討鬼伝 極 プレイ日記7

2014年09月05日

netabare.jpg
tkdk98.jpg

 小野五郎…オノゴロの装備が出来ましたよ~!!
 初めて見た時に、なんという戦国無双4のDLC装備の綾様…!! と思いました。そんな綾様装備は弱点がないというのがよいですね! その代わり、これに強いというのもないのですが。無限討伐向けという感じでしょうか?

tkdk99.jpg

tkdk101.jpg

 twitterで、このスキルがとても良い! とあり、早速自分もやってみたのですがこれは凄いですね! 攻撃すればするほど回復するのですから…。討鬼伝はこのミタマのスキルによっても難易度が本当に変わりますよね。いやはや凄いです。
 特に極はお話上のキークエとなる任務の難易度が上がっているので、スキルや装備を鍛えるの大事だなぁとひしひし。


 以下、ネタバレなので追記に。十章:百鬼夜行~死線の果てにまで
 禊:誘う:
 誘わない:橘花、那木、大和、樒





 美柚が取材の話をしてくれたのですが、もはや忍者並のスキルですね(笑)

tkdk102.jpg

 暦の押しかけ女房、相馬のただならぬ関係と凄い環境になりますね、美柚にかかると!
 逆に美麻からは、霊山の事情を聞くことができました。霊山の里人はモノノフを知る機会がないとか。とても大きい都ゆえ、だそうですが、新聞でもモノノフの日常は伝えられず、全部伏せられるか英雄譚にかわるという規制のようなものがあるようです。
 そして一番気になるのは新聞社から二人の給料が出ていないということでしょうか? 怪しく思えますが真相はどうなのでしょうかね。もう全員怪しいと思っているのでどういう結末が来ても心の準備は大丈夫です(笑)

 ここで事態は急変に。
 暦が思う所があったり、九葉が先を読んでいるかのように頭の中で練っているところに…

tkdk103.jpg

 鬼集まりすぎではないですか!!! オオマガドキ並らしいですが、オオマガドキはこういう状況だったのですね…これは地獄以外の何物でもないですよ…絶望に等しいです。
 そして九葉がとった策はウタカタを見捨て、戦力を霊山に集結し迎えるという非情でもあるものでした。そのためには犠牲も、なので住民を見捨てると…。生き残るためには確かにそれしかないのかもしれませんが、そしてこういう人もいないといけないとは頭で分かりつつも気持ちが追いついてはいけないものですね…。
 しかしここで動くのが、今までの一連を見ていて思う所があった暦ですよ!! シラヌイの援軍を呼ぼうと。必ず連れてくる、必ず生き残るという熱い展開にもう涙腺も大変だったのですが、この展開でのこれですからね。

tkdk104.jpg

 本当に本当にこの台詞通りのことを願うしかないではないですか! そして暦は必ず連れてくる、その仮定で全員が準備を向けるのもまた嬉しかったです。
 しかしホロウが見たことあるというようなことを言うのですが一体…。やはりオオマガドキの経験者なのか、もしくは時空を行き来出来てこういう未来や過去などを目にしていたのか。

通常任務:百鬼夜行-其の壱~参-

 其の壱はワダツミとウロカバネ、弐はヒノマガトリとオラビという似たもの同士の連続討伐でした。
 全然関係ないですが、オラビの三味線聴くとどうしても長宗我部元親が脳内で凄絶に弾いていて駄目なのです!(笑)
 イテナミも二人とかでなければなんとか…本当になんとかですが…。タマハミしてからくらいのラッシュからはゴリゴリ削れるのですが、そこに行くまでが大変な感じで。

