空の軌跡SC Evolution プレイ日記6

2015年12月23日

netabare.jpg
scevo59.jpg

 アストン隊長の章!! と、勝手に思っている4章です。
 この4章残念ながらスクショを撮ったはずが誤って消してしまったのか、撮ったはずが撮っていなかったのか途中のスクショがごっそりないと…。せっかくの増援の兵士たちのスクショがあああああとなりつつ、ケビンさんも撮れていないと…!
 というわけでスクショ少なめです。マックスの章が終わって気が抜けたのでしょうか…。

 この章で気になっているのは、一応調印式の警備という大役を終えたのでマックスは少しは休みを貰えているのかどうかです。疲れきっていても万々歳なのですが。アリルちゃんの仔たちを是非拝ませてあげたいですね!(笑)


 以下、ネタバレなので追記に。全シリーズクリアの方推奨。
 4章最後まで。






4章 霧魔の標的

 閃の軌跡では帝国軍名物のハヤシライスが食べられましたが、それは週の内の1日のみ。他の6日間は、塩辛いだけのコンビーフに、煮崩れした味気のない豆、カビの生えかかった黒パンが必ず出るメニューを食べていると語るミュラーですが、そういう食生活でもしっかり体型が維持できるのもさすがですね。この辺りはゲームなのであまり突っ込むことではなさそうですが(笑)

 というわけでミュラーの初名乗りシーンに!!

scevo60.jpg

 格好いいですねぇ…。ミュラーもかなり好きなキャラです。3rdでもスタメンでした。
 そして一騎打ちをやりますが、いや~EASYの楽さは凄まじいですね。ミュラーのあの怒涛の攻撃がかすり傷程度になりますし。

 本気対決をしたらどうなっていたのでしょうか。姿を見せてしまった時点で、ヨシュアの最も得意とするところは使えないわけですが…。
 それはさておき、山猫号は奪われてしまい、ハーケン門に連絡が行くと…。

 というわけで4章なのですが、個人的にはやはりアストンですかね!! アストン隊長が物凄く隊長としての頼もしさ、できた人というのを魅せて下さるのが…。こういう真面目キャラに弱いのは、こうして書いている人間がちゃらんぽらんだからでしょうかねぇ…。


 ボースへ行くはずでしたが、急に濃霧になってしまいロレントで降りることになりました。
 軍部はといえば、ひたすらずっと警戒体制が続くわけでして、嫌気が差している兵士も多いですね。士官でもこの後そういう台詞を言う者も増えてきます。確かにFCからほぼ振り回されっぱなしですしね…。

scevo62.jpg

 途中でアリルちゃんのクエストはこなしつつ…
 濃霧があまりにも凄いということで、ロレントにはヴェルデ橋方面から2個小隊が警備につくことになりました。ハーケン門からの出向者もいるようですね。もちろん隊長はアストンです。

scevo63.jpg

 途中ですれ違うのですが、テンション上がりますね!! ハーケン門からの増援と共にロレントを守ると言ってくれます。声は増谷さんですね。
 アストン隊長といえば優秀な王都勤務の軍人でしたが、なぜかヴェルデ橋に飛ばされてしまい、やる気のない新兵との日々…な方です。飛ばしたのは旧情報部だと思いますが、改革があっても異動にならない辺り新兵教育をしろというか、ゲームの設定上まぁそんなに簡単には変われないということですかね。
 息子のルックは元気が有り余っている少年ですが、父親のアストンは母親が、「昔から落ち着いた子」と、表現するくらいです。今は腕白坊主なルックは大人になるにつれて、父親似になるのかどうか気になりますね。そんなルックが濃霧の影響で眠りから覚めぬ状態になってしまいます。しかし決して暗くはならず、あくまでも軍人として警備をという芯の強さを魅せて下さります。
 エステルたちも、ルックのことが心配だろうに…強い人という表現を。おくびにも出さないところが、本当にできた人です。決して冷たいわけではないというのもまた分かるのが…!

 アストン隊長やっぱり最高です! と、思いつつパーゼル農園に向かえばケビンさんに再会です!!
 デバイン教区長が王都に連絡したそうで、徒歩で来たと!! あの霧の中凄いですね! とも思いますが、そういえばこの時点ではメルカバの設定はどうだったんですかねぇ…。あれば楽ちんですが。が、しっかりグリューネ門の兵士がケビンが通ったのを見ているので徒歩で頑張ったのだと…!

 この後はロレントでたくさん兵士が見られるので、テンションマックス!! なわけです。しかもマックスさんもいますしね。マックスさんはガガーブではベビーフェイス、クロスベルでもイベントに参戦と割りと美味しい役割ですね。

 ちなみにここでもアストン隊長褒められています!
 その代わり部下が酷いと言われますが…。勤務中に釣りをして叱られた~という感じの部下なのですが、なにかにくめない感じもします。が、兵士として頼れるかと言えば……、頑張って欲しいですね(笑)

scevo64.jpg

 グリューネ門の真面目な隊長のロビンはアストンのことをFCから気にかけています。相談を受けたりもしているようですし、交流があったのでしょうかね、もともと。ロビンも、この警備が成長につながれば…と思っておりますが、願いはまぁ虚しくも……。

 翌日ルシオラと戦いますが、クロスベルでもお会いできましたし、今はどうされているのでしょうかねぇ…。
 結社も今や宰相が! という時期に入ってますし、どう対抗していくのでしょうか。

 「ヴェルデ橋」

 新人ばかり配属になった関所。新米兵士たちのやる気がない。とても長閑な場所で、川のせせらぎや鳥の鳴き声がよく聞こえる。
 ロレント側は殆ど新兵であり、ボース側はまだベテランが配置されている。
 アストン隊長とダイン副長は、百日戦役経験者。

