閃の軌跡 プレイ日記9

2013年10月08日

netabare.jpg
sk96.jpg

 ゲーム本編ですが、この章が個人的に大ヒット過ぎてアドレナリン大放出です!!!!これでたぎらないわけがないというか燃えない訳がないと言いますか!!!好きな部分が活躍するというのもあり、拳握りたくなりますね!!!
 常日頃自分の中ではFCは四章が第一のクライマックス、SCは3章と8章がクライマックスで、3rdは第6話が第一のクライマックス!と言っているのですが、閃の軌跡は今の所この3章がまさにそのような感じで!!!もう燃えまくりなのですがどうすればいいのでしょう!モブが美味しすぎです!!!!!ここにきて、気になるモブキャラ順位に大きく変動が!!ああああああ!!
 この滾る思いをどうすればいいのでしょうか!!!書くしかないわめ!そんな勢いです。ちょっともうあのキャラとあのキャラとあのキャラの顔グラ本気で希望しますよ!!本当はもっと先まで進んでいますが、ここはここだけで区切りにしたいという感じにしてあります。
 あとはもっとリベール軍部が恋しくなりました…。百日戦役編の軌跡も見てみたいじゃないですかああああ!!!


 以下、空、零・碧含めてのネタバレがあります。未クリアの方はご注意を。
 第三章:6月27日:カメラマンの保護の依頼を終えた所~三章終わりまで。




 集落へ戻るとどうやら導力車の事故が…。RF製なのでアリサが検討を付けますが、この導力車はその隠居している人が持ってきたのでしょうかね。
 怪我人はいないもののそのご隠居さんに来てもらおうと《ラクリマ湖畔》へ。どうやら”あの人”だったようですね。父と思っておりましたが、祖父でした。
 RF社の先代会長であるグエン・ラインフォルトは母親とは似ても似つかぬ性格と。随分軽妙な御仁なんですねぇ。アリサが自分のことは抱え込む性格なのは、自分と娘である母親の仲が原因だろうと。

 その夜はリィンたちも交えての宴会になるのですが、回想で一瞬父親が映りましたね。ヨアヒム先生のような容姿だなぁと思ったのですが如何程に。ツァイス工房のラッセル家もそうですが、お祖父さんが凄くて娘はパワフル、孫は愛らしいがメカに強いですね。ヴェルヌ社もそうなのでしょうか?

sk97.jpg

 どうも空回りしているアリサにリィンが派遣されたのですが、さすがリィンですね。第二の攻略王になりかけております(笑)
 8年前に父親が亡くなってからが全ての始まりだったみたいですね。シャロンは7年前からだとか。祖父との決定的なことは、あの”列車砲”絡みだったと。2時間あれば、50万人のクロスベル市を壊滅出来るという破壊兵器。いざ出来上がってから受け渡すか渋った祖父と、株主や貴族などの有力人物を味方につけ裏切った母。グレンはその際に退陣になり、あれだけ一緒にいたアリサを置いてノルド高原へ。同じく一緒にいたシャロンも母に付いてしまったと…。
 しかしまぁ列車砲は一瞬で消え去る運命なのですが…。そう思うと、彼らの力の恐ろしさを改めて痛感します。
 それでも、Ⅶ組に入り仲間に出会え一歩進めると元気になってくれました。主人公とヒロインのいいシーンでしたが、絶対に皆聞いているのだろうなと思えば案の定ユーシスのわざとらしい空咳が(笑)

sk98.jpg

 ユーシスのノリに爆笑しましたよ!意外とこういうノリはいいですよね。皆で恥ずかしい青春トークをするといいですよ(笑)ここでアリサもSクラが解放になりました。

 今回の成績では乙壱級に。

sk99.jpg

 しかしながらここで物語は急展開に──。
 監視塔ではいつも通りのんびり、というはずでしたが共和国側が襲撃を受けていると!!そんなことを言っていたら帝国側も襲撃に……。衝撃的でした。今までが平和だったので。



