フロンティアゲート ブーストプラス プレイ日記9

2013年03月26日

netabare.jpg
 ブーストプラスから軽打撃の勝利ポーズが女主人公は滅法可愛くなったのですが、ブースト技にも可愛いのが増えましたね。特にマジカルアッパーの可愛さと使いやすさはお気に入りなのですが、つまりこのモーションは男女共通…?と思うと、男性パートナーキャラで使用したくてしょうがないです。
 マジカルアッパーがどういう技かと言いますと、武器をバトンのように回しながら自分自身も片足を可愛く上げて攻撃し、更に星マークまでいっぱい出てくるんですよ。少々死語な表現になりますが、効果音を付けるとするならば「きゃるん」みたいな感じで…。
 魔法少女☆ダンデスちゃんの出番が来たかもしれないとウズウズしています(笑)

 あみだくじで決めた、キャラクタシナリオの攻略順番です。
レインヴァルトダンデスニケアーシャラニ・ラト、エミリオ、クロトキ、オルガ、フォルカー、メルフィ、マリアシャルテ、シグリッド、アレッティオ、ルーティル、ディジー
 というわけで、今回はエミリオのシナリオです。


 以下ネタバレなので追記に。





エミリオのシナリオ

 FL11にして話しかけるとイベントが始まります。
 なんと彼はクロトキとのことになりそうですよ!性格的に意外な面子ですよね。
 クロトキを紹介してほしいと言われますが、まず刀のことだろうと思ったらズバリそうでした。倭文の武器の製法が分からないと言い、ここからがエミリオのターン!ですね。鈴村さんの演技も熱いです。
 柔らかい鋼と硬い鋼を幾重にも重ねた独特の鍛錬はどうやるのか、あの滑らかで鋭い刀身に乱れ飛ぶ美しい波紋などなど…。武器オタクなエミリオは武器のことになると表現もどこか艷やかですよね。
 ノンストップエミリオはついに、今までプレイヤーが思っていたであろうことを自らの口から言い出します。
 「これはもう恋、そう恋ですね!僕は今、運命の人と──って、あ…」
 エミリオはもう武器(特に刃物)がお嫁さんでいいかと。正妻は刃物で、人間のお嫁さんは二の次くらいで(笑)
 というかエミリオは料理も上手いですし、手に職ありですし、師匠の女房役みたいな部分もあったと思うのでむしろ嫁に欲しいという人が多いのでは?!

 とにかく語りだすと止まらないエミリオは、こんな性格だから仲良くなるのも中々…だからこそ主人公にクロトキを紹介してほしいのだとか。
 それにしても、クロトキの名前の発音が違っていたことに気付きました…。
 さて、クロトキと言えば猫かぶりですが、エミリオの前でもそうなのでしょうか?
 早速会いに行くと再びイベントが再開します。
 しかしながら疑り深いクロトキですからね、話を聞いても、倭文の力を調べて侵攻しようと考えているのでは?とまで。エミリオはそういう人間ではないですが、まぁ疑うのもしょうがないでしょう。
 ですが、ここでクロトキが少し柔らかくなっているのに気付きました。
 「…まあ、お前には世話になっている義理もある」と、話を聞くことはすると動いてくれましたよ。ツンツンを発揮かと思えば、少しだけデレてくれましたね。

 エミリオとクロトキという異色のペアが対面になりますが、やはり違和感があります。武器オタクと暗殺者というペアですしね(笑)
 そしてやっぱり猫かぶりでしたよ。一人称”私”に、敬語使いですしね。個人的な希望ですが、メリルちゃんには一生本性がバレないで欲しいです。
 クロトキと会えて、製法を教えてもらえる!と思ったエミリオは最初から全力全開ですが、「まだ話すとは決めていない」とスッパリ。刀は魂であり、製法を話すということは魂をさらけ出すのと同じ事、エミリオがそれを話すに値する御仁であられるかを見極めたいと言います。
 ここで選択肢が「エミリオなら大丈夫!・意地悪だ」なのですが、前者にしてしまいました。後者もかなり気になりましたが。前者にすると、「ほう、パートナーであるお前が保証すると言うのか。…あまり頼りにならない保証だな」と余計な一言も忘れません(笑)
 それを聞き、武器と、それを扱う人に対して常に誠実でありたいと願っていると真剣な表情と口で話すも、「口だけでは何とでも言えますからな」とまったく信用していないクロトキ!!ひどい、エミリオに対してひどい!と思いつつも、証として材料を集めて来いということになりました。
 さらに「さぞかし、貴方を助けてくれることでしょう」とか、主人公の方を向きながら嫌味っぽいことも忘れません。これでこそクロトキですよねぇ。己が認めた人物以外に対してはどこまでも冷酷な面を見せると…。ウツギのことを語っていたクロトキとは別人です。
 熱心なだけに話しだすと厄介と見抜き、主人公にも苦労してもらうと言ったクロトキからは2つ依頼が出されたのでした。

