空の軌跡FC Evolution プレイ日記8

2015年06月23日

netabare.jpg

 コミカライズの連載が7月より再開するようです!! お体の具合もかなり回復、ということでしょうか? 今までお休みということが殆どなかったので、ファンサイトを運営されている方と「心配ですね」「何か続報があれば…」というお話していた矢先に!! いやはや本当によかったです。素晴らしいコミカライズですので、続きがまた楽しみでしょうがない上にツァイスですからね!!!!!! マックス!!!!!!!!!!!!!!!!!!! 今年はゲームでフルボイスマックス、コミカライズでマックスとマックス充出来て、大変幸せな年ですね!


soraevo55.jpg

 「さよなら僕のアントワーヌ……」

 なんて、誰も言いませんが自分が言いたいので書きました。ツァイス編が終わってしまって抜け殻のようになったものの、あとまだワンシーン残ってますからね! 振り絞って拝みたいと思いますよ。あとは最後辺りのあのシーンですかね!!! というわけで自分で「甘ったれるな!」とはっぱかけてプレイしました。
 が、プレイしているのはいいものの、マックスがいないと分かるとメモ帳に打つペースが五分の一くらいにまで落ちるのが……どなたかクロックアップ改よろしくお願いします!(笑)

 このFCEvoは声が付くことによって、まだ明らかになっていない重大なキャラが云々とインタビューにあり、ファンの方とあーでもないこーでもないとお話しておりました。
 もしやこのキャラなのではないか、というキャラクタが一名浮上してきましたが、そうだった場合ではどうしてリベールではほにゃらら~しているのか、という謎などが尽きません。
 また、この声優さんの可能性も…? という方もおりまして、非常に謎です! やっぱり謎です!
 

 以下、ネタバレ含むので追記に。終章冒頭から本選開始まで。
 ※全シリーズのネタバレを含むのでご注意を※





終章 王都繚乱

soraevo56.jpg

 まさかの絵あり!!!! なんという有難いことでしょうか!! さすがクロスベルにもファンがいるくらいの御方ですよ、ユリアさん!!!
 カシウスに教わった剣を、ということで立ち向かいますが、クローゼは捕まってしまい、ユリアさんは振り切った後に大聖堂に逃げ込んだということでしょうかね?
 SCでマックスにも一枚絵付けば嬉しいのですがね(涙)
 
 そしてエレボニア大使館ではミュラーさんが!!!

soraevo57.jpg

 ミュラーも大好きですよ~!! ゼクス中将も大好きですよ~!!! ライエルもですが!!
 いやはやミュラーとのやりとりで本当に笑い転げた感じでした。テキストでも笑いましたが、フルボイスの威力は凄まじいですね。爆笑でしたよ! ご主人さまっ☆な所にも笑いましたが、兄貴ぃぃのような所でトドメさされましたね。初回プレイ時はまさか皇子だとは思っておらず、クローゼの見合い相手だとも思っておりませんでした。

 というわけでいよいよツァイスを離れてグランセルに行きますよ。急がねばということで飛行船を~になるのですが、全ての発着場がまた軍による検問に…。ツァイスにはレイストンから軍の警備艇がやってきてますよ。
 後のことを考えますと、リシャールは王都に滞在ということでこの時はカノーネのみレイストンに戻ったということでしょうか? 侵入者を逃したのをねちっこく嫌味言われてるマックスが浮かびましたが、果たして真相はどうだったのか(笑)
 そして関所の守備隊はブチ切れている兵士も出てくるように。それはそうですよね。犯人捕まっていないのに検問解除になり、その後また検問になったらだったら最初から解除するなという話です。なりふり構わなくなってきておりますが、これらもどうするつもりだったんでしょうねぇ。既に何か裏があるのでは、事情があるのかと気づいているハーン隊長や、ペイス隊長がおりますしね…。

 しかし現時点で、この事件で相当なお手柄だったのに何の褒美も出ないチェスリーが可哀想でしょうがないですよ!!!

