閃の軌跡2 プレイ日記2

2014年11月01日

netabare.jpg
sen27.jpg

 ああああカイエン公!!! 島田さんというのが発表になった際、真っ先に浮かんだのはヘムヘムでしたがどなたかカイエンハムハムとかそういうパロをですね以下略。

 あまり詳しくは書けないですが、最初からテンション上がることが多くて既にここがEDだ…な勢いでございます。楽しいですねぇ。


 以下、軌跡シリーズ全てのネタバレを含むので追記に。
 第1部~12月4日まで。





第1部 灰色の戦記

12月1日

 テオが意識不明の重体の中ではありますが、ユミルを出発することになりました。

sen212.jpg

 バドが可愛いですよね! アントワーヌともこうやってスクショ撮りたいです…。
 名残惜しいユミルですが、なんとまぁ内湯に入れるそうで入ってみたところ…

sen213.jpg

 これってつまりはパーティメンバーであれば一緒に映るということですよね!!!? どうして、どうしてこういう時に限ってパトリック坊ちゃまもカイエン公もオーラフもPT入りしないんですか(号泣)という感じでしょぼくれました…トヴァルさんが拝めたのでありがたいのですがね!!
 パトリック坊ちゃま…しかしエリゼがあれだけ剣振るえるのはでも知らないままでいてほしいなぁという気持ちも(笑)

 さて、クロチルダは恐らく別の目的がということですが帝国で結社がすべきことと言えば、減塩計画の焔の部分でしょうか。騎士団とドンパチあるだろうと碧で言っておりましたがそれがあるだろうと楽しみにしているのですがね!! どうなのでしょう!
 
 そしてヴァリマールがⅦ組の他のメンバーの居場所をざっくり教えてくれました。ケルディックとノルド、レグラムに三名ずつ分かれているようですね。
 更にこのヴァリマール、”古の移動手段”ということで”精霊の道”を通って瞬間移動的な形で移動出来るのです。すんごい便利ですが、この移動方法をクロウが知らないとは思えないですし、このことをカイエン公などには喋っているのかいないのか。個人的には話していなさそうだなぁとも。
 しかしこの石碑近くで霊脈がということなので、リィンはそういう関係なのでしょうか?



 いざケルディックに着く訳ですが、ロジーヌに早々再会出来て嬉しい半面、ロジーヌは前回も隠しクエストありましたしただのモブにしては何かありそうな気がするのですが、わざとそういう風にしているのか…。

sen214.jpg

 更に気になって気になってしょうがなかったアントンがいるではないですか!!! まだリックスとは会えていないようですね…。リックスが簡単にどうにかなるとは思っていないのですが、早く再会を見たいものです。
 しかし軌跡シリーズはアントンとリックスも裏の主人公並ですよね!
 
 現在はガレリア要塞で派手にドンパチやっているらしいですが、どう考えても第四機甲師団でしょう!! 我らのオーラフが頑張ってくれているに違いないと!! 一刻も早く駆けつけたいわけですが、そうは問屋がおろさないと。
 現状として、レーグニッツ知事も逮捕され、最前線で噂のオーレリアとウォレスが動いているというのが帝国時報で判明しました。レーグニッツ知事はルーファスともトールズの理事繋がりだけでなく、色々と話も出来るいい関係でしたし、この辺りも気になる所ですね。ルーファスが本気で貴族の世というのを望んでいるという風にもあまり感触として自分は感じず。そういう風に取れるような発言はしておりましたが、どこまでが本心なのかさっぱり見えないです。

 そしていよいよチェスと言えば! な彼に出会うのですが…

sen215.jpg

 ………狙ったわけでは決して無いのです。が、どう見えもまずい図になりましたね(笑)こういうシーンがあるとは想像していなかったのでそのまま水着ですよね。ノリで着せているのでこのまま全員水着で行こうと思います!