ストーリークエスト:百戦錬刃

 ヤチギリとの初対戦となりました。
 BGMがカゼキリやアマキリなどのアレンジなので、よくよく見てみれば彼らを束ねる鬼がヤチギリなんですねぇ。だからこそのBGMで。ヤチギリはタマハミ後の一撃一撃が痛いのなんの…。8割以上を保っていないと一撃持っていかれるので恐ろしかったです…。
 ミタマは碓井貞光でした。

tkdk106.jpg

 しかし何日も戦い続けてもキリがなく、このままでは…と。そこで無傷である今が退き時、ウタカタを放棄すると九葉が…。
 いやいや、絶対にウタカタは捨てられませんよ! と思っていればここは初姉が。

tkdk107.jpg

 この初姉の所でも涙堪えながらでした。しかしなぜにこのシーンでボイスがないのか…! 少々悔やみました。いつかフルボイスになってほしいです。
 ウタカタは四十年前、それ以上と今をつなぐたったひとつの場所であるというのを力説するも、大和もそれでも判断は変わらぬと…。ここが衝撃的でした。大和ならば、と思いましたが、お頭という立場である以上人命は最優先でしょうししょうがないのかもしれないですが…。
 ここからのガラガラになってしまった本部の寂しいこと寂しいこと…。皆おらず、木綿ちゃんと秋水のみがいる本部がこれほどに寂しいものだとは…。仲間たちも正しいとは思いつつも…ですね。あの速鳥でさえ、お頭の判断は正しいと信じているもののと見せたので相当だな、と。

tkdk108.jpg

 この木綿ちゃんとの会話は号泣でした…。
 プレイヤーですら捨てられないですよウタカタは。感情移入を本当にしていて、撤退なんぞは出来ぬ、絶対にウタカタを守るという気持ちでいっぱいです。それこそ木綿ちゃんがお母さん、お父さんと過ごした幸せな場所を潰させるわけにはいかないと。富嶽はホオズキの二の舞にはさせないと意気込んでますし、こちらもですよね!
 しかし相馬はしっかり聞いてましたね(笑)ここで里を守るのが恩返しになるのでしょうか。

 また、オビトもここで退いてはならぬ、と。あの時と同じことになるということはオビトはそこで…だったのでしょうか。

 さて、相馬は木綿との思い出を話してくれました。8年前のオオマガドキの最中、絶望の中、一人だけ笑っていてどれだけ救われたかと。ここは男前に「もう答えは知ってるはずだ」にしましたよ! 人の願いを背負って飛ぶ一矢に、という一矢辺りに盛大に反応しましたがそこはさておき、戦の準備に入りますよ!!!
 今こそ木綿ちゃんに恩を返す時! となった時に、これまた全員来てくれたのが凄く嬉しく。ついに息吹も相馬のことを「トンガリ頭」呼びになり、笑い、更に那木さんのここで爆笑しました。

tkdk109.jpg

 討鬼伝のこのゆるく笑える部分と熱い部分の融合というか絶妙だな、と思います。この那木さん可愛すぎです!! 本当、佐藤朱さんのお芝居が最高ですね!!
 あともう一つ笑ったのが、大和と九葉にはどうするのかですかね。「事後報告だ!」の爽やかさと言ったら(笑)
 それにしても速鳥も、お頭に拾ってもらった恩を返そうとは熱いです。速鳥は天狐のことに次いでお頭お頭なところがとてもいいかと。拾って貰った恩と報いようという気持ちがとても好きです。

 さて、発売前から秋水と九葉は一体どうなるのか…ということで妄想をしておりましたが、いよいよここで対面というかタイマンになりましたね。
 北の生き残りに対して、完璧な策だったと言えるほど強い九葉ですが、こうでもないとあんな作戦出来ませんよね。結果として人類は永らえ、その時ではベストな選択だったのかもしれません。

tkdk110.jpg

 これやはり九葉さんの笑いだったんですね(笑)インフラで使わねば!!!
 というのはさておき、何かよい策が浮かんだようです。というかこういうやりとりを見ているとやっぱりいい人というか悪い人ではないですよね。しかし秋水はどう思うのか。既に気持ちでは諦めのようなものがついていてなのか。

