ピアノレストラン 2nd Concertに行ってきました!

2013年11月05日

pianore3.jpg

 2013年11月4日に、ランドマークホールで行われた「ピアノレストラン 2nd Concert」に行ってきました。
 このコンサートはゲーム音楽のピアノ演奏をたっぷりと堪能できるというコンセプトであり、今回の出演者は谷岡久美さん、坂本英城さん、中山博之さんがピアノを演奏され、坂本さんの曲は、ヴァイオリンに尾池亜美さん、チェロに内田佳宏さんも出演となりました。
 何と言っても、今回は討鬼伝の音楽を手掛けた坂本英城さんが、大好きな「ウタカタ」と「鬼討ツモノ」をご自身の手で演奏されると!!これを知った瞬間、チケット発売は今か今かと待ち望んでおりました。先行抽選では落選してしまったので、一般販売日に全力を賭けましたよ…!

ピアノレストラン 2nd Concert プログラム

谷岡久美さん
 1:Memories of Ring of Fates
    『ファイナルファンタジー・クリスタルクロニクル・リングオブフェイト』
 2:メインテーマメドレー
 3:You Always Make Me Happy! 
    『ラグナロク オデッセイ エース』
 4:星月夜
    『ファイナルファンタジー・クリスタルクロニクル』
 5:光ノ風吹ク丘 
    『ピアノ・コレクションズ ニーア ゲシュタルト & レプリカント』
 6:Awakening
    『FINAL FANTASY XI』

坂本英城さん
 1:Prime #7 
    『無限回廊』
 2:手紙 
    『428 ~封鎖された渋谷で~』
 3:怪獣が出る金曜日・ラストテーマ 
    『怪獣が出る金曜日』
 4:ウタカタ
 5:鬼討ツモノ
    『討鬼伝』
 6:The Final Time Traveler 
    『TIME TRAVELERS』

中山博之さん
 1:トロイア国 
    『FINAL FANTASY IV』
 2:街メドレー 
    『FINAL FANTASY I~III』
 3:グルグ火山
    『FINAL FANTASY I』
 4:魔導士ケフカ
 5:幻獣を守れ! 
    『FINAL FANTASY VI』
 6:はるかなる故郷
 7:ビッグブリッヂの死闘 
    『FINAL FANTASY V』

 追記で詳しく書きますが、生というのはやはり最高ですね。CDでも美しいピアノの音というのは堪能出来ますが、何と言ってもあの楽器本体から鳴る心のある音というのは生だからこそ感じられるものだと思います。
 今回は三人の出演者がそれぞれピアノを弾くというものだったので、奏者の持ち味をまたさらに感じることが出来ました。しかも今回は席が物凄くいい席だったので、たっぷり堪能出来て本当に嬉しかったです。
 奏者の呼吸が感じられる生の演奏会というのはやはりそれだけでも価値がありますし、何より感激し過ぎてうるうる来た曲も何曲もありました。
 終わらなければいいのに。このまま時間が止まってしまえばいいのに。そう思うくらいに魅力的な音のレストランは、言葉の通り「あっ」という間に終わってしまい、夢のようでした。ずっとこの曲の世界に溺れていたい。本当にそれを切望するかのような演奏会でした。

 そして泣きそうな演奏会は笑い泣きにもなると(笑)
 坂本英城さんのMCというかノリがあそこまで良いとは露知らず…!!とにかく笑いっぱなしでもありました。


 以下、感想を追記に。記憶頼りなのであやふやな所がああります。




 まずは一曲目を弾き終えた所で、今回のメインである三人が登場致しました、「いきものがかりです」と言って(笑)
 そんな爆笑させることを仰ったのは坂本英城さんです。谷岡さんは、ゆったりとした綺麗な赤いドレスに、これまたピアノ演奏に映える大きな耳飾りをしていらして、素敵でした。そんな谷岡さんと坂本さんがノリノリでMCを始めるのですが、これが天気のお話に。
 実はこの日は午後は雨は降らないという話だったのです。自分の所もやんでいたので傘を持たずにいたら、着いた瞬間土砂降りですよ!!前が見えない!というくらいには降っていたのですが、どうやら坂本さんが物凄く雨男だそうで!ちなみに谷岡さんと中山さんは晴れ女・男だそうですが、それすら打ち勝つと。いやはや驚きました。
 そんな和やかな話が進んでいくのですが、中山さんが一言っきりなのです(笑)すかさず谷岡さんが「楽屋では俺が引っ張ってやるぜ!くらいだったよね?」と仰るのですが、どうやら緊張だとか。
 こんな感じでゆるい感じで始まりますが、演奏はそんなMCの雰囲気を一切感じさせないのが凄いです。中山さんは谷岡さんに、「終わった瞬間、素に戻るのなんで?」とまで!もしかしていじられキャラでもあるのでしょうか?(笑)



