閃の軌跡2 プレイ日記8

2014年11月16日

netabare.jpg
sen276.jpg

 ライエルーーーーー!!!!!
 ということで、ライエルしか見えません。ライエルの為に戦うという勢いですねこれは!!! いえ、ライエルの軌跡ですよこれは!いっそ、「来い! ○○○○ー○!」みたく、「来い! ゼンダーモン!」と第三機甲師団呼びたいのですがどうすればいいのか…

 というわけで絶賛軍部まとめや軍部関連の部分がやたら熱いですが、これはもうしょうがないのでやはりどなたも語りましょうぞ!!!! いつだってお待ちしております!!!!
 というわけで前半の軍部荒ぶりが長いので長めです。

 クリアしたらリンクしている方以外の方のプレイ日記も検索して読もうと楽しみにしているのですが、プレイ日記は書いている人独自の視点が色々と読めるので楽しいです。受け取り方もさまざまですし、この人はこういう所が好きなのだな、などなど。軍部語りしている方いらっしゃると思うので楽しみです!!!


 以下、軌跡シリーズ全てのネタバレを含むので追記に。
 12月22日~26日最後まで






12月22日 帝国東部巡回3

 まずはゼムリアストーンのお話なのですが、1200年前の《大崩壊》前後に鍛えられた云々の話をエマから聞けました。どうやら元々《魔女》の祖先と行動を共にしていた《地精》と呼ばれる職人の集団によってだったようです。
 ということはリベールやクロスベルでも入手出来たのは元々は帝国にあったものなのでしょうか。それともそれらの国々はそれらで何か別の集団がどうにかしていたのでしょうか。
 リィンたちはゼムリアストーンを探しつつ、依頼をこなしつつという行動になりました。

sen277.jpg

 オズボーンがミリアムにあげたぬいぐるみがあるのですが…オズボーンがこれを買ったということなのでしょうか? あの宰相がお店で「これを頂こう」とか買うのでしょうか? レクターが傍にいたら爆笑しそうなのですが、こういうのはレクターが代わりに購入なのでしょうか? ミリアムの絆を見ていないので気になります!!!!

 あと、怪盗Bの依頼のラストが水着だとマズイです…

sen278.jpg

 これはマズイですよブルブランさん…。これが”美”…?(笑) これ行ってる時にドロテ先輩いたら鼻血の海でカレイジャス沈んでたに違いないですよ…!


 さてさて、自由に動けるとなると真っ先にすっ飛んでいくのはゼンダー門ですよゼンダー門。譲れないゼンダー門ですね。

sen279.jpg

 あああああああライエル!!!! と大興奮しながら、なんとまぁ帝都解放作戦を練っていると。フーバーも肚をくくるか云々言っておりますので、ライエルも無事で済まぬ可能性も無きにしもあらず…。
 ライエルがここで会議をしているということは中将の方にはサマリーかな? などなど妄想も。

 この辺りですっかり忘れていた、《帝都憲兵隊》と《近衛兵》の存在を思い出しました。プレイヤーの方も忘れてる方多いかもしれないですね、未だにゲーム中で名前が挙がらないくらいですし!
 帝都では貴族派の精鋭が~とよく出ますが、貴族派って《近衛兵》おりますし、平民出身が多くて近衛兵と仲が悪い《帝都憲兵隊》どうなってるんですか!! と。
 ちなみに空の軌跡でも《王都警備隊》というのが組織であるのですが、まっっっっっったくお話に絡んでこないどころか、王都のことは親衛隊とマックス率いる正規軍が主に守ってましたよね!? とツッコミまくった過去があるので、今作でも《帝都憲兵隊》はそういう立ち位置なのかもですね。
 その前に帝都防衛は《第一機甲師団》も担当ですが既に壊滅ということなのでしょうか?
 というか帝国には二十以上の機甲師団があるわけですよ、設定が変わっていなければ。その上、下記で書いておりますが、入団条件が相当厳しい訳で実力ある人達で結成されているわけです。それで西部が殆どマズイ状況で、というのを考えますと本当に物凄く危機ですよね。
 というかその他に鉄道憲兵隊もいますし、帝国はこの辺り軍を分けすぎなんじゃないかと。これもう少しまとめていればもう少しだけまとまり取れたんじゃないですかね。ここも隙の一つなのでしょうか。
 しかも百日戦役でリベールに負けてから飛空艇にも力を入れて、やはりリベールの方がそこに関しては一日の長があるもののそれでも虎の子とオーラフが言い切った割にはその活躍が出てきませんね。