ストーリークエスト:死線の果てに

 桜花と相馬の二人で、ミフチ・カゼキリ同時討伐後にゴウエンマなのですが初回でせっかくミタマが出たのに失敗しまして、二回目の挑戦でミタマ0のままクリアに…。極のミタマ運完全にないのですよ自分…全然出ないんです…無限討伐も29体やっても0とか余裕ですしね…

 そんな愚痴は置いておいてですね、連戦のゴウエンマでもう本当三人でとか無理だから…の前に、これですよこれ!

tkdk111.jpg

 「俺の金砕棒」は本編でもあったのですね(笑)
 大爆笑しましたよ!! こうやって聴くと凄く格好いい台詞ではないですか!(笑)いやでも、ちょっと深く考えると以下略。
 というわけで、俺の金砕棒で自分も踏ん張っていたのですが、連戦はキツイのですよ…迅の空蝉頼みという感じでヒィヒィ言っているところで…

tkdk112.jpg

 お頭ああああああああああ!!!!!
 となりますよね!!? これはなりますよね!!? 橘花が来てくれた時点で熱すぎてアドレナリン大放出だったのですが、お頭の戦神な太刀さばきでものの見事に心臓奪われましたよ…。格好良すぎでしょう!!! この演出も最高ですね!
 九葉も駆けつけてくれたようで、お頭と巫女を投入しての最大戦力で危機を乗り越えようという策に切り替えたようです。
 九葉も元モノノフ訓練生だったということで、里までは橘花を送り届けてくれると言ってくれ、本当いい人だなと思いました。いかにも悪そうな顔をしている人ほどいい感じですね。
 桜花たちはお頭の左目となり、ゴウエンマを見事討伐すると!!! 本当に熱い展開過ぎて、戦中の台詞に耳を傾け過ぎて攻撃が疎かになりまくっておりました。もう仕方ないですよね、これは。

 おかえりなさいのムービーで号泣ですよ…何回泣いたんだ自分というくらい泣いていて、タオルが役立ってます。
 相馬がちょっと拗ねてるじゃないですけど、親子の完璧な空間には割って入れないというのもありですかね? フンという感じですたすた歩いていきますが、木綿ちゃんからの「ありがとう」という感謝の言葉にまたどれだけ救われたのだろうか、と思うとまた涙が…。
 しかも橘花も橘花で、同じ戦場に立てて嬉しかった。命を粗末にはしないからと前作での乗り越えた姉妹の絆を更に深めている様子にこれまた涙で…。
 速鳥さんも、お頭の戦う姿を最後に目にしたのはいつだったかなどなど思い出を語ってくれるのが嬉しかったです。
 富嶽はちびすけを思い出しているのですかね? 富嶽と橘花が一緒にいる姿は妙な安心感があって好きです。



tkdk113.jpg

 究極の橘花です。同性陣のランダム禊では、最大になるとシリアスな感じになるのでしょうかね?
 巫女が短命な者が多いと聞くと余計に、長く続いて欲しいと思ってしまいますね…。

tkdk114.jpg

 こちらも那木の究極の方です。
 那木の過去を思えばこの親友というのは大きいですよね。そのためにも絶対に死ねないものですね!! 那木の天文話もまた聞いてみたいですね。

tkdk115.jpg

 大和も究極になると堂々としてるんですね、隊長は(笑)速鳥の時は気配を完全に消しているような台詞でしたが、お頭の時は堂々ということでキャラクタによって異なるのもまた面白く。

tkdk116.jpg

 樒の究極もシリアスでしたねぇ。
 この世に無くてはならない人、ということはまたこの危機を救うのはムスヒの再来かのような隊長なのでしょうか?
関連記事
スポンサーサイト


コメント

  1. ハク | URL | -

    今更ですけどこのゲームってストーリーが強調された和風モンスターハンターみたいな感じなんですかね?

  2. まゆげうさぎ | URL | -

    私も討鬼伝大好きで、極もプレーしてます!
    『死線の果てに』クリア後の木綿ちゃんとお頭の再会シーンの相馬さんですが、私はあれは拗ねていたりフンとしていたのではなく、親子の対面を水入らずにしてやるために、主人公に「行くぞ」と顎で示したようにも見えました(^ω^)
    どちらにせよ、相馬さんがイケメン過ぎて毎回プレーするたびに悶えてますw

    日記の更新、毎回楽しみにしてます。これからも面白い記事たくさん書いてください!!

