空の軌跡SC Evolution プレイ日記11

2016年01月09日

netabare.jpg
ドラマCD 空の軌跡 ウロボロス・レポート
 ついに、ついに8章のあの部分ですよ…!!
 ドラマCDのウロボロス・レポートで初めて声がついてから約5年以上…! いつかゲームで声がついてという願いが叶ったこの8章。
 こちらのドラマCDではマックスは高塚正也さんが担当されておりますが、とても爽やかななのです。ちなみにこのドラマCDで初めて盟主にも声がついたのですが、この時点では人間かどうかも決まっていないという社長インタビューがありましたので仮でしょう。
 何はともあれ、物凄く爽やかかつ勇猛果敢な感じのするマックスが聴けるのはこのウロレポだけでございます!!
 
 声優さん変更時は激しく落ち込みましたが、高塚さんも石川さんも好きですのでどちらのマックスもやはり好きです。
 それぞれの良さがあると思っておりますので、どちらも推しますよ!!!


 というわけで心臓が口から2億くらい飛び出る勢いで大暴走の8章だったのですが、これを打っている現在はまるで仏のように落ち着けているという…。1日8回くらい繰り返し見ている日々を数日続けたからかでしょうか。我ながら気持ち悪いなと思いますが、どうしようもできぬのです!!

 何はともあれマックスが最高なんですよね…
 お願いですので、クリスタルプリントでせめて軍部のものが何か来て欲しいです…。正装しているクリスマス絵と、3rdの軍部大集合絵が来て欲しいと叫び続けて数年……。ぐるみんも来ませんし、ファルコムさんーーーー!!!!

 というわけでお察しの通りいつにもまして落ち着けていない部分が一部ありますが、許してくださいと言わんばかりですね!!!!(涙)


 以下、ネタバレなので追記に。全シリーズクリアの方推奨。
 8章最後まで。





 女王陛下からの呼び出しがというわけで王都へ向かうのですが…

scevo111.jpg

 執行者の前では脆くも…。それでも最後まで振り絞って街と城をと頼み込むのが鑑ですね。
 そして襲撃された王都は西と東で軍が交戦と避難誘導し、南区はギルドへと避難誘導させたようです。スペシャルコレクションブックでも突っ込まれておりましたが、無傷でやってきたエルナンさすがですね。
 3rdEvoで是非ともあの扉もフルボイスになってほしいものです。岸尾さんか赤羽根さんかはたまた全然別の方なのか…。

 そして執行者は王城へと向かいますが、Evoの真髄でもあろうフルボイスの威力がここぞとばかりに発揮されましたね、フィリップさん。

scevo112.jpg

 ガラリと声が変わるのが…!! これはやはり声のあるなしで全く印象が変わりますね。ますますフィリップさんに惚れ込みます。

scevo113.jpg

 あの位置からジャンプで華麗に登場という素晴らしさも凄まじいですが、フィリップさんの正体がついに明らかに。鬼の大隊長という姿はどんなものだったのでしょうか。
 あのヴァルターにすら歯ごたえあったと言わしめるほど。現役時代は一体どんな強さだったのでしょうかね。3rdでモルガンとフィリップで組むシーンが拝めますが、二人の会話も見てみたかったものです。
 ここはフィリップさんだけでなくデュナンも物凄く輝く場所ですね。そしてここからですよ……。ちなみにしっかりフィリップさんのセーブデータも作りました。

 そして執行者を慌てて追いかけますが、既に女王陛下もクローゼも捕まってしまった後で…。しかしヨシュアは切り札の気配に気付いていると…!!!!!!

scevo114.jpg

 あああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああ!!!! もう号泣な勢いですね。これを打っている今も画面が歪んで見えない状態なのですが、本当に本当に本当に最高です!!!!
 
