戦国無双4 プレイ日記13

2014年04月07日

netabare.jpg
4sgk137.jpg

 4月7日 Ver 1.01 タイトルアップデート配信
 http://www.gamecity.ne.jp/sengoku4/update.html

 アップデートをし、早速馬呼びを背面パッドから画面中央下に変更しました。これで今まで反応しない時は本当にしない! というのから逃れられたと…。

 公式サイトでもこのシーンは載っていたのでネタバレにはならないかな、と思い追記前にはこの画像を。
 というか三成は大活躍ですね! 美味しいところを色々な所で見かける気がします。三成のムービーでは1つ凄くお気に入りのがあるのですが、あれはもう見ているこっちも泣くというか。その部分で書きましたが、竹本さんのあの演技がもうグッときすぎて更に泣けました。あのムービーは演出も素敵でしたねぇ。決して顔は見せず、というのが。

 しかし不思議なのがこの兜どうなっているのだろう、と。色々見ていたら所謂かつら(ソース元:鯉沼氏のTwitter)ということでいいのだとか。そういえばOROCHI2Uをやっていた時に、白いモフモフの通常からハロウィン装備で一気にぺたんこの髪になった時の衝撃波結構大きかったです。なんか…足りない…! というような感じで(笑)

 戦国時代も非常に疎い人間がプレイしているので、色々検索しながらだったり、ゲーム内の列伝を読んだりしながら楽しくやっていますが、コメントなどで詳しい方から色々教えて頂けて非常に感謝しております。やっぱり一人でゲームをしていると自分の視野でしか見られないので、こういう見方もあるのか! とか、今までのシリーズとはこういう所が違うのか、などなど本当に助かっております。何より、もっともっと戦国無双が楽しめますし! 関ヶ原の布陣などもプレイしたあとでは見方が変わりました。
 こういう時、本当にブログやっていてよかったなぁとしみじみ思います。


 以下、ネタバレなので追記に。
 無双演武:天下統一の章、小田原征伐~EDまで。



小田原征伐

 出来ることなら戦を避けて…という思いを込め、ハッタリをかましつつの戦いになりました。なんというか使える武将がオールスターキャスト過ぎて、これ全員分やるのか…と思うと少々気が遠くなりますね(笑)
 今回は小少将ちゃんと元親夫妻でやりました。
 しかしながらその後のムービーが驚きつつ。なんとまぁ伊達政宗と片倉小十郎が来ているではないですか!秀吉は遅れて来たことに怒った風に見せますが、にっこり笑うと。

4sgk138.jpg

 小十郎が進言したらしいですね。さすが小十郎ですよ!いやはやこうして全員が揃うのを見ると嬉しくなりつつ、北条の行方を思うとまぁ色々ですが…。

4sgk139.jpg

 小少将ちゃんのイベントも見れまして、やっぱり可愛いなぁ!と。小少将ちゃん、見てくれはこういう感じですがノリがいいというか、可愛らしい言動も多くて益々可愛いです!!!

4sgk140.jpg

 オールスターキャストということで、官兵衛と隆景もいるのですがすぐに見抜いておりましたね。甘い、と昔は言っていた官兵衛ですが、秀吉の気持ちを汲みつつというのがまたいいですね。

 そういえば早川殿と戦うときに小少将ちゃんが友人に似ていると。笑顔が似合うとも言っていて、この友人とは一体誰なのだろうと思いました。無双するまで小少将という人物すら知らなかったレベルの自分なので…。調べようと思います。

 征伐のあとはいよいよ天下を!ということで宴が始まるのですが、三成と家康がもう…

4sgk141.jpg

 せっかくの明るい宴の中に差し込む暗い光というかもう避けられぬ戦いの兆しというか。未来を知っているので当たり前なのですが、緊張しますね。

4sgk142.jpg

 が、すぐに持ち直しましたよ!この兼続と隆景の無視っぷりに(笑)全然見てないどころかお互いの世界に入ってるだろう!と思わずにはいられないこの感じが!いやはや楽しかったです。
 そういえば小十郎の笛も見事でしたね。笛の名手でもあるというのがこういうところで披露になるとは! 小十郎に出来ないことが果たしてあるのでしょうか?