 「エア=レッテン」

 リベール十六景になっている滝がある場所のため、観光客が多い関所。
 生誕祭の時期は客がいない。

 ・時系列など
 孤児院が火事になった頃、デュナンが来ることに付いてレイストンから伝令がくる。この件は”視察”ということにされ、無事に終えたあとはハーンとキーンツは必死になって報告書を書いた。
 オーブメントが一斉に使えなくなる事件のあとは、その話で持ちきり。
 誘拐事件後は厳戒態勢(私語禁止)に入る。
 エア=レッテンでは見たことないような警備体制になる。
 終章冒頭では、本部からの新たな通達が下る。この時、上層部はやる気があるのかないのかという疑問や、怒る兵士なども出る


 隊長:ハーン隊長
    ああ見えても曲がったことは許せないタチと言われる真面目な隊長。
    ゴスペル発動時には、情報部が必死になって調査しているのだろうと発言。
    検問解除には相当納得がいっておらず、「何か裏があるのか?」と鋭いところをつく。再開時には遊撃士との関係が悪化しないよう、誤解ないよう説明せねばと言う。

 副長:キーンツ副長
    ぶわははっという笑い、「冗談は髪型だけにしてほしい」など軽い副長。不吉な話を運ぶクロンをからかう。
    普段は楽しい人だが、怒ると物凄く怖い。
    検問解除時は納得いっていないどころかマジで頭に来るぜと宿泊場で大声出して暴れていた。再開時にも、「だったら最初っから解除すんじゃねーよ」とブチギレ。

 部下:ヴェルソ
    ルーアン側の門番。

    クロン
    不吉な話を運ぶと専ら評判の受付。
    検問解除には疑問を持っている。その後にまた復活となると、掴みどころがないと言う。

    ニクス
    ツァイス側門番。検問とも。
    この場所の見張りは景色がよく、空気も爽やかで役得だが冬場は辛い。

    オッター
    宿泊場担当。一人称、僕。

 「ヴォルフ砦」

 共和国との出入口である砦。
 共和国とは友好関係を築いているため、とても平和。関所前にはにわとりが自由に動きまわっている。
 普段は門番は一人体制だが、警戒態勢になると二人体制になる。

 ・時系列など
  誘拐事件後、厳戒態勢に入るがペイスの意向で警戒態勢。
  検問解除には従うが、警備強化という名目で続ける


 隊長:ペイス隊長
    部下たちには気楽に守れ、適当に仕事をしろとと命じている、一人称、私の隊長。
    しかしながら怠けている訳ではなく、無駄に共和国との緊張を作り出さないことを使命にしているため。
    それを理解してくれぬゲルヴィンに悩む。しかしゲルヴィンの能力は評価している。
    ヘニングにはよく理解されているようである。
    検問解除時も、副長の疑問はもっともだが命令は命令、しかし警備強化という名目で続けるという、しっかりと考えている隊長。
    再開時には頭を抱えていたのをヘニングに目撃されている。さらに、本部の命令が奇妙であり、背後に何か事情があるのかもと察しが良い。

 副長:ゲルヴィン副長
    物凄く真面目であり、お堅い人。ここの守備隊は酷いと嘆く。ペイスと話しあうも平行線。
    能力、やる気共にあるが配慮がないとはペイスの評。
    検問解除時に隊長と話し合い、検問再開してくださいと直訴。

 部下:ブラム
    ほぼ常に寝ている門番。
    警戒態勢でも寝ている。検問解除の中ではフェイを気にしている。再開時にも寝ており、フェイは分かってくれたような寝言を言っている。
    中央工房のフェイは元恋人。一人称、俺。

    ヘニング
    ブラムと交代で担当している門番。
    隊長が下の階で食事をとっているときは上の階にいる。
    警戒態勢時はブラムと二人で門番。
    検問解除はどう見てもおかしな話であり、隊長も本心では納得していないだろうけど、絶対口には出さない人と言う。

