真・三國無双7 キャラクターソング集Ⅴ ~勇武の章~ 感想

2014年02月12日

netabare.jpg


 「真・三國無双7 キャラクターソング集 V 〜勇武の章〜」「真・三國無双7 キャラクターソング集 VI 〜叡知の章〜」が、1月29日に発売になりました。

 前回のキャラソンもそうですが、基本的に単曲買いをすることが多いためひたすらiTunes Storeさんでの配信を待ちに待っていたのですが、全っ然出る気配がないと!(笑)
 ライブイベントなのですけど!となって、実際三宅さんの「Endless Glory」を生で聴いて待ちきれん!!!!王子ーー!!と暴走しつつという経緯を経てですね。でもDL版も本当に配信してくださると、嬉しいです!待ってるファンの方いらっしゃると思うので。iTunesにチャージして待っていた人、自分だけではないと思うのです!
 やはりCDで売れた方がいいのでしょうか?いつでも買いたい時に買えてすぐに聴けるDL版は非常に便利だとは思うのですが…別にこれは文句でもなんでもなく、ただ単に不思議だなぁと。音質はCDの方が圧倒的なのでしたっけ?となれば高音質で是非とも、という願いなのでしょうかね。
 あと全然関係ないのですが、真・三國無双6猛将伝の特典サントラのiTunes Storeさんでの配信もいつかあってほしいです…!「Trick and Magic」欲しいです(涙)
 この手の特典もののサントラは逃した時は致命的ですね……

 とまぁそんなことは置いておいてですね、まずは「勇武の章」の感想からいきたいと思います!
 感想はそれぞれの楽曲と、満漢全席アルティメット部分のみです。





真・三國無双7 キャラクターソング集Ⅴ ~勇武の章~
 ※★★で特にお気に入り、★でお気に入り表記です。

★FIGHT IT OUT 歌:趙雲(CV:小野坂昌也さん)

 一番最初に視聴で聴いた時は正直そこまで…だったのですが、ひたすら聴いている内に物凄く好きになった歌です。なんでしょうね、凄く癖になる歌だと思うのですよ。自分だけかもしれませんが。

 曲調は凄く王道のヒーロー物というか、日曜日の朝8:00からやる感じの王道さと表現すればいいでしょうか。ファンの方ともお話していたのですが、趙雲に憧れる文鴦はこれは練習するだろうと(笑)自分も色々妄想が弾み、これは文鴦は間違いなく篭って練習して採点機に向かって「気迫で勝負だ!」と言うくらいだーというくらいになりました。文鴦バージョンでも聴いてみたくなりますね。

 この歌の何が癖になるのだろう、と色々考えたのですが、小野坂昌也さんの歌い方と曲調がそれぞれ凄く融合されてそこがいいのですよね!
 どういうことかと言いますと、曲調は普通のテンポだけども全体的にサウンドが熱く明るいので、アップテンポ気味に歌われるのかな?というイメージがあるのですが、そこは小野坂さんがフレーズごとに凄くそこで収める感じがするのですよ。そこがすんごくいいのですよね!!!一音一音噛みしめる感じの歌い方とこの曲調が凄くいいのですよ。文章に中々表現出来なくてもどかしいのですが、間奏部分のギターの流れる様と聴き比べて下さると言いたいことが伝わるかと…!!
 あと、「疾風迅雷」の部分の歌い方がとても好きです!!

満漢全席 アルティメット 小野坂昌也さん

 フリートーク部分は特に実際聴いていただくのが一番だと思いますのでざっくりと。
 小野坂さん、色々と裏話が聞けましたね(笑)こういったキャラソンでは、四行ずつ録音などやはりあるのですね。しかしそれで録れてもイベントはぶっ通しですしね。10分後に2番から~の部分は爆笑しました!でも小野坂さんならなんというかそれも一度聴いてみたい気も。その休憩中はインストでつなぐというのは…!