6月28日 特別実習3日目

sk100.jpg

 空には、帝国側の第三機甲師団の《カバリエ》と《グリエール》が。共和国側は08方面部隊である共和国お得意の空挺機甲師団の《アルデバラン》が牽制し合っているかの状況に。
 この騒動は集落にも連絡が即座に入り、集落の人達はすぐに移動の準備へ。リィンたちはゼンダー門へと急ぐのでした。
 昨日の襲撃で守備兵の二名が死亡、三名が重傷ということであの真面目なロアンが亡くなってしまったことが判明して衝撃のあまり気落ちしました…。ロアンが亡くなったということはザッツもなんですよね…。
 《ゼンダー門》へと行けば、既にいつでも戦がという準備万端です。さすがの精鋭部隊ですね。死傷者が出ている以上、数時間しない内に戦端が開かれる可能性が高いと。リィンたちに今すぐこの地を離れろというゼクスですが、ここで積極的なのはガイウスですよ!珍しいです。その御蔭もあり、二時間ほど調査許可を得られることになりました。
 ここでのガイウスがどうして士官学院を志望したかのお話がとても良かったですね。彼らしいです。彼はノルドの地を愛しているからこそ、いずれノルドも外の世界が変わったようになる時期がくるかもしれない。そんな外を知るべく入学したということを話してくれました。情勢は刻々と変わっていくものの、それでもノルドの地を守るためにはどうすればいいのか。彼ならきっとうまく未来へと切り開いてくれると思います。それにしても17歳とは思えぬ渋さで。

 一刻の猶予もない中、即座に監視塔の調査に入ります。どうやらこっちにはサマリー准尉が来ているそうですね。ということはライエル少佐は門側ですかね。顔グラないのが勿体無いです!!
 この調査ではザッツが生きていたのが分かってよかったです!しかしロアンとザッツはあの場にいたわけで、どういうことだ?と思っていれば、真面目なロアンは彼を庇って亡くなったと…。マニングも悲しみに暮れております。監視塔はこの二人くらいでほぼ壊滅状態ですしね…。

sk101.jpg

 調査の選択肢は、午前3:00、兵器で正解ですかね?
 帝国でも共和国でもないとすれば解放戦線のメンツでしょうか?そして、どこから攻撃をしたのかというのを解析しようとするのですが、ここではエマが大活躍でしたね!!お見事というような素晴らしい計算力を。授業レベルではないと語られておりましたが…

sk102.jpg

 彼もマキアス大好きですよね(笑)
 マキアスは今頃ブリオニア島でくしゃみしてるのではないでしょうか?
 それにしてもエマが何者なのかはいつ分かるのか。楽しみです。コメントを頂き、以前書きましたがアニエス関係なのでしょうか?はたまた騎士団関係なのでしょうか?それとも全く知らない違う勢力なのか…。

 この調査は選択肢もそうですが、タイムアタックもありヒヤヒヤでした。なんとか時間内に追いつけたのですがどうなんでしょう…。
 ここでは砦に侵入したあの少女、ミリアム・オライオンとガーちゃんことアガートラムがついに名前を出しました。彼女は両国に攻撃をしたわけではなく、その攻撃した奴らを拘束しようとしているとか。そいつらを追いかけるのですが、ミリアムがPT入りしましたよ!しかも何故かリンクを結べるという…。不思議です。何者なんでしょう。

sk103.jpg

 大人げないように見えるユーシスです(笑)

 その後は強制的に集落へ移動しますが、既に共和国の飛空艇は侵入しております。威力偵察をしていると。15:00までにどうにかという話になり、急いで石切り場に行くのですが、その前に南部へ出られたので、監視塔と門へ寄り道です!だって軍部ですから!!

