真・三國無双7 with猛将伝 プレイ日記3

2013年12月01日

netabare.jpg
7m32.jpg

 覚醒した時の無双乱舞が撮れた!ということで載せてみました。見ているこっちはテンションダダ上がりですが、敵にしてみればたまったものではないですよね。こんな余裕ポーズのあとボッコボコにされるので(笑)

 この作品では三すくみ要素があり、弱点属性で攻撃を重ねていくとラッシュ攻撃になるのですが、これがまた楽しいと。一気になぎ払うのはやはり無双ならではの楽しさですし、逆にこちらの弱点を突いてくる敵に対してヴァリアブルカウンターを決めると、その瞬間だけスローになりこの演出がまたいいのですよねぇ。しかもこのカウンターが結構効果あるので、あまり反対の属性の武器を持っているのもまた楽しいと!

 それにしても皆いいキャラですねぇ。楽進は凄く気持ちのいい青年ですし、相変わらず夏侯淵は可愛すぎますし!!癒やしはここにあり、な夏侯淵だと思います。


 以下、ネタバレなので追記に。
 ストーリーモード「魏」:潼関の戦い~史実ルートEDまで。
 :IFルート条件~EDまで。





合肥の戦い

7m33.jpg

 楽進、李典、張遼という面子だったのですが兵士たちの会話を聞いている限り不仲だとか。どういうことだ?と思っていたら、そういえば張遼は李典の叔父貴を…でしたね。そして楽進も何故か防衛を任されるという不思議な人選の策で。
 一触即発のような感じでしたが、張遼が危険に陥れば…

7m34.jpg

 甘寧や凌統たちの襲撃にもしっかりと駆けつけると!!こういう展開に弱い自分はアドレナリン大放出というか、拳握って「うおおおお!!」という感じでした。熱い展開大好きです!
 甘寧たちを退けるも丁奉や孫尚香たちも見え、乱戦混戦という感じでしたが、見事に孫権を負傷撤退させることに成功と!!

7m35.jpg

 このシーンは本当に熱かったです!!力を合わせての勝利というのはやはりいいものですね。なんだかんだと李典も切り替えられる所、張遼も決して自棄になったり暴言を吐いたりしないところ、そして楽進の生真面目さの勝利でしょうか。たまりませんね!

定軍山の戦い

 曹操と孫権が和議を結び、劉備がそれらに侵攻してくるという事態になっております。そんな中、なんといっても夏侯淵が可愛いのなんの。しかも郭淮や夏侯覇まで登場しているので、テンションダダ上がりですよ!!
 夏侯淵と夏侯覇父子の会話は可愛すぎて悶まくりです!

7m36.jpg

7m37.jpg

 曹操、曹丕父子では考えられぬ会話と(笑)
 戦前でもこの会話というので笑いつつ和みつつ。周囲の兵士にも性格は似ている親子だけども、顔は…と!!夏侯淵の若かりし頃は夏侯覇のような顔だったのでしょうか?Ultimateではあと数年したら父親のような顔になると言っていた夏侯覇でしたが、あと数年で顔の構造を変えまくらねばならないような…(笑)

 更に夏侯淵に心酔している郭淮の台詞も爆笑でした!

7m38.jpg

 こんなに笑ったお話はこれが初めてかもしれません。夏侯淵がメインにいるだけでこれだけお話が変わるとは。それにしても半死半生がツボすぎます!!
 こんなに可愛い夏侯淵は、勝ち戦を肴に息子と一杯やりたいという和むことまで。

7m39.jpg

 さすが父さん!な息子と一杯できたのでしょうか?気になりますね。そんな会話で一体それぞれ何回「いやいやいや」が出るのか数えたいです(笑)

樊城の戦い

 龐徳が棺を持って出るということでどよめきがある陣ではありますが、それが覚悟であるとのことで曹仁も兵士たちに気合を入れてますね。渋い二人の会話は凄くよかったです。そういえば龐徳は森田さんなのですよね!

