戦国無双4-II プレイ日記9

2015年04月02日

netabare.jpg
42senm134.jpg

 すっかりご無沙汰しておりましたが、花粉症の薬の副作用の眠気と闘いながらちまちま進めておりました。今回は3つの章を一気にダイジェスト風に…。決して「大チェストー!」の彼とかけてこの画像にしたわけではないのです…!
 さてさて戦国無双もまだまだ沢山のタイアップイベント等がございますね!

 陣屋敷・戦国無双×TBI Group
 http://jin-yashiki-sengoku.net/

 2015年3月21日(土)~6月19日(金)まで。

 昨年もTBI Groupさんとの居酒屋コラボがありましたが、今回は一店舗に絞って開催なようですね。
 現在は春の陣なようですが、6月19日までと考えると夏の陣? くらいで終了なのでしょうかね。基本的には昨年のメニューと変わらない感じでしょうか。清正ドリンクが個人的にお気に入りだったので、また飲みたいです。もし春の陣以外もあるでしたら人選がどうなるのか気になりますね。

 戦国無双 in ナンジャタウン
 http://event.namco.co.jp/namja/sengoku/

 2015年4月11日(土)~7月5日(日)まで。

 ナンジャタウンさんのコラボの詳細も発表になりました。小少将ちゃんメニューがあってだいぶ救われましたが、陣屋敷とナンジャタウンさんコラボは殆どキャラクタが被っておりますね。人気キャラですし、当然だとは思いますが、毛利、島津、織田、立花辺りは中々厳しいですね…。徳川の一部もでしょうか。
 またこちらでは戦国無双展も行われているようで、そちらも楽しみです。陣屋敷もナンジャタウンさんもどちらも行く予定です!! 楽しみですね~! 小少将ちゃんと真田兄弟のが食べたいです。

 大関ヶ原展
 http://sekigahara2015.com/

 2015年3月28日(土)~5月17日(日)江戸東京博物館
 2015年6月2日(火)~7月26日(日)京都文化博物館
 2015年8月7日(金)~10月4日(日)福岡市博物館

 コーエーテクモゲームスさんも参戦なのでこちらに記載しました。既に楽しまれている方も多いと思われますが、音声ガイドもとてもいいようで! 聴けるなら聴いたほうが良いとお聞きしたので、行く時には聞く予定です。
 個人的に毛利ファンなので福岡での展示が一番興味深いものの、江戸東京博物館に行こうかなと思っております。東京店でも後期ですと毛利秀元の感状も展示なのですよね。

 三つとも行く予定をたてたので、当日が待ち遠しいです!!


 以下、ネタバレなので追記に。
 好敵手の章、約束の章、忠節の章を最後まで。




 タイトルアップデート Ver 1.01が約1ヶ月前にありましたが、
 >技能「収集」を修得していた場合、敵から追加で「兵法書」が獲得できる機能を追加

 これはありがたいですね! あっという間になくなりますし、中々稼げなかったので助かっておりますがそれでもすぐに足りなくなるのですが(笑)
 技能解放はしかしながら楽しいです!! 埋めていくのがなんというか快感ですかね。

好敵手の章

 島津対立花という感じの岩屋城・立花山城の戦いです。ここで島津義弘と好敵手でもある高橋紹運の戦いが描かれつつ、それを見て豊久はなんと感じ取るのかというものでしょうか。

42senm135.jpg

 が! この戦いは大友の援軍に小早川親子きますからね!!! 敵側ですが荒ぶります。秀包も固有グラ欲しいですねぇ…。

 豊久と誾千代のやりとりも好きでして、「女ではない! 立花だ!」と「子犬じゃない! 豊久って言ったろ!」という同レベルというか可愛いやりとりが拝めるのもこの戦いならではで。

42senm136.jpg

 続いての九州征伐では豊久の後の好敵手となる井伊直政と初対面! になるわけですが、画面は吉川元長です!!! しょうがないですね、これは(笑)

