コミカライズ 空の軌跡SC 第13話感想

2015年11月20日

netabare.jpg
英雄伝説 空の軌跡SC(2) (ファミ通クリアコミックス)

 ファミ通コミッククリア:空の軌跡SC
 http://www.famitsu.com/comic_clear/se_sc/
 
 2巻が発売されたので、エステルからオリビエへ…。
 既にコミッククリアさんのページは過去のお話は単行本へ…となっております。第1話と、最新話のみですね。
 2巻は感想で書きましたが、マックスが出るのでファンの方には全力でおすすめです!!

 コミッククリアさんですので、恐らく来月も更新あり、1月も更新ありと予想しておりますが、単行本のあとがきでもありましたように、健康第一に漫画を描いて頂けるのをファンはというところでしょうか。お元気に年越しができますよう、気が早いですが願うばかりです。


 なんだかんだと、SCEvoも発売が迫ってきましたね。
 ファル学目当てに限定版を予約していますが、初回封入特典の「イベント優先申し込み応募券」とはなんじゃい、という部分ですかね。
 それぞれ公式twitterでイベント応募券が~と呟きがありましたが、どんなイベントなのか全く分からない辺りが…! ゲーム関連なのか、ファル学関連なのか、大きくひっくるめてファルコムさん関連なのか。謎です。

 それからSCは結社編の箱もあるので、これはめでたく製作決定になった3rdEvoは教会編もある可能性が増えましたかね!!? 総長も是非!!!! と。総長ファンは思います。


 そして話をコミカライズのお話に戻しまして、最新話の13話はツァイス編のラストになりました。絶体絶命のピンチに現れたのは、もちろん《不動》のジンさん!
 今回は単行本作業があったということもありでしょうか、P数は少なめですがそれでも見どころたくさんですね。個人的に、ジンさんとアガットさんそれぞれがとても印象的でした。


 以下、ネタバレなので追記に。
 全シリーズのネタバレを含みますのでご注意を。






 最初の一コマ目のエステルの表情からして、ジンさんならと心から安堵するのを感じつつ、全開の笑みではない部分がそれだけ嬲られたというのも感じますね。ヴァルターが笑うというのも対になっているのが、余計に対比を感じます。
 普段大らかなジンさんですが、「あの後すぐにな」という台詞で見せる視線の鋭さはグッときますね。キリカの父親を…というのは、ジンにとってもキリカにとってもヴァルターにとっても物凄く大きなことだったと思います。それをまぁ軽々しく…。そこがヴァルターらしくていいと思います。いい人ばかりではないですし、逆にエステルやジンのようないい人がいるからこそ、ヴァルターや教授のような人たちも輝くと。光あってこその影、影ができる光、そこが面白いと思っている部分です。
 実際そういうのを感じたヨシュアは消えてしまいましたし。堂々と影の部分を楽しめる教授や、そうではないと思うヨシュア、それぞれのキャラクタ性がいいなぁと思います。
 この後の、ジンさんらしいゆとりを持った態度が尚更ヴァルターに火をつけるというか、ヴァルターが結社入りになるきっかけにもなった「あの後」へのことを考えると、焦りも感じるのだろうなぁとも。
 すこぶる優秀だというのに、周囲への焦りを感じてしまい…というのは少しリシャールさんと似ている気もします。ジンさんもマックスもそれぞれヴァルターとリシャールを、とても優秀だと思っていたからこそだったでしょうがヴァルターにとってはどんどん迫るジン、リシャールにとっては他の国が余裕を奪ってしまったのかなとも…。
 こういう部分があっても変わらず自分の道を信じて貫ける人がカシウスのような所謂英雄と呼ばれるようなポジションになるのでしょうね。英雄にも人間らしいところはあると思いますが、折れるわけにはいかない部分は決して折れないと。
 まだこの部分では結社=悪としての描かれ方をしていたと思うのですが、閃の軌跡シリーズからはそうでもなくなってきましたので、今後ヴァルターが出番があるときにはどういう風に描かれるようになるのか気になります。

 ともあれ、ヴァルターの渾身の一撃でもあろう攻撃を自らで受け止めきれるジンさん凄いですね!!! さすがです!!!
 気のいいジンさんという描かれ方がコミカライズではとても表現されていて、尚且つ妙齢の女性に弱いというのも描かれるので、とても好きです!
 何より一番お気に入りは、お!? エステルを横抱きするんですか!? と思いきや、アガットさんまで!!!!!(笑)
 これはジンさんならではですよね。あとティータも乗ることできるんじゃないだろうかとも思ってしまいました。 
 オリビエとティータが「おお!!」と、尊敬の眼差しですが、読者もまさに同じ感じでは?


