PRESS START2014 夜の部感想

2014年09月14日

prst2.jpg

 公式サイト:PRESS START
 http://www.famitsu.com/sp/pressstart/

 9月13日(土)に、東京芸術劇場にてプレススタート2014が行われました。
 プレスタって何? という方にざっくりと説明しますと、ゲームハードやメーカーの縛りを無くしての演奏会であり、オーケストラだけでなく和楽器、ロックバンドを交えるという多彩なものとなっております。
 企画されている方は、竹本泰蔵さん、桜井政博さん、植松伸夫さん、酒井省吾さん、野島一成さんの五名です。
 
 さて、まだ夢心地から抜け出さないのですが、そんな夢心地のまま寝ずに書きたいと思います! 起きているのに、この夢から覚めたくない、まさにそんな時間でした。
 ゲーム音楽好きの方で一度も足を運んだことのないという方は是非とも参戦されることを、心からおすすめします。

 第9回のプログラムは以下です。

 PRESS START2014(夜の部)

 指揮:竹本泰蔵さん
 演奏:神奈川フィルハーモニー管弦楽団

 第一部(演奏順ではありません)

 1:「大乱闘スマッシュブラザーズ」より
   ・メインテーマ
    《大乱闘スマッシュブラザーズ for Nintendo 3DS for Wii U》
   ・スーパーマリオブラザーズ(地上BGM)
    《スーパーマリオブラザーズ》
   ・JUNGLE LEVEL
    《スーパードンキーコング》
   ・ゲルドの谷
    《ゼルダの伝説 時のオカリナ》
   ・宇宙戦士サムス・アランのテーマ
    《スーパーメトロイド》
   ・グリーングリーンズ
    《星のカービィ》
   ・惑星コーネリア
    《スターフォックス》
   ・戦闘! トレーナー(ポケットモンスター X・Y)
    《ポケットモンスター X・Y)
   ・ファイアーエンブレム
    《ファイアーエンブレム 暗黒竜と光の剣》
   ・ブラックピットのテーマ
    《新・光神話 パルテナの鏡》
   ・コトブキランド メドレー
    《とびだせ どうぶつの森》
   ・ロックマン2 メドレー
    《ロックマン2 Dr.ワイリーの謎》

 第二部

  「ペルソナ4」
   ・全ての人の魂の詩
   ・Reach Out To The Truth
   ・記憶の片隅

  「悪魔城ドラキュラX ~月下の夜想曲~」
   ・ドラキュラ城
   ・木彫パルティータ
   ・失われた彩画
   ・パール舞踏曲
   ・死の詩曲

  「世界樹の迷宮」
   ・迷宮Ⅰ 翠緑ノ樹海
   ・鉄華 初太刀
   ・鉄華 討ち果て朽ち果て
   ・迷宮Ⅴ 遺都シンジュク

  「幻想水滸伝」
   ・幻想の世界へ

  「討鬼伝/討鬼伝 極」
   ・鬼出ヅル刻
   ・ウタカタ
   ・英雄ノ進撃
   ・ウタカタ・秋艶
   ・千年ヲ駆ケシモノ

  「ポケットモンスター X・Y」
   ・タイトル
   ・カロルのテーマ
   ・ミアレシティ
   ・エイセツシティ

  「ファイナルファンタジー ⅩⅢ」
   ・ヴァニラのテーマ
   ・閃光
   ・FINAL FANTASY ⅩⅢ ~誓い~
 


 今年はなんと討鬼伝を演奏するということで、がぜん張り切っての参戦となりました。ブログで散々書いておりますが、討鬼伝の楽曲は本当に素敵なので、オケ版になりどういう風になるのか楽しみで楽しみでしょうがなかったです。
 