42senm137.jpg

 直政の口癖も見事に! 直政もいいキャラですよね。あと何と言っても動かしやすいです。三國の話が混ざってしまって申し訳ないですが、文鴦が少しクセのある感じとなればこちらは使いやすい王道さでしょうかねぇ。

42senm138.jpg

 また関東征伐でも直政と一緒に! この協力奥義のシーンお気に入りなのですよねぇ。台詞は偶然なのですが。

42senm139.jpg

 しかも直政への誘い文句が(笑)
 確かに食べ物も美味しいですし、現実での九州の友人も可愛いですし、孫市辺りでしたらノッてくれそうですが直政には…!

 せっかく好敵手となり、一緒に戦えることが出来たのもつかの間…また敵対することに…。しかし実際は島津は東軍へ付く予定だったのですよね? 史実では。それができなくなってしまって西軍と覚えたような記憶がありますが、実際東軍同士で二人が背中合わせでというのも見てみたくはなりますね。

 しかし関ヶ原でも持って行かれたのは小少将ちゃんとですよ!!!

42senm140.jpg

 クロニクルの方でもEDで小少将ちゃんとという絵がありましたが、いいですねぇ。小少将ちゃんもこういう純真無垢な相手には落とそうとかそういう考えなしに優しい気がします!

 この関ヶ原は毛利がことごとく寝返るというか元から東軍だったというか史実な感じで進むので余計に対比が凄いですね…。

42senm141.jpg

 この豊久の最期が…。直政も色々と心苦しいものがあったと思いますが…。
 今後直政と豊久のライバル関係はもっと描かれるのではないかな、とも思っております。楽しみですね!


約束の章

42senm142.jpg

 この早川殿のくったくのない笑顔と「はい、よくできました」これで始まり、これで終わるこの章は家族愛と、家族同然の者と戦わねばならないという戦国ならではの厳しさのお話でした。

42senm143.jpg

 綾様がいい話を…と思いきや犬扱い(笑)
 綾様にかかれば殆どが犬で、約一名がうろたえメガネでしょうか(笑)
 今回の4-IIでは三郎が自ら人質になりにという風になっておりましたね。

42senm144.jpg

 北条にとっては辛いことがそれは山盛りであり、氏康ですら決して心揺らがずに過ごせる日々ではないと。指摘出来るというかうっかりこういう姿を見せられるのも小太郎だけでしょうかね。

42senm145.jpg

 ここからは甲斐と戦う早川殿に、実の弟と戦う信之が話を。当然ながら迷いを見せる早川殿と、同じ思いだろうに迷いを見せない信之。
 甲斐がいないと情けない、しかしその甲斐を討たねばならないという…。そして甲斐はとうに覚悟を決めているのに対し、まだそれができていない早川殿の心情が、プレイしていて「ああああ~!」と言葉になりませんね!

42senm146.jpg

 いよいよ大阪の陣になってしまうのですが、甲斐が相変わらずで安心しました(笑)
 甲斐姫はこのギャップがいいですよね! 可愛いです。そして何よりも優しく、他者思いというのがいいのですよねぇ!

42senm147.jpg

42senm148.jpg

 「よくできました」
 早川殿が自分相手に鈍った剣を振るう甲斐に対して、そうではなくなったからこそ言った言葉。そして今度は逆の立場に。練習ではない本気で命を賭けた戦いで、というのは泣けますね…。そしてそれら発端から最後まで見届けることになった小太郎と。辛い世の中ですが、それでも氏康の思い、そして北条の精神がしっかりと受け継がれていること、きっと喜んでいると思います。
 このムービーの演出がまた素敵なのですよねぇ…。見届けたと言わんばかりに消えてしまうというか…。
 誰よりも家族思い故に家族と戦わねばならない、そんな中で繰り広げられるドラマでした。


