうですし。

    >同じ特権階級でもマリアシャンテとアレッティオではかなり他人に対する対応が違いますよね。
    そうですよねぇ!
    お国柄か、それともエイブローでは貴族階級が細かく設定されていて、アレッティオは高位ではないという感じなのでしょうか?彼のシナリオで何らかが明かされるのかも楽しみですよ!!

    >もうニケには「うざいさん」ラニ・ラトには「……うざ」とか言われたらいいんです(笑)
    爆笑しました!!全パートナーに言われる運命に(笑)

    個別シナリオも無事に進んだようで何よりです!!楽しみにしております!

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)