 さて、あの絶体絶命のピンチからどうやって彼らが生き延びたかと言えば、なんとあのあとカレイジャスが来たとか。ヴィクターが、まだここは斃れる所ではないと言う事を言い、三人ずつで逃げることに成功出来たようで。その代わりカレイジャスの行方はまだ分からないようですが…。カレイジャスにもメルカバくらいのステルス機能付いているのでしょうかね? それくらいですと早々把握されなさそうですが、それでも結社は把握してそうです。
 また、やはりガレリア要塞で奮戦しているのは第四機甲師団であると!!!! 今すぐに駆けつけたいです!!

 ケルディックでの聞き込みをするに辺り、マキアスは眼鏡を外しました。前作で寝るときも外さなかったマキアスがついに!! と思うと感慨深いです。

 というわけでクエストを済ませたあとは、定時連絡を待ち、いよいよ再会になりました。

sen216.jpg

sen217.jpg

 なんでしょう、エリオットとフィーなので可愛さの方が勝るお陰か、誰かさんが水着でも全然おかしくないですね!!
 それにしてもやっぱり再会シーンっていいですね! ああいう別れ方をして、皆生きているとは分かっていても会うまでは不安というか。他の皆との再会も待ち遠しいです。
 というわけでいよいよガレリア要塞へ! この先どうするかというのも考え、向かいます。しかしながらガレリア要塞はキーアの力によって壊滅になっていると…。碧をプレイしていた当時、「ガレリア要塞に行きたい!」というのが前作でも叶いましたし今作でも叶ったことが嬉しいです。



 双龍橋は厳重な態勢をしていますが、この年頃の集団が近付いたらさすがにバレそうな気もしますが、そこはまぁゲームですしね。
 そういえばここで隠しクエがありましたね。アルベールさんを追って街道を遡ったら無事にクリア出来ました。
 さてさて、ここの待機場所ではデマは横行しているは許可証を持っていても待たされるわと散々な様子に。しかしここで思わぬ助けが入るのですが…

sen218.jpg

 ここは公式で掲載されたので大丈夫かと思い載せましたが、トマス教官ですよね!!?
 メガネでいい人で、さり気なく色々な所で登場するという非常にラスボス候補な御方でしたが、味方に見えます。が、一体どの勢力に属しているのか。結社なのか、騎士団なのかというのが浮かぶのですが、それとも他なのか…。

 というわけで無事にガレリア方面に行けたと思いきや、やはりバレておりましたよ…。しかも西風の二人組にとは…。
 さり気なくトヴァルさんの昔やっていた仕事の話題が出て、シリーズファンは思わずニヤリとするところでしょうか。あれはどこまでが本物の話なのでしょうね!! 気になります!!
 そんなこんなで一刻も早くオーラフに!!! というところで、地霊窟という以前はなかった建物が出来ておりました。あからさまに怪しいですし、セリーヌも今は話すつもりも無い所から言って非常に重大そうなものですが…。
 しかもここはまんま旧校舎内ではないですか! と思いつつ進んでいけば、同じような紋章があり、ますます怪しいと。クロスベルは錬金術関係でしたが、帝国は精霊や魔女など絡みなのでしょうかね。精霊や魔女などの所謂言い伝えに非常に重大な意味を成すものなのか。

sen219.jpg

 突然リィンの頭に流れ込んだ映像ですが、これはもしや本物の獅子戦役なのでしょうか? 青年とはドライケルス帝なのでしょうか? ドライケルス帝ゆかりの地であるトールズの旧校舎絡みとなると、幻焔計画の焔の部分は帝国で獅子戦役の再現をすることがキーになるのでしょうか。妄想ばかり膨らみます。