関ヶ原の戦い(西軍)

 東軍と悩みましたが、どうやって敗北シーンが描かれるのか気になりまして西軍からやりました。更に悩みましたが、三成と左近でやりました。

 戦前に昔話になりましたが吉継はズバリ言ってますね(笑)勝てない戦いだけども、大将の才もないけども、それでもそんな三成を支えたいと。いやはや吉継と三成の友情の描かれ方は静かなのですが、熱いですね。亡き長政がまさに重なっている瞬間なのかもしれない、とも。
 しかしまぁいいことばかりではなく、清正たちとの決別も…。信じてもらえない辺り、言いたいことが言えない辺りが三成らしいなぁとも思いつつ、悲しく悔しそうな気持ちが竹本さんの熱演でそれはもう伝わるのが…
 それでもって吉継にも散々言われていた三成は左近にもボロクソ言われてますね(笑)

4sgk143.jpg

 大馬鹿者とまで!それでも三人でどうにかなりますかね、と三成に付いて行くと話すこの左近の男前さに胸熱ですよ!!三成はこの二人に出会えて本当に良かったですね。

4sgk144.jpg

 しかしまぁ戦がもう号泣というか…。昔の名前を呼び合いながらの元子飼いたちの戦いがぐっさり突き刺さります。しかも油断していると敵に囲まれてピンチ!になりかけるのでそういう意味でも泣きだったのですが…。
 いやはや左近の最期がこれまた格好良すぎて…。どの将も基本的にそうですが、最後の最後まで意志を貫いて散っていくというシーンというのは胸を打ちますね。

 そんな中でも、あの小早川秀秋が寝返る所はちょっと笑ってしまいましたが(笑)養父なんですかね?隆景を父に持ち、祖父が元就となりますがなんというか。そういえば、ここでは弁当がどうのこうのとあったので調べてみれば午前中は西軍有利で傍観していたとあったので、それが弁当云々ネタに繋がっているのでしょうか。それとも本当にお弁当食べていたのでしょうか。
 というかこれまた布陣図を見てみると、若干仲間に入れてもらえていない感じがあり、薄々気付いていた面々もいたというのをどこかで読んだ気がしたのですがそれでこういった位置になのでしょうか…? しかしこれを頑張って凌いだ吉継は凄いですね。最期は…になってしまいましたが、これはゲームでどう描かれるのか吉継でプレイした時の楽しみにしておこうと思います。

 というか非常に無学な自分は西軍総大将は三成だと思っていたのですよ…毛利輝元だったのか! とまずそこから勉強になりました(笑)ざっくりと乱暴に表現すると、三成が総大将だと人望なさゆえに…という可能性があったために担ぎ上げられたというか三成がお願いしてだったのですよね…?
 あと合戦布陣図などを見てみると、吉川広家はかなりいいポジションにいるように思えるのに攻めなかったのは、西軍敗北を読んでいたからなのか、などなど。こういうのは色々と知るともっともっと面白いですね! こういうのは学生時代に興味を持っていれば歴史の時間をもっと楽しめたのだろうな~と今更ながら。ですが、人生何歳になっても勉強は無意味ではないですしね。こうして少しずつ知っていければそれはそれで。

4sgk145.jpg

 三成が最期に笑顔をというのはうまい魅せ方だなぁと。これは吉継でやると吉継の最期もムービーなのでしょうかね。
 それにしても辛い戦いでした…。結果も何もかも分かっているので心の準備はむしろ出来ているにもかかわらずげっそりするのは見せ方がいいのだろうなぁと。



関ヶ原の戦い(東軍)

