漫画版空の軌跡 第43話 感想

2013年06月04日

netabare.jpg

 ここでまさかのカシウス!!と大興奮ですよ!!
 もしかして11話ぶりでしょうか!?
 しかも初の軍服ですよ!!!これは目に焼き付けねば…!


 毎月、様々な方がこちらのコミカライズの感想を書かれており、感想巡りが月初めの楽しみになっております。感想も勿論楽しみですが、書かれている方がどこをブログパーツで取り上げているかというのも密かな楽しみの一つなのです。
 今月は予想として、あのキャラのあの姿が多そうだなぁと思っておりますがどうなるのか!?
 いや~それにしてもまさかパパでしかも軍服が拝めるとは感激です。

 さて、FC完結編となる第6巻の、ティータのねんぷち&オリジナルドラマCD付き豪華版の締め切りである6月12日が迫ってきました。
 ドラマCDに一体どのキャラクタが出るのか!?締め切り間近なので、今回の更新と共にドラマCDの詳細が発表になるかな?なんて思ってたらまだでございました…。締め切り前に判明するのでしょうか?!
 まだマックスは1回しか出演ないのですよ…。是非ともまたあの爽やかマックスを聴いてみたいと思うのですが…マイナーキャラの宿命でございますね…。


 以下、ネタバレなので追記に。クリア前提の感想です。





 アリシア女王に会うために、周辺付近の捜索も兼ねて庭園を歩いていたエステルとヨシュアに声をかけたのはヒルダさんでした。
 ヨシュアの営業スマイルとトークは素晴らしいですね、相変わらず。
 シアの活躍は拝めませんでしたが、見事に侍女になったエステルとヨシュアが素晴らしいものでしたね。そしてエステルよりバックの花が華々しいヨシュア(笑)さすが総選挙で女装してでも上位に食い込むだけありますね。さすがヒロイン!
 ゲームでは着替えましたが、そのままなのはある種のサービスでしょうか?というより、漫画で表現したら着替えを持った荷物を持つ描写を入れないと不自然ですし、そうするとまた怪しまれそうですし、そういう意図もあったのでしょうか?
 また、ヒルダさんが女王陛下やクローディアからも厚い信頼を得られている方、と仰っていますがこれはユリアさんのことでしょうかね?

 いよいよ女王陛下とのご対面となりますが、さすが国王だけあって貫禄や気品が抜群ですね。後ろ姿、また手だけのコマだけでもそれらが十二分に伝わってきます。


 とくにこのコマの横顔の美しさは、国王という役についた二十歳くらいの頃はその美貌でも名を馳せたのではないかな?と思ってしまいます。
 それ故にデュナンのあの格好が目立つと言いますか(笑)


 女王陛下との話し合いで、リシャールの企みも徐々に明らかになっていくわけですが、今思うと陛下の立場ですらこの頃は埋まっているアーティファクトの存在をよくよく分かっていなかったのですよね。それだけ、ここで一気にゼムリア大陸の歴史がまさに動き出したのだな、というのを改めて感じました。
 残念ながらリシャールさんとエステルたちの談話室での語らいは拝めませんでしたが、カシウスが英雄だったということを改めて女王陛下がお話してくれます。ここらの流れはゲームと同じなので省きますが、レナを亡くし退役したカシウスに、これまたエステルやヨシュアを、とされるのは忍びなかったでしょう。ですが、ここで諦めない、更にポジティブに行くのがエステル!
 こういう風にエステルが思えるのは、エステルがそれだけ両親や周囲の人々から愛されてきた証拠だと思います。だからこそ、人を最後まで信じ、自分が今までもらってきた愛情と、リベールという国が培ってきた平和のために力になりたいと素直に思えるのだろうなと思います。
 その力がまた周囲の人を動かす力になる、それこそがエステルの最大の武器だと思っています。

 それにしてもまさかカシウスの軍服をここで一足先に拝めるとは!!
 遊撃士の服装も好きですが、やはり軍服はいいですねぇ。マントが。独立機動部隊の頃の三人で拝みたい!と思わず…。まだヒゲが立派でない時期とか…。

 
 それにしてもこのP21のヨシュアの表情は物凄くいいですねぇ。自分の中でダントツの格好良さのヨシュアだと思いました。
 しっかりと見据えたこの瞳と表情の格好良さには心底惚れ惚れしました。


 また、アーティファクトについてやリシャールが女々しい理想論とぶった斬ったお話の部分は省略されておりましたが、コミカライズで楽しんでいる人を思うと、この展開が最も分かりやすい展開ですよね。コミカライズは取捨選択もとても難しいのだろうなぁと素人ながら想像しているわけですが、それを難なくこなしているようにしか思えないコミカライズだと思います。


 さてさて、前回から不調なクルツさんですが、やはり連想するだけでキツイようですねぇ。前回なんて、それはもう間近も間近に誰かさんがおりましたし(笑)
 でも正直、田中秀幸さんの声で暗示とか掛けられたらかからないわけがない気がしてしょうがないです!!田中秀幸さんのお声は、老若男女問わずこうぐっと来る声だと!