ストーリークエスト:刀の材料集め ☆9(Lv76~)

 ここでは良い鋼が見つかりましたが、これだけで終わるわけがなく…。
 エミリオのシナリオはFl12まで上げないと次に進めませんでした。

ストーリークエスト:刀の材料集め その2 ☆12(Lv113~)
BOSS:シン(Lv118)

 依頼者がクロトキになっていますが、「この程度」とかわざわざ書く辺りが彼らしいなぁ…と。
 シンにすら「すみませんが、どいてもらいます」と言うエミリオ。ルーティルも敵に対してこういうことを言っておりましたし、可愛い二人ですね。
 エミリオはひたすら真面目で、武器に込められた職人の想いが文化が違っても同じなのか、使用者に託す思いに違いがあるのか知りたいと話してくれます。最高の武器を作ると言ってくれましたが、作れば作るほど職人の欲で完成が程遠くなってしまい、だからこそ初心にかえる為にも色々な職人の想いに触れたかったと語ってくれます。
 真面目で優しいエミリオのこういう真剣な語り口はいいですよねぇ。
 「中途半端な想いを込めては、使い手に失礼ですから。刀匠──というか、僕の意地です」とこれまたカッコイイ〆方を!!エミリオカッコイイじゃないですか!!

 と、なりますがここからが真のエミリオのターンでした。
 武器屋に入るとイベントが再開しますが、一言多いクロトキは「まさか本当に集めてくるとは」とかまた失礼なことを。が、そんなクロトキにも大ダメージを受けてもらおうではないですか!!(笑)
 これで教えて貰えるとなり、大喜びのエミリオはひたすら喋ります。
 1日、2日どころではなく、3日掛かっても終わりません!!!主人公は踊り出しますし、途中で帰りますし、3日目でやっとこさ一般的で比較的新しい方の倭文の武器についての語りが終わったらしく、ここからが古い方に入るのだとか(笑)
 「…俺は今まで、言った事の無い台詞を言おうと思う」
 そう、クロトキが真剣に語りかけ、鷹揚に頷く主人公。
 「……頼む、助けてくれ」とぶっ倒れるも、「そのままでいいので聞いて下さい」と更に追い打ちをかけるエミリオ!!!!大爆笑でした!!
 いや~個人的に、アーシャ最強伝説を考えておりましたが、エミリオがダークホースでしたね。話し好きと言えば、ルーティルとのシナリオでお世話になったあのご婦人がおりますが月とスッポンレベルの差ですね。エミリオに倭文だけの武器を語らせたら1ヶ月くらい必要なのではないでしょうか?(笑)
 クロトキが助けを求めるレベルですからね…エミリオに勝てる人物がこの世に存在するのか!!?

 彼からはスズナ&スズシロの双剣のレシピを貰いました。
 真面目な話かと思えば、オタク大爆発シナリオでしたね。クロトキは意地悪なことを少ししましたし、ちょうど良かったのではないでしょうか?(笑)
 というかまず間違いなく、二度と会いたくない人物に挙げられそうな…。

 ところで、エミリオの話をずーーーっとひたすらきちんとしっかり聞いてあげられる人というのはこの世にいるのでしょうか?
 人のいいメルフィ先生でも途中で指一本で黙らせそうな勢いですし、ルーティルなら寝そうです。母性溢れるオルガ姐さんでも、途中で帰りそうな…。倒れるまでしっかり聞いていたクロトキは、やはり根っからの真面目なんですね。というより義理堅いと。
 ここからは自分の妄想ですが、エミリオの話に対して…
 寝る組:アレッティオ、ルーティル、ニケ
 帰る組:レインヴァルト、シグリッド、ラニ・ラト、オルガ
 ブチ切れ組:ディジー
 逃げる組:フォルカー、アーシャ
 辛抱強く聞いてる組:マリアシャルテ(途中で寝る組の可能性も…)、クロトキ、ダンデスとメルフィ(途中でキレる組に路線変更の可能性も)
 踊る組:主人公
 と考えてみました。どんなものなんでしょうねぇ。もっともっと色々なキャラの掛け合いが見てみたくなります!



