閃の軌跡 プレイ日記12

2013年10月12日

netabare.jpg
sk133.jpg

 モトロさ────ん!!!!
 この台詞に反応しないわけがないわねえええええ!!!!来年はぐるみんも10周年でございますよ。ポーカーがなくなってモトロさんのカードの柄が無くなってしょげていたのも、この台詞で少し救われました。
 で、ハグハグモトロさんとかはないのですかね??進藤尚美さんが出演されてるのですし、ハグハグチャッキーでもいいんですよ?むしろにゃんにゃんセットのモトロさん版とか絶対可愛いと思うのですよ。しっぽがギザギザですし。
 ノイやこぼるとなどが出ているので、ぐるみんも…!!コラボするしかないわめ……いや、怪盗B vs 怪盗Mの華麗なる戦いでも!!

 さて、本日から12月21日(土)に行われるFalcom jdk BAND 2013 Super Live in NIHONBASHI MITSUI HALLのライブチケットが販売開始になりますね!多分行けると思うので、チケットを購入してこようと思います。
 セットリストの一部が公開されてますが、またTo MakeからのTo Makeという流れも聴いてみたいな~なんて思うのは贅沢でしょうか?(笑)ぐるぐるTonightもまた聴きたいです。
 この時期は冬コミ前ですし、またざんまい系のお話も出るのでしょうか?ぐるみんやツヴァイが来る日はあるのか…!?


 以下、空、零・碧含めてのネタバレがあります。未クリアの方はご注意を。
 第四章:7月24日手配魔獣を倒したところ~4章最後まで。




 ホテルの支配人に報告へ~と地下道を通るわけですが、隠し扉を発見し、なんとマーテル公園と繋がっているのが分かりました。ロベルトからは「赤い月のロゼ8巻」が貰えましたよ。
 そして綺麗な音楽を奏でていたのは、エリオットの友人たちでした。全員思っていることだと思いますが、エリオットはこっちの道へ進みたかったのだろうなぁと。

 そんなこんな夕食をとり、エリオットの部屋に初めて入るのですがこれがまぁ物凄く楽器だらけのお部屋で。どうも7年前に病死してしまった母親の影響だとか。母親は結構有名なピアニストだったらしく、クレイグは音楽には疎いもののべた惚れだったとか。というよりも、クレイグ中将やはりヒゲでしたね!!!
 そんな仲睦まじい家族だったようですが、エリオットが音楽の道へ行くことは、帝国男子としてそれは認められないと頑なに認めなかったようです。
 ここで判明したのは軍学校もまだ他にもあるということで、士官学校もここだけではなさそうですねぇ。

sk134.jpg

 このエリオットはとっても格好良かったです。いつも愛らしい彼ですが、見せる時は見せる。お父上もお喜びになる姿と思います。

 こんなエリオットの告白を受けて火が付いたのはラウラとフィーでした。ここからはラウラとフィーのいいお話なのですが、マキアスがいちいち面白いので笑いが止まりませんでしたよ!!ツッコミやノリツッコミなどなどとにかく笑えました。

sk135.jpg

 ラウラがこんなにも格好いいのに、マキアスに全部持って行かれました(笑)
 そしてここからはフィーの過去話が。なんと!《西風の旅団》だったというのが判明しました!こういう繋がりがあったのですねぇ。しかしながら碧で判明しているように、一騎打ちがあり、団は解散に。その二つを追っていたサラがフィーと出会い…だったようです。サラはやはり元遊撃士っぽいですね。
 最後の〆は対リィン・マキアスとなり、見事戦術リンクを使いこなしての勝利でした!!完全に二人の仲も元通りを超えて、いいコンビに。

 成績は甲六級になりました。

sk136.jpg



7月25日 特別実習日2日目

 アルト通りでは、凄腕の女遊撃士がいたという噂が聞けます。サラのことかな?と思っておりますが…。
 そしてそしてここで機甲師団の話が聞けるのですよ!!!!一気にテンションが!!!推したい機甲師団として、名将率いる第三機甲師団、神速と謳われる第七機甲師団、最強の打撃力を誇る第四機甲師団と。
 ミュラーが属する第七機甲師団は神速と謳われているのですね。スピーディな機甲師団なのでしょうか?どなたがトップなのかとっても気になります。