scevo115.jpg

 ちなみにこの台詞、ドラマCDではかなり楽しそうに言われるのですよね。この後が控えているからこそだと思いますが、爽やかかつ楽しんでいる様子でした。

scevo116.jpg

 でああああああああああああああああああああああああああああああああああああもうだめです……この台詞に激弱なのですが、この台詞を聞いたあと一度Vitaをスリープにさせてのたうち回って布団に向かって心の中でうわあああああああああとひたすら叫んだあと、お茶飲んで一度落ち着けて再開しましたよね。
 3章でも思ったのですが、石川さん「ね」の言い方が物凄くよくてですね、温厚なマックスにまさにドンピシャなんですよ…。死ぬかと思ったというよりかは、死んでも生き返るばりの台詞でございました。

 その後すぐにジークとド本命切り札であるリシャール先輩がヴァルターとルシオラを。続いてマックスがレンとブルブランなのですが…

scevo117.jpg

scevo117.jpg

scevo117.jpg

 fghjkっlcvbんm,:lkjhgfdrちゅいおpsdfghjっkxcvbんm,;kjhg、んbvfghjkl;・。、mんbvcぇrdfghjklkjhgqwdrあsdfghjkぉいうくぁsdfgh
 今ならモスビーと会話できるんじゃないかという勢いですが、まさかこんなこんなこんなこんなこんなああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああ生きててよかったとはこのこと
よという感じですね。ありがとうございますここをチョイスしてくださった公式様!!!!!!!!!!!!!!!
 やっぱあれですわ、マックスの白手に今から転生したいんですけどどうすればいいんですかねという勢いですね。しかもマックスがど真ん中…マックスファンに公式様から盛大なプレゼントですかね!!??? 一足早いクリスマスプレゼントだったとしか思えません!!!!!!!1

 ちなみにカシウスから剣を教わっている二人ですが、リシャール先輩はカシウスと同じく刀でマックスは剣なのですよね。マックスのSクラを公式様には是非とも作って欲しいですね!! カットインを拝んでみたいです!!! その代わりがアークプロミネンスなのかもしれませんが!!!

 さて、このままずっとマックスについての叫びで終わりそうなので話を進めますが、しっかり大佐ではないと訂正する先輩。
 ところでリシャール先輩は水を被ると前髪が降りて若返るのですが(イラコンの公式4コマ)今思うとその髪型はユーシスかもしれませんね。

scevo118.jpg

 そして市内はと言えば、白兵戦の経験豊富な特務兵が。こういう的確な指示と、紅蓮の兵士に引けをとらないどころか勝っている特務兵を思いますと、王国軍は本当に優秀な人材を一部失うことに…。復帰する者もいますが、それでも失うことには変わらないと。

scevo119.jpg

 王都のごたごたを収めたあとは話を聞くわけですが、前もって察知していたカシウスが後に批判を受けようとも国のためにと女王陛下と相談して、特務兵の投入になったということでした。カシウスは本当にリシャールを可愛がっていたのだろうなぁというのがまたよく分かるので、改めてFCが堪えます。しかし、未来を担う若者、そして軍ではない方法で国を守る方法、いいきっかけになったとも思うこの一連の騒動でも。
 そして、陛下からの言葉からの「陛下…」のマックスの台詞の優しさというかこれまた最高でしたね…。

scevo120.jpg

 しかしまぁこれほど先輩後輩で並んでいる姿なんて早々拝めませんので暴走しっぱなしなのですが、追い打ちをかけるように帝国が攻めこむ気満々な勢いでやってきました。
 宰相が結社と繋がっているというのが最初に提示された部分になるのがここですが、これらも盟主の予言に入っているということでしょうし、宰相はそれを知っていたのでしょうか? それとも既に牛耳る手前のようなもので、そうなるように事を仕向けているという感じなのでしょうか? この辺りも設定が同じとは限らないので何ともですが…。
 この時点ではまだ先のことは分からなかったので、ただ単にリベールに侵攻しようと思っているだけだと思っておりましたねぇ。
 ちなみにマックスはこのスクショで最後なんですよSCは(涙)そんなのは嫌です!!!! というところですが、進めないといけないという…!! 王都に残りたい気満々ですが、第三機甲師団も好きなのです。というわけで後ろ髪惹かれる思いでハーケン門へ…。