 というわけで第三のまとめですが、いやはや現地兵と機甲師団を一緒くたにしていたので分けます。
 ちなみにここで、機甲師団の入団条件が相当厳しいという話題が挙がりました。更には訓練として『地獄のクライミングマラソン』というのがあるようです。一体どんなものなのか(笑)

 「第三機甲師団」ゼンダー門
 元々サザーランド方面にいたものの、リベールの異変の際に宰相に目をつけられゼンダー門へ飛ばされた精鋭部隊。
 高度な連携戦術を誇る精鋭部隊であるため、通信手段が無くなってしまうと長所が生かせない。
 また、拠点防衛は正規軍でも第三機甲師団に勝る部隊はそうあるまいとも言われる。
 飛行艇として《カバリエ》《グリエール》がある。

 6月26日トールズのⅦ組のA班到着
 6月27日監視塔襲撃
 6月28日共和国の空挺機甲師団《アルデバラン》と牽制し合う
 12月22日、監視塔を現地兵に移管。准尉以下、帝都解放作戦の準備

 師団長:ゼクス・ヴァンダール中将
     《隻眼》のゼクスと呼ばれる、帝国軍五本の指に入る名将。どんな任務も必ず遂行し、必ず部下を生還させることで彼に勝る用兵家はいないと言われる。
     第三機甲師団に所属する者たちに、戦術が半端ないと言われる。
     ミュラーの叔父にあたり、リベールの異変の7年前にオリヴァルトに武術と兵法を教えている。

  部下:ライエル少佐
     前作でも今作でもゼクスの隣によく居り、作戦を伝えたりするので右腕的存在と思われる。よくフーバー、ハルト、オグラムと会議をしている。前作では飲み物を飲みつつだったが、今作ではなし。
     サマリー准尉
     腕がいいがドジを踏むミントに振り回される。「ば、馬鹿者~!」
     監視塔に行ったりもしている。
     オグラム軍曹
     物資調達や補給に長ける。帝都解放作戦ではゼンダー門の防衛責任者として残る
     フーバー戦車隊長
     若干口が悪かったりノリが軽かったりと、部下に「相変わらずですね」や「もう少し戦車隊長の自覚を持って欲しい」と言われたりするが、締める所は締め、ザッツに、フーバーみたいな凄腕だったら機甲師団に入れるのかねと言われるほど腕も確か。ライエルにはしっかりと敬語であり、部下を危険に晒したくないと部下思い。
     どうしてもやりたいと言い、戦車隊長なのに歩哨をする。元同僚であるハルトと交換してもらった様子。
     第四機甲師団のウィルジニーとは一度演習でやりあったことがある。二人の実力は匹敵するほど。

   兵士:サージェス(サマリーと監視塔に出向いていた)、ボルト(見回り担当)、ハルト(よくフーバーにツッコミをしているが、元同僚である)、マーシュ


 「現地兵」
  監視塔やゼンダー門に詰めることもある。
  監視塔が出来たのは三年前。

 6月27日監視塔襲撃事件があり、守備兵二名死亡(一人はロアン)、三名が重症に。

   兵士:ザッツ(戦車等に詳しく、ナハハ! と特徴的な笑い)、マニング
      ザッツとマニングは呼び捨て同士であり、監視塔で亡くなったロアン(ザッツを庇い亡くなる)とは同郷であり、彼の恋人も知り合い。内戦が終わった際には彼女に形見を届ける予定がある。


 というわけで他の地域巡りや学生集めをするわけですが…

sen280.jpg

 確かにマキアスはリィンと抱擁しましたがね! ガイウスとは肩車しましたしね!(笑)

sen281.jpg

 そして真のヒロインマルガリータちゃんはと言えば…。覚醒しましたね!! きっとこれで今まで以上にヒロインしてくださると。しかしマルガリータちゃんが1ヶ月食べまくったツケは一体おいくら万ミラくらいするのでしょうか…

 この辺りでモブもお伽話の一角獣の話題などがかなり出てきていますね。レグナート、ツァイトと来て、ここでも出てくるのでしょうか。
 他にもグルナール司祭などは獅子戦役の再現を云々言うのなどいいところ突いていますねという感じで。その他のもモブも結構言っていますよね。結末が曖昧ということで、それで今再現して判明させるのが”焔”の部分なのでしょうか?

