閃の軌跡 プレイ日記15

2013年10月16日

netabare.jpg
sk174.jpg

 ああああああああああああああああああああああ!!!!!!これが燃えないわけがない×∞くらいの勢いで燃えまくっております!!今なら全身からアークプロミネンス出せる勢い!というくらいに燃えております!!燃えないわけないですよ、この展開というかこの場所で!!場所自体から燃えまくり、顔グラ下さい!!!!!と懇願するレベルなキャラが!もう最高ですね、この章は。3章もですが、この章もまさにお熱でございます。
 楽しいですよ。楽しくないわけないですよ!!アドレナリン大放出しっぱなしですよ!たまりません!!
 プレイ日記も今まで以上にお熱というか書き魂炸裂ですね。ほにゃららのまとめも自分用メモとして書きました。いっそ全部紹介してくれ!という勢いです。

 今まで「よいではないか」くらいだったあのキャラも、服を着替えたら「最高じゃねえかあああ」レベルですよ(笑)
 リベールでもこの実習したいんですけど、どうすればいいのでしょうか?(笑)


 以下、空、零・碧含めてのネタバレがあります。未クリアの方はご注意を。
 第5章:8月30日特別実習3日目~5章最後まで。




8月30日 特別実習3日目

 いよいよ出発する日になるのですが、ここで聖女が亡くなった日が近いという話題が出ました。もしやこの日と”来る日”というのが同じなのでしょうか?
 プラナからは「赤い月のロゼ11巻」を貰い、男性陣はラウラ親衛隊から炎上フライを貰いました(笑)
 そして待ちに待ちまくったと言っても過言ではない次の場所へと移動します!!!

 《ガレリア要塞》
 帝国正規軍一大拠点。東の脅威に備える巨大防壁にもなっている。列車砲、2門が格納されている。

 そして今日からオズボーンとオリヴァルトたちはクロスベル入りです。帝国政府専用列車である《アイゼングラーフ号》には、トワ、オリヴァルト、オズボーンが乗っています。何故かリィンだけはスローモーションで見え、オズボーンと目が合うということに。この力もリィンの力なのでしょうか。
 ちなみにこの列車はオズボーンにちなんで付けられた名前だとか。彼自身は平民出身ですが、11年前の宰相になった際に伯爵位を賜ったそうです。
 そして頭脳明晰なクレアは確実に帝国解放戦線が来ると断言しておりました。

sk175.jpg

 《ガレリア要塞》では、”軍隊”というものの本質、”チカラ”を見せるという実習になるとか。ここでいつも通りナイトハルトが来るのですが…

sk176.jpg

 ぎゃあああああああああああ!!!!!と叫ばずにはいられないではないですか(笑)ええええええ!!軍服とか反則ですよ!!いつもの私服でいるのかと思えば、原隊に戻っているので当然軍服な訳です。今までナイトハルトはあまり眼中になかったのですが、一気にきましたね。軍服の持つ威力たるや恐ろしいものです(笑)
 ここでの実習は彼が教官・案内役にもなるそうです。まずは本日は、14:00より第四機甲師団と第五機甲師団の合同軍事演習の見学だとか。クレイグ中将も拝めそうですね!!

sk177.jpg

 そしてSCからお馴染みの、まずいで有名な帝国軍食を食べますよ~。ドロシー思い出しますね、ミュラーに向かって「だから戦争したくなっちゃうんですか~?」と(笑)
 ちなみにこのまずい軍食は保存が効くものであること、いざという時に士気が落ちぬように、週六日食べるそうです。残りの一日は名物である美味しいハヤシライスだとか。
 食事からも分かるように、これだけ『常在戦場』の意識を持っているのですね、帝国軍は。逆にリベールは軍も食事が美味しいという話題も出てましたね。リベールでは国境に鶏が歩いているという門がありますが、エレボニアでは中々考えられないでしょうねぇ。それぞれのお国柄を感じられるのは楽しいです。