 無事にツァイスの街に戻ることができましたが、ここからはアガットさんに注目でした。
 なんといってもジンさんがいなければまさにおしまいという形でしたでしょうし、更に上をいくレーヴェがいることを考えればアガットにはまだまだ道のりは遠く。折れた大剣もそうですが、自身の何かもぽっきりと…そんな感じがします。心が折れたというのではなく、なんというか気が抜けているというがボーッとしているというか。
 キリカさんは変わらずテキパキと仕事の話をしますが、ねぎらいの言葉は忘れず、微笑みもあると!
 またアガットの話に戻りますが、アガットさんがどういう想いで剣を振るっているのか、それが言わなくともここにいる全員が分かっていて、全員がアガットのために協力をしようとしているのが凄くよかったです。
 ぶっきらぼうで、照れ屋な部分もあり、言葉遣いが…というのもありますが、それでも誰も怪我をさせないため、命を捨てさせないために頑張っていることはしっかり伝わっているのですよね。
 オリビエの冷やかしにもちゃんと反応するのもまたとても良くて。
 みんながみんなを想っているのが伝わるのが凄くいいなぁと思います。そういうのが好きな部分でもあるので、そういったところを改めて感じられるようなものを漫画で読める幸せがありがたいです。

 キリカさんのジンさんへの対応の相変わらずさもまたとてもよく。
 まだここでは過去の話はしませんが、ジンさんがすごく気にしているのがまたいいですよね!! そしてキリカさんがヴァルターとの過去を話すその時が今から楽しみでしょうがないです。
 しかもあのキリカさんまでもがアガットにしっかり言うのが!! それを目線をそらしながら聞くアガットさんがまたたまりません。

 今回は珍しくオリビエがおとなしかったですが、色々と察しているのか王都で何がというのを考えているのか…。
 何はともあれ次からのツァイス編も楽しみです!!! レンとの再開、ティータにとっては出会い、そして何よりマックス!!!!!!!!!!!!!! カノーネvsユリアという最高の戦いが待っておりますのでね!!!!!!!!!!!!! 今から鼻息荒すぎます!!!!!!!!! 万歳!!!!!!!
関連記事
スポンサーサイト


コメント

  1. まっこ作 | URL | GCA3nAmE

    自分の感想がようやく書けたので、やっとこちらに突撃できます(笑)
    あ、もちろん既に拝読しておりました☆

    オリビエさんの表紙にまたしてもドキドキ(笑)
    SCEvoの発売も間近ですね!と言いつつも、まだ予約してなくて(爆)
    イベントってなんでしょうねぇ。
    しんき先生のサイン会とかだったらどうしましょう!?(マテ)
    3rdEvoの箱は教会勢で占めてもらいたいです☆
    総長の……と考えただけでニヤニヤが止まらなくなりましたv

    ジンさんの登場に安堵しつつ、その鋭い視線にドキッとしながらも、
    戯けてみせたりと、数コマなのに彼の性格が全て詰まった感じでしたねv
    そしてジンさんとヴァルターの対比。
    お話の中で、こういった対比があると深みも増すといいますか。
    面白く感じる部分ですよね!
    相容れない想い……悲しいですが、現実に確かに存在するものだと思います。
    また、マリさんの『自分の道を信じて貫ける人が~』のくだりにも唸らせていただきました!
    特に今回、何かしらの事情があって……というのが伺えた以上、
    簡単に「悪」だとは決めつけることができず。
    再度彼について語られる日が待ち遠しくなってしまいました。

    渾身の一撃を受け止めたジンさん、さすがですよね!!
    そしてエステルとアガットを軽々と抱えられて。
    もう一人くらい余裕なんじゃないかと、思ってしまいましたねv
    ティータの尊敬の眼差しが印象に残ってます(笑)