 第五に託したということで、ここからは第五も別にやろうと思います。

 「第五機甲師団」ガレリア要塞
 ガレリア要塞とは、帝国正規軍一大拠点。東の脅威に備える巨大防壁であり、G・シュミットなどが関わっている列車砲が2門格納されている。ちなみに列車砲は事故防止のため、一発目は空砲。
 導力ネットワークのセキュリティが脆い。
 クロスベルで起きた事件により、アイオーンの力出大打撃を受けてほぼ全滅という運命を辿る。

 8月30日14:00より第四機甲師団、第五機甲師団の合同軍事演習
 8月31日帝国解放戦線が攻める
 10月24日ガレリア要塞壊滅
 

 師団長:ワルター中将
     ガレリア要塞付きであり、師団長と司令官を兼任。10月30日に恐らく殉職と発表になる。

  部下:アーベッカー准尉
     生き残りの中で最も階級が高いため、第五機甲師団は自分がまとめねば…と誓う。元々責任感の強い人であり、要塞跡地にて思いつめていることも。

  兵士:セラフィ(要塞跡地にて看護等を担当)


sen282.jpg

 キーアのお陰でしかしながら無事なはずなので、復活したあとのアーベッカーに早く会いたいものです! きっと大喜びするだろうなぁと。

 「第四機甲師団」
 ”最強”の部隊。最強の打撃力を誇る部隊。
 大量の戦車を有する大軍団なため、補給線に弱い。
 
 8月30日14:00より第四機甲師団、第五機甲師団の合同軍事演習
 8月31日攻めてきた帝国解放戦線に対応する
 10月30日に東の国境に第六、第九、第十一と共に集結している。
 12月19日付近でガレリア要塞跡地は第五機甲師団に引き継ぎ、双龍橋に詰める。

 師団長:オーラフ・クレイグ中将
     《紅毛のクレイグ》と言われる帝国軍きっての猛将。獅子奮迅な豪快な用法を用いる。部下使いが荒い。

  部下:ナイトハルト少佐
     《剛撃のナイトハルト》と呼ばれ、領邦軍にも有名な第四機甲師団のエース。士官学校でミュラーと同期で若手双璧と言われる。ホープでイケメンなので絶対出世するとモブに言われるほど。
     旧知にフィオナがいる
     キスリング大尉
     普段優しいが、意外と怖い。ガウル大尉と同じ陸軍士官学校出身。頭脳派であり、当時からガウルとよきライバル。
     ガウル大尉
     キスリング大尉と陸軍士官学校時代からよきライバルであり、武闘派。そのためキスリングのことは呼び捨て。エリオット君、呼び。ノリがよく熱い。
     ロキ少尉
     保安担当。遊撃士があまり好きではなく、規則に厳しい。軍務にどこまでも忠実。拠点移動の際には搬送中の忙しさでお怒り中。
     エマンズ曹長
     エリオット君呼び。兵站部隊の移動は大変だと語る。双龍橋攻略程度では全力で当たるまでもないとのこと
     ウィルジニー戦車隊長
     ピンク髪の女性であり美人。エリオット呼び。スパナでケツを叩く、スイッチ入ったら目を合わせると危険と言われる三度の飯より整備好き。オーラフ直属の本隊所属であり、一番優秀な戦車隊長。戦車の事になると凄くうるさい。
     第三機甲師団のフーバーと匹敵する戦車隊長。一度演習でやりあったことがある。

