備前屋さんの非時香菓を食べました

2016年02月16日

bizentoki1.jpg

 創業天明二年 備前屋様
 http://www.bizenya.co.jp/index.htm

 今年は某所へのバレンタインはこれしかないと思いまして、自分用にも購入しました。
 非時香菓とは、古事記などには田道間守が勅命を受け、常世の国から持ち帰った不老不死の力を持った霊薬というのが一般的でしょうか。現在、田道間守は菓子の神としても信仰されているとか。
 無学な自分はまず非時香菓を知りませんでした…。ゲームがきっかけですが、知ることが出来てよかったです。
 話がそれますが、古事記や日本書紀辺りのお話をもっと知りたいという場合は、子ども向けの本が分かりやすいとフォロワーさんに教えて頂きました。自分もまず名前が読めないことが多々なので、ふりがななどもしっかり記載された子ども向けがベストと。


 さて、こちらの備前屋さんは愛知県に店舗が数多くあるお店でして、お近くの方ですとすぐにお手に取ることができるようですね。フォロワーさんから美味しいですよ! と、教えてもらっていたので通販を利用しました。
 ちなみに通販は何事もなければ即日発送で翌日に届きますし、物凄く丁寧で綺麗な梱包です。気持ちよく利用ができ、また通販で頼もうという気にとてもなるものでした。ありがとうございました。

 こちらの商品は栗ころ(小豆餡・白餡)と青梅・金柑があります。自分は青梅と金柑の方を食べました。
 ちなみに非時香菓は一説に橘であるとも言われており、現在のみかんはこの橘が改良されたものだとか。金柑はそういう意味も含めてでしょうか。

bizentoki3.jpg

 中身です。種なし果実で柔らかいのでいびつになってしまって申し訳ないのですが…。
 青梅の方はクッキーのような生地で、金柑の方は桃山生地です。果実はどちらとも甘露煮になっているのですが、まずこの果実自体が物凄く美味しいのですよ!
 しっかりとした甘さと果実そのものの味が最高でして、あまりの美味しさに全部自分で食べようかと考えたほどです(笑)
 どちらも美味しいのですが、自分は特に青梅がお気に入りで早くも禁断症状が…。どこでもドアで買いに行きたいですね…。

 もともと美味しいとお聞きしていたので納得ですが、自分好みというのもプラスされて最高でした!! 食べ終わってしまうのがとにかく名残惜しく、青梅の一つを翌日食べようと取っておいたところ、袋部分を猫が舐めまくっていたためすぐに食べました。猫も美味しいものが分かるのですね…!

 というわけで、ゲームでは苦いものでしたがこちらは甘く美味しいもので、疲れた身体にもよいと思います。きっと行動限界も伸びるはずと…!!
 とにかく美味しかったので、また注文しようと思います。
関連記事
スポンサーサイト


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)