閃の軌跡2 プレイ日記6

2014年11月09日

netabare.jpg
sen28.jpg

 実はレク・タ~~~ランドールの森田さんの声はドラマCDでしか聴いたことがなく、ゲームではこれが初です。まだ出会っていないですけど。ファルラジでも聴けましたし、今年はレクターも美味しいですねぇ!!

 さて、基本的にプレイ日記はその都度メモ帳に打っているので、その時に思ったことなどはそのまま書いています。
 今回は前半若干厳し目に書いたのですが、後に、「なるほど、こういうことだったのか!」というのもあったので、やはり進めるのは大事だなとも思いつつ、せっかくなので当時思ったことはそのまま消さずに取ってあります。
 若干厳し目な部分もありますので、そういうのが嫌な方はお戻りになられることを推奨します。

 改めて見返すとスクショが肌色か紫というある意味統一感あるな…というプレイ日記になりました。


 以下、軌跡シリーズ全てのネタバレを含むので追記に。
 2部~12月18日最後まで。






第Ⅱ部 紅き翼~目覚める獅子たち
ノルティア州上空

 トワとジョルジュとも再会し、これまでのカレイジャスの動きを話してもらいました。どうやらあの時トールズで助けられたのは、帝都占領直前にカレイジャスの遊撃を開始していたからだとか。貴族連合の動きを察知し、そのまま駆けつけたようですね。それ以降はバレぬように各地を色々と。その間学院長などとも連絡をとったりしていたようですが。
 ちなみにミュラーは別行動をしていて、第七機甲師団で西部を独自に動いているようです。《神速》の第七機甲師団ですね! ナイトハルトも連携しているようですが…。
 西部はハイアームズとカイエン公が治める州ですが、かなり被害が凄いようで。更に正規軍の主力である第四と第三は東部に追いやられていてという状況に。中々厳しいですね。

 というわけでここでⅦ組が成すべきこと、目的を改めて話し合い決めるのですが、これまた全然決まってないですわ! byデュバリィ
 これは前作から謎だと思って書いていたのですが、現状をよくすること、それの手伝いが出来るのが第三の風である自分たちであるというのが何度か出てくるものの、その”現状をよくする”というのがどういうことなのか分かりません。内戦を終えて帝国に平和を、というのは分かりますが、だからこそどうしたら帝国が平和になるのかが分からないのです。
 貴族派でもなく革新派でもない帝国とはどのようなものなのでしょうか。さまざまなわだかまりはどうやって解決するのでしょうか。

 勿論リィンたちはⅦ組としての団結力は更に強固なものになり、今までとは比べ物にならないくらいというのはよくよく分かります。その上でも影響がないかのように進んでいく内戦などの対比は面白いなとも。

 そしてリィンたちから出てきた目標が、学院を取り戻し同じ学院の仲間を集めることですが、学院を得て正規軍や領邦軍と渡り合える地盤や人数などが欲しいというわけではなく、大切なあの場所を取り戻したいというのが動機なのですね。これはどうなのだろうかとふと考えたのですが、しかしながら貴族派あるべき帝国の姿を取り戻すため、正規軍も同じように皇族の方を取り戻すためにやっているので、この内戦は三者それぞれ何かを取り戻すための戦いなのかと思い至りました。こういう戦いだったのですね。
 が、それと内戦を終えて全員が手をとって帝国を平和にとどう繋がっていくのか。この辺りがどうなるのか気になります。

 あとは今のところ貴族派や正規軍がそれぞれの思う国のために戦いをしておりますが、平和を願いつつしかしながら学院をという第三勢力が持ち上げられているというのは少しだけ不思議ですね。もちろん、どちらにも納得出来ない人が第三勢力に希望を託すというのは分かりますが、今のゲーム内の描かれ方ですと、正規軍もそれほど悪いことはしていないですよね。(これは正規軍ファンだから擁護という意味ではないです)なので、もう少し会議などでどっちに付いて鎮圧させるのがどう良くてどう悪いのかという話があってもよかったのではないかな、とは思います。
 せっかく貴族生徒、平民の生徒、外国の生徒がいるⅦ組なのでそれぞれの意見ももっと深く見てみたかったです。ここは貴族制度のある帝国ならではの拝めるものかな、とも。


 トヴァルさんたちもここで離脱となってしまいますし寂しいです…このクイックキャリバー、リベールのマックスに届けたいのですが(笑)

