戦国無双4-II プレイ日記5

2015年02月18日

netabare.jpg
42senm68.jpg

 毛利がいたら毛利を選んでしまうんです…
 お話的にはにこにこマークが付いているキャラなのでしょうが、手が勝手に…!
 あとは全然関係ないのですが、隆景と小少将ちゃんが並ぶことが公式サイトなどでも多く、二人共好きな自分にとっては密かに嬉しかったりします。
 それにしてもこの面子の中でぶっちぎりの年長者が隆景というのもまた面白いですね。次点が元親でしょうか。

 元親で思い出しましたが、浦戸城が取り壊しの危機にあっているようですね…。
 現在署名活動を行っているそうですので、元親ファンの方は既にご存知かもしれませんがURLを繋ぎたいと思います。

 浦戸城跡保存会 さん
 https://www.facebook.com/uradojyo
 署名用紙:https://www.facebook.com/uradojyo/posts/1428440040780253
 ネットプリントの詳細:http://blogs.yahoo.co.jp/uradojyohozon/19082552.html


 以下、ネタバレなので追記に。
 理想の章最後まで。






理想の章:賤ヶ岳の戦い

 対勝家の所にて、三成が敵に襲われた所を清正、正則たちが助けるという子飼いの友情が熱いムービーからでした。

42senm69.jpg

 まだ仲の良いというかこじれる前の三人なので、見ていても心穏やかですね。伝説のハイタッチ野郎吉継は「三馬鹿」とまで(笑)
 これがまだ笑っていられるからいいのですよね!!

 着々と戦は進みますが、結果的に七本槍になったのは正則や清正と。

42senm70.jpg

 途中でおねね様の物真似入った辺りでも笑ってしまいました。言い方がまた楽しいです。
 しかしまだ三人ともいいですよね。それぞれ自分たちの役割を把握し、だからこそそれで豊臣の世を守ろうと。

理想の章:小牧長久手の戦い

 どうして勝家を思う利家を傍におくのか、という三成の質問には、自分が人としての存在として重要な存在であるときっぱり言う辺りが気持ちのいい秀吉ですね。
 この後の三成の秀吉への返しが凄くよかったのですが、よかったのはこの二人だけであり、こういう大事なことや思いを一人抜け駆けという風に見られてしまうと…。辛いですね。
 それにしても利家の喧嘩云々で、いきなり仕掛けにいく正則がまた可愛いですね。

42senm71.jpg

 しかしこの戦いはプレイしていて楽しいですね。どんどん戦況が変化するので家康の凄さも分かりますし、読みが深いということなども伝わる感じが楽しいです。

42senm72.jpg

 しかし三成が「俺たち」というのは中々珍しく感じました。段々と亀裂が入っていきますが、三成の吉継や左近への接し方や素直さが二人にもあれば! と、ついつい思ってしまいますね。

理想の章:九州征伐

 隆景がいるので、お話とすれば他のキャラですが隆景です!!!

42senm74.jpg

 中々に珍しいというか面白い組み合わせになりますね。しかしよくよく考えれば隆景の養子が秀秋と思うと…というのは考えないようにし、隆景で無双しました。

42senm75.jpg

 もちろん台詞のある義弘とも戦いましたよ!
 九州征伐は立花夫妻の会話も好きです。あと直次も好きです。

42senm77.jpg

 なんとまぁ三人の喧嘩ムービーまで…。
 最初を思うとあっという間の転落というかボロボロ加減になってしまうのは心苦しいものですが…。この二人を遠ざけるのも説明してくださいよ!! と、心から思うプレイヤーも結構いそうだと思うのですが、どうなのか。自分は毎回思ってしまいます(笑)
 しかし三成の家康憎しもまた凄いですね…。

理想の章:三成襲撃事件

 なんと! 襲撃事件がステージになりました!!

42senm78.jpg

 この左近に向けた素直さを本当あの二人にも、と時既に遅すぎですが何度も思いますね…。
 こんな事件を起こした事で、既に戻れない所まで来ていると。それにしてもこの事件は家康に保護というのがなるほどというのと、凄い、と毎度思います。

42senm79.jpg

 そして今なら家康を…! というところで頑固で動かないというのが三成らしい所でしょうか。それでも正々堂々を、というのはまた凄いですね。豊臣の世をというのと正々堂々というのは一貫して素直に名言というか態度にも表すものの、肝心な清正、正則には素直な気持ちを伝えられないというこのアンバランスさというか、そういうのを非常に感じます。
 しかしもしここで家康の首を、となったとしたらば世の中どうなっていたのでしょうねぇ。秀頼はそれでもまだまだ小さいですし、乱世深まり…という逆戻りなのでしょうか。

理想の章:関ヶ原の戦い

42senm80.jpg

 これもお話的には左近なのですが、小少将ちゃんがいれば選ばざるを得ないですよ(笑)

42senm81.jpg

 バスタオルで関ヶ原駆け抜けます!!!
 というのはさておき、義弘と三成の会話がこれまた…

42senm82.jpg

 豊久が怒るのも無理ないですね。実際こういう会話を見ると皮肉るのが上手いな~とも思いつつ、ここで挑発には乗らず、戦場で返す辺りがまた皮肉がきいていて面白い部分ですね。
 数は多いが足並み揃わぬ西軍という、三成にとっては歯がゆい所を、自らが動いて戦場で魅せてというのは王道というのもあって熱い部分でも。