    ツァイスに戻ったら、アガットさんの番でしたね!
    大々的というわけではないのですが、すごくクローズアップされていたように思います。
    ぽっきり折れてしまったのは武器だけではなかったと……。
    『武器がねぇと~』の台詞がとても切なく感じてしまいました。
    剣をかなり頼りにしていたのが伺えましたが、武器がなくても出来ることはある、と。
    キリカさんにガツンと言われて、目が覚めたのではないかと思います。
    ぶっきらぼうでも、滲み出る優しさを皆はすでに知っているので。
    彼をサポートしてあげたい、という気持ちが溢れていて、見てて微笑ましく感じましたv

    キリカさんとジンさんのやりとりも面白かったですね!
    昔からの付き合い……というのがさりげなく表現されていて。
    皮肉を言えるのもジンさんが相手だからこそ、でしょうね(笑)
    とにかく、キリカさんは今回もすこぶる美人でしたv

    オリビエ、大人しかったですねー!!
    でもさりげない一言二言に存在感ありました(笑)
    おそらく留守番組だと思うんですけど……自己主張しなかったのは珍しいな、と。
    何か用事でもあるんでしょうかね?←まだ早いから
    そして、ついに王都ということで!!
    シードさんの再登場、期待したいと思います♪
    あとはレンとの絡み……ですね!
    FC編から登場していたのが、どう響いてくるのか。
    来月の更新が今から待ち遠しいですv

  2. マリ | URL | 1JkepbtE

    まっこ作さん

     まっこ作さんのコメントも記事の一部ということで、いつも楽しみにしております。
     コメントを書くこと、返信するときに感想を書くときには浮かばなかったことが浮かぶのも楽しいですね!

     オリビエの表紙、明るいのですがしっとり子安さん的な感じで素敵ですね!
     サイン会!!? もしもそうであったら予約した意味が全力であるという!!! ファル学関連なのか、はたまた別なのか、せめて大まかなイベント内容くらい先に教えて下さってもとつい…
     3rdは教会箱来るって信じてますよ!!! が、特典は、あれだけ女性陣多いのでまぁそういう方面だろうなと思うのですが…

     まさにジンさん! な、回でしたよね。
     ヴァルターとの対比や、ヴァルターの人間味が顔を覗かせるのもジンさんがいたからこそと思っております。
     相容れない想い、たくさんありますよね。何かしらの事情の部分は、個人的にはキリカさんが後々に言う台詞に賛成派ですかね(笑)というかあれ? 実は今回のヨシュアと逃げたというか姿を消した点は一緒なんじゃヴァルター、とも!
     そういうキャラもいるからこそ、そうではなかったキャラ、ヴァルターに関しては今後どうなるのか楽しみにもなりました。
     自分を信じて貫いている人はもしかしたらブルブランが最もなのかもしれないなとも最近(笑)

     あの一撃を止めたのは凄すぎですよね! さすがA級…。
     エステルもアガットも立派な人達ですが、体躯ではこう勝る者なしな勢いでしたね。ティータのキラキラ感良かったですよね~!!

     ここでアガットさんに焦点をというのが愛されてますし、今後描かれるであろうミーシャさんとの回想、レーヴェとのに繋がっていく大事な一部分なのかなとも思いました。
     武器がねぇと~は同じく切なくなってしまいましたね…。しかし遊撃士はそれだけではなく、しかもアガットであれば武器がなくともと太鼓判が素敵でした!!
     本当にサポートしてあげたい! というの分かりますし、エリカ・ダン夫妻いたらこのシーンないなという意味でもレアな感じが(笑)

     キリカさん、美人ですよねぇ…
     零から服装が現代的になりましたが、個人的にまたこちらの服も着て頂きたいです。どんな姿でも美人ですが、最も輝いている気がします。
     皮肉言えるのもという部分もいいですよね! ジンさんとのやりとりは見ていて和みます。

     オリビエは空気読んだのでしょうか!?(笑)
     一言二言にというのも全く同感です!!
     何か用事というか重大な用事が控えてますしね!! 自分あの一度っきりの完全皇子服大好きなのですよね。漫画でどう描かれるのか凄く凄く楽しみです!!
     マックスがもし来月のお話で出たら…ゴクリ…
     王都編はレンの動きが気になりますね!! カノーネさんの活躍も楽しみですし、我らがエルナンさんもおりますし!!!!

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)