谷岡久美さん

 谷岡久美さんの演奏は、とても流れを感じさせるもので凄く素敵でした。一つ一つのフレーズというよりかは、大きな枠で捉えると表現すればよいでしょうか、観客をその曲に巻き込むかのような演奏は、生で聴けて本当に本当に嬉しかったです。
 どの曲も印象だったのですが、特に印象的だったのはニーアの「光ノ風吹ク丘」でしょうか。ニーアの曲はいい曲揃いと周囲の方が仰っておりましたが、谷岡さん自身もニーアのサントラは買ったと仰っておりましたね。後ほど述べますが、サイン会も実は行われ、谷岡さんには「ニーアが凄くよかったです」とお話したところ「いいよねぇ!!」という笑顔のお返事頂けて嬉しかったです。
 どの曲でもそうですが、思わず身体を揺らしたくなるようなものばかりでした。やはり渦と表現するのが自分にはしっくりきます。気が付いたら、その世界に巻き込まれている、そんな錯覚です。
 自分の中の比喩表現ですが、死んでもいいくらい好きな曲というのがあります。まさにこれだ!と、そう思いました。

 他には、ラグナロク オデッセイ エースのメインテーマメドレーが好きでした。こちらも初めて聞いたのですが、凄く自分好みでした。後半部分の盛り上がりは熱くなりましたねぇ。

 谷岡さんのMC付きで面白かったのは、「Awakening」でしょうか。ラスボスらしいですが、どうやら先日お披露目したアレンジでは「盆踊り」とか言われたとか(笑)
 客席の反応を見るに、ネタボスなのか?と思ったのですが、流れる曲は物凄くカッコイイではないですか!!となりました。これがボス戦は間違いなく熱くなる、燃える。そういう曲でした。



坂本英城さん

 後半で命名になるドキドキトリオな三人での演奏でした。ピアノだけではなく、ヴァイオリンの尾池さんと、チェロの内田さんも参加です。が、この内田さん、なんと全曲立ちで演奏されたのですよ!!初めて見たのですが、ご自身も初めて見たと(笑)音響の関係でそうされたそうですが、これまた珍しいものが拝めたと嬉しかったです。
 お二人の弦はとにかく美しく、尾池さんの本当に繊細に、触れたら壊れてしまいそうな、そんなように一つ一つ丁寧に音を紡ぎだすのが素晴らしく。また縁の下の力持ちな内田さんのチェロも低音がずんずん身体に来る感じでとても良かったです。普段と違う立ちで、音程もまた取りにくいのだろうなぁと勝手に想像していたのですがそんなことは微塵も感じさせず。
 そして坂本さんのピアノも、弾いてみた動画の生だ!!と大感激でした。お人柄が音に出ますよねぇ。そして、改めて確信したのは、坂本さんの何が好きなのかってやはり音の移り変わりのタイミングなのですよ!次の音に移るときの絶妙なタイミング、これが見事に自分が「ここ!」とおもったところなのですよねぇ。なので聴いていて本当に気持ちがいいのですよ。溜めや間合いの絶妙な加減は一度聴けばもう虜ですね。
 今回もトリオでの演奏ということで、その息の合い加減、フレーズの運び加減の素晴らしさはもう言葉に出来ませんでした。

 さて、肝心の曲ですが、一曲目の「Prime #7」はどうやら海外では更に大人気のようです。更に裏話として、絶対耳コピ出来ないようにしてやろうと企んだそうですが、見事突破されてしまったと(笑)皆様凄いですね!というか好きな曲への貪欲な思いが勝ったというところでしょうか!?

