コミカライズ 空の軌跡SC 第2巻感想

2015年11月14日

netabare.jpg
英雄伝説 空の軌跡SC (2)<英雄伝説 空の軌跡SC> (ファミ通クリアコミックス)
 待望の第2巻が本日、11月14日に発売されました。
 誰が表紙になるのでしょうね! という話題で、ファンの方々と盛り上がっておりましたが、妖艶な紫色の空に薔薇の花びらを盛大に散りばめたオリビエでした。
 裏表紙は既に公式twitterに出ておりますが、折り込み部分とカバーを取ってもまた楽しめるようになっております。その辺りは購入された方のお楽しみで! しかしながらどのキャラクタもいい表情でしたねぇ。カラー組は正直オリビエ以外は表情は難しいのですが、それでも伝わると!!

 というわけで、今後SCの月ごとの感想はこの表紙の方に切り替えたいと思います。
 3巻や今後はどなたが表紙にくるのか楽しみですね! シェラさんも期待したいですし、ケビンさんも期待したいですし。カシウスというのも見てみたいですがどうなるのでしょうかねぇ。あとは何色の空になるのかも気になります!!


 ファミ通コミッククリア:空の軌跡SC
 http://www.famitsu.com/comic_clear/se_sc/

 ちなみにこのSC2巻は、マックスファンにはすこぶる重大な単行本でございますね!!!
 というのも、マックスが大活躍したFC版のコミカライズの5巻は既に新品での入手は難しいです。電子書籍版でしたらいつでも大丈夫ですが、紙媒体の方は中古でしょうか…。
 紙媒体で尚且つ新品でマックス!! となりますと、入手難度が低くて済むのはこちらに! というわけで、マックスファンの方は既に購入されていらっしゃる方が多いと思いますが、とても推したいと思います!!


 以下は感想ですが、毎月更新日にも書いているのでざっくりとしたものになっております。
 単行本での修正等含めた詳細は、まっこ作さんのサイトを御覧ください。






 本編より何より、あとがきのことを最初に書きたいと思います。
 ヨアヒム先生!! と、嬉しく思っていたらの内容が…!!! 衝撃でございました。
 休載期間、お体の具合が…と、心配でしたがとても大きなものだったのですね…。無事に手術を終えることができ、また成功になり、ファンはとにかく嬉しく思いますし、安堵と共に、関わった関係者の方々の技量にただただ感謝をと思うことしかできず…。
 また執筆できる状態にまでなられたこと、ただただ本当にありがたいと思うしかできませんね。心からそう思いますが、ファンにできることは買い支えること、アンケートなどの声をしっかりと届けることくらいしかできません。一人では些細なことにしかなりませんが、それでもその一人一人が揃えば莫大になりますしね。そう信じて、応援をしていきたいと思います。
 本当に本当にご無事で何よりです…。


 2巻は7話から始まります。旧校舎でブルブランと…というお話からです。
 なんといってもこの戦いはオリビエとブルブランの美の語り合いも見どころではありますが、クローゼの気高さ、そしてオリビエのオリビエらしい励まし方・弱点の見抜き方など王族、皇族のキャラクタの魅力が冴え渡る部分でもあるかと思います。
 もう一つ同じくらいの目玉は、決してこの話では姿を見せないあのキャラでしょう。

 クローゼはジルやエステル、ヨシュアやハンスなどの同級の前で見せるクローゼという顔と、クローディア姫という顔の差が魅力でもあると思っています。
 どちらも彼女の魅力には違いないですし、二重人格というわけではもちろんないですが、スイッチが入るというのでしょうかね。ブルブランの口説きに対してのきっぱりとした言いっぷり。信念を持った瞳とそれらが乗った台詞の重み。これらが素晴らしいと思います。
 またここのお話はオリビエもとてもいい面を見せてくださるなと思っています。
 いつも通りのお調子者というような台詞も沢山ありますが、がむしゃらな攻撃や無駄な動きを一切せずに、弱点を見抜く点。アーツがあまり効いていないことに少し悲しそうにするクローゼに、「ドンマイ」と気を楽にさせ、また挑戦すればいいという鼓舞を自然にさせるその気遣い。彼の人生も色々とあったと思いますが、それでもこうまで人にやさしくなれるのは素晴らしいですね。
 ふたりとも立場が立場ゆえに、色々とあると思いますが、この二人がいるならばエレボニアの未来も、リベールの未来も明るいだろう、そう思わせてくれる部分だと思っています。