★Red Passion 歌:朱然(CV:柿原徹也さん)

 視聴でこれは買うわとなった曲の一つです。特にサビの部分の曲調が大好きなのですよ!ノリが良くて明るくて爽やかで、邪魔するものは既に灰になった!というかのような何も邪魔するものがない真っ直ぐさを感じる部分に感じました。
 柿原さんの歌はこれが初めてだったので、他では分からないですが、舌の動きがよく分かるような歌い方をされるのですね。特に母音の「う」の部分が非常に特徴的で、これはドイツで過ごされていて今もドイツ語がペラペラというのに関係するのでしょうかね?これがまた凄くいい感じで、聴いていると燃えてきます!
 あと高い音の部分がこれまた凄く良くて、そこにくるとテンションが上がりますね!

 しかしまぁ朱然というだけあって、歌詞が凄いのですね!!見ていてつい笑うというか、「さすが朱然…!」と言うしか無いではないですか!
 「灰にする」は勿論、「赤く烈しい炎 ああ……最高だ……」辺りは朱然過ぎて朱然としか(笑)
 他の方が仰っていた「……」が意味深というのが聴いて歌詞を見て凄く納得致しました。間違いなく火大好き人間だと言い切れる歌詞だと。

満漢全席 アルティメット 柿原徹也さん

 興味深かったのは、朱然らしさを表現するためにソフトに歌った部分もあるというところでしょうか。ただ単に熱血!無鉄砲!というわけではない朱然なので、なるほどなぁと思いながら聴いてました。
 このトーク中にも一緒に歌いましょう云々仰っているのですが、先日のライブで視聴部分は自分も一緒に歌いながら(口パク)ペンライト振っておりました。また生でも聴ける機会があってほしいですね!

 お題トークでも、とても印象的なところがございまして…一番嬉しかったプレゼントについて語るのですが、親友から貰った似顔絵を挙げられていたのですが、「凄く大切にしてくれてるんだなというのが伝わった」というのが!こういうストレートな気持ちって中々仰る方いないと思うので、柿原さんがとても素直でいい人なのだなぁと聴いていてこちらもじんわりとあたたまるものでした。


WILL TO FIGHT 歌:関銀屏(CV:三上枝織さん)

 とにかく「可愛い!!」この一言に尽きる歌だと思います。
 何を書いても可愛いにしかたどり着かないでしょう!銀屏ちゃんも可愛いですし、三上さん自身も可愛いですし、本当に愛らしい歌です。
 何よりも、銀屏ちゃんらしい一生懸命な歌い方がすんごくいいのですよ!!!リズム取ってます、歌ってます!感がど真ん中で、これはもし関平たち兄弟が聴いていたらデレデレになりそうな気がしますよ。聴いているこっちもデレデレになりますが!それくらいにとにかく可愛いです。後半部分の高くなっていく部分がこれがまた更に可愛く、既に可愛いがゲシュタルト崩壊している勢いです。

 歌詞で印象的なものはやはり「非力な私」でしょうか。劇中の台詞でも多いですが、巨岩を一撃で破壊する軽さの武器を持ち、箸を持つ度に折るくらいか弱い銀屏ちゃんは非力ですよね…って書いてて笑えてもきたのですが(笑)
 曲の部分は、サビの部分の「雨に打たれ 凍える夜も~」という部分でしょうか。あの部分が特に好きです。
 あとは一番最後の所でしょうか。間奏部分でも聴けますが、中華風な音色たちがこれがまた心地よくて凄く好きです。

満漢全席 アルティメット 三上枝織さん

 一瞬、あれ?神田朱未さん!?と紹介が終わったあと思ったというどうでもいいことは置いておいてですね、フリートークもやっぱり可愛いのですよね!!三上枝織さん、本当に可愛すぎて一体どうすればいいのか…!となります。
 満漢全席部分で一番印象的だった部分は、「天国に行きたいと思います!」だと!!!その次に「焼肉乱舞!」でしょうか。この2つはメールなどの着信音にしたいくらいでした。