 「手紙」はご自身の弾いてみた動画で知った曲なのですが、名曲ですね!!一度しかゲーム中では流れないと知り、レア曲だなぁとも。この曲も勿論良かったのですが、タイトルの「428」が渋谷か四ツ谷なのか談義で爆笑しました。
 「四ツ谷~封鎖された渋谷で~っておかしくない!?」辺りで大爆笑しましたよ!!でも実は自分も四ツ谷と読んだ方です。果たして、渋谷の方が多いのか…!?

 また、怪獣が出る金曜日というタイトル秘話について、昔は金曜日にウルトラマンとかをやっていた~という思い出深いことになぞらえたタイトルだったというのが判明し、「へぇ~」と思わず。この曲も初めて聴いたものだったのですが、凄く楽しくて良かったです!

 そして個人的なメイン中のメインの討鬼伝。
 もう討鬼伝と言われた瞬間、泣きそうになるくらいには感激しました!MCでも出ましたが、既に47万本というヒット作に!おめでたいです。そんな討鬼伝からは「ウタカタ」と「鬼討ツモノ」でした。
 どちらも大好きなのですが、ウタカタの旋律を弦楽器が奏でるのはまた違う美しさを感じますね~。討鬼伝は和風なので、基本的には和楽器が多いのですが、ヴァイオリンとチェロだとこうなるのか!そして印象は違うものの雰囲気はそのままだなぁと。そして、多分「ウタカタ」だと思うのですが、とある部分でチェロが一拍遅れてメロディに入ったと思うのですが、あれは譜面通りなのかそうでないのか。個人的に、あの少しの拍ズレがこれまた凄くいい!とおもったので、そんなウタカタを聴いてみたいなぁとも思いました。
 「鬼討ツモノ」はもう感激のあまりうるうるですよ!
 自分の記憶が正しければ、弾いてみた動画とはまた違う編曲だったと思うのですが、それがまた楽しくかっこ良く。特に後半の盛り上がりを三人で掻き立てるのはどストライクでした。
 この曲は原曲の58秒辺りからが特に特に特に大好きで、生で聴けてもう天にも昇る心地でしたよね!勝手にその部分は速鳥さんのテーマと名付けていたので、思い浮かべながら聴けて幸せでした。

 とにかく三人の息ピッタリな楽しいプログラムでした!
 そして、上はまともで下ジャージの演奏会は開催されるのでしょうか?(笑)曲ごとに着替えるというのはいかがでしょう!?(笑)



中山博之さん

 緊張のせいなのか、2本飲むのはあまりよくないという某ドリンクを飲んで臨んだらしい中山さんは、お一人ということで色々MCをしてくださいましたよ!

 中山博之さんのピアノも初めてだったのですが、もうとんでもなくピアノ(強弱の意味です)の音が美しいですね!!聴いた瞬間、なんという美しさ!と心の中は大興奮でした。フォルテの力強さも勿論凄いのですが、何よりもピアノ(強弱)のガラスのような透明感のある澄んだ音が素敵でした。
 谷岡さんや坂本さんでも感じましたが、ピアノはこう盛り上がってくるとそれぞれ鍵盤を掴むような感じの手付きというのが脳内で再生されてそれがまたアドレナリン放出に繋がると言いますか。ピアノっていいよねぇ、としみじみ思います。
 さて、中山さんのこぼれ話として、小学生時代にFFの曲を耳コピして教室で披露してヒーローだった!というのが聞けました。しかしながらモテるということには繋がらなかったようですが(笑)

 そんな中山さんはPIANO OPERA FINAL FANTASY』に携わっており、グルグ火山のピアノアレンジでは植松さんとのお話をしてくださいました。
 やはり元々はSFCなどの時代なので勿論三和音ですよね。ピアノ用には作っていない、そんな曲を見事にピアノに書き上げて褒められたそうで、それを嬉しそうに語っていたのが凄く印象的でした。
 笑える話としては、ビッグブリッヂの死闘を以前の公演でした際に、本番の空調で譜面が見事にめくりあがり、必死で抑えながら、まさに死闘を繰り広げながら死闘を弾いていたようですが、努力の甲斐虚しく…。しかし、死闘しているところはお客さんも思わず反応されていたとか(笑)
 そういえばこちらの編曲は、極力原曲を!と思われだとか。ご自身もゲームをやっており、だからこそこの原曲をという思いから大切に書かれたようですよ。聴いていて、納得でした。

 FF6は好きなのですが、やはりグルグ火山とビッグブリッヂは感動しました!曲をご存知の方は想像つくと思うのですが、超技巧派ですよね!!手が動きまくりですよ!!というか、本当にピアノで弾けるものなんだ…!という感じです。終わったあとは身体が勝手に拍手ですよね、勿論!