 そして目玉のもう一人。
 クローゼだけは自分のアーツで沈めたわけではないことに気付き、その方向に目をやっておりましたが、これが凄い演出ですよねぇ。姿を見せない所が。話を知っている読者ですと、ニヤニヤしますが、初見の読者にはまだこの時点であのキャラの実力は分からないと。何度読み返してもこの演出が大好きです!!
 その分、あの「大きなねずみ」のシーンの気が抜けたような顔と、次のコマで見せる人懐っこい笑顔と台詞がまた映えると!!
 今後もこういった活躍がありそうですが、こうなりますとやはりSCラストにはそれはもう絶大な期待をせざるを得ないですね!!! 痺れすぎておかしくなりそうです。


 そういえば感想を書いていたときに、自分でも書いて気に入っていたのが、「歩く金庫カシウス・ブライト」でしょうか(笑)
 金庫レベルではない気がしますけどね!!!


 そして第2巻最大の見せ場というか感動する場というか「あああああああ」しか言えなくなるのが10話です。
 正直もうこの10話ばかり読み返していて、先の感想書けませんね(笑)いや、ツァイス編も色々あるのですよ! ラッセル家や、鋭いアガットさん、ヴァルターの容赦なさなどなど。だがしかしこの10話に全て持っていかれるのです!!!! ハンス君がすこぶる男前な話と共に、10話以降は他の方の感想を特におすすめします!!!

 というわけで10話なのですが、何度見ても笑顔で手を降って要塞から登場するとかどこの大天使ですか!? え!? もしかしてエイドスとは君のことかい!!? と、言いたくなるほどには大天使過ぎたマクシミリアン・シード(34)が、満を持して登場ですよ!!!!!!
 こんなに笑顔だなんて…もうクライマックスなんじゃ…という感じですが、すぐにFCでのことを思い出してつらそうな顔になり、読んでるこちらの顔は緩みっぱなしです1! という感じですね。そうなんですよマックスは微笑みもいいですが、つらそうな顔も最高なんです……。どうしてくれましょう。こういうのをS心に目覚めさせるというのでしょうかね!? ああああ罪深き殿方…。
 文章が少々乱心しておりますが、まだ読めるだけマシですね。赴くまま書きますと「fgklvbんm,ちゅおp@hjkl;:mんbvc」と、全部文字化けのごとくになるでしょう…。
 そんな大天使マクシミリアン・シードがなんとまぁメカフェチ!!!! というかのようなシーンを!!!!! なんというなんというなんという!!!!!!!!!!!!!!!!
 啄木鳥氏のオリジナルシーンですね。アーツ使いなので導力器の使い方も~ということでという!!!! ありがとうございます!!! という感じで五体投地レベルでございますね。
 ただの文官ではないのです!!!!!!! 導力器も出来てしまう中佐なんです!!!!! 昼行灯じゃないんですよカノーネさん!!!!!!!! と、お伝えしたいですね(笑)
 詳しい感想は10話感想に書いてますが、このマックスの台詞も大注目ですよ個人的に。この言葉の選び方、言い方。士官ゆえに上に立つ立場が確定している方ですが、決して乱暴にならず、偉そうにならず優しく言うのが!!!! その御蔭で舐められるような態度をFCで取られたものですが、そこがまたいいんですよ…ヨダレ…。これらのシーンは軍人として、上官としてというマックスではないからこそ拝めたシーンで、あああああ最高です!!!!!!

 そして軍服金庫カシウスも登場しますが、このエステルとのやりとり…。マックスが傍におりますが、独立機動部隊でも同じだった彼らですしそういう姿を見せるのも信頼の証かもしれませんね。
 今回のファルマガでは氏がカシウスについて少し触れておりますが、まさに自分もそうだと思います。英雄ゆえの悩みかもしれません…。ですがそういう弱さもあるというのが人間らしさも感じられてよいですよね。完全無欠の英雄はいない。それでいいと思います。軌跡シリーズは絆を大事にしていますし、だからこそ余計にそう思います。


 というわけで10話以降は他の方に託します!!!!!
 他の感想は地震で慌てるマックスと、あれほどの揺れでも倒れないマックスの私物であろう猫の人形の凄さです!!!!!!!!!!! 立体化おめでとうございます、あの猫の人形!!!!!!!!!
関連記事
スポンサーサイト