4sgk146.jpg

 秀吉は先を分かっていてあえて家康に話したのだろうなぁと思うと、余計に辛いですね。自分が亡き後、どうなるかも予想はついていたでしょうし、そう思うとああああとなんというか叫びたくなるというか。このもどかしさがまたいいのですが!(※家康の脳内ムービーでした。すみません)
 しかしまぁここで高虎が子飼いが分裂したことをサラッと言っておりますが、三成襲撃事件と言い明らかに高虎だろうと。以前も子飼いを見て言っておりましたし、あれが伏線だったのですね。いやはや全然知らなかったもので。

 この戦いは勝つ方なので、一体どうなるのだろうと思っていましたが、三成との戦いが熱いのなんの!
 この時の竹本さんの叫びがもう熱すぎてゲームでも感情移入しすぎて、綺麗に散らせてやろう!と思い込んでプレイしてましたよ。それほど惹き込む熱演で。

大阪の陣

 いよいよ大阪の陣になってしまいました。
 悩んだ挙句、兼続と景勝の上杉主従でやりましたよ。幸村は兼続が討とうと!あと兼続は個人的に凄く使いやすいのでそういう意味でも安心安全と思い。

4sgk147.jpg

 しかしまぁあれほど空気クラッシャー兼続が落ち込んでいると!隕石でも降るんじゃ!?という感じのものですが、三成も亡くし、今まさに幸村も討とうとしているという辛い中なのでさすがの兼続も、でしたね。なんとまぁ高虎が喝入れに来たのには驚きましたが。
 個人的に今回高虎は結構黒い部分の話をしたりしていたり、子飼い分裂の裏での暗躍などなどでそういったイメージが強かったのでこういった喝入れは意外でもあり、また、ああこういう面もあるのか! という意味でも凄くよかったです。

4sgk148.jpg

 この戦いも幸村の最期の時の兼続のというか高塚さんの熱演が凄く熱くて燃えましたね。叫び声はやはり揺さぶりが大きいです。こういうのがあるので声付きの作品はいいのですよねぇ。

 というわけで天下統一となり、全章クリアとなりました! が、まだ追加されたのがありますし、全武将使えるようになっていないので、追加されたステージをクリアしようと思います。
 終盤はどうしても扱われている時代の最後の方ばかりになるので最初にやった信長辺りの記憶が薄れてきてピンチです。松永さんは忘れられないですがね!!(笑)
関連記事
スポンサーサイト


コメント

  1. : | URL | -

    自分も戦国無双で戦国に興味を持ちました。

    >征伐のあとはいよいよ天下を!ということで宴が始まるのですが、三成と家康がもう…

    ちなみに豊臣が天下を取った後、天下人になった驕りや実子が生まれたことによる身内に対する仕打ち、朝鮮出兵における失敗、秀吉の老害等々で暗い影を生み出しているんですよね。
    そう、この宴とは正反対で…いつかここら辺の黒い秀吉がゲームででてくれないかな?と期待しています。そういう秀吉に対して子飼いたちやねねがどう思うのかも描いてほしいなと思っています。

    >それでも三人でどうにかなりますかね、と三成に付いて行くと話すこの左近の男前さに胸熱ですよ!!

    ほんと、三成には過ぎた男ですよね。最期、左近はまさに漢でしたね。

    >そんな中でも、あの小早川秀秋が寝返る所はちょっと笑ってしまいましたが(笑)養父なんですかね?隆景を父に持ち、祖父が元就となりますがなんというか。

    彼の裏切りで関ヶ原の戦が決まったと言われるだけに大抵の二次創作では卑怯者、暗愚、クズと描かれやすい悲運の武将の小早川さん。
    しかし、実際は暗愚と呼ばれる程ではないんですよね。二次創作によっては小早川秀秋は秀吉の妻であるねねの甥で秀吉の養子となり、羽柴秀俊と名乗っていたのですが後に小早川隆景の養子となり小早川家を継いで小早川に。ここら辺は前の感想で書いた様に秀吉は実子が生まれると身内に対して冷たい仕打ちをするようになったのでそのことが原因で豊臣を恨んで裏切ったとか普通に利を見て、裏切ったという風に描かれることもあります。もし、彼がPC化したらどんなキャラになるのか気になります。