   兵士:ブロッケン(エリオット殿呼び)、マルワール(本日の調理担当だがだんだん料理人としてと言い始め、私物の鍋を持ち込む情熱を見せる。優秀なコックと言われ、双龍橋の休憩所の人が兵士が食べに来ないと嘆くほど。である口調)、ノッカー(ケルディックに詰める。フィオナは第四皆に慕われていると言う。非番の時であれば試食は歓迎)、メッケル(双龍橋の立ち兵)


sen283.jpg

 ああああああ!! 第三、第四での濃いキャラとして戦車隊長がおりますがまさかの実力匹敵とは!!!
 このシーン見た瞬間「ひええ」と声出ましたね、喜びで(笑)一度演習でやりあったことがあるとか、第四と第三とかそれなんて極楽ですかあああああ!!!! それを!! それを拝みたいですよ!!! つまり同じ少佐同士のライエルとナイトハルトの会話もあったかもですし、まずゼクスとオーラフが話すとかこの世の楽園ではないですか!! この世の春ですね…。


 軍部巡りを終えてしまったあとは、色々と回るわけですが、ノルドの民は元々の場所に戻るとか…。これはあまりよくないのではないですかね…。防衛責任者がオグラム軍曹になりますが、彼もどうにか生き残って欲しいです。

 ルーレのラジオでアントンとハイジャックニュースを聞いていたわけですが、その救出に行きます。ここはクレインとハイベルが格好いいのなんの!! やっぱりモブ美味しいなぁと思っていればの衝撃的すぎる出来事が…。
 なんとリックスが…これはショックでした…だからこれほどまで会えなかったのですね…。リックスとアントンの行方が気になる所です。

 アイゼンガルドに行けるようになったので向かいました所、幻獣 LV120がおりました。が、この幻獣今までで一番楽ではないですかね? 難なく、でした。

 この後はいよいよお話を進めるため、自分はノルティアの火霊窟に行きました。なんとまぁ魔女にも”長”がいるようですね。自分は知らなかったのですが、魔女とは女性だけではないようで、男性でも魔女と指すらしいですね。長がどのような方なのか気になります。
 更にここではBGMが合っていれば「聖女のアリア」ですよね? デジタルミュージックのサンプルでしか聴いたことがないので不確かなのですがSAVのやつでしょうか。この曲は好きなので嬉しかったですねぇ。帝国編ならではの音楽だと個人的に思っております。
 そんな美しい歌声のBGMを聴きながらゼムリアストーンを持ち帰るのですが、これを見て今すぐ最強武器作りたいと思ったプレイヤー沢山いそうだな、と(笑)
 ジョルジュ先輩が加工してくださるのですが、そもそもノームというファミリーネームで地精が行っていたものをというのはここは過剰反応しては行けない所なのでしょうかね!!? ジョルジュ先輩も絶対何かあるだろ、ノームですしと前作から散々言われておりましたが、無関係なのでしょうかね。



12月24日

 ここでまさかの展開になりましてかなり衝撃でした…。管轄を外したのはこの為だったのでしょうか…? 自分の領地を焼き討ちにする程とは…これが帝国貴族のすることなのか…本当にこういう人なのだろうか? 誰かに暗示でも掛けられているのでは? と思ってしまった程です。

sen284.jpg

 まず真っ先にルルの無事を確認しに行ったのですが、無事でよかったです!!!!!!!
 ノッカーも無事でホッとしていたのも束の間、まさかあの人が…ということにも。しかし西部ではこれほどでは済んでいないでしょうし、惨いものですね…。
 そして獅子戦役でもやはり焼き討ちはあったようで、再現っぽいと話題にあがります。ユーシスはここで抜けるのでは? と思っていればそのような発言をしますが、皆に止められてというところでしょうか。

 ここでは人形兵器の恐ろしさを一般人に植え付けましたが、リィンも同じような物を操る訳で、色々とありそうですね。厳密には人形騎士ですが。いくら助けられるものだとしても、人形兵器というだけで拒否反応を起こす人は多いでしょうし、その時にリィンはどうするのかというのも見ものだなぁと。それともそういう描写は無いのですかね。