 監視塔では、既にアルデバランが12隻用意されているとのことで、いつでも始められるというようなものですね。また、ザッツやマニングが志願しており見張りに。戦いに発展すればまず攻撃を受けるのはこの監視塔。つまり一番命の危険が高い場所であると。ロアンや仲間のために立ち上がる姿はグッときます。
 そして《ゼンダー門》ですよ!!ここで一気に気になるモブ首位に上り詰めてきたのがフーバーです。

sk104.jpg

 あのチャラチャラしていて、トーマとチューしたのか?と言っていたあのフーバーが立ち上がり、ビシッと決め、更には台詞まで格好いいではないですか!!これには一気に参りましたよ。燃えないわけがないですよ!閃の軌跡の中で一番燃えたシーンですね、今のところ。
 そんなフーバーは「赤い月のロゼ7巻」をくれました。
 第三機甲師団は、ゼクス中将を筆頭に、ライエル少佐、サマリー准尉、オグラム軍曹という感じでしょうか?クレイグ中将、ナイトハルト少佐が属する第四機甲師団も気になりますし、ミュラーがいる第七機甲師団も気になります!!!

sk105.jpg

sk106.jpg

 軍部好きとしては燃えまくりの展開で、痺れまくりですよ。精鋭だけあって、全員練度が高く、その上基本的には真面目な集団で、ゼクスの手腕や人徳があってこそ物凄く雰囲気のいい師団ですし。しかも主に訓練などを担当しているライエルやサマリーはコーヒー片手に会議をする仲で。その二人は上下関係は勿論ありますが、訓練の計画もも阿吽の呼吸でサクサク決まってますし。オグラムは二人とはまた少々違った真面目で堅物という感じなので、是非ライエルやサマリーと話しているシーンが今後見たいものです。

『ノルド高原・北部の手配魔獣』
 Lv30のストーンゴーレムでした。
 一撃が大きいですが、そんなに大変な相手ではないと思います。

 《石切り場》に向かい、いよいよ集団を発見しますが、どうやら眼鏡の男に雇われているようですね。戦を起こすのが目的だそうですが…。やたらと大金なミラと言い、益々怪しいです、ルーファスが…。
 いざリィンたちは対峙しますが、この眼鏡は《G》と呼ばれるギデオンという男だとか。

sk107.jpg

 さすがにガイウスは格好いいですね!この章はⅦ組では間違いなくガイウスが最も静かに輝いたと思います。
 さて、猟兵団ですがドロップアウト組で構成される《バグベアー》という名前だとか。そして《白兎》なミリアムが《鉄血の子供たち》であるのも明かれました。
 猟兵団との戦いはまぁ良かったものの、ギデオンは悪しき精霊を呼び出してしまうんですが、これがまぁ「うわあ…」な展開で…。空では血の表現が控えめでしたが、碧辺りから出るようになりましたよね。

 Gは逃すものの、猟兵たちは拘束に成功し、急いで連絡を取りゼンダー門へと向かいますが…いつも爽やかな感じのライエルが、共和国に信じてもらえず申し訳ないと焦っております。今のところ戦は回避出来ていますが、このままでは始まるのも時間の問題…となっているところにこの男ですよ。

sk108.jpg

 残念ながらCV無しと。まだ森田さんの声付きのレクターはドラマCDでしか聞いたことがないのですよねぇ。碧の軌跡で言う、赤い星座のためのアジトを用意していた頃、彼はこうして行き来していたと。そう思うと、彼は移動が常ですね。
 どうやらゼクスとは初対面のようで。再来月の通商会議のために無用な対立は避けるべく派遣されたとか。だからこそあの会議でノルド高原の話題が出たのですね!一発触発状態ではそれは話題として取り上げるには十二分ですねぇ。
 レクターも《鉄血の子供たち》ではありますが、クレアが鉄道憲兵隊に属するものの、彼は情報局所属です。ユーシス曰く、領邦軍が最大限に警戒しているのが両組織だとか。そうですよね、憲兵隊は鉄道されあればどこだって派遣出来ますし、情報局の恐ろしさは3rdでよくよく分かりますし。
 そのレクターは《かかし男》という異名を持ち、非公式の交渉はほぼ全て成功させたという手腕の持ち主でした。となるとあのハルトマンとのことも彼だったのですかね。3rdでちょうど彼を引き連れてましたし。