 そういえばオズボーンもトールズ出身ということで、主だったキャラクタが皆トールズ揃いとなって凄いですね!
 ここでやっとこさ宰相の遺体が消えてなくなったという話が出てきます。レクターが動いているのだろうな~とは思うのですがどうなのでしょう。どうやって復活劇を見せるのかが待ち遠しいです。



12月15日 帝国東部巡回1

 ミリアムと話すと、”黒の工房”についての話題が出ました。どうやら情報局経由で連絡取っていたようですが、ここ一年は連絡がぷっつり途絶えているとか。とんでもないものを作っており、宰相を撃ったライフルもそこ製ではないかと。
 暗殺用ライフルを依頼されていたから連絡途絶えていたのか、はたまた何もないのか…。

sen250.jpg

 ゼンダー門も第四の拠点にも行けるだなんて!! と、テンションあげていきますよ!!
 あの差が激しいフーバーが内戦はここからが激しくなるだろうと言うことで、覚悟しておかねば…という気になります。
 しかし第四機甲師団を連絡がついたというのは朗報ですね!! 共に匹敵する実力ある機甲師団同士ですし、これからが楽しみです。

 機甲師団のまとめは新情報があれば随時追加していくという形を取りました。

 「第三機甲師団」
 元々サザーランド方面にいたものの、リベールの異変の際に宰相に目をつけられゼンダー門へ飛ばされた精鋭部隊。
 高度な連携戦術を誇る精鋭部隊であるため、通信手段が無くなってしまうと長所が生かせない。
 また、拠点防衛は正規軍でも第三機甲師団に勝る部隊はそうあるまいとも言われる。

 師団長:ゼクス・ヴァンダール中将
     《隻眼》のゼクスと呼ばれる、帝国軍五本の指に入る名将。どんな任務も必ず遂行し、必ず部下を生還させることで彼に勝る用兵家はいないと言われる。
     第三機甲師団に所属する者たちに、戦術が半端ないと言われる。
     ミュラーの叔父にあたり、リベールの異変の7年前にオリヴァルトに武術と兵法を教えている。

  部下:ライエル少佐
     前作でも今作でもゼクスの隣によく居り、作戦を伝えたりするので右腕的存在と思われる。
     サマリー准尉
     腕がいいがドジを踏むミントに振り回される。「ば、馬鹿者~!」
     監視塔に行ったりもしている。
     オグラム曹長
     フーバー戦車隊長
     若干口が悪かったりノリが軽かったりと、部下に「相変わらずですね」や「もう少し戦車隊長の自覚を持って欲しい」と言われたりするが、締める所は締め、腕も確か。ライエルにはしっかりと敬語。
 どうしてもやりたいと言い、戦車隊長なのに歩哨をする。元同僚であるハルトと交換してもらった様子。

   兵士:サージェス、ボルト、ハルト(よくフーバーにツッコミをしているが、元同僚である)、ザッツ(元監視塔勤務。戦車等に詳しく、ナハハ! と特徴的な笑い)、マニング、マーシュ
      ザッツとマニングは呼び捨て同士であり、監視塔で亡くなった露庵とは同郷であり、彼の恋人も知り合い。内戦が終わった際には彼女に形見を届ける予定がある。

 なにげに12月6日の正午には西部でオーレリアとウォレスが1週間の激戦を繰り広げていたことも分かり、やっとやっとやっとミュラーの声も聴けましたよ!!!

sen251.jpg

 本当に嬉しかったです!!!! ミュラーとはいつ出会えるのでしょう。またパルムとはパルム市に縁がありますねぇ。
 というかパルム市の戦況次第によってはハーケン門のモルガン将軍がピリピリしていそうです。


sen252.jpg

sen253.jpg

 キスリングとガウルはライバルっぽいな~と思っていれば本当にライバル同士だったのですね!
 少しばかり毛色が違いますが、同じ士官学校出身で武闘派と頭脳派のライバル同士と言えばユリアとカノーネがいますね。熱いです!!!!
 それにしても第四もやっぱり戦車隊長個性的ですよね。今回はウィルジニーはとても軍人でしたし、フーバーと言い彼女といい、戦車隊長は一癖も二癖もある者がなるのでしょうか。
 これから内戦が激しくなるとありますし、無事でいてほしいですがどうなるのか。ああああライエル!!!!