通常クエスト

 地質調査にご協力を(枯れた大地) エミリオの台詞あり

 「今回の依頼は、この地の調査でしたね。僕も、この地でなにが起こっているのか興味があります。……、…………、な、なんですかその目は!?刀匠としての興味じゃなく、開拓者として、この地を案ずる、という事ですよ!大地が枯れたら新しい鉱石が生まれるかもとか、考えてないですよ!そんな不謹慎なこと、考えていませんからね!!」
 「この事態は思ったより深刻なのではないでしょうか?大地だけでなく、魔物まで異質に変化しているようです。一体、なぜこんな事に…。この地にずっといると、ひょっとして僕らもあの魔物たちみたく真っ黒に…?──お、恐ろしい…。大丈夫でしょうか?早く依頼を済ませて、一刻も早くギルドに戻りましょう!!」

 エミリオ…絶対に新たな鉱物のことを考えていたな…と思わずにはいられないですね(笑)
 でも彼なりにちゃんと心配しているようです。好奇心よりも心配のほうが勝っている感じでしょうか?
関連記事
スポンサーサイト


コメント

  1. アロイ | URL | -

    いやはや、本当に個性的な仲間ばかりですね~。
    真面目な話かと思いきや「オタク大爆発」シナリオとか(笑)
    でもこれだけ語られればその熱意が本物であると認めざるを得ないですよね。
    …最初から話し合えばよかったんじゃ…(笑)
    こういう人物は力の強さがなかったとしても最強ですよね。相手の話聞かないですし。
    でも真面目だからこそそうなるので無下にもできないと言う…実際にいたら厄介な人物ですな~。
    キャラ的に嫁にするといいようですが、毎日その話に付き合わされるのかと思うと考えちゃいますね^^;

  2. まふゆ | URL | -

    ここまでシナリオが作り込まれているのですね!?
    正直、途中からはシナリオよりも素材集めなのでシナリオは適当なゲームかも…なんて想像していてすみませんでした!
    おもいっきり奥が深いゲームなんですね、素晴らしい!!
    記事の数がこれほどになるくらい、楽しいんでしょうねぇ~…体験版、もう少し進めてみよう…!
    いや、けど…はまると怖いし…(笑)

  3. マリー | URL | 1JkepbtE

    アロイさん

    本当に個性豊かな15人ですよ~!!
    最初はみんな打ち解けていないので、距離感もありますが、進めていくと縮まっていくのがよく分かる部分も大好きなところです。
    今回もまさかのオタクシナリオで、爆笑でしたよ!途中まではじ~んと来る感じだったので、まさかのオチに(笑)

    最初から話しあえば良かったですよねぇ、本当に!
    でもクロトキの方が聞く耳持たずで、実力という確実な証拠が欲しかったのかもしれませんね。まぁクロトキにとってはいい罰なのかもですが(笑)

    >こういう人物は力の強さがなかったとしても最強ですよね。
    思います!!!まさに最強だと!!喋ってるだけで勝てるなんて、早々出来ないことですが、周囲の人は大変ですね…。
    そうか!嫁にすると、毎日この話が…
    他社作品の話で恐縮ですが、自分、このエピソード見終えた瞬間、某FFの「壁に向かって話してろ云々」を思い出しましたよ(笑)
    というわけで、エミリオには案山子か何かをあげればきっとそれでクリアに…!それさえ耐えられればとてもいいお嫁さんだと思います、本気で!!

  4. マリー | URL | 1JkepbtE

    まふゆさん

    シナリオは自分は結構作られているな~と思うのですが、薄いと思う方も多いそうですので、ここらへんはプレイしてみて判断されるのがいいかと思います!
    どうしても15人いるので、各キャラのエピソードは短めになってしまいますが、ハマると妄想が止まらないのでカバー出来るという(笑)

    >記事の数がこれほどになるくらい
    まだ9ですぜ…!前作部分は35になっているので、四分の一ですぜ…!!
    B+で、素材集めや金策、Lv上げなどが凄く楽になっているので、サクサク進められると思いますよ。
    全パートナーではなく、気に入ったキャラだけを進めるのでしたらそれはもうあっという間だと思います。全キャラの装備コーディネートとかにハマるとそれはもう時間泥棒ゲームで。
    凄く万人受けするというタイプの作品ではないと思うので、気軽にオススメしにくい部分もありますが、凄く楽しい作品なので色々な人にオススメしたい気持ちもあってと複雑です(笑)

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)