忠節の章

 続いての主人公は、藤堂高虎です。

42senm149.jpg

 松風雅也さんが「伝説のハイタッチ野郎」と呼んでいる吉継とのシーンからでした。
 北条とはまた違う朗らかな長政とお市の所に子のように慕う高虎と吉継がこれまた微笑ましいですよね。二人の為に命がけで頑張るという。

 続いての高虎は信長の甥である、津田信澄の家臣としての登場でした。

42senm150.jpg

 長篠の戦いということでこのムービーがあったので載せましたよ。何度見ても鉄砲の威力に驚く光秀と、表情を変えずに「撃て」と続ける信長の対比がよいですね~!

42senm151.jpg

 しかしこの津田信澄の台詞が分かりやすいくらいに嫌なやつになっておりますね。というか調べて分かったのですが、この人は信行の嫡男でしたか! いやはや知りませんでした。
 しかも頑張った高虎でしたが終わったあとは説教と…。

42senm152.jpg

 しかしながらここでの市の動きが素晴らしかったですね。高虎にとって母のようなというのがよくよく伝わるイベントになっておりました。秀長も固有グラありになってほしい武将の一人です。むしろ動かしてみたくも!

42senm155.jpg

 長政時代、そして秀長へのツテをくれたりと母親のような市を救おうと頑張った高虎でしたが勝家と共に……。せめて市だけでも助けたいと言うのがとても感情を感じるというか。やはり高虎にとっては長政と市、であり、勝家と市ではないのだろうなという風にも感じました。それらがらしさを出しているかなぁなどなど。勝家好きにとっては勝家も助けてやってくれよ! と思わないでもないですが(笑)

42senm153.jpg

 あくまで秀長が主君であるという立場を崩さない高虎がいいですね! そして九州征伐には隆景がいると!! PCではないのが残念ですが…。

42senm154.jpg

 主を何度も変えている高虎ですが、どの主に対しても忠義を貫き、その為ならば友でも斬るというまさに高虎らしい生き方を見せてくれたエピソードだった気がします。
 それでもかつて共に戦った友のために墓を作るなど、主や友への信頼や情なども忘れないというのも魅せられたなぁと思いました。


 それぞれ武将にスポットが当たる、こういう章形式も楽しいですね!! 描かれるキャラが限られてはしまいますが…。
 お次はいよいよ最後の百花繚乱の章で!!! 楽しみですね~温泉! そしてアイドル勝家ちゃん!!
関連記事
スポンサーサイト


コメント

  1. リードマン | URL | -

    私もこのところ、戦国無双は起動してなかったなぁ。
    追加シナリオとかDLはしているのですが
    なかなか時間がとれずに遊べていません・・・orz
    でも、せめて全武将を動かすことはやろうと思います(笑

    各武将にスポットをあてた章だて、良いですよね。
    できれば全武将でやってほしいものですが
    あの人数でこの量だと、さすがにキツいだろうかね~・・・
    でもコツコツとやっていきそうな気もします(笑

  2. マリ | URL | 1JkepbtE

    リードマンさん

     自分もちょくちょく起動という感じでがっつりとはプレイしていなかったのですが、やればやはり爽快で楽しいですよね! 動かしやすい武将ですと特に!!
     全武将、自分も動かそうと思います!!

     全武将スポット当てたの自分も拝んでみたいです…!
     しかしこれからもっと武将が増えていくとなると描き方もスポットの当て方も変わってくると思われますので、そうなるとますます難しいのでしょうかね…。
     今の内にコツコツでしたら可能かと!!! 4-II-IIにして違う武将でも書いて欲しいくらいですね(笑)
     個人的に中々動かす機会に恵まれない今川義元や阿国さん、五右衛門を見てみたいですねぇ。
     阿国さんの口説きの章~一緒に出雲へ編~と、孫市の口説きの章~全敗編~とかいかがです!?(笑)

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)