    >三成が最期に笑顔をというのはうまい魅せ方だなぁと。

    史実でも三成は三成らしく死んでいますしね、最期は自分らしく生きた人だったと思います。

    >秀吉は先を分かっていてあえて家康に話したのだろうなぁと思うと、余計に辛いですね。

    ここですが、最後、秀吉は川の中に入っていくので家康の脳内ムービーだったと思うのですが。

    >叫び声はやはり揺さぶりが大きいです。こういうのがあるので声付きの作品はいいのですよねぇ。

    4で兼続という人物の魅力を出しまくったと思いますね。

    今回は色々と黒い部分について言及しているところがあって今後、こういう黒い部分もストーリーとしてやってくれるのかなと期待大です。
    それでは、

  2. マリー | URL | 1JkepbtE

    :さん

    戦国無双で興味を持たれたのですね!
    戦国時代は人気ですし、色々書籍物も出ておりますし、また信玄公祭りなどそういった催しも沢山ありますし、充実しますね。

    戦国無双はこれが初めてなので朝鮮出兵の辺りは触れられないのだな~と思っていたのですが、この辺りの秀吉はやはりこれまでのシリーズでも出ていないという感じでしょうか。
    実子へのも含め、豊臣の章か何かでピックアップされてほしいですね。誰かがプレイアブルキャラになれば確率が上がりそうですが。その時のねねや子飼いのは非常に見てみたいです。

    左近は本当に過ぎた~と言われるのが分かるくらいに男前でしたねぇ。最期も本当に熱くて、胸を打たれるというかこんなにいい部下を持てた三成幸せだなぁとも。

    小早川秀秋についても詳しくありがとうございます!
    色々見ていると初っ端からクズなど書かれていて少々笑ってしまったのですが、見方次第では全然違うのですね。
    実子が生まれ、そこから生まれた思いが繋がるのでしたら本当に暗愚でもなくですね。
    プレイアブルキャラになったらどうなるのでしょうね!
    割りと無双は悪く描かれることがない気がするので、関ヶ原での寝返りの部分もかなりドラマチックになりそうな気がしますが、キャラクタとしてどうなるのか中々想像付かずなので見てみたいです。

    三成の魅せ方は凄かったですね!これまた演出がいいなぁと。
    史実も色々と読みましたが、あの柿のエピソードなどは本当にらしいなぁと。あと紙が原因でバレたというも、あの時代ならではでなるほどなぁと思いました。(実際そうだったか違っていたらすみません)

    脳内ムービーのご指摘ありがとうございます!すっかり忘れていたようで、早速訂正致しました。
    今回家康は脳内ムービー多いですね。義元のも幻聴・幻覚かもしれないとのことで、この脳内によって結構受け取り方が変わってくるものだなとも。

    兼続は本当にいいキャラでしたねぇ。義トリオ結成もいいですが、個人的には上杉の章の兼続が好きですね。

    黒い部分も気になりますし、賛否両論ありそうですが三國であったIFルートというゲームならではのものも見てみたくなる感じでした。
    特に前者はかなり見てみたいですね。どのようにキャラクタたちが描かれるのか非常に興味があります。

  3. アロイ | URL | -

    全章クリア、おめでとうございます。
    ううう。記事を拝見しているだけで胸が苦しくなってくるといいますか何と言いますか!
    こう言った戦国のお話と言うのはやはり辛いですよね。
    思い入れのある武将の最期とか、わかっていても耐えられないと。
    そういう世の中なのでしょうがないと言う話なのですが、それでも…。

    そして悲しければ悲しいほど、ドラマチックであればドラマチックであるほどやりたくなってくるのですよ。
    トロフィーなんて狙ったら大変そうなんですけどね…プレイしてみたいです!