  3. マリ | URL | 1JkepbtE

    ハクさん

     いえいえ、とんでもないですよ~!
     基本は和風ハンティングアクションというジャンルですかね? 共闘ゲーの一つですが、モンハンともGEとも全く別の感じになっております。

     お話は極になって更に強調というか演出含め凝りや細かな所まで丁寧になっているなぁという印象です。泣きっぱなしですね…

     キャラクタの造形などが凄く良くて、珍しく本当に苦手なキャラクタがいないというタイトルになっています。もし気になりましたら、体験版もあるのでどうぞ~!

  4. マリ | URL | 1JkepbtE

    まゆげうさぎさん

     まゆげうさぎさん、はじめまして。
     コメントありがとうございます! 凄く嬉しいです。

     討鬼伝ファンの方とこうしてやりとりが出来るのが幸せで幸せで!!
     ああ、親子の感動の対面シーンは確かにそのような解釈が一番正しく、また相馬にとってもよいですね!! どうやら自分は相馬の精神年齢をかなり下げていたらしく、ついそんな面でも見てしまったようです(笑)
     相馬さん、美味しいですね~!! まさかこれほど美味しいとは予想しておらず。相馬にころっとやられたファンの方も多いのではないかな、と思っております。
     まゆげうさぎさんは相馬がスタメンでしょうか!?

     更新についてもありがとうございます!
     これからも荒ぶるまま書こうと思いますので、お気軽にどうぞです!

  5. sato-chan | URL | -

    マリさんにHNが変わったんですね。
    そしてかなり遅くなりましたが、ブログ5周年おめでとうございます!

    極やってますねー。
    オノゴロ装備、私も作成中です。あと手と頭です。
    今回追加された装備はなかなかです。

    死線の果てにのお頭登場には、私もお頭ぁーって叫びましたよ。
    もうボロボロで超危険状態だったので。
    お頭と凛音さんが今は加わってすごく任務が楽になったような…
    相馬もでこちゃんもウタカタのみんなもいてくれるから、へなちょこな
    私でも何とか話を進めています。

  6. アサト | URL | HrZkwbHc

    お久しぶりです!

    お久しぶりです!!
    ブログ帰ってくるのにまさかの半年ww
    おおーーマリーさんも極買いましたか!
    自分も買ったのですが前作データがまさかのバックアップ忘れで
    今急いでオンラインのみだが進め中ですw
    目指せ進行度10w
    極入ったら自分も記事のほうを久しぶりに更新しようと思っています

    ・・・あ、HN変えらてたのですねw失礼
    今後はマリさんなんですね了解です
    おお!ブログ5周年おめでとうございます!
    まずい、前作オンラインさすがに過疎がひどくいまだにオン不安定っぷりのあまり面倒になってきたwww
    女狼さんのなりきり防具ほしいんだけど今後DLCになるのかな・・・
    トレジャーセットの防具もうらやましいww

    お、何気のCMに閃軌跡2だw←同じfalcom作品好きとして前作をプレイしましたよ
    そのときブログの存在を忘れていて記事にし忘れたと言う失態がw

    記事についてはネタバレが激しそうなので申し訳ないのですがスルーしますw
    ちなみにむ、前作からのキャラたちの衣装が一新されてるww
    ううむ楽しみです
    自分のブログの内容は前作時にストーリー終了してからのブログ開始だったので
    データ引継ぎつつ最初からやろうと思いストーリーも触れていこうと考えています。素材やら御霊引き継げればいいのだけれどw
    では今回はこの辺で失礼します。
    あ、マリーさんはオン進行度10の討鬼伝クリアデータ引継ぎで行ったのですか?
    今回のデータ消去でマリーさんたちなどの多くのモノノフのデータが消えたのが一番つらいw

    今度こちらも極入ったらぜひともまた前回は1度だけだったので共闘したいですね♪
    では!