 自分はゲームは狭く深くのタイプでして、今回分かる曲は討鬼伝とペルソナ4くらいでした。ですが、こういう所で新たな曲を聴いて、「この曲とてもいい!」という沢山の出会いにもなりました。
 また、こちらのオーケストラの大きな特徴として、ただ単に通常のオケ編成ではなく、サックス、ドラムス、ベース、ダブルギター、曲目によっては尺八や三味線、ソプラノ歌手も入るという、普段のオーケストラでは聴けない音色になっております。
 オケは寝てしまう…という方でも、この混ざり合った音色は、ゲームがお好きな方でしたら寝てはいられない、いえ、思わず起きてしまう! というものかと思います。
 この普通では聴けない音色を聴けただけでも本当に素敵な時間となりました。
 オケ版だけでも聴けない、インストライブだけでも聴けない、この編成だからこそ生み出される音色たちは一聴の価値があると思います。

 また、一曲一曲が短いものだったり、作品ごとに区切ってプランナーの方やMCの方、ゲストの方々のお話が入るので、そういう意味でも飽きることなく、むしろ言葉の通り「あっ」という間に終わってしまうというものでした。楽しい時間というのは過ぎるのが本当に早いですね。

 そして追記にも書きますが、討鬼伝単独の演奏会を是非いつか開いて頂きたい勢いです…。これはコーエーテクモゲームスさんに願えばいいのでしょうかね!? 信長の野望はやりましたし、今度は討鬼伝でお願いします!!!!!

 
 以下、感想を追記に。




 まずはホールに入って物販のところへ。
 本日は、討鬼伝の楽曲を担当されている坂本英城さんがサイン会もされるということで、以前も頂いたことがあるのですが欲しいCDがちょうど販売されていたので購入して頂いてしまいました…!
 そういえば、ちょうどCDを買いに行った時に中條謙自さんがおりましたね。これまた以前も同じような感じで間近にいらしたので偶然こういうこともあるのだなぁと。
 以前のサイン会の時に少しお話が出来たので、今回も勇気を振り絞って名乗ってお話させて頂きました。討鬼伝の曲を聴く前にお話出来るだなんて夢のようだ…と思いつつ、いつか生で「決死」も聴くチャンスがあったらいいな~と淡い夢を抱きつつ、もうむしろキャラクタ全員のテーマ曲も聴いてみたいですと思いつつ、少しの時間でも本当に忘れられぬ時間になりました。ありがとうございます。
 ノイジークロークさんのステッカーも頂いたので、大切にしようと思います!

第1部「大乱闘スマッシュブラザーズ」より

 さて、本日発売だったスマブラですが、自分はプレイしたことがありません。ピカチュウとかカービィとかむらびととかが戦うんですよね…? くらいの知識しかないのですが、流れる曲の数々は耳にしたことがあるのも多く。
 ちなみに桜井さんはざっくりと説明する際、「ピカチュウとマリオが殴るんです」と仰っておりまして、これまた笑いで包まれておりましたね。
 殴り合いという言葉とは全く違う、全体的に爽やかな感じのオケ版になっているな、と思いました。

 さて、プランナーの一人である植松伸夫さんは、本日はウィーンにいるとのことでビデオ参戦でした。
 プランナーの方々の仲の良い様子もしっかりと拝めまして、桜井さんは9年前と変わらず老けないという弄りが出ておりましたが、中身はそうでもないとご本人様仰っておりましたね(笑)
 また、2001年のスマブラで初めて竹本さんともお会いしたようですが、ゲーマーな竹本さんはスマブラを見て「今度はピーチ出るの?」と喜ばれたとか! こういったこぼれ話が聞けるのもまた面白く。決して長くならず、腹八分目くらいでお話も切り上がるので、「もっと聞きたい!」というのがこれまたいい効果を出していそうだな、と個人的に思いました。
 