 ・時系列など

 空賊事件中は第一級警戒態勢。犯人逮捕後、通常勤務に戻る。
 空賊団残党が現れてから、警戒体制がまた続く。
 ロレントの濃霧では警備に向かう。アストン隊は全員がロレントに向かっている。


 隊長:アストン
    部下からも立派で真面目と言われる隊長。
    母親からも、昔から落ち着いた子と言われている。
    王都本隊(王都警備隊の事を示しているのかは不明)に所属していた有望な兵士だったが、突如こちらに配属。着任して日が浅い。
    ロレントの濃霧の警備では指揮をとる。
    やる気のない新米たちを鍛え直す真面目であり、遊撃士にも協力的。モルガン将軍の遊撃士嫌いも知っている。
    新兵を鍛え直すために全員自分の所に配置させた。真面目過ぎる故に、人の2倍くらい苦労してるのではないかと部下に言われる。
    その新兵教育には悩んでいて、ロビンがそのことを知っている。
    ルックの父。母はマギー。百日戦役経験者。

 副長:ダイン
    砕けた口調であるが、あれでいて仕事はちゃんとする人と部下に言われる。マイペースで何でも楽しんでいるように見えるとはラコスの評。
    百日戦役経験者であり、アストンとタイプは違うが有事の際でも落ち着いている。
    行方不明の客船が中々見つからない際、さすがのモルガン将軍もヤキが回ったかねぇと言うが、こんなコト言ってたら隊長に叱られるなとも。
    上記にもあるように、割りと正直に言うようで、ロレントの警備の際も手間が増えるからなるべく客はホテルにいてほしいと言っている。

 部下:スコット
    ロレント側の門番。退屈過ぎて、雲の形で連想ゲームをしてしまう。訓練が嫌い。
    濃霧の際に警備に向かうが、街中でもあるのであくびができないと言っている。
     
    ハロルド
    ロレント側で見張りをしている。以前は農場で働いていたが、王国軍に志願し、配属されたばかり。戦うのはおっかないと言う。
    勤務中に釣りをしていてアストンに叱られる。
    濃霧の際の警備はスコットとペア。

    アントス
    ボース側の門番。一人称、僕。
    アストンを立派と称える。
    客船行方不明時に、関所にも中々情報が入ってこないことに歯がゆい思いをする。
    強盗事件の際はすぐに駆けつけたいと言い、前線で働きたいと言った。
    ロレント警備ではハーケン門の兵士とペアを組む。

    ラコス
    ボース側の門番。
    ロレント警備ではハーケン門から出向のホッパーと組む。普段なら無口なやつもキライではないけれど、こういう任務のときはツライとこぼしている。


 いつも思うのは新兵はアストンが受け持っていますが、もしダイン副長が担当になったら一体どうなってしまうのかと…。
 アントスとラコスだからこそやっていけていると思いますが、スコットとハロルドはかなり言われそうですねぇ…。
 個人的にはアストンとダインの会話も気になるのです!! ダインが正直に言ってどやされたりもしているようですしが、そのシーンを見てみたかったのです!!



 4章での軍部の動き

 旧情報部残党の襲撃の日にボースでも空賊団残党が山猫号を奪う。その後、ハーケン門に連絡
 ↓
 空賊団の残党の影響もあり、未だに警戒体制続く
 ↓
 調印式翌日、ロレントが濃霧のためヴェルデ橋方面から2個小隊が警備に出向。ハーケン門からの出向者もおり、指揮はアストン
関連記事
スポンサーサイト


コメント

  1. 3倍 | URL | -

    アストン隊長いいですね!
    今までもマリさんが書いてきたことかもしれませんが、主役級以外のこのような士官にもちゃんとスポットを当てる、今回アストン隊長はルックの事はもちろん心配だがまずは職務を全うするということをきちんと描写している…こういうところは他の軌跡シリーズ以上に造り込まれているなあと思うのです。FCからの人間関係もそのまま引き継がれているのが当たり前のことかもしれませんが安心します。

    このように真面目で部下からの信頼が厚く慕われているという点から見てもマックスのような上官になってゆくのかなあなんて色々と想像してしまいます。


    ミュラーカッコイイんですが、Normalでもそれほど強さを感じませんでした(汗)というか、カプア一家がかなり強い気がしました。

  2. マリ | URL | 1JkepbtE

    3倍さん

     アストン隊長、モブなのですが凄く格好いいです!
     3倍さんがおっしゃるように、ちゃんとそれぞれリベールで生きてる軍人がしっかり描かれているのですよ。名前だけしかなくとも、ここまで描いているのは空な気がします。
     閃が士官学校という面もある学校なので、空以上にいくかな? と思ったのですが、ここらはIIIに期待でしょうか!?
     FCからの人間関係もそうですし、アストンの場合はまずは職務を。息子も心配だけども、国民を守るための職業ということで私情を挟まずにというのは鑑ですよね。

     思います!!! マックスのような上官になると思うのですよ!!
     勝手な妄想ですが、新兵がもう少しどうにかなったらまた王都などの重要な場所に異動になる気がします、アストンさん。

     というかこういう緻密に描かれているからこそ、リベール軍部が好きなのです!!
     そういうのが少しでも伝われば嬉しいなと綴っているのですが、3倍さんのようなコメントを頂けますと、本当書いてよかったな、と(涙)ありがとうございます!!

     ええええ!? Normalでもそれほどですか!?
     もしやEvo化で難易度下がったのでしょうかね…? それか調整入っているのでしょうか。
     自分PSPではNormalだったのですが、「これ負けイベントですよね?」と判断したくらいボロ負けでした(笑)

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)