《鉄血の子供たち》
 オズボーン宰相が拾い上げた、特別な才能を持つ若者たち。所属に、鉄道憲兵隊《氷の乙女》クレア・リーヴェルト、帝国軍情報局《かかし男》レクター・アランドール、不明の《白兎》ミリアム・オライオンが現時点でいる。

 レクターのお陰もあり、戦は無事に回避出来ました!これには一安心ですが、まぁこれも宰相にとっては微塵も痛くも痒くもないことだろうなという気がします。

 ここからはGたちの場面に切り替わりますが、これがまぁ意味深なものがいっぱい詰まったシーンでした。
 あまりこう言っては可哀想だな、とは思うのですが思わずにはいられないのが、オズボーンの隙を作るなんて無理だろう、クレアやレクターにも読みきれぬというのも無理だろうとなんだか滑稽に思えてくると…。
 ここでは仮面のCとGが話してますが、その後それを見ていたサラとシャロンの気配にすら気付いていないと!この溢れ出る小物臭をせめて払拭させようと思うのですが…!
 CやGは置いておきまして、サラやシャロンの話になりますが、2年前の事件と言えばカシウスが帝国入りしたギルドの襲撃事件を思い出します。トヴァルとの繋がりを考えると、サラは元遊撃士だったのかな?と予想したのですが、どうなのでしょう!?きちんと明かされる日を楽しみにしていたいと思います。
 そして、Gたちが乗って行った物がラインフォルト製であること、表面上では取引相手が分からないことからして、益々Cがルーファスなのではないかと勘ぐってしまいます。彼はイリーナとは理事繋がりですし、お金は持っていますし用意できないこともないでしょうし、以前も書きましたが剣の嗜みもあり権力もあり…いい人ですし(笑)

 そして今回はAでした…ガーン…

sk109.jpg
関連記事
スポンサーサイト





コメント

  1. こんた | URL | -

     どんなにシリアスなシーンでも猫耳なユーシスに笑ってしまいます(笑)
     とはいえ、彼が大人しく猫耳を付けているはずがない…突然生えてきたのでしょうか。きのこの如く。その瞬間のユーシスを見たいです…!

     今回は一人ずつSクラフト解禁されていくのが面白いですね。
     遊撃士や警察は最初からある程度の強さが要求されていますが、Ⅶ組は飽くまで学生。
     一人々々徐々に成長していくのだな、と思ってしまいました。

     そして、『お祖父さんが凄くて娘はパワフル、孫は愛らしいがメカに強い』!確かにです!!(笑)
     言われて初めて気付きましたが、物凄く納得…(笑)
     アリサのお父さんも入り婿で妻に頭が上がらない、温和で優しいけど実は強い人だったりしたのでしょうかね。有り得そうですw

     ロアン、亡くなったのは衝撃でした…まさかモブでも名のあるキャラが死亡するとは。
     ザッツが無事なのはせめてもの救いでしたが、ロアンが救ってくれたのですし…同僚であり親友だったのかな、と。
     物凄く切なくなるシーンでした…。でもその不安定さが帝国編なのだな、と…。

     ミリアムは結構好きです(笑)本当に無邪気、邪気が無いという言葉がぴったりだな、と。
     でも『子供たち』の一人だったんですよね…レクターと言い、一体どのような経緯で『子供たち』になったのでしょう?
     この辺りもいつか語ってほしいです…!