アンコール

 中山さんがあと二曲残している時に、宣伝も兼ねて三人の方が揃っていらっしゃったのですが、ここで「あと二曲ですね。あ、三曲、あ…」みたいな感じで(笑)
 自らアンコールをバラしてしまうと!そんな可愛らしい感じになったのですが、拍手が続けば…!と上手い具合に。

 アンコールはFFでは最も有名と思われる、プレリュードとOPでした。アンコールなのにプレリュード!というのがまた面白かったです。これはもうピアノ(強弱)が美しい中山さんの真骨頂だったのでは!?というくらいでした。FF好きの方ならこれは聴き逃せないものだったと。

 そしてその後は仮装された坂本さんの登場と、曲に合わせてのまさかの行動に大爆笑ですよ!!最後の最後のアンコールは三人連弾だったのですが、最初は谷岡さんと中山さんで弾いておられました。ですが、おふたりとも弾きながら爆笑と(笑)
 トドメの譜面を華麗に宙に舞わせて参加される坂本さん美味しすぎる!!と思いながら笑いながらも素晴らしい三人連弾でした。



 いや~初めてゲーム音楽の演奏会に行きましたが、本当に楽しいですね!!自分と同じように一人の方も多くおりましたし、女性の方も非常に多くいらっしゃっておりましたよ。
 更にはなんと終演後にサイン会を開催!ということで、自分もいそいそと並びました。が、あまりの緊張に何を喋っているのか自分でも分からなくレベルに…。
 雲の上のような存在の方が、目の前でサインしてくれつつお話してくださるのですよ!?もう本当真っ白でした。自分は討鬼伝のサントラをちょうど持参していたので、那木さんのジャケットに描いてもらいました!速鳥が好きなので速鳥にしようかと思ったのですが、彼は暗い色なのでサインが映えないと思い…。
 そしてお話してくださったのですが、なんとお優しいことに、Twitterでお話してくださったことを覚えていてくださったのですよ!「マリーさん?」と!!その瞬間真っ白ですよね…!!もうあっという間過ぎて、全然伝えられず…。まさに夢の様な時間でした。一生忘れません!!

 アットホームな演奏会に、豪華な出演者にプログラムにまさかのサイン会までということでチケット代以上に大満足でした!
 いや~本当に楽しかったです。やっぱりいいですね、CDもいいですが生は息遣いが目の前ですしね。ゲーム音楽って本当にいいなぁとつくづく思いました。あと、もし討鬼伝の次回作か完全版が出るのならこれはもうまた是非追加曲をと!!!
 出演者の皆様、スタッフの皆様本当にありがとうございました!!しばらく夢心地です。帰宅後すぐに書いたのですが、まだ夢心地過ぎて全然文章にならないなとも思いました。
関連記事
スポンサーサイト


コメント

  1. アロイ | URL | -

    いやぁぁぁぁ!!!行かれたんですねぇぇぇぇ!!と大興奮でございます!!
    羨ましすぎますよ、マリーさん!!
    討鬼伝ももちろんですが、何はなくともニーア!と。ニーア、サントラ大好きすぎますので。むしろニーア演奏会でも…。うわぁ、それ、めっちゃ聞きたかったですわぁ><

    無限回廊ってあの有名なBGMですよね?すげぇ長いと言う…。
    ゲーム自体もシンプルで独特なもので、やってみたいと思いつつ難易度高そうで出来ないんですが^^;
    そして「428」には私も笑わされましたwwいやいや、「渋谷でしょ?」と。
    言われてみれば確かに「四ツ谷」だなと。矛盾しすぎなタイトルじゃないですか(笑)

    FF曲も数多く…と言うかアンコールでプレリュードとか!!
    更にサイン会だなんて、本当に幸せな演奏会ですね。
    あああ!!行ってみたいですーー!!!