 途中ではカービィも演奏したのですが、カービィ役の大本眞基子さんもゲストで出演されておりました! 大本眞基子さん、可愛らしい格好での登場でして、ご本人様も朗らかで、なおかつカービィの声は愛らしく、可愛い可愛いと見ているこちらは大はしゃぎでした。
 なんと! ここでは大本さんのカービィと桜井さんのデデデの対決、生アフレコ! みたいな感じで拝めたのですよ!! 結構迫力あるバトル(声だけ)でして、会場は笑いの渦で。
 大本さんと桜井さんはお付き合いも長いのでアイコンタクト収録をされているということで、それだけカービィが長く続いているのだなぁという意味でも感慨深いものでした。

 こちらのスマブラシリーズの曲の感想ですが、プレイをしたことがなく、曲目と感想が合っているか非常に自信がないのが多いのです…。
 多分合っていると思うのですが、ドンキーコングはサックスのソロが美味しく、またファイアーエンブレムはピアノのソロが凄く良く、矢のアイコンがパルテナの鏡で合っていたらの場合ですが、ギターのソロが最高でしたね!

 またこのスマブラの中で最も気に入ったのは「ロックマン2 メドレー」でしょうか!
 凄くノリがよくて、体を動かして聴いているお客さんも多く、自分も自然と、という感じでした。
 自分はこの曲の何が好きなのだろうと聴きながら考えていたのですが、おそらくベースなどの和音の移動が凄く好みど真ん中なのだな、と。
 他の曲でもソロや旋律にも耳が行きますが、ベースラインの進行なども非常に美味しく、ギターやドラムスが凄くよかったです。勿論、だからこそ、オケだけになった音色も映え、何重にも楽しめる演奏会でした。

 第1部のトリはポケモンだったのですが、金管楽器が美味しかったですね。
 ポケモンだけに限らないのですが、第1部は金管楽器やサックスに特に耳が行きました。トランペットなどはストレートミュートなどの音色で曲の彩りを鮮やかに、というのを凄く感じました。
 ポケモンはなんといっても最後辺りの全員でフォルテというかのような部分の熱さが凄くよかったです。思わずモンスターボールを投げたくなった、という方も多くいらっしゃったのではないでしょうか。



第2部「ペルソナ4」

 あのベルベットルームの歌が生! というだけでも垂涎モノではないでしょうか。実際にソプラノ歌手の方の「あ~あ~あ~」を聴けば、即座にホールはベルベットルームに…という気分でした。
 指揮者は竹本さんなのに、そこにイゴールがいるかのように、水色のドレスをソプラノの方は着ていらしたのですが、マーガレットが浮かぶような感じにもなり、とても不思議な体験でした。
 ソプラノ歌手の高橋さんの高音の美しさに癒され、そういえばP4シリーズは全体的にオーボエのソロが目立っており、オケ編成になるとこういう感じなのか、という新発見でもありました。

 Reach Out To The Truthは一体どうなるのだろう…ととてもワクワクしていたのですが、これまたオケ編成もとってもいいですね! いい曲というのはどのような形になってもいい曲なのだ、というのをとても感じました。
 勿論こちらは歌がないので、あのお馴染みのメインのメロディを金管が担当されていたのですが、これがまぁ心臓撃ち抜きの良さでした…。むしろオケ版ペルソナ曲の演奏会やってください、お願いしますと思うほどに。ペルライだけでなくこういった編成でも! と。

 また、P4曲たちの中で何が素晴らしかったと言えば、Reach~から記憶の片隅に入る瞬間でしょうか。
 この記憶の片隅という曲への入り方だけでもチケット買ってよかった!! と思えるほどでした。
 原曲でもピアノですが、オケとピアノでのこの曲の相性の抜群さはずば抜けているのではないでしょうか。本当に聴けてよかったです。ピアノの方の弾きっぷりも目を奪われましたが、本当に曲の入り方の良さたるや忘れられません。
 P4と言えば「Heaven」も大好きなのですが、オケ版でやったらどうなるのか非常に気になります。原曲の入りの弦の美しさを思うと…!