scevo121.jpg

 ハーケン門では既にいつ開戦になっても平気なように準備されておりました。これほど集結しているのは初めてですね…。
 そしてやってきた帝国軍は《隻眼》ゼクス・ヴァンダール率いる第三機甲師団です。秘密裏に製造されていた蒸気戦車を引き連れており、この頃の帝国はまさに敵側の描かれ方でしたね。

scevo122.jpg

 モルガン将軍の怒鳴り声と言い、やっぱり帝国を相手にするところは将軍でないとだなぁというのを感じます。
 そしてゼクスの初登場シーンですね!!! ここは後に出てくるオリヴァルトが格好いい部分ですが、閃の軌跡を経てツッコミというか、ゼクス可哀想だなぁと思える部分が……。
 ちなみに第三機甲師団とはこういう師団です。

 「第三機甲師団」ゼンダー門
 元々サザーランド方面にいたものの、リベールの異変の際に宰相に目をつけられゼンダー門へ飛ばされた精鋭部隊。
 高度な連携戦術を誇る精鋭部隊であるため、通信手段が無くなってしまうと長所が生かせない。正確な情報をもってこと、最大の効果を発揮する。
 また、拠点防衛は正規軍でも第三機甲師団に勝る部隊はそうあるまいとも言われる。
 飛行艇として《カバリエ》《グリエール》がある。

 6月26日トールズのⅦ組のA班到着
 6月27日監視塔襲撃
 6月28日共和国の空挺機甲師団《アルデバラン》と牽制し合う
 12月22日監視塔を現地兵に移管。准尉以下、帝都解放作戦の準備
 12月27日帝都解放作戦に”偵察隊”という名目で最精鋭の先鋒隊が向かう準備
     ・先鋒隊:サマリー准尉、フーバー戦車隊長、ボルト
     ・門防衛組:オグラム軍曹(責任者)、サージェス、マーシュ
 12月30日晩に中将が本隊率いて出立
 12月31日恐らく停戦?

 師団長:ゼクス・ヴァンダール中将(CV:平井啓二さん→島田敏さん)
     《隻眼》のゼクスと呼ばれる、帝国軍五本の指に入る名将。どんな任務も必ず遂行し、必ず部下を生還させることで彼に勝る用兵家はいないと言われる。
     第三機甲師団に所属する者たちに、戦術が半端ないと言われる。
     ミュラーの叔父にあたり、リベールの異変の7年前にオリヴァルトに武術と兵法を教えている。
     閃2からCVが変更になる。百日戦役時は少将だと思われる。
     ハーメルの悲劇には一切関与していない。

  部下:ライエル少佐
     前作でも今作でもゼクスの隣によく居り、作戦を伝えたりするので右腕的存在と思われる。よくフーバー、ハルト、オグラムと会議をしている。前作では珈琲を飲んでいた。

     サマリー准尉
     腕がいいがドジを踏むミントに振り回される。「ば、馬鹿者~!」
     監視塔に行ったりもしている。

     オグラム軍曹
     物資調達や補給に長ける。帝都解放作戦ではゼンダー門の防衛責任者として残る。

     フーバー戦車隊長
     若干口が悪かったりノリが軽かったりと、部下に「相変わらずですね」や「もう少し戦車隊長の自覚を持って欲しい」と言われたりするものの、締める所は締める。ザッツに、フーバーみたいな凄腕だったら機甲師団に入れるのかねと言われるほど腕も確か。ライエルにはしっかりと敬語であり、部下を危険に晒したくないと部下思い。更にそつのない男でもある。女のコの事以外ではムキにならない。
     どうしてもやりたいと言い、戦車隊長なのに歩哨をする。元同僚であるハルトと交換してもらった様子。
     第四機甲師団のウィルジニーとは一度演習でやりあったことがある。二人の実力は匹敵するほど。