  7. マリ | URL | 1JkepbtE

    sato-chanさん

     どうもありがとうございます!!
     そしてそうなのです、キリがいい数字だったのでついでに変えました。改めてマリで宜しくお願いいたします。

     極漬けですね~(笑)
     今、何を再優先って極な勢いです!
     オノゴロ装備、少々女王様系ですが可愛いですよねぇ。今作は装備も可愛いのが多くて、どういう装備が出来るのかな~と楽しみです! あと頭非表示にしなくていいのも良いですね。
     手と頭無事に作成できますように!

     死線の果てに、叫びますよね!!!?
     いや~これは本当にボロボロだったので、本当マズイというかもう無理…というところでだったので本当色々な意味で叫んだ気が(笑)
     そうなのです!! 凜音様もいるので、地祇石代わりと言っては失礼ですが、治癒補給がありがたいですね。
     凜音様、那木さんいればだいぶ安定しますし、相馬や大和を連れて行けば攻撃でかなりラッシュ出来るので爽快です!
     他の皆もしっかりいてくれてなので安心ですが、鬼強くなってますね~。色々極まっていて本当に楽しいです!

  8. マリ | URL | 1JkepbtE

    アサトさん

     ご無沙汰しております! 半年ぶりでしたか! お元気そうで安心いたしました。
     なるほど、そういう事情でしたか…!! 進行度で貰える特典異なりますしね。応援しております。

     HN変更についてもありがとうございます。そうなのです、改めましてどうぞ宜しくお願い致します。
     前作はやはりオンは過疎が目立ってきましたか~。今作かなり極まっていますので本当楽しいですよ!
     今後DLCで来るかどうか不明(トレボの特典の方は配信なしのようです)ですので、取れるところはとっておくのがおすすめかもですね。しかし10までは確かに大変ですね…

     記事はネタバレ激しいどころの騒ぎではないのでスルーをおすすめいたします。核心的な部分はぼかしておりますが。
     新衣装も元々のキャラも最高ですし、今作本気で楽しいですよ!! その分難易度も上がっておりますが。
     データ引き継いで最初からは全部引き継がれると思いますよ~。ただ、ストーリー上で入手のミタマがどうなるのかは分かりませんが。
     自分は伝ノフの引き継ぎでやりました。
     また極でもご都合あいましたら…!

  9. マリ | URL | 1JkepbtE

    拍手レスです。

    Kさん

     予想通りツッコミ入れました!!(笑)
     これはもうどうしようもないですよね!? ツッコミ入れろと言っているようなものですよね!? というか緑川さんはこの台詞を思い出してのだったのでしょうかねぇ。いや~完全にあのネタになっているので、普通に噴出しましたよ! 恐るべしです。
     いやはややっとこさKさんとこれでお話出来て嬉しいです!! 11章も終わり次第、あちらの記事にコメントしますので~。

     ガラガラの本部の部分本当そのお気持ち分かります!
     もしも、となったら自分も絶対にifをここで冗長になる勢いで書いていたかと…。本当に死守する気満々というか、放棄に本当になってもここで果てる! という勢いでした。完全に感情移入していましたねぇ。これほど愛着ある里って中々ないです。

     那木さん、今作可愛い所が随所にありません!? いえ、他のキャラも演出もなのですが特に那木さん可愛いな~美味しいな~というところが多く、もっとめろめろです。これほど攻守完璧なキャラもいないかと。

     そして相馬の部分すみませんでした!!!!
     他の方もKさんと同じ解釈でして、自分はどんだけ相馬の精神年齢を下げていたのかと(笑)
     しかしまぁ同じムービーでも一つ一つの動作が全然違って見えてくることもあるのだな、というのが改めて分かり、その前に相馬さんの認識を改めたいと思います!!!

