空の軌跡SC Evolution プレイ日記9

2016年01月04日

netabare.jpg
scevo83.jpg

 またまた軍部が活躍する章がやってきましたよ!
 6章のプレイ日記の薄さがいたたまれず、即座に7章へ…。次の8章は言葉にならないというか文字化けするというかフルボイス&一枚絵の威力に完全にやられたので万々歳です。7章も物凄く燃えますがね!!!!!
 どれだけシリーズが続いてもリベール軍部が一番です。関所の兵士など含めても本当にみんな大好きです。
 モブではありますが、お話にそってかなり動きが見えますし、気に入ったモブを見つけるのもまた楽しいですし、ほとんどの兵がリベールのために、市民のために! と、励む姿は熱いですね。その姿がよくよく感じられるのがこの7章だと思います。
 何度も書いていますが、しっかり関所の兵たちもFCからそれぞれ考えて文句も言ったり、不満はあれど上官の命令は絶対というのを守りつつでも自分たちでできることもとしているのが描かれているのがこの空の軌跡のいいところだと思っています。リベール軍部ファンがもっともっと増えたら嬉しいですね~!!

 また自分は帝国軍部も好きですが、リベールは珍しく軍と市民の距離が短いというのが今のところの設定なので、帝国は帝国の良さがあると思います。ただこの先設定が変わる可能性もあるので、どうなるのでしょうか。IIIでの機甲師団を始めとする軍部も注目したいです。


 以下、ネタバレなので追記に。全シリーズクリアの方推奨。
 7章最後まで。






7章 四輪の塔

 ヨシュアが戻ってきたことで、モルガン将軍を始め上層部に結社の動きが伝わることになりました。
 既に戻ってきたその日の内にカシウスから全王国軍に第一種警戒体制発令ということで、軍はまさに休むこと無く警戒体制続きに…。第一種厳戒態勢ですと、全関所が封鎖となる戦役やFCのクーデター並なのですが、警戒なのでまだ、でしょうか。しかし第二種警戒体制で通行などの審査は厳しくなっていますので、それらを上回るというところでしょうかね。
 ちなみにここでは改めてハーメルの件が一切沈黙をというお話が。リベールにとっても国を守るためには仕方のない話であり、帝国は主犯格が全員処刑という凄まじいお話に。しでかしたことを思えばあれなのですが…。この辺り機甲師団はどこがどういう派閥になっている、いたのか気になります。

 さて、カシウスも到着し父息子のやりとりをするわけですが…

scevo84.jpg

 この台詞はカシウスが言うからこそ意味が何倍にもなると個人的に受け取っています。もちろんいい意味での何らかの形ということだと思いますが、カシウスレベルになればそれがまた悪い意味にも繋がってしまうと。しかしながらそこでどうなるか、どうするのかはそれぞれですし、だからこそ良きことにもなり得る可能性も秘めているのだろうな、と。
 マックスも言っていましたが、「何を使うかではなく、どう使うか」というのは人でもそうかもしれませんね。
 基本的に気の良い人が多いリベールは、こういう大人が多いからこそというのも感じます。こういう国もあれば、怪しさも醸し出している騎士団もありますし、それぞれがその独特のカラーが出るのがこういう大きなお話の楽しさだと思うので、それぞれの色が出るお話が今後も出てくれればいいなぁとも…。

scevo86.jpg

 しかし和やかな時間も束の間。
 すぐさま事態は動き出し、各地の関所が紅蓮の兵士たちに襲撃され、更に各地の塔も斥候部隊が撃破されてしまうと…。
 カシウスとモルガン将軍はそれぞれ全部隊を指揮のため、レイストンとハーケン門に大急ぎで戻りつつ、各地の塔は遊撃士たちが出撃になりました。
 ここではクローゼの決意とも思えるアルセイユの貸出、そしてオリビエも決意の第一歩になるであろうために戻ってしまうと。このオリビエの離脱はがっつりスタメンだった自分には衝撃でして、これから執行者戦だというのにオリビエなしでどうすれば…! と、初回プレイ時は慌てた思い出が。

scevo87.jpg

 叔父上のゼクスはこの当時はまだパルム市でしたしね。あああ、ライエルは何処に…!!! と、今では思ってしまいます(笑)そもそもライエルなんて閃IIで生きているのかどうか不明ですのでね…生きていて欲しいです。