     3章は謎あり燃え所ありで楽しかったですよね!
     リィンとアリサの青春シーンも大好きです!ユーシスも意外とおちゃめな一面もあったり、青春トークを「フン…断る!」と言いきったりでw
     私もUマテリアル集めて、猫セットを誰かにつけたいです…誰にするか。

     最後に。やっぱりうちのマキアスさん、戦闘後のコメントが秀逸です…。

     最後の敵一体が、炎傷状態になっているけどあと一撃で倒せる!という時にマキアスのターン。
     しかし『Miss』で攻撃を外すマキアス。
     敵のターンに移ってダメージを受けるマキアス、そして炎傷状態で自滅する敵。

     戦闘終了、マキアスの台詞が…「問題ない、先に進もう」。

     うん…まあ無事に終わったし問題ないけど…マキアスそれでいいの?と…(笑)
     自滅してくれたけど攻撃すかした上ダメージ受けたのに問題ないって。
     ネタのようですが、実話なんですよ…(涙)

  2. 瞳子 | URL | -

    進みが遅すぎて、まだ冒頭部分しか読めないのですが、マリーさんのアドレナリン放出っぷりにおもわずコメントしてしまいました(笑)

    軌跡シリーズはいつもものすごく来た来た来た!と思う章がありますけども、ついにそこにたどり着かれたのですね…!
    私もそこにたどり着くのを楽しみにしつつモブめぐりなど頑張ります(笑)
    周回遅れの勢いですが、マリーさんの日記も順に読ませていただいてます。
    今回の追記部分、とても楽しみです!

  3. nojita | URL | E74oYwps

    マリ~さん、落ち着いてください!
    これから内戦に向けて軍部だらけになったら、収拾がつかなくなりますよ~
    将来軍服姿のムンク君が拝めるかもしれませんし…
    私はガイウスの民族衣装とレクターのスーツ姿にクラッときました(笑)

    ノルド高原、夕日を背に受けて馬を走らせるシーンが感動的でした。
    こういうシーンを見ると3Dになって良かったと思うし、
    個人的には軌跡シリーズにはとても馴染みが良いと思いました。

    まだまだ寄り道しながら行間を読みながら景色を楽しみながら、
    まったりとプレイしたいと思います。

  4. マリー | URL | 1JkepbtE

    こんたさん

    ことごとくシリアス場面をぶち壊す男になりましたよ、ユーシス・アルバレアは(笑)
    きのこのように生えてきた辺りを想像して笑いました!!彼はそれでも偉そうなんですよね、きっと…!

    Sクラ解禁がそれぞれキャラが何か決別を付けてからというのは面白いですよね!
    学生という立場をこういう風に表現出来るのか、とも感心致しました。

    メカ一家の件、ありがとうございます!!
    丁度ラッセル家もラインフォルト家も同じ構成だな~と思いまして。グエンの娘ということで婿殿であるのまで一緒ですが、実は強いのかどうか気になりますよね!?実は遊撃士だったとなれば…さすがにそれは厳しそうですね(笑)

    モブの死は衝撃でしたね…
    ザッツとロアンは真面目と不真面目でしたが、ロアンは欠伸をする所だけは納得出来ないという感じで二人共いい同期だったと思います。ゼンダー門のモブ兵士も二人の仲の話題を亡くなる前に話していたので…
    同じく切なくなりました。しかしリアルでしたね。ああ、本当に戦いなのだと。帝国らしさを自分も感じました!

    ミリアムファンでございましたか!!可愛いですねぇ、彼女は。無邪気に物騒なことを言うのがまた彼女らしいなぁと。
    同じく、子供たちになった経緯、オズボーンが彼らと出会った経緯は気になります。クレアの場合は苗字が苗字ですし、意外と普通そうですが、どうやって才能を見抜いたのか…。レクターも全然分からない人ですし、語られて欲しいですよね!

    3章は軍部ファンにはまさに燃えまくりでございました!!!気が抜けたくらいには(笑)
    青春トークも面白かったですね~。ユーシスのその台詞同じく笑いましたよ!逆にガイウスですと、あれだけ神経にこの地を愛し~と言い切りましたし、同じ青春トークでも皆真剣に聞き入りそうですよね。エマはそんな話をドロテ部長にしてあげれば喜ばれるのでは?(笑)

    こんたさんちのマキアスはある意味絶好調ですよ!!
    確かに問題はないというのもまたツボで(笑)きっとその敵の攻撃はツッコミだったんですよ!「お前、外してんじゃねー」という…!
    というわけで、猫耳はマキアスでいかがでしょうか!?更に面白さに拍車がかかりそうな気も…。