「悪魔城ドラキュラX ~月下の夜想曲~」

 山根ミチルさんもゲストに出演されておりまして、お話を聴けたのですが、全ては「キャッスル」に集約されているのではないでしょうか(笑)
 今度はメキシコで演奏会があるそうなので、お近くの方は是非と仰っておりましたね(笑)

 こちらも初めて聴いたのですが、ドラキュラ城ですかね? ピアノと弦だけの部分が確かあったと思うのですが、凄くよかったです。
 あとはどの曲かは分からなかったのですが、少しだけ怪しい曲調になる部分がございまして、そこが凄くいいなぁと思いました。

「世界樹の迷宮」

 なんと! ゲストで古代祐三さんがいらしておりましたよ! ちらりとソーサリアンやイースというタイトルも出ましたね。
 さて、こちらのタイトルはFM音源でのものをオケ版にしたということで、何故にFM音源に? ということのお話だったのですが、ゲーム自体がそういった感じのものだったので合わせたという感じのことを仰っておりましたね。

 さてさて大人気の世界樹の迷宮がどうして楽曲が人気なのか物凄く体感致しました。これはハマらないわけがない、という感じでストライクでございました。
 そして演奏ですが、一曲目の第一音目の美しさは、今回の演奏会で頭ひとつ抜けて美しかった気が個人的にします。あ、この団体の最高レベルはこういう感じなのか、というのがありありと分かるというか、とても美しい入りでこちらもまた鮮明に覚えております。
 サックスのソロなども美味しい曲がございましたが、どれかが分からないのですが、ギターがガンガン弾き込む曲が凄く聴いていて楽しかったです! ソロもそうですし、他の曲もリズムや和音が凄く相性が良くて、こういうのが自分好きなんだな、とまたまた。

「討鬼伝」「討鬼伝 極」

 こちらのゲストは楽曲を担当されている坂本英城さんと、森中プロデューサーさんでした!
 実は休憩時間中に、「森中プロデューサーさんは天狐を抱えて登場するか否か」について当てっこしておりました(笑)答えは天狐はなしで…ガーン(笑)
 まだ新しいタイトルなので、簡単な説明と、意外と肉食系なんですという坂本さんのお話などなど、やはり面白い時間でした。下で掲載しますがトリプルヒデキが揃いまして、MCの女性のアナウンサーさんにまで「あなたもヒデキですか?」と尋ねた辺りは爆笑でした。

 さて、今回自分のメイン中のメインと言っても過言ではない討鬼伝シリーズの楽曲ですが…本気で討鬼伝オンリーの演奏会開いて下さい!!! と、土下座してお願いしたい勢いでした。
 終わらないで欲しい、願っても音が過ぎ去り、終わってしまうこの悲しさ、寂しさ…一曲一曲をもっともっと聴きたい! というこの葛藤!!! 是非、是非討鬼伝のオケ演奏会を…! と、思うほどによかったです。
 今回は尺八と三味線の方もゲスト参戦で、オケとその二人のソリスト同士という感じでの形となりました。アレンジが違うというのもありますが、演奏者が異なるだけでも全然違いますね。今回のアレンジはどちらかと言えば、音を切る時は切るというのを凄く感じ、また尺八が吹き込む時のフォルテの感じが凄く印象的でした。
 「鬼出ヅル刻」は割りと原曲に近い感じで始まり、続いての「ウタカタ」はメロディの笛が尺八になるのでかなり印象が変わりました。尺八版も素敵ですねぇ。音が小さくなる時の丁寧さ加減がとても好きでした。
 また、まだゲームで聴いていない「千年ヲ駆ケシモノ」はまさに今までの討鬼伝詰め合わせですね! メインテーマやら百鬼からシラヌイやらやら、とにかくままぐるしく色々なお馴染みのフレーズが聴こえるので、ゲームで聴ける日が待ち遠しいです!! この曲は、討鬼伝の宝箱のような曲だと思いました。