 軍部ざんまいを終えてノルドに向かうのですが、ここでも魔煌兵が出現し、しかもあの巨像の前ということで減塩計画ではこれらが壮大にドンパチやり始めるのでしょうか…。

 さて今度の助っ人はラカンだったのですが…
 とんでもなく強いです!!!! ノルド最強らしいですがこのラカンよりもウォレスは上を行くということで、軌跡シリーズ強さシリーズの公式設定欲しいですよこれは。
 ここで気になるのは魔煌兵にも”核”があり、自己修復出来ると。これは騎神と同じですよね? 魔煌兵が原型なのでしょうか?

 ひとまず一息…なんていう所で物語はまた動き始めます。どうやらフィオナが人質にされ、これまたアルバレア公の独断とか…。またまたユーシスにとっては心を抉るようなことかもしれませんが、ここで冷静にエリオットがそれでも軍人としての決断をするはずと言うのが印象的でした。
 というわけで必要以上に貴族派を攻撃せず、正規軍に介入しないで救い出そうと!

 この辺りでLv100のボスを倒し、ロストアーツが使えるようになりました。Lv80くらいでどうにかこうにかでした…



12月17日 双龍橋攻略

 猟兵団絡みでサラも何かあるのでしょうかね。
 というところで正午辺りについにオーラフが!!!!

sen254.jpg

 ついに主力ですか!! というのと、最初の部分の声がミュラーっぽいとも思いつつ非常に荒ぶりましたよ!!!

sen255.jpg

 これはもう格好良いの一言ではないでしょうか。とんでもなく格好いいです。オーラフにとっては最愛の奥様との大切な宝物でもある子どもたちでしょうし、その一人をと思うと身を切るような思いでしょうが、まぁ覚悟も決めてこそオーラフというかなんというか!!
 第四機甲師団の部下の方々はやはり戸惑っているようですね。戦局は変わっても後味悪いでしょうし…。

sen256.jpg

 しかもまたまたフードの男が!!! 一体どの勢力の人間なのでしょうか。騎士団なのか結社なのか別なのか…。しかも保険ってどういうことかと思えば…

sen257.jpg

 なるほど! ここでだったのですね!!
 散々怪しいと言っていましたが、いざ出るとなると別段普通にも見えてくるので、いやでも最後まで分からないのが軌跡で(笑)

 クレイグ姉弟の仲睦まじい様子を拝みつつ、本当にいいなぁと思っていればこの勢いで制圧と。
 現在は領邦軍は防衛に向かないケルディックを更に下がり、バリアハートで二重三重防衛戦を張っているとのことです。

sen259.jpg

 いい雰囲気の最中、コホンと言うのが中将らしいなと思いつつ、そういえばフィオナさんには勝てないからこそ誰が相手でもそこまで言わないのかなとも思いましたがどうなのでしょうね!? ナイトハルトはサラともいい感じですし、羨ましいですわ!!!
 そして奇妙な導きということで、フード男の正体を彼らが知る日が待ち遠しいです!

 さて、ここまでやってやっとこさ”第三の風”の意味が自分なりに分かりました。前半若干厳しく書いたのですが、こういうことだったのですね!
 今回は正規軍に加担したとすれば、フィオナの命は無かったと。他の国であれば遊撃士がそこを救うのが役目ですが、帝国では遊撃士の力は限りなく抑えられてしまっている現在、そこを第三勢力が救うというものなのですね。遊撃士の代わりと言ってはあれですが、近いような理念なのでしょうか。
 それこそオリビエがリベールで見てきたこと、士官学校のⅦ組に託したかったことがこういう形で実を結んだのだな、とやっと分かりましたよ。帝国で貴族派と革新派が争った時に、それをどうにか仲裁出来るような中立の立場が欲しかったのですね。貴族派の誇りも革新派の誇りも保ちつつ、それが保てるような第三勢力を築きたかったのか! と分かりました。
 こうやって見せていく部分だったのですねぇ。前半は失礼しました。この勢力が大きくなれば、帝国での遊撃士の地位もまた復活すると思いますし、そういう意味も込めてなのでしょうかね。
 