コメント

  1. まっこ作 | URL | GCA3nAmE

    感想、楽しみにしておりました!!
    自分が書くよりも早く書き上げられてて……さすがマリさん☆と思いましたv
    しかも、こうして表紙も紹介していただけると、かなりの宣伝になりますよね!
    ……自分とこの雑記が本当に簡単なシステムなので、もうちょっと考えないと;
    特に直接記事にジャンプしないのは時々困ります(笑)

    表紙。
    本当に素敵ですよねv
    誰になるのか?という予想もしつつ、こうしてようやく拝めると感慨深くて。
    薔薇の花びらも盛大に散りばめられていて、本当にオリビエらしさが存分に表現されてます♪
    3巻は誰になるのか…今後予想が楽しみですね!!
    そして色も、おそらくそのキャラクターに合った色になるのではないかと期待です。
    カシウスさんとかも見たいですよねぇ。
    すでにツイッターでは、「誰々を表紙に!!」と言ったご意見もちらほら見られて(笑)
    皆様の期待がかかった表紙、しんき先生にとってかなりのプレッシャーになりそうです☆

    FC編第5巻がファル通で完売の今、シードさんを拝めるのはこの巻ということで!!
    いやいや中古でも良いので、第5巻を入手していただきたいんですけどねぇ。
    本当、困った話です(泣)
    でも、とりあえず第2巻でも、シードさんが素敵だったのでv
    今回もニヤニヤしながら拝んでおりました(笑)

    自サイトへの誘導、ありがとうございます!(笑)
    うおお、責任重大だこれは!と感じつつも、気力が倍増しまして☆
    あっさり書くことができたので、本当に感謝しておりますv
    誰かに期待していただけるだけで、これほど大きな力になるとは……!!
    しんき先生にとっても、応援の声は大きな力になるのかなぁと思うと、
    頑張って関係各所に感想送りたくなります♪

    あとがき。
    おお珍しい、ヨアヒム先生だー!と思ったのも束の間。
    うおお、あの件のことか……!!と戦慄が走りましたっ。
    しんき先生を無事に復活させていただいた、関係者の皆様に御礼申し上げたいですね!
    ファンとしては本当、どうしようもなくただ祈るだけの毎日でしたが。
    復活された時の感激はもう、忘れられそうにありませんっ。
    「もう大丈夫!」というお言葉に、思わず安堵の涙が出てしまいました……!!
    プライベートのことと言えども、お話を伺えて心から感謝してます。
    そして、読者の声が揃えば、凄まじい力になると信じているので!
    ステマと言われようが、自分にしか出来ないことをこれからも続けていこうと思いますv

    再び読み直してもクローゼの可愛さだけでなく、凜とした姿に凛々しい瞳。
    揺らがない想い。また人を惹きつける魅力。
    さすが次期国王としての能力がすでに備わっているというか。
    そしてオリビエも普段の調子とは打って変わっての、的確な意見にアドバイス、
    さらには相手へのこと細かな気遣い。
    リベールおよびエレボニアの未来は安泰ですよね!!
    ……まぁ、エレボニアでオリビエがどれだけ力を発揮できるかによりますが(爆)
    帝国次回作での活躍を期待したいと思いますv

    人馬兵を沈めたのは自分ではない?と気付いているクローゼさん!
    後ろを振り向いているのは、決してブルブランを見ていたわけじゃなくて、
    その先にある校舎屋上を見ていたとか…なんというかもう、細かい描写に驚かされますv
    あれについて、どれだけの方が気付いていらっしゃるのか、心配になるレベルです(笑)
    まぁ、あの人自体がまだちゃんと正体明かしているわけではないので、
    あとで読み直した時に気付いていただけると嬉しいですねv
    最後のチラッとボウガンが映るシーンや、大きなねずみシーンも含め、
    私も大好きな場面となっております♪

    「歩く金庫」の件はもう、大爆笑ですよ!!
    とても的を射ておりますv
    彼が敵側でなければ(ぇ これほど預けて安心な場所はありません(笑)
    いやいやもう、敵に回したくないNo.1ですので、やめてください(爆)

    第10話について、再び語っていただき、ありがとうございます(笑)
    その想いをまたしても味わうことが出来て、とても嬉しかったですv
    大天使と称しても過言ではありません……!!
    これほど、自分の心を癒してくれる表情をする人物なんて、
    そうそうにおりませんので☆
    アーツおよび導力器のエキスパートということが前面に表現されてて、
    彼を侮るなんて、どこのどいつですか……!?(笑)
    話し方も本当にその優しさが滲み出ていて。
    リベールで軍人とあまり距離を感じさせないのは、カシウスさんとシードさんの
    お陰かなぁと改めて感じますv
    頑丈なねこの置物、つい真っ先にチェックしてしまいました(笑)
    カシウスさんから地震が来ることを聞いて、慌てて対策を練ったのかもしれませんねv(ぇ

    マリさんの荒ぶりをまた拝見したいので(笑)
    シードさんの再登場、これからもお待ちしたいと思います……!!