 さて、一般人まで巻き込まれているからと内戦への介入になるわけですが、このお話は普通の学校色が強いものの士官学校の学生がやる意味はどのくらいあるのだろうか、と。遊撃士立て直しで遊撃士の人がやってもよかったのではないかなと今の所正直思います。オリビエが士官学校の理事をやっているからでしょうか? それであれば遊撃士側に助っ人でという感じでの繋がりでも出来たのではないかな、と。それか正規軍にも中立の部隊はいるのですし、そこからやってもよかったのでは…? あといっそ本当に普通の学校でも良かったのではないですかね。ですがまだお話は終わっていないので、最後には何かあるかもしれないですしね!
 なんて考えていたら、この件はアルバレア公の独断で父上切るとルーファスが連絡取ってきました。いやはやルーファスも肚が読めないですし、これすらも計画の内にしか見えないですよ…。
 あとこの時、「切るんだ」とミリアムが言いましたが、あれがたまらなく良かったですね~!! あれこそ情報局に身を置いているからこその反応と顔! という感じでお気に入りです。



12月25日 オーロックス砦攻略

 焼き討ちを見てもやもやするというミリアムですが、過去に何らかがあったのでしょうか? この辺りは絆イベントで判明かな? とも思いつつ。
 サラの《北の猟兵》絡みで何かあるようですし、やはりノーザンブリア絡みですかね。

sen285.jpg

 第四機甲師団とも連携ということで自分のテンションも、うおおおおお! と燃えているわけです。第四機甲師団はクレイグの場合は「イエス・コマンダー」になり、ナイトハルトには「イエス・サー」なのですね。

 美しい都であるバリアハートに戦車が通るのは衝撃でしたが、切り捨てられたと自覚あるアルバレア公もまた良かったです。これが素なのですねぇ…。
 しかしここで《S》が《V》を同じような道を辿りそうになりますが、リィンがそこは救うわけです! が、一つ問いたいのは、機甲兵は操縦者とリンクしているわけではないのですかね!? 騎神はリンクしているので機体のダメージも食らう感じですが、そうだとすれば解体シーンで致命傷なまでのダメージですよね!? そうではないということでしょうか。
 というか《S》も戦闘で声があるなら(前作の使い回しだとは思いますが)今作もあってよかったのではないですかね!!?

 《S》を助けたあとはサラが《北の猟兵》とやらかすのですが、どうやら彼らはノーザンブリアの正規軍が元というのもあるのか、団のお金は国へ送金しているようですね。それで助かっているのも事実だと。まさか3rdに出てきた一つの敵がこうして色々と明らかになるとは…。
 またサラが6年前まで《北の猟兵》に身を置いており、その時にある一件でベアトリクス教官(当時は大佐)に助けられて遊撃士になったと。前作でのベアトリクス教官との会話はこういう繋がりだったのですね!! さすが《死人返し》のベアトリクス大佐!

 その後は急いでアルバレア公の元へと進むのですが、対面時のガイウスの台詞というか細谷さんの演技が凄く熱くて連れて行ってよかったなと心から思いました。普段冷静だからこそ、非道を目の当たりにしての言葉は迫力ありました。
 
 マクバーンとデュバリィもいるのですが、マクバーンはさっさと帰ってしまい、クロスベルとの行き来でお疲れ気味のデュバリィと勝負ですわ!!
 が、ロイドたちがデュバリィを倒すのと同じくリィンたちも倒すと。しかしカイエン公とルーファスの依頼でこのオーロックス砦が陥落するのを見届ける役とか。真っ黒じゃないですかこれは!
 ヘルムート・アルバレアというフルネームが明らかになり、これは全力でハイアームズ侯爵のフルネームもお願いします! というか、パトリック・T・ハイアームズのTの部分も併せてお願いします! と。
 アルバレア公はこれほど愚かな人物だとは思わなかったのですが、息子たちとの対比するには仕方なかったかもですね。これほど分かりやすい演出はないほどに。
 しかしこれで四大名門はカイエン公とハイアームズ侯爵だけなのですが、ハイアームズ侯爵はどうするのか。いっそ三兄弟全員出して下さい! という気持ちでいっぱいでも(笑)