12月18日 ケルディック寄航日

sen260.jpg

 どっちの大尉なのですか!!!? と鼻息荒かったのですが、軍部ファンとしてはここはガウルかキスリングのどちらか予想だろうと思い、こういう所は物腰柔らかいキスリングだろうと思って歩いてた所…

sen261.jpg

 ビンゴです!!!!
 閃2はこうして軍部に沢山出会えるので最高ですね!!! たまらんです! いやはややはりこういうのはキスリングですよね、と。

 「第四機甲師団」
 ”最強”の部隊。最強の打撃力を誇る部隊。
 大量の戦車を有する大軍団なため、補給線に弱い。

 師団長:オーラフ・クレイグ中将
     《紅毛のクレイグ》と言われる帝国軍きっての猛将。獅子奮迅な豪快な用法を用いる。

  部下:ナイトハルト少佐
     士官学校でミュラーと同期で若手双璧と言われる。ホープでイケメンなので絶対出世するとモブに言われるほど
     キスリング大尉
     普段優しいが、意外と怖い。ガウル大尉と同じ陸軍士官学校出身。頭脳派であり、当時からガウルとよきライバル。
     ガウル大尉
     キスリング大尉と陸軍士官学校時代からよきライバルであり、武闘派。エリオット君、呼び。ノリがよく熱い。
     ロキ少尉
     保安担当。遊撃士があまり好きではなく、規則に厳しい。軍務にどこまでも忠実。
     アーベッカー准尉
     第五機甲師団の生き残りで最も階級が高いため、第五は自分がまとめねば…と誓っている。
     エマンズ曹長
     エリオット君呼び
     ウィルジニー戦車隊長
     ピンク髪の女性。エリオット呼び。スパナでケツを叩く等、見た目は可憐だが熾烈。オーラフ直属の本隊所属であり、一番優秀な戦車隊長。戦車の事になると凄くうるさい

   兵士:ブロッケン(エリオット殿呼び)、セラフィ(看護等担当しているが、元は第五機甲師団でありその生き残り)、マルワール(本日の調理担当だがだんだん料理人としてと言い始め、私物の鍋を持ち込む情熱を見せる。である口調)、ノッカー(ケルディックに詰める。フィオナは第四皆に慕われていると言う)

 兵士のノッカーが新たに出現したので加筆しました。

 ケルディックはなんとアルバレア公の統治から外れたようです。これは物凄く大きな出来事ですよね。これからこういう風にどんどん統治から外れる部分なども出てくるのでしょうか。

 絆イベントも色々と堪能しまして…

sen262.jpg

 これは水着はやばい…と思ったり、サラが酒を飲むようになったその酒が似合うオジサマってどなたですか!!!? となったり。遊撃士だった場合、ダンディなオジサマと言えばカシウス・ブライトしか浮かばないのですが、どうなのでしょう。あの方酒もよく飲みますし。

 さてしばしの休息でリフレッシュで、第四機甲師団も満喫出来たし、さーライエル待っててくれーーというところで…

sen263.jpg

 ここで正体判明ですか!! 声でモロに分かる感じでしたが、ここは声をいつものあのキャラの声に変える辺りの松本さんの演技っぷりが最高でしたね~!! しかもあっさり仲間入りしておりますが、正体まだ何か隠してませんか!!? と。ただのメガネじゃないでしょうあなた!! という感じですが、どうなのか。

 ここでも無事にSを取れましたが、今回は最初の方をボロボロ落としているので最高ランクは厳しいかな、と。



 おまけのライエル

sen264.jpg

 そういえばここ数ヶ月等身高い方の絵を描いていないと思い、ライエルを描いているのですが完成するのでしょうか…いつものごとく顔だけですが、暫く描いていなかったのでどうやって描くんだっけ…? と(笑)
関連記事
スポンサーサイト


コメント

  1. 3倍 | URL | -

    ラカン強すぎてびっくりしました…ノルドの民はやはり侮れない…

    そしていつもありがとうございます!
    軍情報更新ほんとうにありがとうございます!
    そしてそしていつもお任せですみません、しかもなお勝手ながらコピペして保管しております(汗)

    前に書き忘れてしまった注目すべき点ですが、”エリオット呼び。(エリオット君呼び)”ですね。さすがマリさんです、抑えておくべきポイントをよく認識しておられる。師団長の息子だとはいえ可愛がられている様子がうかがえますね。ウィルジニー戦車隊長には一日中戦車うんちくを語っていただきたいです。

    そしてですね、双龍橋攻略戦、なんともテンションが上がるシナリオ展開なんでしょう。オーラフ再びというのもありますが、アレですよアレ、凸と矢印で陣地と侵攻状況を表現する戦況マップです!ああいうの好きなんですよね~