7m40.jpg

 この戦いは曹丕でやりました。
 そしてシメの戦いだったからかかなり大変で、幾度かマズイことになりかけつつどうにか凌ぐ感じでした。

7m41.jpg

 ここは関兄弟たちが勢揃いしておりまして、それらが楽しくもありつつ。初めて噂の関銀屏を拝めて、ああ可愛いなぁとなりつつスクショは中尾さんな関平にしましたよ。
 〆は関羽が最後まで貫き通すその志や言動、とにかく一貫していて渋かったです。そしてここで曹操、孫権、劉備という三国が固まりつつありつつ、という感じでした。

7m42.jpg

 こういった日常風景が拝めるのは嬉しいですね!相変わらず舞っているのか張郃はという感じでしたが(笑)それにしても楽進いい子だなぁともしみじみしつつ、曹操の曹操らしい最後のシメがじんわりときましたねぇ。こう漢!という感じでしょうか。

 ここでEDが拝めたのですが、どうやら自分は史実ルートのEDだったようで。IFルートへのものや、会話が違ってくるものなどもあるので、それを埋めにやりたいと思います。



洛陽脱出戦

 ここは呂布との戦いを避けると出るのですが、撃破すると後の会話が変わるということで、夏侯淵で撃破してきました。

徐州の戦い

 陶謙に逃げられない内に倒すというのもあったようで、難易度を天国まで避けてサクッとクリアしてきました。途中、敵を無視しまくってとにかく陶謙を追って…でしたね。

濮陽の戦い

 陶謙を倒すとこちらの戦いになり、逃げられると自分がやった方の戦いになるのですねぇ。お話としては、呂布が兗州を攻めるということになり、陳宮が内通者として…という非常に危なげでもあるところで。この戦いでは曹操の酒好きが聞けました。

 そしてこの戦いでやっとこさ夏侯惇のあの目が…というのが分かりました。ここでだったのですねぇ。さすがに表現はマイルドになっていますが、矢を取る際にぶち抜く所では、顔を背ける兵もおり、それだけで想像が掻き立てられました。

7m43.jpg

 衣装を変えればずっとこちらにも出来ますが、隻眼ではない夏侯惇というのは中々レアですね。ずっとそのイメージがあるので。

宛城の戦い

 火計になり、二名ほど巻き込まれるのですがこれらを無事に救出するというのが条件でした。が、これが難しく。難易度普通でやると一人が間に合わず、結局これも天国まで落としてサクサクやりました。無視出来る敵は無視。移動は馬を徹底してやれば間に合う感じなのですね。
 お陰で典韋が生き延びるのですよ!!嬉しいです。これは操作を典韋でやった方が更に簡単になりますね。

白狼山の戦い

 ここは元々郭嘉が…という所ですが、そこはIFルートへの条件というわけで増援に来た者を全滅させればいいと!増援に来た時に、郭嘉が一人でそちらに向かうので追いかけて倒してから、肝心の袁紹の子を倒せば条件達成でした。

新野の戦い

 なのでここで郭嘉がいると!!なんだか不思議です。ナレーションでも一時的に危険になるも快癒とのことになっておりまたまた不思議です。

7m44.jpg

 賈詡が心配してくれるのがまた嬉しく。そして戦に参加しないと宴に呼ばれないからという郭嘉のブレなさがまたツボります。

7m45.jpg

 ここの条件は、曹仁救出前に徐庶を撃破というわけで、普通でやったところ間に合わず…。というか陣の仕掛けと西がどっちだか分からないという己の阿呆さ加減で間に合っていないと(笑)また難易度を落として、徐庶を無事に先に撃破しました。想定外とか言うのですねぇ。

 徐庶を捕まえるのは同じですが、このルートではムービーに追加があるのですね。なんとまぁ仲間入りしましたよ!驚きです。それにしてもつかみにくいキャラです。底の見えなさがそう見せているのか…!