 最後の〆はドロシーでした!
 よく考えれば眼鏡っ娘でしかも上目遣いで涙目って最高に美味しいトコ取りなのでは…!?
 10月に発売と考えると、残すところあと1回か2回でFC完結でしょうか?となると来月はクローディア奪還しつつ潜入という形なのですかね?それともロランス戦までいく感じに…?
 ユリアさんたち親衛隊の合流も気になります。益々緊張感が増す展開になりますが、オリビエがどうその緊張感をぶち壊し(褒め言葉です)てくれるのかも楽しみです!
関連記事
スポンサーサイト


コメント

  1. まっこ作 | URL | GCA3nAmE

    軍服のカシウスさん!渋くてカッコ良かったですねーv
    でもそれを初っぱなに取り上げるマリーさんにも脱帽しました(笑)
    言われてから気づくなんて、申し訳ないです・・・!
    11話以来だなんて、久しぶりって思うのも当たり前ですねっ。
    早く本人が登場していただきたいものです~。

    感想巡り&ブログパーツ。
    私も毎月楽しみにしておりますっ。いろんな観点から述べられていて、
    本当勉強になります(遠い目)
    今回は自分の感想をあげたあとに、マリーさんの感想を拝見したので、
    読んですぐに自分の感想を抹殺してこようかと思いました(笑)
    次回以降、頑張りますっ。
    今回のブログパーツは、あのキャラのあの姿が多そうですね(笑)
    でも私はそれに反して、ヨシュアくんカッコイイ方を選びましたv
    いやでも、今回もどこにしようかだいぶ迷ったんですよねぇ。
    魅せ場が多くて、嬉しい悲鳴をあげております☆

    ヨシュアくん。
    営業スマイルには思わず笑ってしまいましたが、最後まで欺こうとする彼に、
    ちょっと切なくなりましたね;さすがプロだ(違)
    情報部にかなり気に入られたようで(笑)女王宮に入った後も、彼らの頭上に
    ハートマークが入っていて、思わず笑ってしまいました。
    着替えをせずに女王と面会っていうのも、彼にとっては大変なことだったと思いますが、
    ページ数の関係もありましたし、なによりもマリーさんがおっしゃる通り、
    着替えが入った荷物を持っていくような非効率的なシーンは描かないかな、と。
    ゲーム内で違和感があったのかな?と思うシーンは、結構変えられてますよね。
    今回もそれにあたるのかもしれません。

    ユリアさん。
    紹介状が無かったため、ヒルダさんが最初怖かったですが;
    彼女とも次回以降会えるのではないかとドキドキしてますv

    女王様。
    とても素敵な方でしたねー!知的なイメージがそのまま表現されていたと思います。
    ちょっとしたカリスマも感じましたし。
    今も素敵ですが、確かに若いときはその美貌で有名だったかもしれませんね。
    その点はクローディア王女にも引き継がれているように思いますv

    リシャールさん。
    談話室での会話がなかったのが、残念でしたねー!
    いやでも、あのしんき先生なので、忘れた頃に登場したり、しないかな(ぇ
    ページ数が限られていなければ、大いに考えられるんですけどねぇ。

    エステルさん。
    >こういう風にエステルが思えるのは~
    この部分、本当に感動しました!感想ってこのように書くんですね・・・!(ぇ
    お母さんを亡くして辛いけど、それらを経て今の自分がここにいるって感じでしょうか。
    その考え方は、周りの人にも影響を与えていくんでしょうねー。まさしくヨシュアくんとかv
    いやぁ、こんな味のあるキャラクターだったとは!(嫌いだったわけではないですけどねっ)
    しんき先生のお陰で、改めて気づくことができたような気がします(殴)

    P21の4人。
    ここもブログパーツにしたかった部分でした!
    でもヨシュアがね!キリリとして素敵なんですけど、髪が長いなって(ぇ
    メイド姿でも、ヨシュアだ!と思えるので、描き方が上手いなぁと思います。
    この部分は本当、それぞれのキャラクターの表情が描かれていて、好きですね~v