 オーラフーーー!!! と思いきやまだまだまだでした(笑)

sen220.jpg

 しかし悲惨ですね…かつての威厳が残っていないガレリア要塞です…。帝国から見たクロスベルの結界もこうなっていたのか、と思うと凄いです。
 オーラフはどこ!!!? と思っていれば西風が来てしまいましたよ。ああ、磯部さん…! となりながらゼノたちと戦うことに。こりゃ~勝てないですわと思っていれば途中で強制的に打ち切りでした。2周目では倒せるのでしょうか?
 その後領邦軍も来てしまい、ヴァリマールでの戦いに。しかしこの一連のシーンを見ると、一瞬別のゲームに見えますね。リベールからトロイメライで参戦したい…なんて考えていれば…

sen221.jpg

 待っておりました待っておりました待っておりました待っておりました!!! いよいよ登場で! 既に自分の心はクライマックス! という感じですが、いやはやさすが第四機甲師団強いですね。ここまで持ちこたえているのも凄いですが、尽く追い返していると。
 一体主力部隊となるとどんな強さなのか…。と思っていればクレアがなんと狙撃で更に撃退してくれましたよ! 個人的な感想ですが、前作はクレアは優秀な人な割に後手に回る事が多かったように見受けられたので、今回で汚名返上という感じでしょうか。これからの活躍が楽しみですね!

 しかしここで非常に気になることが2点…

 ・前作では”最強の打撃力”と評されていた第四機甲師団が師団として”最強”のような評になっている
 ・領邦軍撤退時、隊長格が一番最後に逃げておりましたが、それってどうなのか

 下はまぁゲームなのでそれほどツッコミするのはあれなのですが、基本的に先に隊長逃がして後ろの様子を部下が伺いつつ撤退ってなものですよね…? 撤退と言われて隊長置いて逃げるというのはこれは領邦軍がそれだけあまり統率が…という表現なのでしょうか? あれじゃあ後ろから隊長狙い撃ちではないですかねぇ。
 そして突然”最強”になった第四機甲師団。
 前作でも強いとは言われておりましたが、最強の打撃力を誇るのが第四でした。第三や第七なども有名であり、どこが師団で最強というのはなかったものの2でいきなり”最強”と言われるのですよね。何があったのでしょうか…。
 しかも何故かオーラフはCV表記出ないですしね…。このシーン西風といい、磯部さん無双ですよ!

 ツッコミはこの辺りで置いておきまして、この辺りはスクショの嵐過ぎてとんでもないですね!! いいぞもっとやれ! という感じですが、トヴァルさんもイメージと違う姿を見ての様子がツボでした。

sen222.jpg

 愛息子に逃げられる猛将なんて最高ではないですかー!! 本当可愛いです!
 前作の時にアンケートでオーラフに顔グラとCVを!! と書いて送ったのですがCVついて本当に嬉しいです。


 さて、第四機甲師団の臨時拠点ですが、これはクレアたちの協力もあって作られたようですね。そして未だに姿を見せないナイトハルトですが、やっと先日通信で連絡が取れたようです。無事なようでよかったですね!
 そしてオーラフの所で今後どうするのかと決めるリィンたちですが、現時点でⅦ組が揃っていないことで決められないと。Ⅶ組は貴族派でも正規軍の味方でもなく、オリヴァルトたちが目指す第三の道に行くのでしょうか? この理念やどうしたいのかというのが2で明らかになることを楽しみにしていたので、待ち遠しいです。

 さてさて、ここからが楽しい楽しい第四機甲師団のまとめですよ。軍部好きにとってはもうヨダレで溺れるのではないか、というくらい楽しく過ごさせて頂きましたというかこの臨時拠点を拠点にしようよと思うくらいには(笑)

 「第四機甲師団」
 ”最強”の部隊。最強の打撃力を誇る部隊。
 大量の戦車を有する大軍団なため、補給線に弱い。

 師団長:オーラフ・クレイグ中将
     《紅毛のクレイグ》と言われる帝国軍きっての猛将。獅子奮迅な豪快な用法を用いる。
  部下:ナイトハルト少佐
     士官学校でミュラーと同期で若手双璧と言われる。ホープでイケメンなので絶対出世するとモブに言われるほど
     キスリング大尉
     普段優しいが、意外と怖い
     ガウル大尉
     キスリング大尉とライバル関係に見受けられる。エリオット君、呼び。ノリがよく熱い
     ロキ少尉
     保安担当。遊撃士があまり好きではなく、規則に厳しい
     アーベッカー准尉
     備品確認をしている
     エマンズ曹長
     エリオット君呼び
     ウィルジニー戦車隊長
     ピンク髪の女性。エリオット呼び。スパナでケツを叩く等、見た目は可憐だが熾烈。オーラフ直属の本隊所属であり、一番優秀な戦車隊長。戦車の事になると凄くうるさい