     自分も早く11章の分を拝読したいので、楽しみながらプレイしているのですが、11章後半の任務ラッシュ凄いですね!!? 頑張ります…

  10. honobonoss | URL | -

    なるほど、そのスキルは本当に良さそうですね。手数武器であるほど活きそうです。

    新聞姉妹はいいキャラしてますよね!「天知る、地知る~」「壁に耳あり障子に目あり~」からの姉妹そろっての格言改造名言は非常にかわいかったです(笑)

    ミタマはわたしもなかなかでません……無限討伐もあるので通常の任務では前作よりでにくいのでしょうかね?
    お頭の参戦燃えますよね! イテナミ戦といい、今作は本当にすごい良くて良くて……!
    ミフチとカゼヌイをボロボロになって倒したところにゴウエンマが来た時は絶望しました(笑) カゼヌイが倒れたのに「え? 任務達成じゃないの……?」と。
    もうタマフリなくなったよ! となってるところにお頭参戦ですから感動すらしました。
    ちなみにゴウエンマが現れた時のリアクションから「相馬はオオマガドキでゴウエンマとは戦ってないのかな?」と思いました

  11. マリ | URL | 1JkepbtE

    honobonossさん

     凄く優秀なスキルなのでおすすめです!!
     弱点属性で攻めればまさにウハウハですよ~!!

     新聞姉妹の名言、自分も非常に印象的でした!! 二人らしい改変名言というか、それがまた見事にドンピシャで。一体どういう風に話に関わってくるのか、はたまた二人の話が結末を迎えるのか楽しみです。

     ミタマ出ませんか!? 同じです!!
     お頭の禊パワーを持ってしてもさっぱりで(笑)出る人のところには出るようなのでやはり物欲センサーとの戦いかもですね…

     お頭参戦本当燃えました!! ここでか! という焦らしがいいですね。タマハミ後というのが。
     イテナミ戦もですが、ここぞ! というところでなのが嬉しいです。共闘ゲーなのでそういう演出はないと思っていたらの、というのがまた不意打ちで!
     というかミフチとカゼヌイ難しいです…初回はもうそこで力尽きかけ、ゴウエンマ来て里に帰ることになりました(笑)
     
     ハッ! そうですね! ゴウエンマと戦っていないということですね。つまり二人が言っていた鬼ではないのですね…。なるほど!! お頭と俺の金砕棒に荒ぶりすぎていて全然考えつかなかったようです。ありがとうございます!

  12. なまず | URL | MubGHsZ2

    はじめまして

    ちょっと前までソルサクデルタからこっちに来ました!
    よく比較される二作ですがどっちも好きです!
    相馬さんの男気に惚れました!前向きで頼りがいありすぎでカッコイイ!

    ですが、死線の果てにで積みました......

    ソルサクより遥かに難しいこのゲーム......

  13. マリ | URL | 1JkepbtE

    なまずさん

     なまずさん、はじめまして
     コメントありがとうございます! とても嬉しいです。

     なまずさんはソルサクデルタをプレイされていたのですね! ソルサクはソルサクの面白さがありますよね、独特のシステムや世界観など本当に面白く、リブロムは可愛いです。

     相馬さん、格好いいですね~!!
     ここぞという時に頼りになるというか、何でも笑い飛ばしてくれるような懐の深さもですが、とてもいいなぁと思いながらプレイしています。前向きな所もいいですよね!!

     死線の果てに難しいですよね…
     一番簡単なのはインフラで装備を作ってというのかもしれませんが、武器防具の強化は勿論、ミタマのスキル構成はどういう感じでしょうか? あまり攻略法というのは伝授できないものですが、迅の空蝉二重(桃太郎など)と地祇石フルに使いきる感じでどうでしょうかね…?
     あとは防で凌ぎきるというのも手かもです!
     今回の記事で載せたスキル構成も攻撃できれば出来るだけ回復できるものですのでお勧めですが、同時討伐であまり連続で攻撃出来ないとなるとやはり迅か防ですかねぇ。
     今作は難易度が上がっておりますが、この先のお話もとてもいいので是非是非進めるよう願っております!

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)