赤壁の戦い

 命はあったが戦に惨敗、そんな前回でしたが今回は典韋も郭嘉もおりますしね!いや~郭嘉が活躍しますよとは聞いていたのですが、大活躍ではないですか!ムービー出っぱなし、しゃべりっぱなしと!!嬉しいです。

7m46.jpg

 許褚が気にしている風をやはり目を付けており、火矢のことも当てているのはさすがですねぇ。しかも徐庶もおりますし、賈詡もいて、曹操陣の軍師に敵なし!というとことでしょうか。

7m47.jpg

 ここでは曹丕と郭嘉それぞれのルートが選べ、IFルートへは郭嘉を選択と。そしてこのルートですが、これがまぁ本当に郭嘉大活躍過ぎですよ!
 前回は惨敗で後手後手で、プレイしているこちらも救援どころか逃げるのに必死で…でしたが、今回は全部郭嘉が見抜き、一つ一つ問題を潰していくということで快進撃です!いや~彼がいるだけでこうも違うのか!という感じで凄く楽しい勝ち戦でした。
 事典でも郭嘉がいれば赤壁の戦いの戦いは違ったと曹操が言っていたとありますがまさにこんな感じだったのでしょうかね。

7m48.jpg

 おかげ様で曹操陣は帝との謁見まで。
 コップ投げ捨てた帝も今ではしっかりと信頼を与えているのだなぁと思いました。それにしても甄姫様お美しいですねぇ。そして典韋と許褚が馬の所ではしっかりと曹操の後ろを守っているということで、親衛隊っぷりが拝めて嬉しかったです。
 史実通りはやはりそれだけ切羽詰った所や逃げるシーンなどもありそれはそれで楽しいですが、IFのルートもやっぱり楽しいですね。好きな勢力であれば尚更な気がします。



IF 建業制圧戦

7m49.jpg

 赤壁から2ヶ月後に孫権が力を取り戻す前に潰すという絶好調な曹操軍ですね。ここでは蔡文姫が使えたので選んでみました。が、武器が弱く、かなり辛い戦いになりました…。敗北はせず、全員説得も出来ましたが敗走した仲間が何人も出てしまいました。

7m50.jpg

 曹操は豪華な建物も大好きであり、銅で出来た雀の置物をおいているとか愛らしい一面が覗きましたね。
 しかしまぁ赤壁での大活躍からかまたまた郭嘉の話題が。全幅の信頼を置いているという曹操の話や、郭嘉の絵でも描くかとか(笑)

 それにしてもこの戦いのBGMはなんだか和むというか力が抜ける感じがしますね。結構印象に残るBGMな気がします。

IF 許昌政変戦

7m51.jpg

 いよいよ甄姫を使えることになりました!
 それにしても急な賊が現れようが、すぐさま対処する甄姫は素晴らしいですね。美貌だけでなく強さも兼ね備えていると思うと、袁紹の次男よりも曹丕の方が彼女にとってもよほどいいだろうなと思います。

7m52.jpg

 逆臣が出たという噂は噂ではなく現実で。許昌を守る曹丕、甄姫、夏侯惇、夏侯淵での出撃となりました。それにしてもこの戦いはある意味お祭り要素てんこ盛りですね。袁紹、董卓、呂布などなど。

7m53.jpg

 豚発言には笑ったのですが、むしろ甄姫であれば言われたい方も多そうです!!

IF 南郡追撃戦

 郭嘉が操作出来たので郭嘉でやりました。
 陣地では王異が元々は優しくおっとりしていたという話が聞けます。打倒馬超になってからは一人でぶつぶつ…なようですが、育ちの良さや品の良さはよくよく出ていますよね、今も。
 ここでは曹操は読書好きであることも聞けました。しかし戦でも懐に書物とは…。