    クルツさん。
    ついに調子悪いのがエステルおよびヨシュアに分かるシーンでしたね!
    原作と違って、前回ヨシュアくんがいない時に調子悪かったので、EDに繋がらない!?と
    思いましたが、これで伏線ばっちりです(笑)
    早くジンさんに治していただきたいですねー。
    田中さんのお声は特徴あって、ちょっと聞くだけで分かります(笑)

    FC完結。
    10月に単行本が発売されるので、9月くらいまでは連載されるのではないかと思うので、
    おそらくあと3話くらいかな~と考えてます。
    毎回のページ数が多いので、違う可能性もありますが、FC最終巻ならちょっとくらい
    ページ数オーバーは許していただきたいものです。
    次回は・・・とりあえずエルベ離宮の人質救出作戦は終結していただかないとですかね?
    そしてグランセル城奪還も多少含めていただかないと、結構厳しい感じがします;
    最後までハラハラさせていただけそうです(笑)

  2. はな | URL | FhFcE1xw

    ヨシュア可憐すぎます!!
    こ、こんな女の子になりたいです…!!
    照れているのがまた可愛いです!
    バックの花は白百合でしょうか?エステルの花は野に咲く花のような感じですね。
    2人の違いが如実に現れていて興味深いです。

    エステルについてはまさにマリーさんのおっしゃる通りですね。上の方も仰っていますが、私も感動してしまいました。エステルという人物をまさに的確に表現されていて、いろいろ納得がいきました。
    前々からどんな時も自分を見失わず、時に苦しいことがあってもエステルが立ち直れるのはどうしてだろうと思っていたんです。歳の割にしっかりしすぎているような気がして。
    でもその理由がわかりました。
    子どもの頃にしっかり愛情を受けて育った為にエステルは自我がしっかり確立しているのですね。確固とした自分を持っているから揺るがない、その自分がどこからくるかというとそれは子どもの頃からみんなに愛されてきたという安心感や自分についての自信からきていたんですね。

    マリーさんの感想でエステルという人物をより深く理解できたようで嬉しいです!嬉しさのあまり長文になってしまいました。しかもなんかすごいかたい文章ですね;
    私がお礼を言うのも変ですが本当にありがとうございました!
    すごく興味深かったです!

  3. | |

    管理人のみ閲覧できます

    このコメントは管理人のみ閲覧できます

  4. マリー | URL | 1JkepbtE

    まっこ作さん

    いやー大興奮でした!!これはもうここしかないわね!という勢いでしょっぱなからどどーんと取り上げました(笑)
    本当に久しぶりの登場で、名前だけは何度も出ていますが実際顔出たの本当にご無沙汰過ぎて、プレイしていない人は「誰だっけ…?」となりそうな(笑)
    本人登場はきっと華麗なる再登場になるかと!!

    毎月楽しみですよねぇ。
    いやはや今回もまっこ作さんのを読んで、掲示板に書き込んでいる最中、これくらいまともな感想書ける力を!と毎月おもっております。ああああ。
    ブログパーツ現時点ではあのシーンがやはり多いかな?という気が。

    ヨシュアはプロでしたねぇ!
    そして情報部はメロメロ過ぎでしたね!!情報部だけあって顔がいい人も多いでしょうし、それでも面食いなのかな?と若干思いました。あのいつぞやのモブイケメン偽親衛隊の彼も女装したらいい線いきそうだなと。
    着替えをせず~の部分については結構賛否両論あるようですね。TLを追っていて知りました。
    啄木鳥氏はゲーム中で不自然だったところはしっかり変えておられますし、また漫画だからこそ見せる部分は見せておりますし、なので荷物と解釈しました。
    この辺りは難しいですねぇ。今回もしかして初めてくらいに結構意見が分かれる回だったかもですかね?
    あのリシャールさんとの談話室のシーンもカット残念というのを結構見ました。P数上しょうがない部分もあるでしょうし、改めてコミカライズの難しさも感じた回でした。

    ユリアさん、きっと会えますよね!!あのシスター姿で登場してくれるだろうと!!
    女王様も本当に素敵でしたねぇ。いやはや今回は特に女王陛下に心奪われた感じがあります。
    美貌もクローディアに引き継がれたと思うと、余計に息子たちのご尊顔が気になります!!!