12月26日 バリアハート寄航日

 第四機甲師団の分隊がバリアハートを警備しておりますが、最低限なようですね。貴族の街ですし。が、正規軍は革新派ではないような…? と。殆どが宰相の息がかかってはいるものの、第四は中立派ですし、そもそも革新派の手伝いしてるわけではないような、と思いつつ、プレイヤーからすればそう見えているだけで、ゲームの市民からすれば正規軍=革新派になっているのか、という発見でも。そんなことを考えつつ早速第四の誰の分隊なのかなーといそいそと出歩きました。

 「第四機甲師団」追加

 ロキ少尉:砦陥落後は彼の分隊が駐屯。几帳面だと部下に言われる性格。

 そして、とんでもなく大きな邸宅であるユーシスの家に行くのですが、本当大きいですね。これは「跪け」と言うのも納得で(笑)

 ここでは《S》に会えるので会いました。どうやら従騎士まで行ったようで! 凄いですね! ということはまた戻る未来も残されているのではないでしょうかね。

 更にこの日の絆では最終的な何とかの条件になるとかなんとか。
 ユーシス、マキアス、ラウラ、サラ、エリオット、ガイウスで進めましたのですが、それぞれ良かったですね。それぞれの道と、内戦を超えた先の未来を掴むために! というところでしょうか。今の所どうやって最後の結末が全く浮かばないので楽しみです。
 個人的にはノルドにやってきたご老人の巡回神父が気になりつつ、ラウラのこれが可愛くてしょうがなかったです!

sen287.jpg

 サラからは過去が聞けましたね。ノーザンブリアでは猟兵くらいしかまともに稼げないようで…。ここで出てきた隊長辺りがオジサマなのでしょうか!?

sen288.jpg

 サラとのこの絵もお気に入りです! いつかリィンが成人した時にはアルコールでこのシーンを再現してほしいですねぇ。

 ここも無事にSでした!
 そういえば酒で思い出したのですが、軌跡シリーズ最強のザルというかワクはアイナさんで決まりなのでしょうかね? 軌跡シリーズの強さ関係は既に色々ですが、酒はどうなのか!(笑)
関連記事
スポンサーサイト


コメント

  1. にょろ | URL | QBOKK2KE

    マリさんのプレイ日記にはいつもイケメンの金髪姿のスクショが見れるのでそれだけでも私は大満足です!

    それぞれにプレイの楽しみがあるので、ぜひともマリーさんには今後も軍部の活躍を楽しんでほしいと思います。
    ミリアムは絆イベント見ていないのですね。実はミリアムは見ているか見ていないかでとあるシーンの感動の度合いが結構違ってくるのではないかなと思います。
    セーブデータがあればお暇な時にささっと見てはいかがでしょうか。
    というか絆イベントはどれもいいお話なので、そういうのは本編に入れるべきなんですけどね^^; 
    いよいよストーリーも終盤大詰めですね!引き続きマリさんの荒ぶりを楽しみに拝読させてくださいませ。

  2. マリ | URL | 1JkepbtE

    にょろさん

     跪け! なあの方はいつもリーダーにしております! マキアスとユーシスでコンビで好きなのでこの二人は前作の時から常にPT入りでしたねぇ。

     軌跡は楽しみ方がさまざまですよね!
     モブに入れ込む人もいればお話に入れ込む人、設定・考察で白熱する方、それぞれ熱いのでとても楽しいですね。それゆえに最後自分がどう思うのか楽しみでもあり、若干不安でもあり(笑)
     とりあえず今は軍部にお熱なので最後まで、追える所まで追おうと思います!!

     なんと! ミリアムの絆はそうなのですか!?
     これはクロスベル編でも思ったのですが、重大なイベント(例えばワジの過去など)は本当本編でやって全員に分かるようにしてほしいですよね…
     こういった絆はそういうのではない掘り下げで楽しみたいタイプです、自分も!

     ここから一体どうなって終わりに結びつくのか今の所見当が付かないので楽しみです!!
     終えた後の考察や意見が凄く白熱しているので、今から皆さんの本音記事拝読するのが楽しみでしょうがないです!!!