  5. マリー | URL | 1JkepbtE

    瞳子さん

    ありがとうございます!大放出させて良かったと心から思いましたよ(笑)

    そうなのです!!キタキタキタキターー!となるシーンがございますが、見事この章は自分の中ではそこに当たる部分で。その後、放心状態に陥るのがアレですが(笑)

    今回もいいモブたくさんで、凄く嬉しいです!!
    いや~やっぱりとある組織筋が出てくれると本当に嬉しいというか感激です。
    自分も既に世の中の閃の軌跡プレイヤーの方たちからは周回遅れ気味ですが、マイペースに楽しみたいです。
    きっと、プレイしていて、「あ、あいつが荒ぶってたのここだな」と思う所があると…!!

  6. マリー | URL | 1JkepbtE

    nojitaさん

    おおおお落ち着きました、やっと…!(笑)
    そうなんですよね、内戦になったらもうフィーバーし過ぎて大爆発ですよ!!碧も2章の護衛待機室で心の中で卒倒寸前でしたし…!

    >将来軍服姿のムンク君が拝めるかもしれませんし…
    完全に盲点でした!!!!
    そうか!そうですよね!!士官学校なんですもんね!すっかり脳内で構成作家への道にばかりと思っておりましたが、ネタ集めに軍入りする可能性だってあるのですよね。いや~これは大爆発物ですね。

    ガイウスの衣装良かったですね~!
    制服に見慣れてますが、しっくり来るのがたまりません!
    レクターは相変わらず何を着ても似合いますよね。スーツもブレザーですし、ジェニス王立の制服もまた彷彿させますね。軍服着たらどうなるのか想像つきません…!

    ノルド高原は、他の記事のコメントでも夕方がやはり良かったと仰る方がいらっしゃいまして、大人気だなぁと!
    ノルド自体がとても景色いい場所でしたね。帝国らしさを忘れるひとときと言いますか。自分もこういうのはとても軌跡らしいなぁと思います。いい大陸ですよね!

    自分も色々と主に軍部の行間を読みながら楽しんでいこうと思います(笑)いえ、それだけに偏り過ぎないようにも頑張りたいです…!

  7. マリー | URL | 1JkepbtE

    拍手レスです。

    Kさん

    ありがとうございます!!
    軌跡に関しては歴代シリーズ&これからの伏線などなど盛り沢山すぎるので、完全ネタバレでいっております。ですので、このまま同様回避をオススメ致します。

    軌跡は王道のRPGですね~!!
    なんというか一部中毒性がとてもある感じで、ハマる人はとてもハマると思います。
    あと何と言ってもモブキャラが個人的にとても良いと…!!転がりまくっております(笑)
    イースは7やセルセタでアクションの感じが物凄く変わっており、とっても楽しいですよ!爽快アクションをやりたい~という時にはオススメいたします。体験版もあるので。
    音楽は好みはやはりあると思いますが、客観的に見てどれもこれも素晴らしいと思います。

    むしろKさんからコメント頂けて嬉しかったです!
    鬼退治もアップデートやコラボ詳細が判明しましたら、また書きたいと思います。

  8. 3倍 | URL | -

    こんにちは。
    昨日ようやく3章終わらせたのですが、今回のA評価だった理由がマジわかんない平民です。

    3章面白かったですね!
    とても内容の濃かった実習だったのではないかと。
    終盤は一食触発で第三機甲師団出てきて飛空艇出てきて共和国も出張ってきてこのまま開戦しちゃったら、ライエル少佐の敏腕ぶりが見れたのに!!ゼクス中将が馬上から指揮するお姿を拝見できたのにい!!!とか思ったりもして…ライエル少佐の顔グラ欲しい!
    最強なのはナインハルトの第四機甲師団らしいですが、ミュラーの第七も含めて実力は引けを取らないんですよねきっと…