  2. マリ | URL | 1JkepbtE

    まっこ作さん

     改めまして2巻発売おめでとうございます!!
     いえいえ、感想は今回初の書店購入だったので当日に書けました。大体Konozamaなので…!
     表紙はAmazonさんのリンクなので著作権も安心ですしね!! 重宝しております。
     まっこ作さんの雑記もHTMLで打ち込めるタイプでしょうか? それであればこの表紙の使えますよ! ポンデリンクさんを使用しておりますが、画像のみで載せられますのでおすすめです。
     直接記事へ飛べるようになるとますます便利にですね!!

     表紙本当に素敵でした!
     3巻どなたになるのか、空の色含め楽しみです。おおっと! 既に表紙のご意見が!? さすがですね!!
     そういうのは純粋に喜ばれるのではないでしょうかね!? 予想をいい意味で裏切るFCのジンさんみたいな感じでの人選も嬉しいですよね~!

     本当にFCの再販を…と、思いますが、電子書籍も強いですしね! 何はともあれ売れて欲しいと!!
     が、FC5巻はマックスのカラーが!!!! あれらは紙媒体でも拝んで欲しいですし、是非中古でも紙媒体で入手を応援しますね!!

     書き込みでも書きましたが、無茶ぶりすみません!!(笑)
     まっこ作さんならばやってくださるはず!! 毎回してくださっているので!! という大いなる期待を込めてと!!
     まっこ作さんへの応援にもなればこれまた嬉しいです。本当に尊敬しております。
     声は重大ですよね。やっぱりあるのとないのでは気力に大きな差が…。何らかの反応はやはり嬉しいですね!(誹謗中傷以外。笑)

     あとがき衝撃でした…。
     あれ? ヨアヒム先生!? と、喜んでいたら内容が…。
     大変失礼ながらそれほどのことまでとは想像しておらず…。しかし期間が長かったので、もしや…? という面もございましたが、何よりもTLで「大丈夫なのかな?」「次はいつになるのかな?」というファンの声や、フィールドワイさんが少し触れたりされるのも、まさにこの漫画と啄木鳥しんき氏というご本人様が愛されている証拠ですよね。
     普段他のお話をしているファンも更新日には一斉にというのも凄い現象だと思います。
     「もう大丈夫!」この一言ほど嬉しく、また頼もしく思える言葉はないですね!!
     ステマ!!? 胸を張ってダイマにしましょう!! 自分も全力でお手伝いしますし、基本的に絶賛しかしていないのでダイマなつもりです!

     さて内容ですが、クローゼの愛らしさと凛々しさのうまい融合具合、オリビエの的確なアドバイスや気遣い。さすが上の立場の方々ですよね。
     まだ帝国編は続くでしょうし、オリビエの今まで作ってきた地盤を元にといってもらいたいですね!

     人馬兵のあの目線の先が屋上をというあの描写が凄いですよね。しっかりと方向を把握しているのかこの姫殿下は! さすがです! とも。
     あの描写、ケビンさんファンの方々は皆さんがっつり気付いておられてますよご安心ください!! 燃えに燃えておりました!! 反則、と!!

     歩く金庫もありがとうございます!!!
     笑って頂けてナンボです!! 敵に回したくないですね…3rd泣きましたよ、無理ですこの親父! と!

     10話についてはもうおかしくなるレベルですね(真顔)
     自分にとってのエイドスはここにいた!! と、信仰する勢いで(笑)
     こんなに色々な表情が拝めるのもコミカライズならではですし、ファルマガもそうですし、さまさますぎです!! SCはまだ次の王都もマックスですしね!!!! 全力で荒ぶる覚悟はできております。
     リベールの良さはそこなんですよね! エレボニアも軍人との距離が一部は近いですが、一応士官学校というのもあります。が、リベールはそうではないですが、国柄が人柄にも出るのでしょうかね。微笑ましいです。
     エレボニアはああいう厳格な部分がそこが素敵なのですがね!!

     今週も最新話更新になりますよね…?!
     王都編でもマックスなので、うふふ…えへへ…と緩みっぱなしで待機しつつ、カノーネvsユリア戦に向けて血を滾らせておこうと思います。

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)