 「レイストン要塞」

 水上にある、リベール王国軍の本拠地。百日戦役でもこの場で飛行艇を作り、反攻作戦の拠点となる。 
 第一~第八小隊まで確認できる。
 軍事施設のため、写真撮影は禁止。
 守備隊長の部屋にある緊急退避口は、部外者に話せば禁固十年。

 ・時系列など
  3章冒頭時点では、2、3日警備艇のメンテが入ったりしている。その時点で情報部が駐留。
  エステルたちが尋ねに来た時にはサムエルがおらず、情報部もいない。その日の夜にはライプニッツ号が来る予定が予めあるのを早める。
  この時点でレイストンに務める兵は、情報部の言いなりにならなければいけない状況を嘆いている。
  その日の夜に侵入者を許し、逃亡させる
  侵入者の際の手はずは以下
  発着場・波止場:第一~第四小隊
  兵舎:第五小隊
  監視塔:第六小隊
  研究棟:第七小隊
  司令部(地下牢もアリ):第八小隊とシード

  終章冒頭ではソルダート軍用路から立入禁止。


 守備隊長:マクシミリアン・シード少佐(CV:高塚正也さん→石川英郎さん)
      実直であり頭が切れて善人すぎると言われるが、それも含め情報部にいいように使われているという風に部下たちに見られている。
      元カシウスの直属の部下。リシャールの後輩。そのリシャールには家族を人質に取られる。
      アントワーヌには残念ながらフラれる。
      監禁しているラッセル博士の世話役に任命されるが、怒鳴られて追い返される。一応骨のある男だとは思われていた。だが石頭とも言われる。

 部下:サムエル
    門番。
    使われるシードを見て、相手を見て態度を…と思っている。

 「セントハイム門」

 アーネンベルクが美しい、ツァイス側にある方の関所。観光客が多い。
 王都に近いが、エルベ離宮は管轄外。
 アーネンベルクにシーツを干すと、デイル隊長に怒られる。
 最近新兵を取ったばかり。

 ・時系列など
  誘拐事件後、厳戒態勢に入る。その日は訓練の予定だった。
  誘拐事件当日の夜、検問解除になる。
  解除されている間に、テロ対策訓練を行った模様。


 隊長:デイル隊長
    真面目な隊長。セントハイムの守備を第一に、城内、同時に街道の安全対策もと、職務に真面目。
    検問解除には驚いており、不可解と言う。
    リシャールを一目置いているようで、大佐の手にかかればテロリストも一網打尽だろうと言っている。
    一人称、私。

 副長:タルバウト副長
    丁寧で真面目な副長。質問にも答えられる範囲ではお応えしますよ、と気さく。セントハイム門内では三番目にいい男。
    混雑時の警備訓練を考え、隊長に具申せねばと真面目。
    職務を分かっており、命令に従うことで正否判断することではありませんと言うものの、納得はしていないため引き続き警戒態勢を続けていく。
    新たな命令に、無用なトラブルを避けつつ厳正に対処するよう部下に指示済。
    テロ対策時も、遊撃士協会と連携が取れれば捜査も楽だろうとは言うものの、難しいかとも言う。

 部下:ジュール
    ツァイス側の門番。非常に丁寧。ちょっと堅苦しい面もあると言われる。
    顔もスタイルもセントハイムナンバーワン。
    突然の検問解除には釈然としていない。

    ヘクトル
    ツァイス側の門番。割と軽めの口調。
    ジュールに次ぐいい男。
    検問解除には不思議がっている。

    ウェイン
    受付担当。
    武術大会に観に行きたかったようだ。
    リベール通信を読んで、リシャールのファンになる。

    チェスリー
    屋上見張り。一人称、僕。
    この担当になってから、気味悪がられる程目が良くなる。
    ドロシーの証拠写真になった飛行艇を見ており、隊長には報告している。しかし上層部から何の音沙汰もなしという待遇に…。更には警戒態勢がずっと続いているので疲れがたまっている。
    武術大会に出てみたいと思うものの、軍部内の予選を勝ち抜かないと出られないと言う。