   兵士:サージェス
      サマリーと監視塔に出向いていた

      ボルト
      見回り担当
      
      ハルト
      よくフーバーにツッコミをしているが、元同僚である

      マーシュ
      帝都解放作戦時は門に残留組


 「現地兵」
  監視塔やゼンダー門に詰めることもある。
  監視塔が出来たのは三年前。

  6月27日監視塔襲撃事件があり、守備兵二名死亡(一人はロアン)、三名が重症に。

   兵士:ザッツ
        戦車等に詳しく、ナハハ! と特徴的な笑い。サージェスさん呼び。後にロアンの持ち場にて職務に励む

      マニング
      ザッツとマニングは呼び捨て同士であり、監視塔で亡くなったロアン(ザッツを庇い亡くなる)とは同郷であり、彼の恋人も知り合い。内戦が終わった際には彼女に形見を届ける予定がある。

      ロアン
      監視塔襲撃事件で殉職。

 今リベールでは全土で導力器が使えなくなっており、第三機甲師団最大のウリである連携が使えないと!!! これは閃の軌跡で後付設定だと思うのでツッコミを入れるのは野暮だと思うのですが、閃から入って空をというファンは、おや? と思う方もいらっしゃるかもしれませんね。
 しかしまぁ王国受けがいいゼクス、ミュラーが説得しやすい、オリヴァルトとやりとりしやすいというのはやはり第三だと思いますので、これが正しいのでしょうし、宰相の狙いの一つにゼクスを僻地へというのもあってしょうがなかったのでしょう。しかし最大の効果を発揮できない場所へ送り込まれるとは…。ゼクスも大変ですよね…。胃を心配してしまいます…。
 閃をやったあとでは第四も王国受けが良さそうだなぁと勝手に思っております。第四は規模的に無理だと思われますが。あとはミュラーが所属する神速がウリな第七も中立だと思っているのですがどうなのでしょうかねぇ…。

 とまぁ帝国軍部を語り続けそうなので本題に戻しますが…

scevo123.jpg

 格好いいのなんのですね。初回時に心臓持っていかれましたねぇ。
 ここからのオリヴァルトの話は見事でしたね。キレ者の片鱗は見せていましたが、発揮でしょうか。そしてFCから仕込んでいたものがやっとここでなのですよね。

scevo124.jpg

scevo126.jpg

 カシウスは初っ端から少将呼びですし、カシウスらしいですよね。ここからのゼクスが珍しく取り乱すかのような感じにも見えるのがまた。
 そこからの猿芝居&ミュラーへの怒鳴りなどなど、閃ではそういうのは見られないので貴重なシーンですね。
 それにしてもここのオリビエの帝国への思いや、退治することに決めたという部分はとても印象に残っています。当時はてっきり帝国編でオリビエが主役になって倒すというものになると思っておりました。
 今はそうではありませんし、宰相が最終的に敵のままなのか、そうではなくなり更なる敵が出てくるのかは定かではありません。
 ですが、空から追ってきた身にしてみればここの辺りの決着はあって欲しいです。和睦になるにせよ、そうでないにせよ、しっかりとした描写を期待したいです。オリビエが志したからこそ色々な思いを込めて理事になり、カレイジャスが生み出され、というリィンたちの足場を作ったことは変わりないので。それぞれのお話として何らかの決着がつけば嬉しいです。



 8章での軍部の動き

 王国全土での導力停止現象で銃や飛空艇が使用できなくなり、それぞれの部隊との通信も途絶
 哨戒中の飛行艇は不時着。アルセイユも湖上に
 ハーケン門は厳戒態勢、レイストンは非常警戒体制に入る
 各関所で自由に通行可なのは軍人と遊撃士のみ
 ↓
 王城、ハーケン門、レイストン間をはじめ、各地の関所などで通信復旧になる
 カシウスは指揮系統を立て直すため休まず各地に指示
 ↓
 執行者が王都を襲撃し、執行者は王城へ、紅蓮の兵士たちは東区と西区で交戦と避難誘導
 王城は親衛隊とフィリップでまずは防衛、その後シードとリシャールで防衛。市内は白兵戦が得意な特務兵の投入(陛下との相談済)
 特務兵の指揮はカノーネがとり、市民の保護、正規軍の支援は最優先という指示を出す
 