 また、クロードの名前が出たり、ボンドさんがいたりと零・碧でお馴染みのキャラがおり嬉しかったです!サニーたちゃんにまた会いたいですね。
 それからオリヴァルトも、母親が平民であり皇族と知らずに小さいころは育ったという話、ご苦労なさっているお話も聞けました。出自を考えれば苦労したのだろうな、とは思いますが、やはりそうだったのですね…。ミュラーが拠り所でもあったのでしょうか?特にセドリックが生まれるまで、平民の子でもありますし、ユーシスのように影で散々に言われた過去なんかは当然のようにありそうです。
 何気にプリシラ皇妃の名前も出ましたが、シリーズはずっと続いているものの、未だにユーゲントが登場しないのですよね。どうなっているのでしょう。

 笑ったモブ会話としては、少女たちが一人はルーファスがカッコイイ!と言っているのに対し、オズボーンが渋くてカッコイイと言っている子がいたのが(笑)見る目あると思いますよ彼女は。

『迷い猫の捜索』
 ボス猫の名前が”ボス”というのに爆笑しました。
 それにしてもオスト地区は楽園ですねぇ。

『新製品のテスト』
 お馴染みストレガー社のものです。創立50周年を迎え、レマン自治州に本社があり、エステルが大ファンなメーカーと!
 こちらはただ歩くだけで良かったのですぐにクリアとなりました。

 ここいらでリィンはやっとこさ黒竿釣師になりました!爆釣王への道は険しいです。
 さて、ここでアクティブボイスもあった大注目なものが!!

sk137.jpg

 エスペランサ───!!!となりました。
 碧ではダグラスが出てきて舞い上がったガガーブファンの方も多いと思われますが、こちらでも舞い上がられたのでは?と。こういう小ネタ系は嬉しいもので!

『ヘイムダル港の手配魔獣』
 この依頼は始まる前に、帝都では革新派が目立っており、貴族を毛嫌いする人も多く存在するというのが浮き彫りになった貴重な依頼でもありましたね。
 しかし学生であるラウラに向かっていい大人が…と少々大人気なさも感じましたが、それほどに、なのだなと。
 それにしてもこの地下水道は長めでしたね…。

 もうすっかりベストコンビになったラウラとフィーを見て、エリオットも意を決したようです。

sk138.jpg

 この章はエリオットが格好いいですね!
 どんどんとA班が覚悟を決めていくのを見てきたからでしょうか?マキアスもついに覚悟を決めたようです。

 マキアスが招待してくれた自宅は、この大きな帝都の知事を務める人間が住む家という風には見えず。フィーに至っては、「ハッキリ言って小さい」という家でした。出世しても、生活スタイルを変えるほど器用な父子ではないと優しく言うマキアスが印象的でした。これはユーシスがいたら見られなかった感じだなぁとも。
 マキアスが何故、貴族を嫌っているのか。それは、6年前に亡くなった親戚筋の9歳年上の最高の女性だったという”姉さん”に纏わる悲しいお話でした。どうやら母親は小さい頃に亡くなっていたようですね。
 ”姉さん”は、カールの部下の伯爵家跡継ぎという誠実な男と自然と愛し合う仲になるものの、彼にカイエン公との縁談が入ってしまい露骨に潰しにかかられたのだとか。結局姉さんは誰にも迷惑がかからぬよう自殺を選び…だったと。それにしても”彼”はまさにトドメを刺しましたよね。愛妾として大切にするというのは…結局我が身可愛さだったと…。
 そんな貴族に負けぬよう、勝てるだけの力を追い求めてきたマキアスも、リィンやラウラたちに出会い、身分ではなく”その人”が大事であることに気付けたといういい話でした。ユーシスはともかく、当たりが重要かもですね(笑)
 エリオットが素直になればいいのにとユーシスについても言いますが、頑なに拒否をすると(笑)

sk139.jpg

 きっとユーシスは今頃くしゃみではないでしょうか。ここでマキアスがSクラ解放になりました。

 それにしてもⅦ組の家庭環境の複雑さはこれまた凄いですね。少し整理してみますと…

 リィン:12年前、”浮浪児”としてシュバルツァー男爵家に拾われる。
 アリサ:8年前に父親が亡くなり、その後祖父と疎遠。母ともギクシャクする。
 エリオット:7年前に母親が亡くなる。進学に関して父親と揉める。
 ユーシス:8年前に母親が亡くなり、アルバレア家に入るも、父親とは寒い関係が現在も続く。
 マキアス:幼い頃に母親が亡くなる。家族のような感じだった”姉さん”も6年前に亡くなる。
 フィー:気付いた時には一人。《西風の旅団》に拾われるも、《闘神》との一騎打ちで団長が亡くなる。