 モブ軍人たちからも軍人のことが聞けます。まずはヴァンダール家です。独特の大剣術を会得しているわけですが、名前は出ませんがミュラーのことでしたね。彼と、第四機甲師団エースであるナイトハルトは同期だとか。同期で少佐とは切磋琢磨でしょうねぇ。しかも二人共大真面目ですし。
 そんなナイトハルトは、若手将校の中でも1、2を争うホープであり、おまけにイケメンなので絶対将来出世すると言われていて笑いました。

 笑ったと言えばこれも笑いましたね。

sk178.jpg

 エリオットには確かにこの軍服はちょっと(笑)

 それからサラから、あの機械仕掛けの敵について、結社の話が出てきました。そして彼女が言う”あの女”というは誰なのか。セリーヌと同じ相手なのでしょうかね?カーネリアかな?と思っているのですが…。というのはトヴァルさん繋がりで…。

 ガリレア要塞の一部を色々見て回れるのですが、この要塞付きは第五機甲師団なようですね。そして要塞司令兼師団長がワルター中将です。顔グラ希望します!!

sk179.jpg

 良くも悪くも帝国軍人を地で行く人物ですね。アイオーンに飲まれた時はあの場で指揮していたのは将官でしたっけ?佐官だったような…あやふやです。

 そしていよいよ演習に入りました。
 獅子奮迅の用法と言われているクレイグ中将もついにお目見えに。

sk180.jpg

 渋いです!!!!とても渋いです!!!しかもヒゲもまたダンディで!!!これはもう最高でしょう!なんで顔グラないんですか!!?と泣きたくなるレベルで大興奮ですが、ここから彼に一気にやられました。

sk181.jpg

 大爆笑したんですけど!!!別人過ぎじゃないですか!エリオットの音楽院行きを大反対したと聞いて、いかつい人だと思っていたら(笑)

sk182.jpg

 デレデレ過ぎなんですけどこのお父さん!!!!爆笑しまくりでしたよ!!天使のようなエリオットとか、クレイグ家はエリオットを溺愛し過ぎです(笑)
 なかなかカッコイイ制服とかここまでくると親バカも可愛いですね!!どうやらフィオナ姉さんには猛将も勝てないようで…。もしかしたら亡き奥様が一番エリオットを溺愛していたのでしょうか?

sk183.jpg

 ナイトハルトは大変ですね(笑)
 なんというかカシウスもこんな感じでひょうきんな所がありますし、ナイトハルトとマックスは上官についてで一日語れるんじゃないでしょうか(笑)
 しかしながら軍人モードの時はまた別人です。彼がこの合同演習の総指揮を取ると。一気にキリッとなるのがまた笑えます。それにしてもここの演習の時のBGMが碧の「鋼鉄の咆哮」でしたねぇ。燃えました!

 さて、ここまでで機甲師団を自分用メモのごとくまとめてみたいと思います。

 《エレボニア帝国軍 機甲師団編》

 20以上もの機甲師団の中から判明している師団のみ。

 ・第一機甲師団 帝都ヘイムダル
   帝都の防衛。

 ・第三機甲師団 ゼンダー門
   師団長:ゼクス・ヴァンダール中将
    部下:ライエル少佐、サマリー准尉、オグラム軍曹
   精鋭が集まる部隊であり、元々サザーランド方面にいたが、リベールの異変の際に目を付けられゼンダー門へ飛ばされる。
   《隻眼》のゼクスは帝国軍五本の指に入る名将。どんな任務でも必ず遂行し、必ず部下を生還させることで、彼に勝る用兵家はいないと言われる。百日戦役時は少将。ミュラーの叔父にあたり、《リベールの異変》の7年前にオリヴァルトに武術と兵法を教えている。

 ・第四機甲師団
   師団長:オーラフ・クレイグ中将
    部下:ナイトハルト少佐
    最強の打撃力を誇る部隊。《紅毛のクレイグ》は、帝国軍きっての猛将であり、獅子奮迅な豪快な用法。

 ・第五機甲師団 ガレリア要塞
   師団長:ワルター中将
    ガレリア要塞付きであり、ワルターは師団長と司令官を兼任。

 ・第七機甲師団
   部下:ミュラー・ヴァンダール少佐
    神速と謳われる部隊

 ここまで来ると全部知りたいというのが本音なのですが!!第七機甲師団の師団長はどなたなのですかー!どうして神速なのかも気になるではないですか!!