 ハーケン門北側に第三機甲師団が集結。話し合いの末(オリヴァルトとカシウスの企み)一旦パルム市郊外まで撤退
 親衛隊の一部はアルセイユでリベルアークを目指す
関連記事
スポンサーサイト


コメント

  1. さにゅき | URL | JalddpaA

    へー、こんな一枚絵があったのですね。
    公式でシードたんメインの絵を拝める日が来るとはちとびっくりです。
    そらマリたんあらぶるわ…ごちそうさまっす!

  2. マリ | URL | 1JkepbtE

    さにゅきさん

     そうなのですよ!!!!!
     まさかまさかのどセンター…夢かと思ったのですがそんなことはなく…。
     今回SCを買ってよかった部分の一つですね!!!!
     本当に荒ぶり止まりませんし、何度拝んでも神々しいです!!(涙)
     
     カノーネさんがこれを見たら、昼行灯が真ん中なんてくらいは怒りそうですね(笑)

  3. 3倍 | URL | -

    プレイ日記8章SCでのテンションアガット荒ぶりマックスおつかれさまです!
    正直文字化けしてて何が何だかわからない部分が一部ありましたが、とにかくマリさんの想いは伝わってきました。
    登場一言目の「やあ」にもなかなかの破壊力があったように思います。

    リシャールやカノーネ、特務兵を使う決断、これは犯してしまった罪は罪として償うべきではありますが、そもそも根本のところでは彼らを信頼しているあかしなのかなあと。
    しかしカシウスの先見の明はすごすぎですね。実は裏の顔は身喰らう蛇の使徒だとかそんな風に思えるほどなんですが…

    ゼクス中将の登場も今プレイすると違った思いがわきあがりました。たぶんPC版んでの初回プレイ時と、閃の軌跡を経験した後の今回とでの違いだと思うのですが、ああ…このことが切っ掛けでゼンダー門への配置換えになってしまったんだよな~とかいろいろと。「第3機甲師団」まとめ久しぶりですね!
    ちなみに第3機甲師団という言い方でしたっけ…見間違いや聞き間違いかもしれませんが、第3なのは一緒でしたが微妙に違った師団名だったような。

    あとそれからこちらもようやく2周目をプレイし始めたところです。レベル警告宝箱やスルーしてた部分をこなしていこうかと。

  4. マリ | URL | 1JkepbtE

    3倍さん

     まっくすです!!!!
     いっそモスビー語にしようかと思いましたが、あの打ち方は自分では恐ろしいほど時間がかかるので止め、文字化けになりました(笑)
     「やあ」もいいですよね!!! 緊急事態なのに余裕と安心感をもたらすその姿勢が!!!!!!

     同じです。他のシリーズでも自分は書いてますが、仰るとおり罪は償うべきだと思います。その中でも旧情報部の実力と、解放した際に逃走を図らない、相手に加担しないと信じて踏み切ったカシウスは凄いです。
     同じくこれほど読んでいると実は? と、思いたくなりますね。
     ところでこのシーンは旧情報部の最大のフォローにもなっていると思うのですよね。最近の軌跡は適役でも悪く無い奴という描かれ方が多いですが、こういった描き方であればもう少し無理がないように感じるのになぁと少々思ってしまいます。

     中将は皇子絡みはこういう性格になるのか! という違いを感じますよね! 閃から入ったユーザーも同じ思いな気がします。
     まさにこれも狙いの上での出撃命令ですし、宰相恐ろしいです! まとめ久しぶりです。IIIでも出番あるといいですねぇ。

     さすが鋭いですね!! 空の時点では「第3師団」です。以降で名称変更なので、そちらに合わせていました。脚注入れておけばよかったですね、失礼しました。

     2周目も楽しみにしております!!

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)