 これだけ壮絶な中、その上三人は身内がトールズの常任理事という…。余計に、ガイウスの家族の温かみは身に沁みますね。残るはラウラとエマですが、ラウラは父親が健在ですし仲違いもしてなさそうですが、母親はどうなのでしょう。エマはもう何もかもが謎ですね。



 ここでなんと泥棒が入ったとの連絡が!Bだろうな~と思っていたら案の定そうでした。

『宝石店の盗難事件』
 まずカーネリアという単語に反応しつつ、いつも通りこなすのですが、今回はマップに印が出てしまうので、シリーズ一簡単になったのではないでしょうか?
 大帝像、公園、ギルド、港、港で済みました。
 が、シリーズでも違うのはBがそのままの格好で見えたということでしょうか。最後には正体を明かしていましたし。これは焔の部分で騎士団と結社がドンパチやるというための顔見せ的な感じでしょうか?

 またまたテンション上がる話題が聞けましたよ~!!
 《近衛兵》と《帝都憲兵隊》は犬猿の仲だとか。
 近衛兵は貴族で、帝都憲兵隊は平民出身が多いため、よくぶつかるのだとか。こういう身分制度もあるからこそ細分化されてるんですねぇ。

 オスト地区ではギャムジーからフィッシュフライのレシピを教わりました。マキアスとカールは真面目故に顔に出やすいんでしょうかね(笑)

 さて、ここでサラから連絡があり、《聖アストライア女学院》に向かうことになりました。
 ラウラも父親にここも進められたようですね。しかしながら武術の授業がないから止めたのだとか。入学していれば確実にモテモテだったでしょうねぇ。アンゼリカも一緒に入学していれば、なんというかめくるめく世界が出来上がっていたのでは?(笑)
 いざ入るのですが、女の園ですので皆様話し声が凄いですね!!まず真っ先に「ラウラ様!」と声が上がる辺りが(笑)ユーシス様も人気のようですし、エリオットはやっぱり可愛がられる運命なんですね。ひと通りのキャラクタが話に出た気がしますが、見落としたのかマキアスだけなんと言われたか分からず…!!なんと言われていたかご存知の方がいらっしゃいましたら教えていただけると嬉しいです。

 この突然の催しは想像通りアルフィンが、でした。それにしてもユーシスはさすが殿下相手には声も違いますね!マキアスに対してと180度違うのには笑いました。
 そしてそしてお待たせしました!!!

sk140.jpg

 この格好で出てくれるのはサービス込みですかー!?と。いつもの格好だと格好の的というのがメインだと思われますが。リュートでの登場含め、いつもの彼で安心しました。
 彼はお飾りの”理事長”であり、Ⅶ組設立に携わったそうです。そして、以前のプレイ日記で、彼がリベールを旅したことによって得たものが反映されたらという思いだったら嬉しいと書いたのですよ。それはどうやら当たりだったようで、嬉しかったです。トールズに新たな風を吹き込む、そういう思いも込めてでした。
 革新派と貴族派の対立が渦巻く中、それぞれ壁が存在するということを知り、光となり得ることそういう願いの込められたクラス。きっとその通りになると信じております。現時点では全部宰相の予想通りで未来も進むことが決定してますが…。

 更にここではまたも以前怪しい、グルでは?など書いた、常任理事三人のきな臭さも出てきました。
 彼に協力してくれるヴァンダイクの教え子でもあったのですね、オリヴァルトは。卒業生というのはモブ会話でも出ておりましたが。
 そしてサラの過去も明らかに。やはり遊撃士だったんですねぇ。なんとまぁ最年少でA級になった《紫電のバレスタイン》の異名を持つ若きエースだったようです。A級と言えば、忘れてはいけない《不動》のジンさんと同じで!ということは、ギルド襲撃事件はサラ、トヴァル、ヴェンツェルが参加ということでしょうか?