  2. マリー | URL | 1JkepbtE

    アロイさん

    行ってきましたあああああああ!!いやはやすぐにチケット完売してしまったので危なかったです。
    というかプログラムが発表になった瞬間、どこでもドアどこ!!?アロイさん呼ばなあかんでーーー!と関西弁になるくらいでしたよ。
    しかも会場には下村陽子さんもいらっしゃっていたので尚更アロイさーーーーん!!と。
    ニーアめっちゃくちゃよかったです!!!本気で感動しました。一曲だけなのが惜しいくらいに。

    無限回廊はそうです!ギネス取ってると書かれておりましたよ。どちらかと言うと海外で人気が高めなようですね。アロイさんならイケそうな気がしますが…!

    428笑いますよね!?これまた大爆笑しましたよ。渋谷って出てくるのに四ツ谷ってと!

    FFのプレリュードとOPもこれまたすっごく良かったです。終わってから真っ先にアロイさん!!と思いましたもん。またチャンスがあればいいのですが…!ペルソナライブもいつかご一緒したいですし…。やはりどこでもドアを早急に作るのが(笑)
    サイン会もビックリでした!!ファンサービス過ぎる演奏会、こういうものがあるというのを知れて良かったです。

  3. はな | URL | FhFcE1xw

    やったー!
    私はマリーさんの音楽記事をいつも楽しみにしてるのでこうして読むことが出来て幸せですー!!

    >5:光ノ風吹ク丘 
    『ピアノ・コレクションズ ニーア ゲシュタルト & レプリカント』
    ここに激しく反応しました!自分もニーアの曲が大好きなのでマリーさんもお好きになって下さってとても嬉しいです。

    まさか
    >死んでもいいくらい好きな曲
    とまで思っておられるとは思いませんでしたが、本当に素晴らしい曲ばかりですもんね。マリーさんはサントラはお持ちなのでしたっけ?
    どれもいい曲なのでレンタルでも良いので良ければ聞いてみてくださいね。既にサントラをお持ちでしたらすみません。

    討鬼伝については分からないのでコメントは控えますね。

    そしてFFはかなり盛り上がったんではないでしょうか?マリーさん同様、SFC時代の曲はアレンジが難しいものが多いように感じます。
    アレンジ(編曲)する方によってまた全く違うものになるのでそれを聴き比べるのもまた楽しいですよね。
    ビッグブリッジなどは特に難しそうです。
    テンポ・音数の多さなどの関係でかなり編曲が難しそうですから。
    うろ覚えですが、私は今回のFFの曲の中ではビッグブリッヂの死闘と魔導師ケフカが好きです。特にケフカさん!あの怪しくもコミカルなメロディーが好きです。

    以前にも書きましたが、マリーさんが楽しそうに文章を書かれると私も何だか嬉しくなっちゃいます。
    マリーさんの記事を読むと何だか元気が出ます。こんなことを言うのは変かもしれませんが、いつもありがとうございますね。

  4. マリー | URL | 1JkepbtE

    はなさん

    いつもありがとうございます!!とても嬉しいですよ~!!
    ちょっと勢いで書いたのであれですが…本当に素晴らしい演奏会でした。

    ニーアはやはりはなさんも反応で!!
    ピアノコレクションで聴いたので原曲は知らなかったのですが、凄く好きになりました。谷岡さんも本当にいいよと絶賛しておられたので益々気になります。
    ただピアノコレクションはiTunes Storeでは配信ないのですよね…単曲買いの道のりが少々遠のきました…!
    サントラはなので持っていないのですよ~。ピアノコレクション以外はStoreで視聴出来るので、色々聞いてみたいと思います。

    FFはほとんどプレイしていない自分でも、サントラで聞いたことがある!PVなどで耳にしたというのがかなりあり、楽しかったです。
    今回は中山さんのはご自身が手がけられたピアノオペラのCDからというので、SFC時代の曲が多かったようですねぇ。
    編曲者さんによって本当に変わりますよね!!
    今回はかなり原曲を大事に忠実にという思いの元、のようでそういう意味でも楽しめるアレンジでした!これははなさんも大興奮だと思いますよ!!
    ビッグブリッヂは最初からあれですし、「おおおお!!!」と。ケフカもいいですよねぇ。つい脳内に彼の顔がチラつきましたが(笑)

    いつもはなさんのコメントに救われておりますが、今回はFFやニーアなど一緒に語れるものがたくさんあってよかったです!!
    やはり知っているものを一緒に語るというのはもっと楽しいですね♪

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)