   兵士:ブロッケン(エリオット殿呼び)、セラフィ(看護等担当しているが、元は第五機甲師団でありその生き残り)、マルワール(本日の調理担当。である口調)

 本当リベールもこのくらいやりましょう、やってくださいレベルで軍部天国ですね。ここから移動したくないです…
 あとここにはムンク君おりまして!! よかったですが、ラジオがあれなので撃沈中ですね…元気だして欲しいです。

 
 クレアが仲間入りとなり、ユミルへと一旦戻るのですが、ここでオーラフとエリオットにとってとてもよいシーンが。
 オーラフはそれでも士官学校に入れたのは間違いではなかったと語ります。一旦音楽から離れることによって気付けるものもあれば、音楽だけでは得られないものも沢山あったと思います。それらを分かっていて絶対に士官学校だと言ったのか。それはオーラフにしか分かりませんが、エリオットも今では怒ってはおらず、心から感謝していると。
 これら全てのことが解決したあとは音楽の道も許すとついには! まだどうするか分からないようですが、きっといざこざが片付いたあと、エリオットにとってよい道が自然と見えてくるのだろうな、と思っています。



12月4日 ユミル休息1

 トヴァルさんと真っ先に絆を深めたのですが…

sen223.jpg

 ニヤリとしますよねぇ。ある出会いたぁあれですよねぇ。本当どこまでが事実なのか教えてください!! むしろあの人が死んでしまう所以外は事実なのでしょうかね。

 さてここで評価が出たのですが、途中すっ飛ばして進めた時に取りこぼしが沢山あったのでしょう、Aでした。ですが第四充出来たので悔いはないです!!
関連記事
スポンサーサイト


コメント

  1. 3倍 | URL | -

    おつかれさまです!
    すさまじい眼力のオーラフキター、そしてお約束の別人オーラフキターってことでw
    オーラフ(第四)充出来たようで良かったですね。
    しかも流石マリさん、軍部好きには欠かすことのできない士官名簿を作成するとはわかっていらっしゃる。これ、継続します…よね?(他力本願すみません)

    閃の軌跡Ⅱから軍関連の新キャラや名無しから昇格したキャラなど居ますが、中でもウィルジニー戦車隊長、もうこれはツボに入りまくりの女性士官様であります!

    マキアスがエリオット君とフィーと連絡を取り合っている時の掛け合いが楽しかったです。マキアスがリィンのマネをしているんじゃないか疑惑とか、フィーがエリオットのほっぺをつねって夢じゃないとかw

    気になる点については…
    一般には”最強の打撃力”と謳われてはいるが、師団としての総合力も実は最強(恐らく僅差なのでしょうけど)なのではないか?と勝手に思っています。一見して打撃力が目立っているので世間ではそのように言われてはいますが…
    まあとにかくあの眼力であの仁王立ちはだれにも真似できないのではないかとw

  2. ハク | URL | -

    水着アクセはそのままお風呂に入れるんですね
    それにしてもマリーさんのスクショは何故か常に肌色が多い気がします
    気のせいでしょうか?(笑)

    >島田さんというのが発表になった際、真っ先に浮かんだのはヘムヘムでした
    へぇ、そうなんですか
    つまりカイエン公が「これはヒドイ!笑い事じゃないですよ」って言うんですね
    ……ギリギリセーフかな?