 そんなこんなでプレイヤーは大興奮だったわけですが、リィンたちは沈んでいます。戦争の前ではただただ兵器や指揮が良ければいいだけであって、学校で学んだことが全て否定されてしまったと。しかしながら、ではどうするか、そのようなことを考える良いきっかけになったのもまた事実ですね。
 そしていよいよ明日は列車砲見学になるのですが、冒頭部分をやるというわけですね!



8月31日

 いよいよクロスベルでは通商会議が始まり、こちらも解放戦線が仕掛けてくるであろうとのことです。なおこの事は完全に情報局が仕切っているそうで、通商会議については協力者がいるから大丈夫であると。赤い星座大活躍の時ですね。国内も、皇族関係者は全員ひとまず安心なようです。
 ここでは、Gについての詳細が明らかになりました。彼はミヒャエル・ギデオンという名前であり、元々は帝都にある《帝國学術院》の助教授だったものの、3年前にオズボーンを厳しく批判したため罷免されたそうです。ビラ配りなど若干行き過ぎた活動もしていたためだそうですが。
 SやVについても少し触れられるのですが、ほぼ分からず。男の方は元猟兵団では?程度だとか…。

sk184.jpg

 まさかここでミュラーの話題が出るとは思いもよらず!!今頃ミュラーは心の準備をしているのでしょうか。仕掛けてくる奴らに対抗すべく。そんなミュラーと同期という話が出ていましたが、正確には士官学校の同期とも。二人の会話をみたいではないですか!

 さて、列車砲の見学に~というところで…

sk185.jpg

 会話が見たいとは言いましたが、まさか通信とは!!!ミュラー呼びと分かってまたまた燃えさせて頂きました。既にあちらではドンパチが始まり、後を追うようにこちらでも始まるのでした。やはり昨日の導力メールでの通知は罠だったのですね。
 ここからはまさにゲームの冒頭部分ですが、ミリアム・クロウが追加され、クレイグも登場します。

sk186.jpg

 一つ疑問なのですけど、この違いは意味があるのでしょうか?碧ではキーアが変えたからこそ違ったのですが、その影響というわけではないのですよね…?時期を考えれば違うのだろうな、と思うのですが。ここらへんがよく分かりません。後ほどこれについても解明されるのですかね…?それとも、ただ単に、ああいう冒頭にしただけということなのでしょうか?
 というわけで解放戦線は、要塞に乗り込み、結社の人形兵器も使いながらになるのですが…何度見ても酷いです…。というかガレリア要塞も意外と脆いというか意外と穴というか、いつでも戦に!という準備をしている割には漬け込まれると一気に崩れるな、とも若干思いつつ。これは単に解放戦線の方が上だったということでしょうか?この辺りも色々な考え方や捉え方が出来そうですね。導力ネットワークのセキュリティ関係の脆さも原因になりましたし、これをバネにしつつ!という見せ所とも考えられますね。

 サラが加わり、バーストも解放になりました。
 空き部屋では軍式ハヤシライスのレシピも入手出来て嬉しかったです。と、のんきにしてる場合でもなく、列車砲は撃たれるのですが…一発目は事故防止で空砲なのだとか。しかし解放戦線は宰相を消すためならクロスベルなんて知ったこっちゃないってことですよね。既に帝都でも市民を巻き込んでいますし、こうでもしないと宰相は討てないと分かりつつも、本当にそれしか見えていないのだなぁというのはしみじみ感じます。
 リィンたちは列車砲の所までいくのですが、やはりGは亡くなったようですね。あれは見事なというくらいの皆殺しでしたもんねぇ…酷かったです…。
 そんなリィンたちの前に立つのは、法剣使いのSで。法剣と言えば騎士団を思い出しますが、どんなものなのか…。無事に列車砲は止められるのですが、全部はCの狙い通りになり、逃げられてしまいました。このCこそまったく正体が分からないのだとか…。気になりますよ。
 以前コメントで名前の頭文字なのでは?というのを頂き、色々考えてみたのですが結構Cが付く人はいますね。全員怪しいので、クロウも怪しいと思っていたのですがあの場にいましたし、彼はそうでないと。せめて閃で正体が分かればいいな~と思っているのですが…ドキドキです。