  3. ハード | URL | .lZZYl.k

    「来い!ゼンダーモン」だとゼンダー門自体が変形とかして来そうですね...。
    ですが「来い!第三機甲師団」だと少し長すぎる気がしますし...
    一体何が一番合ってるんでしょうかね~...。

    マルガリータちゃんは見事に覚醒しましたね~。
    そしてリックスの件はショックでしたね~...。
    碧以外は皆勤のリックスがまさかこんなことになってしまうとは...。

  4. マリ | URL | 1JkepbtE

    ハードさん

     確かに、「ゼンダーモン」ですと門自体が変形してロボット系になりそうですね…!
     しかしそうなると上手く行けば操縦者がゼクス中将の可能性が!?(笑)
     第三機甲師団ですと仰るとおり長いですし、いっそ「来い、ゼクス中将!」とか「ライエル!」とか名前で特定の人物を呼ぶ方が語感もいいかもですね。というわけでその追加システムをはよ(笑)

     マルガリータちゃんは愛の力で帝国救いますよ!
     というかマルガリータちゃんお手製の料理を貴族派に食べさせれば争いどころではないのでは…!!?

     リックスはショックでした…
     どうやって元通りになるのかが今から楽しみです!!

  5. 3倍 | URL | -

    おつかれさまです!

    ライエル少佐のイケメンっぷりもいいですが、マキアスのハダカで縛られている姿が非常に良い構図となっておりまして吹きましたw

    ゼンダー門やガレリア要塞跡地はマリさんほどではないかもしれませんが結構頻繁に訪れました、なんか会話が楽しいというか、彼らの人間関係を観察するのが楽しいというか…
    ワルター中将はああ見えて部下には慕われてい居た様子がうかがえますね。キーアのおかげで無事のはずという事ですが、この時点ではまだ兆候が見えませんね。時空のゆがみのはざまでどこかに潜んでいるのかな??

    Sを助けたリィンですが、Vの時はああいう結果になってしまったことをいつも心のどこかで引っかかっていたでしょうから、今回は無事に助けられたということで、なんかほっとしました。

    遊撃士って閃の軌跡や他の作品でもちょこちょこ語られている気がしますがやっぱり深刻な人手不足なんじゃないかなあと。
    クロスベルもあんな状況だし帝国西部も緊張続いているし、カルバード共和国も混乱しているだろうし…そういった各地の状況を踏まえた上で、学院生たちが行動するっていう事については意味があるから行動する…ではなくて、意味を見出すために行動する…なんていう風に勝手に理解しながらプレイしてました。結果は後からついてくるじゃないですけど、現時点では実際手探りな部分も多いのではないでしょうか。

    ラウラはいつもギャップ可愛いですが、寒中水泳の時はなかなかの破壊力でしたね。彼女もだいぶ硬さが取れてきた気がします。
    それとせっかく仲良くなったという事もあるので、サラとオリヴァルト皇子がサシで酒を酌み交わすエピソードとかないかなあ?きっとリベールでの思い出がよみがえる展開になりそうだけど…

  6. マリ | URL | 1JkepbtE

    3倍さん

     お疲れ様です!
     いや~裸で縛られるとか中々ないですよね(笑)
     そもそもマキアスは前作で囚われてますし、今作で誘拐されて縛られるとかもはやヒロインよりヒロインしてる事実が(笑)

     分かります!!!!!!!
     ゼンダー門はもちろん、跡地や双龍橋などなど会話楽しいですよね! 今作ではかなり軍部は凝っている気がします。スタッフさんにフーバーとウィルジニーファンがいるとは思うくらい二人はやたら設定細かいですが、軍部ファンの方いらっしゃるのかもですね!
     ワルター中将、前作では良くも悪くも帝国軍人という感じでしたが、アーベッカーを思うと(涙)
     そうなのですよね…未だに無事な予定な第五機甲師団が出てこないと…。そもそもこの間はどこにいることになるのでしょうね? おっしゃる通り、ゆがみの狭間で…なのでしょうか。願わくば合流してほしいものです!

     自分もSを救えたことはリィンにとって凄く良かったと思いますし、プレイヤー自身もホッとしましたよね。確かにテロ行為は悪いことですが、生きて償う道があるというのをしっかりと指し示せた部分なのかな、と。

     なるほど。意味を見出すために行動、ということでしたか!
     確かに現時点では学院生含め、リィンたちも模索中ですよね。どうすればいいのか、何が出来るのか。これは自分が悪い目線で見ていた証拠なようです。もう少しやさしい目線でプレイしようと誓いました。重ね重ねありがとうございます!

