討鬼伝 極 プレイ日記52

2015年10月13日

netabare.jpg
tkdk675.jpg

 何の場面かと言いますと、劣勢台詞を聞くために全滅覚悟でダメージをくらいにいっている場面です。
 上記スクショの時も聞けています。確か息吹だったような…?
 アプデ前はちょくちょく劣勢台詞が聞けましたが、アプデ後は遊びやすくなったために中々にレア台詞になったのではないかと。
 この劣勢台詞を秋実さんと野良さんが集めておりまして、自分も聞いてみよう! と、挑戦しておりました。が、中々に大変ですね。条件が未だに曖昧ですが、ほぼ確定条件として以下でしょうか。

「劣勢台詞条件」
 ※ほぼ確定要素くらいであり、確定条件ではない

 ・任務開始から30分以上
 ・ダメージをある程度くらっている

 ・一度の任務でも複数聞ける(数分ごと?)

 おすすめ任務は極級のジュボケツ2体でしょうかね。自分もこちらで挑戦していました。が、30分がこれまた長くてですね…。NPCが優秀なので、PCが積極的に攻撃してしまうと30分かかりません。
 放置でも可能ですし、自分は強化していない鎖鎌の鎌を地上からの攻撃でザクザク斬るという戦法を取り、30分以上かけてやっておりました。これがまた辛いですね…。

tkdk676.jpg

 なので、途中で天吉撮影大会をし始めると!!!
 そして30分後はダメージをくらいにいくのですが、「集」指示でもNPCたちは避けるのでダメージが中々! 一番確実なのは自分が倒れて祓っている所に鬼が攻撃をというものでしょうか。ですがその分、失敗の確率も跳ね上がり、何度か無駄にしてしまいました。

 が、劣勢台詞は劣勢だけあり熱いですね!! 討鬼伝は声優さんの熱演もおすすめの部分ですが、劣勢台詞もとてもよかったです。全部聞いたわけではないですが、自分は息吹の「死なねえ、死なせねえ」がグッときました。戦場の伊達男は本当に伊達男だと。


 ところで話が全く変わるのですが、相馬のミタマの関係性を妄想しておりました。
 他のキャラクタはかなり分かるのですが(個人的には大和のミタマが猛烈に納得でした)相馬だけはあまりピンと来なかったのです。ただもしかして、腹心の部下だったであろう四人と、四鬼をかけているのか…? とも思ったのですが、どうなのでしょうかね。
 相馬ファンの方々の考察を拝聴せねば…


 以下、共闘のことなど。






 9月は十五夜! ということで、お月見共闘が開かれました。

tkdk677.jpg

 お馴染みの秋実さんと野良さんです。
 御二方とも、男主人公を使用されているので自分も男主人公でとも思うのですが、男主人公データは残念ながら台詞聞き用になっており、セーブができないと…。なのでいつもお馴染みの女主人公で出撃なのです…。

tkdk678.jpg

 最近スクショ力がどこかの時空へ飛ばされたようで、貼れるようなものが1枚も撮れないと…。一体何が起こっているのか分かりませんが、とりあえずまだ見られるものを…。

 お月見ということで、うさぎの餅つき、ウタカタだと天狐という妄想の派生からモフモフ装備にしてみました。
 ちなみに自分と野良さんの頭装備が秋水さんなのは、秋実さんが大の秋水ファンなのでサプライズでやってみませんか? と、話を持ちかけた結果なのでした! 無事に成功しまして、反応頂けた時は嬉しかったです!!

 武器はまんじゅうか半殺しでしたが、半殺しは最終段階ではないためきりたんぽで突撃に。
 領域もお月見ということで夜桜が美しい安でした! まさにお月見ですね。

 途中で特殊任務も行ったのですが、空気よめない自分がモフモフ装備に切り替えての突撃でどの辺がお月見? になってしまい申し訳なく…。皮が出たのはありがたかったです!!
 お二人とも、ムジナ武器コンプどころか武器コンプやもう一歩でという方々なので自分も続きたいものですね!!

tkdk679.jpg

 ちなみに自分のお月見装備はこちらでした。
 それにしても秋水さんの頭装備はコーディネートが難しいですね。木綿ちゃんの装備もそうですが、二人共なりきり装備で欲しかったです。この二人の装備可愛いですよね!




 お次は、くろとさんと都合が合ったのでそこからお声がけしての共闘でした!
 ひじきさんと、今回初めてご一緒させて頂いた穴倉さんです。いつか~と思いながら中々機会がなかったのですが、この度無事に!! ありがたいです。

tkdk680.jpg

 まずは、くろとさんが裸クエヤマのトロフィーを狙いますということで、迅太刀担いで行ってまいりました!!
 四人ですとあっという間すぎですね!! そして個人的に面白かったのが、自分も太刀だったので残心で動きを止めるのですが、太刀師匠であるひじきさんも太刀だったためほぼ同時にそれらをやっていたと! 太刀は二人以上ですと、一人はそのまま斬り続けて~という戦法の方が良さそうですね。自分は下手なのでタイミングの練習にもなり、そういう意味でもありがたかったです。

tkdk681.jpg

 これは少し格好いい感じのスクショではないでしょうかね!?
 さてさてこの日は驚くほど床ペロをしまして、ここ最近まだマシになったかな~と思ったらの凄まじいペロ率でした。申し訳ございません…。

tkdk682.jpg

 このスクショは面白いですね! 縦一列な感じが! 順番に攻撃します! というような感じに見えなくもないと!

tkdk683.jpg

 こちらはポリタンズでの出撃でした!
 棒や薙刀以外でも最近お気に入りの銃でも参戦しました。いつも隠銃なのですが、銃は何のスタイルがよいのでしょうかねぇ。遠距離ですと、以前は弓魂をよく使っておりましたが。癒銃のサポートはしやすそうですね!

 皆さんそれぞれ武器やスタイルがその時その時で変わりますので、それに合わせてというのも楽しいです。
 討鬼伝はスタイルだけでは戦い方が分からないのもまたミソだと思っています。何に特化させているかでも全然違いますし、個人用・周囲用でもまた違いますし。
 こういう動き方、戦い方ができるのか! と、毎度発見があるのも楽しいです。

 今回は穴倉さんが初めてだったのですが、流転はもちろん、鬼がダウンしているところで連昇や追駆、ここぞというときに破敵などで動きを止めてくださったりと、魂はいかなるときも攻撃ができる強みがあるのを改めて実感しました。
 以前は魂人間だったので、久しぶりに魂でも参戦したいですね!

tkdk684.jpg

 画像は献ですが、加速マンな空でもちょくちょく参戦していました。その時、やたら縮地で傍にいったり、隣で治癒していたのは祓殿の効果を付けるためでした。
 しかし縮地での祓殿の周囲効果は中々狙っては難しいのですよね。到着地点あたりでそれが付くので。
 もっと加速構成を考えてみるのも楽しそうです。

 くろとさんは鎖鎌マスターな御方なのですが、献でプレイされたら一体どのくらいの回数を千切することができるのか…と、実は密かに思っております。

 この度も楽しい共闘でした!!
 今度はミタマスタイル縛りというのも楽しそうですね、全員献などなど。
関連記事
スポンサーサイト


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)