    ガイウスの故郷愛あふれるかっこよさ、しびれますね。
    やっぱりオズマに通じるところを感じるなあ。
    家族の温かみを肌で感じ、メンバーも思うところあったんじゃないかなあと。アリサもまた一歩成長したみたいだし。メカに強い女の子…スキです。ノエルと自動車整備対決してほしぃ。

    しかし、あのエロジジイめ!…まあ元気なのは良いことでありますなw

    レクターがちょうどクロスベルで一仕事してきたとか聞くと、前にプレイしたあのシーンや物語が並行して進んでいるんだよなあって感じますね。通商会議の場面もあるのかなあ。

  9. マリー | URL | 1JkepbtE

    3倍さん

    同じく自分もAだったのですが、試験の前の知識の取りこぼしかな?とか思いました…。どうなのでしょう…。

    3章は大フィーバーでしたよ!!燃えまくりでございました!!
    あのままもし開戦していれば、同じくライエル少佐やゼクス中将などの指揮の姿がああああ!!と思いました。集落の人が完全に無事だと分かった上でのが見てみたかったです(笑)
    ライエルは顔グラないのが惜しいですよね!?でもよくよく考えれば開戦すればまず先にサマリー准尉が先陣きっての指揮かもですね。彼も是非活躍を見たいです!

    割りと普通に疑問なのですが、最強の打撃力を誇るのが第四、精鋭が集まっているのが第三となると、純粋に攻撃力は軍のトップが第四で、全体の指揮含め・任務を全員生存で遂行するというそういう実行力のトップが第三ということなのでしょうかね?
    それぞれ部分部分のトップという意味なのでしょうか?それとも純粋に、第四が最強であるという意味なのでしょうか?でも精鋭って選りすぐりの人物という意味じゃ…と若干混乱気味です(笑)
    第七はこれからきっと明らかに…!!

    この章のガイウスは自分もオズマを彷彿させました!
    こう、司る一族というと語弊があるかもしれないですが、同じような立場であり、真面目であり故郷を愛する気持ちはまさに似てますよね。
    ファル学でガイウスが、故郷激ラブに改変されるのかどうか気になりました(笑)

    アリサも一歩前進&リィンに好意を寄せ始め…みたいな感じでしょうか?凄く初々しく、またこっちが照れるような感じで可愛かったですよね~!!

    >メカに強い女の子…スキです。
    エリカ・ラッセルさんのことですね?(笑)

    お爺さん笑いましたよ!!思えば、こういうキャラって軌跡では珍しいですよね。

    通商会議のシーンはどうなのでしょうねぇ。あって欲しいですが伝聞形式での語られになるのでしょうか?

  10. ハード | URL | -

    やっと自分も3章が終わりました。
    3章はなかなかあつい展開でしたなぁ。
    ゼクス中将も登場しましたし
    軍部好きにとっては最高の章でしたね!
    ライエル少佐には顔グラほしいですなぁ!

    Gがギテオンで名前の頭文字から取ってるので
    Cも誰かの名前の頭文字なのではないかと思います。
    CやGの裏にルーファスがいるのではないかと思っています。

  11. マリー | URL | 1JkepbtE

    ハードさん

    3章クリアおめでとうございます!!
    個人的にはクライマックス級に熱く燃えました(笑)
    本当に軍部好きには美味しい展開で。中将やライエルなどの活躍も拝め、そして顔グラが欲しくなると。
    軍部を除いても、アリサの一歩前進や、ガイウスがどうしてこういう風に形成されていったかなどの過程、お話が少しじつ動き始めてきていると動きのあった章で楽しかったです。

    なるほど、ルーファスはバックに付いている側で別にCはいると!
    後出しになってしまいますが、ルーファスにCは付かないよなぁとは思っていたのですが、C付く人って名前ですと…
    クレアやクロウ、セリーヌですかね?苗字にするとクレイグなどですかね?
    既に全員怪しく思えるので、もう皆怪しいのは変わらずと(笑)
    今後も全員疑ってプレイしたいと思います!

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)