 遊撃士はアルセイユで移動します。このアルセイユであれば定期船の3倍で移動できますので、王都からロレントへも30分ほどです。ここでアルセイユのおさらいを書いてみましょうか。

 艦名:高速巡洋艦《アルセイユ》
 所属:リベール王国軍 王室親衛隊所属
 全長:42アージュ
 最大離陸重量:312トリム
 エンジン:ZCF XG-02(ツァイス中央工房製・新型 導力エンジン「XG-02」搭載)
 最大速度:時速3600セルジュ

 王室所有の船。
 新型エンジンを8基格納するエンジンルーム、高度な情報処理機能を備えた次世代型ブリッジなど、最新鋭になっている。
 内部は結構広く、新任者はよく迷うらしい。
 通常でも定期船の3倍は速く、最大戦速時は立っているのは困難。


 ちなみにここでのアルセイユは我らがアントワーヌが!!!!

scevo88.jpg

 残念ながらマックスはいないですが、ツァイス工房が誇る優秀でイケメンなレイ先輩が。アントワーヌはもしやレイ先輩が好みでついてきた可能性が…? と、思わずにはいられないのですが果たして(笑)
 少なくともマックスに対しては「ねむい。だるい。疲れた」で即行帰っているにも関わらず、このあと一緒に旅しますからね。まぁそんなマックスもいいんですよ…というのはさておき、レイ先輩の顔グラは見てみたいですね。にがトマトを作った張本人ですし、そういう意味でも拝んでみたいです。
 しかもこの時はクライゼンも技師で乗っているのですよ!!! クライゼンとトットくんのやりとりが凄く好きな自分はこの時のアルセイユは最高なのではないかと。

 また、翡翠の塔では斥候部隊のハインツが状況説明をしてくださったのですが、どこの部隊なのか不明なのですよね…。一応まとめではヴェルデ橋に書いてしまいましたが…。

scevo89.jpg

 トラット平原でも榴弾砲を使用し、人形兵器に放ちますがまったく効果はないと…。すぐさまそれを判断し、実戦に切り替えての戦いですが、街に近付けるなというのはやはり熱いですね…!!

scevo90.jpg

 その上でのユリアさんのこの台詞! これがフルボイスなので更に格好良く熱いのです。それぞれの関所ではやはり震える兵士ややる気のない兵士というのもおりますが、それでも殆どの兵士が人や街を守るために命をかけてというのは、軍部ファンはどうしても焦がれるものがありますね…!

 リオンも言う通り、ツァイスでは激しい戦闘が繰り広げられているようですが、いざとなればレイストンの支援が受けられるのもこの地ゆえ。しかしそれらに頼ることなく防衛戦を切り抜けられることに。
 その代わりレイストン要塞駐屯部隊は五大都市への展開の準備に入ります。

 またリベール通信でもこの号は軍部について触れているのですよね。噂の独立機動部隊のお話ですが、ここはカシウスが退役後に解隊になったのでしょうかね…。
 それはさておき、百日戦役でも活躍となった独立機動部隊は小規模ながら単独での作戦行動が可能な編成の部隊であり、現在カシウスが考える軍が柔軟な動きができるようにというのも、元々この部隊があったからこそなのですよね。
 そこでの辛くとも輝かしい日々で過ごしたリシャールさんが、戦役後に堕落しきった軍を見て絶望を感じるのも分かる気がします…。収賄などが絶えなかったというのはマックスも話していましたが…。
 カシウスの退役を惜しんだゆえにああいうことをしでかしましたが、それが原因で復帰となり、自身は軍から離れることになるというのはなんとも…。

 というのは本筋には関係ないので話を戻しますが…

scevo91.jpg

 3rdで剣聖・剣帝コンビと対戦できますが、キリカ・ユリアペアというのも見てみたかったですね。個人的にはモルガン、カシウス、リシャール、マックスの四人チームと対戦してみたかったですねぇ。勝つ気0ですがそこがいいと!(笑)


scevo92.jpg

 お次はルーアン地方です!
 孤児院の子たちを兵士たちが必ず無事にというのがまたまた熱いですが、ここではグラッツスペシャル先輩たちも加わることに!!