     ラウラ可愛かったです!! 色々とあるがゆえの寒中水泳だと思いましたが、しっかりとリィンの好意を受け取り、またラウラ自身も少なからずある好意を向けているのがいいなぁと。
     全員凄くいい感じで角がとれたという感じがしますねぇ。

     サラとオリヴァルトのサシは確実に回想にシェラさんとアイナさん出そうですがというか、シェラさん遊撃士ですし、サラ&シェラというのは見てみたいです!
     やはりそろそろスーパー軌跡大戦でも、軌跡無双でもVSでも出して頂いて…(笑)

  7. ハク | URL | -

    ようやくここまで終わりました
    もう記事の上の方の内容に至っては大変懐かしく感じてしまう辺り自分でももう駄目だと思ってしまいます(苦笑)

    あらら
    マリさんのⅦ組メンバーが全員水着のせいでマキアスが身ぐるみ剥がされたみたいになってますね(笑)
    「念入りにやられたものだ」と言わざる負えないユーシスの気持ちもわかります

    というかその下のユーシスのセリフも中々アレですね
    以前も思いましたが、なぜユーシスのセリフってキャラが裸なだけでなんでこんなに違う意味合いになってくるのでしょうか(笑)

    まさかアホ共があそこまでアホだったとはさすがに想像つきませんでしたね
    寛大な御心を持っているはずのルーファス兄様があきれ返るのも仕方がないでしょう

    >しかしカイエン公とルーファスの依頼でこのオーロックス砦が陥落するのを見届ける役とか。真っ黒じゃないですかこれは!
    そうなんですよね
    ただの見届け役でルーファス兄様は何も関与させないはずだったんですよね
    なのに何故デュバリィさんは襲ってきたのか!?(笑)
    前から思ってましたけど軌跡シリーズの世界ってみんなもう本当に例外なく腕試し好きですよね
    今作に至っては強い新キャラが出る度に「○○以上」とか「○○程ではない」とか言ってますしね

    半目ラウラぶひぃ!!
    さすがマリさんいい仕事しますね
    メインヒロインの方はあざと過ぎて駄目でしたよ、私

    >いつかリィンが成人した時にはアルコールでこのシーンを再現してほしいですねぇ。
    成人しても半裸で乾杯させようとするマリさんマジぱねぇ(笑)

  8. マリ | URL | 1JkepbtE

    ハクさん

     お疲れ様です!!
     うっかりネタバレしないよう細心の注意を払いつつ…!
     自分も段々2自体が懐かしくなってきた辺りこれは(笑)

     そうなのです!
     囚われのお姫様はなんとまぁ身包み剥がされ状態的に(笑)これはブルブラン嫌だっただろうなと思いつつ、ノリノリだったらどうしようと思う自分も(笑)
     水着でプレイというのが色々な意味で衝撃的になるというのがよくよく分かりましたよ…マキアスとリィンは抱擁で、ガイウスとは肩車をし、今の所ヒロインたちよりヒロインしてるのですがどうすれば…!!
     こういう意味合いでも楽しめる意味深な軌跡…

     最早こういう形でしか悪い奴を悪いと書けないのか…とも一瞬思いましたが…どうなのでしょうね。わかり易さ第一にしたのか、単に技量の問題なのか…。

     デュバリィさんはロイドさんたちにこてんぱんにされた後ですし、負けてられませんわ!!! だったんですよきっと。
     強さの設定が既にあれなのはあれですよ…とりあえず一番強いのはアリアンロードであとはもうどんぐりの背比べなんでしょうかね。

     ラウラ凄くよかったです!!!
     こういう感情の出し方とか表現方法はむしろ好ましいです。行き過ぎす、引きすぎずという感じですかね。
     メインヒロイン様はなんとまぁかなりだったようで!!

     鍛えぬかれた肉体美としてもっと脱げ、と思うのです!!!!(笑)

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)