I 歌:鐘会(CV:会一太郎さん)

 全体的に暗めな感じの曲調なので、晋のアナザーIFの展開をついつい想像しました。
 曲名が「I」というだけあって、本当に「私私私」と言っている歌詞なのですが、それがまた鐘会らしいですよね。あと会さんのビブラートなしの真っ直ぐな歌い方がこれまた鐘会らしさが凄く出ていてる感じがして自分はとても好きでした。

 鐘会は以前の歌も歌詞が凄まじかったですが、今回も凄いですね。「無能の戯言」とか「身の程知ればいい」だとか。さすが鐘会!と言いたくなる歌詞で、これがまた曲調とも相まって凄く素敵でした。

 鐘会の歌は歌も勿論いいのですが、個人的に同じくらい大注目部分が間奏と最後の部分のギターソロでしょうか!これは格好いいですね~。曲自体格好いいのに、トドメさしてやるよというかのような感じでかき鳴らしてくるのですよ!これにはもう痺れるしか無いと。
 しかも間奏部分はそのソロから歌付きになるのですが、そこのバックがピアノなのですよ!このピアノの低音がこれがまた歌にピッタリ過ぎて本当にもうここだけリピートしたい!!と全力で思っております。
 この歌はバックサウンドの低音の動きもまた好みでして、どっちに耳を凝らしても凄くいい曲だと思います。

満漢全席 アルティメット 会一太郎さん

 トーク部分、ゲーマーな会さんなのでこれはもうゲームの部分の熱い語りは必聴ですね!!
 鐘会の武器である飛翔剣への愛もしっかりと分かりましたし、あの5本の武器それぞれに名前を付けているのでは?というお話にはニヤリとしましたね。武器の手入れをしている時に、一人愛でている鐘会とか想像すると可愛いではないですか!
 2本より5本という辺りもこれまた面白く、飛翔剣が更に強くなっていて喜んでおられる様子はゲームのファンの方も思わず頷いて聴かれていたのでは?と。


★★Like the Wind 歌:馬超&馬岱(CV:服巻浩司さん&龍谷修武さん)

 ダントツで好きな曲です。
 むしろこの曲は最初の数秒でこれがいい歌でないわけがないと断言出来る良さで。この音から始まって変な曲になるわけがない!と本気で言えるようなそんないい曲です。
 西涼コンビということで、本当に風がすっと撫でていくような、時には切るような激しさを持つような、そんな色々な顔を覗かせる風の歌に聴こえます。その中でも、雄大な大地を駆け巡る二人が浮かぶ、どこか熱い、でもそれが上手く丸め込まれてやさしい、柔らかいと感じさせてくれます。本当にいい歌・曲なのですよ。

 また服巻さんと龍谷さんの声がこれまたとんでもなくいいお声でして、凄くピッタリで感動します。特に気に入っているのは、服巻さんの「見つめ」と「定め」の「み」と「さ」の歌い方ですよ!!あのちょっと引っ掛けたようなそれでいて高いお声がドストライク過ぎて、そこに来る度に胸が高鳴るというか、もうどうにでもなれ自分…となるほどに好きです。あれは服巻さんではないと出せぬ、表現できぬ音ですよね!本当に素敵です!
 龍谷さんは全体的にももちろん好きなのですが、特にと言えば「やるしかないよね」の部分でしょうか。言い方がいつもの馬岱らしく、また表現の仕方も凄く馬岱らしい明るく、おちゃめな感じもしつつ包容力もあるというか。

 お二人の歌も勿論いいのですが、この曲は使用されている音色も好みど真ん中なのですよ!!特に、随所で使用されているチャルメラみたいな音の楽器(何の楽器か分かる方教えて欲しいです…!)が、ADAAGFisD~と奏でているではないですか!!!これがまぁ凄く好きで好きで、そこの音が出るとまずはその音に聴き入っております。
 音色もいいですし、和音もいいですし、声も最高ですし、本当に大好きないい歌です!