 今回討鬼伝オンリーでの演奏会をして欲しい! と散々書いている理由は、一つは「英雄ノ進撃」の一番最初の太鼓のドン! という音が好きで好きで好きなので、是非ともそこから生でも聴いてみたいなぁという我儘が炸裂したと(笑)
 英雄ノ進撃はあの迫力は生だとやはり段違いですね! この曲を聴いて鬼退治に出たら負ける気がしない! というような曲ですが、それを肌で感じることが出来てタオル握りしめて聴いておりました。
 それからウタカタも秋艶も是非フルで聴いてみたいと思ってしまいます。元より弦楽器とも相性のいい曲が多いので、オケ版は絶対に相性バッチリだろうな~と勝手に!!
 秋艶も、メドレーだったので美味しいどこ取りではありましたが、フルであればこの良さが更に幾重にもなってますますよいのですよね!! この流れがあってのここがもっとよいのですよ! と鼻息荒かったです。
 凄くいい曲ばかりなので、これで討鬼伝に興味を持って下さる人が増えたらファンとしては嬉しいな~と思います。

 どの曲も本当に素晴らしく、あまりにも興奮して涙はすっ飛んでいったようです。生で聴けるだなんて本当夢のようでした! 生でも勿論良いので、これはこれだけでは勿体ないと全力で思います!!!



 さて、来年の4月11日には、パリでPRESS STARTがあるようです。下村陽子さんや光田さんなども参戦だとか。これまたお友達などがいる方は~などと仰っていたので、お近くの方はぜひ!! 本場でも聴いてみたいですね~。
 ちなみにアンコールはゼルダやMOTHERなどのやはりスマブラ絡みでした。本日は発売本当におめでとうございます!!!

 というわけで、感想は以上です。
 もっと曲を知っていれば…とは思うのですが、こうして、いい曲たちへの新たな出会いになったものなので、凄くよい経験にもなりました。
 一つでも聴きたい! というのがありましたら、おすすめいたします!! きっと他にも良い曲が見つかると思いますし、好きな曲を生で聴けるという幸せはやはり他では中々堪能出来ないことだと思います。
 
 関わった全ての皆さんに、素敵な時間をありがとうございました! と、全力でお伝えしたいほどです。

 自分の席からはそれほどよく見えなかったのですが、会場にヒデキさんはどのくらいいらっしゃったのですかね!?(笑)
関連記事
スポンサーサイト


コメント

  1. リードマン | URL | -

    ・・・・!?

    え?なにこれ?
    なんで私は参加してないの!?
    特に第2部は神構成じゃないですか・・・。

    くはぁ・・・
    やはり都会は良いなぁ。

  2. ハク | URL | -

    こんな楽しそうなイベントがあるのですね
    いやらしい
    曲のチョイスが実にいやらしい

    スマブラといえばWiiUのスマブラに友人が2名ほど手を出してました
    興味がないと言えば嘘になりますが、私は閃Ⅱ待機状態ですので他のものに魅入られている場合じゃないのです
    ……だれかWiiU版買ってくれないかしら?

  3. マリ | URL | 1JkepbtE

    リードマンさん

     リードマンさん、恐らく幻水で大爆発されたかと思う勢いでございましたよ! 自分、作品分からないのですが、凄く綺麗でした!

     というかプログラムからして燃えますよね!!
     自分も最初に発表された時から燃えてました(笑)
     スマブラもよかったですが、2部も同じように最高でしたよ~。

     来年はパリ公演もあるそうなので、旅行など行かれることがございましたら狙い目ですね!!
     色々な地域で公演あるといいですねぇ。あとは中継ありなど、また様々な形でプレスタが進化していくとよいですね~!

