討鬼伝の楽曲が収録されているCDのまとめ

2015年11月30日


 討鬼伝も演奏されるということで、ニコ生のタイムシフトを予約して聴いたのですが、なんとなんと!! あの「千年ヲ駆ケシモノ」のTEKARUさん版で拝聴できたのです。まさに悶絶と!!! 視聴期限が短いので、聴ける範囲でひたすらリピートしております。
 お聴きになった方も多いと思いますが、本当に格好いいアレンジでしたねぇ。まだどのCDにも収録されていないので、早く収録されて欲しいです!! という思いでいっぱいです。元々格好いい曲ですが、バンド版のアレンジですのでロックさや、和風では味わえぬ部分のリズムのノリなどとにかく最高でした。

 というわけで、討鬼伝は音楽に物凄く恵まれていると思うのです! 定期的に生演奏・ネット配信で堪能できる機会があると。坂本さんが精力的な活動をなさっているというのがやはり大きいと思いますが、これまでにTEKARUさんのバンドアレンジ、オケアレンジ(HIDE×HIDEさん加わった版あり)、吹奏楽アレンジ、トリオアレンジといろいろなジャンルでも聴けるという旨味もございます。
 また、CDも色々と出ておりますので出ている範囲でまとめてみようと思いました。

 個人的に印象に残っている演奏会はやはりプレスタでしょうか。
 昨年のプレスタでは討鬼伝もコーナーの一つにありましてそこで討鬼伝を知った方、プレイしてみようと思ったという呟きも沢山見かけました。まさに生ける宣伝になっておりますね!
 そして今年のプレスタではまさかまさかのアンコールでのメドレーに入ったと!!!! 感激のあまり泣きましたし、思わず現実でガタガタッとなり、アンケートに猛烈に感謝感激の言葉を綴って箱に入れた思い出も。何度でも何百回でも言いたいですが、本当に最高でした…。あの討鬼伝のロゴがスクリーンに映しだされた瞬間の心臓が止まったかのような感覚…。
 今度は討鬼伝単独のコンサートがいつかあれば…と、ひたすら夢見ております。自分が石油王だったらその財力で開きたいとかつぶやいたこともありましたが、宝くじを買って3億円当たるように祈ればいいんですかね?(笑)


 以下、まとめです。





討鬼伝 オリジナル・サウンドトラック


 CD販売:あり
 デジタル配信:あり

 関連記事:討鬼伝 オリジナル・サウンドトラック感想
 http://jory1999.blog55.fc2.com/blog-entry-1973.html

 討鬼伝初のサウンドトラックです。無印の部分の楽曲すべてと、ボーナストラックにTEKARU HECTOPASCALにも収録されているTEKARUさん版の「鬼討ツモノ」も収録になっています。
 こちらのTEKARUさん版の鬼討ツモノが確か討鬼伝の楽曲では初の生演奏になった曲かと思います。討鬼伝に携わった中條さんも参戦しての演奏ですので、そういう意味でも盛り沢山のアルバムだと思います。
 こちらはCDでもデジタルでも両方あるので、お好きな方が選べますね。坂本さんのサイン付きで持っていらっしゃる方も多いのではないでしょうか!


討鬼伝 オリジナル・サウンドトラック


 CD販売:トレジャーBOX版のみ
 デジタル配信:あり

 関連記事:討鬼伝 極 オリジナル・サウンドトラック感想
 http://jory1999.blog55.fc2.com/blog-entry-1764.html

 こちらは惜しくもCD版はトレボを購入するしか入手手段がありません。元々サントラはこれでしか入手できないというお話でしたが、デジタル配信ありになったようで、朗報でした。せっかくの素晴らしい音楽を、特典のみというのは本当にもったいないと思います。
 人気曲であろう、「ウタカタ・秋艶」「千年ヲ駆ケシモノ」なども収録になっております。Amazonさんのデジタルミュージックで試聴もできますので、確認もできます。
 
 追記前でも書きましたが、オーケストラとHIDE×HIDEさんコラボのこの二曲も本当に素晴らしかったです。そのプレスタではメドレーだったので、いつかフルで聴きたいと切実に思っております。


Hideki Sakamoto Trio


 CD販売:あり
 デジタル配信:なし

 関連記事:Hideki Sakamoto Trio 感想
 http://jory1999.blog55.fc2.com/blog-entry-1831.html

 討鬼伝から「ウタカタ」と「鬼討ツモノ」の二曲が収録されております。
 Violin、Cello、Pianoのアンサンブルで演奏されています。和風かつ和楽器で構成される原曲を、西洋の楽器で奏でるとどうなるのか。曲の持つ美しさや迫力は変わらず、しかしながらまた新しい討鬼伝の世界を感じられると思っております。


TEKARU HECTOPASCAL


 CD販売:あり
 デジタル配信:あり

 TEKARU HECTOPASCAL

 討鬼伝から「ヒノマガトリ-火凶鳥-」「ゴウエンマ-業焔魔-」「鬼討ツモノ(TEKARU feat. Kenji Nakajo)」の三曲が収録されています。「鬼討ツモノ」は討鬼伝オリジナル・サウンドトラックのボーナストラックと同じものです。
 こちらはTEKARUさん版なのでバンドになったらこういう風に! という音たちと、新たなアレンジを楽しむ感じでしょうか。特にゴウエンマが個人的に癖になる感じで好きなのです!
 以前も書きましたが、このアレンジ版のヒノマガトリとゴウエンマはドット絵の鬼たちのBGMで遊んでみたい! と思います。
 同じ曲でも楽器の編成が変わるとこうも違うのか! という感じでとても楽しいですね。



 以上が、現時点での討鬼伝の音楽が聴けるCDでした。詳しいことは感想にて…。
 こんなにも色々なアレンジで聴けるというのも相当幸せなことですよね! が、通常のオケ版や吹奏楽版を聴き逃しているので、またチャンスがあってほしいとも切実に思います。

 目下のところ気になるのは、討鬼伝2の音楽も坂本さんが担当されるかどうかですよ…。年内は情報は来ないだろうと思っているので、来年の早い内に分かると嬉しいなぁと思っております。
 討鬼伝に限らずですが、これからもどんな曲を創りだされるのか楽しみです。
関連記事
スポンサーサイト


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)