満漢全席 アルティメット 服巻浩司さん

 服巻浩司さんのトークはとにかく全部ツボだったのですが、一言にまとめるとすれば…
 「初めては馬岱と(はあと)」
 ではないでしょうか?(笑)
 ライブでもこの二人の曲の紹介部分でキャストの皆さんが「アヤシイ アヤシイ」「そういうことでしょ?」と仰っていたのがよくよく分かるというか(笑)爆笑しました。

 トーク全体から人柄の良さがこれでもか!という程にじみ出ておりましたが、特に馬岱と龍谷さんへの愛に満ち溢れていたと思います!!!
 「龍ちゃん」自慢の部分は聴いていて微笑ましいなーと思いますよね!?本当に大好きなのだなぁと思いました。

満漢全席 アルティメット 龍谷修武さん

 「おさむ、とってこい」の部分を本気で本気で本気でメール着信音にしたくてしょうがない!と思いました。龍谷さんの、子ども声のあまりの可愛さはこれは三上枝織さんの可愛さと並ぶくらいですよ本当に!!!これが聴けただけでもう本当に大満足です!と思うほどには可愛いです。

 それから、「馬超さん」「馬岱くん」の言い方もまたまた凄くよかったですねぇ。二人らしいというか、二人の関係性が出ているというか。服巻さんがいけいけ!という感じで語っているのに対し、龍谷さんがこう落ち着いて語ってらっしゃるトークというのもまた馬超と馬岱っぽくもあり。
 終始、龍谷さんの美声が聴けるのでありがたいフリートークでございました。



 次は週末に叡智の方の感想を書きたいと思います。三宅さんが歌っているので一層暴走すること間違いないのですが…更に法正役の橋詰さんも歌ってますからね!!これはもう大暴走の予感なのですが、あまり差が出ないように全員等しく愛情を込めて綴っていきたいものです。

 無双のキャラソンは曲調がとても自分好みが多いのですよ!というか使用されている音色の統一感や、違っていてもそこが好みど真ん中というのが多く、聴いていて素直に楽しめるものばかりでとても嬉しいです!相性がいいのだなぁと。
関連記事
スポンサーサイト


コメント

  1. アロイ | URL | -

    DL版、残念でしたね。結局CDで購入。と言う展開でしょうか?
    何でしょうね?やはりCDで売れた方がいろいろいいんでしょうか…。
    全て大好きな曲です!なら問題ないんですけどね~。そういうパターンはなかなかないですもんね。やっぱり単曲買いできた方が何かとありがたいですよね^^;
    でも、音質が違うとかなるとCDで買うことにも意味がある!とポジティブに!

    個人的には馬超&馬岱のコンビが…。
    先日のイベントの記事でも触れておられましたが、本当に仲良しと言うかあやしいと言うか(笑)愛が溢れておられるんだろうなぁと。

    次の感想は遂に王子登場と言うことで、マリーさんがどれほど暴走されるのか…楽しみにしております!!

  2. マリー | URL | 1JkepbtE

    アロイさん

    DL版、残念過ぎます(涙)
    まさしくな展開でございます…!前回のキャラソンは配信あったので今回もあるだろ~と思っていたらのーー…!
    今回は高音質というのでCDで非常にありがたいのですが、DL版待っているファンの方もおりましたので、同時発売だと嬉しいなぁ…と心から思います。

    馬超と馬岱コンビは凄いですね(笑)
    特に馬超の中の人の方がとても熱烈というか、馬岱&龍ちゃん(馬岱の中の人の呼び方です)大好き!!!というのが伝わってきてニヤニヤと。
    でも楽曲は凄く爽やかですし、そんな世界醸し出さないのですが、キャストの方も言う程なのでそうでもないのか(笑)

    王子はヤバイですよ…
    昨日も新しい写真あげられてまして大暴走しましたね…すんごい可愛いです!!!!!!

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)