    P21の彼は本当に素敵でしたね!!
    このシーンは、実はヨシュアはロン毛だったと解釈して楽しみました(え!?
    この格好、姿でも真面目になる、そしてヨシュアだというのが分かるのは本当に描写が凄いなぁと。

    クルツさん何気に重大な伏線シーン持っていますしね!!
    ボート先輩だなんて言わせない的な!(笑)
    ジンさんが来月パパッと治してくれる&リベールへ来た経緯を明かしてくれるのかなどなどジンさんにも注目ですよね。むふふ。
    田中さんの声はもう本当にメロメロでございます。腰砕けってこういうことを言うのか!!と!!

    なるほど!9月までは連載ですか!こういったことに疎いので有難いです。
    つまり手直しほぼなしでそのまま単行本発売という過密スケジュールでしょうか?おおお…。そういえば、1巻って分厚かったですよね?
    来月はやはりエルベ離宮をやりつつ奪還も~でしょうか?離宮に行かないと奪還も出来ませんしね。どういった展開になるのか知っていますが、楽しみでしょうがないです。

  5. マリー | URL | 1JkepbtE

    はなさん

    いやはや今回はカリンさんに持っていかれっぱなしの回でございましたね!
    背景の花の違いも同じく思いました!!それぞれらしさが出ているなぁと。それらも相まって丁寧な描写にファンは心を奪われるばかりです!
    特に自分にとってはパパに(笑)

    啄木鳥氏のコミカライズを読んで、本当にエステルの魅力というのを再確認した感じです。
    ゲーム中でも伝わりますが、自分はコミカライズのエステルたちが一番好きですねぇ。
    エステルの強さ、立ち上がれる力はそうだろうなと自分は思っております。しっかりとした両親の愛情を受けて、また周囲の人々からも変わらない愛情と親切さというのを受けて育って。人というのは優しく愛情を持っているものである、だからこそ!と。あくまで自分の解釈ですが…。
    だからこそそれが狂ってしまったヨシュアとの差と、太陽として眩しすぎる故に離れたというのが分かるなぁ…なんて。

    長文好きなので、全然気にせず赴くままにどうぞです!
    あくまで自分の解釈ですが、考察読むのも大好きなので、なんでその人はそう思ったのだろうという部分はこれからも書いてゆきたいですね。
    ここまで考えさせてくれる作品凄いです!!

  6. ハード | URL | -

    女装ヨシュア再登場!
    わかってはいたけどやはり笑ってしまった。
    残り2回~3回と考えると
    7月クローゼ再登場(人質救出作戦)~ロランス戦辺りまで
    8月大佐戦+トロイメライ戦
    9月でFC編完結という感じですかね。
    残り2回なら7月、8月とページ増量してやってしまうんですかね。

  7. マリー | URL | 1JkepbtE

    ハードさん

    いよいよ登場でしたねぇ!!二度目の女装で!
    しかも誰よりも華々しく、オリビエ辺りが見ることなくて本当によかったですよね(笑)

    ハードさんの予想が大当たりな気がします!
    今までもページ数が増えているので、やはり今後も増量ですかね?
    もし普通通りとなると、最終話が少なそうですね。あの夜のシーンのみとSC編へ…!という感じで。
    何にせよ、ここからも中身が盛り沢山なところですし、どこを描かれるのかも楽しみですね!!
    個人的には、正面な誰かさんがどこまでダークに描かれるのかとても気になります。かなり迫力ありそうな気が!
    是非SC編もと思います。

  8. 璃子 | URL | DYGSHBDo

     メイドさん、キタ-!
     すみません、他は目に入っていません。あとは、SCで後々までシアさんに着替えの手伝いをさせろと言われるんですよね(^_^)。ここで、写真が撮れたなら、教授的な発想としては、嫌がることをとことん無理強いするんですが。
     あとは、あのFC最大のどんでん返しを待つばかり。ネギの登場も近いですね。

     あ、でも、そうすると、麗しの教授がぁ…

  9. マリー | URL | 1JkepbtE

    璃子さん

    メイドさんきましたねぇ!
    そしてやはり美しいと!!シアさん、SCでは拝めるといいですね!というわけでSC編も是非と。
    教授というか某怪盗Bさんが誰かに変装して写真を撮るというのは実は出来そうですよね(笑)
    しかしながら教授が実際に撮ってそのまま嫌がらせ~という方が色々と楽しく面白いのでしょうが…!
    本当に是非ともケビン拝みたいですよ~!!叶うならば3rdまでと思ってしまいます。
    あと、3回くらいでどうお話を進めるのかも気になりますし、どんでん返し前の生誕祭の様子を考えると明暗が凄そうですねぇ。
    教授はSC編で輝きに輝きますよ!!

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)