IF 白帝城の戦い

 いよいよ曹操vs劉備たちや馬超たちという最終決戦になりましたよ。

7m54.jpg

 最初は董卓にも逃げていた曹操たちですが、今や天下を取る目前と。凄いことです。

7m55.jpg

 乱世終わったら連日宴で忙しいというブレない郭嘉がさすがですね。もはや郭嘉、賈詡、徐庶がいる曹操たちの軍は策だけでも相当なものですね。それにしてもIFルートになると郭嘉が生存なので、賈詡がだいぶ印象が薄くなる気が…。

7m56.jpg

 馬岱も倒すわけですが、この戦は最終戦なので倒しても撤退ではなく…なのですよ。この馬岱の声がまたちょっとこうぐっとくる感じで、申し訳ないですがもう一度聞かせてくれ!と(笑)ギャラリーでいつでも聞き返せるのですがね。

 IFルートのEDも無事に見ることが出来ました。
 ハッピーエンドはこういう風になるのか!というか、本当にハッピーエンドなので救われますね。史実は史実で面白いのですが、ゲームならではのEDで。何より皆が平和で笑顔でというのが嬉しいです。
 どちらのEDも見れば特殊壁紙が解放されるのですが、これがいいですねぇ!!やっぱり魏が好きだなぁとしみじみ思いました。

 またストーリーのシナリオセレクトでは下の部分にいくつかあるので、そちらも埋めたいと思います。魏尽くしですね。それが終わったら呉に入りたいと思います。将星モードも楽しみですし、まだまだ存分に遊べると思うと嬉しいことこの上ないです!
関連記事
スポンサーサイト


コメント

  1. アロイ | URL | -

    史実ルート・IFルートともにEDまで、お疲れ様でした^^
    史実ルートと言うのはやっぱり完全なハッピーにはならないですし、いろいろあるわけで…なのでIFルートと言うのは本当にありがたいですよね!救われる感じで。

    今更ですが、許褚以外のキャラもかなりビジュアル変わってますね。
    夏侯惇、好きなんですがめちゃくちゃ爽やかになってるじゃないですか!!誰だこの男前は!と思わず。なんだか張郃以外は全員違うキャラみたいです→まったくぶれない張郃(笑)

  2. マリー | URL | 1JkepbtE

    アロイさん

    ありがとうございます!!
    無事に両方共EDが見られました。
    史実はやはりそれ通りなので、仰るとおり完全なハッピーエンドにはならず。ですが、その代わり史実通りの緊迫感というか、押される戦の押され加減は凄く実感出来ますね。頼りの護衛や軍師がそれぞれ一人欠けるだけでこうも違うのか!と。
    IFルートはこうスカッとしますね、なんというかこう天下とった!的な(笑)

    ビジュアル変更結構きていますねぇ。甄姫などもかなり変わっている気がします。
    夏侯惇いいキャラですよね!だいぶ爽やか&渋くなっておりますよ~。あとアクションも使いやすいですし。夏侯淵もとてもかわいくてかわいくて本当天使なんですけどどうしましょう(笑)
    張郃のブレなささは安心しますね(笑)
    どのシリーズでもすぐ分かるという感じで!!安心安定の張郃と!あと声もすぐに脳内再生されます。

  3. リードマン | URL | -

    おぉぅ・・・
    蔡文姫や甄姫が活躍するのは
    やはりIFルートでしたか。
    はやくそちらにも手をつけたいなぁ・・・。
    郭嘉も大活躍のようで、ますます興味が沸いてきましたよ!

  4. マリー | URL | 1JkepbtE

    リードマンさん

    IFルートでしたね、彼女たちが活躍するのは!!
    どちらも面白い戦いだったので、是非是非!!
    特に甄姫のはムービーや彼女の台詞なども楽しく、また無双乱舞の妖艶さは目の保養で。
    IFルートは郭嘉の大活躍っぷりが凄いですね!!こうなるのか生存していると、というような感じですので、こちらもまたぜひ~。赤壁の戦いはスカッとしました。

    そういえば、ストーリーモードの史実、IFモードの下の方にあるまた別のやつはプレイされましたか?
    ネタシナリオもあって、それがまた爆笑でしたよ!!

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)