42senm83.jpg

 しかし驚いたのは最後でした!!
 こういう終わり方にしたのですねぇ。このままですと最終的にはどうなるのでしょうか。また、と家康が言ったのでまた再戦なのでしょうか。
 あとひとつとても思ったのが、4の三成の最期のムービーはあれはあれでとても良かったと思うので、秀吉様、今参りますと覚悟決めた所で、勝ってしまいました! というのは結構驚きました。個人的にその台詞カットで、ご婦人を助けた後に勝ったシーンに繋いで良かったのではないかな、とも…。ここらは好みなのでなんともですかね。
関連記事
スポンサーサイト


コメント

  1. はな | URL | FhFcE1xw

    お久しぶりですー!
    知らないうちに戦国無双4-2が発売されていたのに驚きました!よほど好評だったのですね…!

    あと、小少将さんのバスタオル姿は何とも色っぽいですね。この姿で戦場を駆け抜けているのかと思うといろんな意味で周囲を困らせちゃいそうです!!(笑)
    というか昔の無双をしていた自分としては今の無双の突き抜けっぷりにびっくりですよ。あの2からどうしてこうなったと!!(いえ、悪い意味でなく)

    何はともかくマリさんが楽しそうなので良かったですw
    無双、楽しんで下さい(#^^#)♪

  2. マリ | URL | 1JkepbtE

    はなさん

     ご無沙汰しております!
     今年度までは戦国無双10周年であり、そのお陰で三本も出たようですね、ゲームが! コラボやイベント等もわんさかで、財布はそこに突っ込まれた1年でした(笑)
     先日はコンサートもあったのですが、大スクリーンでお市様と長政の熱々ムービーが流れておりましたよ。演奏曲も2だと思われますが、閉幕で号泣な感じでしたので、はなさんでもご想像つくかもしれません!

     小少将ちゃんのバスタオル凄いですよね(笑)
     戦国はここ最近特に突き抜けておりますね。女性陣の最新作のDL衣装は凄いですよ!! スタッフさんの趣味の話も出ていたのできっとそこに…(笑)

     ありがとうございます!!
     やっぱり楽しんでナンボですので、楽しみたいと思います。

  3. リードマン | URL | -

    着々と進んでますねー!
    小少将のバスタオルには驚きました。
    あれは百花繚乱で使用されるんでしょうねぇ。
    今からその時が楽しみです(笑

    三成と正則、清正の決定的な亀裂が入るシーンは
    見ていて切ないですな。
    IFシナリオがあれば・・・!

  4. マリ | URL | 1JkepbtE

    リードマンさん

     土日に進めた分がまだあるという感じでこれから打ち待ちですという章がいくつか(笑)
     今回もアクションが楽しいですし、面白いからどんどこ進みますね!!

     バスタオルは驚きました!!
     あの百花繚乱ですよね!!? 温泉! バスタオル!! 一体どんなお話になるのかワクワクですよねぇ。
     個人的には毛利家の温泉回とかもあっていいのですが、よく考えますと二人共お歳を考えるとふやける危険性が?(笑)

     子飼い分裂は何度見ても痛みますよね…
     いやそれはそうではなくて!!! と地面からツッコミたい勢いです。
     IFはクロニクル3ではあったのですよね。こちらでも拝みたかったです…。

  5. ねむりねこ | URL | -

    今晩は

    理想の章クリアしました。ラストも含めていろいろ調べてみると実は史実に忠実なんですよね
    もちろん左近が救ってくれたわけではないですが、展開は史実通りのようです
    三成と吉継の関係とか調べてみると理想の章に描かれた物語はおもしろいです
    左近もいってましたがやはり三成が清正と政則に対して素直に自分を支えてくれと
    いえていれば戦力はだいぶん違っていたでしょうね~
    彼らは光成のその言葉を待っていたのだと思います
    結局のところ三人とも不器用すぎるのではないでしょうか・・・
    この章は左近がかっこよい役回りでしたね
    次の盟友の章では大谷吉継してんになるので楽しみです。

  6. マリ | URL | 1JkepbtE

    ねむりねこさん

     理想の章クリアおめでとうございます!
     この辺りの史実とゲームでのアレンジ部分がまた面白いというかドラマティックになっておりましたね。
     諸説あるという歴史で、色々な説の中でもこういうところかな? という風に考えながら追っていくのも同じく楽しかったです。三成と吉継の関係然り。

     三成の不器用さと、プレイヤーや左近や吉継には伝わっている素直さとという徹底的な描かれ方がかなり印象的でした。
     もし素直に言えていればのIFをまた想像するのも楽しいですね。クロニクルであったような気がしますが、4-II路線のお話でのIFで拝んでみたかった気も…(笑)

     同じく左近がとてもかっこういい役回りだったと思います!
     自分の中では4シリーズの中で一番好きな描かれ方でした!

     吉継視点の盟友の章もぜひお楽しみ下さい♪

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)