    ヴォルペ
    王都側の門番。一人称、僕。
    最近ここに配属された新米。周囲は厳しい先輩が多く、一日中緊張している。テロ対策訓練の疲れもまだ残っている。
    子供の頃、母親に連れられて武術大会をよく見物に行った。

    オルニス
    王都側の門番。
    気を付けていくんだよ、などと優しい。
    親衛隊とやり合うことになったらここも無事じゃすまないと言う。

 「グリューネ門」

 アーネンベルクで有名な門。王都に近いため、兵士はベテランが配属されている。ベテランが多いとのことで警戒態勢でも不安は少ない。
 ロレントの林業の人々や、学者の方々が時々休憩しにくる。しかしながら全体の通行者は、セントハイム門よりも多くない。
 ロビンのことを聞くと、管轄は王都やロレントのよう。
 ロビン隊長は百日戦役経験者。

 ・時系列など
 ミストヴァルドでの空賊とのやりとりの後は調査をし、レイストンに報告している。
 テロリストでの警戒態勢の通達後は、隊の演習が全て中止。
  テロ対策にモルガン将軍が動き始めたという事が唯一聞けるが真偽不明


 隊長:ロビン
    とても丁寧であり、ですます口調の百日戦役経験者。遊撃士にも協力的。生誕祭も楽しみにしている。
    部下に凄く真面目な人で、いつも色々と悩んでいると言われるくらいであり、新人ばかりが配属になったアストンを心配している姿が拝める。
    平和な時こそ有事に備えて演習をと真面目。
    王国全体での警戒態勢には百日戦役のことを色々と思い出してしまいますと…。
    テロ対策時には、親衛隊がテロを起こしたのか、親衛隊と遊撃士を装っているテロリストという噂のどちらが正しいのか、一刻も早く正確な情報が欲しいと言う。
    また、ロレント方面で何かあってもすぐに出動出来るよう体勢は整えている。

 副長:グリヴ
    やさしい。釣り好き。
    テロリストでの通達後、セントハイムは新兵を取ったばかりだから苦労しているかもと心配している。
    演習で親衛隊と会ったことがあるが、陛下を守るにふさわしい人たちだったと言う。

 部下:エトロワ
    ロレント側の門番。とても丁寧。
     
    ロクス
    ロレント側の門番。

    アンデン
    受付。
    戦役以来、地方の出入りをチェックするようになったと教えてくれる。
    この門は歴史のロマンはあるけど、色々不便だということも教えてくれる。

    セルバン
    アーネンベルクの城壁上の見張り。一人娘がいる。
    城壁上の見張りは、冬の夜は暗い、寒い、風強い、肌荒れ、鼻水止まらないために辛く、夏の昼間も暑くて意識が朦朧する、眺めだけはいいが広すぎて大変な場所の担当。
     
    トマス
    屋上部分の見張り。
    ミストヴァルドへ怪しい飛行艇がという報告をロビンにした。ちなみ晴れた日はクローネ連峰まではっきり見える。
    ここの関所の食堂はよく新しいメニューが出るが、全て美味しいわけではないと話す。
    ロビンのことを真面目だといい、人をまとめるのも大変だから足を引っ張らないようにしなきゃと優しい。
    テロ対策時、白いハヤブサを見たと実は重大なことを話している。
     
    シュトル
    王都側の門番。
    
    バランコ
    王都側の門番。
    親衛隊が反逆罪ということにびっくりしたようだ。

 「王室親衛隊」

 女王陛下を守る、女王陛下直属の部隊。
 礼儀正しく、誠実で、強い者達が集まるエリート部隊であり、王族所有の高速巡洋艦「アルセイユ」を使う。
 テロリストにされるが、市民を始め、普段の立ち振舞、正々堂々さから信じていない者が多数存在する。王都では、サニーベル・インに立ち寄る者も。
 鬼の大隊長がかつて存在した。

 ・時系列など
 ルーアンでの市長逮捕時には、まだ試験運転中のアルセイユで駆けつけ逮捕する。
 犯人たちをレイストンに送り届けたあと、クローゼを拾う。
 博士誘拐事件の犯人に仕立てられ、テロリストとして指名手配され、解隊。