    ところで貴族と平民っていう図式なんですが、帝国編ともいうべき閃の軌跡ですから重要なテーマじゃないかと自分では考えています。ユーシスが合流するエピソードにちょっと物足りなさを感じたのはそこなんですよね、せっかく前作でユーシス自身の貴族としての振る舞いについて語られていたりバリアハートでの評判とかちょこちょこネタを植え付けてあったので…Ⅶ組としてという部分を強調させたかったのかもしれませんけどね。

    ナイトハルトとフィオナもそうなんですが、あちこちでサイドストーリーに花が咲いているのも閃の軌跡の楽しみの一つですね。サラのお酒の相手が気になる…カシウスってのはアリそうですね。

    最後にビックニュースじゃないですか。
    ライエル少佐の絵をお描きになっていると!?
    こちらも楽しみであります。

  2. ハード | URL | .lZZYl.k

    軌跡シリーズ強さの公式設定は確かに欲しいですね。

    双龍橋攻略はあつい展開でしたよね!
    かっこいいクレイグ中将の姿なども見れましたし
    個人的には大満足でしたね。

  3. ハク | URL | -

    ゲームとは、主人公……つまりプレイヤーが正しいと思った行動ができるようになっている
    そして、シナリオは常にプレイヤーが正しいと思った行動ができるようになっている
    一般的なシナリオが対立する両勢力に対して投入するのは、常に和解という理想
    脇役貴族が無駄に偉そうだったり
    領邦軍の無能率が高かったり
    罪もない人々を貴族が苦しめていたり
    かといって正規軍に加わって内戦に参加?
    いやいや、彼らは軍人じゃありません、子供です
    それに軍人じゃ自由に行動できなくなるじゃありませんか、それはナンセンス
    ……ならば、中立しかあるまい
    プレイヤーの正義を存分に振るえる立場に立たせるしかないではないか!!

    という閃の軌跡のシナリオをガン無視した思考で固まっていたので、ここらへんの話を深く考えてなかった私
    正直、リィンたちと正規軍の意志は同じに見えるので、全面協力してないのが今でも不思議に感じています
    最終的には、強きを挫き弱き助ける正義の味方になるんですよね
    軌跡シリーズの正しさが常に遊撃士にあるように
    ……貴族派の良いところがプレイヤーに全く伝わらないのが今作の難しいところですね
    誇りと伝統を守るため!って大義名分だった気がするのですが、そんなものは毛ほども感じませんし、シュバルツァー家やアルゼイド家などのイケメン貴族が中立だったりしてますし
    こういうことを考えるには私の考え方はドライ過ぎてあまりよろしくありませんね

    Lv100の魔獣は強かったですよね
    というかレベル差がきつかったです
    私も専用のパーティ組まなくちゃ勝てませんでした

    ガイウスの肩車やばい
    これ絶対当たってるよね(笑)
    不快な顔しないガイウスは本当に賢者ですね

    判定Sとか今作というか前作ですら拝んでいません
    ガバガバ過ぎですね、私

  4. マリ | URL | 1JkepbtE

    3倍さん

     強すぎですよね!? 主人公サイドのとーちゃんは最強がお約束なのかというか今までの敵の殆どラカンなら一撃だろとか色々思いましたが、ガイウスもきっとこうなっていくのですかね!?

     軍部情報は次からは追加情報のみで、最後にまとめて載せる方針に切り替えてますすみません!! コピペ保管大丈夫ですよ~。
     妄想でも一人称と呼び方などは重要なので、エリオット呼び捨てなのか君なのか殿なのかは記しておこうと!(笑)
     フィオナ共々可愛がられてますよね~!! ウィルジニーさんはあのスパルタ加減にしごかれたいという方いそうです!!

     双龍橋は第二のEDでしたね!!!!(笑)
     分かります分かります!! あの進行状況のマップ好きでした。スクショは取っておかなかったのですが、ああいうのを拝見すると、戦っているのだな~と実感しますね。

     貴族と平民の図式は前作から重要視されているようでそれほど重要視されていないですよね。
     というのも一方的に貴族が悪くかかれているので、そんなに貴族制度が悪いのか? と。その辺の良い意見もなしで進んでいくのでそこは未だに疑問です。
     ユーシスが合流するエピソードもその一番重要な部分そんなにあっさりでいいのか!? とも思いつつ、あの部分は彼がいつも偉そうにしていても父の一挙一動に心を痛めるという部分とそしてⅦ組としてを見せたかったのかな? と思いました。お話としては貴族としてを見たかったのですが。
     この記事ではあまり後半ツッコミ入れていませんが、このゲーム今のところ遊撃士が主人公でも良かったんじゃ…以下略

     ナイトハルトは前作はサラと仲良しでしたが今度はフィオナとか羨ましいですよね!!!!
     お酒のお相手気になります!! 誰なのでしょうねぇ。カシウスパパの酒飲みシーンは大好きです!!