 また、こちらも想像通りアルフィンのダンス相手にリィンがと。今回は諦めたようですが、このノリに爆笑しました!

sk141.jpg

 こんなに砕けている皇族は大陸探してもこの人くらいではないでしょうか?今頃ミュラーさん、胃がキリキリしてそうです(笑)

 そして明日の実習内容も変更になり、夏至祭初日をあのGたちテロリストが狙ってくるだろうとの予想で遊軍として動くことになりました。



7月26日 特別実習3日目

 夏至祭当日になりました。
 帝都中に、帝都憲兵隊や近衛兵がおり、眼福です!!基本的には機甲師団の軍服と似ているのですね、帝都憲兵隊は。
 というわけで、早速マラソンに。急に消えた人の話題などを聞きますが、解放戦線の参加者ということですかね?
 それより何より、オリヴァルトがトールズを首席卒業したと!!さすがですね、切れ味抜群の頭脳は。そして彼を守る凄腕の人という話題を聞きますが、一向に出る気配がないですね、ミュラーは!!会いたいものです。

 帝国時報も新しいのを買って読んでみて思わずニンマリしたのが、宮中晩餐会のリベール代表ですよ。デュナン公爵、既に心を入れ替えてますし安心なのですが、やはりあの最初のインパクトが(笑)護衛はやはりフィリップでしょうか?Overdosing Heavenly Blissが脳内で流れますねぇ。

 お話としては各地を回るだけですが、ホテルの地下水道から公園に出てというのをこなしたら、AP+2が貰えました。念のため向かってみて良かったです。

『取り違えられた荷物』
 ボンドさんの隠しクエでした!
 ガルニエ、アルトと向かうと無事に終えられます。サニータちゃんのお土産も無事でよかったです。こういう前作からのモブの依頼は嬉しいです。

 パレードも始まりまして、賑やかになりましたが、今のところは危険もなく。広場ではティムから「赤い月のロゼ9巻」を貰えました。
 また、アンゼリカとトワも来ており、アンゼリカはここで大暴走でしたね(笑)

sk142.jpg

 園遊会にはドレスが嫌で断ったアンゼリカですが、タキシードで行けば!!と!!!その姿物凄く見たいのですが!!むしろその描きおろし絵を秘密の壁紙とか何かで来ることはないのでしょうかね!?

 そんな和やかな時もあっという間にすぎ、ついに始まりましたね。慌てて公園へと向かいますが、Gが大活躍です。あの笛はアーティファクトなのでしょうか?
 アルフィンたちを攫った彼らを追いかけるのですが、道中でクレアの特化能力が判明になりました。導力演算器並みの頭脳を持つと。だからこそ卓越した指揮能力も持ちあわせているのですね!
 そんな彼女にサラが、だから好きになれない云々という台詞がありましたがこれはクレアは皇女殿下の命を最優先、エリゼは亡くなる可能性がというのを匂わせたからでしょうか?遊撃士は市民を守ることが仕事ですし、その辺りの考えの違いなのでしょうか。

 Gたちを追いかけ、ボスを倒すのですが、やはりあの笛《降魔の笛》はアーティファクトだったと。あっさり壊れましたが、壊れなかったら騎士団がやってきたでしょうし、良かったかもですね、彼にとっては!
 しかしここで同士のSやV、それにCまでやってきてしまいました。SやVがどうしてもセルセタのバミー様とガディスがチラつきましたが払拭します(笑)
 このCはLv60なので中々HPが減らず。負けませんでしたが勝てませんでした。回復して、「さあ、やるぞ!」といった所で終了に…。

sk143.jpg

 ここに来てようやくの名前披露になりました。
 


7月29日

 夏至祭も終わり、トリスタへ帰る前にアルフィンたちが見送りをしてくださると。それぞれアルフィン、セドリック、オリヴァルト、カールと話をするのですが、やっとこさ登場のギリアス・オズボーンですよ。

sk144.jpg

 ようやっと大将のお出ましですね。
 ヴァンダイク学院長は彼の元上官ということで、現役軍人時代がとても気になります!!
 意味深に”激動の時代”に備えてな、と言いますが、これは碧をやっているプレイヤーには非常に痛感しますね。彼が撃たれるシーンもこの帝国編で拝めるのでしょうか?個人的には総長が乗り込んできている所も是非見たいですが!