 中隊長:ユリア・シュバルツ中尉(CV:小松由佳さん)
    王国軍、一般市民に限らず、クロスベル方面にまでその人気を轟かせている凛々しい女性。女性からも絶大な人気を誇る。
    士官学校時代、カシウスに剣を教わり、また彼女自身はクローゼにレイピアを教えている。
    同じ王城に務める者には、親衛隊でなくとも一兵卒であっても剣術や作法を教え、色々と親切にしており、ファンが多い。”ユリアさん”と親しまれる。

 「その他」

 おそらく王都警備隊所属の方々や、配置不明の方々

「エレボニア帝国大使館」

 ベルガン

「カルバード共和国大使館」

 タクト
     語尾に「~っス!」と付く、元気な門番。

「グランセル港・発着場」

 ダッテン
     要塞から港経由で王都入りしたリシャールを見て、格好いいと言う。

 
     接収したアルセイユを見張っている。

「グランセル城」
  
     城は立入禁止。

 ダン
     親衛隊がエリートぶってていけ好かないというが、ただ単にユリアのファンで嫉妬しているだけ。

 アルツ
     一兵卒にも色々と親切にしてくれたとユリアを慕っている。



 散々振り回された関所の守備隊は怪しいと睨み始め、逆に情報部の情報操作に丸め込まれている王都という差が出てきましたね。他の関所に比べますと、王都ののほほんさ加減が信じられない程です。
 
soraevo58.jpg

 個人的に軌跡一美人と思っているエルナンの登場です!!!! 初回プレイ時は途中まで女の人だと思っていましたよ(笑)
 が、新しい絵はどちらかと言えば男性寄りのデザインですかね? 声の岸尾さんも真面目で知的な雰囲気の声になっていて、凄く出来る男・エルナンという感じです。
 というかエルナンも手腕凄いですし、過去とか全く分かりませんし、怪しいポジションですよね。いつだってどうにでもなれるポジションというか(笑) ほにゃらら役が岸尾さんで確定であればより一層怪しさ満載ですね…。
 エルナンもリシャールに共感を覚えていたくらいで、王都でのリシャールの人気はかなりのものだとか。そりゃそうですよね、真面目で紳士で、頭もよくて武術も出来て、顔よしスタイル良しでずっと私のターンのたまねぎ剣士ですからね!!!! むしろこれで人気にならなかったらどうなんだという感じです。

soraevo59.jpg

 アルツとダンのユリアさん自慢というか、ユリアさんだけは別! というシーンも楽しかったですね。特にアルツの声がどの方なのかとても気になっております。
 しかしデュナンは放蕩三昧ですね…。フィリップさんにも胃薬差し入れしたいです…。

 その後は武術大会の予選を見に行くのですが、チケット受付嬢の方はやはり三上枝織さんですよね、この声!! ポーリィ!
 予選は本選含め、所属不明というかあなたたちはではどこに普段いるんです? という軍人が多いですね。そもそも国境師団と国境警備隊と国境守備隊は一緒なのか別なのかも不明ですし、騎兵隊も王都警備隊なんですかい? などなど…。王都警備隊は隊長さんが姿形見えないので、SCはマックスが警備担当してますし、エレボニアも帝都を守る第一機甲師団どころか貴族派と平民に分かれた部隊もいるにも関わらず、存在感が殆どないというのが似ていますね。本筋からズレたところですし、しょうがないのですが詳細が気になります!(笑)

 「ハーケン門 国境守備隊、国境警備隊」

 帝国への唯一の玄関口。百日戦役後に更に堅牢になった門。国境であるため、常に気が休まらない場所。
 百日戦役以前はハーメル村が見えたらしい。
 国境守備隊は精鋭揃いである。
 モルガン将軍の大声が聞こえると、新兵たちが泣きながら宿泊場に駆け込んでくる。
 兵士たちの殆ど名無し。エレミア曰く、この砦はいかつい軍人。