 が、ルーアン地方で実は一番功労者なのは操舵士であるルクスではないでしょうか。

scevo93.jpg

 ただでさえこの大きな機体を維持させるのも結構大変な上に海風が強くて姿勢維持が大変と。あのいつもノリノリで俺様なルクスが、「話しかけないでくれ」や「これだから海沿いはいやなんだよ」と言うほどですので、相当なのだな、と。ホバリングは大変というのは素人ながらに知っておりましたが、風のある所は想像するだけで凄いですね…。

scevo83.jpg

 ルクスが大変な頃、悠々自適なのはアントワーヌ!!!! 癒やしです!!!!!! にゃおにゃおにゃおにゃおにゃ!


scevo94.jpg

 そして最後ですが、飛行艦隊vs結社の飛行艇です。
 モルガン将軍は国境師団と飛行艦隊の統括のようになっておりますが、飛行艦隊のトップの方も見てみたかったですね。

 そして!!!! 王都は!!!!!

scevo95.jpg

 ああああああああああああお会いしとうございました…!!! このシーンのために、塔の攻略を超特急で終えましたのでね!!! そもそも難易度EASYですので執行者もあっという間です!! 宝箱とか無視です!!!! マックス!!!!!
 王都の兵とレイストンからの兵だと勝手に思っておりますが、夕方までには掃討できている辺りさすがですね。

scevo96.jpg

 更にしっかりと部下たちは休ませることを徹底している辺りこれまたさすがですね。休むのも仕事の内に入ると思いますが、しっかりと配慮するからこそ慕われるのでしょうね…!! あああああああああ出る度に感極まって泣きそうなのですが、落ち着こうと思います。今から8章考えるだけで口から心臓出そうですので!!

 そしてカシウスですが、緊急指令の徹底させるように指示をしております。この緊急指令とは、異変時における行動指令書のことですね。このすぐあとに役立つことですが、警戒を怠らないカシウスがさすがですね。

scevo97.jpg

 そして”彼”がいよいよと!!
 切り札であるリシャールさん。初回時はやはり気付きませんでした…。
 この頃は最後の塔を攻略ですが、ユリアがレンに対して鉄槌を下したいとあり、カノーネさんのことかな~と思っていたらの王都での狼藉というのが判明し、さすがです! と。
 またルクスがホバリングばかりのアルセイユに対して、「疲れただろう」と労う姿が見えるのがまたたまりません。やはり操舵士はひときわそういう愛着も湧くものでしょうか。
 ちなみにレン戦はEASYは開幕Sクラがないのですよねぇ。これまた初回プレイ時はゲームオーバーしたので、万全の対策をしたのですが…!

 
 さて、夕刻(夜)になりひとまずは…と言ったところで導力停止現象が王国全土で起きることになってしまいました。
 哨戒中の警備艇も多いですし、銃は使えないですし、軍もまさに非常事態に…。



 7章での軍部の動き

 モルガン将軍への報告の前日、カシウスの指示で全王国軍に第一種警戒体制発令
 飛行艦隊は王国全土の哨戒を開始
 ↓
 将軍への報告の日、人形兵器が発生。各地の関所に猛獣と紅蓮の兵士が襲撃し、各守備隊が応戦中
 斥候部隊が塔に向かうも撃破される
 カシウスとモルガンは全部隊指揮のためレイストン、ハーケン門に戻る

 ツァイス方面に向かう際、郊外では守備隊が奮戦中
 レイストン要塞駐屯部隊が五大都市への展開を準備
 エステルたちがルーアン地方の塔へ着く頃、孤児院の子達がマノリア村に無事に到着する
 マノリア守備隊に応援の警備艇が接近している
 王都ではシード・ベルクが入っており、夕方までには兵器の掃討完了。後詰めに警備を任せて部下たちは休ませるよう指示
 