 第4章の成績はSでした。意外です。

sk145.jpg

 ここまで来ると余計にAだった3章が堪えますね…。
関連記事
スポンサーサイト





コメント

  1. 汐見 光 | URL | -

    ずんずんと進まれてますねーだんだんときな臭い話が増えてきて、予想がはかどりますねー

    僕は結構、ストーリー重視でやってたので所々にこんなネタがあるのか!と楽しませていただいてますー

    ご期待してる人物や出来事は意外⁉︎なところに散りばめられてるので、是非見つけて下さいませw細かいネタや事情に対してのツッコミは正直僕がちゃんと覚えてないので、ニヤニヤしとくだけきしておきますw

  2. マリー | URL | 1JkepbtE

    汐見 光さん

    いや~見事に、続きが気になる!!という感じでガーッと進められることが出来ました。ここでは終われない!という感じで気付けば時間泥棒にと(笑)

    モブも伏線を結構言っているので、一度目からなるべく話しかけて制覇できたらな~と思いやっているとこうなりました。
    ネタ結構あってそれもまた楽しいです!
    碧でも他作品ネタありましたが、閃も同じような感じであるので、こういう他作品ネタはまた嬉しいですね。

    期待している人物や出来事本当ですか!!?
    すんごく楽しみにしております!!ぜひぜひ見つけたいです!!いや~もう楽しみですよ、先が。
    ニヤニヤもありがとうございます!ニヤニヤ出来るネタがまた拾えるよう寄り道しつつ頑張りたいです。

  3. 3倍 | URL | -

    こんにちは。
    タブメニューから本が読めることを今の今まで知らずにゲームを進めてきた平民です(汗
    その節は向こうで教えていただきありがとうございました!

    マキアスいいキャラになってきました!
    ちょっとダドリー風の口調もなんだか板についてきたっていう感じで。フィーに弄られるマキアスがとってもなごみます。
    その反面、マキアスの過去はちょっと予想外でした。
    人をすぐに信用しないという部分があの時裏切られたっていうところからきているのかと思うとなんとも言えない心境になりました。

    「帝国解放戦線」っていうネーミング好きですね。
    いかにも非公式でアンダーグラウンドな舞台で結成された集団っていう感じで。

    今回の閃の軌跡は家族や家庭環境にスポットを当てているみたいですが、今まで明らかになったメンバーとガイウスとの差があまりに顕著なのが今後何か大きな意味を成してくるのではないかと妄想しています。しかし、このメンバー達の生い立ちをここまで明らかにしておいて、ちゃんと最後で全員が締めくくれるのかがチョイ心配ですが…


    愛の狩人ww
    彼はいつも通りで安心しましたね!
    そしてアンゼリカ先輩のタキシード姿の壁紙待ってましょうw


    ところでリィンは軍人というより遊撃士に向いている気がしますね。
    サラ教官が彼をいいように使っているのも信頼した上でのことなんでしょうし、なんとなくそんな遊撃士というか自分に似たにおいを感じ取っているのかわかりませんが…まあこんな感じで妄想しつつ昨日4章終わらせました。またしても「S」取れませんでした!!w

  4. マリー | URL | 1JkepbtE

    3倍さん

    いえいえ、少しでもお役に立てるなんて光栄です!
    アイテムの項目では使う、で読めないのですよね、今回。意外な落とし穴な気がします。

    マキアスいい感じになってきましたね~!!ダドリーもそうですが、3rdのレオ先輩含めて真面目メガネーズ~俺達はラスボスじゃない~とかそんなグループ作ればいいんじゃないですかね?(笑)
    マキアスの過去は同じくびっくりでした!だからこそ、裏切られることに人一倍敏感で、だからこそ貴族に!だったんですね…。それでも、ただ姉さんを守れる力があの男にはなかったとこの歳で悟れるのが素晴らしいなぁとも。女子も男子も皆カッコイイⅦ組な気がします。

    解放戦線のネーミング、そう言われて改めて考えると確かにカッコイイですね!アングラさも見事表現していて、尚且つ分かりやすく、シンプルでもあり。深い名前ですな。

    なるほど、この家族関係が今後のキーであると!!
    盲点でした。確かに、家族関係が険悪な上に、しかもそれぞれが次の世代の大きな柱になっていますよね。アリサやユーシスが特にそうですが。親世代の正義と彼らの正義は違うので、どちらが正しいかは一概には言えませんが、彼らの正義を示すという意味合いでの家族関係というのは大きそうです。
    最後どうなるのでしょうね!本当に気になりますよ!!どういう結末に行き着くのか…

    アンゼリカ先輩のタキシード服と、エミリーちゃん&ノエルさんのラクロス服の壁紙くること願いましょう!!
    それこそあの愛の狩人のように盛大にアピールすればきっと公式が動いて…!(笑)

    リィンの遊撃士!!なるほど!それは考えてみなかったです!!さすが3倍さんです!
    確かに彼は軍人というよりはお人好しが強いですし、しかも八葉関係が多い遊撃士に向いているなぁと。このままスカウトあるかもしれないですね!
    Sは次がありますよ!!応援しております!

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)