 ・時系列など
 空賊捕まえるまでは第一級警戒態勢。
 ボースでの強盗事件の際に向かったのもハーケン門の兵士。警備艇が向かうのをヴェルデ橋から目撃されている。
 強盗事件、犯人探し含め国境守備隊は毎日夜遅くまで捜索で働きっぱなし。
 この頃捜査方針を変えることになり、情報部の力を借りる方針になる。この時点で、非番の兵士も明朝の山岳部捜索に召集されている。この規模で動いたのは百日戦役以来。
 空賊は最初ハーケン門に収容後、レイストンへ。
 正確な時期は不明だが、その後にモルガン将軍はハーケン門に監禁になる。一部ではテロ対策時に出動という話も出る。


 隊長:モルガン将軍(CV:小原雅人さん)
    アリシア女王陛下からハーケン門を任されている、百日戦役の功労者であり、責任者であり、カシウス・ブライトの元上官。妻はカテリナ、孫娘はリアンヌ。
    カシウスが退役する際、何度も引き止めるものの退役になり、その後大の遊撃士嫌いに。
    頑固だが采配は確かで凄い人と言われる。
    メイベル市長の父親の友人。カシウスとはレナとも面識があり、手料理をごちそうになったり、赤ん坊の頃のエステルを見たことがある。
    百日戦役の活躍で歴史の教科書に掲載されている。
    毎年武術大会に出場しているが、FCの時に出られず、カテリナ夫人がよほどの事情があると言っている。毎年その時期には王都の自宅に滞在しているようだ。
    客船の犯人探しの際は、一睡もせずに指揮を撮り続け、顔色もよくなかった。
    その後、ハーケン門に監禁状態になる。

 部下:カルコス
    人生行き当たりばったりの、元々帝国を旅行しようとしていた人。旅費が尽きたために入隊する。
    初任務は空賊のアジト突入。


 国境警備隊 第2連隊:パウル少尉
               武術大会予選落ち。

 
soraevo60.jpg

 そこかしこでリシャールの人気を聞きますね。
 ある意味ではこれほど大きなことを起こしたが故に、情報部への注目や雑誌等のインタビューもあるということで人気も上がったと思うと、若干複雑ですね。そうでなくとも、きっとこれほど人気になる人物ではあったと思いますが。

 またこの時点でグリューネ門のトマスがジークを見ているので、ある程度居場所は絞られると! トマスと言い、チェスリーと言い、見張りがしっかり機能している場面が多々あるのがまたいいなぁと思います。


 軍部の動き…

 情報部、生誕祭を妨害しようとしているテロリスト(親衛隊)がいるということで、全ての発着場に検問を敷く
 王国中の軍用施設が全て厳戒態勢に入る(王国全体での警戒態勢は百日戦役以来)
 ↓
 各関所には、親衛隊がテロを起こし、遊撃士を装って活動している者もいるという通達を出す
 王室親衛隊は全員指名手配。解隊される
 ↓
 エルベ離宮を捜査本部として立入禁止にする。その実態は人質をまとめている為
 ↓
 モルガン将軍はテロ対策に動き始めたという情報がグリューネ門で確認される。真偽不明
 またグリューネ門のみ、親衛隊と遊撃士を装っているテロリストたちという噂が出回っている
 ↓
 リシャールは既に王国中枢に食い込み、政務を引き受けている。
関連記事
スポンサーサイト


コメント

  1. ハード | URL | .lZZYl.k

    自分のプレイのほうはまだこちらのプレイ日記には追いついていないのですが
    一度やってる作品ではあるので拝見させていただきます。

    エルナンさんは初見時誰もが騙されるんじゃないかというキャラだと思います。
    実際自分も普通に騙されてましたし、
    此処まで美人だと騙されないほうがおかしいんじゃないかと疑うレベルです。
    けど今作はフルボイスなので初見さんでも騙される心配はなさそうですね。

