戦国無双4 プレイ日記27

2014年05月10日

netabare.jpg
4sgk429.jpg

 「従順こそ、美徳」by綾様

 以前配信されたDLCの「世代対抗合戦」と、今週配信になった「戦国軍略合戦」のプレイ日記です。今週のDLCの説明で元就って出たのでそれはもう買うわ、と。世代対抗も毛利親子のスクショが出ていたのでそれはもう買いますよ、と!!
 本編をやっていると、隆景はどちらかと言えば公式では官兵衛との友情を~というのが推しなのかなと思いますが、親子をこよなく愛する自分としては今回の2つのDLCはもう大興奮過ぎてどうしようもない!! という感じでした。

orochi2u99.jpg

 突然のOROCHI2Uの元就で! いや~久々に元就と賈詡のイベントシーンが見たくなり起動したのですが、「若い!!!」となりました。すっかり銀髪、アゴ髭なおじじ様で刷り込まれていたようです。黒髪若いですよ!! 最初は銀髪がまだ見慣れずでしたが、あっという間に見慣れたようです。


 以下、DLC「世代対抗合戦」、「戦国軍略合戦」のみです。



世代対抗合戦

 光秀がガラシャが子供っぽいと心配になり、同じく娘を持つ氏康に相談したところから始まりました。ならば戦って成長を見ればいいとの話になりますが、大事な娘に傷がついてはマズイと、親vs子の戦いになりました。

4sgk430.jpg

 こういう見事に可愛い子供たちが集まっているメンバーなのですが、隆景だけ年代がおかしいと(笑)

『世代対抗合戦 年齢編』 ※ピンク色が子世代 ※早川殿は不詳

 1497年 毛利元就
 1515年 北条氏康
 1524年 綾御前
 1528年 明智光秀
 1530年 上杉謙信
 1533年 小早川隆景
 1535年 島津義弘
 1548年 本多忠勝
 1556年 上杉景勝
 1563年 ガラシャ
 1570年 島津豊久
 1573年 稲姫

 しかしながら早川殿も割りと隆景付近ですかね? 氏真(1538年生まれ)より年上なのか年下なのか謎なようですが、その近辺と思うと少なくとも忠勝よりは上と。流浪で氏照が姉上と言っているので、1540年生まれよりも上は確実というところなのでしょうかね。よく考えると、甲斐姫は1572年生まれなので、早川殿と甲斐姫は凄まじい歳の差なのですね。
 というわけで、子供世代がいざ親を超えるために! という戦いが始まり、最初は元就が相手となるため稲姫が隆景に言うのですが…

4sgk431.jpg

4sgk432no0.jpg

 大爆笑しましたよ!! そもそも稲姫と40歳違いですしね(笑) 父上である本多忠勝と隆景ですら15歳違いと…。この時の隆景の言い方がこれまた可愛いのですよねぇ。なんでしょうね、あのあまり抑揚がないというか常に穏やかな感じが一定なので、でも「若き…?」みたくなっているのは何度聴いても笑えます。

4sgk433.jpg

 元就も話題が孫の話ですからね(笑)しかも輝元自体も1553年生まれですし忠勝と5歳違いという…。
 この部分は隆景を操作キャラに入れていないと隆景は別の台詞を言ってくれますね。これもまた美味しいのですが!

 ちなみにこの毛利親子の見た目の若さネタはしっかりとガラシャが喋っておりましたね。

4sgk435.jpg

4sgk436.jpg

 この話題に行き着くまでも、元就の本が退屈で殺せるというという話題でそれまた笑ったのですが、文字中毒なため父上の本をこよなく愛する隆景はしっかりと否定しておりましたねぇ。
 しかしまぁ妖怪親子に!! この感じで隆元も元春も本気で見てみたいものです。

 一応隆景自身は、あまり歳の変わらない光秀に対し…

4sgk437.jpg

 こう述べておりましたね。隆景には実子がおりませんが、無双の隆景に娘がいたらきっとそれはもうとんでもなく可愛い子だったんじゃないですかね。史実でも容姿端麗で大内氏に兄上共々気に入られたようですし、きっと可愛い子だったのではないかなぁと。

 さてさて、他のメンバーも全員可愛かったのですが、綾様は出れば必ず輝きますね!! しかもガラシャですら綾様と様付けなのに、笑いました。老獪なと言ってしまい、景勝に「母上の笑顔が恐い」と言われてましたが(笑)

 あと豊久はやっぱり可愛いですねぇ。

4sgk438.jpg

 豊久で操作してもやっぱり子犬らしいのが拝めるのですが、一番子供世代の中でも子供らしいのではないでしょうかね。豊久と稲姫で、共に精進して父親たちを超えましょう! というのは凄く爽やかで良かったです。

 が、この合戦で最も輝いたというか、MVPをあげたいのは北条氏政でしょう!!!!