sk187.jpg

 ワルターとクレイグのツーショットに燃えつつも、彼らもこの責任やら事後処理など相当大変そうです…。何と言っても第五機甲師団は、18もそうですが、兵士たちも相当やられていますし…。
 この件は公式発表はされなかったようですね。近い未来は貴族派が優勢になりますが、どのようにしてなるのか。きな臭い人たちが沢山いますが、どうなるのか。というかここにきてどんどん謎が謎を呼ぶというか、閃で何か解決されることがあるのだろうか?と思ってしまうではないですかー!(笑)

 なんとこの章もSだったんですよ…

sk188.jpg

 奇跡としか思えないです。その分唯一Aだった3章がこたえてます。
 というか軍部好きにとってはガレリア要塞から離れたくないので進めたいのですが、進みたくないとも(笑)
関連記事
スポンサーサイト





コメント

  1. こんた | URL | -

     ガレリア要塞内部、ついに行くことが出来ましたね!!!
     零碧の頃から遠目に眺め、目視できる距離にこんな要塞が…と思っていたので、なんだか感慨深かったです。
     マリーさんも絶好調で尚更よいですw

     エリオット父、大爆笑でしたね!もう大好きですw
     軌跡キャラのお父さん方って、子供溺愛されてる方ばかり(ユーシス父は別ですが…)で大変よいですなw
     いつか皆さん集まって、我が子について語って頂きたいです(笑)

     エリオットの軍服、私はそれはそれで可愛くていいな~と思ってしまいましたw
     帝国軍一可愛い兵士さんになれそうです。
     そしてその容姿から、ユリアさんのようにファンクラブが出来そうです(ただし主に年上のお姉さん)。

     エリオット父もエリオットの夢を理解し、応援したい気持ちを持ちつつ、帝国男児として育てねば!という葛藤があったんだな~と思うと面白いです。
     結果としてエリオットがガチムチにでもなったら本気で凹んでいそうですが(笑)

     ナイトハルト教官もかっこいいですよね!
     ミュラーと名前呼びな所もいいです。同じ軍人として仲良いのかな、と。
     軍服姿の腰らへんがたまらんです(セクハラです)。
     なんかもう本気でセクハラと言うか脱がせてみたいと思ったのは内緒です。

     あ、それから実は…!一足お先に、クリア致しました…!
     上記のような感想コメントは今後も残すかもしれませんが、ネタバレコメントは勿論しませんので!!!
     今後は考察的なコメントは控えますね(^^;
     マリーさん、S評価多くて凄いです…私は2回しか取れませんでしたw

  2. マリー | URL | 1JkepbtE

    こんたさん

    クリアおめでとうございます!!
    クリアしたらぜひぜひ考察系もいっぱいお話して下さい!
    感想、大歓迎ですので、復習という意味でも少しでもお役に立てれば幸いでございます。
    Sは6章は厳しそうな気配がムンムンでございます…。

    ガレリア要塞ついについに行けましたよーー!!
    クロスベルからは列車砲を眺めるだけでしたし、アイオーンのシーンで一瞬だけでしたし、本当に感慨深く、また要塞じゃああああ!!と一気にテンション上がりました(笑)

    クレイグ中将は大爆笑しつつ、燃えが爆発してヤバイでございます!!
    軌跡キャラは基本的にお子様溺愛してる方ばかりですよね。ユーシスやオリヴァルトが少々別次元という感じで、あとは親バカできな感じがたまらないですね!
    まさか抱きつくとまでは想像しておらず、ナイトハルトの「まさかここでもやるとは!」的な顔でまた笑いました。いや~これで猛将とは、ギャップがとんでもないですね。

    エリオットの軍服、軍帽被ると可愛さが3倍くらい膨れがありそうだなぁと思いましたが、いかがでしょう?!
    佐官服よりかは、将官服だともっともっと似合いそうですね!
    年上のお姉さん方に愛でられる隊長殿とは想像するだけで可愛いです。いやはやこんたさんのお陰で新たな何かに目覚めそうです!!
    ガチムチになったら「て、天使のようなエリオットが…!!」と慌てふためきそうですよね。というかフィオナさんが怒りそうな気もしないでもないような(笑)