  2. ハク | URL | -

    マリさんの軌跡の進行具合を見ると「FCってこんなに短かったっけ?」と錯覚します
    加えてシードさんがメインキャラのように感じます
    ……いえ、マリさんにとってはメインだということは十二分に承知しておりますですハイ

    え?エルナンさん男だったの?(驚愕)
    「リベールの遊撃士協会の男性支部長はジャンさんだけなんだ、へぇ~」っと当時エルナンさんに会って思った気がしたのですが、どうやら思いっきり気のせいだったようですね

  3. マリ | URL | 1JkepbtE

    ハードさん

     ありがとうございます!
     いやはや一度プレイしておりますが、数年ぶりのプレイとフルボイスで新鮮に遊べるのはいいですねぇ。

     エルナンさん騙されますよね!?
     リメイク前はもっと女性的なお顔に近かったのもあり、受付嬢美人でいいですねぇと思いながらやっていたらの、「あれ? 男性…?」と!!
     今回は声が付いたおかげで性別を間違える心配はなくなりましたね。
     それにしても素性が気になる一人です…

  4. マリ | URL | 1JkepbtE

    ハクさん

     サブクエすっ飛ばしもあれば、早送り機能がイベントにも戦闘にも付いているので、かっ飛ばせるところは本当にすっ飛ばせるのですよ、ありがたいです!

     大丈夫です。マックスについてはさんざん言われているので、ご安心を(笑)
     むしろ、もう二度と「あんなキャラのどこが?」と言わせない為にも布教込めてメインばりに書いてますから……

     エルナンさんの性別間違えた方、というか出会って即座に男性と見抜いた方どれほどいるやら!? ですよね。
     今回は声が男性ですので、間違える心配はないかと!!

     >「リベールの遊撃士協会の男性支部長はジャンさんだけなんだ、へぇ~」

     ルグラン爺さん!!
     ルグラン爺さんおりまっせ!!!

  5. 3倍 | URL | -

    声が付くとなお一層オリビエとミュラーの掛け合いが楽しいですね。これは他の軌跡シリーズでもそうでしたけど。
    キャラが喋るセリフの顔グラに怒りマークが付くのはミュラーくらいなんじゃ?って思うのですが…

    ユリアさんの新規絵がもう凛々しくて惚れますね。
    マックスの新規絵はSCで期待でしょうか。
    個人的には3章の終盤で一枚あってもよさそうでしたが、アントワーヌに振られるシーンとかw

    エルナンの美人っぷりに拍車がかかった感じが…
    ギルドの受付の人たちって元遊撃士というわけでもないみたいですしどういう経緯で選ばれているんでしょうね。自分から受付やりたい!って応募するのか?それとも引き抜きみたいに選ばれるのか。エルナンは軍人というか参謀のような作戦立案能力があるみたいですし、キリカは泰斗流の極めた実力者ってのもあるのでしょうけど。

  6. マリ | URL | 1JkepbtE

    3倍さん

     本当に仰る通りで!
     フルボイスでのあの二人の掛け合いは爆笑しっぱなしですね!! 全部持っていかれるというか、個人的にはこの掛け合いで買う価値アリくらいな勢いです。
     怒りマーク、ミュラーだけですよね!? 引きずるのも含め、愛されてますよね、皆さんから!

     新規絵のユリアさんはもうクロスベルでもこの写真くださーい! くらいなのでは!? と!!!
     マックスは人気が出たらあるんじゃないですかねぇ…(涙)自分もアントワーヌのところでもしかしたら…なんていう淡い期待を描いておりましたが…!!!
     フラれシーンの一枚絵あったら大爆発どころじゃ済まない感じですね!(笑)

     エルナンさん、本当お美しいですよね!
     そして同じく、ギルドの受付は謎です。一応元遊撃士がやる場合があるというのは劇中で語られておりましたが、皆さんお若いですからねぇ。
     アイナさんもあの3rdのあとどうやってなったのか気になります。
     引き抜きもありそうですよね!!
     特にエルナンについては個人的に非常に怪しくなってきましたので、もし当たっていた場合、今後語られる過去があるのではないかな、とか思っております…。

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)