  4. マリ | URL | 1JkepbtE

    ハクさん

     楽しいを超えて爆発!! な勢いの演奏会でした。
     そうなのですよね、曲のチョイスがそこかーー! という感じで。
     しかもオケ版に編曲されているので、こういうアレンジも美味しい、こういう楽器でやっても好きだなというのも分かるので、新発見にもなる形がまた絶妙だな、と。

     おお! Wii U版のですか!
     自分も閃2控えてますしねぇ…スマブラメドレーも凄く良かったので、こんな楽曲尽くしなら気になる…と思いました。
     そういえばこの日は桜井さんが直にお客さんにスマブラ差し上げてましたな。

  5. マリ | URL | 1JkepbtE

    拍手レスです。

    スズキさん

     世界樹などなどスズキさんのゲーム音楽大好きっぷりも存じておりましたので、こうしてお話が出来て凄く嬉しいです!
     プレスタ、凄く豪華な曲目&ゲストの方々、更には客席も3階席までぎっしりという感じの大盛況なのも本当にうなずけるものでした。
     むしろスズキさんほどお好きな方でしたら絶対に聴いて損なしどころか一層虜になると本気で思います!! 是非是非次回というか、パリにいかがです!!? せっかくでしたら!!
     日本公演もまたあるといいですね、10回という節目になるので。もしまた東京公演などあれば遠出出来そうでしたら是非~! 本当に最高でした。

     討鬼伝はAmazonさんでもデジタルミュージック販売されているので、視聴出来ますよ! iTunes StoreさんもDLしていなくともネットで検索すれば視聴可能になっております。(討鬼伝 極の視聴版です https://itunes.apple.com/jp/album/tao-gui-chuan-ji-orijinarusaundotorakku/id907011098
     すっごくいい曲尽くしなので、和風がお好きでしたらハマられるかと。

     古代さんまでいらっしゃていたのには驚きました!
     世界樹のこともありがとうございます。初太刀か討ち果てでしたか! 今Storeさんの視聴を聴いているのですが、「あ~~どっちだっけ~!!」となっております(笑)どっちもだったかもです!

     そしてこちらの週末のこともまでありがとうございます!
     いやはや土曜日から昨日は一睡もしていないので、日本語おかしくなってるかもしれないとメール確認しただけででして、すみません!
     また無事にとなりましたら即座に連絡致します。ご丁寧にいつもありがとうございます!

  6. マリ | URL | 1JkepbtE

    拍手レスです。

    nojitaさん

     ありがとうございます!
     芸劇久々で、そういえば反対側はメイトがあってnojitaさん歓喜のクロウとリィンの看板…とずっと思っておりましたよ!!

     自分も殆ど知らない曲だったのですが、最高の出会いに繋がる演奏会でした!
     あれもいい、これもいい、と目移りというか耳移りというか(笑)
     珍しいオケ編成になっていたので、nojitaさんもご興味ございましたら是非~と。ライブでないので耳にも優しいですし。
     ペルソナもライブはやっておりますが、オケ版も凄く良かったのでそういう形式でまたあるといいですね~。

     自分もファルコムさんのコンサートに期待しているのですが、ライブ形式ばかりですな~。やはり専属というか起こしたバンドさんがいると、そちらも考慮すると、なんでしょうかね。
     絶対あれもこれもオケ版で聴いたら涙腺崩壊だろうという曲いっぱいですし、いつか叶って欲しいです!

     twitterすみません!!!!
     本当に奇声ツイートする時はそんな感じなので、リムーブやミュート等を駆使して下さって構いませんので!!
     いやはやnojitaさんのブログ外での呟き、とても嬉しいので今後共じっくり宜しくお願い致します!

  7. ハク | URL | -

    >マリさん
    間違えました
    友人が購入したのは3DSの方でした
    私の願望は「私もやりたいからWiiUのやつを誰か買ってくれ、対戦しようぜ」というものです

  8. マリ | URL | 1JkepbtE

    ハクさん

     ご丁寧にありがとうございます!
     では本当に土曜日に発売だった方の最新作のものだったのですね!
     どなたかがWii U版を購入されて対戦しようというものでしたか! あれは一つあれば皆で対戦出来るものという認識で良い感じですかね?
     皆でやると更に盛り上がるゲームなのだな、とわかりましたよ!

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)