    ナイトハルトは軍服きたらかっこ良さが2割増しですね!
    士官学校の同期なようですし、若手士官の双璧ともあり、連絡も取っている&二人共真面目という意味では気が合いそうですよね。お互い振り回されている境遇で酒を飲んでるかもしれませんね(笑)

    軍服の腰!!!!分かります!!!!!物凄く分かります!!
    いいんですよ、その辺はもう自重せずコメントして頂けると大喜びする自分が…!既に今もコメント打つ手が止まりません!
    いや~しかしあの軍服、どうやって着てるのか…。佐官服が一番難しそうです。というわけで着替えしてくださっていいんですよ?と(笑)

  3. 3倍 | URL | -

    こんにちは。未だにSを取れない平民です。
    Sを取るまで眠れぬ夜が続く…

    いやあ、血沸き肉躍る第五章でしたね!
    そしてあのおなじみのBGMがたまらん!

    クレイグ中将が姉に負けず劣らずデッレデレの親バカっぷりを発揮したあの満面の笑みに吹きました。
    公私をきちんと使い分けているとも言う…戦車に仁王立ちして登場してきたシーンはめちゃくちゃカッコよかったですし…ということにしておきましょうか。

    第5機甲師団がお目見えです。ものすごい戦力でした。
    ワルター中将の名声というか実力のほどはどのくらいなのか…要塞に配備されているからかなりのモノではあると思いますが。
    印象としては「THE 帝国軍人」という感じです。
    それと、演習の時ナインハルトと並んで一緒に指揮をしていた名無しの将校さんはどうなのだろうか。
    あ、ミュラー出てきましたね!名前で呼び合っているあたりは良き友で良きライバルなのかなあと。

    冒頭の部分の違いは確かに…なんだろう、イメージ映像的なもので違いについてはそれほど深い意味はないということなのか?

    帝国解放戦線、部下たちはグノーシスでも飲んでいるのかと思うくらいでした。Cの狙い通りということでしたが、この結末も織り込み済みなのかと思うと怖いですね。


    あとこれだけは言いたい。
    サラ教官もカッコよかった‥これは惚れる。

  4. マリー | URL | 1JkepbtE

    3倍さん

    おはようございます!!
    SはサラさんのS!と思えばきっと…!!

    いやはや血沸き肉踊り、アドレナリン大放出で今なら革命起こせる!!!!とか訳の分からん事を言えるくらいには燃えまくりでした!!未だに思い出すだけで燃えまくりです!しかもBGMに鋼鉄の咆哮とか燃えないわけがないですよね!

    クレイグ中将は大爆笑でした!!いや~登場シーンはキリッとしていて、「ご苦労」とか言っているので、やはりいかつい感じなのかな~と思ったらの満面の笑みで「エリオット~!」ですもんね(笑)
    そのギャップに、閃の軌跡好きなキャラナンバーワンの座をぶっちぎりでぶんどっていかれました。
    戦車の上に司令官殿がいていいんかい!とツッコミつつ、そういうところ含め猛将なのかなぁとも。

    第五は本当に今まで描いていた帝国軍人を地でいくような感じでしたね。しかし大変なことになってしまいましたが…。
    要塞配備にあるので自分も強いのだとは思います。あとはどの派閥についているかも大きそうですよね。中立派ではないと思うので、中立派はもしかしたら重要な所には中々つけないのか?とも。
    ヒゲの名無しの将校さんも超気になります!!!!!!いつか明らかになれば嬉しいです。
    ミュラーは、ナイトハルトとは同期で双璧で、そういう意味でも良き友&ライバルなのだろうな~とか思っております。二人共真面目ですし良好そうですよね!

    冒頭との違いは…クリア後にお話してやってください!是非!!今は言えないです(笑)

    サラ、カッコ良かったですよね!!もうずっとスタメンでしたよ。序章でも思いましたが、やっぱりカッコイイお姉さんですよね。
    こんなカッコイイ教官なんてリィンたち羨ましいです。

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)