    少しネタバレですが、リィンが自分から抱き着くのはマキアスだけです
    そして、マリーさんの前回の記事で学院を離れる際の回想は閃Ⅰで攻略したキャラになるとわかりました
    あのセピア色の回想がマキアスになったとして
    リィンは裸で抱き着いて
    それはもう……ガチじゃないか……(震え声)

    それよりも心が汚れている私にはフィーの方スクショが余裕でアウトコースに見えてしまって……
    これ、絶対入っ<禁則事項です>

    >・前作では”最強の打撃力”と評されていた第四機甲師団が師団として”最強”のような評になっている
    今作は組織とキャラの強さのランク付けがぐちゃぐちゃになります
    ラウラパパがある人に「この上なく強い」と評されますが、ラウラ曰くユン老師はそれ以上の強さ
    じゃあこの上あんじゃねーかよ!という感じです
    他にも色々な肩書を持ったキャラが出てくるので、以前ほどわかりやすくアリアンロード最強に次いで《剣帝》と《風の剣聖》、だが総合力だと《剣聖》といった感じにはならないみたいです

    >・領邦軍撤退時、隊長格が一番最後に逃げておりましたが、それってどうなのか
    殿は私が務める!!ってことじゃないですか?
    船長は避難するの最後だった気がしますし
    あとは、まあ組織の規定によりますかね

  3. マリ | URL | 1JkepbtE

    3倍さん

     お疲れ様です!
     軍人モードとエリオットモードのオーラフがこんんなにも早く拝めるとはありがたいものです。本当に第四機甲師団充出来て幸せですよ~!!

     >これ、継続します…よね?

     モチのロンですよ!!!
     既に第三機甲師団も作成終わっておりますので、後は投稿するのみでございます。第三が物凄く熱いので(第四もですが)ハッスルしております!

     ウィルジニー戦車隊長はこれただのモブではない! という感じでキャラクタ出来上がっていますよね!!? しかもピンク髪ですし。
     スパナでケツ叩かれ隊作らねば(笑)

     マキアスたちの定時連絡の部分、二人らしくて可愛かったですよね! しかもエリオットのほっぺつねるんかい! と、ああ、二人らしいなぁ生きてるなぁというのを実感しました。

     気になる点についてもありがとうございます。
     ということはやはり師団としても僅差でも最強ということになったのですね!! 確定したということで、前作ではまだこの辺りの設定出来上がってなかったのかな…? などと考えてしまいましたよ(笑)
     さすがに生身で総大将自ら戦車に乗って登場ってのは他でもなさそうですよね(笑)
     そんなオーラフと第四が好きです!!!

  4. マリ | URL | 1JkepbtE

    ハクさん

     そいつぁ勿論拝むなら筋肉ですからね。二次元でもないとこんなに常に拝むことなんてないですからね。筋肉万歳!! もっとガチムチでもいいんですけどね!

     しまった…
     >つまりカイエン公が「これはヒドイ!笑い事じゃないですよ」って言うんですね
     このネタが分からずうまく乗れませんハク様! 申し訳ございませぬ!

     ということはつまり最初に出会えたというのもあって感極まって、なのですね、抱きつき。
     これもうマキアスで引き継ぐしかないではないですか…!! ちょっとファル学のエマさんが薄い本を描いてしまう勢いで…

     ピー! 禁則事項です!!(笑)
     しかしそれでああなったらとんだラッキーどころかなんというか最早お笑いに見えてきますね(笑)

     なるほど。今作は強さのランクが定まらないのですね…。
     この上なくなのにこの上あるとか確かにツッコミどころ満載ですね。剣の腕も公式でカシウスよりはレーヴェの方が、総合力ではカシウスという風に、もう少しだけ明確になってほしいですね。
     まぁ僅差というのと較べるのが難しいというのはありますが、第四について、前作ではそこまで設定決まってなかったのかな、などとちょっと思ってしまったので、ヘタすれば剣聖たちもランクがまた変動ありそうですね。

     殿を務めるタイプという発想はなかったです!
     そうですね、船の場合はそういうのもありますし、領邦軍のこの組織だけ殿は俺に任せろ系だったのかもですね。この手のツッコミはまぁゲームだし、とも思うので野暮かもですが少々突っ込んでみました。ご意見伺えて嬉しいです。

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)