  4. マリー | URL | 1JkepbtE

    アロイさん

    ありがとうございます!! また後日追加されたステージを載せて、無双演武は全部制覇! なのですが、トロフィー狙うにはそのステージで使用できるキャラ全員ってのがございまして、少ないのは二人だけなのでいいですが、多いのは5回か6回やらなきゃいけないんじゃ…? 的な(笑)

    乱世なので、辛いですよねぇ…
    三國もまさにそうなので、最期は辛いですね…。
    が、この最期の見せ場が凄くうまいなぁと思わずにはいられないです。今回の記事で言えば、三成と左近の関ヶ原の最期は凄く格好良かったです。
    きっとスタッフさんたちでどういう最期にするかはかなり話し合っているのではないでしょうかね。

    トロフィーは非常に道のりが遠いですが、どこまでやれるか(笑)
    もし気になりましたら是非! きっといつか猛将伝が出そうな気がしますが(笑)

    あ、まだまだ先の記事なのですが流浪演舞というので小十郎が非常にツボでしたよ!
    すんごいいいキャラだなと思いました。これは男女関係なく好かれるな、というか。
    そういえばこの記事でもちらり触れましたが、笛の名手でもあるので笛を吹くシーンがございましたよ!

  5. マリー | URL | 1JkepbtE

    拍手レスです。

    はちさん

    はじめまして、コメントありがとうございます!
    自分もいい年しているのですが、ゲーム面白いですね!これは時間泥棒だと思いながらハマっております。
    そしてはちさんとは逆に歴史に非常に疎いので、ゲームで学びつつ、これは元ネタあるのかな? この武将はどういう武将だろう? と調べるのが楽しく、歴史ってこんなに楽しかったのか!と改めて思っております。
    検索して辿りついたとのことで、書いていてよかったと! と非常に嬉しく思います。

    戦国無双4、とても楽しい作品ですね!
    分かってくるともっともっと楽しく、モブ武将でもこの武将はあの時の…! だったり、親子でだったのかと更に奥深く楽しめますね。

    「友人」の件ありがとうございました!
    今はやっとこさ分かったのですが、プレイしていた当時、小少将とガラシャの関係がそこまでとはどうも思っていなかったようで(笑)
    無双演武は、違うキャラで操作しないと見られないイベントやムービーもいっぱいあるのですね。流浪演舞と並行しながらちょくちょくイベント回収しているのですが、こういうのがあったからああなったのか! というのも多く。
    歴史にも疎い自分は、全部やってやっとやっと分かるという感じなようです。

    また何かございましたらお気軽にコメント下さいませ!
    歴史や好きな武将の語りでも大歓迎です。
    お互い4を楽しみ尽くせたら嬉しいですね♪

  6. マリー | URL | 1JkepbtE

    拍手レスです。

    Kさん

    天下統一までおめでとうございます!!
    関ヶ原は本当にずっしりきますよね…。初回プレイ時も分かってなくともガーンときたので、改めてやった時に更にずっしりきました…。何と言ってもイベントは討死シーンばかりですし…。
    Twitterでもぼやきましたが、OPの高虎のシーンはよりにもよってこれか!! と…。

    自分も西軍サイドの方がどちらかと言えば好きなので、とにかくうわあああ…の連続ですね…
    が、同じく徳川の章も好きでして!!
    毛利が好きですが、章で一番好きなのは上杉、次いで徳川だったのでKさんのコメントを拝読してニンマリさせて頂きました。
    徳川の章、和みましたよね!! あ、こんなにいいチームだったのか、と。なので余計に関ヶ原が心に来る展開でしたねぇ…
    上杉も凄く良くて! 一番優しい章だったと思います。表情は兼続以外は殆ど差がない分、滲み出るあの愛情はたまりませんね!

    これからインフラがあちらで来ますし、また落ち着いて乱世を駆け抜けたいとなりましたら是非~!!
    気が早いもので、もう猛将伝欲しいです(笑)

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)