4sgk439.jpg

 めちゃくちゃ爆笑しましたよ!!! これは笑わないわけがないと!! 父親の氏康からはしっかりと氏政のエピソードである飯にかける汁の量を誤ったことでのことでツッコミされておりましたね。こういう小ネタもしっかり入っているのがさすがで。



戦国軍略合戦

4sgk440.jpg

 元就が三食昼寝付きの豪華旅行へご招待! というのを両兵衛にしたようですが、すべては元就の壮大な趣味のために過ぎなかったと…。

4sgk441.jpg

 息子や孫たちなどフルメンバーな感じの毛利家の布陣ですが、更には武田信玄、北条氏康、左近、三成、吉継、兼続、小十郎、小少将などのフルメンバーで!!
 小少将ちゃんやったー! となったのですが、この毛利家フルメンバーな感じで隆景がいないというのは怪しいですね。援軍で来るのでしょうか。そういえば、本編でも養子になった秀包と隆景で組んでいることがありましたが実際兄弟と思うと凄いですね。側室の子ですし、元就の長生きもあって凄い年齢差だなぁと。

4sgk442.jpg

 小少将ちゃんの美人計にはやはり官兵衛も息子の様子が心配なようで! どうでもいいですが、長政という名前の方が多いですし長政オンリーステージやりたいですねってこれはプレイ日記のどこかでも書いたかもですが…。

 しかしまぁ山犬どもと言っていた兼続が小十郎と組むとは!! しかしさり気なく眼鏡扱いに爆笑しました。

4sgk443.jpg

 何気に兼続、官兵衛と高塚正也さんステージでもありますね。

 個人的に凄く嬉しかったのは久秀が出たことです!!!!

4sgk444.jpg

 やっぱり良いキャラしてますよねぇ。久秀はかなりお気に入りキャラです。何と言っても憎めない感じがたまらないです。駄々っ子おじさん万歳です。出るだけで、いるだけで美味しいというのは特権かと!

 そういうわけで策を仕掛けつつ撃破していくわけですが、元就と隆元が近くで戦っているのを見るだけで胸が熱いですね!!!

4sgk445.jpg

 と、思っていたらの隆景が参戦で!!
 両兵衛のことを記すため、執筆に協力してくれるかい? という感じで誘い出されたわけでして、元就の冗長で文字たっぷりの本をこよなく愛する隆景が更に盛り上げるためにとか! なんというか好きなもののためなら惜しまないという辺り非常に親子ですね。

4sgk446.jpg

 退屈で人が殺せると言うもはや兵器級の元就の著作を更にたっぷり冗長にと頼む息子が一番恐ろしいのでは…!?(笑)
 両兵衛のオチも笑えましたが、結果的には元就の趣味という壮大なものでしかなかったというのが! 無双のネタステージは本当に笑えるので大好きです!!
関連記事
スポンサーサイト


コメント

  1. マリー | URL | 1JkepbtE

    拍手レスです。

    dormarthさん

    触れてはいけないのか!? というところを公式がやってくださってとてもツボでした! 何よりこれだけ面白いシナリオになるのだなぁと(笑)

    そうなのですよね! 光秀の若さも凄いですよね!!
    その年代であの若さと美貌というのはガラシャ含めて、明智親子も妖怪一家なんじゃ…とか(笑)

    三國でも麗人などのネタシナリオがありましたが、こういう面白いのも入れてくださるのはありがたいですね!
    本編では厳しいからこそ外伝で、でも氏政の小ネタなどもしっかり入っている辺りがコエテクさんだなぁとも思いました。

    久秀は本当にいいキャラをしていますよね!
    舌を出している絵はインパクトありますが、なんというか悪党というわりにはこういい人というのが強いですよね? 裏でかき回すことをしているのに憎めないというあのキャラクタ作りもまた凄いなぁと思いつつ、仰るとおり不思議な魅力ですよね~。
    男女関係なく何故か気になるキャラみたいな立ち位置が出来つつあるのではないかな、とも。

  2. マリー | URL | 1JkepbtE

    拍手レスです。

    紗弥さん

    はじめまして、コメントありがとうございます! とても嬉しいです!
    そして毛利好きさんということで、拝読した瞬間にアドレナリン大放出な勢いでございました。まさかここまでハマるとは思わず、一気に毛利一家に転がり落ちております。
    元就もいいですし、隆景もいいですしモブですが隆元も元春も全員プレイアブルキャラというかいっそ毛利の章をお願いします! という感じです(笑)

    DLC記事について、大変ありがたいお言葉嬉しく思います。
    そうなのですよね、操作していると台詞を聞き逃すことも多々、早く倒しすぎても聞けない台詞もありと中々に難しいですよね…。なのでスクショ機能に感謝しつつ、こうして少しでもプレイされた方のお役に立てば嬉しいです。

    プレイ日記ですが、戦国本家はこれが初で全く何も戦国時代のことを分かっていないという初心者から始めているので、最初の方は非常に中身が薄いです。申し訳ございません。
    中国の章は改めて書く予定ですので、プレイされて、気になりましたらまた是非読んでやってくださいませ。

    コメントはとても嬉しいので、お気軽にどうぞ!
    語りたいことなどございましたら、気兼ねなく語っていって下さいませ。

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)