 あらかた片付いたあとも、引き続き警備艇に各地の哨戒
 緊急指令(異変時における行動指令書)は全部隊に徹底
 カシウス、リシャールを部屋に呼ぶ
 夕刻(夜)警戒体制が続く中、導力停止現象が王国全土で起きる
関連記事
スポンサーサイト


コメント

  1. 璃子 | URL | 62v6H59g

    2周目に入りました

    マリさんご無沙汰です
    個人的な感想ですが、ストーリーは既に遊び倒していますから、さて置き、ミミズと兄ちゃんが弱くなった気がしました。
    ノーマルっていうのもありますが、この2戦、戦闘不能出ませんでした。
    8章、何が感動かって、ディスクの入れ換えが無いのが…

  2. マリ | URL | 1JkepbtE

    璃子さん

     璃子さん!!! ご無沙汰しております!!
     またこうしてやりとりできること、大変に嬉しく思います。2016年、いい年になりました。ありがとうございます。

     既に2周目ということで、追加クエなどがあるのかどうか気になっています。

     お話は自分も同じ感じですね。フルボイスで新鮮になるという発見があり、とても楽しんでおります。

     ミミズとレーヴェでしょうか?
     実は自分も同じ感想を…。EASYだからというのもありますが、それにしても簡単だなという印象です。
     レン戦も開幕全滅ないですし、2周目はナイトメアでやってみたいなと考えておりますがどうなるのか…

     同じくディスク入れ替えないのに感動しました!
     手軽に遊べるのは嬉しいですね。

  3. 3倍 | URL | -

    リベール軍がなんとなく親しみ深いというか市民との距離が近いというマリさんの思いには同意ですね。まあお国柄もあるので帝国軍とは比べることは出来ないですけど末端の兵士一人一人からもドラマを感じさせるものがあります。意図的にリベールらしさを演出しているのかもしれません。

    ユリア大尉にはホントほれぼれしますね。他の軌跡シリーズでは「凛とした声」とかみたいな表現で登場してきますけど、ホントその通り。あんな風に命令されたらイエスマムって言うしかないです。

    ああ~にがトマトってレイ先輩でしたっけ。にがトマトマンもレイ先輩のせい?
    レイ先輩とあとフェイさんの顔グラも見たいかな。何気にクエストとかでも関わりがあったりプラムとの恋の行方とか…アルセイユにも乗っていますし。

    この時点でリシャールの事は忘れていましたのでまさかの展開でしたね…それを含めた荒ぶりマクシミリアンなプレイ日記は次回なのでしょうけども。


    気付いたらひょっこり顔を出しているアントワーヌの姿を見かけると和みますね!

  4. マリ | URL | 1JkepbtE

    3倍さん

     ありがとうございます。珍しく軍と市民の距離が近いというのはNPCも言っていたので、意図的に演出というのは当たっていると思っています。
     この辺りすごく丁寧に描かれていますし、スタッフさんの中にお好きな方がいたのではないかなと思ってしまうほどです。

     ユリアさん本当格好いいです……
     3倍さんがお好きなノエルさんもファンというのがよくよく分かる格好良さですよね。
     あの凛々しさ、あの声であの生真面目さで命令されたら、おっしゃるとおり「イエスマム」しかないですね。
     同じ女性指揮官としてカノーネとの対比がまたいいなぁと思います。それぞれ信念持っているからこそついてくる部下がいるのだろうなぁと。

     そうです、にがトマトはレイ先輩が生み出したもので、そのおかげで研究費もがっぽりという!!
     にがトマトマンもつまりはレイ先輩がこの世ににがトマトを生み出したことから突然変異が起こったと思うと”せい”かもしれませんね(笑)
     フェイさんも顔グラ欲しいです! ちなみにプラムとは順調なようですよ~!

     初回時は彼って誰だ? と、思っておりましたねぇ。
     ちなみに荒ぶりマックスは次の次な予定です。8章はさすがに一つにまとめきれない長さに…!!!!

     アントワーヌは和みますし癒やしですし、最高です!!!!!!!!!11 誰が名付け親なのか気になります!!!!!!!!!!

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)