     ライエル描いてはいるのですが、自分が描くと全員同じような感じになるので誰これ状態ですが完成させたいです! ありがとうございます。

  5. マリ | URL | 1JkepbtE

    ハードさん

     公式での強さランキング欲しすぎですよ…
     いつぞやのプレイ日記に書きましたが、この上ない強さと言ったちょっと前にそのこの上ない人より強いかもという人出てますし…
     一応最強はアリアンロードなのでしょうかね? 勝てる人がいるのか分からないのですが…!

     双龍橋は第二のEDでしたね~(笑)
     クレイグの軍人らしい一面がたくさん拝めてフィーバーでした!!!
     本当に内戦をやっているのだな、というのも実感しましたし第四機甲師団皆さん格好良くて!!!!

  6. マリ | URL | 1JkepbtE

    ハクさん

     ふむふむと拝読いたしましたが、自分も今の所正規軍とリィンたちの意志は同じで、一般市民が正規軍ではなく第三勢力に肩入れするのもあまりピンときません。
     双龍橋でやっと、第三の意味があって(フィオナを無傷で救出できたところです)それ以外はほぼないですよね、今の所。

     >軌跡シリーズの正しさが常に遊撃士にあるように

     そうなのですよね! クロスベルでも遊撃士と同じようなことをしつつ彼らでは介入できない部分をやりました。
     閃では帝国では遊撃士の地盤が壊滅状態にまでなっていますし、でも遊撃士主人公でも良かったんじゃないかってのはありますね。
     
     貴族派の良さがまったく伝わらないのは本当に残念です!
     オリビエがSCで誇り高くあれると言っていたものには貴族制度が根付いたその部分も含まれているのだろうなと思っていたのですが、全く分からんですね!
     誇り高い貴族というのが伝わらないのは残念で、ここまで悪に思わせるのはなんなのだろうとも思います。
     いえいえ、むしろ結構同じようなことを思っていて、双龍橋でやっとこさ意味が分かったくらいだったので大丈夫ですよ!

     Lv100はキツかったです…
     お気に入りPTでやろうとしましたがリィン抜きはかなり厳しかったので主人公入れましたよ!(嫌いなわけではなく主人公はなんとなく外すタイプなのです)

     肩車これはガイウスは最早風にか反応しないと確信しました(笑)
     S判定は今作では負けイベントでも何かでAPが入るとかそういうのもあるので難しいです自分にも!!

  7. かとり | URL | -

    オグラムさんも忘れないでw

    マリさんのプレイ日記楽しみにしてます。相変わらず水着のインパクトが半端ないですね。

    オグラム軍曹は補給とか物資の調達や確保にたけているように見えますがどうでしょうか? 本をくれたから持ち上げているわけではありませんよ? 地道に点検をしている姿には頭が下がります。

    ライエルさんが頑張っているのでスクショを撮りまくっています。また帰る時に半分見切れていたのは悲しくて。おのれF社め…。今はやっとシャロンさんが来たところですが、ねたばれ気にしないでまったりプレイしていこうと思ってます。

    それにしても、好きな人ではあるんですが、ナイトハルト氏の後姿が蛾のように見えてしまって困ります。

  8. マリ | URL | 1JkepbtE

    かとりさん

     こちらにありがとうございます!!!
     せっかくのDLCなので使い倒す勢いでずっとそのままです水着(笑)
     オグラムさん、凄く悩んだのですよ…これは今たまたまなのか、それとも長けていて任されているのか…と悩んだ末に空欄と(笑)
     やはり書いてあげようと思います!!! オグラムもいいですよねぇ。本くれたので更に好感度上がる感じでも。

     ライエルは今作で相当頑張ってますよね!
     前作でも第三の中ではよく喋っておりましたが、今作は更に少佐していて最高ですな。顔グラを!!! と全力で思います。
     見切れていたのは同じく思いました。せめて映してあげて下さいと!!

     シャロンさんがついに出てまいりましたか!
     此処から先のお話についてかとりさんがどう思われるのかも気になりつつ、楽しみにしております、お話やつぶやき等。

     蛾にしか見えなくなりましたよーーー(笑)
     しかし同じ少佐なのでライエルもあのマント着せたいですね…

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)